2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

木朱

1 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:2006/08/22(火) 18:40:08
株について語ったりメモったりするよ

2 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:2006/08/22(火) 18:45:35
先にこっちを埋めるよ

凍死特急樹海経由地獄逝き5両目
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/wall/1150717052/

3 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:2006/08/23(水) 22:24:00
仕手ボロが活況になる時は相場が手詰まりの時が多い。
今のような暇な展開が続くと不思議なもので買い安心感が出てくる。これは相場にとって悪い事ではないが・・・。

売り持ちで高値更新された時はよほど自信が無い限り一旦返済が鉄則。高値ブレイク不発を確認してショート。

4 :黄泉:2006/08/24(木) 08:40:17
NY下落。7月中古住宅販売予想下回り改めて景気先行き不透明感広がる。朝方は同指標見極めたいとの思惑から様子見気分強い展開。
その中でM&A絡みのニュースなど個別に材料の出た物を物色する動きや原油下落などが相場下支え。
しかし同指標が予想下回り減速となった事を受け景気減速懸念再燃。し売り膨らんだ。
只下値では押し目買い意欲強く引けにかけやや値を戻し下落幅縮めた。
結果、ダウは小幅ではあるが3日続落。

ダウ 11,297.90ドル -41.94     
NDQ 2,134.66ポイント -15.36                  
CME225 9 月 16,105.0円 (大証9月先物比 -65円) 

米で住宅ローン需要減退 米景気減速感がじわり増しつつ
信用評価損率 3ヶ月ぶり10%割れ 中小型株の戻り後押し

東京市場はここ何日か高い日安い日が交互に現れて本日は高い予定の日だが少し苦しい感覚も。
T1は少し調整気味になりそうなものの新興が賑わっており今日も物色の中心にも。
但しいつもながらやりすぎのような脇が甘く無謀な感覚も出てきたら注意。

相場は不利。一昨日高値抜けかけた市場が昨日頑張ったので今日は結果出したいところ。
しかし米がイマイチだから今日は嫌な雰囲気。数値的な悪い話ではなくムード的に個人が動きすぎたり短時間で勝負しようとし過ぎで上値を重くしている。
今日は利食いから来るがその下値の固さを考えた投資が必要でその固さを確認する。
その時の物は6752松下や鉄になるのだが低位などもここ最近人気化した物も注意。
この低位は指数を気にしない個人が興味を持っており、速い回転も効くし数量買えるのも魅力。
だからこの低位の底固さが出たらマインドは良しとなり、突っ込んだ優良が買えたりする。
8013ナイガイや228林兼の様な業績がイマイチな物が出遅れていたがここ最近人気化しており、5805昭和電線なども百円台の有配株と思えば面白い存在。
そこから来る相場の固さを感じたら安心だがこれらが脆い感じになったら一時撤退。

5 :黄泉:2006/08/24(木) 08:55:03
売り3390万株
買い3220万株
差し引き170万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系は小幅買い越し、欧州系は小幅売り越し。
セクター別では、売りは、繊維・石油・鉄鋼・運輸など。買いは、建設・化学・精密・通信など。売り買い交錯セクターは、機械・電機・銀行・不動産。

一方に偏って動くこと多し

中期で狙うなら企業資質から損し難い株価水準で割安な物を狙うがそれが無ければ買わなければ良い。
警戒心無しに買える相場ではないのでCP高めになるのは当然。
それを無理して売買するから早い回転になり食い散らかしているので「良くない」という印象。
食い散らかす事に没頭してはいけない。
今日は押し目を買える日か売る日か分かり難いので後場から考える。
DTと中期は違うし、金利が生まれたら投資の仕方も変わる。

中期で1503住友石炭、8236丸善。

長期的に見ると現在は強気の値位置だが16080辺りを意識しているようにも感じる。
中期では16020-16200の間で揉みそうな印象もあり、今日より明日の方が下げ易いかも知れない。
ただ、MODEは16170で現在はその付近を強烈に意識している。自分的には押した所を買いに行きたい。

CMEは昨日安値を下回り16000近くまで下落したが東京も安値を試す動きか。売り一巡後どうなるか。また上値16200を試すのかそれとも16000割れを試すのか。
どちらも試しそうだしどちらもクリアできなさそうな気も。
5日線16127 転換線15905
16025まで安値があるのかが気掛かり。寄り付き空売りで入る。

225Fシグナルは見送り。

6 :黄泉:2006/08/24(木) 09:12:34 ?2BP(100)
仕手株
わざと買い残をどんどん増やし、重そうに見せながらどんどん上げていき、一定の所まで来たら売り残増やす方向で自演で調整して、買い残を一気に現引きする。
そうすると見た目は好取組になり、実際の売り方は多くなくても売っている人から見ると怖いし、提灯も付けやすく相場を作り易くなる。

7 :黄泉:2006/08/24(木) 09:14:16
換金売りが多いが以外にパニック売りにならず冷静。ちょい安で困っている様子

8 :黄泉:2006/08/24(木) 09:16:11
225Fの本気買い出動は25日線グランビルで

9 :黄泉:2006/08/24(木) 09:17:41
玉集め⇒格上げ⇒急騰⇒売り逃げ

10 :黄泉:2006/08/24(木) 09:21:36
9月1日までに底を付ける。今日は最近の高値圏の中で一番弱い印象

11 :黄泉:2006/08/24(木) 09:28:01
軽そうにない場面で軽く動いて欲しいという無理な要求をされた市場は、目先強気でいた人が一回は逃げる場面があり問題はその後。
買いに来るタイミングが早すぎたり、後場から下がると少し考えもの。
少しナーバスになるから、後場に期待感が無いと思って10時半頃から垂れると前場に買い向かって構わないが、基本的には後場から考えた方が楽。
個人や大口の乗りやすい低位が強弱感が分かり易く、新興は人気するが逃げ足も早いから中途半端では狙わない。

12 :黄泉:2006/08/24(木) 10:03:59
移動平均との乖離を調整しながら価格調整に入っている。

13 :黄泉:2006/08/24(木) 10:05:10
ダウは日経と同じく周期的に天井を付けた。修正安後に一度反騰してきつい下げとなるだろう。

14 :黄泉:2006/08/24(木) 10:06:35
2051日本農産工 中期

15 :黄泉:2006/08/24(木) 10:13:24
9502中電は1Q進捗率は高いが2Qで浜岡原発点検期間が長引くのでその分は注意

16 :黄泉:2006/08/24(木) 10:16:36
腐れメリルがSBにまた仕掛け

17 :黄泉:2006/08/24(木) 10:34:57
この下げでロルッソー4ポイントになるのか、或いは弱気ダイバージェンス有効になるのか。

可能性は低いが今回の下げで15000を下回ればハーフサイクルボトムと合致する可能性あり。
それでも9月1日までに底を付ける。

18 :黄泉:2006/08/24(木) 10:38:30
先物弱いが6316丸山と3107ダイワボウは辛うじて頑張っている。こういう日に拾っておかないといけないのだがその勇気がなかなか出ない

19 :黄泉:2006/08/24(木) 13:02:08
イートレ経由で個人大量買い越しという事は大口が売ってるという事。

20 :黄泉:2006/08/24(木) 13:03:34
50枚単位の売りは確実に空売り。

21 :黄泉:2006/08/24(木) 13:05:28
今晩の欧州と米次第でどちらにもある。ダウ日足は下なら-100クラスの下げありそうだが反発すれば安心感から225反発という位置。

22 :黄泉:2006/08/24(木) 13:13:11
225の下げ幅の数字だけ見たら凄い下げだが、鉄や商事を見たら下がったとは思えず、板を作って誤魔化していた低位は下がっても堅調で通常は買い向かえる。
だからOP両建てが10月物で出来そう。個別の考え方は外人が不透明で運用者が中期で個人が材料や新興で固まったと言えるから一致しそうなのでこの下げは怖くない。
ここ最近賑わった物で需給から下げている物は狙い目。

23 :黄泉:2006/08/24(木) 13:24:16
仕手株と呼ばれる物の値動きと貸借倍率を見ていくと面白い。
そのうち何か見えてくるだろう。感覚的な事だから人それぞれ見え方が違う。

24 :黄泉:2006/08/24(木) 13:28:45
バンドウォークしていた物が前日高値を抜けず下げ、先日のバンド上限で出来高の多い価格帯も抜けた。

25 :黄泉:2006/08/24(木) 13:40:30
上がるとか下がるとか思っても一回惑わせる動きがあるからやりにくい。
一昨日の上げがまさにそう。裁定が積み上がる9月SQを考えたら外人など何をするか分からない。

26 :黄泉:2006/08/24(木) 13:41:42
北が核実験しようと中国は北京五輪まで派手な事はしない可能性は高い。

27 :黄泉:2006/08/24(木) 13:45:32
10月限OP組み上げ。今日の様な下げがもう一度来ると懸念が高まり意外安もありSQ前だから気にもなる。
株の予想は外れるのが当たり前だからヘッジ掛ける。フラットでも良いが想定以上に動いたら少しは利益出るようにしたい。

28 :黄泉:2006/08/24(木) 13:49:13
225F目標値 15330±220

しかしまだ天井確認はされていない

29 :黄泉:2006/08/24(木) 13:57:44
CME安値(16025)割れ辺りから下げ加速。昨日発生のSB逆日歩はどうなるのか。日証金速報を見る限り取り組みは少々悪化しているが。
今朝は寄りからショートしたが16050辺りで揉んだ時に殆どカバーしたため値幅は余り抜けなかった。
16000割れの急落局面で大ロットで入れず一番おいしいところを取り逃した。
買い玉は昨日の段階で全て返済していたので買いによる被害が無かったのが幸い。
節目抜け急落局面では確実に取れる様にしていきたい。こうなると下値計算になるが、一般的には転換線15910、200日線15810になる。
引値で16110近辺まで戻せず終えると16200以上は重いという印象を受ける。
14時30分以降に先物の流れを見極め、売り買いどちらでも入れるようにする。ただ、NYギャンブルは控える。

30 :黄泉:2006/08/24(木) 14:04:20
明日は権利付最終日で両建ても一考。7581パッと、9602東宝など

31 :黄泉:2006/08/24(木) 19:28:45
先物は新興指数のほど一方的に上がったりせん

32 :黄泉:2006/08/24(木) 19:35:14
LC出来ねぇのは欲があるからだ LC額ごとき端金くれてやれ

33 :黄泉:2006/08/24(木) 20:20:02
[今後の基本戦略]
・米金融政策引き締め継続した場合
 割安株、M&A銘柄、持ち合い・自社株買い銘柄などの押目買い

・米金融政策引き締めから緩和へ転換した場合(次回FOMCで利上げ見送られた場合)
 国際優良株、M&A銘柄、持ち合い・自社株買い銘柄など、殆ど全ての銘柄

34 :黄泉:2006/08/24(木) 20:27:31
FF金利
過去のパターンから、利上げを2回以上見送れば次の金融政策は緩和に転換している。

35 :黄泉:2006/08/24(木) 20:31:16
9月6日ベージュブック後のNYが上昇すれば9月20日FOMCで利上げ見送り、下がれば再開。
見送られれば広範囲に亘る積極投資、再開されれば16000以下で割安好業績。

36 :黄泉:2006/08/24(木) 20:32:02
9月6日ベージュブックから9月20日FOMCの間にFOMC後のトレンドが始まる可能性が高い

37 :黄泉:2006/08/24(木) 20:36:03
ぬうう、これは嵌め込みかも。16000割れで売りやで

38 :黄泉:2006/08/24(木) 20:37:49
結局、短期は個別の動き、長期は全体の動きやで

39 :黄泉:2006/08/24(木) 20:43:20
王子は北越の設備欲しさに仕掛けたんや。今後、日本の設備投資は記録的に伸びるで。いざなぎ景気を超えるのは間違いない。
日経は07年は上昇を続け、調整は08年1-3月期。消費税アップで死亡や

40 :黄泉:2006/08/24(木) 20:44:23
株は自分より高値を買う人がいるかどうか、自分より安値で売る人がいるかどうか、それだけや

41 :黄泉:2006/08/24(木) 20:53:39
欧州での売上高比率が高く、上方修正している企業
 大型
  ジェイテクト キヤノン リコー マツダ 新日石 コマツ
 中型
  アシックス 任天堂 日精工 KYB ヤマハ 安川電

 小型と新興は動向の判断が難しい。

42 :黄泉:2006/08/24(木) 20:54:51
世界同時株安は無い。5月に下がったのは既に上がっていたところばかり。

43 :黄泉:2006/08/24(木) 20:55:55
外人は仕掛けている意識は無い。淡々とやっている

44 :黄泉:2006/08/24(木) 20:56:27
利上げ懸念から景気減速懸念にシフトするのは10-12月期

45 :黄泉:2006/08/24(木) 20:58:17
米は戦争したがっている。イラク戦争後、アフガン侵攻後、米株は上がった

46 :黄泉:2006/08/24(木) 20:58:58
利上げ懸念から景気減速懸念にシフトするのは10-12月期

47 :黄泉:2006/08/24(木) 20:59:30
日本円が切り上がったのは東京オリンピックと万博後。
人民元本格切り上げも北京オリンピックと万博後

48 :黄泉:2006/08/24(木) 21:01:12
不動産は来年以降ヤバイ

49 :黄泉:2006/08/24(木) 21:06:30
北は10年以内に崩壊する。その影響が最も大きいのは韓国。次にインド。ロシアとブラジルは殆ど影響ない

50 :黄泉:2006/08/24(木) 21:14:27
今日は昨日からの個人・運用者・外人の動きがバラバラだったから狙い目だった。
このまま失速していくようなら巷で流れる弱気論に符合する事になる。9月SQに対し裁定残などから外資が動くとしつこい。
昨日認められた強さも窓埋めから新しい形になり買い方的には明日どうしても切り返しが欲しい。
だったらここで買えば良いのだが中間選挙後は安いから先行き不安感が買いの手を引かせ、引け前に手が出なかった。
が、個人はこの場面でCPが空いたので指数と個別は別に考え、個別はそれほど弱くない。

相場は想定より強いが持ち越す自信は無かった。窓(15930-15980)を埋めた所で下がに難くなり一部低位は強かった。
新興は持ち越したくない心理から大引けにかけ売られたが難しい流れなのでここは想定通り。
一部は強いが全般的に雑な動き。今晩のNYや週末もあり個別と指数は別に考える方が良い。

51 :黄泉:2006/08/24(木) 21:23:24
・リーマンのSBレーティング内容
目標株価900円
ボーダフォンの暖簾代1兆8350億円に対しての有形固定資産が5370億円しか増えていない事。
負債増加(彼らの予想2000億円を上回っている模様)
中核事業であるADSL事業の不振(CFはマイナス)、解約の増加
設備投資の見通しの増加

NAVを900円と試算 (NAV=資産価値マイナスの負債)

予想PER252倍 EV/EBITDA倍率8倍

EV/EBITDA(イーブイ/イービットダー)倍率とは、EV(企業価値)がEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前・その他償却前利益)の何倍かという指標。
要するにその企業の実質上の利益だけで、買収費用の何年で回収できるかというもの。

52 :黄泉:2006/08/24(木) 21:33:26
後場一時16000回復したが引値は割れた。今回の下げが短期過熱感を冷ます為だけのものであれば良いのだが。

明日は8月決算権利付最終日。

気になる事3つ。
・今日のSBレポートが切っ掛けで前回の下落相場の繰り返しとなるか。
・今の新興を牽引しているゴメスが引けにかけ急落した事。今日の下落で200万以上にシコリを作った。
 最近の新興の戻りは仮需によるものなので崩れる時は早い。
・裁定残が山積している。6月暴落時と違い、個人の信用買い残が少ない事が救いだが、今は先物主導相場でMSQも近い事から大きな裁定解消売り相場となるかも。

相場の大暴騰大暴落の間隔が短くなっている。今日のゴメスの引け間際の急落を切っ掛けに明日以降の新興が再度大きな下落に見舞われる可能性も。

53 :黄泉:2006/08/24(木) 21:43:34
16110-16120に10円だけ窓が残った。21日安値15930をザラ場で20円割り込んだ。
16000台回復後はレンジ幅拡大しながら揉み展開。今日の15930割れが下落トレンド開始となるのか単なるレンジ拡大の動きなのか。
10日線がマイナス乖離となるなど徐々にトレンド転換を示唆するものが出始めた。
明日も終値ベースで続落するようならスイングはショート転換。DTは21日安値15930割れでショート、上の窓埋め16120抜けでロング。

54 :黄泉:2006/08/24(木) 21:54:46
最近の動きは上値は追わないが下値では買う向きあり、底堅さあったが今日はあっさり売り崩された。
主力の一角に外資売り見られ雲行きやや怪しくなってきた。明日以降も下げ200日線をあっさり割り込むと市場ムード少し変わる。
今日の下げを懸念視する向きは少ないが警戒はする必要ある。最近の異常な底固さにはきな臭さを感じ、最近の動きに裏があるとすればその狙いは派手に上げるか下げるかどちらか。
裏があったとしても向かう方向は上で、ここから派手に下げて行く事は考えにくい。
今日の下げは単なる調整でここから下げれば買う向きは更に増える。
外人は先週も買い越しで4週連続買い越しで、これを見ても向かう方向は上。
それに買越額は4月第一週以来の高水準。ただ4月第1週に高値を付けてその後はその高値を抜けず下げていった。
だが今はその時とは状況が違い、4月第1週まで散々買い越してきて株価も高値圏だった。
個人は先週も売り越しで、内訳は信用より現物の売りがかなり多く、これは戻り売り。
5月第3,4週の個人の現物買いは大幅買い越しで、その時の225は今と同水準。
その売りを受け止めてきたのは外人。今後株価が下げればCPが高まった個人が再び押目買い入れてくる。
逆に大して下げずに上げていくと持たざるリスクを感じて上値を買い向かう。
MSQまでは波乱含みだろうが底固さは続く。

55 :黄泉:2006/08/24(木) 22:02:41
ゴメスは今日も派手に物色されS高付近まで行ったが引けにかけ垂れた。
これで明日は厳しくなったがまだ完全に終わったとは言い難く、自己主導だけに今日の地合では仕方ない。
連騰の警戒感、大台200台乗せの達成感、それに今日はS高付近まで上げるのが早過ぎた。
値動き以外にこれを買う妙味は無いので、前場からS高付近を買う向きは少ない。
大引け間際なら明日のGU期待から買い入るが。自己やデイトレーダー中心なので早い時間からS高付近を買う意味は無く、
逆に彼らの絶好の利食い場になる。後場もS高射程圏で粘っていたが痺れを切らした向きが投げたのを切っ掛けに下離れた。
14時台までS高射程圏内で粘っていたら今日もS高で引ける期待あった。
明日も買い気配での開始もあり得るが今日のシコリがどの程度あるか。
素直に売り気配開始もあるが今日の下げだけで完全に終わったとは言い切れず、また自己でも入ってくれば切り返す可能性あるが高値抜けは厳しい。

56 :黄泉:2006/08/24(木) 22:10:05
保合が長くなればなるほど放れた時のエネルギーは大きくなる。

今日は最初の下落なのでこのままドンドン下げるケースは少ない。まだ戻す事もあるのでここでショートは禁物。
米住宅着工件数の減少は予想されておりそれに伴う個人消費減少も既に情報として流れていてそれを蒸し返して反応した。
つまり金利打ち止めを材料に上がって来た相場が材料出尽くしで下がったという事。
東京の下落は、米下落を材料に、これまで積み上がった裁定解消売りが出たから。
出来高が少ない所に解消売りが出れば下げ幅は大きくなる。
また、騰落レシオ140%と騒がれているが付けて暫くしてから下がるケースが多いので頭の隅に置く程度で良い。

57 :黄泉:2006/08/24(木) 22:21:51
欧州株価上昇で余裕資金の生まれた外人が出遅れ感のある日本株にシフトしている。
これが最近の日本株上昇の一因となっており目先は日本株の先行指標として独DAXなど欧州株動向に注目。
ただあくまで短期筋中心の話で、今後の持続性は中間決算での業績見通し次第。
同時に日本株専門のヘッジファンドは7月までに痛手を被っており、海外リスクマネーが積極的に上値を追っていける地合ではない。

欧州株は株高とユーロ高のダブルキャピタルゲインによって好調なパフォーマンスを挙げている。
22日付けMSCI世界株指数によると地域別のユーロ圏(ドルベース)は年初来15.8%の上昇率を記録。
国別ではドイツ13.8%、フランス17.5%と大幅プラスとなるなど先進国平均7.6%や米3.5%、日本3.4%を大きく上回っている。
一方、欧州株については年初来成績が15%前後の節目に到達してきた事で取り敢えずの利確売りに動くファンドも出てきた。
こうした利食い資金が欧州株の上昇に伴うリスクバッファーの改善と相まって出遅れ感のある日本株に振り向けられている。

58 :黄泉:2006/08/24(木) 22:28:20
>57続き
実質的にマネーフローは欧州株利食い・日本株買いとなっているが本来ならユーロ安・円高を招く筈。
しかし反対に歴史的ユーロ高・円安展開となっており、その背景は為替ヘッジ型(先物での円売り)や円調達ベースによる日本株買いという可能性がある。
昨年後半の外人による活発な日本株買いでも同じようなオペレーションによって株高・円安の同時進行が見られた。

因みに昨年も8月10日にドイツ株(MSCIベース)が年初来5%プラスという節目の到達で上昇一服感見られた。
それとシンクロする形で出遅れ感あった日本株が着目され、日本株は年初来-6%から上昇モメンタム点火。
そして10月にかけて+10%の節目まで一本調子で騰勢が続いた。

今年も足元の年初来成績はドイツ13.8%・日本3.4%と日本株に出遅れ感が生まれている。
また、米内で販売運用されている米国籍の日本株型ミューチュアルファンドも21日時点平均で年初来−3.2%に留まっており、
欧州株型の平均17.2%という過熱ぶりに比べると今後の上昇余地が残されている。

59 :黄泉:2006/08/24(木) 22:36:59
>58続き
いずれにせよ現在は欧州株上昇に伴い、欧州株に投資している外人のリスク許容度が高まり、それに比例して余裕資金が日本株に流入しているという構図。
目先は日本株先行指標として独DAXなど欧州株動向が注目される。

今年は昨年と違い、現状からの一本調子での上値追いには慎重論が根強い。
日本株運用で長い歴史を持つ米系マクロ型ヘッジファンド幹部も「当面は銘柄厳選での押目買いスタンスを堅持していく」と語る。
こうした意見を含め、複数の外人が指摘する今後の日本株のリスク材料とレンジ上抜けのポイントは以下の様になっている。

日本株ヘッジファンドは積極的上値追いに動けず
(1)割安感の乏しさ
 日本株は5-7月の調整を経てテクニカルな過熱感は薄れてきたがバリュエーション面での割安感は乏しい。
 現在のPERは約19倍であり世界平均16倍を大きく上回っている。
 今後の焦点は9月決算にかけての業績見通し。仮に2桁増益などのサプライズが出てくれば割高さが薄れ、トピ1750という長期レジスタンスへの再トライといったレンジ上抜けが見込める。
(2)低金利の持続可能性
 このまま日銀が追加利上げに慎重さを保ち、長期金利1.8〜2.0%レンジで低位横這いを維持するようならPERの割高さは抑えられてくる。
 反対に日銀の利上げ前倒し論が高まるなど金利が上振れてくるなら悪材料となり、株価は下値は限られるが上値は重いという膠着感が長期化する。

60 :黄泉:2006/08/24(木) 22:46:52
>59続き
(3)国内投資家のリスクテイク
 トピ年内1750再トライを左右する最大の鍵が国内投資家動向。
 どこの市場でもその国の投資家が主体的にリスクを取らない限り持続的トレンドは形成されない。
 その点で今後は業績見通しが固まり、ポスト小泉という不透明感払拭され、9月短観も確認される「年度下期明け」以降の国内勢の投資行動が注目される。
(4)「米中」外部環境リスク
 これから年後半にかけ米経済減速は確実であり、どこまで日本が内需と非米需要で踏ん張れるかの正念場を迎える。
 米減速は間違いなく日本企業業績に悪材料となる。
 加えて最近は中国経済の雲行きが怪しくなってきた。景気過熱が止まらず利上げペース加速させているが、それは同時並行で引き締め過ぎによるハードランディングのリスクも累増させている。
 中国経済の軟着陸の成否は今後の日本株のリスク要因としてくすぶり続ける。
(5)日本株専門ヘッジファンドの苦境
 今年は7月までに日本株専門ヘッジファンドが苦戦しており、海外リスクマネー主導の形での積極的上値追いは想定されていない。
 日本株専門の104ファンドの内47ファンドが7月までに損失計上しており、別の42ファンドは報告を更新していない為、マイナス幅を広げているファンドはもっと多いと見られている。
 16日付ウォールストリートジャーナルは「日本株で高収益を誇った米著名ヘッジファンドが今年に入り4分の1の資産価値を失った」と報じているが、20%強ものマイナスパフォーマンスはリスク忌避を長引かせる。
 今後の上値追いは国内勢のリスクテイク如何に絞られてくる。

糸冬

61 :黄泉:2006/08/24(木) 22:56:17
チャートはマケスピで移動平均、ボリバン、一目だけ見てるよ

62 :黄泉:2006/08/25(金) 08:40:37
NY小反発。朝発表耐久財受注が予想上回り、住宅市場減速が景気後退招くとの見方弱めた事が相場下支え。
一方その後発表の7月新築住宅販売件数が予想下回り改めて住宅市場減速を示すと売り圧力強まり上下に振れる方向感定まらない展開。
その中でSPは下落局面でも前日レンジ内に留まったがナスは1週間ぶりの水準まで下落する場面も。
しかし下値では依然押目買い意欲強く引けにかけ値を戻し各指数小幅プラス。
夏期休暇本番で市場参加者不足で薄商い。

ダウ 11,304.46ドル +6.56     
NDQ 2,137.11ポイント +2.45                   
CME225 9 月 15,965.0円 (大証9月先物比 +15円) 

上場企業 負債依存度30%割れ 金利上昇に抵抗力 財務改善進む 実質無借金 3社に1社
米住宅市場 軟着陸シナリオに黄信号 投資マネーも弱気 新築住宅販売 4.3%減 7月
独景気 持続に不透明感 企業景況感 8月0.6ポイント悪化 大型増税を懸念
長期金利、欧州で急低下 景気先行き警戒 低リスク資産に比重
不動産大手 商業施設 開発競う 消費の回復にらむ
8月3週 外国人買越額5700億円 4ヶ月ぶりの高水準 海外勢主導の株高鮮明   (日本経済新聞)
個人投資家 回転売買はもう卒業 新興・中小型株から大型株へ 情報吟味、リスクよむ

東京は目先上昇後の一服状態。企業業績から考えると下値は堅い。
今日は8月権利付最終日で優待取りも。

63 :黄泉:2006/08/25(金) 08:41:17
最近のNYの下落理由を不景気とした言い方をしているが上を買わない理由にはなっても、グリンスパンが気にした住宅バブルの押さえ込みによる物なので良好。
夏枯れになっているが不景気の様な言い方はおかしい。昨年から30%上昇した住宅価格が日本のバブルの様になってはいけないからで、
むしろバカンス呆けから週末のバーナンキ講演や9月頭の休みを意識した流れ。
日本の株式専門家も下がった理由について説明していき、騰落にかかわらず裁定残の多さや買い疲れ、手掛かり難という理由を付ける。
しかし実際はこの場面はNYが動きにくいとして個人中心に食い散らかした形跡や3月月中平均手前で多くのファンドが売りポジにあった事から叩かれた。
だから本当に強いなら今日は反発気味になる。
個別で見るなら鉄松下だが個人が動くなら動き難い運用者を嫌って材料株が良い。
8013ナイガイ、6951日本無線、1814大末など面白そうで、位置的に下が計算しやすい。
また1890東洋建設はじめ低位は堅い動き。

売り3620万株
買い2430万株
差し引き1190万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系、欧州系ともに売り越し。
セクター別では、売りは、繊維・石油・精密・銀行など。買いは、紙パ・薬品・機械・小売など。売り買い交錯セクターは、建設・化学・電機。

戻り売り方針の日

64 :黄泉:2006/08/25(金) 08:51:51
こういう相場は下がった時に買える様にポジ作っておくのが得策だが実際に下がるともっと下がる気がするから手が出ない。
昨日の下げは低位などが堅調で相場に強さがあったから買い向かう事が出来、引け前の個別の投げなど楽に拾えた。
一つ見るところを変えたら分かり易いもの。昨日は物色から来る新興から見たり、指数のリバウンドからどこを狙うのかと見ていたから難しかった。
今日は結果的に上がっても難しい。物色されたら売りたくなるから後場に叩きでも来たらという感覚が根底にある。

昨日終値15950を挟んだ展開を予想。
5日線16080 転換線16035
日足では今日16000以上で引けないと16000以上が重たく見える。
転換線15900だがその辺りを割り込んで引けるようなら調整長引く。
週足では変則で3番天井を取りに行っている様に見える。十分な警戒をしたい。
終値はSQから9月末までの相場を見る上で正念場。25日線まで下がるか揉み。

65 :黄泉:2006/08/25(金) 08:56:32
225Fシグナル新規買い

66 :黄泉:2006/08/25(金) 09:32:44
売らずに持っていたら下がってトントンという感じの市場だが非常に有利な玉は売るつもりは無い。
今日の後場やSQなど気になるが上に抜ける保障も無いのでトントンやギリギリの最近買った物は売りたい。
だったら始めから何もしなければ良いのに動きたくなっている。
買うと売りたいから後場に売り仕掛けでも来たら慌てるのに何となく買いたくて強ければ持ち越したい雰囲気。
しかし今日は上がったら売りで、いくら引け前に上がっても来週誰が買うのかを考えたら高ければ売り、安ければ買い。
昨日・一昨日の新興がそれ。引け高くても翌日売り気配だったり、昨日売られたから今日は買い物だとかそういう心理。
決定権は週明けなのでそうなる。

67 :黄泉:2006/08/25(金) 09:57:44
主力は個別で底打ち仕込み開始
ただ15710処見越して買い下がり前提で買われている

68 :黄泉:2006/08/25(金) 09:58:35
この前の下げ局面に似ている
1部でまったり底打ち仕込み、弱い所はとことん爆撃

69 :黄泉:2006/08/25(金) 10:01:43
ダウが足的に大きめの陰線か陽線付けそうな位置だからダウ次第で雲までか反発見越しての買いが雲と16000の間の位置で入る

70 :黄泉:2006/08/25(金) 10:43:58
NYがここから切り返す事が前提だが、225が反転に入りマザが雲抜けを目指している今、ここで強気に上がらないとマロンは上がれない。
だからモルガンが買っているとすれば強い動きに成る筈。あくまで外資が買っていればの話。

71 :黄泉:2006/08/25(金) 10:45:35
1部の貸借倍率低い物を拾っておけばすぐ逃げられる。1部も強弱別れる。良い物は大口がしつこく買ってくる。

ただ気になるのはSBの寄り天

72 :黄泉:2006/08/25(金) 10:46:58
買う所は買ったので低位と仕手のリスト見ながらまったり待つ

73 :黄泉:2006/08/25(金) 10:48:53
欧州か欧州経由のオイルマネーが買って来ており、大手建設も切り返している。
鉄鋼商社も出遅れから上げてくるか。

ただ気掛かりなのがSB

74 :黄泉:2006/08/25(金) 10:49:58
SBは腐れ外道こそ本懐。情け容赦無し

75 :黄泉:2006/08/25(金) 10:55:09
来週はボトムを付ける可能性が極めて高い。来週は全て重要変化日だが特に28,31日が重要。

今日16244を上回れば弱気ロルッソー5ポイントリバーサルパターン完成。
前回16244が天井だったか否かについては、15日スローストキャは買われ過ぎでありK=89.94%、D=91.26%。
これが71%を下回れば4〜6週サイクルの天井は既に付けた事が確認されるが、間もなく天井が確認される筈。

ザラ場でもスローストキャは71%を下回っておらず、これはまだ4〜6週サイクルの天井を付けていない事になる。
それでも9月1日までに71%を下回りボトムを付ける。

いずれにせよ上値は限定的で、来週天井なら売り。

76 :黄泉:2006/08/25(金) 10:56:35
禿が気になる

77 :黄泉:2006/08/25(金) 11:04:18
今日は全国CPIが予想下回った事で利上げ見送り観測の強まりで債券と先物にショートカバー入り買い集めた

78 :黄泉:2006/08/25(金) 11:05:19
禿と言ってもリアル禿ではありません

79 :黄泉:2006/08/25(金) 12:20:41
時間掛かった6310井関や4064カーバイドが動いた。ソニーとSBが無かったら幾ら高かっただろう

80 :黄泉:2006/08/25(金) 12:23:53
2732クインランド 
中期。前6月期は赤字予定も会社側はPBR1倍割れを真摯に受け止め信頼回復に努め今後あhスリム化による利益率強化を目指している。
四季報予想から見るとサプライズもあるかも。

81 :黄泉:2006/08/25(金) 12:26:42
為替
今朝発表の全国CPIが予想下回った事による影響は夜になってからジワジワ影響してきて円安傾向となる。

82 :黄泉:2006/08/25(金) 12:31:42
225Fは前場6.4万枚の大商い。寄り付き直後に一度下に振った事で戻りも大きくなった。
相変わらず先物主導なので裁定買い残は増加傾向。このまま16000台キープするとチャートが崩れる事なく来週も強気。
ただ、16200より上の水準は現段階では重そうなので16100台での新規買いは入れ難い。だから上がるのかも知れないが。
SBは225と逆で窓空け陰線で弱い動き。ゴメスも上髭がやや長く、後場早々192万を割り込むと投げ出そう。
ゴメスが始値を割りそうな弱い動きを見せれば新興貸借ショート。

83 :黄泉:2006/08/25(金) 12:32:45
しかし今日の相場展開は不得意

84 :黄泉:2006/08/25(金) 12:51:11
[DMI]
相場の上昇と下降をそれぞれ指数化し、トレンドの強弱を計算しグラフ化したもの。

+DI 上昇力を表す、プラスの方向性指数
−DI 加工力を表す、マイナスの方向性指数
ADX トレンドの強さを表す指数
ATR ボラティリティ(変動率)を表す指数

DMIの特徴
 +DIと−DIの差はトレンドの強さを表す
 +DI>−DI 上昇トレンドで差が大きければ上昇トレンドが強いと見なす
 +DI<−DI 下降トレンドで差が大きければ下降トレンドが強いと見なす
 ADXの値が大きければトレンドが強いと見なす
 ATRの値が大きければボラティリティが大きいと見なす

85 :黄泉:2006/08/25(金) 12:53:53
[一目均衡表]
◎基準線と転換線の位置関係
 基準線より転換線の方が上 ⇒ 相場は上昇トレンドにある
 基準線より転換線の方が下 ⇒ 相場は下降トレンドにある

基準線が転換線より下にあれば買い局面、上にあれば売り局面と見なす

基準線に対し転換線が上抜けた場合 ⇒ GC = 買い
基準線に対し転換線が下抜けた場合 ⇒ DC = 売り

86 :黄泉:2006/08/25(金) 13:03:00
[ボリンジャーバンド]
ある期間の移動平均値に、算出された幅(標準偏差)をその上下にバンドとして描いたもので、この標準偏差を加減したラインの事。

±1σ内にデータが入る確率 68.27%
±2σ内にデータが入る確率 95.47%、
±3σ内にデータが入る確率 99.73%

特徴
・バンドの収縮状態が長く続き、その後価格がバンドを突き抜けるとトレンド転換の可能性が高い。
・価格がバンドを逸脱する時は、相場の前提条件に大きな変化があったり、突発的事象がある場合がある。また、トレンドに大きな変化が生じる可能性もある。
・バンド自体がトレンドとなり、上値抵抗や下値支持線を示す。
・バンドの形状は価格の状況を表す。バンド収縮時はボックス圏で推移し、バンド拡大時は大きなトレンド形成時。

87 :黄泉:2006/08/25(金) 13:09:20
SBがここまで下げていると今度は逆にSBを使って上げの演出をしてくるかも知れない。
2000割れまで下げるなら売り方勝利だが割れないようだと逆に踏み上げ開始の添加剤に成り得る。
ずるずる2000割れで新興抹殺するつもりなのか、逆に上げスタートの切っ掛けになるのか。
雲抜け阻止、MACD陰転、5・25日線DCに持っていこうとしているがどこまで押せるかは微妙。

88 :黄泉:2006/08/25(金) 13:09:54
楽天はSBが下げているからといって安易に下と考えるのは危険。

89 :黄泉:2006/08/25(金) 13:16:14
相場は予想以上に強いがこれはCPIが予想下回ったので利上げ懸念が遠のいたから。これでNYが動かない理由も解決しそう。
そして昨日の下落の反動も非常に効いている。昨日の下げは継続しない下げなので売り気が回転したらまた買いたくなる。
井関が抜けてきたので皆がどのようなチャートの物が動くか分かってきた様子。

90 :黄泉:2006/08/25(金) 13:28:19 ?2BP(150)
ADXギャッパー
OOPSにADX、DMIでフィルタを掛け、下記条件で絞り込み。

1.買い規則
 ・前日引け時点で12日ADX30以上
 ・28日+DMが−DMより大きい

2.売り規則
 ・前日引け時点で12日ADX30以上
 ・28日−DMが+DMより大きい

フィルタは精度を向上させるが同時に仕掛け機会が減少する。

91 :黄泉:2006/08/25(金) 13:47:52 ?2BP(150)
>90
低位大型の様な値動きがバーコード状の物では機能しない。
1日の値幅が大きいか、呼び値の刻みが大きい物で好結果が出る傾向にある。
低位でも仕手化すると値動きが良くなるので好結果が出やすい。

検証で手数料負けして平均損益がマイナスの場合でもロットを増やすことでプラスになる結果も多数ある。

92 :黄泉:2006/08/25(金) 13:55:13 ?2BP(150)
OOPS
(1)買いルール
 今日の始値が前日安値より安く始まり、前日安値を上抜いたら買い
(2)売りルール
 今日の始値が前日高値より高く始まり、前日高値を下抜いたら売り

前日が陽線であったか陰線であったか、ATR、曜日などでフィルタリングすると物によっては精度が増す。

手仕舞いは各個人の判断によるが主な手仕舞いは次の通り。
(1)当日大引け
(2)翌日大引け
(3)翌日寄り付き
(4)最初に利の乗った寄り付き
(5)利益目標達成時
(6)SL水準に達した時

93 :黄泉:2006/08/25(金) 14:26:38
週末の換金が一巡出来ると週末の期待感出る。

94 :黄泉:2006/08/25(金) 14:27:28
SBは耐えるのに疲れたというような投げ。

95 :黄泉:2006/08/25(金) 14:30:07
中期ならこの時期は1Qで進捗率の高かった物をチェックし、中間決算発表の日にちに併せて売買する。
現在安かったら買い、下がれば好機と見る。
即動くのではなく企業の癖を憶えてから。

96 :黄泉:2006/08/25(金) 14:31:30
17563〜14045の61.8%戻しが16219±415
14045〜15710の上昇幅+14045=16102±243

97 :黄泉:2006/08/25(金) 14:32:12
簡単に言えば来週高ければ売り、突っ込んだら買い。

98 :黄泉:2006/08/25(金) 14:34:03
>75
間違えた
今日だけに限定した話ではないよ

99 :黄泉:2006/08/25(金) 14:56:09
強い所は売り方が様子見している。無理しなくても他にも売れる所はいくらでもあるから結果下がらない。
そういう思い込み刷り込みが一番危険なトラップだけど。

100 :黄泉:2006/08/25(金) 14:57:43
バーナンキ発言しだいでダウ100以上振れそう。
行って来いするなら前場揉んどけば良かったに。

101 :黄泉:2006/08/25(金) 15:12:44
クインラド始め、全般で持ち越したくない人が多かった。品薄は特に下げ易い

102 :黄泉:2006/08/25(金) 21:13:59
弱気ロルッソー5ポイントリバーサルパターンに成らなくても弱気ブロードニングフォーメーションに成る。
いずれにせよ調整色強まっている。

103 :黄泉:2006/08/25(金) 21:14:30
上がれば売りたくなり下がれば買いたくなる心理。昨日の下落から、後場叩かれる事や週末要因を忘れた。
下がってはいるが要所の強さから、壊れた弱さではない。外資系の動きが無いので持越しにくく、自己は月替わりなので後場は難しい。
しかし急ぐからつい買ってしまい、後場投げるのだがそれを買えないからややこしい。
強弱ぶつかっているがポジだけは綺麗に。月曜の動きで切って整理するか持続か決定。

バーナンキ講演控え今日まで上値は重いと言われていた訳で、今日どうのこうのではない。
今朝のCPIの様に、相場が強い時は悪い数字でも良い方に取り、売る気なら何でも悪い方に解釈する。
今日は月末&週末だから後場は元々動きにくく、昨日の値動きから上値が重いのも分かっている。
前場にそれを忘れた人が多いから上がり過ぎた。
16100という水準、外資動向、ばらついた個人の方向から上がるのは無理。
ただ月曜に可能性があったら買い向かえるがそこが難しい分、昨日と同じで売り物に向かえなかった。
月曜も同じ様な展開なら一度手仕舞いして次を考える。

104 :黄泉:2006/08/25(金) 21:28:47
今日の日足を見ると16000以上が全て上髭で終わっている点など16000を挟んだ攻防から徐々にこのレンジ下抜けを窺う展開となりつつある。
ボリバン幅500円未満まで縮小し、次のトレンド発生が近い事を窺わせている。
移動平均は10日までマイナス乖離となり中長期はショート転換。
長期は7月18日安値14410と今日の安値を結んだラインを割るまで、若しくはDMIが-DI>+DIとなるまでロング。

105 :黄泉:2006/08/25(金) 21:46:49
昨日空けた上窓を早速埋めただけのような先物主導の上げ。徐々に動きが活発になってきておりいよいよMSQを睨んだ売買が始まってきた。
それだけに上抜けた時は踏み上げも手伝い派手な上昇が予想される。
今日の乱高下はCPI好感する向きと逆の向きが別れて強弱対立した格好と見る向きあるが無関係。
単に先物の仕掛け的売買で乱高下しただけ。基本的には利上げ遠のくという意味で好感され、これにより年内利上げは無くなったと見る向き多い。
これまでの上昇が急ピッチで過熱感警戒し現物株に強い買いが見られず上値を買い向かい難い状況。
押せば買う向きはまだ見られ、今後上値を買うとすれば外人。
彼らが今上値を買ってこないのは米市場の不安があり、底堅い展開は続いているが景気鈍化が始まっておりその状況でインフレ懸念も再燃している。
来週末には重要米雇用統計控えておりそれを見極めたい事から日本株を強気で買い向かえないとも言える。
更にその後はすぐに日本市場ではMSQ控えており、来月MSQまで手控え感強い状況が続く可能性ある。
ただ先物主導で乱高下はする。225F9月物建玉残高は依然高水準で更に裁定買い残が膨らんでおり先週で4兆円に達した。
この4兆円という数字は5月以来で、現物市場での実需買いが少ないだけにまだ増加する可能性ある。
現物主導で上げていく展開になれば裁定解消売りこなせるが今の先物主導の動きで上げていくと裁定買い残は増加する一方で、MSQが近付くにつれこの解消売りが警戒されていく。
それを考慮すると目先上抜けは難しく、MSQへ向け下げていく可能性あり、それを狙って売り仕掛けも出る。
ただそれは一般論で、目先下げていくと見る向きが多いだけにそれを逆手に取って踏み上げれば上昇力は増す。
それに今個人のCPは膨らんでおり、投信や外人など押せば買う向きは多い。
今の水準ではまだ手控えている向き多いが下げた場合は積極的に買い向かう可能性ある。

106 :黄泉:2006/08/25(金) 21:59:51
>105
取り敢えずSQまでにロールオーバーがどれだけ進むか。
仮にSQに大量の解消売りが出て安くなったとしても絶好の買い場になる。因みに昨年9月SQはやや売られたが通過後は上げ足を速めた。
昨年とは状況が違い単純比較出来ないがトレンドは上となる可能性ある。

ゴメスは今日派手に物色される場面あったが今日上場の2496アルクへ短期資金流れ垂れた。
アルクは見事な陽線坊主で、注目度低かっただけに意外高。
5742NICと似たような公募価格で市場も同じJQなので連想がはらたいら、いや働いた。
NICは上場日高値引けし、翌日も買われS高を数日続けた。
しかし発行株数がNICの2倍あるのでNICの様な大相場で軽い動きは期待出来ない。
ただゴメスも上値追えなくなっているので月曜も物色される。

107 :黄泉:2006/08/25(金) 22:00:50
糸冬

108 :黄泉:2006/08/25(金) 22:11:13
1泊2日〜4泊5日のトレード
今の日本株はトレンドが長く続かないので、話題性のある物に乗って2,3日で降りる。

○話題性
株式分割
新開発
特許取得
流行の商品
吸収合併

得意銘柄
季節銘柄(優待、シーズンストックなど)
出遅銘柄

↑暇な時に分類してストックしておく

109 :黄泉:2006/08/25(金) 22:15:27
ローリスクを心掛ける
作戦通りの損切りは負けではない

1)上がる可能性の高い条件の物を選ぶ(話題性、季節銘柄)
2)株価水準の低い物を選ぶ
3)上昇率がある程度見込める物を選ぶ
4)なるべく配当があって好業績を選ぶ
5)平均的上昇率の半分以下を利益目標とする
6)出遅銘柄は目標設定を低めにする
7)LCルールを徹底
8)理由の無い塩漬けをしない
9)相場の良し悪しだけでなく自分の精神力によって引き際を考える

110 :黄泉:2006/08/25(金) 22:21:06
平均上昇率はケンミレ有料で見られるよ
チャート見て自力計算しても良いけど

株価水準は週足で確認
好業績有配物を週足フォーメーションの底で買うと下がっても下落幅が少ない
ただ、投資期間が半年とか長い

111 :黄泉:2006/08/25(金) 22:26:48
10月にケンミレが無料キャンペーンやるよ

ショットガンはロット増やすために低位選ぶけどスイングはある程度保有するので株価がある程度高くて有配物をやるよ

IPOはなかなか買えないよ

どこにLCラインを設定するのか、どのような場合にLCラインを変更するのか、自己ルールを確立しておく

長期で”これだ”と思った物は買い下がるよ

112 :黄泉:2006/08/25(金) 22:32:27
特別気配が出たら様子見して寄値で判断するよ

IPOが当たったら欲張らずノーリスクで売るよ

塩漬けする癖のある人は、LCラインを株価だけでなく時間軸でも設定すると良いよ

113 :黄泉:2006/08/25(金) 22:51:25
上がって弱気、下がって強気

NYが下がったので最初の山が高値と予想。

114 :黄泉:2006/08/25(金) 22:56:21
外人売り転、日経もたつき、ネックライン、200日線超え、目先達成感。
今朝の動向は北米系買い越し、欧州系売り越し、やはり欧州系の方が上手い。
欧州系の読みが上手いとなればネックライン15710辺りまで下げる可能性あり。
そして上昇に転じればその上昇相場はインパルスウェイブ第3波となり意外と長い可能性あり。
今後も欧州系動向に注目。

115 :黄泉:2006/08/25(金) 22:57:01
リーマンのSBレポート、目標株価900円となると長引きそう。相場を売り叩こうとしている。

116 :黄泉:2006/08/25(金) 23:03:58
外人の新政権に対する見方の焦点は人事に集まっており、民間人を多く採用するのかベテラン議員を採用するのかなどに注目が集まっている。

カリヨン
阿部政権誕生後も海外勢の日本株投資続く

Credit Suisse
阿部政権なら防衛・円高メリット関連が有望

UBSグローバルAM
阿部政権は中立、守旧派の巻き返しに関心

Merrill Lynch
教育や社会問題が主軸、マクロ経済には中立

21世紀AM
海外勢に認知度低い阿部氏の外交手腕に注目

117 :黄泉:2006/08/25(金) 23:07:07
メリルに引き続きリーマンがSBの売り推奨レポートを出したが、北米系は運用成績が良くない所為か、値を戻して安い所を買おうとグルに成っている様に見える。
ヘッジファンドも米年金も日本株に出遅れており、持たざるリスクを感じている。

118 :黄泉:2006/08/25(金) 23:21:12
仕掛ける外資、過剰反応する個人。7月暴落もSB引き下げから始まった。

119 :黄泉:2006/08/25(金) 23:49:16
げえっ、指数に先行しておる

120 :黄泉:2006/08/26(土) 00:45:58
げえっ、寝る

121 :黄泉:2006/08/27(日) 20:35:30
今の16100程度の水準は8割以上の人が予想出来た。ここから上は3月平均値を上回るので10,11月も強気で投資するという考え方も出来る。
例年10,11月にありがちな弱気論は米中間選挙後は安いというジンクスや10月に需給が一時悪くなるという過去の例が根拠。
それも確かにあるが、昨年は結局強気のままだった。だからここは一回深く押すのか上値を追うのかギャンブルする場面。
MSQ接近で山積した裁定残が気になるとか、9月は決算月だからとか買えない理由は山ほどあるが、企業業績は良く割安な水準にあるのも事実。
こうした時に米住宅減速などによる景気悪化が懸念されているがこれは想定内なのでNYは下げていない。
日本でも、例えばCPIが下がった時に金利上昇懸念が無くなるという見方を出来る。
このようなデータは今の市場はどちらにも解釈される。

ここからは弱気の人の意見を聞きながら強気の人につくやり方をする。
Putを少し買いながら一番強気の大口が好きな低位を買う。株価がどちらに行っても良いようにするのが9月頭の作戦。

122 :黄泉:2006/08/27(日) 20:44:33
金曜NYまちまち。住宅減速を受け景気先行き懸念広がる中、注目される経済指標の発表もなく、また週末を控えてIRう事もあり様子見気分強い一日。
その中で大西洋での熱帯低気圧発生がハリケーン懸念を生み原油上昇して始まった事が重石となった。
一方、注目のバーナンキ講演では今後の金融政策に関わる発言が無かった事から買い安心感広がり相場上昇場面もあったが買い続かず、
ダウは終日マイナス圏推移し最終的に反落。SPは比較的小幅レンジ推移。ナスは小幅続伸、ハイテクの一角が堅調推移し下支え。

ダウ 11,284.05ドル -20.41     
NDQ 2,140.29ポイント +3.18                  
CME225 9 月 15,980.0円 (大証9月先物比 +10円)

123 :黄泉:2006/08/27(日) 22:18:32
RSIはADXと組み合わせると結構いける。RSIは売買タイミングを探るより株価の状態を見るという使い方をした方が有効である。

1.下降エネルギー増大
 RSI 下降
 ADX 上昇
 株価が勢い良く下落している状態。
 RSIが上昇転換、ADXが下降転換し2の状態に変化するまで手出し無用。

2.下降エネルギー減少
 RSI 上昇
 ADX 下降
 1から2へ変わる瞬間から数日が理想的買いタイミング。
 これまでの下落エネルギーが抜けていく感じ。

3.上昇エネルギー増大
 RSI 上昇
 ADX 上昇
 下降エネルギーが抜けて上昇していた状態から、エネルギーを伴って上昇に入ってきた状態。

4.上昇エネルギー減少
 RSI 下降
 ADX 下降
 上昇エネルギーが抜けてきた。

1から2へ変化する=下落から上昇転換は割と信頼性が高い買いサインとなるが、3から4へ変化する=上昇から下降転換はあまり売りサインとはならない。

株価が上昇するエネルギーと下降するエネルギーの仕組みが違う事も考えられる。

124 :黄泉:2006/08/28(月) 00:10:26
修正するのは薄商いばかりやのう

125 :黄泉:2006/08/28(月) 00:20:20
板飛びスカスカ死んでも除外

126 :黄泉:2006/08/28(月) 01:48:54
25日修正使えるの一個もねーよバーローwww

127 :黄泉:2006/08/28(月) 02:10:15
材料に因る株価動向

増資
増資があると発行株数が増えるので一株利益が下がり理論的には株価は下がる。
しかし長期的に見ると増資は会社のキャッシュフローが増える。
ここでその資金を利益を上げられる事業に投資する事がハッキリしていれば基盤がしっかりして株価にはプラス材料。
逆に目的がハッキリしない場合や利益の出ない事業への投資ならマイナス材料。

上方修正
以前から予想されていた修正の場合は『出尽くし』で下がる可能性が高く、突発的修正の場合は上がる可能性が高い。
もし上方修正があっても材料が出る前の動きが上がり調子の場合は下がる可能性が高い。
だからその材料が予想されていたものかそうでないかで違う動きをする。

復配
発表されたら上がると見て良い。昨年赤字で今年黒字で且つ配当があるなら更に上がる可能性が上がる。
しかし予想されていた場合は『出尽くし』で下がる可能性が高い。

上場廃止
決定されると整理ポストに移され、一ヶ月以内に取引停止。

社長逮捕
会社の信用がかなり失われるので利益も減る可能性が高い。
逮捕の原因は粉飾決算、脱税、横領、麻薬所持など様々。
<例>
 T1のキャッツ社長逮捕で倒産
 マの豚社長逮捕で上場廃止
 JQのダイナシティ社長逮捕で大幅下落

128 :黄泉:2006/08/28(月) 02:17:27
>127続き

ワイドショーで株特番が増え始めた
過熱感出てきた証拠。逆に下落時の株特番はもうすぐ上がる前兆。

経済指標の上方修正
以前から予想されていた場合は『出尽くし』で下がる可能性が高く、突発的修正の場合は上がる可能性が高い。
もし上方修正があっても材料が出る前の動きが上昇基調の場合は下がる可能性が高い。

テロ
その日は下がる可能性が高いが、一過性のものなら翌日は持ち直す可能性が高い。
テロで大損害を受けた会社なら上がる可能性は低い。どの程度影響があるかで左右される。
因みに米同時多発テロ翌日の日経平均は6.6%下落。

糸冬

129 :黄泉:2006/08/28(月) 02:34:26
増資
株券を増やしそれを誰かに買ってもらう事で現金を調達する方法。
発行株数が増えるので一株利益の希薄化が起こり、既存株主の利益が下がるので悪材料視される事が多い。
しかし財務基盤の弱い企業が、大きくて好財務の企業に増資を引き受けてもらえたケースなどでは逆に株価が上昇するケースもある。

財務リスク>増資による一株利益の希薄化

と市場に判断されれば株価上昇する。

130 :黄泉:2006/08/28(月) 02:44:34
>129続き
増資の種類

・株主割り当て増資
その会社の株主全員に対しそのシェアに応じて新しい株式を割り当てる方法。
無償で増資するケースがあり、この場合会社には資金は入らないが株主は保有株数が増える(株式分割と同じ効果)ので株主への利益還元を目的として行う。
株主は喜ぶので通常、株価は上がる。

・第三者割当増資
特定の株主、又は第三者へ株式を発行して株式を引き受けてもらう方法。
原則時価での発行となる。この場合、会社に資金が入り自己資本が厚くなるので会社の財務は良化する。
一方、一株利益は下落するため、悪材料視され株価が下がる場合がある。
ただ、増資した資金の使途の有効性、引受先との相乗効果などを市場が判断して『効果有り』となれば市場が交換して株価上昇するケースがある。

・公募増資
不特定多数の投資家から応募を募る。
バブル絶頂期にはこの方法が主流で、当時は発行価格が高くても早く買わないと株価が上がってしまうとの観念から買ってくれる投資家は十分集まった。
その時期は資金が余るほど集まってきたので本業に使う資金の他に土地への投資などに資金を費やしていった。
現在でも、成長過程にある企業や資金調達が容易な(言い換えれば投資家に資金を出してもらう事に対して自信がある)企業が増資をする際に公募増資の形態を取る。

糸冬
糸冬

131 :黄泉:2006/08/28(月) 08:39:11
停電・地震でも企業活動とめない システム障害対策強化
インド経済 7-8%成長へ 株価回復失速遠のく 内外から新規投資 物価は「警戒水準」続く
米国、今夏大型ハリケーン襲来ペース 非常にゆっくり 25日発生「アーネスト」が今シーズン1号
新興企業の業績予想修正 不動産ファンド好調目立つ 流通企業に下げ多く 人件費が収益圧迫
(9984)ソフトバンク(2140円)3つの疑問@資産1兆円どこにA減価償却変更8年から10年Bアナリスト評価に幅 (日経金融新聞)

東京は強弱感対立。

毎月FOMCや経済数字を気にするが同じ事の繰り返しで、実際は関係無くなっている。
市場に昨年ほどの力は無い。全体の価格帯が3月の値域にあるから動きにくく、その前に処分したい意識もある。
だから週の明けた今日で意識をはっきりさせてくる。鉄の中間配当実施からの動きが有るかどうか。
先週末売って資金的に余裕ある個人が動けるかどうか。OPの事もあるのでこの場面ではすっきりさせなければならない。
今日はそういう意味で大事で、今日動かなければ当面保ち合いにならなければ難しい。
需給が悪くなれば下落もある。個別で狙う物があるなら構わないが、盛り上がり若しくは活気が無いと個人資金が行き着いたら止まる。
だから鉄や住金や5916ハルテックや8013ナイガイが動く事も大事。何でも良いから考える基本や柱が欲しい。

132 :黄泉:2006/08/28(月) 08:44:36
売り2270万株
買い2480万株
差し引き210万株の買い越し。
金額ベースは売り越し。米国系は小幅買い越し、欧州系は小幅売り越し。
セクター別では、、売りは、精密・小売・銀行・薬品など。買いは、鉄鋼・電機・証券・通信など。売り買い交錯セクターは、機械・自動車・不動産。

今日はロンドン休場の為かフローが減少している。

押し目買いの日 急伸したら利入れ方針良し

毎月毎回FOMCだの住宅着工だの騒ぎ、それが大事なのは分かるが日本の金利問題や景気問題同様騒ぎすぎ。
日本の重鎮はここ数ヶ月発言に余り変化が無く、一部の人が騒いでも特別な流れは無い。
根本的に昨年ほど需給が良好ではなく、株価位置も高いから売買交錯した状況になる。
よって個別物色となるが、それに誤解があり、「動く物だけが動く」ではなく、良い物が循環で動く。

買いは当分駄目。

SBは日証金ベースで更に売りが入っていた。

133 :黄泉:2006/08/28(月) 08:50:08
225F 見送り

134 :黄泉:2006/08/28(月) 08:51:30
仕手ぽい低位に1銘柄当たり20万株前後の変な売り物が出ている

135 :黄泉:2006/08/28(月) 09:12:06
市場は売買の基準を求めており、鉄の復配開始は有る意味大事な材料。
FOMCなどを気にするのは良いが、毎月毎回気になるのは相当良くなく、その中身が変わらないのは意識し過ぎという事。
本当は別の需給の問題。今日は何か投資の指標が出来たら良い。

136 :黄泉:2006/08/28(月) 09:14:31
>134
朝方の雑株の売り物はSBの追証絡み。仕手筋とその側近に何故か今までSBを買っている人が多くいたから。

137 :黄泉:2006/08/28(月) 09:21:37
下ぽいけど闇雲に売ればよいという感じでも、ある。

138 :黄泉:2006/08/28(月) 09:48:33
日経がテクニカル的に買えん 売りのみ

139 :黄泉:2006/08/28(月) 10:15:51
雰囲気的に買えないから引っ込んでいた売りが一気に出た。この値域は相当重い。

先ほどまで現物主導だったが今度は先物主導で下げ始めた。裁定解消売り

140 :黄泉:2006/08/28(月) 10:20:55
買いが綺麗に途切れた

141 :黄泉:2006/08/28(月) 10:27:28
先週16244が天井であれば通常の押し目底は15340±214
これをもし下回れば今週ハーフサイクル(7-11週)ボトム形成中を意味し、目標値は14375-15255

サイクル分析では今週4-6週サイクルのボトムに向けて下落した後、反騰して先週高値を試すか、それを遙かに上回る。
この反騰は弱気なら1-2週に過ぎないが、或は3-5週続く。
その反騰が強くても弱くてもその後の下げは過去6週間で最も厳しい下げになる。
予想では14045から天井までの上げ幅に対する調整になる。

重要変化日をベースに分析すると今週から来週にかけて13-19週の天井を形成する事を示唆している。
従ってサイクルの間に歪みが生じる。
もし金曜までにボトム目標値まで下げれば買いが良い。
しかし今週末か来週初めにかけ上昇し、新高値を付ければ売りを狙うのが良い。

142 :黄泉:2006/08/28(月) 10:59:05
どこもかしこも下げ止まり、持越しに悩む

143 :黄泉:2006/08/28(月) 11:01:49
指数とは別に備えて売り過ぎ。それでも下がったら全体の問題

144 :黄泉:2006/08/28(月) 12:15:50
機関は現物売り先物買いの後に先物売り
年金や郵貯などの大口がこういう商いをする場合が多い

145 :黄泉:2006/08/28(月) 12:24:40
参加者の多くが意識している200日線を一時割り込み、前引けで辛うじて上回っている状況。
こういう参加者の多くが意識している値段(大きな節目)を一瞬でも下回れば終値で上回ったとしてもそれは弱いという事。
今回200日線は15828程度。それに対し安値15812。先物も安値15810。
本当に強ければこの様な参加者が意識している値段にタッチせずに上昇する。
結果的に下髭であっても、下回ったという事実を重要視する。
これは25日線や新安値(高値)にも当て嵌まる。

過去の経験として、
本当に強い時は参加者が意識している値段や平均線、年初来安値まで到達せずに反騰する。
逆に弱い時は参加者が意識している値段や平均線、年初来高値まで到達せずに反落する。

146 :黄泉:2006/08/28(月) 12:26:12
SBは寄り付きショートカバー。先週末の日証金の売り残増が気になり、今日また逆日歩が付くかと思ったのと、かなり大きな窓を空けたから。
チャートのセオリー通りの所までの戻りがあれば取り組み動向を注視しながら再度空売り。

147 :黄泉:2006/08/28(月) 12:51:18
弱いと思わないくせに売りたいと思っている。今日は雰囲気から買い物が入りにくいのは始めから分かっている。
そこで売りたいと思っているので思ったより下がる。そこで先物に売りが来たら簡単に下がる。だから余計に弱気になる。

だが鉄や素材、資源は強い。なので低位や新興などは自分が買ってに弱気して買ってに売っている状態。

14時半から全体が戻るなら狙える。早い仕掛けは明日に繋がっていないので無駄。

148 :黄泉:2006/08/28(月) 12:53:50
中期は今は待ち

149 :黄泉:2006/08/28(月) 12:59:56
雲抜け後の押し目ラインで止まるのかも。
雲上抜けても上に行く強さはまだ無いから戻りは叩くのみ。だが今日一日で下げすぎるもの良くない。

鉄は大型2/4社が頑張っている。他の、鉄の上げの流れで買われた物は過熱感たっぷりなので素直に下げている。

150 :黄泉:2006/08/28(月) 13:01:39
SBは満足した売り方の買い戻しと、前回の下落時に2000前半で売っていた人の下げ止まり嫌気の買い戻しで下げ止まっている。
2400台で売っていた人も深追いする必要無い。

151 :黄泉:2006/08/28(月) 13:02:34
SBは貸借倍率0.7なので底堅くなると買い戻しが相当入る。金曜に新規売りが買いの2.5倍も入っている

152 :黄泉:2006/08/28(月) 13:42:23
アルクやゴメスを見ると弱いとは思えん

153 :黄泉:2006/08/28(月) 13:44:16
16244で4-6週サイクルの天井を付けた事が確認された。今後全ての押し目では買いを狙う。今から少しずつナンピンしても絶対に損しない。
出来れば25日線15643を下回って欲しい。

154 :黄泉:2006/08/28(月) 13:44:49
長期では売り難い。
短期では売られ過ぎ。

155 :黄泉:2006/08/28(月) 19:21:35
担当者が失踪しました

156 :黄泉:2006/08/28(月) 20:43:09
相場が上昇局面の時、大きな節目の値段にタッチした場合、例えそれが上髭でも、或いは引けに垂れて陰線になったとしても、一旦到達したという事実を重視すべき。
(本当に弱いのであれば大きな節目に到達出来ずに下落する事が多い。)
ただ、『鬼より怖い一文新値』という言葉もあり、高値(安値)後の調整を経た後の戻り新値の場合は注意必要。

157 :黄泉:2006/08/28(月) 20:46:01
来年、通信の規制緩和があるため外人は積極的に買っており、押しがあれば買いが入っている。

158 :黄泉:2006/08/28(月) 20:48:54
良い物あったら証券会社に催促してレポート書かせろ、買い煽ってくる

159 :黄泉:2006/08/28(月) 20:54:53
新興で転換線を上回っているものは29-31日が押し目底の可能性高い

160 :黄泉:2006/08/28(月) 20:57:15
日経平均が03年4月を中心に左右対称になっていると気付いた瞬間、変化するのが相場の常

161 :黄泉:2006/08/28(月) 21:57:01
『偉業を成すには純真さが必要である』 − ルネ・クレヴェル(作家)

162 :黄泉:2006/08/28(月) 22:43:22
ミクシィ上場でWeb2.0に積極的に取り組んでいる企業も暴騰するかも

163 :黄泉:2006/08/29(火) 08:29:35
NY上昇。原油下落下支え。明日から主要指数発表多く雇用統計もあるため慎重ムード根強い。
相場上昇も上昇幅限定的。夏休み中の人多く閑散。揉み合いの寄り付きからジリ高に転じ、後場にダウ100ドル超の上昇となるなどピーク。
引けまで維持できず最後はやや伸び悩んでの終了だが指数は揃って18日以来の高値引け。
セクターでは商品市況不振背景に石油や金鉱が下げたのを除き全般堅調。

NYとCME225F反発。
昨日の東京は月内最終であり持越し難い状況の自己に、取り立てて勝負しなければならない材料も無かったので、裁定残を活用した売りが出る分無理だった。
SBに関わる売りも周辺へ波及していたので難しい状況。
昨日の下落は力関係で簡単に下がる状況にあった訳で、実質今日には繋がっていない。
要所である鉄や5001新日石などは堅調で、新興でもゴメスのような人気物は期待感から買い集まり反発の兆しはあった。
しかしそれは先走った買いなので今日には繋がらないが、資金的余裕や買い意欲は見て取れる。
昨日買い難かったから買い板が薄くなったところで処分先行の流れが出た物は今日安かったら狙える。
ただ、安いから買える部分であり、魅力や期待値ではないから難しく、指数より個別を重視するような流れにならなければ駄目。
8013ナイガイや8020兼松の下がったところや、鉄の伸び方が気になる。無理はしない日。

164 :黄泉:2006/08/29(火) 08:35:26
ダウ 11,352.01ドル +67.96     
NDQ 2,160.70ポイント +20.41                   
CME225 9 月 15,875.0円 (大証9月先物比 +105円) 

郵政公社 投信窓販局を10月から倍増 全国1300ヶ所内1000局で購入可能に

東京市場は目先過熱感から4日続落も、買いたい勢力はじっと待っている状況。

売り1720万株
買い1680万株
差し引き40万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系、欧州系ともに小幅売り越し。
セクター別では、売りは、化学・機械・小売・銀行など。買いは、電機・自動車・サービス・通信など。

案外弱き日 戻り売り方針良し

反発しても余り期待感無い。というのは、指数を仕掛けてくるかもしれないし、大型鉄鋼は人気だから来るとしても朝の外資動向の曖昧さや、
昨日の個別の広がりの無さ、上値に対しての不透明さから意図的に動かす指数や個別は有っても全体的な強さとは違うもの。
上がっても下がってもやり難いなら、反発してからその動きを見極めてからでないと難しく、今日は神経尖らせて難しい日。
雑株で需給から下がった物が狙い目。

165 :黄泉:2006/08/29(火) 08:40:16
NY上昇は有難いが東京は一旦調整に入ると当分は噴き値は利食い売りから売りが出る。

225は200日線固めに入るか、相次ぐ銀行株等保有機構による売却売り出しによる需給懸念が広がるか。
寄り後に16000回復出来るかどうか注目。

225 5日線15965 20日線15759  25日線15642 200日線15836 

166 :黄泉:2006/08/29(火) 08:56:05
先物気配15940
現物気配16005

167 :黄泉:2006/08/29(火) 09:34:12
225F 見送りシグナル

168 :黄泉:2006/08/29(火) 09:39:14
今日は買い気が占めるが、早くから処分が出たら面白い。かったるい地合になったら朝の外資動向が示すように一部は頑張っても横に広がらないとか、先物の買い戻しから上がるだけで自分には身に無い商いになりそう。
今日だけを考えたら難しい。只、昨日の鉄の強さやゴメスのロスタイムの様に、期待値の高い物に集まるくらい資金は多い。
SBも飽きてきたし、4桁物が動く様相は十分ある。

169 :黄泉:2006/08/29(火) 09:40:25
全体に買い戻しは入っているが様子見中

170 :黄泉:2006/08/29(火) 09:43:19
新興が動いているが、後先考えていないような売買。主力の先行きが分からないのでボラのある市場へ行った感じ。
低位は朝外資から、ボリュームの必要な物は避けられて昨日より買い入っているが、上値は現時点で無視されている。
上がっても買いが付いて行かない。
売り残の多い売り込み株の方が前向きな動き。
この時間帯の全体の躊躇から一回下がっての反発なら良いが、どうも呼吸が合わない。

171 :黄泉:2006/08/29(火) 09:44:29
金曜までに15600以下になって欲しい

172 :黄泉:2006/08/29(火) 09:45:17
長期では売り転換していない
短期では売られ過ぎを示している

173 :黄泉:2006/08/29(火) 09:47:53
少しずつ触られなかった低位などの雑に回っているが持続力が不明だから先日まで賑わった雑には回っていない。
新興も一旦休憩が多い。

174 :黄泉:2006/08/29(火) 10:51:55
南米の金鉱山操業停止
金価格に後場から影響出る
あの人々は電話営業なので

175 :黄泉:2006/08/29(火) 10:56:27
この場面で売りスイングはハイリスク

昨日底打ちした可能性あるが下げ幅が足り無さ過ぎるので様子見

176 :黄泉:2006/08/29(火) 11:05:55
乗れない強さ。少しずつ乗りたい気分が出ているから6976誘電、6952カシオ、6965ホトニクスなど運用者好みが動き出している。
朝外資見ても出来高少ないのに鉄やガスが動くから動きにくい

177 :黄泉:2006/08/29(火) 19:42:32
11:06
9月1日迄に底を付けると思われるので残り4営業日下落する可能性あり。
或いは既に昨日底を付けた場合、3つめの4-6週サイクルの天井に向けて反騰する。
通常、3つ目の4-6週サイクルの上昇する時間は前の2つの4-6週サイクルより短く、下落する時間は前の2つのサイクルより長い(2-5週)。只例外も起こりうる。

12:18
8月31日は35年に一度の重要変化日。過去の例からこの日に天井或いは底と合致する可能性75%以上。

12:29 気配高い

12:57 三菱UFJが証券子会社化

13:01 鉄利確のハイテク押目買いの流れ

13:10 先物は上げ期待感と戻り売りで昨晩のNYの様な流れ

14:11 8020兼松 単位が大きくなり始めている。閑散に売り無しから来る妥協の押さえか

14:27 
ここまでは自己や個人の心情から考えられるがここから更に売ってくるようなら何かある。
だからどっち付かずの80高位で引けた方が良い。

14:38 自己と個人の投げで下げ。売り物が付いて来ていない

14:47 15850が居心地が良いのか。FOMC迄NYに併せて15700-16000で揉みか

178 :黄泉:2006/08/29(火) 19:47:45
引け後

セオリーや定石はネットの普及で早くなり、過去の常識が通用しなくなった。
需給が今日の様に少なくなると過去の記憶では軽くなったがもう一つの見方で動く物は限られ、中心銘柄が上がらないと全体は上に行かないというセオリーもある。
今日は出来高が相当落ち込んでいるが、鉄や瓦斯中心なので読みにくい。
それだけ個人が上手くなったのか、解釈の変化か。

運用者好みの1000-2000円台の売り残が積もった物や好業績が上がれば個人意欲増し、その時間から低位。
その兆しがあり一部材料が上値志向。

179 :黄泉:2006/08/29(火) 21:07:26
レンジは昨日の範囲内に収まっており、直近数日の軟調地合が終わったとは言い難い。
中短期はショートキープ。長期も明日16000回復なければショートキープ。

180 :黄泉:2006/08/29(火) 21:21:04
博打とは経済合理性の無いもの。先物は企業業績動向に則って売買するもので経済合理性がある。

181 :黄泉:2006/08/29(火) 22:03:17
8月7日安値15154−8月22日高値16245の半値押し15700、62%押し15569

明日も上昇する可能性あるが上値は16000台まで。

出来高12億は今年最低。その閑散の中で市場を操作しているのはヘッジファンドや自己。
先物の裁定やOP、現物、債券など組み合わせて仕掛けてくる。
彼らの情報は個人で入手は難しい。

P155が山積しているのでいずれ目標値を目指した仕掛け的動きがある。
C160台はヘッジ済だろうから16000以上での駆け引きになる。

182 :黄泉:2006/08/29(火) 22:06:32
最近、あの銘柄の目標株価XX円など仕手情報をよく聞くようになってきた。

183 :黄泉:2006/08/30(水) 08:35:59
ダウ 11,369.94ドル +17.93     
NDQ 2,170.30ポイント +11.60     
CME225 9 月 15,945.0円 (大証9月先物比 +25円) H15950 L15820

信用買い残 9週ぶり増 個人・中低位株を物色
国際商品、調整色強める CRB指数、5ヶ月ぶり低水準 原油・大豆の下げ目立つ      (日本経済新聞)

指数は分からないが大化けする物が出てくるかも。個人が売ることに慣れ、企業のファンダは良く、市場内に資金が多い。
ところが中心が無く投資先に困った状態。こういう時は基本的に仕手待望論になるがそれ以上に投資家同士の横の繋がりが出来る。
それが過去の住友鉱山、本州製紙、兼松日産などが出た時代にそっくり。
それぞれ時代背景が違うので取り上げられたテーマは違うが、今年は時代に節目にあるので新技術があり、TOBや割安株もある。
企業に才能があるので底堅く、売っても余り下がらない。それが昨日の後場からの低位の強さであり、指数に拘らない所。
8013ナイガイや8020兼松の買いの入り方や、5916ハルテックの投げを拾う動きなど見る。

売り3070万株
買い3550万株
差し引き480万株の買い越し。金額ベースは小幅買い越し。
米国系は買い越し、欧州系は小幅売り越し。
セクター別では、売りは、繊維・非鉄・精密・証券など。買いは、住宅・自動車・海運など。売り買い交錯セクターは、機械・電機・小売・銀行。

184 :黄泉:2006/08/30(水) 08:40:37
一方に偏して動く日 足取りについて駆引きせよ

指数や外資に踊らされている部分はあるが外資がそれほど動かなくても個人だけでも適当な山は出来るし、早い回転を狙わなければ株価維持も出来る。
この水準から下がり難い物も出始めて下値の堅さは相当なものなので指数は分からないが溜め込みのポジになり、昼から上値追う材料株も出てくる。

村上ファンド、12月解散

185 :黄泉:2006/08/30(水) 08:41:15
後で売り物が出るだろうが買い気旺盛。15997くらいまで現物買い入っている。先物15930

186 :黄泉:2006/08/30(水) 08:51:12
225F 見送り

187 :黄泉:2006/08/30(水) 09:05:57
最近は米株に対し疑心暗鬼の人多く、以前の様に全面高が続く事が無くなった。
総裁選前は外人は手控える事が多く、今回も冴えない展開かも

188 :黄泉:2006/08/30(水) 09:06:40
08:44 先物15870まで低下。現物15980処まで買い物

189 :黄泉:2006/08/30(水) 09:18:09
底堅さは見えたが昨日の買い方は少し違う。仕手筋や大口ではなく我慢していた人がやっと狙える位置に来たとして構えていた買い方。
これは先より買い出し水準が高く、資金的に良くなった。指数は無視して個別の資質の高い物を。

190 :黄泉:2006/08/30(水) 09:52:39
『FOMC議事録』
利上げ延期のリスクは限られている
追加利上げは必要になるかも
インフレ圧力は徐々に鈍化傾向
インフレの上方リスクは大きい
コアCPIは今年末から来年にかけいくらか低下
原油高や輸入物価の影響は低下へ
潜在成長ペースを下回る成長率が継続する可能性
ラッカー・リッチモンド連銀総裁は経済成長の鈍化はインフレ低下を促すのに十分でないと主張
住宅市場は成長見通しに於いて下方リスク
エネルギー価格上昇や輸入価格の影響は軽減
住宅市場見通しは不透明

191 :黄泉:2006/08/30(水) 09:58:05
先物、今週中に全力で買うかも

192 :黄泉:2006/08/30(水) 10:00:32
サイクルのボトム目標値 15340±214

現在がエリオット波動の第4波修正波動とした場合のボトム目標値 15555±214

サイクルボトム修正安は通常50%±11.8%になる場合も。今回がそのケースだとすると目標値 15817±214

月曜の安値15745は23.6%±11.8%の範囲内。(まだボトムであった事は未確認)
この場合、新4-6週サイクルは極めて強気となり、その目標値 17100±320
少なくとも前回高値16244を試す筈。

193 :黄泉:2006/08/30(水) 10:02:18
現物でもし15745を下回ればまだ底打ちしていない

8週スローストキャは強気維持だが15日スローストキャは下降中で反転の兆し見えず。
数日中に16000-16100を引値で上回れば反転したと見る。

194 :黄泉:2006/08/30(水) 10:04:05
8月31日前後はNYにとっても重要。昨日時点でナスは新高値付けたがダウは付けていない。これは異市場間弱気ダイバージェンス。

ダイバージェンスには、オシレータ指標・異市場間・現物先物指数間の3つがある。

195 :黄泉:2006/08/30(水) 10:07:29
長期では16070を意識。現在は揉み合い圏内。
短期では弱気印象を脱した揉み合い傾向。昨日のMODE15900を意識。売りサインは出ていない。

196 :黄泉:2006/08/30(水) 10:11:19
短期は
その判断に頼りリスクを取る。上手くいけば利益。失敗すれば潔く撤退。この繰り返し。

197 :黄泉:2006/08/30(水) 10:54:15
鉄が買えないようでは難しい。

09:54 5916ハルテック 買い物が消された

自己も個人も後場まで待つ気になれないのか、15分くらいで反対売買されている

ここで締まった物が後場物色対象になるかどうか。指値が逃げない物に注意

198 :黄泉:2006/08/30(水) 10:55:17
指数は眠い展開だが調整済や抜きやすい物で自己が手掛けやすい物は割と商いある

199 :黄泉:2006/08/30(水) 10:57:49
裁定買い残が豚ショック前や世界同時株安前と同水準に積み上がっとる

200 :黄泉:2006/08/30(水) 10:59:46
今朝の外資動向は通常フローに戻っとった

今日は引け値でインデックス関連の売買がある

201 :黄泉:2006/08/30(水) 11:03:11
2667イメージワンは国防から大事なのに、6952カシオはauの発展からもっと評価されても良いのに、そうは行かないのが相場。

202 :黄泉:2006/08/30(水) 12:22:02
一回個人が逃げた分だけ良い感じ

203 :黄泉:2006/08/30(水) 13:35:34
25日線は現在15717.24で毎日約40ポイント上昇中
底打ちする時はこれにタッチするか下回るのが望ましい

204 :黄泉:2006/08/30(水) 14:33:39
明日明後日は非常に重要。チャート的に25日線下回りそう。ダウが下げ足りないのでまた下げれば良いが

205 :黄泉:2006/08/30(水) 14:35:39
買い下がらなくなった。一回の買いで勝負な雰囲気。だから買ったら投げしか無い。買い下がりは懲りた

206 :黄泉:2006/08/30(水) 14:36:42
鉄の売り方がおかしい。上を取ったら摘まれている

207 :黄泉:2006/08/30(水) 14:38:35
楽天の噂

31日発売の週刊新潮に楽天特集記事掲載

本紙は事が事だけに、明らかに疑惑といわざるを得ない銀座のビル以外の件は掲載を控えていたが、
8月31日発売の『週刊新潮』がジャスダック上場の「楽天」並びに三木谷浩史社長の特集記事を掲載しているようだ。
もちろん、同誌が掲載するのだからヨイショ記事のはずがない。
本紙既報の銀座ビルの件も含め、同社(グループ会社も)並びに三木谷社長に関する数々の疑惑についてだ。
以前から囁かれているXデーを視野に入れてのことだという。
全国紙社会部が、こう漏らす。
「現在、噂として上がっているのは、東京地検についてはTBS株絡みのインサイダー、あるいは同様のベンチャー企業同士の株式持合いによる株価操作などです。
一方、警視庁においては銀座のビル、それに三木谷社長自身に関しての薬物疑惑ですね」

208 :黄泉:2006/08/30(水) 14:46:54
買わされたという商い多い

209 :黄泉:2006/08/30(水) 19:33:13
[なぜシステムトレード(以下ST)を行うのか]
小さく利食って大きく損してしまう
都合の良い情報ばかり集める
勝率の拘る
含み益のあるポジションから手仕舞う
仕掛けのタイミングがいつもワンテンポ遅れる

人間は心理的バイアスによって損失に導かれる(その人が劣っている訳ではない)


[心理的バイアスとは]
自らの心が満足する答えを合理的根拠無しで選ぶ傾向⇒偏り・傾向

例えば、
行列が出来る店は美味しい店だ
競馬の最終レースは大穴で取り返すぞ(競馬の最終レースは掛け金が大きいという統計)
巨人が負けたニュースは見たくない(下落しても見て見ぬふり)
身近にあるものに愛着を感じる(自分が持ったポジションには情が入る)

210 :黄泉:2006/08/30(水) 19:34:06
>209続き
[STの定義]
一定のルールによって示される売買タイミングに従って機械的・継続的に売買する投資手法
 例:5日間の最安値を下回ったら売り仕掛け⇒5日後に手仕舞い

「一定のルール」は儲かるルールか?
 過去のデータで検証(バックテスト、以下BT)し客観的に分析
 BTしていないルールに従って機械的・継続的に売買しては駄目
 
検証結果が良好だと勝てるのか?
 「BT結果」を引き上げるのは簡単⇒後出しジャンケン(過去の相場になぞるようなルールを作ればBTの結果を引き上げるのは簡単)

211 :黄泉:2006/08/30(水) 19:34:48
>210続き
STのメリット
 心理的バイアス・心理的ストレスの排除
 統計的優位性の享受(BTの結果が引き上げられたものではなく、シンプルなロジックによって堅牢性があれば統計的優位性の恩恵を受けられる)
 複数市場で同時運用可能
 相場の習熟度を問わない
 分析などの時間や手間を軽減

STが向かない人
 目一杯のレバレッジでトレードする人(リスクを軽く見ている人、リスクを取りすぎている人)
 買いエントリーしか出来ない人(統計的優位性をもって売りシグナルが出ているのにエントリーしないと統計的優位性が損なわれる)
 勝率100%になると思っている人(存在しない)
 トレードで熱くなりたい人、興奮したい人、楽しみたい人(感情を排するのがST)

基本理念は利食いはゆっくり、損切りは早く

信頼できるシステム⇒検証結果や売買ルールを公開している

トレードモデルとは
 =売買ルール・銘柄・分析時間枠の集合体

トレードモデル選択の基準
 成績=儲けの尺度
 時間=シグナル発生頻度
 銘柄は2の次

普段裁量でやっている人がSTをやると、裁量とSTで逆のシグナルが出た時に葛藤が生じるので、裁量とSTで別の銘柄を手掛ける。

212 :黄泉:2006/08/30(水) 19:42:53
>211続き
売買ルールの概略
 トレンドフォロータイプ(順張り)
  CBO(レンジブレイク)
  MACDに近い(2つの移動平均線の収縮に着目)
  ボラティリティをベースにしたモデル
 カウンタートレンドタイプ(逆張り)
  安値更新したが陽線引け⇒反転!?
  CBOのダマシを逆手に取ってロジック化したもの
 デイトレードタイプ(時間足のみ)
  モメンタムの要素

213 :黄泉:2006/08/30(水) 19:43:49
>212続き
過去の成績がトレードモデル選択の指標

[4つの成績指標]
年間平均損益率(検証期間の純利益を年間当たりに引き直したもの)⇒年間収益の目安
期待収益率/1取引(検証期間の純利益を総トレード回数で割ったもの)⇒1取引当たりの収益目安
勝率(勝ちトレード/総トレード数回数)
PF(総利益/総損失)(2万円の利益を得る為に1万円の経費がかかる)⇒利益を得る安定度(1を超えているものを選択)

214 :黄泉:2006/08/30(水) 19:49:09
>213続き
先ずは日足モデルでSTを体験(日足モデルはシグナル発生が原則1日一回なので仕事しながらでも長く続けられる)
慣れたらデイトレモデル

トレードモデルで注視すべき項目
 平均ポジション保有期間
 シミュレート期間
 純利益/純損失(利益の安定度)
 年間平均損益
 総トレード数(十分な検証回数があるか)
 最大ドローダウン(引かされ度)

215 :黄泉:2006/08/30(水) 20:31:53
糸冬

216 :黄泉:2006/08/30(水) 20:34:03
明日の楽天が気になったので追証ループになっても大して関係無いT1へ行った。
格付引き下げでS安に成る訳無いし、何かあるのではないかと疑える。
豚からまだ半年だけに保有している人も少なくなく、グレーだと思って取り敢えず逃げて様子を見ようという人が売りに出てS安。

217 :黄泉:2006/08/30(水) 22:41:52
225は15800処で反転したが、この様な状況をエコノミストは「15800に近付くと押し目を拾う動きが見られる」などとコメントし、如何にも15800が底値の様なイメージを作る。
保身の為の事なかれコメントか利益誘導の確信犯のいずれか。

山積したP155と裁定買い残解消売りがいずれ出てくる。
9月以降はヘッジファンド決算に向けてのパフォーマンスの悪い銘柄の売りも出てくる。

板が薄く模様眺めの人多く、S高しても翌日売られる物多く長続きしないが底上げからの脱出を図っている物も多い。

先週の2496アルクもそうだがIPOが元気を取り戻しつつある。
本日IPOの2497ネットエイジは引け間際に大口の冷やし玉が入り寄り付いた。
マザなので初値は公募価格の2倍まで。200万円前後まで行くだろうとの前評判だが明日以降の気配を見ながら対処。

外資系証券が日本市場での収益構造が高いのは、世界全体で相対的に上がってきているのがアジアであり、日本がアジアの拠点としての役割があると考えられているから。
外資の今後の流れはアジアへ向かう。

218 :黄泉:2006/08/30(水) 22:43:12
8064金商 鍋底 今日の寄り切り線は安値で出ると買いサイン 5・25日線がGC 3本新値足も陽転

219 :黄泉:2006/08/31(木) 08:44:19
ダウ 11,382.91ドル +12.97     
NDQ 2,185.73ポイント +13.43                   
CME225 9 月 15,910.0円 (大証9月先物比 +-0円) H15930 L15905

東京は何かの影に怯える様な、買い方もすぐ売れる様な物に及び腰で参加している感じ。
企業業績は良いのだが。

今日の様に動かない思う日に動き出すと面白い。上も下もあり、裁定残から考えて売り物になる可能性もあるが、下の堅さを確認しただけに上値挑戦型も出始める。
こういった見方は材料株から始めた方が良く、その流れを重用視した形を今日は取る。
つまり指数を気にしないやり方だが、9月のファンド設定は中々の量で、証券会社のノルマのきつさが光り、
その資金に好決算から資金運用の必要性が高まり、資源高からロシアや中東の資金も多く、少なくとも例年資金が動く12月や来年2月には資金が回る。
だから今を考えすぎた投資は間違っており、その今の難しさでも資金は本当はある。
一般的には鉄から見るが、今日は材料株に特化した見方で、動きの良い5916ハルテックであるとか、東京誘致関連で9672都競馬、ユーロ高メリットで7750ペンタックスの様な考え方をする。

売り3920万株
買い4180万株
差し引き260万株の買い越し。
金額ベースは小幅売り越し。米国系は売り越し、欧州系は小幅買い越し。
セクター別では、売りは、建設・紙パ・鉄鋼・商社など。買いは、化学・半導体・精密・海運など。売り買い交錯セクターは、非鉄・機械・電機・小売。

220 :黄泉:2006/08/31(木) 08:49:15
弱体日にしてじり安を辿るが、悪目買いを狙え

今日は個別で動ける日。全体に上手く波及したら好機にもなるが、動かないと思いすぎてい分行き場が無いので資金が集中して瞬間的過熱が生まれやすい。
その反面、動きの悪い物に投げが出るが、その流れから来る「売り過ぎ」に期待。
強い時は皆が落ち着いて行動するので下がらないとなるが、明日の週末が難しいので今日は皆が後場まで材料株以外触らない。
となると前場は材料株で回転しながら、下がる一般株買いが基本で、逆に後場では強くなったら売りながら手持ちは結果的に軽くなる。
5916ハルテック、1814大末、7750ペンタックス。

1年先に倍になる物、6773パイオニア。大赤字の時の1500台からまだ半年経過していないが新高値2200円。
消費者金融からも倍になる物が出そう。

221 :黄泉:2006/08/31(木) 08:51:09
国際エネルギー機関(IEA)脱原発路線を転換「原油高数年続く」2006年版「見通し」原子力に優位性
米実質国内総生産(GDP)2.9%成長に上方修正 4-6月 設備投資・輸出伸びる
日銀「利上げ積極派」大勢 市場予想と乖離鮮明 利上げ時期は見方分かれる 年内か来年度か

222 :黄泉:2006/08/31(木) 08:56:47
225F 見送り

223 :黄泉:2006/08/31(木) 09:04:05
25日線15745
これは28日安値15745と重複。
通常、4-6週サイクルボトムを付ける際にはこの線にタッチするか或いは下回るのが望ましい。
今回もその通りになるかどうか分からないが、今日実現するかも知れないし、28日にボトムを付けた可能性もある。
明日も下落する可能性あるが今日買い狙いたい。

224 :黄泉:2006/08/31(木) 09:09:40
楽天の記事は全体には全く影響無いだろう

225 :黄泉:2006/08/31(木) 09:37:19
仕手ぽい動きは出てきたが1日のレンジが小さいので自己は苦労している。
行く物が無いので集中化するがあるい一定異常買う勇気が無いので伸び難い。
だから翌日飛び付いた人がどうにもならなくなって投げる。

相場の先行きは難しいが個別決算は良いのだから妥当値は買える。
しかし速さが欲しい。その速さとは持越しが出来るのがポイント。持越し出来ると引け前に強く日計りしやすいが、今は売り物になって翌日は売りたくなる。

4桁株に色気がある物が多く、6965浜松あたりは売り残も多く足元堅調。
低位も下がってきており8020兼松あたりも再び評価されても良い。
同じ低位でも1890東洋建設は下がらない。

客観的に見たら強い物や良い物は多い。

226 :黄泉:2006/08/31(木) 09:38:24
15940打診買い

227 :黄泉:2006/08/31(木) 09:50:44
15930,15970,16010買い

228 :黄泉:2006/08/31(木) 10:37:59
一昨日上げたハイテクや車で、昨日押し目付けた物はチャート的にも上げ易い。

基本的にダウの次はナス雲抜け期待あるのでハイテクの安い所は狙い目

229 :黄泉:2006/08/31(木) 10:54:16
あらゆるテクニカルで買いシグナル点灯

230 :黄泉:2006/08/31(木) 11:02:33
今の新サイクルの天井は9月15か19日。

現在の反騰で週間高値更新したので、28日15745が底だったと思われる。

週間上値抵抗線16163
明日の引値がこれを上回れば強気。17000超える。
16244を引値で上回れば次の天井目標値17410±197、或いは17552±214
今年の最高値を試すかも。

9月15or19日に天井を付けた後、少なくとも1000円は下げる。

231 :黄泉:2006/08/31(木) 11:03:37
全てのサイクルの初期段階は強気

232 :黄泉:2006/08/31(木) 11:06:11
225がこの位置ならマザは本来1350±10くらいに居なければいけない。
新興が駄目なら一部で頑張る。

233 :黄泉:2006/08/31(木) 12:40:57
もう少し上で引けると相場的に良い。後場は換金や乗り換えや息切れが多いから指数に拘る事は無駄。
基本は待ちで抜けたら買い乗せ。動いた方に付く。下値計算出来始めたので、下がれば買い下がり、上がれば買い乗せで回転。
低位の投げられる物で良い。

234 :黄泉:2006/08/31(木) 12:46:43
長期的に見ればまだまだ上がる。
現在は新3年サイクル、新48週サイクルの開始時。
少なくとも現在は新48週サイクルの天井に向けて反騰中。
また、3年サイクルの天井は通常3番目の48週サイクルで出現する。(3年サイクルも初期段階であるから極めて強気)
また、この新48週サイクルの天井も同じく、通常3番目の13-19週サイクルで出現する。
相場は07年には最低でも2万円を上回る。
今後10年は史上最高値を試す可能性がある。

235 :黄泉:2006/08/31(木) 12:47:38
10C170L

236 :黄泉:2006/08/31(木) 12:50:25
16200は重く、今日は上抜けないかも。そしてNY次第で明日一気に抜けるかも。後場はそれを想定したポジ作りを

237 :黄泉:2006/08/31(木) 12:53:12
月足で過去に巨大な敵がいないか確認

総裁選前なので難しく、中長期の人は休むも相場の実践を と言う人も

238 :黄泉:2006/08/31(木) 12:55:30
入るのが怖いと感じるポイントの方が儲かる

239 :黄泉:2006/08/31(木) 12:57:40
今日はPetrodollars
値段を見ずに買って来る辺り

240 :黄泉:2006/08/31(木) 12:58:25
今日の玉はアホールドで

241 :黄泉:2006/08/31(木) 13:07:52
楽天が癌か新興弱い

242 :黄泉:2006/08/31(木) 13:40:26
225は見た目は前を向いているがいつナイアガラが来てもおかしくない
かと思って売ると踏まされそうな感じもして怖い動き
上にも下にも一瞬で振れそう

243 :黄泉:2006/08/31(木) 13:41:17
楽天は年初来安値48万割るか、Wボトムなのか終わりの始まりなのか

244 :黄泉:2006/08/31(木) 13:46:08
SQ近くで行使価格抜けたら成りで買え
今日の場合は16000抜けで10C160成り買い

245 :黄泉:2006/08/31(木) 14:06:48
三段上げの頂点利食い

246 :黄泉:2006/08/31(木) 14:15:26
ナスは7月3日の過熱感ある中の2190.44を抜けてくるかどうかだがもう4連騰しており、雲抜け達成しているので上げ代は少ない。
だから今晩上げれば良いが、調整したら東京も怖い。
買いポジあるので今晩は粘って欲しいが少々不穏な雰囲気。

247 :黄泉:2006/08/31(木) 14:18:05
結構下げる
8月25日の往って来いのトラウマが

248 :黄泉:2006/08/31(木) 14:21:50
NYは昨日発表の原油備蓄量が増加していたので原油が下げるようだと下支えになりそう

世界的に9月は基本的に売り

249 :黄泉:2006/08/31(木) 14:25:18
OP戦略に関して
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/wall/1153139245/729-736n

250 :黄泉:2006/08/31(木) 14:29:08
引値は後場始値16140を上回って欲しい

251 :黄泉:2006/08/31(木) 14:45:23
大口が撤退する時
1.ぶん投げまくり
2.不自然な上昇(ダマシ上げ)
3.不自然な買い支え(分厚い買い見せ板)

252 :黄泉:2006/08/31(木) 14:51:52
短期下落トレンドの中、双方に好材料。ファンダはほぼ同じ。安寄りは寄り底、高い寄りは寄り天。分足の違いはAレンジに上へ行くか下へ行くかだけで後はほぼ同じ水準で揉み合い。

253 :黄泉:2006/08/31(木) 15:09:50
普通はサラ金とそれに連動するカード関連が上げてくるが総裁選前だけにやり難い

アルクなどITは楽天の新潮記事の影響をもろに喰らった

楽天転けて新興皆転ける

と言う人も

254 :黄泉:2006/08/31(木) 15:18:38
マザ陰転初日、楽天転落の影響で同じ業種でもT1は上がり新興は下がる

255 :黄泉:2006/08/31(木) 15:37:25
80-20'sで持越良し

256 :黄泉:2006/08/31(木) 18:37:18
悪材料無しで下げている時にリバ狙い
地合は超重視
25日線割れは敬遠
順張りブレイク重視
移動平均線のみ

257 :黄泉:2006/08/31(木) 19:36:28
ストキャスティクス

トレンドに弱く、中短期のボックスに適す。
75%以上で直近価格帯の中で割高
25%以下で直近価格帯の中で割安

例えば、直近9日間の価格レンジが10100-10500で本日終値が10100だとするとレンジの最下層にいる訳なのでストキャは0%を指す。
逆に10500なら100%を指す。

見るとしたら下15%以下、上85%以上。

ストキャの高値圏で揉み合った後に%が下がってくると調整に入る。

258 :黄泉:2006/08/31(木) 19:43:27
ST NYCME CBO 窓 ローソク NT MP

259 :黄泉:2006/08/31(木) 20:00:06
CBOとは、過去x日間の最高値を更新すると買い、過去x日間の最安値を下回ると売りという順張り系戦略。
(タートルズはx=20)

260 :黄泉:2006/08/31(木) 20:07:08
O2やT2上場銘柄が初値割れする訳
市場規模に対し市場から吸収する金額が多く、発行株数が多いので需給が悪い。
3038神戸物産、3225東京建物不動産販売、3045カワサキ

初値上昇率上位銘柄の特徴
新興市場、公開価格が数十万円
2479ジェイテック(8.73倍)、2477比較(6倍)、3801アスキーソリュ(5.37倍)

261 :黄泉:2006/08/31(木) 20:07:46
今年上場100銘柄中初値割れ上記3銘柄

262 :黄泉:2006/08/31(木) 20:08:46
のみ

263 :黄泉:2006/08/31(木) 20:26:14
今日の動きは理想的だったが皆の手持ちは軽い。明日を信用しない強さなので綺麗に回転してくる。
売り込み株はやはり軽かった。気になるのは明日の鉄の様なタイプで、今日は売買こなしている。
この辺が瓦斯や電力に値動きを持っていかれたら明日はどこかに転換してこなければこの相場は難しく、指数は上がらなくても皆が何かやりたがっているという雰囲気が無ければ来週が辛い。
だらか一回は売って来て、そこを上手くこなせたらSQを考えなくなったりするが不安な感じならSQ二日前の感覚を思い出す。

明日に活気が無いと来週月曜はNY休場なので週末に期待感し難く、個別材料株で何か必要。
無ければ今日焦って買った人が投げてくる。

サイクル分析では確実に上がっていくので無問題。ひやっとする事はたまにあるとがSL入れて放置。

264 :黄泉:2006/08/31(木) 22:11:02
先物主導の典型でファンダでは説明出来ない。今日の動きは金利関係で安くなった債券売り、ヘッジしていた株の裁定売りの買い戻し、所謂「株と債券」をセットにした売買が行われたのと、
一部にバスケット買いが入った事によるもの。
しかし裁定買い残は山積したままで売り残が減少すれば後には「売り圧力」要因だけが残るので反動安も想定しておく必要がある。

明日から9月入りで自己が本格参戦

村上ファンドの予告に続き楽天疑惑と来た。市場ではまだ数社の標的が残っている。
楽天同様、現時点では噂に過ぎないが、噂レベルでも今回の様に市場に混乱を招くレベルの噂には違いない。
表面化するか否かは各関係者次第。

楽天の件については事実ではない事を祈るばかりだがいずれにしても株価は乱高下が予想れるので新興買いは様子見。
噂も飛躍して月曜逮捕など騒がれているが現時点でそのような事は無いと思われる。

265 :黄泉:2006/08/31(木) 22:16:08
2497ネットエイジは昨日引け間際の売り注文を出したVCの作戦が効いた。
即金徴収規制が掛かると買い注文が極端に減る。
今日上場のエノテカも全く駄目。

8月末なので全体にドレッシング買い期待から買い入ったが実際にはドレッシング買いの感じは無かった。

債券価格上昇しているので、金利引き上げ観測の低下からここまで積み上がった裁定買いもまだ積み上がる余力を残している。

266 :黄泉:2006/08/31(木) 22:21:27
2497ネットエイジ
寄り後、一度下に振った後、買い板が沢山入った事で嫌な予感。
Askが151万円の時に150万円の売り発注。

267 :黄泉:2006/08/31(木) 22:27:50
三木谷はTBS買収に際し、一文無しになっても構わない等と言いながらも自分は株を売り抜け、その後大規模増資して株主を裏切った。
脱税の可能性はかなり高い。それなりの確証が無ければ週刊誌(新潮、現代、ポスト、文春)の場合、記事にする事が出来ない。
2497ネットエイジの大株主に三木谷がいるのも同株S安の一因。

楽天は米発のビジネスモデルを日本に移植しただけでSB以上に投機的会社。
ネットビジネスの限界げ見てきた今、楽天の様なビジネスモデルでは将来的に収益悪化していくと思われる。
因って楽天は長期的売りスタンス。

268 :黄泉:2006/08/31(木) 22:48:11

1.LCしようと思ったら大口がたまたま買い上げてくれて運のみで利益が出たトレード
2.誤発注で利益が出たトレード
3.利益が出ても納得いかないトレード

269 :黄泉:2006/08/31(木) 22:53:47
S高が剥がれて一度切り返したがそれを切っ掛けに売りが次々と出てくる時はすぐ撤退。
売りに転じれば売りの嵐になるのはすぐ。出来たら上昇時に、売りが入らない時に自分が先に売る事。

1分くらいで3,4ティック下げても、買い板にも注文が入って、売りと買いが喧嘩する状態で買いがやや優勢なら売りも一旦落ち着き、
そうなるとどんどん上昇開始する。
しかし売りだけが強くなり、買ってもまだ売りが出て値を下げる時は早めに逃げるしかない。

この間合いや呼吸はやってみるしか会得出来ない。

270 :黄泉:2006/08/31(木) 23:11:55
今日の先物は8316三井住友FGを見ていれば上に行くかもと思えた筈。

トピ先の方が225Fより少しだけ早く動くかも。

271 :黄泉:2006/09/01(金) 08:33:32
ダウ 11,381.15ドル -1.76    
NDQ 2,183.75ポイント -1.98                    
CME225 9 月 16,085.0円 (大証9月先物比 -75円) H16170 L16070

債権高・株高 世界で進行 米・景気軟着陸期待 日・利上げ観測後退 欧・回復ペース鈍化
日経商品指数42種続伸 8月末値 152.659(1970年平均=100)石油製品など上昇  (日経新聞)
日経平均反発 SQ控え先物思惑売買 最低買い残の動き注目            (日経金融新聞) 

今日は週末で一服の予想も月替わりで昨日の勢い持続か。

指数を守れるかどうかで一気に来て欲しいがそれは期待出来ないので活気があって個別で来てくれれば良い。
中途半端な活気は先々週くらいの抜け出した部分から下落するような状態があったがそれは指数だけで辻褄合わせた流れだったから。
NYは雇用統計を気にしていると言われるが、夏休みが多くて来週頭が休みだから動き難いだけ。
来週はSQあるので外人が本当に日本株投資を考えるならここを攻めてこなければ仕方無い。
だがそれは分からないので来週火曜までは国内投資家に頼る商い。
そしてその部分で上手くいく為にはこの時間は雑株でも何でも良いから皆が自信持つ様な活気が欲しい。
鉄から瓦斯・電力に回っているのでこれを元に買える流れになるのが一番だが、4064カーバイドや6445蛇の目の様な材料性は昨日注目から外れていたし、
この値段なら両銘柄共に一生助からない値段でもない。

272 :黄泉:2006/09/01(金) 08:40:20
売り2690万株
買い2880万株
差し引き190万株の買い越し。
金額ベースは小幅売り越し。米国系は買い越し、欧州系は売り越し。セクター別では、売りは、建設・鉄鋼・銀行など。
買いは、電子部品・自動車・小売など。売り買い交錯セクターは、機械・証券・通信。

下げ続けた時は小底入れとなる日

NY雇用統計が気になって動けないと言うが、先週末か気になる事は沢山あり、夏休みで結果的にジリ高。
来週頭の休み明けから方向が決まるがその方向性が分からない海外を気にして日本の方向が決められる。
今日大事なのは活気で、言い古された経済指数などで一喜一憂ではなく、どうでも良いからブチ上げてやるというラフな買い方が欲しい。

機関は先物をかなりヘッジ売りしており、売り方は買い戻しが必要で、1万枚の買い戻し量と言われている。
大きな損失だがこの分は現物を裁定買いしてあり実質的に損は出ない。
数年前、英国ベアリング証券が先物売り裁定買いを行わず、多額の損失を出し倒産した。
先物は売りから出る商品だがミニも始まり個人も10万円くらいで参加出来る。あくまで勉強の為に参加し、儲けようとしない事。

273 :黄泉:2006/09/01(金) 08:51:12
225F 見送り

274 :黄泉:2006/09/01(金) 08:53:29
小説以外の本は、最初に「最後の部分」を読め。と言っていた人がいた。
途中で挫折する前に、終点を押さえておくのは、賢い方法かもしれない。

275 :黄泉:2006/09/01(金) 08:58:25
NYに対しCMEがやたら安い。楽天は気配から安く昨日安値下回りそう。

寄り付きは空売りから入る。

276 :黄泉:2006/09/01(金) 09:01:53
日足を見ると依然として16000を挟んだレンジ相場でレンジ拡大傾向にあり、順張り派は16000以上で買い、16000割れで売りで損失が嵩む結果。
それはATR上昇&ADX低下でも示されている。しかしボリバン幅は500台へ回復しておりこうしたリスク理解しつつも順張り継続したい。

277 :黄泉:2006/09/01(金) 09:18:50
9月は押目買い押目売り テク買いテク売り

278 :黄泉:2006/09/01(金) 09:27:06
どこぞの投資顧問が昨日楽天買い推奨。楽天やSBが推奨され始めたらいよいよオワタ。これらをどうこうできる仕手筋など存在しない

279 :黄泉:2006/09/01(金) 09:28:46
楽天やSBは過剰反応とは思うが、動きを見てから考える方が楽

280 :黄泉:2006/09/01(金) 09:41:00
新興は楽天の件があるので火曜までは慎重に行きたい意思が動きに出ている

281 :黄泉:2006/09/01(金) 09:53:07
短期ではドテン売り

282 :黄泉:2006/09/01(金) 10:21:29
9月中頃から下落の噂。10月は需給悪化、11月は中間選挙で下落と言われる。
更に裁定残売りの恐怖。

しかしこの地合は稀に見る大化け銘柄が出る地合。

資金面では信用残の減少傾向を見ても割と買い方有利になっており、個人は一時期に比べ枠がある。
大口は最近の材料株の動きから過去の遺物を大分処理出来ている。
その両者の合同作業となり、指数を考えず個別で勝負。

283 :黄泉:2006/09/01(金) 10:43:46
欧州経由のPetrodollarsは後場から入ってくる。8月に前場安く推移して後場から先物やコアに大量買いが入った時期があった。
鉄は外人にも投信にも人気。

8月にPetrodollarsが入った年は上がる。9月は全体的に軟調。

284 :黄泉:2006/09/01(金) 10:46:17
CMEの動きや昨日の上昇に対する反対売買、週末要因から一回売られた時に何が買われるのかを見る。
だからワンクッション遅れて動く方が良く、気に入らないなら後場、嫌なら買わない。

月初めの営業マンは活発なので風説が飛ぶ。
材料株の売られ方で違和感のある物をチェック。

285 :黄泉:2006/09/01(金) 12:47:11
マザ1312抜いて1350前後から位置に付いて雲抜けに向かっていたのに節目で止まるどころか1300割れ。
指数だけ見るなら少し買い難いところだけに一気に落とすのを狙っているのかも。
楽天強制捜査、逮捕なら一気に落ちる。
業績順調でない物は特に売り込み易い。

286 :黄泉:2006/09/01(金) 12:54:09
先物が怖い人は
10C165L
10C170L

287 :黄泉:2006/09/01(金) 13:00:34
先物が大きく振れた方向にサイズ大きめで勝負。
2497ネットエイジは以前ゴメスが初値後大幅下落したあと新高値を取ってきたあの動きが記憶に残っている。株価も近いし。

288 :黄泉:2006/09/01(金) 13:19:12
新興は下げ幅縮小も買い上がりは待ち

289 :黄泉:2006/09/01(金) 14:53:58
FN証券
トレンドに沿って推移した場合 16120±20
買いバイアスが働いた場合   16270±20
売りバイアスが働いた場合   16050±20

290 :黄泉:2006/09/01(金) 14:56:40
苦しい所は抜けたかも

291 :黄泉:2006/09/01(金) 15:02:50
システムは負け
裁量は勝った
結果論だがなー
まだまだ改善余地は多い

292 :黄泉:2006/09/01(金) 15:10:53
空売りは移動平均の角度などその時のテクもあるし落ちるの前提で高値目処付けて売らないと平均線割ってからでは少々遅いかも

新興なら楽天に対してのリスク度に応じて空売り判断

機関の弄りに応じて動く物空売り。下げては上げ、下げては更に下げる。そしてまた上がるのを待つ

293 :黄泉:2006/09/01(金) 20:19:34
8423フィデック 調整前高値24万抜けたら狙い目

294 :黄泉:2006/09/03(日) 22:13:11
金曜は活気が無かったともつまらなかったとも言え、見ている銘柄次第。楽天などそこまで騒ぐなら手を出さなければ良いのに取れるから手を出す。
売り慣れた人は大勝利。鉄を買っても適当な仕手株を買っても上手くいった。
それはハッキリとした抜け出した部分まで抜け出すのではなく、朝の適当な値段で上値が止まり、一回投げられてから気が付いたら元に戻った上昇。
新興や低位まで動きかけてこれで週明けに動かないとしんどい。こういうのではなくテーマが強くなるとか、一部の銘柄群が抜けるような力強さが必要で、全体的な上昇にはまだ資金不足。
来週はそれを克服出来るボリュームがあると見るか、逆に締まって一部の銘柄が抜け出して行くか見る。

金曜では何とも言えない。戻るならもっと効かせたい。
楽天はここから売るのはインサイド情報が確実と思う人しか無理で、根本的部分ではどうでも良い。
ただ、楽天の動き方が多くの大きく下がった物のヒントになり、SB等の動いて下がって戻りかけて下がってという物のヒントになる。
だから火水曜に見れば良い訳で、金曜は鉄から低位への動きが広がりかけたからそれが回転出来るなら強くなる。
金曜は木曜回転して手持ちが少ないからつい買ってしまって、悪くはないが抜けるほど動いていない。だから週明け回転出来ないと辛い。

今の様な展開では16000以下で買い16000以上で売れば簡単に儲かる旨のコメントが流れ易いが、一般的にレンジ下限/上限が判明した段階まで来ると
相場はそれだけ煮詰まっており、レンジ離脱する公算の方が高くなる。
ただ、このレンジ相場が続く間、トレンドフォロー派は損失が続き易いのでそれを避けるには例えば終値ベースで15740割れ/16260上抜けまで様子見とするのも手。
基本はロングキープ。

295 :黄泉:2006/09/03(日) 22:19:42
9月は決算月なので動き方は微妙でナーバス。しかも政治的動きもあるので余計その傾向が強い。
しかし前半戦で我慢し続ければ一気に転換する可能性あり。所謂新しい流れに適応出来た企業が明確になり、決算予想などから大きな投資方針が決まりやすい。
それは運用というものから一般投資家にまで広がる可能性が高いから。下落なら即投げ。
しかしその為には国際的流通がスムーズであったり、健全な企業が圧倒的に多くなければならない。
東アジア経済圏の確立といった具体的なものが出てきたら尚良い。
基本的には8日SQが重要だがNY休日後であり影響が少なくなる可能性から、個別物色から来る8月の流れは225以上に投資効率は良い。
しかし無難な投資はSQ前に一度手持ちを軽くしておいてSQ後から細かく15日まで商い、この辺りで市場の感触を掴む。
そして21日のバイオリズム変化に22日の新月を絡めた辺りから本格的な方向付けをする。
所謂相場に付くという投資は期を超えても持続出来る様なものが良く、高配当物より将来的企業を求める。

296 :黄泉:2006/09/03(日) 22:35:26
相場環境展望
9月半ばを天井として下落するという噂や10月需給悪化、二期目の中間選挙後は下落という予想が市場で良く出ている。
確かにその傾向が無いとは言えないが、この地合は裏に向かえば相当極端に力がある相場へ転じる可能性がある。
確かにその様な展開も想定している、それは多くの9月半ばから下落という話の根拠にテロを意識した発想がある事にも気付かなければならない。
首相交代から来る懸念というものは彼の政策の中から出て来るものであるし、その場合は組閣(その大事な局面で阿部支持が多い事が自分は不満であり、これは危険要素)が非常に大事になってくる。
しかし、対中・対韓問題はそれを突っ張れるだけバックに米国を備えているからであり、米には中国・ロシア連合が今後の脅威であるのは間違い無い。
だとしたら政策による破滅的な外資売りは非常に軽微な形となる可能性が高い。
むしろ大型投信の設定や地域的ファンド創設から9月は需給が良いと見る方が有利。
要するに売るための理由が市場では探されているという風に思うべき。

市場は個人に売り癖が付き、ここ数ヶ月起こった「過熱したら売りで取れる」という常識が横行。
しかし間違ってはならないのは7月18日の二番底確認日に殆どの買い方理論は論破され、「売り」を支持した個人が多かった事実。
自分が良く言う話だが、分からないものに対して偏った見方をしてはならない。結果は別。

そうした環境で個人は慎重な売り買いで信用残が減少しており自信さえあれば動ける状況にあり、大口は長く浸かった株式が16100達成で一部は回転が効き、
企業業績好調から運用資金増大中。
こうした環境で225が分からないという対応なら、一部の好業績や過去の「軍団」形式から時代変化に沿った企業への集中投資が始まる可能性がある。
所謂横の繋がり。そうした状況に空売りでも飲み込めば資金力が必要なSBのような物や不確定要素がひしめく株式を狙わずとも中堅好業績割安なら十分形になる。

297 :黄泉:2006/09/03(日) 22:41:41
>296続き
実際、時代背景に差があるから物色対象は変わるであろうが、市場の方向性に乏しいが資金力ある時間に登場した7974任天堂、4528小野薬品にしても、腕力ではあったが
5713住友鉱山や7961兼松日産が登場した環境と非常に今回は酷似している。
よってこの市場内はそうした潜在的な要素がある市場になりつつあり、先に経験した下落とは違う形が最低限現れると思われる。
ただ、前者タイプか後者タイプのいずれになるのかは判断が付きにくく、現在、躊躇するのは仕方ない。

こうした候補は6952カシオのようにデジカメの新しい時代到来とauなどの攻勢から伸び行く企業や6789ローランドの様なユーロ通貨の変化から来る企業などとの見方も出来る。
これらは空売りの水準が高いのが一つの狙いであるが、こうした売り込み株の投資は忘れてはならない。
そして企業の変化がポイントになるのであるから、環境整備関連や不動産の動きから来る低位建設や不動産関連もその範疇。
元々割安な低位は下値懸念が少ない分、中期的上値期待が企業変化と共に浮上してこよう。
要するにもし下落ならそうした物を打診しながら買い下がる市場で、弱気一辺倒になるのはいかがなものかと考えていくべき。
金利上昇では遊ばせておく資金は無いわけで、貯金しても銀行は運用するし、企業も政策上の動きが活発になる。

298 :黄泉:2006/09/03(日) 22:50:12
>297続き
相場総合判断
従って市場に関してもここで裁定解消売りとかになるのであれば買い向かう姿勢で臨みたい。
意外に売り方も難しい銘柄選択をしながら投資しなければならない状況であり、逆に言えばSQを過ぎたら売り要素が減退する傾向。
要するにこの位置から買い方も選別色強くしてくる傾向。225で考えると事件でも勃発すれば別だが最悪でも15000は月内は難しく、
15500が大きな壁。その抵抗と3月中平均の16300辺りとの膠着。これから抜けた方に500円程度の動きがあり、そこから市場の外人を含めた投資環境になる。
その時に必ず強いとは限らない訳で、選ばれた物色という視点から前項で述べた様に材料性に富んだ物や好業績割安低位という見方をしていきたい。

これは市場に対して用心しながら強い市場になることも想定した考え方でこうした考え方で市場に臨むと非常に組み易い。
技術的部分では最初広く浅く銘柄を広めながら抜け出した瞬間買い乗せするというスタイルを取りたい。
そしてあくまでも年末などのオイルダラーが動きやすくなる時期であるとか、ファンドなどの決算が終わった後の時間に照準で、そうした長い時間を見詰めながらの投資になる。
結果的に市場に懲りた投資家が先の安心感を買う姿勢になっており、それが増額修正や将来の技術、企業の実力から来る下値計算という投資になる。

悪目買いという風なスタイルも意外に成立している。先の2315SJHD辺りの関連企業終結特別損を一気に叩いてきた場面などは企業自信の内容が良いので記事の読み方に問題がある。
SBの場合も、今回の楽天の記事問題も面白がって騒ぎすぎという事になる。
買い向かうのは後日に落ち着いてからで良いが選別癖は必要。

299 :黄泉:2006/09/03(日) 22:55:55
>298続き
来週の作戦
月曜は週末NYに影響されるよりも個人心理がいかに変化しているか。
場合によっては高下極端になる可能性がある。それは非常に揺れ易い心理にSQを気にした外資系の動きもあるから。
どちらに転んでも様子見。

火曜になってきたら方向が付いて来るが、この時間で低位が動きやすく、鉄などが堅調なら5738住友軽金属や5609鋳造などがあるが、下がるならば8013ナイガイ、8020兼松のようなもう一段下の価格帯を押目買い。

水曜は基本的には反対に向かう。下がっても上がっても窮屈になる時間帯で、買い乗せ部分は利食いしておく形。
むしろこの時間は現在悪目になったタイプの株式の動きが重要で、これらが安定する事が望ましい。
そうなる事によって市場は安心感を取り戻し、企業の中味を問う売り買いが始まる。

その後はそこからの展開であるが、根本的には四季報発売などを考えた個別物色が大事で、1Q進捗率が重要な役割を持ってくる。
要するにそのような情報が紙面に載ってからでは今年はタイミング的に遅く、ある程度の数値を知る事と株価の位置を知る事が秋相場のポイントになる。

300 :黄泉:2006/09/03(日) 22:59:30
>299続き
注目銘柄

6444サンデン
海外率37.5%、想定為替110円/ドル、135円/ユーロ。進捗率も非常に良く、過去の仕手性を評価しても面白い。
株価水準は低い位置で、丁度6月下落時に揉み合った位置であるから動き難い今が買い時期になる。

8057内田洋行
過大評価の学校向けPCシステムを嫌気され投資対象外になっているが、減損も既に済んでおり純益拡大。
純資産に対する株価位置も安く、材料株としても側面もあるから逆に出遅れた感覚。

301 :黄泉:2006/09/03(日) 23:01:30
糸冬

302 :黄泉:2006/09/03(日) 23:09:17
225は力が無いとか先行き不安感が強いとか言われながら保ち合い状態を続けている。
この場面では売りも買いも決着を付けなければならないので一発動きが出始めたら加速する。
それはニュースや新しい需給から始まる事が多い。といっても楽天のような噂で下がるような事ではなく、根底から「はぁ?」というようなニュース。
9月は過去からそういう事が多く、極端なものでは米同時多発テロ。

だがこの市場は大幅高を考える事の出来る状況にも成ったと思っている。時代の変わり目という感覚がある。
大企業が平気で敵対的TOBを行ったり、携帯電話やデジカメなどの技術が一歩進むなど新しい時代に入ったという感覚。
そして決算は企業毎にバラツキはあるものの総合的には悪くない。
少なくとも買う物を選べる投資環境にはある。

そして需給だが、金利が復活した市場では投資が活発化するケースが多いく、投信設定額が意外に多い。

それでも個人で蘊蓄ある人が売りから入る癖があり、値動きが止まったら売るという手法に慣れている。
売る事に個人が慣れた事が起爆剤になり、化ける物が出てくる環境になっているとも言える。

小野薬品や任天堂が現れた20年前の環境にそっくり。材料株では住友鉱山なんてのも活躍した。
その環境と非常に近い今の市場では株価指数について考えるよりも、「非常に良い」「非常に割安」「非常に高い技術」という観点で特別な個別株の出現を考える。

303 :黄泉:2006/09/03(日) 23:13:18
5851リョービ
115円/ドル、135円/ユーロを想定。
ユーロが1円円安に振れると0.2億円の増益要因。
上方修正はアルミ価格高止まりなどが要因で、まだ控え目。

総括:会社予想は控え目な上、ユーロ高も追い風になりそう。

304 :黄泉:2006/09/03(日) 23:18:39
8064金商
1Qで増収営業減益となったのは特にこれといって理由があるわけではないが、利益率の良い鉄鋼部門が減少して、それに比べて利益率の低い非鉄金属が伸びたから。
これは前期が良すぎた為の反動と見ている。計画では来期から鉄鋼部門が造酒増益の戻る予定。
ただ、いつ腰折れするかという懸念はある。

総括:今期減益はそれほど懸念する必要は無さそう。来期からは三菱商事との提携効果が出そう。

305 :黄泉:2006/09/04(月) 00:08:43
セクター毎に分けてはいない
日東紅茶
チャートだけではなく業績もある程度見る
マケスピ1画面
悪材料無しで全体に吊られて下げている時にリバ狙い(日足)
意地悪な大人の揺さぶりにはビビッて閉じる
MMはむかつくのでやらない
地合は超重視
25日線上ならまあ良い、25日線割れでSL
順張りブレイク重視
要注目セクターは新興全体
ランキングはたまに見る
株開始は04年大学4年次
監視銘柄100くらいで入れ替えせず放置
将棋部はキモイ奴が多い
将棋上達の近道は5手詰めや7手詰めを解きまくる
一番嵌ったアニメは機動戦艦ナデシコ
ナデシコとリヴァイアスについて熱く語りたい
ナデシコは映画も一人で見に行った
1年戦争〜∀の中で見た事があるのは∀のみ

306 :黄泉:2006/09/04(月) 00:31:09
裁定買い残4兆円に注意。

個人的にはSQ値は高くない方が良いと思っている。
SQ値が上値抵抗になってしまうと戻り売りの下げ相場になりやすい。
だから11日の225がSQ値より上か下か気になる。
SQ値が下値支持になるのが好ましい。

新興全体は年内は上値重いが9月半ばにかけて指数が上がるようならチャートの良い直近IPOなどは動く日があるかも。
チャートが崩れると売り込まれる。
一方、主力は底入れの形から上昇トレンドを作っている。新興がそうなるのは来年か。

基本的にチャートが崩れたら売り。余り大きく下げた後では売りにくいので戻りを待つのもあり。
ただ、その場合は時間がかかる事を覚悟した方が良いかも。

307 :黄泉:2006/09/04(月) 08:40:20
ダウ 11,464.15ドル +83.00    
NDQ 2,193.16ポイント +9.41                   
CME225 9 月16,195.0円 (大証9月先物比 +75円) H16215 L16130

売り4700万株
買い6850万株
差し引き2150万株の大幅買い越し。(金額ベースはもう少しお待ち下さい)
金額ベースも大幅買い越し。米国系、欧州系はともに買い越しが目立つ。
セクター別では、売りは、食品・船株など。買いは、鉄鋼・通信・その他金融など。売り買い交錯セクターは、電機・機械・証券。

308 :黄泉:2006/09/04(月) 08:49:20
安日柄 急落すること多し

電鉄株が不動産関連として一番出遅れている。
9006京浜急行はまだ今年の安値圏。

強い日になりそうだが16500以上でも外人は買ってくるだろうか。

309 :黄泉:2006/09/04(月) 08:56:41
225Fシグナル 売り

310 :黄泉:2006/09/04(月) 08:59:17
月曜日は15分間でよいから、いつもよりはやめに仕事を始めなさい。 と

311 :黄泉:2006/09/04(月) 09:32:03
ギャン
1.資金を10等分し、1回の取引に資金の10分の1以上のリスクを決して取らない
2.SLオーダーを使う
3.過剰な売買は決してしない。これをする事は資金運用の原則に反する事になる
4.儲けを損失に変えない。含みが出来れば利益を失わないようにSLオーダーを近付ける。
5.トレンドに逆らわない。自分のチャートに従って相場のトレンドに確信が持てない時は売買しない
6.疑わしい時は手仕舞い、取引をしない
7.活発な銘柄のみを取引する。動きが鈍く、活気のない銘柄には手を出さない
8.リスクの均等分散。4〜5銘柄を取引する。全資金を1銘柄に集中させる事は避ける
9.指値をしてはならない。成り行きで売買する
10.十分な理由無しで手仕舞わない。利益を守るにはSLオーダーを使う
11.実現益は蓄積せよ。連続して成功したら一部は温存し銀行口座に入れ、緊急時やパニック時にだけ使う
12.配当目当てで株を買わない
13.難平をしない
14.我慢出来ないというだけで相場から逃げない。また待ちきれなくなったというだけで手を出さない
15.小さな儲けと大きな損は避ける
16.建玉と同時にSLオーダーを出し、これをキャンセルしない
17.あまり頻繁に売買しない
18.買いを厭わないのと同様、空売りを厭わない
19.安いというだけで買ってはならないし、高いというだけで売ってはならない
20.ピラミッディングのタイミングに注意する。取引があっ発になり抵抗線を抜けるのを待ってから買い増しし、支持水準を割るまで待ってから売り増しする
21.買い場でピラミッディングするときは発行済株数の少ない銘柄を選び、空売りのときは発行済株数の多い銘柄を選ぶ
22.ヘッジは決してしない。ある銘柄を買い建てしていてその価格が下がり始めた時、これをヘッジしようとして別の銘柄を空売りしてはならない。
  この場合は相場から手を引いて損を確定し、次の機会を待つ
23.十分な理由なしにポジションを変えない。取引をする場合は充分な理由に基づくか、または明確な計画によること。
  またトレンドが変わる明白な兆候なしには手を引かない
24.長期間成功し儲けた後で取引量を増やす事は避ける

312 :黄泉:2006/09/04(月) 09:34:23
新興は微妙だが225は指数的には上抜けたので後々の為には良い
どうせなら一気に上げてその後に急落だと尚良い

313 :黄泉:2006/09/04(月) 09:37:41
短期では、買いポジは持続だが新規買いはまだ

314 :黄泉:2006/09/04(月) 09:43:50
今週は13-19週サイクルの12週目。また第3位相の4-6週サイクルの1週目の可能性あり。
何故なら先週月曜にボトムを付けた可能性あり。
しかし先週月曜の安値は非常に強力な下げではなかったので、間もなくより強力な下げが始まり、2-5週後に13-19週サイクルのボトムを付ける可能性がある。
もし現行の反騰で8月22日高値15244を大幅に上回らなければこのケースになる可能性が高く、現在Wトップ形成中という事になる。

315 :黄泉:2006/09/04(月) 09:50:35
新興持越は不安
大口の買い方が控えており、比率が「外資(売る予定の無いキチガイ推奨)>>個人」な物以外は何かあると需給面で怖い。

316 :黄泉:2006/09/04(月) 09:51:16
一部の買い玉回転以外やる事が無い

317 :黄泉:2006/09/04(月) 10:15:02
NYが休みの間に16500まで上昇したがっている
166300-16830窓埋めも16000まで急落もどちらへも行ける位置

318 :黄泉:2006/09/04(月) 10:27:09
短期では買いポジ手仕舞い

319 :黄泉:2006/09/04(月) 10:27:42
SGXで誤発注した証券会社があるとの噂

320 :黄泉:2006/09/04(月) 10:41:41
窓(ギャップ)には重要なものとそうでないもの、埋められるものと埋められないものがあり、その種類と起こった時期により、その後の相場見通しに違った意味を持ってくる。

1.Common Gap
 この窓には重要な意味は殆ど無く、非常に薄商いの時や横這いレンジの時に僅かな注文で窓が出来てしまうほど閑散な状況の際に起こり、たいていは無視してよい。

2.Breakaway Gap
 この窓は通常重要なプライスパターンの最後の段階、これから大きな動きを始める時に現れる。
 つまり、相場の頂点からの下落や底抜けといった大きな動きの時に見られる。
 また、トレンド転換を示すような主要トレンドラインのブレイク時にもしばしば見られる。
 この窓は相当の取引量を伴って現れ、通常埋められる事は無い。
 埋められるとすれば転換シグナル自体が誤りであった可能性が高い。
 そして窓の上側は調整時のサポートとして働き、下値はレジスタンスとして働く事が多い。

321 :黄泉:2006/09/04(月) 10:53:31
>320続き
3.Runaway Gap
 相場が既に一定方向へ動いている時に価格が飛んでRunaway Gapと呼ばれる窓を形成する事がある。
 この窓はほどほどの取引量で無理なく動いている時に見られ、上昇トレンドに於いては基調の強さを示し、下降トレンドに於いては軟地合を示す。
 この種の窓は調整局面ではサポートとして機能し、埋められない事が多く、逆に埋められるようであれば相場の転換サインとなる。
 また、この窓はしばしばトレンドの中間点で見られるため、Measuring Gapと呼ばれる。
 トレンドの始点からこの窓の距離を測り、その距離を2倍する事によって今後の動きを予測する事が可能となる。

4.Exhoustion Gap
 この窓は相場変動の最終段階に現れる。
 あらゆるチャートポイントがブレイクされてBreakawayとRunaway Gapが見られた後になると、このExhoustion Gapの出現が予期される。
 上昇トレンドの終わり付近で価格が大きく跳ねた後、直ぐに勢いを失い数日或いは数週間内には下落に転じ、この窓より下のレベルとなった時は、
 通常Exhoustion Gapが現れた時とは全く逆の展開を迎えるサインとなる。
 上昇トレンドに於いてExhoustion Gapが埋まるとかなりの確率で相場が反転するという代表的例である。

 上昇時のExhoustion Gapが形成された後で、時々価格が下方へ転じる前に、数日或いは数週間狭いレンジの中で動く事がある。
 その時の価格の動きがまるで空間や生みに囲まれた『島』の様に見える事がある。
 このような動きをアイランド・リバーサルと呼ぶ。
 つまり、上方へのExhoustion Gapに続いてBreakaway Gapが出現する事でアイランド・リバーサル・パターンが完成される。
 これが出現するとかなりの確率で相場反転する事を示唆する。

322 :黄泉:2006/09/04(月) 10:55:32
中期で16390売り。
余り頑張らない予定

323 :黄泉:2006/09/04(月) 10:56:02
糸冬

324 :黄泉:2006/09/04(月) 11:01:38
楽天の記事問題は目新しい訳でもないのにネット内で五月蠅い。この前のSBもそう

325 :黄泉:2006/09/04(月) 11:02:42
>322 中期的に値位置強い。16370返済

326 :黄泉:2006/09/04(月) 12:20:42
市場は本当に強く、今まで否定して来た人達が少し乗ってきたのでロットを増やす場面。
通常は低位材料株へ行く。中期では売り長の好業績を見る

327 :黄泉:2006/09/04(月) 13:03:13
今日この後、垂れずに明日上げればレシオ的にも値幅的にも色々好条件が揃ってくる

328 :黄泉:2006/09/04(月) 13:06:32
今月のイベント
御出産、SQ、911、総裁選、北核実験(予定)

329 :黄泉:2006/09/04(月) 13:25:41
終値の予想
トレンドに沿って推移した場合 : @16420±20
買いバイアスが働いた場合   : @16470±20
売りバイアスが働いた場合   : @16240±20

330 :黄泉:2006/09/04(月) 14:06:53
上がる下がるは結果論
仮に下げたら買わなくて良かったとなる。
暴落に買い向かう銘柄の大半は儲けになる

331 :黄泉:2006/09/04(月) 14:34:45
格上げすると投資家が買い付く⇒格上げ前に買っていた証券会社は売り逃げる
格下げすると投資家が売り逃げる⇒証券会社は安く買える

上は一つの例えだけど、企業は消費者を食い物にして栄えるもの
そしてこの構図がバレると「再発防止に努めます」と頭を下げ、また裏で同じ事の繰り返し

332 :黄泉:2006/09/04(月) 20:36:42
13:48
Wトップの可能性は薄れてきたが寄り付きで窓を空けた事から弱気アイランドリバーサルパターンとなる可能性出てきた。
今週木曜までにはハッキリするだろう。

13:58
売り方で含み損抱えている人は暴落待ちしている
全体の需給が崩れる場面では個別の貸借は意味が無くなる事が多い
そうなると貸借のメッキの部分だけプレミアムになる
もっとも崩れてから売る方が無難

14:24
現物に勢いが無い
あちこちで急に中身が無くなったような動きをしている

333 :黄泉:2006/09/04(月) 20:38:25
引け後
活気はあったが皆がいくらくらいから乗れているのか。数字的には動きがあったが気が付かなかった人は後から乗ったら動きが意外に小さい。
前から引っ掛かっていた物を売ったら上がったとか、買ったら余り動かないという日。
皆がこの上昇には否定的だが指数は抜け出した様子で、その抜け出した数字が他の株に波及しはじめた。
買わない理由をいちいち考えていると遅れる。強気になったら出産日に近い。
人気の無い低位割安を買う方針には変わりない。

約半月続いた16000を挟んだレンジ相場から上抜けを窺う状況となった。
この8月16日以降のレンジが徐々にレンジ幅拡大してきた事から、今日の上昇で離脱したか否か判断し難い。
その為トレンドフォロー派がロングへ転じる判断が遅れ、結果として上昇が続くという事がありがちなケースではある。
ボリバンは+2σ未満、バンド幅は依然タイト。トレンドフォロー派ベースのロングキープで。

334 :黄泉:2006/09/04(月) 21:23:21
先物主導の相場形成がここまで続くとそれなりに先物筋の市民権も認めなければならない。
豚消滅からSBいじめでとどめを刺された多くの一般投資家が市場に戻ってくるのは暫く先になるだろう。
その間、一般投資家不在の市場ではヘッジファンドや先物筋のプロと渡り合って行くしかない。
その意味で現在の相場は上級者向けと言える。

最近はここ2年以内には余り見られない異常な状態が多く見られる。
出来高低水準の中での高価格帯突破、騰落レシオ140%から先週の下落で130%まで若干下落したものの再び上昇に転じる等、
また評価損率や裁定買い残の関連でもこれまでとは違う状況が見られる。

これまでとの状況の違いも含めて総合判断すると近く上昇トレンド入りすると判断する。
従って戻り売りは見送り。戻り歩調に入ってきた物は早めの押目買いも一策。
ただ、先物主導だけで上がってきただけにNY次第では大きく反落する可能性が常につきまとうので注意。
次のターゲットは16750

335 :黄泉:2006/09/04(月) 21:29:53
欧州の金融機関の資産規模が急拡大している。

世界の銀行資産規模ランキング

@(6) ↑ BNPパリバ(仏)
A(1) ↓バークレイズ(英)
B(2) ↓ UBS(スイス)
C(4) →HSBC(英)
D(5) → シティグループ(米)
E(3) ↓ 三菱UFJフィナンシャル(日本)
F(8) ↓ ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(英)
G(7) ↑ クレディ・アグリコル(仏)
H(9) → バンク・オブ・アメリカ(米)
I(12)↑ ドイツ銀行(独)

MUFGが大きく順位を下げて欧州勢が上位を占めている。上位10社中7社が欧州系。
みずほは10位に付けていたが圏外に落とされた。
日本でも銀行再編があったが資金規模に差が出ているのが分かる。
オイルダラーの資金力が背景にある訳だが、ユーロ人気が過熱してユーロ高を招いている流れは暫く続きそう。

336 :黄泉:2006/09/04(月) 21:30:27
『問題があるからこそ、我々の心と精神は成長する』 − スコット・ペック(心理学者)

337 :黄泉:2006/09/04(月) 21:31:44
『名誉は、値せぬ人が得るよりも、値しながら得ぬ人の方がよほどいい』 − マーク・トウェイン(作家)

338 :黄泉:2006/09/04(月) 21:36:09
行動ファイナンス

『安く買い、高く売る』という投資・運用のアドバイスを聞いた人は多い。しかし実践するのは簡単ではない。
何故か。それはハウスマネー効果によりリスクの高い投資をしてしまう事が考えられる。
例を挙げると、既にかなり値上がりした株式に投資する事。
こういう株式は過大評価や期待によって買われすぎており、また短期的投機資金が流入している可能性も高く、値下がりリスクが高い。
つまり、『高く買う』行動になる。
また、株式が下落を始めるとスネークバイト効果で不安になり、『安く売る』行動になる。

ハウスマネー効果とスネークバイト効果によって『安く買い、高く売る』筈がその逆の行動になってしまう。

もっと上がるかも知れないという期待や思惑による高値掴み。
もっと下がるかも知れないという不安や焦りによる安値叩き。

こうした行動は人間の感情がもたらす非合理的な側面であり、似たような表現では市場心理や相場の地合という言葉が使われている。
『相場は理屈通りに動かない』のは、市場参加者が人間だからであり、感情に影響を受ける人間の行動の背景が必ずしも合理的な意志決定に基づいている訳ではないからなのである。

しかしそうは言っても人間。

339 :黄泉:2006/09/04(月) 21:43:41
米の株式大口取引を付け合わせるリクイドネットが日本に進出して来る。
大口取引業務では世界最大手で、日本上陸は07年夏の予定。
取引を東証と経由せず機関の間に入って売買を行う業務をする事になっている。

20年近く前の話では、「外人買い」は当時からあった。
1960年頃から「外人買い」が言われ出し、実質的には1968年から資本自由化措置を日本が行う事で外人枠が拡大した。
そして今と同じく「外人が買うと相場が上がる」という流れが出来た。

オイルマネーは当時日本株で上手く儲けを出し、日本は2度に亘るオイルショックを上手く乗り切った事が世界的に評価を得て「日本株買い」の好印象を外人に与えてきた。
外人は日本経済が強い事で日本株を買うのは当然だが、過去の事例で見ると外人シェアが大きくなるにつれて外人が買うと相場が上がる地合が出来て来た事が大きくあった。

しかし84年相場は「外人売り」によって相場が下落したように、長期のパフォーマンスを目的にしていたのではなく
キャピタルゲインを得れば引き上げる資金の性質であった事も留意が必要。

今は外人に操られた日本株になっており「外人買い」で相場が上がると皆が思っている事で下地は出来上がっている。
あとは地味に買い進め、上がったところで「受け皿」に売却する粗筋が見えている。

340 :黄泉:2006/09/04(月) 21:52:08
売買タイミングを決める際に使用している指標は
1分足、出来高、板の動き

また、支持線・抵抗線をかなり意識しているのでその指標として1分足の25分線やVWAPを使っている。
あとは相場の雰囲気やその銘柄の特性等も考慮している。

341 :黄泉:2006/09/04(月) 21:56:11
勝利と敗北の差は本当に小さい。
必ず損切りするとか、無理な銘柄には手を出さないとかそんな簡単な事。
けれどその小さな差を積み重ねるととんでもなく大きな差になって現れる。

負け続けていた時も同じような事を思っていた。
もう少し自分を変えれば勝てる筈、と。
勝つ事はとんでもなく大きな変化で得るものではなく、少しの変化なのだ。
その考えがあったから諦めず頑張れた。

銘柄は流動性重視で売買代金上位しか扱わない。
これはただただ逃げる時の準備に他ならない。

342 :黄泉:2006/09/04(月) 21:58:57
トレードで大事なのは
お金を得る
経験を得る
でもお金を得る事より経験を得る事の方が万倍重要。
その経験をしっかりと活かす為に復習が大事。
復習しない人は進歩しない。

おそらくこの相場に付いていけない人の大半が復習を怠り、今までのやり方に固執したトレードをしている。
今復習をしておけば、何日後か何週間後になるか分からないがその成果は数字として出てくる。

また、復習はやり方によって雲泥の差が出る。
経験をしっかり形にして残そう。

343 :黄泉:2006/09/04(月) 22:15:15
持ち越す時は
1.値動きの思惑
2.含み益
の2点が基本。

1は当たり前
2は外れた時に損失になる可能性又は損失額を少なくする為。

344 :黄泉:2006/09/05(火) 00:05:58
銘柄を間違えない事
慌てて上で買わない事

345 :黄泉:2006/09/05(火) 08:41:48
NY株式 休場
FT100種(ロンドン) 5986.6 +37.5  DAX(フランクフルト) 5909.72 +33.18                    

売り2540万株
買い3960万株
差し引き1420万株の大幅買い越し。
金額ベースでも買い越し。米国系、欧州系ともに買い越しが目立つ。
セクター別では、売りは、建設・鉄鋼など。買いは、地銀・機械・小売など。売り買い交錯セクターは、電機・商社・銀行。

戻り売り方針の日

6501日立

346 :黄泉:2006/09/05(火) 08:54:11
8567クレディア

347 :黄泉:2006/09/05(火) 09:28:13
今朝は外資動向が気になり、ここを抜けたら売っている人が非常に辛くなるから買い戻しも入りやすく、今まで疑心暗鬼だった人達が一気に動き出す。
その時は「安い物」から「勢いのある物」全てなので抜けだしに期待。
一方で考えられるのは過去から持っている売らなかった物であり、以前と変わらない市場に対しての疑念で、米経済はソフトランディングとは言いながらも日本景気にもひとつ関わってくるという兆しがある。
この辺りが難しく、過去からの次期政権が決まると動きやすいという流れが実際はあり、阿部氏で固まった次期政権の性格上、
改革続行の中から来る流れという見方から買い安心感が広がりやすいと思う。
少なくとも売り方が理論的に如何に話しても一巡したのは間違いないから、最低、出遅れの水準訂正と売り込み株の買い戻しはありそう。
8013ナイガイ、1814大末のような低位黒字化定着企業や7750ペンタックス、4088エアウォーターなどの空売りの多い物を見ておく。

348 :黄泉:2006/09/05(火) 09:31:36
多くの人が話す天井が近く、そうは言っても勢いが出てきた市場で今まで否定してきた人がここまで買われたら行かざるを得ない気持ちがぶつかってくる。
そうした時に出産関連など速そうな物に行ったり仕手上方の物に行くから間違いやすく、ここは上がらない事もあると思って今まで大人しい買った物まで中味の良い物が適当。
低位と売り残の多い物だが市場が強ければ上がるが弱くなっても下値限定的だったりいざとなったら仕手的動きのある物を。

349 :黄泉:2006/09/05(火) 09:45:28
市場はもう一丁欲しいところ。ここを抜けたら買い戻しをせざるを得ないし、一回は買いを入れたくなる。
それが前から高値と言われている日だけに買いを入れるタイミングが遅れたり安全策だから、主力が行った行ったになってから出遅れに急に資金が回る。
先週書いたように月火は国内の人のやり放題なのでこういう相場になる。
本当の勝負は明日の外資動向だがその流れが見えているなら後場は高い。

350 :黄泉:2006/09/05(火) 09:46:38
現時点では楽観的にはなれない
Aレンジテールになると良い

351 :黄泉:2006/09/05(火) 09:54:22
紀子様出産で相場一巡なんて話も。喜びに向かって買い過ぎて後から下落というのはある。御祝儀の出し過ぎ。
実はその過程は市場も悪く、材料が無かったからそうなった。
今回は好業績ファンド設定もあるので需給も良い。だから皆がSQだの御祝儀相場終了とか話しても結果的に底堅い。
弱気は売る理由だけを探しており結果的に乗れていない。最近は乗れなかったら相手を否定する癖がある。
なんだかんだ買わない理由を探している。

動き難い6445蛇の目も来たし、材料株の5916ハルテックも大幅上昇した。
最後に個人が手を出したくなって天井。それが御出産日に合致。
要するに強い時に素直に乗れば間に合うが、後追いは良くない。

動きの悪い低位数量物で8013ナイガイが残っている。
皆は今すぐ動かない物でないと気に入らない。しかし今の市場は一定水準で待っていたら助かる。1ヶ月とかw

352 :黄泉:2006/09/05(火) 09:58:45
債先続落

353 :黄泉:2006/09/05(火) 10:20:39
中期物は買い気配は寄りで買え

354 :黄泉:2006/09/05(火) 10:43:05
株式市場は強気3割、弱気7割と言う。
4月高値時点では強気10割で弱気など居なかった。

下げて来て 始めて分かる 天井かな
上昇し 始めて分かる 大底かな

チャートの教えに従う事。自分の感情は市場に入り無い事が大事かな。

355 :黄泉:2006/09/05(火) 10:45:22
儲かっても誰にも言わない事
この前誘拐された女子大生みたいにる
一人でニッコリしていれば良い

356 :黄泉:2006/09/05(火) 10:54:12
運転と建玉は似ている。ルール等で自己規制すべきこともある。しかし先人のそれを読んで理解しただけでは何の意味も無い。
自己の原因は知識量ではない。安全運転を怠り、注意をしない甘えがその理由。
もし承知でリスクを取っているなら失敗も予定の内。それは事故ではない。
世間一般に事故の時は対処すれば良い。対処出来る事が技量だという認識は広くあるが、それは根本的な間違い。
安直な姿勢に対する単なる言い訳に過ぎない。技量とは、絶対的な命題として、対処の必要が無い運転を最初から心掛け、それをする事。

マネーマネジメントとは玉の増減操作の事。それは自分の技量の事。これも理屈倒れにならない事。
自分で自分の一貫性のある売買方法を確立する事。そうすれば取れる取れないが自動的に判明する。
それまでは絶対に分からないと言って良い。理屈の前に、自分の売買技量を向上させる事。
その前に理屈で張ると技術の向上には致命的ダメージとなる。
理屈と知識だけで車の運転が出来ないのと同じ。危なくて見てられない。

357 :黄泉:2006/09/05(火) 11:18:32
回り道の大切さ  米長邦夫より

プロになるまでの勉強法は、詰め将棋を続ける事だった。
「詰むや詰まざるや」という詰め将棋の問題集があり、これを何年もかけて全問解いた。
この本は江戸時代に作られた問題集。江戸時代は、名人になると将軍に詰め将棋を100題献上した。これはその最高傑作。
200手詰めとか300手詰めという問題がザラにあり、最高は611手詰め。全部で200問。

昔、プロを目指す若い人達に「これを全部解き終えたら四段になれる」「全部自力で解き終わった者はプロになれる」そう言った。(四段以上は対局料を得るプロ棋士)
そうしたら若い連中が何人も、それを信じて解き始めた。暫く続けている内に「こういう局面は実践に出ないのではないか」と考えるようになってしまう。
それくらい難問が続く。自身も第一問目の69手詰めを解くのに毎日六時間くらい考えて一週間かかった。
あまりにも難問が続くから「これは作り物だから実践には出ない。一問解くのに何日もかけるくらいなら、最新の棋譜を何局か並べて研究する方が遙かに良いのではないか」
と、そういう考えになってもおかしくない。実際、何人かの若手棋士からそういう声が出た。

実践にはまずでないような、極めて複雑な詰め将棋を必死で解く事に意味がある。
つまり、集中力と根気を養い、頭脳を鍛える。

将棋の苦労というのは難しくて自分では解けそうもない難問を自分だけの力で答えを出そうという苦労である。
ところが、それに気付かない人が殆どだった。

358 :黄泉:2006/09/05(火) 11:19:37
>357続き
「詰むや詰まざるや」に取り組んだ何人かの中に羽生がいて、彼は十代で気付いていた。
「先生、あれには大変な意味が隠されていますね。毎日毎日将棋を考えているという事が大事で、その情熱を失わない事が大事なんですね」とある時言った。

「いつそれに気付いた?」と聞いたら、「18か19の時です」と。やはりこの男は違うと思った。
並の人間なら途中でやめるところを敢えて回り道をした。

その回り道の大切さに彼は十代で気付いていた。

相場を張るにあたっての回り道とは。相場または確率50%の当てものを当てるのに必要な能力とは。

以上の文には凡人と天才の違いが如実に表れている。
「プロフェッショナル 仕事の流儀」で見た彼の鞄の中には未だに「詰め将棋」の本が入っていた。

糸冬

359 :黄泉:2006/09/05(火) 13:09:38
09:28
短期16300ロング

09:44
中期16330ロング

10:08
心理的に心細くなってもここでは売れない

10:38
普通の循環物色に入り、それがいつ終わるかの流れになって来ており、その中で出遅れの個別が上げている。
不動産流動化も楽天の影響で出遅れか

10:52
御出産関連は御祝儀相場後の下げこそおいしい

11:59
TOPIXが引け前まで Bid -6 Ask -5.5 だったが一気に-6が叩かれオファーに。
フェアバリューが-5強なので売りロール(12月売り)が早めに売ってきた。
買いロール(12月買い)にはディスカウントで買えて都合が良い。

裁定ポジは現物買い先物売りが殆どなのでディスカウントきつくなったらロールせず解消するかを考える。

12:45
自己主導のディーラー相場は、石川島など出来高伴えるところは先週から来ている
それが今度は一般的に言う仕手株に流れる

12:46
少しだけオシレーターも強くなった

12:48
16380まで上がれば短期的に少し強気

360 :黄泉:2006/09/05(火) 21:10:46
11:40
思ったより225の反発が無い。この辺りから投資家が上手くなったというか健康的で無い事を感じる。
運用者も丁寧にやっている。しかし一部の銘柄に集中する動きがあるので目先投資に雑さが出ている。
市場は想定より活気があるので6103オークマや5486日立金属、4064カーバイドなどが来ているがこれらの換金売りが大分出てきたりするから引け前には銘柄が変わってくるかも知れない。
従ってこの相場は待つ投資が有効で、低位で動かない物でも意外とこの時間から見たら割安に見える。
それと品薄有料好業績。

14:16
イベント前だし、短期では今日か明日前場で終了ぽい

14:36
楽天懸念で上がるべきものが上がらなかった分、懸念が去って今日は一気に動き出した

361 :黄泉:2006/09/05(火) 21:13:54
引け後
絶好の感じで物色が流れたので強い。しかし個人は早さだけ追っている。今の相場は一日の値動きの中で取るのは非常に難しく、
溜め込んで我慢した物がジワジワ来て、最後の伸びで売るパターン。
その過程で行くか行かないかの時に短期投資で乗ってしまったら投げさせられ、やられた経験から乗れなくなる時から早くなる。
指数的に飛ばしてくるのかどうかは分からないが、投資としては動きのまだ無い物を。

評価損は埋まるが新規買いが上手くいかない。売るべきか買うべきか悩む投資は神経使いすぎてちょっとした事で全部売ってしまうような商いになる。
しかしそれは仕方無い事でこの場面まで持続していたから過去より損が減ったと考えるべき。
そして新規買いは非常に慎重に構えて動きに向かうか他が動くのにこれが動かないのはちょっとおかしいという風に考えるべき。
そろそろ皆が配当など考え始めるから9月配当に関係無い物を逆に狙っておくとか、進捗率が高くて材料が配当だけではない物に向かったりする。
SQが過ぎたら今度は3連休があるので9月の投資は気を使う。

明日は、外部要素を除いた225のみなら上と予想。それに欧州、米、為替のバイアスが掛かる。
明日前場上げれば空売りしたいところがある。米続伸してGUとなれば言うこと無し。
特に今日決算発表物はお薦め。

362 :黄泉:2006/09/05(火) 21:18:57
14:40
日経夕刊に賃料値上げ記事が出る模様

363 :黄泉:2006/09/05(火) 21:49:12
14:07
ようやく上に抜けて来た。持続。

14:12
まだ本当に強気かどうかは分からない
引値で16500を上回るか、木曜以降に新高値を付けるかどちらかが実現しない限り本当に強気にはなれない。
そしてどちらかが実現したら買い増し

14:17
午後の円債市場で10年債先物9月限が一時急落。この日行われた新発10年債入札結果が予想を大きく下回った。

15:02
この調子だと短期も中期も持越し。
長期MPから目標値16610

引け後
日本経済新聞社は5日、日経平均株価の構成銘柄から日本製粉 <2001.T > と東映 <9605.T > を除外し、東急不動産 <8815.T > と東宝 <9602.T > を採用すると発表した。
10月2日付けで入れ替えを行う。

クレディスイス証券がSBとヤフーを格下げ。

3市場信用残はそれぞれ若干減少で余り大きな変化無し。

364 :黄泉:2006/09/05(火) 21:54:24
ボリバン+1σ台キープしつつバンド幅拡大する典型的トレンドフォロー優位の状況。
バンド幅には拡大余地があり、引き続きロングキープ。
とはいえ限月交代が接近しているので明日明後日にロングロールする必要あり。

ただし16170までの窓を埋めた場合、中短期ならロング外し。長期なら15740割れまでロングキープ。

365 :黄泉:2006/09/05(火) 22:12:42
15500-16500台は価格帯別出来高の多い価格帯で、ここを抜けるには多くの売りをこなさなければならない筈。
しかし出来高少ない中で先物主導でいとも簡単に抜いてきている。
通常ならやれやれの売り物が大量に出てくる筈だが出てこない不思議な現象が続いている。
やれやれ個人の大半が退場していなくなったのかも。

366 :黄泉:2006/09/05(火) 22:19:16
スイスの銀行大手クレディスイスは今後2年間でアジア地区で新規雇用を増やす。
英フィナンシャルタイムズによると、アジア地区で最大4000人規模で増員する。
アジア全体で金融サービスに対する需要が拡大しており、魅力ある市場への進出を目的としている。
日本への雇用はどの程度か分からないがアジアの主要国として見ているのは間違いない(長井
対日直接投資が減少する中で大変良いニュース。
1500兆円とも言われる個人金融資産の取り込みに世界中が注目しているのは間違いない(長井
他の外資系金融機関動向も今後注目される。

昨日の6850万株以上の買いが入った日を遡ると3月31日の7180万株以来。
05年まで遡って最大の買いは05年10月5日の11480万株。秋は外人買いが膨らむ時期か。
1年の中で9月は分が悪いが昨年に続き今年も期待が出来る希ガス。ただSQなどあるので用心。

SQ週の水曜は波乱が多いので注意。裁定買い残増加、外人買い増加も続いているので今週は堅調推移しそうだが相場が変わるとすればSQ後の来週か。

367 :黄泉:2006/09/05(火) 22:26:00
今日の売り株数は少し少なかった。連休で休みの外資がいると考えれば買い株数も少ない筈だがそれなりに買いが入っていた。
おそらく昨日の大量買い注文の指値で入らなかった分が今日も残っていたのだろう。
そう考えると当日買い注文はそれほど多く入っていないという事になる。

SQ週とは思えない底堅さだが、今週中に不動産以外は一旦利確予定。

外資買いの主軸は中近東系ファンドと見られている。原油高によるアラブ系オイルダラーは総額50兆円と観測されているが、
その中で株式への投資資金は30兆円前後と見られている。
日本株への投資がここ最近増加してきている背景は、為替がいずれ円高に転じるとの観測が強い為に、
今弱い円を買ってその資金で日本株に買いを入れている様子。

最近、メガファンドが1兆円規模で出現しているがオイルダラーはメガファンド30個分に相当する大規模な資金である。

368 :黄泉:2006/09/05(火) 23:02:44
8567クレディア

369 :黄泉:2006/09/06(水) 08:36:49
売り禁になると買いたい人は減る。
しかし大口は少しでも儲けたいので空売りの踏み上げを使ったりして高値圏で売り捌く。だから一旦は買いで入る。
それを皆知っているので今回の5606旭テックの様な事が起こる。で騰がったら一気に売り放出。この売りが放出されるまでは騰がる。
10万株買って11万株売ったりして偽装高値圏作りながら捌いていく。ラストの天井付近では買い方の潰し合い。
そして何倍もの株が出てきてジャブジャブになって下落。だから売り禁になった日の売り玉は金の玉と言われている。
しかしどこまで騰がるか分からない株を含み損抱えて踏み上げられるのは精神衛生上良くない。
だから両建て。下がりそうなら買いを外す。下がって来てまた騰がりそうなら買いを入れる。
これを繰り返す。売り禁になっているから空売りの買い戻しはせずそのまま楽しむ。

370 :黄泉:2006/09/06(水) 08:40:46
現在は手術室に向かわれたとの報道。この大きな喜びに向かって上昇してきた相場はここに来て一つ山を越えた形。
SQ意識もあるから本当は今日辺り一気に300高とかしてきたらOPや売り方はビックリするところ。
しかし今週は指数より活気なので鉄が決算発表控えて上昇して来た事で充分。
皆が今何を考えているかというと「買う位置ではない」「持っている物を売るべき」のどちらかなので、上は国内のマインドでは買い難く、
何かが抜け出した時の出遅れ物色か、強い物に付く形になる。
全体売り一巡後の外資がポイントで、そうした発想からそういう行動になるのだが今日は鉄からどこに回るのかも考えどころ。

低位でじっくり行くが8013ナイガイや1890東洋建設、2286林兼あたりが少し反応始まっているので1814大末くらいが空き屋。
225から除外された物や参入候補から採用されなかった物、じょ除外候補外れなどやることは多い。

225除外候補の買い戻しや参入候補の外れ、どちらにしてもここから遊べるからその候補や入った物の動きを今後注意。
市場は活気があれば良い週なのでこのままでも良く、鉄かrどこに回るか。個人的には低位に行って欲しい。
特別本気でする時間でもないので出産後の外人の買い方だけ見ておく。

371 :黄泉:2006/09/06(水) 08:46:52
ダウ 11,469.28ドル +5.13     
NDQ 2,205.70ポイント +12.54                    
CME225 9 月16,335.0円 (大証9月先物比 -75円) H16350 L16285

案外高い日 逆に安い時は翌日高い

売り4380万株
買い3860万株
差し引き520万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。
セクター別では、売りは、医薬、商社、証券など。買いは、建設、非鉄、不動産など。売り買い交錯セクターは、化学、機械、電機。

372 :黄泉:2006/09/06(水) 09:42:54
判断基準が多すぎると、結局、判断できなくなるよ

373 :黄泉:2006/09/06(水) 09:57:47
08:57
指値の買いが消えて下が薄い

09:06
波動分析にSQなど無関係

09:11 短期では16350でドテン売り

09:19
明日新高値を付ければ強気になる。現在は弱気

09:24
8月28日時点の分析
『サイクル分析では今週4-6週サイクルのボトムに向けて下落した後、反騰して先週高値を試すか、それを遙かに上回る。
この反騰は弱気なら1-2週に過ぎないが、或いは3-5週続くかも知れない。
しかし次の反騰が強くても弱くてもその後の下げは過去6週間で最も厳しい下げになる。
予想では14045から天井までの全上げ幅に対する修正安となる。
重要変化日ベースに分析すると先週から今週にかけ13-19週の天井を形成する。』

もし月曜高値16430が後者の分析と合致したとするとこの13-19週サイクルボトムの目標値は15230±278である。
自分は明日以降新高値を付けない限り弱気戦略を取る。

09:30
今日も揉み合い傾向が強い。明日GDすれば弱気アイランドリバーサルパターン完成

374 :黄泉:2006/09/06(水) 10:04:41
今日の外資売り越しは想定の時間帯であり、11月が見え難いから買い難い。
しかし個別強気も多く、資金もある。

死んだと思われた物が息を吹き返すケースが大分見られた。
上がると売るのが惜しくなるが、今日の様に外資が売り越したり、御祝儀相場の終わりだとかSQ二日前だとかの懸念で急に売りが出たりする。
なので売り一巡後の動きを良く見る。焦って早さを求めない。

375 :黄泉:2006/09/06(水) 10:11:24
為替
中国首相による「人民元は徐々に柔軟性を高める」とのコメントを切っ掛けに円高の流れ。
今まで対円通貨の上昇が強かった事もあり、円買い戻し調整が続く可能性あるが、円高後のユーロ円やドル円買い意欲も強い。

376 :黄泉:2006/09/06(水) 12:58:55
10:48 
低位が動いているが、同じ低位でも黒字定着型と朝の建設のニュースが主なので9816バーテックスリンクまで回るにはもう少し市場に活気が欲しい。
何かが中心になって行くとしても他の割安が多すぎる。

10:02
Put打診買い

10:07
こういう時ほどPutを仕込み易い日は無い。明日以降高値を付ければLCするだけ

10:13
ここから1000円上昇するか1000円下落するか二つに一つ

10:26
短期では16380で売り
中期では買い継続

11:03
全体は底堅い。
ミクシィ売り出し株の当落が発表され、申込みで拘束されていた資金が少しは新興へ戻ってくるかと思われたが直近IPOは弱い動き。

11:53
市場は活況で非常に小気味よい商いが続いているので余り225が上がらない割に小掬いで儲かったりしており、後場に動ける要素が出てきた。
その意識から早い回転を狙った買いばかりで実需が無かったら市場は混乱。
仕掛けが成立したら低位は一気に早くなる。動いていない低位で板に変化があれば注意。

377 :黄泉:2006/09/06(水) 12:59:34
12:19
前場、資金の30%でPut買い

12:35
短期では16350で売り

12:36
予定通り前場がピーク

12:44
短期では16280で返買

12:47
下値支持線 16184-16198、16056-16070
金曜引値でこれを下回れば既にピークアウトした事が確認され、そうしたらPut買い増し

12:48
SB酷い下げ

378 :黄泉:2006/09/06(水) 13:25:01
[DT銘柄選び]
1.資金内で買える物を全抽出
2.資金量に対し効率良く稼げる物だけ抽出(1T当たりの値幅で絞る)
3.チャートやテクニカル的に分かり易い動きをする物を抽出(チャートソフトで一つ一つ確認)

これで監視銘柄は約20銘柄
ただ時間帯によって値動きの良し悪しがあるので実際に取引するのは一日5銘柄程度

[実践]
買いタイミング、売りタイミングともテクニカルの定説通り
銘柄選びの段階でテクニカルの定説通りに動いてくる事を前提としているので、底値or底値近辺を見誤る事はかなり少ない。

かなり大雑把に書いたがここまで事前準備してからは日に数万稼げるようになる。

379 :黄泉:2006/09/06(水) 14:13:54
人気株は信用期日まで半年間の内に半値以下になる場合が多くある。
ならば新安値銘柄を半年、3ヶ月先を見据えて買うと効率が良い。

380 :黄泉:2006/09/06(水) 15:23:38
14:06
ここから上は上げたら売りから入るのが外資流

14:05
短期16290L
中期Lキープ

14:19
重大なサインを見逃していた
16280で全て返済、短期・中期とも売り

14:31
買い方売り方皆様子見

14:27
ダウは昨晩か今晩に天井を付ける

14:50
同じ低位でも指数に引き落とされた物と落とされなかった物が

14:51
225はまだ月曜高値が天井と確認された訳ではない。
もし月曜高値が天井であったなら少なくとも今後2週間で約1000円下げて底を付ける。

381 :黄泉:2006/09/06(水) 20:43:55
引け後
御祝儀相場はこれで終わりとしても相場が終焉した感じは無い。明日と来週火曜の動きが大事。
WSQが過ぎた時に今まで言われていた裁定買い残が変化してくる。
だから、何の材料出尽くしかは分からないが外資を気にしながら外資の居ない銘柄群に早い回転を望んだ流れに問題がある。
気が変わったらまた動きやすくなり、今日も個別で強い物があったり、逃げない買い板が多かった。

225F 売り持続

4日に急騰して出来た窓は16170-16200を残すのみ。移動平均線は5日ベースまでショートに転換。
ただボリバン幅800台とタイトであり、レンジ入りするとしても余りに大幅な調整とはなりにくい。
基本はロングキープ、長期なら押目買い。ただ、16080-16090には10-15日線が並び、また一目転換線16085もある。
終値ベースで16080割れ時はスイングならショート転換。

382 :黄泉:2006/09/06(水) 20:44:50
各企業の評価がばらついてきた。米経済も軟着陸し今までのパターンから変わる。
米よりユーロ圏の方が調子良いのでここからはユーロ高関連。
為替差益と仕手性から7750ペンタックスは売り残が残っている。
正当派6816アルパインも欧州に強い。

この前までは何か売る材料を探していたがここに来て買う材料を探し始めた。
金利の発生した相場では引け前の投げを拾う。買い方は持ち越す事によってコストが高くなるから引け前に売りたくなり、そこを拾う。
引け前に下げても翌日下げ難かったりする。引けが高いと翌日の寄りは売り優勢で適当な値になる。

383 :黄泉:2006/09/06(水) 20:45:56
8567クレディア

384 :黄泉:2006/09/06(水) 21:37:21
マーケットがある特定の方向に動いた後には価格は通常その逆方向に幾分戻り、その後また元のトレンドに沿った動きとなる事がある。
この様な逆方向への戻りの度合いは概ね特定の割合になる事が多い。
最も一般的なのが半値戻し。上昇過程にあるマーケットでは、100⇒200まで上昇した株価が一度上昇幅の半分である150付近まで下落した後、再度元の上昇トレンドに戻るという事がよく起こる。
半値戻しの他にも1/3戻し、2/3戻しといった割合がよく知られている。
つまり、価格の戻しの割合は1/3単位で考えられ、最小で約33%、最大で約66%となる。
この事を利用し、上昇トレンドに於いて33〜50%のゾーンを計算し、買いのタイミングを計るという様に活用出来る。
戻りの最大幅は66%であり、前回のトレンドが継続される為には調整はこのラインである2/3で止まらなくてはならないので、
ここで止まれば上昇トレンドに於いては買いの、下降トレンドに於いては売りの比較的安全なポイントとなり、逆に2/3地点で止まらないようであればトレンド転換と受け止められ、
この場合トレンドの全値戻しとなる。
前述の33%、50%、66%という割合はダウ理論からきたもので、エリオット波動やフィボナッチに於いて使われる38.2%、61.8%と合わせて戻しの割合を最小33〜38%、最大62〜66%、
また切りの良いところで40〜60%とする使い方もある。

385 :黄泉:2006/09/06(水) 22:05:00
外資はSBがようやく立ち直って上昇に乗ってきたところを狙って格下げ発表する。
上昇過程で売り乗せしたところで発表すれば儲かるのは確実でその度に個人は鴨になる。

現在は世界同時株高の様相を呈しているがそれほど楽観出来るものではない。
「悲観は楽観の中で生まれる」という格言もあるように米の楽観の中に生まれている可能性がある。
金利上昇の可能性が残されているのと、住宅市場低迷から来る個人消費の落ちこみ、スタグフレーションの可能性。
9月後半から米安となって現れて来るかも。

386 :黄泉:2006/09/06(水) 22:34:51
大型株はあらゆるアナリストが調べ尽くしてるので事前に株価に織り込まれ易い。

387 :黄泉:2006/09/06(水) 22:38:52
8567クレディア まったり。指数次第
8253クレディセゾン 売り長。まったり。指数次第
4714リソー 今日高値9180辺り上抜けで買いかも

6519エネサーブ 主力事業から撤退。売上の減少ぶりが激しい。他へ

388 :黄泉:2006/09/06(水) 22:40:36
ドバイ原油続落。取引の中心となる11月渡しは63.80ドルで引け、この値段は6月21日以来で約2ヶ月ぶり安値。
日本経済に影響を与えないレベルまで下落。
原油価格と日本経済のバランスは62ドル付近までが良いとされている。
ただ将来的には原油価格はもっと上昇すると言われている。

原油高⇒コスト増⇒企業収益減少⇒業績下方修正

の流れが相場へのマイナスとして働くが、
目先原油相場が落ち着けば悪化懸念は回避されるのでプラス要因となる。

389 :黄泉:2006/09/07(木) 08:35:03
ダウ 11,406.20ドル -63.08     
NDQ 2,167.84ポイント -37.86                    
CME225 9 月 16,130.0円 (大証9月先物比 -160円) H16235 L16135

 
売り3510万株
買い3500万株
差し引き10万株の売り越し。
金額ベースでは大幅売り越し。米国系は小幅買い越し、欧州系は売り越し。
セクター別では、売りは、鉄鋼・不動産・自動車・石油など。買いは、銀行・建設・機械・ゲームなど。売り買い交錯セクターは証券・化学・電機。

変化注意日

390 :黄泉:2006/09/07(木) 08:46:34
今日辺りは調整という見方で間違いないが問題は調整幅。昨今のネット投資家は「終わった」なんて言葉を簡単に使う。
生き残っているベテラン投資家の多くは「終わった」という表現ではなく「エンドレス」というのを頭に置くので何かの物色対象を探す。
「終わった」を基本とするネット投資家は「空売り」という行為を思い付く癖を持ち、これが今後の市場のインパクトになる。
最近の市場は押し幅が段々少なくなって信用残も減少傾向なので売る事も非常に難しい。だから先ずは窓埋め。
その時点で昨日失速した鉄を見る事と、SBの状況を確認する事が大事。それらが納得いかないようだと明日のSQを気にした動きがるので意外に下がったりする。
が、裁定解消などが終わると来週からさしたる売りは無い。
だからここは低位の投げを考えた投資にするが、8020兼松のいつに無く逃げなかった買いが印象にあり、8013ナイガイも動かなかっただけに押しも浅い筈。
そこに軽量割安の1973NECネッツや7628オーハシテクニカなどの割安を拾う。

NYが安く買い材料が無いから下がるだろうとなるがCMEも余り出来高が無いので気分的なもの。
明日の最低解消売りが済んだら来週は売り方も手掛かり難になる。今日辺りの安い所での買いは正解。
指数次第で難しい物や材料株的動きをする物は避け、需給からこの値段なら買っても差し支えないという値段まで我慢。
軽量割安と低位の溜め込み。

391 :黄泉:2006/09/07(木) 08:47:28
噴き値を買ってはいけない。最近では8415紀陽銀行、3202大東坊

392 :黄泉:2006/09/07(木) 08:52:23
CME225Fは5日線を既に下回っており、ザラ場は上値抵抗になるポイント。

5日線16292 窓埋め16120 転換線16085

SQ前日でポジ調整起こるか
現状の建玉はほぼフラット

NYではリストラ発表のインテルも大きく下落しSOX指数の下げ幅も大きい

外資は金額で大きく売り越し

寄り付き空売り

SQ前日で持越注意

393 :黄泉:2006/09/07(木) 09:35:18
窓埋め地点まで下落し、裁定解消やSQ意識した操作がどう出るのか。
今日は昨日一昨日動いた形から低位や新興に売りが嵩んだりするので通常の下げが早い時間ならその売り買いを考える。
その時に話題のある鉄が耐えられるかどうかだとか毎度悪役のSBの動きに注意。
その辺りで体感温度を測り、今日か12日か15日に動くか考える。

394 :黄泉:2006/09/07(木) 11:04:57
レーティングは誰が付けてもその根拠がしっかり示されていたら構わない筈

395 :黄泉:2006/09/07(木) 12:33:10
08:59 弱気アイランドリバーサルパターンになってくれそう

09:00 プット買い全力

09:03 世界の株価もピークアウトした形相

09:04 昨日80%プット買い。今朝追撃

09:13 こんなに売りやすい事は無い

09:25 短期では16100で一旦売り手仕舞い。中期では売り継続

09:30 辛うじてOD
 
09:44 買い一巡から売られた。通常なら16070以下は一回買えるのだが裁定やSQの悪戯が気になる

09:48 予想値まで来たがこの辺が底になるかどうか

09:53 先物は期先主導になっている

396 :黄泉:2006/09/07(木) 12:33:49
10:00 IR下方B。アイランドリバーサルパターン凄す

10:25
マザがこの辺で、後場16100回復するようならマザ来て+5〜10くらいまで行きそう。
逆に16000あっさり割って15800まで行きそうな気も。

10:52 16000割れそうな感じしてきた。少し弱い

11:23
前場に200億円程度のバスケット売りがあった。それに加え300億円のバスケット売りが本日行われる。
売り転換かどうかは後場の動きによる。

12:17
昼のバスケット取引はリバランス・EFP中心で、金額は大きい。
デルタは”フラット(売り買い均衡)”と推測される

397 :黄泉:2006/09/07(木) 12:39:30
8月28日時点
『サイクル分析では今週4-6週サイクルのボトムに向けて下落した後、反騰して先週高値を試すか、それを遙かに上回る。
この反騰は弱気なら1-2週に過ぎないが、或いは3-5週続くかも知れない。
しかし次の反騰が強くても弱くてもその後の下げは過去6週間で最も厳しい下げになる。
予想では14045から天井までの全上げ幅に対する修正安となる。
重要変化日ベースに分析すると先週から今週にかけ13-19週の天井を形成する。』

もし月曜高値16430が後者の分析と合致したとするとこの13-19週サイクルボトムの目標値は15230±278である。
自分は明日以降新高値を付けない限り弱気戦略を取る。

次の重要変化日は9月15〜19日。この期間にサイクルのボトム、或いは天井と80%以上の確率で合致する。

398 :黄泉:2006/09/07(木) 12:41:00
13:30から鉄にはじまりJFEや神戸製鋼など高炉大手の業績見通し発表。
この戻り相場を牽引してきたセクターなので全体に及ぼす影響が大きい。
後場は鉄鋼各社の動きに注目。

自分は前場で鉄を空売った

399 :黄泉:2006/09/07(木) 14:28:10
今まで調整幅が少なかった分死ぬほど下げろ経済崩壊するほど下げろ

400 :黄泉:2006/09/07(木) 14:42:06
ノウハウは教えたらその時点から当たらなくなるもの

同じ銘柄を扱っても損する人と儲かる人がいる。
儲からなかった人は手法がいけない。上昇を確認してから買ったら遅い。下で買った人が利食うタイミングで買ったら損する。
仕手株は死を招く。

401 :黄泉:2006/09/07(木) 15:02:21
12:41 計らい売りが225以外にも多く出ている

12:45
弱気アイランドリバーサルパターン&弱気オシレーターダイバージェンス
言うこと無いくらい弱い。
今日明日25日線割らなくても来週は割る

12:49 アセやめた踏まれそう

12:53 素直にそのまま293で良かった、糞

13:00 8840大京そのうち上抜けそう

13:04
後は13:30の鉄の見通しから流れが変わるかどうか。
鉄鋼セクターは欧州勢、オイルダラーと切り離せないだけに注目。
欧州マネー流入で225戻し⇒マザプラ転の流れがあるかも

13:27 
SBと8020兼松に買い入った。
アセ、モル入った時のケネの様に強い

13:32 鉄、上方修正切っ掛けに売り

14:37 
このままいくと15〜19日の変化日はボトムになる。
そのボトムの目標値は15230±278

402 :黄泉:2006/09/07(木) 15:04:16
角度だの勢いだの注文が多い
結局自己裁量死

403 :黄泉:2006/09/07(木) 19:34:47
3431宮地エンジニアリング

404 :黄泉:2006/09/07(木) 19:41:33
板表示
225F
トピ先
mini
8925 アルデプロ
1400 アライヴ
3732 イーウェーブ
5713 住友鉱山
9984 SB
8306 MUFG
8411 みずほ

SB 2日表示 前日5分足から当日の押しや戻しの目安

405 :黄泉:2006/09/07(木) 20:07:00
225F窓空け検証 概ね順行

主要銘柄の特性把握

窓空け後の動き 窓に対する動き リトレイスメント 

406 :黄泉:2006/09/07(木) 20:08:07
裁定売りとかそれに伴うバスケット売りが出るとか言われているが、SQ過ぎたら買いに来る。
ただ、少しの銘柄変化が出て、重い物ではなく軽い物だったり、今まで二番手で推移していた普通の物だったり。
過去に旭硝子や東レ、東急がこの時期から翌年春まで賑わった経験則。
こういった前から良いと言われている物で、今日の様な日に下がった時が狙い目。
他には225に連れ安した品薄。
低位が思ったより強いのを見ても市場は前と投資尺度は変化なく、好業績で下がった物を狙う。

経済指標の数字は多くの捉え方があるので地合には関係無い。
明日のSQ以降の需給を見る。この時間帯に活気出す為に材料株や低位が動くと問題無いが昨年ほどのエネルギーは無く、
軽量でここ最近運用者が好んでいる物を中心にしたり、仕手系の資金が多いところが無難。
だから材料株系の物は今日幾分来ているので品薄好業績で考える。

1814大末
1973NECネッツ
6445蛇の目

問題は明日のSQ後や9月決算に伴う売り物を吸収する12〜15日の在り方で、そこまでは溜め込みに徹する。
大口の売買が入って動くまで我慢。好業績材料株。割安材料株と品薄で運用者好みの物。

407 :黄泉:2006/09/07(木) 20:09:04
短期:16040売り
中期:弱気継続
長期:弱気に傾いた

408 :黄泉:2006/09/07(木) 20:46:25
SQ翌週末は3連休。最近の上げ相場の反動で換金売り。経験だと12日辺りが換金したい時間。
強いとそれが済んだら一気に運用の設定をするので配当物などが対象。
しかし権利取り後の換金を嫌って重くなるかも。だから権利物は直前に売られる時期の方が逆に有利だったり。
んで無配黒字定着型がこの場面は狙い目。

1890東洋建設
8013ナイガイ

月末までに売る

409 :黄泉:2006/09/07(木) 20:50:22
節目の一目転換線16080や16000を終値で割り込み、-DI>+DI 、また7月18日安値と8月30日安値を結んだトレンドラインを割り込んだ事で、
短期〜長期までのトレンドフォロー派は一気にショート転換。
再度終値で16000を上回るまで当面はショート基本。

410 :黄泉:2006/09/07(木) 21:38:31
外資動向も高島暦も気にしない

411 :黄泉:2006/09/07(木) 21:54:31
昨日から3日間に亘りメリルリンチ日本証券が日本株セミナーを開催中。
約1100人もの機関投資家がセミナーに参加。外人はそのうち300人参加で外人は昨年より1割上回り運用会社の7割を外人が占める。
今回のセミナーは常連の欧米だけでなく豪州系ヘッジファンドや香港財閥の投資会社など新たな顔ぶれが見られ、日本株に対する外人の投資意欲が伺える。

昨日クレディスイスのSBレポートが話題になった。1300円程度の株価評価をしており株価下落した。
一昨日の好調な動きが180度切り替わり4%弱の下落。
外人は出鼻をくじくのが好き。個人の調子を狂わすのが大好きと言わんばかりのタイミング。

クレディスイスのワルター・キールホルツ会長が昨日の日経に出ていた。
記事の内容は「富裕層の資産運用をしたい」との事だったが、「弱小個人を犠牲にして富裕層を大事にします」と行っている様に見える。
「セミナーが終わるまで株価を抑えておけ」と会長に指示されているのだろうか。

それだけ日本株は外人に支配されているという事。
弱小個人は外人を逆に上手く利用したい。

412 :黄泉:2006/09/07(木) 22:00:39
先頃まで先物主導で上昇相場が継続されてきたがこの背景は北米系ヘッジファンド対欧州系ヘッジファンドの外人対決と見ている。

9月物の建玉が3月物を上回って買われている。
欧州系は先安期待からコール売りを大量にしており、買い方の権利行使をヘッジする為に先物買いを入れざるを得ない状況に追い込まれている。
先高期待から相場が上がる循環が出来ているが、建玉の反対売買が行われる時は波乱となる。

欧州系を煽っているのはヘッジファンドと見られており、源流はオイルダラーと言われている。

日本株の主導権争いとヘッジファンドの巻き返しが、我々の見えない所で巻き起こっている。

413 :黄泉:2006/09/07(木) 22:04:37
一昨日までのマスコミの強気発言が嘘の様に弱気発言に変わった。
鉄の上方修正には反応せず、米の大幅下落に反応した形。
ファンダに関係無く動く先物が米下落を材料にした売り仕掛けの結果、東京は大幅安。

米が良くないのは、金利上昇の可能性が残されているのと、住宅市場低迷から来る個人消費の落ちこみ。
スタグフレーションの可能性さえある。9月後半から米株安となって現れてくるかも知れない。

明日のSQはロールオーバーも進んでおり、米市場が安くなければ波乱は無い。
むしろ後場にSQより高くなるかに注目。それ次第では来週から下げ相場に入る。

414 :黄泉:2006/09/07(木) 22:09:17
新興市場は上げ歩調を取り戻しつつある。

2480シロスケは仕手が手掛けている様な動きで2ヶ月以上の横這いから上値を取ってきた。

3796いい生活は一目の雲を抜けてきた。ここの社長はGS出身で、ドコモ上場に携わった事のある人物。

この辺りの銘柄はここ1年以内に上場した銘柄で上場来ずっと下落していた見せ場の無い物。
高値からの下落率では相当売り叩かれているので一旦上がり出すと早い動きを見せるかも。
明日からの相場が上か下か見もの。

415 :黄泉:2006/09/07(木) 22:10:39
2497ネットエイジ 100万割れで買うかも

416 :黄泉:2006/09/07(木) 22:18:22
知り合い
自分は嘗て証券口座残高維持の為に入金するという事を繰り返していた。自分の手法を変えるより入金の為の金策に奔走していた。
結果は勝てなかった。そしてもう入金する金が本当に無くなってしまった。しかしそれから程なく「勝つ」という事を経験した。
それはまさに手法を見直すという原点に自分のエネルギーを使い出したからである。
それ以来1円も証券口座に入金した事は無い。負け続けて100万円以下になろうとも入金しなかった。
60万円の時に40万円くらい入金すればどんなに精神的に楽になるかは負けている人は解るだろう。
でもそれはやってはいけない事。

消費者金融などで借金して入金する人はそういう意味では負ける典型。
手法や考え方はひとそれぞれだが負けている人は足りない部分が多い。

自分も残高上昇トレンドにいつピリオドが打たれるかと思うと不安。試行錯誤しながら改善していきたい。

417 :黄泉:2006/09/08(金) 08:24:55
ダウ 11331.44 -74.76
NDQ 2155.29 -12.55
CME225F 15935 (大証9月先物比 -15) H15980 L15830

寄り安は買いなれど、上放れ高きは売り狙え

418 :黄泉:2006/09/08(金) 08:34:55
>417 まちげーた

419 :黄泉:2006/09/08(金) 08:35:43
ダウ 11,331.44ドル -74.76     
NDQ 2,155.29ポイント -12.55                    
CME225 9月 15,960.0円 (大証9月先物比 -10円) 12月 15,935.0円 (大証9月先物比 -15円) H15980 L15830

寄り安は買いなれど、上放れ高きは売り狙え

売り3430万株
買い2160万株
差し引き1270万株の大幅売り越し。
金額ベースも大幅売り越し。米国系は小幅売り越し、欧州系は大幅売り越し。
セクター別では、売りは、証券・建設・商社など。買いは、銀行・化学・紙パなど。売り買い交錯セクターは、不動産・電機・自動車。

420 :黄泉:2006/09/08(金) 08:55:09
CMEは大証先物比ほとんど変わらずで帰ってきたので非常にやり難いSQになりそう。
SQ予想は各社見方が分かれており、いずれにせよフラットから小幅買い越しか小幅売り越しで、無難に通過しそうな雰囲気。
デイトレーダーにとっては残念なSQになりそう。むしろSQ通過後にどう動くかの方が大事か。

421 :黄泉:2006/09/08(金) 09:09:09
京セラはS安気配だったが8時59分59秒に買い入った

422 :黄泉:2006/09/08(金) 09:15:47
SQ値15847.09

423 :黄泉:2006/09/08(金) 09:40:00
指数下げ⇒揉み
指数上げ⇒素直に上げ
が続いている内は売る必要無し

424 :黄泉:2006/09/08(金) 09:53:30
SQ値で揉み揉み

鉄が強い

425 :黄泉:2006/09/08(金) 10:15:37
今日は一つのポイント。NY安は昨日の下げで消化。しかし来週は9月決算売りだから、企業業績が良い分だけ投げてくる可能性あり。
しかし投信設定が割合多く、どっちとも取れない状態。

投信設定 ttp://www.traders.co.jp/stocks_data/data/fund_s/fund_s.asp

その関係から見送りになる。
しかし仕手筋とは言わないが、大口はそうはいかないし、運用者も成績を作る時間なので個別物色が先行してくる。

だから、昨日動いた橋梁関係の仕手性や新興株から低位まで見ておく必要がある。
意外に気を遣う日で、早い時間から買われ始めたら失速する。
実需がどこまであるのかだが、外資が朝売り越しなので実際は違っても心理的に問題あり。

という事は後場が危険。警戒ではなく確認なのだが、鉄が主役になれなくなったのだから軽量株の毛色の変わった動きをし始めた物を見たり、
低位で昨日から買い方が変わった物を見る。

1973NECネッツ 7745エー・アンド・デイ 1814大末

426 :黄泉:2006/09/08(金) 10:21:22
NYが安かったので動きが取れず、ポジ作りから来る。但しそれは全体の話で、個別に関しては非常に強く動ける訳なので、逆に動き難さが攻めどころ。
昨日など上手くやってきた。運用者も今月は成績残したいから横の連携を取って来る。そう考えたら今日は何か仕掛けたり、投資顧問も来週の足がかりが欲しい場面。
昼から下がり、来週は企業の換金売りが出るのだろうが買いから入る。

8013ナイガイ

9月は苦労の投資だが、急落に買い向かう場面が来る。
今日は大事な日で、12日に下げれば買い。

この天井からの下落は少なくとも2週間続き、最大で5週間下げる可能性あり。

短期:15800で手仕舞い
中長期:売り継続

427 :黄泉:2006/09/08(金) 10:23:26
昨日まではSQ過ぎたら売り圧力が無くなるなんて話されていたが、NYが安かったので慎重姿勢。
しかし昨日下がったので朝下げすぎたら買い。だが早く買うと後場が不安でそれらの動きが分からない。
だから運用せざるをえない人や損を取り戻したい大口の乗っている物に付いていく。

428 :黄泉:2006/09/08(金) 10:24:16
SQ日は寄り直前に買い物が入るケースが多い。
今日は前日終値より少し下で空売り注文を入れた。

429 :黄泉:2006/09/08(金) 10:25:24
好決算発表したのに株価低迷中な物を買う。

6277 ホソカワミクロン
6924 岩崎電気

430 :黄泉:2006/09/08(金) 21:29:39
12:12
天井からの下落期間が2-5週間だとすると15-19日に付けるボトムで少し反発するもまた下落という感じを受けると思われるが、
そこまで判断するのは時期尚早であり、しかしそこが重要なボトムである可能性もある。

12:15
昼のバスケット取引はリバランス・EFP中心で、金額は大きい。
デルタは”やや売り”と推測される。(12時10分現在)

12:37 先物、10,13,14時の仕掛けに注意

12:55 SB、孫社長保有株の担保提供報道を否定

13:09 先物は雲割らずに上に向くまで揉み揉みぽい

13:18 日産も拾ってみた。戻りが遅いところがいっぱいあって良い感じ

13:45 先物はもう1段上に飛ぶと思う。陰転横這いは上に飛ぶ

13:54 拾うところ間違えた。素直に商社と重工拾っておけば良かったかも

13:59 怖すぎて逃げた。+40%で終了

14:04 今度は先物を売ろうと思っているが今日はためた方が良いだろうか

14:08 5563日本電工 +77 昔の経世会銘柄、懐かしい

14:19 オシレーター指標弱い

14:21 
ヘッドアンドショルダー形成の可能性も否めない。15-19日は天井と合致する可能性もある。

14:32 午前中は+140%くらい行っていたのに。過信していた

431 :黄泉:2006/09/08(金) 21:30:20
14:37 
昼籠やや売り金曜後場の法則発動
金曜後場騰げ⇒踏み上げ⇒月か火に天井⇒暴落

15:04 儲かったがショックな一日

15:11
下がり始めたら来週に金融機関決算があると言われ出、上がり始めたら休み明けはファンド資金云々と言われ出す。
だから自分で、企業に対する常識めいた価値基準をある程度作る事が必要。
この市場は株価20倍くらいになる物が出る素質があり、その前哨戦としても弱気で見てはいけない時間。
過熱感がある時はポジ調整するが、その辺は11月の難しさ。

1973NECネッツ 5701日本軽金属 6277ホソカワミクロン

15:45 今月か来月にひまわりからトレイダーズに引っ越す。SPAN100なので

15:47
市場は何とも言えないが一部に抜け出る物が出てきており、全体的には一歩手前で止まっている。
しかし低位は底堅いので企業変化がきっちりした物は来ている。
だから覇業色が強く、一本釣りの形になるから、付くなら付いて細かく売買しない事。
この相場は買う事自体ギャンブルなのでロットは小さく。

来週火曜がポイントで、その日に材料株で抜け出したら物凄く楽になる。
それが電気やハイテクなら新興もあり。

15:55 
トレイダーズは建玉3000枚まで可能との事。3000枚以上建てる場合は2週間監視される。
手数料上限は1日10.5万円なのでタダみたいなもの。SPAN100と合わせて興奮してきた。

ファンドネットは条件は良いが鯖が不安定なので駄目。

昼籠やや売りの時は先物買ってくる事が多い。金曜後場暴騰もMSQ日だけではないし。

432 :黄泉:2006/09/08(金) 23:11:19
MSQは上昇して引け。SQ当日に株価が当日高になるのは昨年来7回連続。
また、前日木曜大幅安となったのは昨年来8回中7回となり、SQ前日は安くなる可能性が高いという結果。
SQの翌営業日月曜が高いとその後1ヶ月は堅調推移し、安いと軟調になる可能性が高い。
昨年12月からSQ翌営業日を見ると、今年7月を除いて全て上の法則が合致。

因みに7月は
7月18日(月)14437.24 -408
そしてSQ1ヶ月後の8月10日(木)15630.91 その差1193.67
月曜暴落したにもかかわらずその後は大幅上昇。

例外はこの7月だけで他は全て上の法則に合致しているので、月曜の高安でその後の相場を推測出来る。

433 :黄泉:2006/09/09(土) 00:13:06
もともとSQ当日の225はSQ値を上回って引けるケースが多かったが、とりわけ一昨年9月以降は8連勝中(2年間無敗)。
03年以降では12勝2敗(勝率85.7%)
因みに昨年来6回のケースではSQ値は前日終値比で1勝5敗なのに対し、SQ当日の225終値は前日比で6連勝。
つまり6回中5回は「SQ値はマイナスだったのに225はプラス」という展開を辿ってきた。

MSQは寄りで買いというアノマリーは今回も通用した。
ただ、15:10にかけ先物はダレて15990で終了。16000を割れた。
このダレ方を見ると後場急騰は自己中心だったと思われる。

今日の
出来高24億株 内SQ分は6.7億株 差引17.3億株
売買代金3.34兆円 内SQ分は1.1兆円 差引2.2兆円

あまり多くはない。

先週分の外人は買い越しだったが最近の寄り前外資動向から考えて、来週から以前の様な勢いで引き続き日本株を買ってくるかどうか少々不安。

434 :黄泉:2006/09/09(土) 00:51:59
仕手相場が終わるのが早い。以前は2週間で5倍10倍の大相場も結構あった。
憶測だが相場を操作しにくくなっている。個人資金も増大し、規制もあり、失敗すれば個人レベルの損どころではない。
外資もこの時期にSB攻撃など相場に水差すような事やらかすくらいおかしなことになっている。

435 :黄泉:2006/09/09(土) 01:11:42
『仕事に喜びを見出すためには3つのことが必要である
 適正がなければならない
 やりすぎてはならない
 そして達成感がなければならない』 − ジョン・ラスキン

436 :黄泉:2006/09/09(土) 01:45:41
大量に利確する時は厚い板にぶつけたいので逆指値は使わない。

437 :黄泉:2006/09/09(土) 01:46:40
エントリ前は分足はあまり見ない

438 :黄泉:2006/09/09(土) 02:01:40
ダレでも簡単に掲示板などの推奨銘柄を掲載できる時代。自分が買った銘柄に偽材料を付けて掲示板で流す。
何も知らない人が信じて買う、買えば多少は上がる。上がると掲示板に書いた当事者は売る。
無料の掲示板で親切に儲かる銘柄を発表するだろうか。発表者には何かの魂胆がある。

439 :黄泉:2006/09/09(土) 02:05:07
スカはヘラの超高速システムで

440 :黄泉:2006/09/09(土) 02:05:39
JQしぼんぬ

441 :黄泉:2006/09/09(土) 02:44:45
パターン認識と物事を単純化して見る能力

株を始めた頃は失敗した時の事は全く考えなかった。
努力次第で確実に勝てるという事であれば常に成功する事を考える。

442 :黄泉:2006/09/09(土) 02:48:48
格付が盛んに行われているがこれには裏がある。
格上げでよくある理由が「業績が良く、将来の成長性が見込める」というもの。

あるアナリストからこんな話しを聞いた。
「某電気会社へリサーチ訪問し、社長が会ってくれたがお茶も出ない。態度も傲慢だったのでその会社の格下げを発表した。」

片や、会社訪問したら交通費名目で小遣いをくれた会社もあったとか。
そしてその会社は業績に関係無く、買い推奨を行った。

格付は業績とは別に、人間の心理で格上げにもなり格下げにもなる。

443 :黄泉:2006/09/09(土) 23:17:00
3431宮地エンジニア

444 :黄泉:2006/09/10(日) 01:52:05
株価暴落し反転相場になると往々にして買われる物に変化が起こる。
下値物は時間が掛かるが暴落に耐える強さがある。損が少ないが儲けも少ない。
でも損しない事も儲けの一つ。

兎と亀。先を急ぐと思わぬ事故に遭う事もある。じっくりのんびり。相場は今日だけで終わる訳ではない。
のんびり行くと宝物にぶち当たる。

445 :黄泉:2006/09/10(日) 01:56:48
株価が戻ってくるとまた高いところで買いたくなり、安くなると売りたくなる。
株価は上がる事で弱くなり、下がる事で強くなる場合が多い。

446 :黄泉:2006/09/10(日) 02:31:43
チャートを前から横から後ろから眺めると天底が分かる。
DJIAのチャートは40年間手書き。勝負する物も自分でチャート書く。
眺めているだけでは分からない部分があるから。
時間があれば自分で数銘柄書くようにしている。

447 :黄泉:2006/09/10(日) 21:03:48
SQまでは裁定売りを意識し、過ぎたら決算対策売りを気にする。しかしいつも弱気していたのでは意味がなく、市場の根底にある流れを見る事が大切。
米は自由貿易を標榜しながら勢力を広げている。その為には消費国家でなければ意味がない。
米は成長していかざるを得ず、そこに対して中国は輸出を考えてきた。ここがポイントで、そんな流れに沿って日本も動いている。
ところが米中間選挙で現政権が不利になり、今後米がいきなり中国と仲良くし始めたら厄介。
先の話と言いながら今後の組閣がそれをどう読んでいるかがポイント。そこがはっきりするまで市場は動き難くて当たり前。
しかし運用資金は期末で結果を急ぎ、金利が復活しているので悪い数字では駄目。
市場が悪いからと休んではいられない。期末の成績は、運用者の立場になってみれば分かるが戦々恐々。
そして今回の上昇で、一部の潤った大口が、低迷を続けている物の底上げを連携して狙ったりと、資金の動きは全般的に活発。
という事は、指数の先行きは分からないが、個別物色は激しくなり、「一本釣り」なんて懐かしい言葉も出てくる。
そこに個人が気付き始めたら材料株、ハイテク優良株、大型株など色々なところに急騰株が現れる。

448 :黄泉:2006/09/10(日) 21:07:39
6310 井関

同社の数字が変わってきたのは06年度四半期決算が前年比2.1倍になった事を外資が評価したのが一因。
今までは国内投資家の評価の範囲内だったが、収益が拡大してくると世界の農業の形態の変化から同社の必要性がクローズアップされる。

9月相場の特徴は、配当や優待が狙われやすい事だが、実はそれは本来8月の仕事で、9月は配当落ち後を考える投資が必要。
井関のような好業績で伸びてゆく企業は10月後半の中間決算発表での増額期待など魅力がある。
市場内に選別色が出ているので、思惑の入る材料株をまず考える事が必要で、企業変化・社会変化から見ていく事も必要。

同社が動き出せば市場は選別色があっても投資の考え方にある種の統一が出来て、気が付くと変化している企業、好業績の企業、実力の割に評価されていない企業などを丁寧に買う流れが出来始める。
そして類似した発想の材料株やハイテクが動き出す。

449 :黄泉:2006/09/10(日) 21:27:03
5959 岡部

中間決算前に中間期のみを上方修正し、通期は据え置いた理由は、もう2,3ヶ月様子を見たかったからであり、上ブレ確実と思ったら上方修正したい。
足元7,8月は順調推移であり、現状が続けば上方修正されると見てよい。
鋼材価格高騰は昨年から価格転嫁しており、ようやく利益に跳ね返ってきている。
価格転嫁は簡単にはできないが、それほど難しくはない状況にある。

通期予想売上高の内訳
 建設関連製品事業 450億円
 自動車事業 70億円
 ホテル 54億円
 その他 16億円

中間期時点で建設関連製品事業が210億円だが、例年は下期の方が売上が上がる傾向にあり、上期:下期=4:6の割合になる傾向が強い。
3Qと4Qでは、夏場に売上が上がるので3Qの方が比重が大きい。

足元取材はここ1,2年で増加しており、割安小型株として注目する機関が多い。

450 :黄泉:2006/09/10(日) 21:45:43
7841 遠藤製作所

業績予想が下期に偏っているのは、シーズン的要因で新商品が春先に出回る事が多いため出荷が下期になってしまうため。
前期はそれほど下期に偏っておらず、ごく稀にそういう年もあるが、これは上期に一過性のものがあった時。
例年は下期に利益が集中する。
3Qと4Qの比重は、稀に3Qに前倒しになる事があるが4Qが殆ど。
1Q時点で利益ベースで中間期計画を既に上回っており足元順調。
ただ、4Qの比重が大きいので足元はあまり関係ない。

株価低迷について機関からの質問も多いが、心当たりは無い。

業績面では問題無く、業績面で勘違い売りが出てくるようなら良い買い場になりそう。
ただ、いつ売りが止まるか分からない。

451 :黄泉:2006/09/10(日) 22:44:41
利食いは1円を惜しまず成り行きが原則。

新規買い・新規売りは指値。これは、1円を惜しみつつということになる。

452 :黄泉:2006/09/10(日) 22:49:14
2番手は兎に角目立たない。
ジャイアンツのある選手が手記をただした。
その中に、「なかなかレギュラー、試合の出番が無い。その時、ベンチの中で常に考えていた事。レギュラーの選手が怪我しろ、エラーしろ、三振しろ」という事。
1番手が怪我する事で、失敗する事で、自分の出番が来る。

株式市場にも、人気の影に隠れてひっそりしている銘柄も多い。
いつかは人気株になりたい、なって見せる。
株は言葉を発しないが

453 :黄泉:2006/09/10(日) 22:52:45
株式市場はある日突然に上下に変化する。それは予想外の好悪材料が出るからである。
予想出来る材料は事前に株価に織り込む。

今年頭までの米金利。NY市場は15回のFF金利、公定歩合の引き上げにもめげず過去の高値に迫った。

金利を上げるほど景気が良いと考える人。いや、金利を上げたら不景気になるぞ、と考える人。

金利は安いに越した事は無いが、世界の流れは金利高。

454 :黄泉:2006/09/10(日) 22:55:38
暴力団の人間も子供の頃は可愛い顔をしている。暴力団にいる内に悪相になっていったのか。
暴力団の人は暴力団の顔を持ち、学者は学者の顔を持つ。
職業によって態度、人相は変わる。銀行員も外面から即職業が分かる。
良い顔と言われたい。福相、穏やかな顔の人は株でも儲かる!?

455 :黄泉:2006/09/10(日) 23:00:15
株価はある日突然変化する。弱気が強気になる。
株で一番儲けるには安い時に買うこと。安い時は怖いが勇気と度胸。
勿論、理論の裏付けが無いと糞度胸も役に立たない。

自分は、株のバーゲンセールをスーパーの大安売りによく例える。
スーパーの大安売りには開店前から長蛇の列。主婦は少しでも安いものを買いたい。そして旦那に美味しいものを食べさせたいのだろう。
ところが、株のバーゲンには一緒になって売り叩いてしまう。

株のバーゲンは買い。
大安売りを買えばリッチな食事が食べられる。

456 :黄泉:2006/09/10(日) 23:12:17
今の市場参加者の殆どはいたを見て売買している。そして売買参加者の殆どはデイトレーダーや日計り専門ディーラー。
当然、目先筋の投資家心理として買い板の厚い値段の上で買いたい、売り板の厚い手前で利食いや空売りを出す投資家やディーラーも多い。
要するに、板が厚いところではその厚い板を頼りにした超目先筋のポジが集まってくる。
もし頼りにしていたその厚い注文が一気に約定して無くなればどうなるか。(最近では見せ板で取り消される事もあり得る)
そうなれば唯一の拠り所を無くし、一気に反対売買の注文が入り、大きく値が飛ぶ。
言い換えると、ある銘柄で大きな買い注文が入っている値段が下支えになっていた場合、そこが崩れた後、今度は逆にその値段が上値を抑える値段に変わる。
もう一つ。株価が上昇、下落する時、必ずと言って良いほど出来高を伴う。
ランキング上位に入っている銘柄はその銘柄の普段の出来高より確実に多い筈。
出来高を伴って株価が動いているという事は、例えば株価が上昇している場合、大きな売り板が食われているから出来高が増えている訳だし、
株価が下落している場合、大きな買い板が売り当てられているからこそ出来高が増える。
反対に株価が板の薄い方へ動くというのであればランキング上位の銘柄はみな出来高が伴っていない筈であり、現実的にはそんなことはない。

457 :黄泉:2006/09/10(日) 23:25:13
買いは指値でしか行わない。株数や銘柄を間違えたまま成り行き発注したらどうなるか。
仮に225銘柄に大量注文を行う際、指値なら約定前に気付いて取り消す事も可能だがもし成り行き注文だったら。
でも返済注文の時は銘柄も株数も入力されているし殆どミスのしようがないが、それでも成り行きで注文する事は殆ど無い。

「早く買わないと誰かに買われてしまう」なんて時は特に入力ミスしやすいので注意する。

「指値で注文すると買えない時が多いので」というのは非常に意味がある。
そういうケースに遭遇した場合、その銘柄は非常に強いという事。
逆に「今のは注文がワンテンポ遅れた」と思ったにも関わらず買えている場合は、一転してその銘柄をすぐに売りたくなる。

458 :黄泉:2006/09/10(日) 23:36:44
売り板の上の方へ行くほど更に大量の売り物があるにもかかわらずそれを食っていく形で上昇している物は、1日だけでは上昇に限度があるが何日も掛けて上昇する可能性はある。
そういった物は取り組みも間違いなく好転している筈。

すぐ上の売りは厚くてもその上は薄い場合は微妙。
自己が一発で獲ってくる場合があるので、いくら上が薄くても見えない売り板が控えている可能性が考えられる。

本当に買いたい人、売りたい人は板に直接ぶつけて売買する筈なので厚い板に並んだりしない筈。

日々、売りを厚くしているような物で出来高が増えてきている物は仕掛け的である事が多い。

459 :黄泉:2006/09/11(月) 00:10:54
銀行株の1番手は大手銀行。2番手は信託銀。1番手が人気株になった時の為に2番手を探しておく。

460 :黄泉:2006/09/11(月) 00:29:56
数年後にUSENと豚ドアが統合して持株会社設立し、豚ドアの株主にUSENの株券を割当て、この持株会社を上場させる事も考え得る。
3年後か10年後か分からないが気の長い話。

461 :黄泉:2006/09/11(月) 00:38:01
少し前の話。90億円で豚を買い取ったUSENの宇野氏。何故こんなにお金持ちなのか。
それはUSEN上場の際の持株売却益があるから。この90億円での買取を今後USENに売却すると200-300億円になるかも。
更に数年後に豚と統合、持株会社上場すると更に大きな富を得る。

数年前、光通信が経営難に陥り、銀行からも借入出来ず、倒産寸前。
株価は50円額面で241000の高値から895円に急落。
その時、重田社長は私財で資金援助し2000万株の大株主になった。
以後、会社は立ち直り、重田氏の資産は2000万株×8300円=1660億円。
途方も無い資産に増加した。

小さな会社を作りマザーズに上場して創業者利益を手にした方が株売買よりよい。
マザーズ市場は設立半年で赤字でも上場出来るから。

462 :黄泉:2006/09/11(月) 08:29:26
ダウ 11,392.11ドル +60.67   
NDQ 2,165.79ポイント +10.05                
CME225 12 月 16,025.0円 (大証12月先物比 +35円) H16055 L16000

売り2040万株
買い2680万株
差し引き640万株の買い越し。
金額ベースは小幅買い越し。
米国系、欧州系ともに小幅買い越し。
セクター別では、売りは、精密・商社・小売など。買いは、鉄鋼・機械・電機など。売り買い交錯セクターは、薬品・自動車。

初め高ければ売り狙い、初め安ければ買い仕込め

463 :黄泉:2006/09/11(月) 08:59:05
人間は忘れる生き物。大事なことでも、あっさり忘れる。
大事なことは書き留めておき、あとで何度も読み返すこと。

464 :黄泉:2006/09/11(月) 09:31:50
今週は何となく強いといっても計画・方針を持たない市場なら要注意。弱くはないが需給による部分が高く、非常に強さに説得力が無い。
これが一極化の形になると非常に面白く楽しいのだがそうなるとマネーゲームとなる。
政局的なものや経済が読みにくいのだから割安や出遅れ、新技術など何かの物色根拠が要る。
それが動いた物を買う根拠では駄目で、その物色のテーマのような物で順次循環物色でなければ面白くない。 

465 :黄泉:2006/09/11(月) 09:32:26
難解

466 :黄泉:2006/09/11(月) 09:40:51
今週は13-19週サイクルの13週目であり、また第3位相の4-6週サイクルの2週目である。
従って、相場は13-19週サイクルのボトムを付ける時間帯に入っている。
このボトムの理想的な時間帯は9月25-10月13日の間になる。

2週間前に次のように述べた。
「サイクル分析では今週4-6週サイクルのボトムに向けて下落した後、反騰して先週高値をテストするかそれをはるかに上回るかも知れない。
この反騰は弱気なら1-2週に過ぎないが、或いは3-5週続くかも知れない。
しかし次の反騰が強くても弱くてもその後の下げは過去6週間で最も厳しい下げになる。
予想では14045から天井(いくらであれ)までの全上げ幅に対する修正安となる。
重要変化日をベースに分析すると今週から来週にかけ13-19週の天井を形成することを示唆している。」

先週月曜に16414の新高値を付けたがGDして木曜には弱気アイランドリバーサルパターンになった。
このギャップが16245で埋められなければ16414が天井であった事を強く示唆するサインである。
これを確認するためには相場が15745を下回る必要がある。一方、相場が16245を上回れば未だ天井を付けていない事を示唆する。
しかし現時点ではこの相場は既に天井を付けたと見たい。
何故ならこの天井は重要変化時間帯に付けたからだ。この見方が正しいとすれば相場は現在13-19週サイクルボトムに向けて2-5週間の下落過程に入っており、目標値は15225±279になる。
また、引値が25日線を下回れば既に天井を付けた事を強く示唆するシグナルになる。

467 :黄泉:2006/09/11(月) 09:45:33
>466続き
現時点では13-19週サイクルがボトムを付けるにはやや早過ぎる。しかしその可能性はある。
ただし時間的にやや早過ぎるので、もう一つ天井を付ける可能性がある。
この場合はヘッドアンドショルダーフォーメーションの右肩になり、16200-16400の間で形成される。
またそれは次の重要変化日である9月15-19日で形成される。
この期間のサイクルボトム、或いは天井と80%以上の確率で合致する。

積極派はギャップの16245以上にSLの買いを入れて売りを狙うのが良い。
慎重派は9月25日-10月13日で付けるボトムで買いを狙うのが良い。

重要変化日 9月25日、10月9日前後3営業日 この時間帯で13-19週サイクルのボトムを付ける。

468 :黄泉:2006/09/11(月) 09:51:15
SQが過ぎたら今度は企業の決算対策売り。何でもかんでも懸念になり、買わない理由になる。
米は景気減速懸念とインフレ懸念のスタグフレーション。
この相場は基本的に買いだがタイミングを間違えない事。このリズムは結果出るの早い。

469 :黄泉:2006/09/11(月) 11:13:49
5563日本電工 野村なら分かるが準大手が仕手戦やっていいのかよ

470 :黄泉:2006/09/11(月) 20:29:44
3431 宮地

471 :黄泉:2006/09/11(月) 20:32:47
今日の商品市況は軒並みS安ですよ。
新規切るどころではなく、追証の催促の模様。

連休前だから商社がヘッジ売り出してるのかも。

472 :黄泉:2006/09/11(月) 20:36:45
25日線下回ったがもう一度反騰するかも知れない。

9月15-19日でショルダーの右肩が形成されるかも知れない。

ボトムは9月25日、10月9日前後3営業日の時間帯でで付ける。

473 :黄泉:2006/09/11(月) 20:37:54
短期:売られすぎ
中期:売りは一旦手仕舞い

474 :黄泉:2006/09/11(月) 20:38:37
ある程度リスク許容出来る人のみがショートポジキープする局面

475 :黄泉:2006/09/11(月) 20:53:27
システム 逆張りで勝率が高いものはドローダウンも結構でかい 耐える時間が長いからね 精神的苦痛で途中で決済する事が多かった

476 :黄泉:2006/09/11(月) 21:13:08
SQ値15847、200日線15929をともに下抜け。そしてSQ翌営業日が安くなったことで次のSQまで安く推移する可能性が高まった。
SQ前に一段高したのは出来すぎだった。本来は8月22日に高値をとった後に下落すべきだったのではと思う。
日足を見ると変な形になっている。

明日以降の材料
【強気】
ドバイ原油下落
IT在庫は広範化しにくい
【弱気】
外資ファンド決算売り
ラマダン入り

即効性のある材料は目先無いので四季報と会社情報が出るまで見送りか。

477 :黄泉:2006/09/11(月) 21:14:50
9月7日に窓を空けて下落した事で弱気アイランドリバーサルパターン成立した。
これは相場のトレンド転換シグナルとして形成される事が多い。つまり、下落相場へと転換した可能性が高い。
この見事な弱気アイランドリバーサルパターンはこのSQを上手く利用した先物主導のヘッジファンドの仕込みだと思われる。
そう考えると暫く調整する可能性がある。

478 :黄泉:2006/09/11(月) 21:19:06
知人
基調は強いが上値は追わず、押したら買う展開。
個別では仕手性の強い物の物色が中心。
自分はランキング物をちょこちょこ。少ロットで細かくロスの少ないポジ作り。
昨年のような、買い持ちすればいつかは上がるという相場とは違うのでポジ取りは慎重。
勝ちにいくというより負けないことを心掛けている。

479 :黄泉:2006/09/11(月) 21:30:32
エイジはミク師上場まで物色されるだろうがVC売りが怖いので細かく利確だ

480 :黄泉:2006/09/11(月) 21:44:13
( ゚д゚)、ペッ 糞仕手相場が

481 :黄泉:2006/09/12(火) 08:27:51
ダウ 11,396.84ドル +4.73  
NDQ  2,173.25ポイント +7.46
CME225 9月  15,815.0円 (大証9月先物比 +55円) H15925 L15715

売り4540万株
買い2590万株
差し引き1950万株の売り越し。
金額ベースも大幅売り越し。
米国系、欧州系ともに小幅買い越し。
セクター別では、売りは、鉄鋼・自動車・商社など。買いは薬品・通信など。
売り買い交錯セクターは、建設・機械・電機・小売。

今日は全体に連れ安した物や、昨日の朝買われた理由を忘れられて引け前に投げられた物を買う。
今日は遊びの日なので本気にはならないが取れるタイミングは2回くらいあるはず。

ダウは10月に達成すべき16200を8月22日に達成し下げている。9月は賑わった物を買うと今後半年買値に戻らない。
低位で下値に張り付いている物が良い。

482 :黄泉:2006/09/12(火) 08:28:41
吹き値売り方針の日

483 :黄泉:2006/09/12(火) 08:38:00
達成感から悪材料に敏感に。

年内高値16600

484 :黄泉:2006/09/12(火) 09:27:51
現物と先物の価格

8月28日安値は
現物15745 先物15740
9月11日安値は
現物15772 先物15720

8月28日安値は第3位相の4-6週サイクルのスタート時。
一方が新安値を付け、もう一方が付けない。
つまりこれは現物と先物指数の間に起こる強気ダイバージェンス(買いシグナル)である。
短期的に2-5日間反騰して三尊の右肩を形成すると予想する。
しかし15745を下回ればこれは否定される。

485 :黄泉:2006/09/12(火) 12:07:23
前寄り
前場から相当な急落なら買ってよいが中途半端な強さや下落なら手を出さない。
今日が安いのは分かっていたので下がっても投げないが、買うには週末の連休意識があるので後場からで充分であり、上がっても全ての物が上がり切るような力は無い。
従って、上がった物を見てからその類似的発想の物を確認してからでも良い。早い仕掛けは一回苦しむ。

486 :黄泉:2006/09/12(火) 12:54:37
昨日よく上げていた仕手株、7961兼松日産が早くも売り禁。逆日歩1.5円と大きい。
取引所のこの早い規制が、仕手株が育たなくなってきていることの大きな要因。

487 :黄泉:2006/09/12(火) 23:32:17
思ったより強く、豪快に下げないから下げが長引いてしまう。そして10,11月の弱気論をもう分かり切っているのに新たに言い始めている雰囲気。
だから下がってから言うのではなくSQ前に枠をいくらか空けておき、こういうことに備えておくべきで、こうなったからどうなるかを今聞きたいもの。

皆が分かるポイントの日である15日基点に動くか21日基点に動くかで9月最終週の動きが全く違う。

綺麗に抜け出した個別が走れるかどうかが基本で、明日は今までのような、指数が下がると活気が無くなる市場なのか、指数や雰囲気の要らない悪い相場独特の仕手的な皆が乗らざるを得ないような物が出るのか。

調整色強まり、レンジ幅拡大しながらのレンジ相場とも見られ、安易に押目買いを入れたりロングキープで我慢している向きも多いものと推計され、更なる下げを誘発するリスクは依然残っており、暴落の始まりと見る事も可能。
ボリバン幅は未だ1000以下に留まっており基本的にトレンドフォローによるショートキープ。

488 :黄泉:2006/09/12(火) 23:38:25
3431宮地

489 :黄泉:2006/09/12(火) 23:47:49
今朝の外資動向は売り株数が目立って多く、特に欧州系の売りが多くを占めた。
原油、商品市況の下げも目立ってきてこの辺りの下げがどこで下げ止まるのか。

先週、シェブロンがメキシコ湾の深海大油田で原油試掘に成功した事もあり目先投機筋は沈静化しつつある。

225はネックライン15710を終値ベースで下回らなかったので明日は買い戻しもあり戻り陽線になると思われる。
そして戻った後は買い材料が無いので軟調地合に戻り、ネックラインを下回るだろう。
下値目処は15250前後。

490 :黄泉:2006/09/13(水) 08:29:59
ダウ 11,498.09ドル +101.25    
NDQ 2,215.82ポイント +42.57                
CME225 12 月 15,955.0円 (大証12月先物比 +305円) H15980 15740

売り4300万株
買い3830万株
差し引き470万株の売り越し。
金額ベースは買い越し。
米国系は買い越し、欧州系は売り越し。
セクター別では、売りは、非鉄・機械・商社・銀行など。
買いは、建設・薬品・電子部品・通信など。売り買い交錯セクターは、電機・自動車・精密。

押し込むと小底入れをみる日 突っ込みあれば買い良し

491 :黄泉:2006/09/13(水) 08:40:00
WTI期近一時65ドル割れ 原油下げは限定的 生産能力や投機マネー 市場環境変化なし   (日経金融新聞)
工作機械各社 レーザー加工機 相次ぎ増産体制 自動車向けなど需要拡大         (日刊工業新聞)

492 :黄泉:2006/09/13(水) 08:54:20
NY、CMEが大幅変動した朝は早く寄りそうな物に注文入れてって

493 :黄泉:2006/09/13(水) 08:56:58
死んだおばあちゃんがいってた

494 :黄泉:2006/09/13(水) 09:29:41
GRGU死亡認定

495 :黄泉:2006/09/13(水) 10:03:06
寄りから12が丁度天底に該当

496 :黄泉:2006/09/13(水) 10:44:54
ひでえ ボクハコロサレル

497 :黄泉:2006/09/13(水) 14:32:08
RUの方が短期スイングで利益率が高い希ガス

498 :黄泉:2006/09/13(水) 15:18:51
9月7日に弱気に傾いて一段落付いた。中期15700,15730買い

499 :黄泉:2006/09/13(水) 15:19:39
>497 RDの希ガス

500 :黄泉:2006/09/13(水) 15:25:06
ウォールストリートジャーナルに「米ヘッジファンドが金利・株式・商品相場の方向性で混乱し、新興市場、住宅関連で失敗した」と掲載される。

501 :黄泉:2006/09/13(水) 22:58:04
225は30高だが個人心理は500安。個人と運用者、外人のベクトルが朝からバラバラで昨日見送った人も買う気にはならず、通常の押し目だとしても少し足りないので買い方のタイミングが遅れている。
ミクシィなどに備えた動きが目立つと換金売りが激しくなる。ただ、普通にカシオなどしっかりしているので全体が悪いのではなく、
外人買いを基準に買っていた個人が外人の買っていない物に行きすぎたきらいはある。
明日くらいからは少し食欲沸く物が出そう。

502 :黄泉:2006/09/13(水) 23:13:25
チャート的に15900台後半はかなりの抵抗帯。しかもCMEはこの大きな抵抗水準15955で帰って来たが大証先物は寄り付き15890と、
CME終値よりかなり下で寄り付き、ザラ場高値も15930までと、CME終値や各種移動平均線にタッチする事が出来なかった。(現物では15965まであった)

上に書いたような事や、前場に全体が大幅高だったにもかかわらず非鉄続落や新興の弱さなどから、
後場は昨日までと同じ様に売られる可能性が高いと感じられた。

ミクシィはネットエイジが相当持っておりロックアップ無し。明日はミクシィ見ながらネットエイジや新興銘柄売買するかも。

503 :黄泉:2006/09/14(木) 00:06:45
NY高を受け個人が買い付く。16000に近付いたところで買いが続かず上値重くなる。
先物筋やヘッジファンドは成りを潜め、様子を見ながら少しずつ売り浴びせた。
解消売りを出したい環境になっているので注意。これまでの相場が内容を伴わない先物主導で上がってきただけにその反動が危惧される。

504 :黄泉:2006/09/14(木) 00:15:40
崩れた物は強気の空売りで追い掛ける。
売り残の多い物が戻る気配を見せたら勇気をもって買い。
25日線マイナス乖離物が急速に増え、そして減り始めたタイミングで逆張り。
損切りは逆指値で機械的に。

505 :黄泉:2006/09/14(木) 08:35:39
ダウ 11,543.32ドル +45.23    
NDQ 2,227.67ポイント +11.85                
CME225 12 月 15,820.0円 (大証12月先物比 +70円) H15820 L15725

投信残高 最大の61兆円 8月4.9%増 個人マネー流入
マンション販売 40%減 8月首都圏 地価上昇で抑制 不動産経済研まとめ 近畿圏 9.2%減  (日刊工業新聞)
コンセントからネット接続 電力千通信解禁へ 総務省年内にも開始                (東京新聞) 

売り3480万株
買い4250万株
差し引き770万株の買い越し。
金額ベースは大幅買い越し。米国系、欧州系ともに買い越し。
セクター別では、売りは、鉄鋼・非鉄・電機・精密など。買いは、電子部品・商社・通信など。売り買い交錯セクターは、自動車・小売・銀行・その他金融。

安日柄なれど、前日が急落した時は強し

朝から高いと昨日の記憶から下がる。個人が自分で勝手に転けた部分を狙う。

506 :黄泉:2006/09/14(木) 09:44:05
日本は窓信仰があるから微妙にゃ

507 :黄泉:2006/09/14(木) 09:49:28
そろそろ重要変化日に接近してきており、早ければ今日にでもボトムを付ける可能性あり。

現在の8週スローストキャ K=75.23 D=83.69

強気相場でボトムを付ける際にはこれが71%以下になるのが望ましい。

下値 15640、15530、15390

3つ目の4-6週サイクルは通常、前の2つの4-6週サイクルよりも下落時間は長くなる。
1つ目の4-6週サイクルは7月4日〜7月18日まで2週間の下落を見せた。
現行サイクルの天井である9月4日からカウントすると9月18日以降にボトムを付けるのが理想。
今週ボトムを付けたとしても果たしてそれがボトムなのかどうか確信が持てない。
15日から重要変化日となっているが今週は様子を見たい。

今は売りも買いも勧めない。もし16100近辺でショートしていればそれを維持すべき。

508 :黄泉:2006/09/14(木) 11:21:54
短期では前日VA抜けで強めの印象。

中長期で買い継続

509 :黄泉:2006/09/14(木) 20:11:27
見るのはSETTでありLASTは使わない

A- CME清算値が前日大証終値より高く、CME清算値より5円高く寄り付いた時は売りで入った方が有利

LC A100 A-200 B100 C100 D100 E100 F100

S&Pが0.2%以上上昇時に売りで仕掛ける
見送りパターン -0.2%<S&P前日比<+0.2%

LC 売り10 買い10

510 :黄泉:2006/09/14(木) 20:22:22
225は変化日より1日早く初戻りを見せたが、この戻りで今後、穏やかに下げるのか急落なのかある程度分かる。

戻り場面で出来高が少なく、下落日に出来高が増加するのは、買う人より売りたい人の方がおおい証拠。

今日は四季報発売日で減益会社が下げ、増益会社が買われた。

宮地は137円LCか150台戻り売り

511 :黄泉:2006/09/14(木) 20:35:07
ミクシィを買う人は100万や200万の損は何とも思わない人か、一発逆転を狙う人。
または逝く事に快感を感じる人か。

楽天 
前の下げは個別の原因だったが今回はJQ全体の下げなのでJQ全体が戻らないと厳しいかも。
引けでショートカバーぽい買いが入った。

512 :黄泉:2006/09/14(木) 20:36:36
ダウは112825以下で天井を付けるだろう。そしていつ下落してもおかしくない。今月末までにはトップアウトするだろう

513 :黄泉:2006/09/14(木) 20:38:34
短期中期とも買い判断

514 :黄泉:2006/09/14(木) 22:58:20
NY続伸を受け昨日の東京の伸び悩みを挽回するように頑張って指数を吊り上げた感は否めない。
その証拠に上昇したのはT1の指数だけで2部や新興続落。
2日で200円強上昇したのに大半の物は昨日の下落分を取り戻せておらず、指数寄与度の大きい主力優良中心に買われただけ。

日経新聞に外人ファンドマネージャーのコメントが出ているが、日本株に対し日本人より強気に見ていると感じられた。
来年3月には18500になると予想している。

日本で証券会社といえば野村だが最近は名前を聞かない。以前は4大証券、4社支配と言われるくらいで、
株式市場占有率46%を占め、公社債売買高74%と他を寄せ付けなかった。
4社相場とも言われ、投資家は常に4大証券の動向を注視していた。
今はそれに代わって外人相場に移り変わり、日本の証券会社は息を潜めた。
腐るほど証券会社は存在するのに全く姿を現さないのは何故か。
この業界は淘汰が遅れている。外資に主導権を獲られても焦りが無いように思える。
M&Aによって経営者を揺り動かしてほしいもの。

515 :黄泉:2006/09/14(木) 23:14:31
朝持越でヤラレると、取り替えそうと無駄にINしたり大きく張ってやられたりとその日は殆ど負けていた。
逆に朝持越で勝つとその利益を守ろうとしてトレードが縮こまったりしていた。
しかし今はそういう気持ちは全く無い。一つ一つのトレードは独立しており、1日トータルで利益がどうだとか損失がどうだという考えは無く、
これからのトレードをしていくうちの一つのトレードという捉え方で、これからしていくトレードの損益を出来るだけプラスにしていくという考え方。
イメージとしてはトレードを一つ一つ別物として考えながらも一つ一つのトレードの流れを大事にするといった感じ。
簡単に言えば一つ一つのトレードを出来るだけ上手く立ち回り、出来るだけプラスを大きく、出来るだけマイナスを少なく抑える事に集中し、
大きく負けたとしてもそれは多くの中の一つのトレードと捉え、他のトレードに影響させない。
失敗しても場中はあまり深く考えず、やるべきことを淡々とやる。場が終わってから落ち込んだり反省したりすればいい。

チャート見ながらトレンド重視

順張りなら5日線上の物の押目を、逆張りなら5日線上抜くところで買い。あくまで上昇トレンドの物を。

516 :黄泉:2006/09/14(木) 23:31:34
「休むも相場」という言葉がある。負けが続けば感情的に熱くなり、勝てる相場も勝てなくなる故、相場から少し離れるべきという意味。
しかしこの明言は「感情」という要素が介在している時点で大衆的思考と言わざるを得ない。
相場で生活出来るレベルの人は感情という要素がいかに危険かという事を知っている。
感情は不確実な相場の世界を更に不確実にしてしまう。相場で生活している人に感情などない。
「勝ったから高揚するわけではない」「負けたから意地を張るわけでもない」
ただ淡々と仕事をするかの様に彼らは相場を張り続ける。
何度勝ち続けても何度負け続けても彼らは相場を張り続ける。休む事など無い。
休みたい感情など生まれないのだから。

『いつ大きく勝てるかなど分からない、だからこそ休んではいけない』

517 :黄泉:2006/09/14(木) 23:35:27
先物は初心者にはお薦めしない。LCの仕切りがきちんと入れられないと大損害を被る。
個別の現物で獲れないなら先物も絶対無理。自己ルールを守れない人は無理。株は自己ルールとの闘い。

518 :黄泉:2006/09/14(木) 23:37:59
元?タワー投資顧問の清原氏は投資先に必ず聞くことがあると言う。

・土日は何をしているか
・4月の新入社員の挨拶で何を言ったか

そのこころは、
中小企業の社長が土日に努力せずいつ努力するのか。
中小企業の社長は新入社員を自分の子供を育てるような愛情をかけなければならない。新入社員への言葉を忘れるようでは論外。

下手な経営分析よりよっぽど投資先の将来性が分かると。案外、中小型株投資のツボかも。

519 :黄泉:2006/09/14(木) 23:48:47
需給関係

1.買った人
2.売った人
3.買おうとしている人
4.売ろうとしている人

株価はこの1〜4で決定される。
ここで2の人は撤退したわけなので需給関係とは関係無くなる。
3は板動向で感知出来る。
1の人は2の人と同じ立場。従って、1の人がどこで利食い、どで損切るかが分かればある程度株価予想が出来る。

貸借の場合、いきなり4の人になれるわけなので買った人がどこでどう考えようが容赦なく売り叩く事が可能。
従って、不動株数と需給関係、最大の売り枚数を調べる事が最も株価変動予測になる。

520 :黄泉:2006/09/15(金) 08:32:53
ダウ 11,543.32ドル +45.23    
NDQ 2,227.67ポイント +11.85                
CME225 12 月 15,820.0円 (大証12月先物比 +70円) H15860 15810

売り4230万株
買い3470万株
差し引き760万株の売り越し。
金額ベースは買い越し。米国系、欧州系ともに小幅売り越し。
セクター別では、売りは、機械、精密、卸売、銀行。買いは、薬品、電子部品、その他金融。売り買い交錯セクターは、電機、自動車。

気味が悪くても突っ込み売り警戒し買い狙え

ブラジル国営石油会社 日本の製油会社買収 沖縄南西石油を傘下 アジア供給拠点に
銀行融資 首都圏で増加鮮明 7月末残高 東京5.5%増 不動産向けが活発
「空中権」使う再開発本番 ビル需要増に対応 未利用容積率を移転、転売
リスク商品志向地方にも 3月末地銀の個人預かり資産 投信56%増加 「預金以外」34%伸びる
ステンレス鋼板 40万円台に 店売り価格 16年ぶり 需給引き締める        (日経新聞)
高配当銘柄 相場支える 個人マネー流入 金利低下映す 投信からも資金       (日経金融新聞)

521 :黄泉:2006/09/15(金) 09:08:55
積極派はGapの16245以上にSL買いを入れて売り狙い。
慎重派は9月25〜10月13日で付けるボトムで買い狙い。

522 :黄泉:2006/09/15(金) 09:56:18
スローストキャは弱気にカールしてきている。
前日3日間上値下値切り上げてきたのでチャート的には反落の可能性がある。
しかし寄り付きレンジパターンは強い展開なので全体としては方向感ない展開。
強の引値が15794を下回れば弱気。

場合によっては今回の重要変化日をスキップするかも知れない。
何故ならばこのボトムの理想的時間帯は9月25日〜10月13日の間になるから。

523 :黄泉:2006/09/15(金) 09:58:17
短期では15840売り
中期では15830売り

524 :黄泉:2006/09/15(金) 10:28:29
gdmayowazukae nandomedanausika

525 :黄泉:2006/09/15(金) 12:49:41
この調子で安値引けすると来週ボトム付けるかも

526 :黄泉:2006/09/15(金) 12:53:47
ロックアップIPO目論見書の見方

今回のミクシィで話題になったIPOのロックアップは目論見書に開示されている。

第一部 【証券情報】
第3 【募集又は売り出しに関する特別記載事項】

に載っている。(載っていない場合はロックアップが掛かっていない。)

通常はこのロックアップ機関は180日間(6ヶ月間)。
特に大株主にVCがいる場合は目論見書のこのページを見てロックアップが掛かっているかどうか確認する。

更に、

第四部 【株式公開情報】 に株主状況が詳しく書いてあり、
第2 【第三者割当等の概況】 に直近発行された株式、SO等が書かれている。

527 :黄泉:2006/09/18(月) 10:09:53
外資動向に基づく先物売買 06年1-8月 4ヶ月負け

528 :黄泉:2006/09/18(月) 10:12:38
01-05年 五分 05年後半の上げ相場の影響でブレた

529 :黄泉:2006/09/18(月) 16:19:06
9月後半の相場は元々難しく、FMの事情や企業決算に伴う売りが多いからだが、そらは既に終わったと言う人が多い。
じかし実際には最後の最後で上司から命じられたり、のっぴきならない理由で売らなければならないなんて事はよくある。
だからこの磁気に相場が弱くなると指数以上に個別に株価が乱れてくる。
そこに個人の焦りが入ると指数は堅調なのに自分の持っている物だけが下がる事となる。

だから今後怖いのは、指数が弱くなった時に個人が6月頃の急落を思い出して一気にたたき込んだ投げ売りをしてくる事。
10月頭は配当取り後で買う根拠が薄れ、それを意識したら権利落ち後の9月末が嫌。
だから今回の3連休が非常に重荷で、売る前ならその前にといった気持ちが先行し、半ばやけっぱちになった。
動かない物を投げるならまだ良いが、投げた物が上がらないようにネット上で釘を刺す行為も散見された。

今週前半は個別の良し悪しを考えたくなる。それが正しいかどうかは週後半に決まる。
従って重要な日は21日後場や22日の相場展開で、その日に強く動けないようだとその先は苦労する。

強気弱気が交錯しているのでポジション広めに、値動きではなく企業の資質から見た価格の正当化が重要。
クラッシュしていないのに投げ過ぎてしまう可能性があるのでピンポイントの買い姿勢で。

530 :黄泉:2006/09/18(月) 16:39:45
8020 兼松
9月中間決算期末が近付き、配当取りを考えた動きが始まっている。しかしこの時期に配当取りに拘り過ぎるとその後の時間帯、つまり10月頭くらいにその銘柄の買い根拠が無くなり、権利取りからの換金売りが始まるかも。
勿論、その時に相場が強いなら無問題だが現状を考えると非常に難しい。

市場内では9月に配当の無い物から投げていくケースが目立ち、低位などは早めに投げられており、同社もその流れに押された状態。
本来の実力から考えるともう一段上の評価でも問題無い企業だが、最近は個人の投げまで誘った下げ局面にある。

このような銘柄が動き出したら、指数に拘らない動きが始まったと同時に、配当落ち後の10月を意識した秋相場に入ったと思って良い。
今期より既に来期を考えた投資で秋相場が始まった合図。

だから低位で先への期待がある物は秋から冬に育ち易く、来期に繋がる。
それを材料株として見てしまうと間違い易く、好業績企業変化株が秋に強いという事になる。
同社はその切っ掛けになる企業。

531 :黄泉:2006/09/18(月) 16:42:27
日経会社情報を読む時は数字だけではなくコメントにも注目。
「リストラ効果が大」なんて書いてある企業の売上が伸びると利益率が高くなるテンポが早くなる。
各コメントから企業の現状や今後の動向を推定出来る。
FMはその部分を重視しており、そこがきっちししている物を選ぶ。

532 :黄泉:2006/09/18(月) 16:52:48
1968 太平洋電業
発電設備工事の売上構成比は十数年変化無し。今後についても大きな変化は無いと見ている。
火力発電所や原子力発電所の解体工事受注は、発電所の老朽化も進んできており今後も増加していくと思われる。但し、原発は10年、火発は半年程かかる。
業績への寄与比率は非常に小さいので、今後もメンテがメインになっていくと思われる。
同業は東芝プラント、日立プラントなど。昔は一括受注もあったが今は小さな業者がいくつかに分けて受注している。
東芝プラントや日立プラントと比較して、メーカー系列ではないので色々なメーカーから受注出来るという点が逆に強みになっている。

533 :黄泉:2006/09/19(火) 08:33:21
ダウ 11,555.00ドル -5.77   (9/14比 +27.61)  
NDQ  2,235.75ポイント +0.16 (9/14比 +7.02)              
CME225 12 月 15,880.0円 (大証12月先物比 +30円) H15930 L15830

売り3810万株
買い3420万株
差し引き390万株の売り越し。
金額ベースは買い越し。
セクター別では、売りは、電線・機械・精密・卸売など。買いは、薬品・小売・証券など。売り買い交錯セクターは、電機・自動車・銀行。

押し目買いの日

534 :黄泉:2006/09/19(火) 08:36:13
米がイラン攻撃準備に入ったと報道されている。
イラクイラン北朝鮮はブッシュが悪の枢軸と唱えてから6年経つ。
仮にイラン攻撃となると株式市場暴落。新聞、TV報道に充分の配慮必要。

今日は8031三井物産、8058三菱商事、プラント株が下げそう

535 :黄泉:2006/09/19(火) 09:16:59
人間の行動にはサイクルがある。
最初の概念は、「市場は人間行動の機能であり、人間の動機は一定の構造により特徴付ける事が出来る」とするもの。
この手のもので最も有名な構造はエリオット波動理論である。
と述べている。エリオット波動の説明があるがここでは「エリオット波動は人間行動のサイクルが作り出している」という事が分かれば良いのである。
市場の急激な上昇は5つの上昇波(第2及び第4波は下げ方向の波である)があり、その後3つの下降波(真ん中の波は上げ方向の波である)が続く。
何故このようなパターンが巨大超サイクルから微小波動まで同じようなサイクルを描くのか、それは不思議ではなく人間心理による行動パターンがそのようになっているからだと理解すれば、
後は相場の動きをエリオット波動のパターンに当てはめて見ればよいだけということが分かってくる。

それと同様に、原油が上げ相場のサイクルにあるときは在庫が増えようが減ろうがお構いなしで上昇し、下げ相場のサイクルでは在庫が少々減少したくらいでは全く反応しない。
今まで囃されてきた強材料が、しょぼくれたようにどのアナリストも口にしなくなってしまう。
そして弱材料だけがことさらのように浮上してくる。こうした現象も、人間心理のセンチメントがそうさせていると理解すれば片付く。

相場は需給で決まるというのは基本的なファンダ理論ではあるが、そんな教科書的な理論だけでは相場は動いていない。
相場は人間心理が動かしているのである。上昇しすぎた相場は調整で下落し、下落した相場はやがて反発する。
それは人間の行動サイクルに支配されているからである。
ファンド筋といえども人間である。そのことが分かれば目から鱗相場が見えてくるのかも知れない。

バン・K・ターブ著 魔術師達の心理学 より

536 :黄泉:2006/09/19(火) 10:03:12
今週は13-19週サイクルの14週目であり、また第3位相の4-6週サイクルの3週目である。
先週、次の通り述べた。

「相場は13-19週サイクルのボトムを付ける時間帯に入っている。このボトムの理想的な時間帯は9月25日〜10月13日の間になる。
先週月曜に16414の新高値を付けたがGDして木曜に弱気アイランドリバーサルになった。
このGapが16245で埋められなければ16414が天井であった事を強く示唆するサインである。
これを確認する為には相場が15745を下回る必要がある。
一方、相場が16245を上回れば未だ天井を付けていない事を示唆する。
しかし現時点ではこの相場は既に天井を付けたと見たい。何故ならこの天井は重要変化時間帯に付けたからだ。
この見方が正しいとすれば相場は現在13-19週サイクルボトムに向け2-5週の下落過程に入っており、目標値は15225±279になる。
また、引値が25日線を下回れば既に天井を付けた事を強く示唆するサインになる。
現時点では13-19週サイクルがボトムを付けるにはやや早過ぎると思う。しかしその可能性はある。」

9月4日の高値16414は13-19週サイクルの天井であり、かつ現行4-6週サイクルの天井でもあった。
この分析が正しければ相場はボトムに向け更に1-4週下落する。(通常、強気相場における13-19週サイクルのボトムは第3位相の4-6週サイクルの天井から2-5週間後)。
この下げは過去数週間で最も厳しい。

537 :黄泉:2006/09/19(火) 10:09:57
>536続き
3週間前に次の通り述べた。

「サイクル分析では、今週4-6週サイクルのボトムに向けて下落した後、反騰して先週高値をテストするか、それを遙かに上回るかも知れない。
この反騰は弱気なら1-2週に過ぎないが、或いは3-5週続くかも知れない。
しかし次の反騰が強くても弱くてもその後の下げは過去6週間で最も厳しい下げになる。
予想では14045から天井(いくらであれ)までの全上げ幅に対する修正安になる。」

このボトムは今後4週間以内に付ける筈であり、これが買いの好機になる。

重要変化日
9月15-19日 9月25日 10月9日前後3営業日
※9月15-19日は今週末までの変化日と見てよい。
(この期間のサイクルのボトム、或いは天井と80%以上の確率で合致する可能性がある。)
上記3つの時間帯で13-19週サイクルのボトムと合致する。
現在ショートしていれば一部利食いしても良い。何故なら3つの変化時間帯の一つに位置しているから。

538 :黄泉:2006/09/19(火) 10:50:46
天狗じゃ天狗の仕業じゃ

539 :黄泉:2006/09/19(火) 10:51:38
誤発注死

540 :黄泉:2006/09/19(火) 11:08:02
GRstrategy 3T利食い 1T粘り あるいは OS-IN

541 :黄泉:2006/09/19(火) 11:10:24
現状は買い場を探すスタンス

短期では15940買い

542 :黄泉:2006/09/19(火) 12:45:50
知人曰く
癒し系ブログは見に来る人が多い。安くなったら買う、高くなったら売るという基本動作が出来ていなかった。
高くなったら押目狙いながら狙いきれず高値掴みしていた。
慎重に流れだけを読んで、高めで売り、安めで買いを繰り返していればここまで大敗しなかった。
安めで押目狙い、高値で戻り狙いで中途半端なエントリしなければ相当マシなトレードが出来る。

節目節目で出動しろと言い聞かせてきたが今まで無視してしまっていた。
それが分かっただけでも大収穫。今まで何を基準にDTしてきたのだ。
やはりノーポジだと客観視出来る。これまで俺が行ってきたことはギャンブルそのもの。
ギャンブルで勝てるわけがない。中途半端ではなくハッキリ分かる節目で出動すべき。
自分のスタイルは手数が少ないのでそういうトレードを目指す筈のもの。

今日は場中研究を沢山して、自分に足りない点やどこでポジ取るべきかなど、ポジ取っている時には考えつかない事が沢山分かった。

543 :黄泉:2006/09/19(火) 12:50:26
知人曰く2
【本日の決まり事】
・トレンドが続くか反転か、文切りか値幅か、きっちり決めうちして中途半端なエントリしない
・細かいWトップWボトムを狙う。前の値がLCライン。
・ロットを落として、一発利益は狙わず、100万規制。
・成行&強気指値は絶対禁止。こっちから動くな。約定しなければエントリするな。指し負け大歓迎☆

兎に角熱くなってはいけない。

一日の内でトレンドがコロコロ変わる荒れ場は実力者にとって好機。
こういう相場でこそ実力がためされる。今は実力養成出来るいい機会。ここを凌いで絶対生き残る。

トレンドが確認出来ないなら手を出さない。下げトレンドでも下値水準にあれば売れない。

荒れ相場は手が出ないくらいが丁度良い。トレンド転換をひたすらじっと待つ。

544 :黄泉:2006/09/19(火) 13:00:06
知人曰く3
LC厳格を意識しててもロットが大きいと欲張ってしまい傷を広げる。このパターンが一番いけない。
どっちに向かうか意識して、ここぞという一瞬の好機以外には手を出さない。

お金とお金と考えてしまっては冷静さを欠く。こんなんで勝てるわけない。

糞地合でS高掴みは駄目。いつ崩されるか分からない。

朝一は流れを読んでから深い指値の逆張りでいく。

ブレイクしたら強そうな物、下値が固そうな物は抵抗線、支持線で買うのが鉄則。
モニターが一杯あっても監視がしっかり出来ていない。

利益が上げられない理由は、得意のS高掴みが出来ていない事にも関係している。
いつ崩れるか分からないからつかみ所が非常に難しい。新しい収益源を探さないと。
大ロットでスキャしてもよいが勝率悪いとボコボコにされそう。
兎に角今できる事は、「買いサインが出たら買い、厳格なLCを徹底する事のみ」。

スイング的要素を取り入れた手法に変化していく予定なので、こんな不安定でどっち行くか分からない相場では安定的に利益を出そうとする考えはやめる。
その方が負けも少なくなるだろうし。バシバシチキンLCしていく。

545 :黄泉:2006/09/19(火) 13:04:55
知人曰く4
ブログ徘徊していると、勝率高い方が買っている。自分は勝率に拘らなくとも少なくとももう少し勝率うpとLC回数が多い分厳格にならなければ。
あと、強い方は5万以下利益を何回も積み上げて確実に買っている。
買いサインが確立していないのも問題。

皆は色々な物を手掛けて利益出しているが、動きが似ているので自分は1銘柄しか見えないという視野の狭さ。
SQまではロット落としての短時間軸売買が軸になりそう。

適度なランニングは血流量が上がって良い。特に自分は小児喘息だったので少し名残が。
運動して心肺機能高まれば体力も集中力も上がるし血行も非常に良くなる。

自分は短期なので塩漬けは出来ない。頑張ってはいるが今日も負けでなかなか芽が出ない。
でも出るまでは頑張る。大負け理由はロットが大きいくせにLCが甘くなって。。これでは金がいくらあっても足りない。

546 :黄泉:2006/09/19(火) 13:09:38
知人曰く5
逆張りスキャと言いながら前場は順張りしか頭になかった。本当に俺は阿呆だ。
貸借なら昨日S安比例狙いの売りが嵩増しされている事も知らないで。逆張りならほぼ確実に獲れたのに。

勝率が悪いのにロット大きくしたら勝てるわけない。どうも勝率より、頭の隅で負けを取り返そうとしている。
それがロットに現れている。取り敢えずロットを極力落として勝率アップを目指した方が後々出る結果が期待出来る。
相場はいつでもやっているので。

今できる事は、LC徹底と、負けトレードを隅から隅まで検証する事。相場も不安定なのでその意味ではロットダウンは賢明。
今はスイングの買い場探し。次落ちたら戻りはきっちり獲りたい。

冷静に考えたらここはロットを落としていくべきところ。よって明日からは1枚で参戦。
でも指数も下がっているので仕込む時は積極的に仕込む。明日ガツンと下げれば買いスタンスで。

547 :黄泉:2006/09/19(火) 13:14:40
知人曰く6
今日は50万の範囲で何度も何度も文切り練習。兎に角LCを何度も何度も繰り返す事が重要と考えた。
基本は急落逆張りスキャ。兎に角エントリ回数を大幅に増やし、経験を積む。

結果は6勝全敗。ロット落としてて良かった。今は利益に繋がらないがここから勝率うp修行。後場も1枚トレード。

そして爆死。もう1ヶ月も勝ちから遠ざかっている。引け間際のリバにも乗れなかった。
スキャも中時間軸も全然駄目。明日から完全1枚トレードで。

今日戻したとしても波に乗れそうもない。躊躇やLC遅れとか起こりうるような悩ましい状況。
よって今日からは休養。張りは最低限に落とす。「損失より逸失利益の方がマシ」という言葉がせめてもの救い。

エントリする時は
目標値、LC値、買いサイン値、エントリ理由、手仕舞う理由 を明確に。
エントリ理由は特に詳細に。時間単位や出来高、下落幅、抵抗線など特に留意。

休むと金縛りから解放された感ある。よくチャート見れば大体の方向感覚は掴めるものだと再認。

548 :黄泉:2006/09/19(火) 13:20:29
知人曰く7
中途半端に空売り使うと感覚自体がおかしくなる。全体が上の時は空売りは使わない。下の日だけに使う方針で。
感覚が狂わされていて、買いでは損切り、売りでは踏まれ、ではたまらない。
複雑な相場の時はなるべく単純な方法でリズムを掴む。

来月から手数料無料プランに数十万だけ入れ、スキャる。慣れずに大金ぶっこむと大損しそうなので勝てそうだと思ったらやる。
その前にイートレ1枚でどれだけ抜けるかやらないと。今日は何故か躊躇して駄目だった。後場は良かったが、逸失利益の方が損失よりマシといい気かSETえおこう。

今後の計画 勝率うp⇒ロットうp
今稼ごうと焦ってはいけない。今は何が何でも、死んでも損失を抑える事が肝要。
つまらないかも知れないが、勝ちパターンが出来上がるまでじっと我慢。

後場はカフェで本でも読んで気分転換しようか。あまりにスリッページが大きくて入るに入れない。
まだ時間軸が定かでないのでLCの嵐になりそう。

後場も少し見ていたが今の状態では株価が動く前に動けない。
動いた後で動いたのでは買いでは高値掴み、売りでは踏まれる。今までの敗因はこれだった。
株価が動く前に動けるようにならなければ復帰しない事とす。

549 :黄泉:2006/09/19(火) 13:32:13
知人曰く8
戻ってブログ徘徊して驚愕。トップ層の方々が悉く負けている。普段負けそうにない人まで。こんな相場で俺が勝てるわけない。
12営業日連敗、25営業日で4勝しかしていない俺が。指数が底入れ気味だっただけに皆ロングだったのだろう。
昨日引けに強くてGD開始、ジリ下げ弱弱。

取引無しでトレード依存脱出。なんでもかんでもトレードしたい気持ちは無くなった。

個人はいつでも取引しなければいけない訳ではない。してもしなくても自由。その点において究極に自由。
なら明かに有利なポイントのみで勝負すれば良い。このことは頭で分かっていてもなかなか実行出来ない。
それが不定率のマジック。自身が無いレースにも賭けてしまう競馬と同じ。
まあ一喜一憂していないでまたせっせと勉強だ。

打診買いでS高掴みのリスクを軽減させるべきだった。

休養中なので無理せず基本静観。明らかに有利なポイントでしかエントリしない。まだスリッページがでかすぎる相場なので休むが無難。

550 :黄泉:2006/09/19(火) 13:44:17
中期で15930買い

551 :黄泉:2006/09/19(火) 13:49:17
知人曰く9
ロットを大きくするほどの自信がどこから来るのか疑問。
その取り返そうとする姿勢は典型的破滅型。土台を固めないと連日連勝は無理。今はがたがたの土台の上にマンション建てるようなもの。
何回建てても崩れて傷を広げるだけ。それなら1,2ヶ月捨てて自信を身に付けた方が金より今後の大きな財産になる。
どうか焦らず。若いからのんびりと。

しかしニート道突っ走りなので焦る。

ロットを大きくした理由は、確実にLC出来る自信があり、且つ成功した場合のリターンが大きいと踏んだから。
間違っても今普通の場であの大ロットで行く事はありえない。だからこうして静観している。

前夜にマネナイで大量買いが入っていた物で負ると思わなかった。
今日のLCはあの時点ではいい判断だと思った。LC後少し戻して下へ。その10分後戻して来たが、戻る保証はどこにもなかった。

焦ってはいけない。静観を決め込む。

552 :黄泉:2006/09/19(火) 13:50:36
他が上げていると蓋して集めてから上げる

553 :黄泉:2006/09/19(火) 14:01:59
知人曰く10
本当に相場張る気が起こらない。好機も少ないし、方向性が全く掴めない。まあこれが良いのかも分からんが。

自分の欠陥が分かった。
どうしても板重視してしまい、チャートで取引出来ていない。エントリしたらその傾向が尚更顕著。

板無しトレードを試してみたい。厳密にチャートのみで。俺はトレード中毒というより板中毒になっていた。
エントリラインが指値でなければ駄目な時は指値。強気指値おkなら強気でもエントリ。

IPOに手を出したのが愚の骨頂。負けるだけ負けた感じ。額に汗が滲む。1日5回INの鉄則を破った罰。
今はもうチャートが信じられない。振り出しへ戻った。どれだけ叩かれようが収支マイナスだろうが閉鎖しない。
閉鎖するのは退場する時。

ここ最近、同値撤退が続く。明確な買いサイン基準が無いのでエントリをためらう。
見えない板の動の部分は考えられるようになってきた。

05年8月16日から始めて株の利益は5百万はいった。まだ先月初旬までは月平均100万は余裕だった。
それが最近は月単位マイナス。なんとか勝ちパターン作って増資増資で攻めていきたい。勝ちパターン作るらな。

554 :黄泉:2006/09/19(火) 14:08:07
知人曰く11
こんな日も見ているようではよっぽど良い日でないと無理。その内好機は来るだろう。
ゆっくり待つのも良いが当面はリハビリに勤しむ。

損切りの大切さを痛感している。

地合は良いが結構厳しい相場。トップ層の方々で負けている方もいる。当分リハビリして復帰目指す。

今の俺はネガティブなのではなく、市場の恐ろしさを知って一回り成長したのかも知れない。
きっと今は成長痛で、ちょっと膝が痛くてジャンプしずらいだけ。
痛みは必ず引いていく。痛みが引いた時、大ジャンプしたい。

市場の恐ろしさは、数ティックの積み重ねでここまでボコられたので痛感した。以前以上に大ジャンプしたい。

明かに有利な地点でしか手が出ない。好機はいつか来るから焦らないでも良いと思ってしまう。
俺が出掛けるとよく爆上げする。最近は負け方が多少上達してきたのでこれからも損を出さない事に注力して頑張る。
相場はなかなか勝たせてくれないが地道に待つ。

555 :黄泉:2006/09/19(火) 14:14:51
知人曰く12
ロットが大きすぎ。ブレイク失敗は即損切りする事。上場してから既に上がっている物を買う事自体間違い。

IN後、出来高を見れていない。チャートチェックが甘すぎる。板の状況だけ見すぎ。これでは勝てるわけない。

チャートチェックして、やはり買いサインや大きな視野で見られていない事がハッキリした。早急に直さないと。

S高崩れを積極的に狙え。余程の勢いでなければJCは辞める事。

基本的に深層心理で欲張っている。再びリハビリトレードに戻るか。
時間軸もバラバラだしINも下手過ぎ。いくらなんでも負けすぎ。絶対勝てると思ったのはIPOブレイクのみ。

中途半端なブレイクや押しで絶対INしない。ハッキリした基準のある高勝率ポイントだけで勝負。
1Tでも下がればLCで良い。INして即1T負ける局面ではIN厳禁。

今週末には即金IPOあるので明日明後日はイメトレにする可能性大。IPOの方が勝率高いし。
最近、INの精度が悪い。厳選されていない。1日3〜5回がベスト。

含み損に耐えていたらと思うとゾッとする。勇気ある撤退が身の破滅を救ったと思ってリハビリトレードで強くなろう。
バリバリ研究。

556 :黄泉:2006/09/19(火) 14:21:54
知人曰く13
後場暇だった。やっと少し反撃開始かも知れないが、調子に乗らずリハビリトレード継続したい。
手を出すのは絶好の好機のみで良い。

IPOはギャンブルの様なもの。

トレイリングストップで追うべきだった気もしないでもない。薄利撤退はチキンだが、損失を出さない事を最大の目的としていたので致し方なし。

今までずっと負け越しで胃の痛い生活を強いられてきたのでこの勝ちを素直に喜びたい。
この1ヶ月半以上に亘る不調は本当に辛かった。でもここで学べた事はすごく大きかった。
一度クールダウンしてから次の相場に向かいたい。それにしてもこのジリッぽい相場は嫌。
本当に手を出さない方が良いくらいだ。今度は溶かさないように慎重に慎重に。

撤退は成り行きで。

最近思うのは自分のスタイル。スキャでコツコツ抜くのではなく、一日数回の絶好の好機を確実に捉えるのが本来の姿。
このスタイルの難点はコツコツ稼ぐ事が出来ないこと。勝つ時は結構ドカンと勝つ。ドカンと勝つから油断していれば一発狙いになりかねない。

LCはスキャ同様、つまり超厳格にする。そして偶然の大勝を狙い、1日数回のあるかないかの絶好機を確実に捉える。
これが俺のあるべき姿。

557 :黄泉:2006/09/19(火) 14:31:49
知人曰く14
完璧にテクニカル指標の使い方を間違った。5分足RSI。IN前は自分の中では下げ止まりと勘違い。
そろそろ下げ止まるだろうという考えは全くアテに出来ない事がハッキリした。
下の板の厚みはそこそこだったが歩値確認するとえげつない爆弾が。
仕方ないと言えば仕方ないが下手過ぎ。マザ指数も駄目だった。獲ったリスクをもろ喰らった。

あれからS安に張り付き、寄った。上の板が厚いのによく買えるなあ。上げる為に狼狽を誘っているのか。本当によくわからん。

最近ずっと成り買いを恐れていたが、どうせ約定する時はいたの先頭にいなければならないのだし。
恐れなければならないのはINするポイント。

なぜ下が固いと判断したのか。俺は阿呆か。下へ行けば行くほど大口が売り浴びせてくるのは当然。
もし割らない場合にINするパターンなのに5分足で上髭2本付けた最悪の場所でINしてしまった。
買いサインなどどこにもない。こんな馬鹿トレードしてたら負けて当然。前場順張りは上手くIN出来た。逆張りが苦手な証拠。

最近、ミスが滅茶苦茶多い。何をやっているのか。あまりにも下手過ぎるので戦略を纏めた。
最近、こういう展開が続く。リスク高いところでINするくせに低いところでIN出来ない。上がると思ったらきっちりLC決めて買い向かえ。
LC基準額は2〜3万くらいで良い。手数は少ないから好機が来た時にきっちり勇気を持ってINしろ。

指数は爆上げでもブログを回るとパフォーマンスは指数に比例しない。難しかったのだろう。

558 :黄泉:2006/09/19(火) 14:42:22
知人曰く15
正直、この相場は分からない。強いのか、どこが強いかどうすべきか明確に認識出来ない。本でも読んで研究するか。

これだけ場に張り付いて株中毒なのに手が出ないのは奇跡的。忍耐力は確実に上がっている。
今月も大変な月だったが総合収支では浮いて終わる事ができた。
利益100万コースを逃しまくったり、IPOで命からがら生還出来たり、学ぶ事は多かったが見逃しが滅茶苦茶多かった。

兎に角重要なのは大損しない事。大勝ちは偶然で良い。来月頭にはIPOにもあるのでまた挑戦したい。
修羅場くぐったのでもう怖いものなし。だが油断してるとコロされそうなので気を引き締めてやる。

IPOは勢いが無いと感じたら即逃げが基本。なかなか良い感じでは仕込ませてくれない。

【反省】
最近は手法をスイングぽくしている。
IPOで何故あそこまで引っ張ったか。⇒筋の振るい落としだと錯覚してしまった。そしてズルズル下落のお決まりパターン。
そして既に高値圏にあったマザ指数や直近IPOの流れが悪くなる。それに気付かず振るい落としと判断してホールド。愚の骨頂。
引っ張った原因は歩値を見て分かった。「今決済すれば1T損する。また入り直すのはバカバカしいという思い。」だ。
これは超厄介。特に100万超えて呼び値が拡大しているだけにそう考え易くなる。

反省を踏まえ、以後は利が乗りそうになければ即カット。同値撤退か、1T以内が望ましい。それでその後上げられても仕方無し。
上手くINするという事は、即利が乗っている事。その近辺で揉み合う場合も一旦ノーポジにしておくこと。
それでもし今より高い位置で揉み合う事になっても、以後右肩上がりならおk。
兎に角、LC時に被る損害を最小限に抑える事を念頭に置く。

559 :黄泉:2006/09/19(火) 14:46:36
知人曰く16
あと、ほぼ専業の気合いが無くなっていた。風邪気味だったとはいえ起床10時半。最近は研究も疎か。
チャートや売買手法や書籍など全般で。明日からはきっちり相場研究して気を引き締めて臨む。

IPOは好機があればと狙っているがあの大陽線を見ていると萎える。

退場を避けて入れば馬鹿をしない限り資産は積み上がる。
押目を狙ってINするのと似た感じで、早く資産を増やさないといけないと思っていた考えから少し解き放たれた感じ。
あと、トレード仲間とは本当に良いものだ。

体調が悪い日は集中力低下するので完治してから暴利といきたい。

560 :黄泉:2006/09/19(火) 15:01:30
知人曰く17
最近、勝率が落ちているので妄想トレードで自分の感覚が間違っていない事を確かめたい。

【気付いた事】
人気物のGUは絶対買い。フュートレックは崩れはしたが伸びた事は伸びたし、レデイは初押し後だった事もあり激伸びした。
怖いかも知れないがGUは買い。ただ、少し押すかも知れないので満玉は無理。通常の半分くらいで。
更に、寄り値超えた瞬間買い増し。

損切り遅れは最悪。駄目だと思ったら即撤退。駄目だと判断する基準は即買値を上回らない事。厳しくいく。約1分で見極めろ。

即金規制
東証は成り禁止、大証は成り買い例外アリ

即金はストポしたら売ってはいけない。

561 :黄泉:2006/09/19(火) 15:02:27
糞爺死んでくれねえかな

562 :黄泉:2006/09/19(火) 15:09:05
知人曰く18
引け間際に仕込もうと思って押し目を待っている間に上へ。
14時半に急落がありそこからどのレベルで引けるのかと思っていたらあれよあれよと上へ。
即金空けのGU狙いか、皆考える事は同じ。
上がりすぎたので仕込まない事も考えたがVWAPを大きくブレイクした事と、5分足でWボトムのトレンド転換、ほぼ初値なのでシコリ現象を考慮してリスクを取りに行った。
そしてここまでの買い上がりパワー。あと、225、マザも強い。

昨日超怖かった持越成功。しかし甘さも見え、まだ未熟過ぎ。あと、一発屋というのも改善余地を残す。

資産高値奪還まであと100万。やはり負けない事が重要なのだとつくづく実感させられた。
まだまだ甘い点がいっぱいあるのでもっと貪欲に隙を逃さないようにしなければ。

大きな利確は半分で。(但し、急落可能性があるときを除く。)

持越はギャンブルだったが、理由もあったので上手く展開通りになってくれた。

563 :黄泉:2006/09/19(火) 15:13:58
知人曰く19
大型は投げがあるからリバる。良い勉強になった。

地合が悪い時こそやらないべき。下手に手を出して動き損になりやすい。

ショートを窺うも入れなかった理由をよく検証する。これだけ下がればリバがあるはず。ここから更に追証投げで下げたところは絶好のスイング仕込み場になる。
明日からの相場は要チェック。

監視⇒買わない という事が8割。ザラ場を見る事が出来ないので自信があるものにしか資産をぶち込めない。
逆指し値が無いとおちおちポジ取っていられない。

先物が上抜けないと思ったので思惑外れ。迅速な撤退。

撤退時に指し値で欲張り、3T損。
ブレイクと勘違いして買った瞬間激下がり。今後こういうところでは買わないと決心。

寝坊は猛省。

564 :黄泉:2006/09/19(火) 15:17:57
知人曰く20
小動きの相場では無理に動くとマージン取られる。好機を狙う。今日はロットを大きく落としてもよい。今は試し。
トップ層でも苦戦している相場なので焦らずいく。

売った直後にポンポン上げ、買い戻し直後にポンポン上げ、俺は狙われているのか。
チャートパターンで直前がミニWボトムになっていたので仕方ない。

俺はスキャには全く向いていない。HCは少し下に指すくらいで丁度良い。
上で指すと爆弾に速攻コロされる。

根拠の無いトレードは最悪の極み。自信持って入れない。方針まるで無視。明日までに体調整えてチャートしっかり頭に入れて臨む。

565 :黄泉:2006/09/19(火) 18:58:39
225は先週高値を一瞬上回った。9月期末配当取りか。この様な反発をやるから益々悪くなる。
それにしても商いが少ない。不動産株も出尽くし。
好業績発表しても出尽くしで下げるのは9月特有の動き。

566 :黄泉:2006/09/19(火) 20:02:50
米を始めアジアヨーロッパの株価水準は高値圏にあり、日本だけが安い水準にある。
日本市場に対して国内の経済アナリストは勿論、海外の金融関係者も総じて強気発言を示して久しくなるが、17000台に回復出来ずにいる。
これは個人を大切にしないで来た結果であり、個人不在の市場には「餌に蟻が群がる」が如く、餌の無い市場には資金は流れて来ない。

今の東京市場は外人売買シェア50%を占め、先物取引も2-3年前に比べ倍増。
一方、機関や投信などの長期資金の存在感は薄くなっている。
国内の個人・年金・企業の運用資金などは海外へ向かっている。

今の東京は問題が多すぎる。新興市場の情報公開の不正から「豚ショック」、村上ファンドのインサイダー、システム障害、SBを各証券会社の格付利用で個人を食い物にしているなどで、息の根を止められた個人の退場が続いている。

先物取引に占める割合が現物を超える規模になった今の市場をファンダで見ようとすると、半分以上の確立で裏目に出ている。
これは、先物主導で動かしているヘッジファンドや証券会社の自己が成績を上げるためファンダを読む個人の心理の裏を突いて利益を得ようとするから。
一方、市場を読めなくなった個人は自信を無くし、参加を見送る状況になっている。

567 :黄泉:2006/09/19(火) 20:14:43
『進歩とはいい言葉だし、そのモチベーターは“変化”であり、敵も多い』 − ロバート・F・ケネディ(米司法長官)

568 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:2006/09/19(火) 20:16:53
いつも参考にしてます。さんくす。

569 :黄泉:2006/09/19(火) 20:34:27
ゆーあーうぇるかむ

570 :黄泉:2006/09/19(火) 20:35:25
『非常識な相場予測も実現すれば常識(事実)となる』

市場参加者はとかく現在の相場を中心に予測を考えがちだが、相場は時間をかけながらもとんでもない方向へ行くもの。
91年10月頃から225のチャートを見て、どうしても225は少なくとも16000は割るだろうと思っていた。
10月31日当時は終値で25222だったが巨大なヘッドアンドショルダーに見えた。
この意見はテクニカル分析をしている一部の人しか同意してもらえず、少数意見だったことも予測に自信を深めた。
また、同様に90年9月からの日本の債券相場の長期上昇相場も、10年債利回り2%割れや1%割れを予測したのだが、こちらもなかなか同意してもらえなかった。
予測が強気過ぎるとか、日本経済が本当に駄目になる債券の利回り水準だという理屈で。
更にドル円80台や米債3%台なども同じ事だった。

相場のドラマチックな変動hあ、大抵世間のコンセンサスとはかけ離れた世界にある。
このため少数意見であることが、予測をする上で気にしているポイントの一つになっている。
因みに昨年同様、今年も円高予測する参加者が多かった事は予測の上でとても励みになった。

当然だが、その時非常識な予測も、実現すれば常識(事実)となる。
この非常識な世界を創造するのが相場の怖いところであり、また面白くダイナミックなところでもある。
テクニカル分析はファンダ分析だけでは辿り着けない相場の織りなすダイナミズムを予測する上で有効なツールの一つと考えている。
また、テクニカル分析を支持しない人が存在するのも有難いと思っている。

571 :黄泉:2006/09/19(火) 20:54:20
7月くらいに証券会社営業曰く、「素人が空売りしだしたら底かも」。その通りになった。
ザラ場でろくに獲れないのに今度は空売りで踏み上げられて取引自体滅茶苦茶。
いつも現物でヤラレていた個人が今度は売りから入り、自信もプライドも未来も見えなくなった。
心理的に空売りの方がLCが遅くなる。これが命取りで退場者続出。
本当に怖いのは、損失無限大である事を理解せずにLC無しで使った罰。
「現物は家まで、空売りは命まで」の格言あり。今まで相場で財を気付いた奴等の殆どは「買い」で築いた。
LCもろくに出来ないなら使わない方が良い。何故なら99回成功しても1回で全て失うから。
しかしLCの重要性さえ分かれば上手く機能する。それが「空売り」。

一番危険なのは、「絶対いつか落ちて来る」と思ってLCしないこと。
その思いによりLCラインが甘くなり、8月に空売りして閉鎖したブログも多い。空売りで自己ルール破りは本当に危険。

証券ディーラーの知人はどんな取引でも必ず空売りから入る。それはLCがきちんと出来るからこそ。

親戚で空売りで吹っ飛んだ人がいる。それ以来、その家では株の話すら禁止。

基礎とLCが出来なければこの先も同じ。

高いからといって空売りすると痛い目にau by KDDI

572 :黄泉:2006/09/19(火) 20:59:44
モニターは何台も並べる必要は無い。勝てる人、基礎が出来ている人、きちんとLC出来る人、流れに乗るのが上手い人はPC一台で勝てる。

LCを抵抗無しでバンバン実行できる人は最高のトレーダー。

空売りはLCさえ出来れば怖くない。出来ない時が怖い。

573 :黄泉:2006/09/19(火) 21:19:24
信用取引は殆ど売りでしか使わず、地合が悪いとガンガン売りまくってしまうので一瞬で余力を使い切ってしまうのが頭の痛いところだった。
さらに、売りの場合、1回の注文枚数制限が50枚で、資金に対しロットがあまり入れられないことも痛いと思っていた。
しかし両建てを使えばこの問題を殆どクリア出来る。何故かは信用と現物の特徴の違いにある。

現物が1日の間、銘柄を変えれば無制限に売買を繰り返す事が出来るのに対し、信用は1日に使える余力は決まっていて、反対売買が行われる毎にその文の余力が減少していく。
なので 信用売り⇒返済買い、信用売り⇒返済買い なんて事をやっていたらあっという間に余力が尽きてしまう。
そこで 信用売り⇒現物買い、現物売り⇒現物買い というふうに両建てにする。

例えば50000円で50枚信用売りして、48000で50枚現物買い

この時点でポジションは信用売り50枚、現物買い50枚、差引0枚で実質ノーポジと同じ。

次は49000円で、50枚持っていた現物を売る。
そうすると信用売り50枚だけが残り、49000円で再び信用売りしたのと同じ効果が得られる。
しかも信用余力は最初に50枚売った分しか使っていない。

もし両建て後、上がると思えば、現物買いを入れて差引の買い枚数を増やせば良い。
そして最後は現引き決済すれば良い。

それでは差金になったら終わりと思うかも知れない。確かに1銘柄だけを考えたらあまり魅力が無いが、10銘柄だったらどうだろうか。
現物の特徴はループが効く事。
A銘柄で現物を売って出来た余力でBでもCでも使えるという事。
つまり両建てを使う事で信用売りでループトレードと同じ様な事が出来るという事。

また、両建てを使えば、1回の注文枚数制限が50枚でも、1000枚の信用売り、1000枚の現物売りという状態をコツコツ作っていけば、
1000枚の現物買いを売って、1000枚の信用売りをしたのとほぼ同じ状態にする事が出来る。

時々出る50枚以上の仕掛け的売りは、大口が両建てしていた現物買いを外す売りと考えて間違いない。

574 :黄泉:2006/09/19(火) 21:22:16
頭こんがらがった

575 :黄泉:2006/09/19(火) 21:26:02
重いこんだら

576 :黄泉:2006/09/19(火) 21:29:51
見せ板は詐欺と同じ。
インサイダーは泥棒と同じ。

見せ板は見れば分かるし、利用出来るから良い。
インサイダーも、悪材料が出る前にチャートを崩して教えてくれるのでアル意味便利。

577 :黄泉:2006/09/19(火) 21:35:10
明らかに買い板の方が薄いのに株価はグングン上がる。こういうのを探す。

買いと思った時に一瞬でも迷いが生じたら中止。そこから押したところが本当の買い場。

完全な上昇中以外での買いは禁止。

押し目で買わなければ絶対に負ける。

578 :黄泉:2006/09/19(火) 21:39:47
キッチン株ーはマジで入る意味無い。

579 :黄泉:2006/09/19(火) 21:42:30
買うと下がり、売ると上がる。自分のトレードを誰か見ているのではないかと勘ぐりたくなる。
でも株は間違ったトレードをすれば、上手い人が売るところで買って、上手い人が買うところで売るように出来ている。
何故そうなるのか分かれば必然的に勝てるようになる。

また、負けている人にはもう一つ欠点があるがそれはまた。

580 :黄泉:2006/09/19(火) 21:47:19
売りの方が簡単。買い方が売られると怖いところ、LCするだろうというラインでガンガン売っていくだけ。

買い方は、支持線抵抗線トレンドの3つに着目すると何を買って良く、買っては駄目なのか分かり易い。

581 :黄泉:2006/09/19(火) 21:49:41
負ける原因が分かっているのならそこを徹底的に直す方向で。
欠点を直すというのは生半可な気持ちでは直らないもの。すぐ直せたら一流トレーダー。
それくらい難しいがやるべき。

582 :黄泉:2006/09/19(火) 21:59:35
(DT本の様にOpenを買っているようでは云々)

583 :黄泉:2006/09/19(火) 22:00:13
STマン曰く
安く寄った事で買いがやや多かった。云々

584 :黄泉:2006/09/19(火) 22:07:16
好材料が出たらこう考える

1.製品を増産する
新工場建設や既存工場の増設を発表した場合、少なくともその時点では製品が大いに売れている事を示すため持続や買い増しの方針で良い。
しかし実際に増産が開始されるまでに時間差があり、その頃になると逆に供給過剰に陥る事も。

2.製品のサービスを値上げする
値上げ出来るという事は製品やサービスに一定の競争力があるという事で、保有を持続する理由になる。
しかし原料価格の上昇に悲鳴を上げての値上げで、コストを充分にカバー出来ない場合もある。

3.海外又は国内の新たな地域に進出する
既に10カ国で事業展開しているのに11カ国に増えてもインパクトが無い。

4.他の会社と提携する
提携先の「技術」を自社で活用するパターンと、提携先の「販路」を活用するパターンがある。
特に後者は、提携先が小さいと大した事ではない。

5.他の企業を買収する
買収を行った期の業績は売上高が大きく増加する一方、暖簾代の償却などで純利益はマイナスへ振れる事が多い。
大型買収後の企業は以前よりハイリスク型になったと確認するべし。

6.「新技術」「新製品」の発表
これらのニュースはその銘柄に興味が無かった人の目にも付くので、必要以上に買いが入り易い。
しかし新製品の効果が業績に現れるには1年以上かかるし、新技術に関しては5年以上かかる事もある。

585 :黄泉:2006/09/19(火) 22:15:48
好調が続くとミスが見えなくなる。トラブルを防ぐためには意図的にスランプを作るべき。
「好事魔多し」という諺があるが、仕事に於いてもこれは言える。ただ、ビジネスの場合は第三者から邪魔されるのではなく自分で自分を見失ってしまうケースが多い。

好調時には人は自分を客観視しようとはしない。
今の調子が永久的に続くと勘違いしてしまう。そこに隙が生まれる。

この好調がずっと続く、或いは拡大させなければならないという気持ちが焦りに繋がり、正常な判断を見失う事になる。
その為に、自分で自分を沈静化し、目標を少し低く抑える。

【ミス対策5箇条】
1.対策は原因究明と同時に行う
2.ミスと過ちは正面から受け止める
3.たとえ自分に全ての責任が無くとも、ミスは受け入れる
4.好調時こそミスは見えなくなる
5.冷静さを保つために、敢えてスランプを作る

586 :黄泉:2006/09/19(火) 22:31:32
LCを強く意識して。暴利なんていらない。だけど絶対暴損はしない。

587 :黄泉:2006/09/19(火) 22:34:04
トレーダーの腕を決める要素の一つ。「どれだけ損失を限定出来るか」。
理由は、利益はコントロールが難しいが損失はコントロール出来るから。

全体相場や個別に対して自分がどう思うかではなく、皆がどう考えているかという事に重点を置いて。

588 :黄泉:2006/09/19(火) 22:52:42
利益はコントロール出来ない。コントロール出来る部分を直す事こそ重要。
調子のバロメーターもLC具合によって判断すべき。LCさえきちんと出来ていたら大損は絶対しない。
タイコム証券に「投資先進国米国でいわれるが、『人間にはLC出来ない』」とある。
完璧にLC出来る人間はいない。しかし完璧にどれだけ近付けるかは努力次第。

かにゃ

589 :黄泉:2006/09/19(火) 22:59:12
休み明けはマシントラブルが多い云々。電気代も大した事ないので起動しっぱでおk

590 :黄泉:2006/09/20(水) 08:30:43
ダウ 11,540.91ドル -14.09    
NDQ 2,222.37ポイント -13.38                
CME225 12 月 15,755.0円 (大証12月先物比 -95円) H15870 L15645

売り5750万株
買い4650万株
差し引き1100万株の売り越し。3日連続の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系は売り越し、欧州系は小幅買い越し。
セクター別では、売りは、紙パ・電機・不動産など。買いは建設・石油・陸運など。売り買い交錯セクターは、薬品・自動車・その他金融。

飛びつき買い警戒の日

9月は1年を通して最も儲からない。買いでも空売りでも苦労の苦月。

591 :黄泉:2006/09/20(水) 08:49:14
決算またげないファンドが多いから換金売りが出ているが、売られすぎたら買いに来るので個別で下げすぎている物は狙ってみる

592 :黄泉:2006/09/20(水) 09:17:42
商社が酷い。タイに投資しているところも多い。
軍部のクーデターで民主社会主義の名の下に企業資本の国家管理に乗り出したらそれはマズイ。
ロシアで既にやられているし。

593 :黄泉:2006/09/20(水) 09:19:22
もし今日ボトムを付けるなら15600以下で引ける事が条件。だがまだ日柄不足なのでおそらく来週月曜になるだろう。

594 :黄泉:2006/09/20(水) 09:43:26
サンリオの株絡みの話が出ると相場が天井を打つ、見事な曲げっぷり

595 :黄泉:2006/09/20(水) 09:58:36
上がると買いたくなり下がると売りたくなる
揉み合い相場だと見事に曲がる

596 :黄泉:2006/09/20(水) 10:05:42
本日タイ休場 226事件時も2週間くらい休場した

597 :黄泉:2006/09/20(水) 10:12:28
日本には黒髭氏率いる窓信派がいるのでNYSEで使えて日本で使えない手法が

598 :黄泉:2006/09/20(水) 10:18:06
外資がメインで手掛けている物と個人がメインで手掛けている物で窓に対する動きが違う
外資は心理を逆手にとった動かし方をするが個人は心理に概ね素直に動く傾向
つまりT1の値動きの良い物と板の薄い新興では云々

599 :黄泉:2006/09/20(水) 10:26:15
バックテストでは勝率95%なのに実際シグナルが出ると恐怖で突っ込めない鶏肉
クルサードみたく飛行機事故に遭ってみると良いかも知れん

600 :黄泉:2006/09/20(水) 10:35:07
ロングストラングルを組むと必ず損益分岐点内で揉むミラクル

601 :黄泉:2006/09/20(水) 10:39:56
米ヘッジファンド破綻で円キャリートレードの買い戻しで円高懸念

ヘッジファンドが債先売り株先買いのポジションクローズに動くと今日の様な流れになる

602 :黄泉:2006/09/20(水) 10:42:25
資金に余裕があったら金の現物を買って10年以上保有したい。
現在のNY金は580ドルで、2020年までに4000ドルになると予想されるから

603 :黄泉:2006/09/20(水) 10:59:10
経済サイクル(景気循環)

コンドラチェフサイクル -50年前後 技術革新の周期
クズネッツサイクル -20年前後 建築物の建て替え周期
ジュグラーサイクル -10年前後 設備投資の周期
キチンサイクル -約40ヶ月前後 在庫投資の活動周期

これは株式投資にも適用でき、それは1945年の第2次世界大戦の終了時からカウントが開始される。
もしこの分析が正しいとすれば日本の経済サイクルのボトム(株式相場サイクルも同様)は199年の前後9年以内、或いは1990-2008年の間になる。
そしてそのボトムは2003年4月28日であったと思われる。即ち日経平均7604円である。

以上の分析をふまえ、2006年は新54年サイクルの3年目にすぎない。
全てのサイクルの初期段階は強気である。従って、現在のこのサイクルも強気である。
54年サイクルの中には3つの18年サイクルが入る。小さなサイクルはより大きなサイクルに支配されるので、03年4月28日の7604円で18年サイクルも同時にボトムを付けた筈である。(18年サイクルより小さな複数のサイクルも同様)

現在は54年サイクルの1つ目の18年サイクルの3年目であるから、相場はその天井に向けて続騰すると思われる。
その天井はおそらく9年目以降(2012年以降)になる。

また、18年サイクルは2つの9年サイクルで構成される傾向が強い。
現在は新18年サイクルの1つ目の9年サイクルに位置し、現在、その9年サイクルの天井に向けて上昇中である。
この9年サイクルのボトムは2010-2012年まで出現しない。

604 :黄泉:2006/09/20(水) 10:59:43
>603続き
9年サイクルは通常3つの3年サイクルで構成される傾向が強い。
今年は9年サイクルの1つ目の3年サイクルに位置しており、このサイクルのボトムは06年4月に付ける予定だった。
そして今年の安値14045がそのボトムであったと思われる。

3年サイクルには通常2つの18.5ヶ月サイクルが存在する。
前述したように、小さなサイクルはより大きなサイクルに支配されるので、6月14日の14045で最後のボトムを付けたように思う。
現在は新3年サイクルの1つめの18.5ヶ月サイクルに位置する。

また、3年サイクルの中には3つの48週サイクルが入る。
これも同様に6月14日の14045でボトムを付けたと思われ、現在は新3年サイクルの中の1つ目の48週サイクルに位置する。

48週サイクルには通常3つ(時として4つ)の13-19週サイクルで構成される。
現在は新48週サイクルの中の1つ目の13-19週サイクルに位置する。

全てのサイクルの初期段階は強気である。
即ち、サイクルのスタート時を下回る事は無い。

糸冬

605 :黄泉:2006/09/20(水) 12:27:51
知人曰く21
TVのニュースでは上がっていた株が売られるといつも「利益確定の売り」と言う。
時には利益確定出来そうもない株でもそう言う。

通常トレードはリハビリ程度にして感覚を磨く。勝負はIPOで。
リハビリロットは1枚程度。手数料負け覚悟で挑む。勝とうと考えてはいけない。
理由は、勝とうと思うと逆にヤラレるから。それなら手数料負けした方が断然良い。地合は最悪だと忘れるな。

IPOは勝負。理由は、何故か極めて勝率が高いから。直近1ヶ月でIPO上場当日負けは1銘柄のみ。
薄利確という幸運もあったが。糞ど根性だけは誰にも負けねえ。

Wトップ形成&CSストポ崩れで試し売り。

地合が悪い時はなるべくやらない。今は普通のDT修行の基礎形成期と位置付け、基礎作りに専念。

JQのIPOは初値形成の仕方が悪い感じがあるので以後敬遠気味にする。

606 :黄泉:2006/09/20(水) 12:35:20
知人曰く22
IPOはやはり夢があるし、やめたら利益激減しそうだから辞められない。
怖いがここ数ヶ月IPOで負け無し。怖いからこそ心理に逆張りしてガンガン行く。
怖くなければ儲からない。死んだら慰めて。

上値が重く、リバの雰囲気も無し。暴落後に戻り難い。それだけ前回の暴落から学んだ参加者が多いという事。
こういう動きが鈍い展開は動き損になる公算が高い。動かないのも戦略の一つ。
動かなければホルダーは苦しい。これがDTの最大のメリット。

調子に乗って気が大きくなったら一度クールダウン必要。

振るい落とされても大きなLCが無いのがとても良い。これからも慎重に慎重に。

本当にトレンドが崩れた時は誰よりも早く撤退せねば大怪我する。

607 :黄泉:2006/09/20(水) 12:42:47
知人曰く23
何故か損益分岐点付近の方が利食いしにくく、離れると利食いしやすい傾向。
普通に考えたら逆の方が得なのに。
これはノーベル経済学賞受賞した、人間は持っているものを失いたくないから正常な判断では不利な方を選択するというもの。

ex)
確実に75万円貰えるか、5分の1の確率でハズレだが当たれば100万円の利益⇒人は前者を選択
確実に75万円払うか、5分の1の確率で免除。当たれば100万円支払⇒人は後者を選択

これらは期待値を元に考えれば両者とも逆。だが人間は逆を選ぶ傾向が強い。

どうすればこの思考から抜け出せるか。

調子が良いと油断が生まれる。兎に角今は冷静になれ。爆死なんて今まで何度回避してきたか。今回は欲豚爆死。また一からやり直し。

意志が弱く、その場で作戦をコロコロ変えてしまう悪癖。少し戻りもあったが完全に下方トレンド。

608 :黄泉:2006/09/20(水) 12:51:06
知人曰く24
今回の失敗
1.LCは絶対2%以内。2TでLCしなくてはならなかった。
2.含み損のある物を持ち越した事。得に前日高値圏物は要注意。
3.迷った時は半分返済。

これらの教訓を必ず生かしたい。

VCじゃぶじゃぶで上がるわけない。静観妥当。

熱くなってはいけない。常に冷静に。買いサインで買い、売りサインで売り。利確は半分。
ちゃんと予定していた通りに的確に動けば良い。勝負はそれを自分が信じられるかどうか。

理想的取引が出来るよう全力を尽くす。

天井確認と板の具合で選択。上髭連続出たので陰線付けそうな予感。そして先物が上に抜けたので即買い戻し。
即買い戻した。買い戻す必要もあまり無かったが負けたくなかったので。
反省はINが少し下手だった事、手仕舞いが数十秒遅れた事。集中して読めが段々分かってくる。

上がる感じがしないなら指値取消。勘が冴えた。今のところ高値安値センサーが有効に機能している。

609 :黄泉:2006/09/20(水) 13:00:56
知人曰く25
IPOは怖い。高値か安値かの感覚と流れの読みさえ間違わなければいける。
ハイリスクハイリターンのハイリターンだけ取りに行けば良い。

得意のIPOが少ない時は普通の取引に没頭して腕を磨く。

カイジかアカギが欲しいがあの漫画は値崩れしないので安く買い戻せない。龍馬かあずみか迷い安値になったあずみ全38巻を9600円で購入。

今日は1枚トレードで練習。全てイートレの信用枠。これなら手数料安い。

連休明けの前場は強いのだろうか。連休中は閑散としてJQ特定銘柄やIPO物色だった。

高値確認後先物がVWAPに来て反転すれば大きく幅抜けると判断しまずますのINだっったが先物が下がらず決済。
再度高値挑戦してきたので売り。先物下がってたのでINタイミング早過ぎ1Tミス。加えて決済で迷って1Tミス。
ここで決済していなかったら、躊躇していたら踏まれていた。

今日の下げでWボトムになった物多いがここからは買い材料に乏しいのが難点。

試し売買のロットになっていない。ロット云々より躊躇無くいけるか、集中してIN出来るかが問題。

今日のクリ売買は100%鉄板だったかというと全くそうではない。ただ、天井確認出来てここでINすると期待値が高そうだという売買を行ったに過ぎない。
よってまだギャンブル性は抜けきっていない。今俺がしなくてはいけないのはギャンブル性を含む売買ではなく、確実な根拠を持った売買をしなければならない。
確かに相場の方向性は不安定だがどこに資金が集まっているか、どう動くかをもっと考える必要がある。

610 :黄泉:2006/09/20(水) 13:10:21
知人曰く26
今日は絶対1枚トレード。勝率を第一に重視しIN理由は鉄板級の物のみ選択。IPOなどは70%くらいでも可。
絶対にIN理由に拘る。指標、連動物、LCライン、利確ライン、引っ張るかどうかを常に念頭に。

自分はJQ低位やボロには手が出ない。不動産はよく動くがどこが買いサインかよく分からない。
なかなか好機が無いが出来るだけ監視強化し根拠のハッキリした物だけを吟味してトレードすると非常に良い。
こういうのを積み重ねないといけない。

日足に惚れ過ぎて先頭に並んでいたが押されてLC。それも欲張って指値にするから傷口拡大。結果底でLC。
それを取り戻そうとロット増やした本当の馬鹿。先物買い板破られると思って売ったが売るところが遅い。
普通に売れば同値撤退が1T抜き出来たがモタモタしてLC。
そして今日は敗北宣言。早期撤退。あとはイメージトレードに終始。

この相場は細かくやらないと死にそう。兎に角マイナスを叩かない事が第一。
買い理由を忘れるな。冷静に躊躇せずIN。トレンド確認と玉の転がし。内容の濃い取引を。

方向性が全く読めず先物に反応する物のリサーチも出来ない。スキャも検討中だが鉄板以外行く気がしない。
動いている一部物あるので俺の努力が足りないだけ。鉄板を見付けるのは難しい、というかまだ手が出ない。
特にこういう動きの少ない相場だと。相場が難しくても取れる方法を模索しなければ。

だいぶINの精度が上がってきた。勝率云々より良いINが出来るかどうかの方が重要かも。

611 :黄泉:2006/09/20(水) 13:16:07
知人曰く27
中期のつもりで打診買いしたがなんか気持ち悪いので撤退。何か風向きが変に思うのは気の所為か。

今は地合が悪いので手控えて正解。指数も下値を目指している。小刻みにやらないと死んでしまう。

大分躊躇しなくなってきており買い増しやポジ整理など多彩な技が繰り出せる様になったのは収穫。
出てきた課題は振るい落としにどう対処するか。

反省点は、節目で半分利確が正解だった。買い増しは考えられてもまだ半分利確が出来ない。
また、寄り後下に行く時の対処や読みも問題。

ここが底という先入観があるとここから上だという先入観を持ってしまう。ポジ思考に陥ってしまう事が良く分かった。
指数と個別のトレンド転換サインが出ているにもかかわらず薄利撤退になると思いこんでしまい、決済を躊躇してしまった。
ポジション思考に要注意。

寄り低いとリバが予想されるが引けてみれば全く上がっていないのは売り圧力がまだ強いのかも。

612 :黄泉:2006/09/20(水) 13:24:13
知人曰く28
今月は数字だけ見たら大苦戦だが実はそんな雰囲気ではない。一応先月の利益もあるし得意のIPO不在に加え相場も芳しくないので負けてないだけマシ。
今月の目標は負けずにこれからの基礎となるトレード技術を磨く事にあるのでむしろ現時点では順調と言える。
勿論数字は除いて。
学校の勉強でもそうだった。たまたま問題を正解出来ても仕方ない。それは運。そんな勉強をしていたのでは試験で点数を取る実力は身に付かない。
運や勘ではなく、自分の頭で考え、解法を見付ける事が肝要。
これはこのままトレードにも当て嵌まると確信している。
何十万利益が出ようが次に繋がらないトレードをしていては何にの意味も無い。これまで自分はそんなトレードばかり繰り返してきた。
これからは全てのトレードに於いて事前に理由付けがあり、運に頼らない次に繋がるトレードをする。

確実に解ける様になる事。トレードだと、高確率で成功するパターンを習熟したい。
自分がここまで生き残ってこられたのは奇跡。今まで超いい加減なトレードしていた。

イートレでS安比例売りに空売り50枚で注文出したが1枚も約定せず。引けの板は買い5000枚、売り180000枚。
これで分かる事は、信用決済や現物売りという、既にポジションを持っている玉の反対売買が新規より優先されるという事。
これでは比例のリスクを取る意味が無い。

613 :黄泉:2006/09/20(水) 13:32:07
知人曰く29
寄りは追証投げと予想しリバ狙いのGD突っ込み買い。寄りか寄り付近でポジる予定。今まで慣れてきた物でしっかり狙う。
貸借なら必ず買い戻しの買いが入る。更に指数は明らかに安値水準で、数ヶ月に1回の買い場と見る。
出来たら持ち越したい。CCIなど貸借の日証金を調べておく。

寄り後はT1は押し易い。最近の傾向。寄り後ヒヤっとして戻したところを同値買い増し。
その後超ヒヤっとさせられたが耐えてナンピン無し。ミスは寄り直後と残り玉決済。
残り玉は戻ったところで切ってしまった。当初の予定のTSラインで切らずに変なところで切ってしまった。
初めてで切るなら下で買い直す事が出来たし、我慢したならもっと下まで我慢しないといけなかった。
学んだ事は大きい。

重いと思っていたら突如急落。VWAPちょい下で逃げられたのは幸運。その後S安見えて怖かった。
ここまで急落が激しいと売るに売れない。底値で売ったらリバってしまう。だが売りポイントでは絶対に売り。

シミュレーション売買は簡単な物ではコツ掴めば簡単。自信のあるところだけ狙えば良く、動きのある日はやりやすい。

614 :黄泉:2006/09/20(水) 13:36:54
悪決算(日立など)で売られるのは当然だが、好決算や好材料(住友鉱山、三菱電機、不動産関連)が出ても売られるところが今の相場の弱さを象徴している。
新興主力の直近IPOも酷い。指数の下げ以上に個別で売られている感じ。

今の相場は空売りを上手く利用しないと乗り切れない。高値覚えや目先のリバ狙いで買い付くととんでもない事になる。

615 :黄泉:2006/09/20(水) 13:40:49
知人曰く30

JPモルガンは楽天の目標株価を54000から35000とした。
そのレポート内容の概要
同社は楽天市場のブランド力を背景にKC、証券など新しいビジネスアプリケーションを加え、顧客基盤とトラフィックで稼ぐトライアングル戦略を掲げてきている。
しかしブロードバンド人口の増加が鈍る一方、楽天市場のシナジーにも限界があるため、同社の利益成長率は一桁%台に低下する可能性が高い。
投機は楽天KCの特別損失が合計で300億円前後見込まれるため、税効果会計を勘案しても当期利益は二桁億円に留まる可能性が高い。

としている。

レポートによると以下4つの理由で楽天の成長率が今後鈍化する可能性が高いとしている。

1.BB人口の成長鈍化
2.楽天市場の特性による顧客訪問頻度の限界
3.楽天KCの今後の業績に対する懸念
4.リンクシェアの暖簾台償却懸念

616 :黄泉:2006/09/20(水) 13:42:10
>615は知人曰くってないです

617 :黄泉:2006/09/20(水) 13:43:35
6792日本ビクター 607円買い

618 :黄泉:2006/09/20(水) 13:44:33
今の相場はスイングは絶対薦めない

下がってくるまで我慢出来たのならあともう少し我慢してみよう

619 :黄泉:2006/09/20(水) 13:47:03
タイで影響あるのはバンコク市内だけぽい。ソニー工場も三菱工場も普通に稼働中。現時点での影響は限定的かにゃ。

メガバンの下げが気になる

620 :黄泉:2006/09/20(水) 13:57:49
知人曰く30
LCは中途半端な強気指値は駄目。強く返済買いを出す。成り行きにしないのは万が一の為だけで、約定しない方が怖い。
周辺銘柄がアクション無しで先物は分からないのに板だけ見て取引すると負ける。

どういう時引っ張って、どういう時即利食いなのか検証しなければならない。

いい仕事していれば結果は必ず付いて来る。

自分の手法は流れを確認してから出動するので順張りに近い。ボックス相場ではそれで逆にいってやられてしまいやすい。

最近はLCがまずまず上手く機能して負けなくなってきた。

直近IPO
逆張りに徹し、時間軸を短くし、高値は追わない。
買い理由は、225も他のIPOも下げ続ける中強かったから。周りを後で見たら他にも上がっているのはあったが。
糞地合の中、2回も張ったのは失敗。

225の頭が重いのでこれからはデイの中でも超短期でしかやりにくい。

621 :黄泉:2006/09/20(水) 14:11:10
知人曰く31
落ちるナイフではなく落ちたナイフを拾う。ただ、想定反転ポイント下抜けたらさらに勢いが付くのが懸念。
ポイントは出来高で、出来高が増えたところが狙い。これを間違うとえらいことになる。

先物急回復しすぎたので売り。少し踏まれて切り返したので読み自体は間違っていない。
ただマザがWボトム付けての上昇途中だったので売り時としては不適切だったかも。
普通に考えたら押し目買い狙う場所。先物読みは当たったがそれを頼りにあそこでINするのは正解かどうか迷うところ。

後場は安値なのに上値が重いのであまりやりたくない。しかし自分が早く切り上げた時は上がる可能性が高い。

先物が下がってきているのに特買いになっていて、これは一旦下へ行くと思い寄りで空売り。
先物が切り返したので1T撤退。とても良い取引。

IN理由を忘れてはいけない。

GUして上の板を食いだしたので追い掛けて買い。すぐ反転しボコスカに売られたがLC出来ず地獄を見た。

前トレードで負けた分を取り返そうと躍起になり、まだ上がる筈と淡い期待の元にIN。
この2トレードに共通して言える事は、LCライン設定が出来ていなかった。
愚かな事にロットも上げてしまい、しかも指数は下。高値を強気指値で取りに行った結果、含み損から傷口拡大。
指値が遅れて殆ど大底で約定。教訓としては「売る時は成り行きで」。

以上トレードを見て言えるのはIN理由がまるで素人でただのギャンブルになってしまっている事。
ここのところ大きな幅を抜くトレードをしていたので感覚が狂っていた。
自分のスタイルを思い出し、悪い時になるべく損を出さず、いい時のみ参戦して着実に利を積み重ねる。
今月は基礎作りに専念して利益は度外視と決めた筈。こんな取引していては一発退場してもおかしくない。
俺を相場に残してくれた神に感謝。今日から相場研究を徹底させ、貪欲にトレード理論を構築していきたい。

まだスキャ出来る気力は残っているが今日はやってはいけない。これは自分に課した戒めである。
大損したがこの負けを冷静に理解し甘受出来ている。高い勉強代になったがこの失敗をバネに必ず大きく飛躍する。

622 :黄泉:2006/09/20(水) 14:32:56
知人曰く32
他人のミスは癒しにならない。対戦しているわけではないので。

シコリが上にあると上値激重で上がらない。殆ど噴かずダラ下げ。

先物反転の初動を逃したので手を出さない。今は動きも少なく、動き損になりやすいので待機。

今日の取引は額を意識せず、ただ勝つ為に張ったのでワンテンポ早く利食った。
判断の時間は一瞬で迷いは許されない。INが楽だったので確実に獲れた。LCの板は無かったがおそらく成りが入るので他人に先んじて注文すればLC出来ると思った。
遅れたら爆死なのでロットを抑えた。

スタイル崩さず、ルールをきっちり守る。

チャートの形だけで売ってはいけない。こういう場合注文はいち早く取り消さないと波に押し流される。異変を感じたので即決済。
迷った時は即決済が良い。

噴いたらタイミング窺って売り。

先物上げ止まり確認後、下がるのを先回り売り。速攻買い戻し利確。

皆狙っているので指し負けが多い。

先物Wトップ確認後、板状況を見て先んじて売り。仲間のIDUも下がってきていた。下の板が厚かったので即買い戻し。

今日の教訓は、IN後僅かでも自分の思った方向へ行かなければ即決済する事がいかに重要かという事。
これを守っている限り大損はしない。

623 :黄泉:2006/09/20(水) 14:49:40
知人曰く33
上値が重い物は買わない。買うなら材料が出て強い物。

この相場では動けば動くだけ負ける。順張りなんて出来ない。後場先物が上げた時に空売り出来たが出遅れたので辞め。

日足が安値圏だからといって売れないのは間違い。先物下げに連動する物は戻りで売り。
出遅れないよう勇気を持って前場に飛び込む。以後は事前に方向性をしっかり予測してトレード。

IN理由が分からないトレードはいけない。

切り返して始値超えると思いINしたがそこで上げ止まり。下にあった板にぶつけるつもりだったが注文の残り板か分からないが梯子外されていた。
下に行くと確信したところで最低のLC板に投げ。こういう先んじた行動は良くない。

たまたま噴き値で売れナイスIN。買い見せ超頻発ししかも速度速過ぎ。買い見せに惑わされ含みを溶かしLC。
売り板も超薄く超変な感じ。+2Tくらいで逃げるべきだった。
LCは確実にIN値で手仕舞い出来る地点に到達したら即撤退。

欲張りと上値追いとロット大きすぎで最低トレード。

紙に書いて逐一チェックしながらやらなければならない。チェックしていれば好機以外手を出さないでいられる。
後場は絶対に紙に書いてきちんとしたトレードを行う。

指数が下抜けたら迷わず売り。仕掛けて動かない場合は即逃げる。

後場に取るのはほぼ無理。こういう時に手を出してはいけない。負けているからといって焦る事は最も愚考。
悪い取引はとことん反省。あと、どうやったらキチンとチェックしてトレード出来るかも考案しなければ。

624 :黄泉:2006/09/20(水) 15:02:01
知人曰く34
日足的に反転しそうなら時間軸ちょい長目で攻めたい。

トレードチェックシートが機能していないがやはりトレードとは微妙な感覚的なものなのか。

相場が難しいのか上手いトレーダーでもあまり獲れていない。自分が大利獲れないからといってしょぼくれるのは間違い。

嫌な相場。上値が重い、貸借は下がらない、先物はボックス。上がる気配が薄すぎる。まだまだ下値試すのか。スキャの練習処かも。

引け成りで買い50枚、売り50枚クロス取引。ここ最近の取り組みが0.07倍と変なのにもかかわらず信用規制が入っていない。
不動株10万株に対し8千株も売りが入っているのは取り組みが非常に良化していると言って良い。
明日売り禁が入る事を想定して引け成りクロスはコストパフォーマンス高い気がする。
手数料2000円+金利を払って実質空売り権を買いに行く。

これだけ下げても上値重く、新興ホールドしてたらまず逝ける。

いつまで経っても反発しないジリ下げ相場。追証がジワジワ出る展開で押目買いが順次入り、更にそれが掴まる悪循環が続きすぎ。
イライラするがこの相場でもしっかり利益出して生き残る。
そろそろ信用評価損率20%に達し、20%近くになれば反発する可能性大なので絶対に波を逃さない。

頭と尻尾はくれてやれの精神で耐えた。狼狽しない強い意志。

体調悪い時はやらない。監視だけして終了。

625 :黄泉:2006/09/20(水) 15:06:27
8268西友 196,197で買ったけど重いから、持越すつもりで200円に指値売り置いたら噴きおった。もう嫌だ

626 :黄泉:2006/09/20(水) 21:14:24
阿部の得票数が減少していたので一枚岩とは言えない。
4日立会で週明けは権利落ち。その後に投信設定の逃げ場はあるとしても10月の二日新甫と三連休が見えているのでSQが気になる。

225が15000付近まで下げれば国際優良株を狙いたい。

DTなら今日空けた窓15720-15800埋め時はロング。今日安値割れ時はショート。
トレンドフォロー派は移動平均のマイナス乖離、一目転換線・基準線とも下回っているのでショート基本。

阿部当選は想定通り、FOMCもおそらく変化無しなのにこの閑散としている市場には本質的な何かがあり、運用者が動き難くなっており、明日後場の動きが重要。

昨日の様に瞬間230高があるから今日の下げに繋がる。225は10月に達成すべき16200を8月に達成してしまった事で9月相場無し。
そして9月高値16414から11営業日で陰線は8本。陰線とは売り圧力の現れ。

627 :黄泉:2006/09/20(水) 21:29:08
モルガンスタンレーが不動産投資拡大、開発会社の株取得 − 9月19日、日経金融新聞

米モルガンスタンレーの不動産部門は米エネルギー大手デュークエナジー傘下の不動産開発会社クレッセントリソーシズの株式49%を取得したと発表した。
モルガンは不動産投資の拡大を進めており、8月にもオフィス専門のREITを買収。
クレッセントはフロリダやテキサスなど米南東・南西部の9つの州で住宅、オフィス、商業向けの不動産開発事業と土地管理事業を手掛けている。
デュークは今回の株式売却によって約14億ドルの収入を得る。引き続きクレッセントには49%を出資する。
残り2%はクレッセントのアーサーフィールズCEOが保有する。

628 :黄泉:2006/09/20(水) 22:03:40
主力の引け約定を見ると大きな買いが入っている。総額約2兆円の中間配当取りか。

昨年は地合とかあまり考えなくても個別の動きさえ見ていれば良かったが今は地合に振り回されている。

225F デイは逆張りが勝ち易い

629 :黄泉:2006/09/20(水) 22:09:25
マザ指数最悪 10000割れを狙っている

630 :黄泉:2006/09/20(水) 22:18:03
ポジショントレーディングとは、テクニカル、ファンダ、季節要因に基づいて売買を判断するトレーディング手法で、保有期間は1日から数ヶ月。
この考えを基に構築されるトレーディングシステムの一例はトレンドフォローシステムである。
トレンドフォローシステムの傾向として、勝率は低いが勝つ時の利益は巨額なものとなる。
また、歴史的に見てトレンドフォロータイプの手法が最も結果を残せている。
トレンドフォロースタイルのトレーダーは、ちゃぶついている相場では非常に苦しい展開になりがちだが、こういう時は焦らずに出来る限りポジを減らすか、
或いはちゃぶつき相場で利益が出るような逆張りタイプかオシレーター系指標を用いるという案がある。

逆張りタイプかオシレーター系システムを用いる場合、特に日中にLCを置かないようにすると勝てる可能性が高くなる。
ただし、これは本当に気休めみたいなもので、相場が動くと多額の損失が発生するし、勝てたとしても合計ではたいした額にはならない。
最も注意することは値幅。取引コストと比較して明らかに値段のうねりが小さい場合は取引しない方が絶対に良い。
値段のうねりが大きい場合にのみ逆張りタイプかオシレーター系指標が役に立つ。

例えば、商品先物の小豆とガソリンがどちらも中期トレンドが発生していないと仮定すると、小豆の場合だと取引は休むべき。
ガソリンの場合だと上記の様に逆張り、オシレーター系を使ったシステムを開発する価値がある。
PIVOTも良いと思われる。

631 :黄泉:2006/09/20(水) 22:24:23
>630続き
オシレーター系の逆張りについては、時間枠の問題も大きい。
例えば、同じ市場のDTにしても、60分足のオシレーターだったらLCポイントにも引っ掛かる事なく取れるが、10分足のチャートで同じオシレーターを使った場合は所謂「市場のノイズ」の所為で小さな波が頻繁に起き、LCの連続になってしまう事が先物ではよくある。
また逆に、低位株などでは日中の動きが安定しているため、オシレーターで取れるような波を打ってくれる日が少ないという事もある。

結局、
1.市場、銘柄を選ぶ。(商品、為替、普通株、先物など)
2.時間枠を選ぶ。(何分足、日足など)
の2点について考え、その後は自分で検証すること。

632 :黄泉:2006/09/21(木) 08:37:33
ラマダン 9/24〜10/22 月の満ち欠けで多少前後

633 :黄泉:2006/09/21(木) 08:40:57
ダウ 11,613.19ドル +72.28   
NDQ 2,252.89ポイント +30.52              
CME225 12 月 15,850.0円 (大証12月先物比 +170円) H15895 15760 15850

売り4780万株
買い3870万株
差し引き910万株の売り越し。4日連続の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系、欧州系ともに売り越し。
セクター別では、売りは、紙パ・鉄鋼・精密・小売など。
買いは、化学・薬品・機械・情報通信など。売り買い交錯セクターは自動車。

前日来一方に偏って動く日

634 :黄泉:2006/09/21(木) 08:50:32
政治家になると総理を目指す。リーマンは重役、社長を目指す。しかし総理も社長もポストは1つしかない。
大半は夢破れ、挫折し平凡な政治家、リーマンで終わる。株を始めると億万長者を目指す。
徳川埋蔵金200兆円を求めて3代に亘り120年間、赤木山の山麓を掘り続けている人がいる。
5万坪の土地を買い、この120年間で失ったお金は10数億。
皆、夢に向かって投資し行動している。そして大半は夢幻。

635 :黄泉:2006/09/21(木) 08:51:27
今日は戻り売りの日

636 :黄泉:2006/09/21(木) 09:12:09
先物⇒堅調 GU 前場⇒陽 後場⇒陰

IPOのリバ取りは底無し沼の可能性大。リバが弱すぎて狼狽となってしまう。だからIPOの急落には絶対に手を出さない。

637 :黄泉:2006/09/21(木) 09:36:54
Victorキタコレ

638 :黄泉:2006/09/21(木) 09:49:43
ダウ

7月18日のダウ安値10683は50週(38-62)のサイクルのボトムであった事が確認された。
従って、今週は新50週サイクルの11週目であり、且つ13−26週サイクルの11週目でもある。
長期的にはそれは4年(42-54ヶ月)サイクルの中の第5位相の50週サイクルである。
この4年サイクルは4つの50週サイクルで形成されると思っていたが、今回のケースでは5つの50週サイクルで形成されるようだ。

この結果、見方を若干変更せざるを得なくなり、中期的ストラテジーを変更したい。
現在ではこの新50週サイクルが高値を付けた後、ボトムは07年3月12日-11月7日の間に到来すると予想する。
この下落幅は現行4年サイクルの天井から20%強になるだろう。
しかし一旦引値が11040を下回ればこの4年サイクルにタイする強気見方は否定され、本年末までに天井から20%強の下落を演じるだろう。
また、株式相場の厳しい下げが出現する季節(9-11月)に入りつつある事に留意しなければならない。

639 :黄泉:2006/09/21(木) 09:52:42
>638
相場は25週線を大幅に上回って反騰したので、新50週サイクルに入っている可能性が高くなった。
また、4年サイクルの中の最後の50週サイクルに入っている可能性が高いので、この50週サイクルは02年以来最も弱気の特徴を示す事を意味する。
50週サイクルの中には通常2-3つの13-26週サイクルが入る。
もしこの50週サイクルが最も弱気を示すとすれば、相場は新50週サイクルの中の1つ目(現行)の13-26週サイクルでトップアウトする事を意味する。
従って、引き続きショートする好機を狙うのが良い。特に現在、5月10日の数年ぶりの高値11670に挑戦しているからだ。

前回の50周サイクルの天井に対するダブルトップは、4年サイクルがトップアウトする時に出現する時のパターンの1つである。
11600-11750の間の高値は、前50周サイクルの天井に対するダブルトップであり、11850までの反騰でも前4年サイクルの天井11750(2000年1月)に対するダブルトップになる。
この4年サイクルの中で20%強の下落が予想され、且つその天井は現行13-26週サイクルの中で出現し、且つ現在重要変化時間帯(9月15-25日)に入っているので、この天井と合致する可能性がある。
従って、その天井のサインを注視して売りを狙うのが良い。引値が25日線を下回れば13-26周サイクルが天井を付けた事を示す最初のサインになる。
相場が週間トレンドラインの10550を下回れば全てトップアウトした事が確認される。
それまでは4年サイクルは依然として上昇を示している。

糸冬

640 :黄泉:2006/09/21(木) 10:01:49
知人曰く35
IPO即金の注意点
・S高が一気に崩された時は成り売り
・買値及びVWAPを割ったら投げる
・指標及び親会社がダダ下げしたら注意
・下で売り気配の時に切る
・S高で寄るようなら半分手仕舞い

641 :黄泉:2006/09/21(木) 10:12:40
知人曰く36
大きく下げている時は試し玉でなければならない。試しで買って、上へ行けば買い増し、下へ行けば即LCで更に下で待つ。

決済は成行。間に合わないと思う時ほど成り。

順張りの基本⇒引っ張って値幅取れる可能性あり
逆張りの基本⇒トレンド自体は逆なので引っ張れる可能性は少ない

底を探る展開の時は試し玉でIN。上へ行けば買い増し。下へ行けばLCで更に下で待つ。
値動きが激しい時ほど試し玉は少ロットで。方向性を確認してから即買い増し。
そして買い増し後に動きが逆になれば、買い増し分が響いて損失が大きくなるので試し玉同様厳しいLC基準を用いてポジ整理。

利益が乗ったら必ず利食う。戻って来たら自分の判断がまずかったと思う事。
一旦利が乗った時点でIN値以上のTSを入れる。

そこから株価が自分の思った方向へ動くという確信を持ったらIN。
そして少しでも誤った方向へ動いたらLC。よって1Tでも逆行すればLCで良い。
少しでも異変を感じたら、疑いを持たず即決済。この方が圧倒的に好結果に繋がる。

即金の持越は思いを馳せてしまうが、S高⇒S安もあり得る。よって、やばいと思ったら一旦利食う。
そして即金余力は残す。残していないとここで手仕舞いで終了になるのが遅くなり手仕舞いが遅れる。
確かに持越は悲願だが、その日の利食いでもOKと思う事。

642 :黄泉:2006/09/21(木) 10:21:29
知人曰く37
俺は馬鹿だから失敗しなければ学ばない。だが同じ失敗は繰り返さない。

最も重要な事は負けない事。負けなければ資金は減らない。相場はいつでも好機を与えてくれる。
その時に這い上がれるだけの資金高であればいい。勝たなくてよい。日銭が稼げれば神に感謝。

いつか勝つ好機を虎視眈々と、獲物を狙うチーターの様に傷を負わずジッと待つ。
余談だがチーターは狩りは上手いが肉食獣の中では弱く、自ら獲った獲物でもハイエナやライオンには逆らわない。
怪我を負えば狩りが出来なくなるから。それが相場でいう退場。自分はそんなチーターよりもっと相場との力関係で脆弱な存在。
だから傷を負ってはいけない。好機は必ずあるのでその時、狩りが出来るよう食い繋いでジッと待つ。

ビジョナリーカンパニーという本を読んだ。「上場企業の中で生き残る企業とそうでない企業の違いは何か?」について書かれていた。
その違いとは、「経営理念の差」だそうだ。大事な事は、物事に対する取り組み方・考え方=経営理念。
トレーダーも同じかも知れない。確かに資金や技術を沢山持っていると有利だが、それより大事なのは相場に対する取り組み方・考え方かも知れない。
例えばどんなに財産があっても子孫が腑抜けなら財産を食い潰すくらいわけないし、もし子孫の理念が良ければUSEN社長の様に大成出来る。

643 :黄泉:2006/09/21(木) 10:31:56
知人曰く38
なるべく確実なところだけ確実な買い方で入るべき。トレードは真剣勝負でなければならない。

S高に張り付くと思ったら即買い向かった方が安全。上へ行けば行くほどリスクが増す。

CCI
前場最初の方は買いが強いと思った。そして10時過ぎから売り優勢になった。
10時までは先物に対して強く、10時以降は先物に対して弱い。10時まではマザが安値だったから強かったのだろうか。
先物は80GD。個別もGDだったがCCIのGD幅は2Tと少なかった。この時点で買い優勢だったのだろう。
そこで先物の安さ加減から上へ行く事は予想出来る。寄り付きGDの瞬間は買いだった。
そこから上値が重いなら決済⇒空売りに転じるべきだった。結局、上値は軽く、伸びたが。
今日は寄付前外資売り越しだったので上値が重いとばかり思い込んでしまった。
10時までは軽く、10時以降は外資動向通りの重さ。外資売り越しでも朝一は軽い事はある。
何故10時付近で先物&マザが高値抜けない付近でそこまで重さを感じなかったというと、10時まで軽かった余力が惰性で残っていたからと推測する。
この様に考えてみれば理論は出来上がるが、結果論的側面が大きい事は否めない。まだまだ研究不足。

644 :黄泉:2006/09/21(木) 10:45:41
知人曰く39
先物が弱い日に負けない事が肝要。大きく負けてはいけない。今はLCを学ぶ時。

ミスが多い。少しのミスを削れば大きく勝てる気がする。実力不足は明か。

今は逆風に耐える時。絶対に好機は来る。それまで怪我せずジッと待つ。
「焦るな」と脳内で何度繰り返しても焦りは無くならない。だが焦らずジッと待つしかする事は無い。

まだまだミスは多いがミスの質がマシになってきている。もっと考えろ。

裏目になりそうと感じる時、気が乗らない時はやらなくて良い。連敗中で不調な人間が言っても説得力が無いが精神面&技術面の改善が見られる。

ずっと前から気付いてて改善出来ないもの。メンタル。早売りと底付近で買えないという重症。
押目、急落、低い所で買う事を心掛ける。バイブル「ゾーン」を読み直す。

即金に夢を見すぎた。明かに安値だからという理由で売らなかった。ロットが少なく、ナンピンしなくて良かった。
何度同じ過ちを繰り返せば済むのだろう。愚行。余りに無能で弱者の行為。このことを大きく反省し、次に活かしたい。
自分の愚かさにようやく気付き始めた今日この頃。でも負けても負けても絶対這い上がる。
傷は小さくないがまだ損益はプラスだ、と慰めてみる。

即金神話は終わっている。それを追ってしまった事。最も重要な「リスク管理」を怠った報い。

645 :黄泉:2006/09/21(木) 10:50:40
金融業管理職曰く
今朝、「先物売り玉持越で死にたい」と顧問に電話。
同僚からは「死にたいと言って死んだ人間はいない、首吊って死ね」と言われたとか。
これでも、融資を断る顧客に言う台詞よりソフトな表現。

646 :黄泉:2006/09/21(木) 10:53:00
全体相場は売りシグナル。外人も今月は売り越し観測。

組閣で大臣が新しくなると献金資金を作る為の換金売りの思惑が出る。

647 :黄泉:2006/09/21(木) 10:54:46
ジムロジャースは10年間で4000%超のリターンを実現し、37歳で引退。

648 :黄泉:2006/09/21(木) 10:55:17
225は月曜にボトムを付けるだろう

649 :黄泉:2006/09/21(木) 11:41:26
9月25日-10月13日の間で15000-15550の価格帯でボトムを付けると予想。
このボトムで買いを狙うのが良い。

下げの勢いが強いとか雰囲気が弱いとかでストラテジーを変更したりはしない。
あくまでテクニカルを注視し、時間と価格のみで判断している。

650 :黄泉:2006/09/21(木) 11:52:00
知人曰く40
即金物は「引け際買い」。

HCの板の薄さと動きの速さに翻弄され、本来の自分の型を見失った。
SLオーダーが明確に設定されておらず、上がるだろうという楽観的思考により、市場という戦場に於いて思考停止してしまう事がある。
戦場で思考停止している訳なので撃たれて当然。退場も頭をよぎったが、資金の浮き分が無くなるまでは退場しない。
浮き分が無くなった場合はすっぱり退場する。ここでさえリスク管理を行えなくなったら死んだ方が良い。

今後のトレードで絶対に忘れてはいけない事は、ここまで行ったら成行で決済するというSLO(ストップロスオーダー)を明確に認識してトレードを行う。
これを忘れてトレードするようなら問答無用で退場しようと思う。相場の敗者として死ぬ気で頑張る。今回の決済が終了したら少し休みを取ってリフレッシュする。

良いトレーダーでも歯車が狂ったらなかなか勝てなくなる。平日毎日頑張って張れば有給使えるリーマンより実働日数は多くなるので、自分で休みを作るのは必要。

損した事を忘れないと、取り戻そうとする欲が邪魔してどんどん深みに嵌る。
そうなる前にリフレッシュする事をお薦めする。気持ちを切り替えてまた自信のあるトレードを繰り返すのみ。
もし自信が無くなったら1枚だけでトレードし、コツコツ調子を取り戻す。
あとは一度した反省をしっかり守る。これでどんどん失敗は減ってくる筈。
それと、明日から始まりだと思って再スタートを切るのも良い。何ヶ月かかけて高値を目指す気で良い。
兎に角続けていれば好機はある。今は生き残る。

勝負は蓋を開けて見るまで分からない。負けたわけではないのに落ち込んではいけない。
最初から上手い人なんていない。今生き残っている、億を築いた個人でも、ITバブルに踊って数百万を億にしてまた一文無しになった人も多い。
種さえ残れば相場はいつでも取り戻せる。相場は一つ一つが貴重な経験。大切なのは同じ失敗を繰り返さない事。

種銭まで減らした時点で一旦相場を休むのが賢明。休むとまた違った世界が見えてくる。

651 :黄泉:2006/09/21(木) 12:06:09
知人曰く41
ナンピンする時は、意識を「買い増し」に変えてみる。翌日に上がるとは限らないので、翌日になってから初値で打診買いから入り、下がった場合には翌日にまた初値買い増し。
もし底堅いなら最初から10投入するよりもリスクを抑えて勝率が上がる。
また、最初から10投入する場合はいくら下値が厚く底値だと思っていても、すぐにLCしないと危険。
最初から10投入する時点で、急いで取り返そうという気持ちが働いているかも知れない。

もし今日損失無しで手仕舞えたとしても反省しなかったら愚の骨頂。それは何百万の損失以上のもの。
反省し、必ずそれを次に活かす事が出来なければ反省する意味無し。
「反省して次の行動に活かす」事を絶対に忘れてはならない。

自分の行動の改善が出来なければ即退場の意気込みで良い。

「コツコツ」とは「コツコツ勝つ」事ではなく、「コツコツLC」する事だと思う。
自分の長所は利を伸ばす事であり、その長所を消すつもりはない。
長所を消したら勝つ事が出来なくなる⇒ジリ貧という流れになる。
だがスキャも勿論続ける。なんでもかんでもスキャでコツコツ勝てるわけではないという意味で、「コツコツ勝つ」ではなく「コツコツLC」するという事。
「コツコツLC」はリスク管理の手段であり、トレードに於いて最も重要な事と認識している。

板とチャートを見ると自分はまだSLO設定が甘いと感じる。チャートをよく見ていない証拠。
しっかりチャートを観察でき、SLO設定がきちんと出来るようになるまでトレードは控える。
リハビリプランとして、1枚トレードでSLOを完全に意識してやる。それがしっかり出来て初めて完全復帰する。

652 :黄泉:2006/09/21(木) 12:16:21
知人曰く42
無理に入らず勝率重視。取引形態も板重視から、カブマシーンの配置換えを行いチャート主体に。
今まで板:チャート=3:7くらいに意識していたと思ったら20:1くらいにしか認識できていなかった。
これからは5:5くらいを目標にINと手仕舞いを決定する。板が薄くて動きの速いHCでも成り売りしていく。

INのタイミングをしっかりとることが重要。
1.チャートを確り見る
2.LCを徹底する
この2点が確り確率出来るまで少ロットか見で行く。

大負けしても焦りは無くなった。欲を出すつもりは無い。IPO1枚買いでLC出来るか試す。
最も大切なのはリスク管理。しかしリスク管理を突き詰めたら株など出来ない。
トレードは、リスクを取る際にリスク管理を行う事だと思う。だから、足が前に出ない事はあってはならない。
大負け直後にIPOを買うのは愚かという考えもあるが、ロット最小とLCで確実にリスク管理を行い、足を一歩踏み出す。

「負ける事を恐れていたら闘う事が出来なくなってしまう」 − ジーコ

653 :黄泉:2006/09/21(木) 12:39:05
知人曰く43
反省しないのは最もいけない。反省し、次に活かせる人間に成れるよう頑張る。

自分の中でナンピンという概念は無い。自信があってもナンピン含む買い増しは控えたいと思っている。
ナンピンは上手くいけば良いが、失敗した場合、受け入れ難い損失を被るから。
よほど自信が無い限りナンピンしない。今後もよほどの事が無い限りアゲンストポジション(以下アゲポジ)の買い増しは行わない。

損失を取り戻そうという気持ちが消え、上手くリスク管理が行えるようにならない限り完全復帰はしないと決めた。
ここからはまず基本に立ち返り、LCの練習から始めたい。
間違いなく損切りが躊躇無く行えるようになるまで完全復帰はしない。

損切りが出来ず、細かく勝って大きく負ける事が多々あった。
しかしDT関係の本を何冊も徹底的に読み、自分自身の心に損切りの大切さを言い聞かせ、今ではコツコツ利益が出るようになった。
「動きが怪しくなったら同値撤退」「一円でも下がったら損切り」「いまいち自信の無い時はロットを落として取引」を毎日言い聞かせて取引している。
これらの事を毎日自分に言い聞かせて取引していれば必ず損切りの達人になれる。
今は焦りは消え、資産を減らさない事だけ考えている。株の世界は何が起こるか分からない。
細心の注意を払ってさえ、なお足りない。

その日のトレードを確り復習し、どういう条件でINしたのかを克明に頭に残しておく。

LCを確り行い、少し遅れて利を削りながらでも利確。こういう確りした取引こそ重要。

654 :黄泉:2006/09/21(木) 14:11:05
SGXがCME清算値に対し大幅に乖離して寄り付いた時は東京はSGXに順張り

655 :黄泉:2006/09/21(木) 15:25:12
>654 早く寄って、且つ前日終値と始値の乖離が小さく、且つ品薄、且つ225銘柄 だよ

656 :黄泉:2006/09/21(木) 15:30:18
検証したら報告して(ิーิ)ニヤリッ

657 :黄泉:2006/09/21(木) 18:46:02
来週始めからWTIコール買いを考える。
みずほFGはもう少し下がり、中間選挙辺りで下げ止まるだろう。

225は明日上げても火曜に反落。下げれば月曜にボトムを付けるだろう。

658 :黄泉:2006/09/21(木) 18:56:59
苦しい時のハイテク頼み。アドテスト、エレクトロン、TDK、京セラで100円押し上げ。
前場下げていた銀行の上昇が明るい気持ちを持たせた。
しかし出来高少なく、参加者少なく、機関も9月期末で身動き取れず。
ディーラーも25日迄に手持ち処分があるので売買も限定されている。

今日は方向性が無かったが1時迄に売られたのが良かった。買って投げて右往左往。
投げが出て下がった物ではなく、その下げ過程で買い物がきっちり入るタイプを狙う感じ。
全体的にはまだ難しいが、日頃から噂のある個別に活路が出来たので今日は充分。
来週からは横に広がりが出る。

後場に需給がハッキリしたので↓の堅さが見えた。だが月内の需給がハッキリしてもその後が不安。
なので今後の上値の重さを考えている。明日は上がっても反対売買があり、それを乗り切れるかどうかの時間帯。
下がれば配当取りの買いが入る。そういう需給より材料株のような一発注目される物が生まれなければ活気が無いので難しい。
前場と後場で物が変わればベスト。

659 :黄泉:2006/09/21(木) 19:06:29
25日に阿部総理誕生と同時に小泉退陣。総理になるには引き立てが大事と言われる。
冷酷非情と言われた小泉が、阿部に5年間、日の当たるポストを与えてきた。
小泉の懐刀と呼ばれた首相秘書官の飯島が新聞紙上で「(阿部さんを重要視しているのは小泉さんが過去、総裁選に出馬した際、泡沫候補と言われた小泉さんを支援したのが阿部さんの父親である阿部晋一郎外務大臣)
その恩を今、息子の阿部さんに返しているのだろう」と語っていた。

小泉が総理就任時の225は01年4月26日13974円。以後、5月7日に14529に上昇したがその後、半値7000に下げた。
当時は出来高10億株以下の時代で現在のネットもおらず、ヤメロコールも出なかった。
阿部政権は株式市場に配慮した政策をとってくれるのだろうか。
米が不況に落ち込んだ時、当時のクリントンは「景気回復は株式市場から」と、GS証券のルービン会長を財務大臣に迎え、株価は1000ドルから8年かけて11722ドルの11倍になった。
ブッシュも今回、GS証券の会長を財務大臣に迎えた。すると株価は史上最高値11722ドルに接近し、原油は下がった。

阿部の財務、経済、金融庁人事に期待したい。財務大臣の一押しは塩崎。

660 :黄泉:2006/09/21(木) 20:15:18
前場時点で大引け成り出したいのう

661 :黄泉:2006/09/21(木) 20:31:43
225F
9時半くらいでその日の方向性は大体決まる。ディーラー時代によく言われたのは、「9時半まで様子を見ろ」。
寄りから勘で入る場合はあまり上手くいかない。

月曜の動きは良く分からない。
ここ1ヶ月半〜2ヶ月くらい、CS証券などが寄りから1000枚売りや買いなどドカンと出すので動きが読めない。

評価損を抱えたからといってONするのは辞めた方がよい。
契約ディーラーの連中は、絶対に含み損の状態ではONさせてもらえない。
当初設定した時間を後で変更しない方が良い。変更すると大体やられる。

もし100万円で先物を相場勘でやるなら1日50円を狙いに行く。1日の値幅が200円くらいなら50円を目標にする。
もし午前中に含み益が50000円に達したら利食ってその日はやめる。
人間、50000円の利益を得た後に入ると、次は20000円でいいやと思って判断が甘くなる。その時点で間違っている。

自分が読み間違えたと思ったら、何か大きな力が働いていると思ってすぐドテンする。
間違えたと思った瞬間早めに切り替えると上手くいく事が多い。

儲かっている時は早めに利益確定したくなるもの。含み益が減ってくると一刻も早く利食いたくなる。
プロは、含み益が生まれたらなるべく利益を伸ばそうと我慢出来る。それが後々の利益の差になる。

含み損を抱えている時は我慢出来る。その時に保有する根拠は希望的観測だが、その希望が叶う可能性は極めて低い。
時間を決めて切るべき。

でかい板が出た時、ディーラー経験者なら、こう考える。でかい買い板が入ったら「誰かが上を買わせたいと考えている」。
でかい板が出た時は、こいつは本当に買いたいのか、売りたいのか考える。
でかい売り板が出た時、知らない人はその下で売りたいと考える。
16000で1000枚の売りが出ていた場合、プロは16000買いの状態にしてしまう。そして16000以下で売っていた連中は踏まれる。

先物は自分で出した板に自分の注文をぶつけても法的には構わない。自己玉アタック。現物の場合は違反。

662 :黄泉:2006/09/21(木) 20:32:17
>661続き
手口 先物を売りで仕掛けた場合はその日の内に買い戻す連中が多い。

25日線を上抜けると雰囲気がガラリと変わって16200辺りまでは上がるだろう。

25日線とCBOを組み合わせて考えるとトレンドを大きく読み違える事は無い。
スローストキャ、ファストストキャも組み合わせる。ストキャが下がってからでないと上値は余り伸びない。

663 :黄泉:2006/09/21(木) 20:36:27
>662続き
1T抜きは買った直後にすぐ上に注文を出す。やると結構簡単に勝って儲かった気になるが、これで勝ち残った人はいない。
1Tで3回勝つのは簡単だが、1回掴まったら5,6Tやられてしまう。結果5勝6敗でトントンなど。これをやっている内は100%勝ち組にはなれない。
1T抜きのLCは1Tでは出来ない。労多くして利益無し。
1回の売買で50円抜くのと、1T10円抜きを5回繰り返すのでは前者の方が簡単。

100円やられたらそこでドテンした方が良い。最低でもそこで切る。
100円が正しいか200円が正しいかその時の相場付きによるが、100円やられた状態から復活するよりそこでドテンした方が良い。
LCは我慢せず、利食いを我慢する。

ディーラーは利益確定の指値を出さない。利確する時は板にぶつける。
850円で売りをチョロチョロ出し、850円に売りが溜まってきたら850円に買いをドカンとぶつける。
買いたくもないでかい買い板が出たら、売りたい奴がいると考えるべき。

664 :黄泉:2006/09/21(木) 20:37:10
>663続き
寄付前外資動向はあくまで寄付前の動向であり、寄り付き後に入ってくる注文は含まれない。
今は欧州系の方が力を持っており、欧州系が買い越しの日が上がる傾向、逆は下がる傾向。
セクター別の買いに銀行が入っていたらまず強い。この情報は日本人ブローカーが吐いている。

監視銘柄
8306 MUFG
8316 三井住友FG
8411 みずほFG
4321 ケネ
2337 アセ
8922 IDU
8902 パシマネ
2379 ディップ
4314 ダヴィ
3765 豆蔵
4788 CCI
3810 サイバーステップ
2392 セキュアード
3311 アップガレージ
2497 ネットエイジ
2121 ミクシィ

先物売買手口には顧客の売買も含まれる。トレイダーズにはイートレ分も含まれる。
力を持っているのはGS。今は大証直結端末では発注していない。タイコムは力を失った。
今はCSが片張りでガンガンやってくるのでこいつの動向に左右されている。
外資系は1000枚くらい平気で傾ける。

665 :黄泉:2006/09/21(木) 20:37:49
>664続き
不動産投信に資金が入ってきている。

寄り引けシステムトレードはどうせ大引け決済なのだから、売りシグナルの場合は少しでも上で売り、買いシグナルの場合は少しでも下で買えるよう努める。

ラマダン入りでモタモタして、10月に入ってから意外に元気出てくるかも。

黒髭氏の窓壁理論は究極の逆張り指標に成り下がった。そもそも遅れて動く現物指数を見て売買する時点で間違い。

CMEは円建ては少ないがドル建ては多いので出来高少ないのは気にしなくて良い。

糸冬

666 :黄泉:2006/09/21(木) 20:47:45
先物でスキャだけで生き残っている奴はいない。
何故言い切れるかは、証券会社内部の人間は顧客の**が見えるから という妄想

667 :黄泉:2006/09/21(木) 21:23:42
>664 豆蔵が3765ガンホーである確率40%

668 :黄泉:2006/09/21(木) 21:38:54
NY大幅反発の割に東京が重いのは、裁定買い残が積み上がっており、売りたい先物筋が多いから。
世界の株高から取り残されている東京市場は、先物筋の様な不公平な取引で一般投資家不在の市場となった。
ファンダ重視の個人は先物主導の相場について行けず、鴨にされて自信を失い退場している。
市場エネルギーに欠け、相場が盛り上がらないのは個人不在によるもの。

昨夜のNY市場が大幅上昇したのは原油が一時60ドルを一時的に割る様な安値を付けたのを好感しての反応。
今月は利上げが見送られたがこれで終わったわけではない。
賃金上昇から来るインフレ圧力はこれからであり、今は好材料の先食いをしているだけ。

669 :黄泉:2006/09/21(木) 22:18:43
権利付最終日はディーラーは売買出来なかったり、空売り禁止になる証券会社も多い

670 :黄泉:2006/09/22(金) 08:26:49
ダウ 11,533.23ドル -79.96   
NDQ 2,237.75ポイント -15.14              
CME225 12 月 15,710.0円 (大証12月先物比 -60円) H15845 L15660

売り3170万株
買い3480万株
差し引き310万株の買い越し。5営業日ぶりの買い越し。
金額ベースも買い越し。
セクター別では、売りは、精密・陸運・小売など。買いは、鉄鋼・自動車・商社・銀行など。売り買い交錯セクターは、建設・化学・薬品。

前場安いと後場へ戻る日 押し目買い

671 :黄泉:2006/09/22(金) 08:27:24
機関は年利6%以上を条件に売買している。数字が低いのはヘッジを積極的に行うから。

672 :黄泉:2006/09/22(金) 08:28:16
破綻は許されない

673 :黄泉:2006/09/22(金) 08:40:09
昨日は下落中でも物色対象は多かった。回転が効き始め、上でも下でも儲かりやすい地合になってきた。
今日は新月で彼岸底。10月頭が悪いと思いすぎている反動のギャンブル的銘柄があるかも。

674 :黄泉:2006/09/22(金) 08:55:53
火曜のニュースを金曜に載せる日経煽り新聞

675 :黄泉:2006/09/22(金) 09:39:53
注文取り消し忘れ 5秒差で急落回避 おっとろし

676 :黄泉:2006/09/22(金) 09:55:09
「ヘッジファンドが破綻したから下がる」ではどれが下がるか分からない。

ヘッジファンドはキャリートレードで低金利の円で調達し、その国の外貨に替えて運用している。
それが破綻すると円高が進み、輸出株が軟調になるかも。

以前のヘッジファンド破綻時は5000億円規模で10円円高が進行した。

ただ、最近は分散投資しているのでそれほど急激な為替変動は無いだろう。

677 :黄泉:2006/09/22(金) 10:03:53
変化日とは、相場の転換点を示す時間を指定する為である。例えば、変化日が3月19日の場合、相場がその時間帯に向けて上昇していれば目先天井となり、逆に下落していれば目先底となり、相場の転換日になる可能性が高い。
また、30%の確率で重要な上値抵抗線や下値支持線をブレイクする。
これは例えば、保ち合いが続いている相場がその変化日に保ち合いを上放れたり下放れたりする事がある。
要するに、相場エネルギーが爆発する(値幅の大きい上昇、下落を伴う)可能性が高い時間帯である。

但し、変化日として指定された時間はオーブを取る必要がある。オーブとは、許容範囲という意味であり、変化日の前後3日がその範囲内である。
従って3月19日であれば、その前後3営業日、つまり3月15日(17,18日は土日、20日は春分の日の休日で除外)〜22日までが変化日で、相場の天底になる可能性がある。

変化日は以上述べた様に、相場の転換点になる可能性を示すが、問題はその変化日が天井で出現するのか底で出現するのかまでは判明出来ない。
また、変化日が単なる目先天底で終わるのか、或いは長期に亘る天底になるのかまでは判明しない。

678 :黄泉:2006/09/22(金) 10:11:22
裁量厳しい もう辞め

679 :黄泉:2006/09/22(金) 10:13:22
全銘柄S安しちまえ糞がよー

680 :黄泉:2006/09/22(金) 10:54:01
6162ミヤノ 公募割れ。主幹事が大和じゃしょうがない

中国でネトゲ規制が出来るとか。プレイ時間3時間以上で得られる経験値が半減し、7時間以上で0になるとか。

681 :黄泉:2006/09/22(金) 11:05:14
GS証券デービッド・アトキンソン氏の銀行株レポート

『主要銀行株の調整は単に季節的なもの。アトラクティブを継続』
業界環境
主要行株はMUFG(8306、中立)、りそな(8308、売り)、三井住友(8316、中立)の主導により過去1ヶ月に10.8%下落した。
当社はこれを単なる季節的調整と考えている。過去23年間に於いて、銀行株が9月に市場平均をアウトパフォームしたのは6回に過ぎず、同月は銀行株のパフォーマンスが最も弱い月となっている。
これに近いのは7回の7月のみで、12ヶ月平均は11.2回である。
つまり、9月はパフォーマンスが最も弱い月であるというだけでなく、突出して弱い月という事になる。
これに対し、10月から1月までは統計的に1年の中でも特にパフォーマンスが好調な機関であり、9月の低迷を相殺している。

推奨の背景
ファンダ面では予想以上に緩やかな金利上昇を受けて市場が銀行株にタイする姿勢を慎重化するのではないかとの議論がある。
当社の考えではこれは足元の季節的調整への理由付けに過ぎない。
バリュエーションの観点では割引モデルを用いた場合、金利上昇が10月であろうと12月であろうと1月であろうと将来のCFを現在価値に引き直す上で殆ど違いは無く、
現在の低金利環境では尚更である。
主要行のPERは現在、07年の業務純益当社予想ベースで7.3倍と、グローバル平均の7.5倍を下回り、1.25%への金利上昇を前提とした場合の当期利益当社予想ベースでも10.9倍と、
当社推定の適正PER12倍を下回っている。
このため、足元の調整を買いの好機と捉え、主要行セクターに対するアトラクティブのカバレッジ・ビューを改めて強調する。

株価材料
主要行株は従来、預貸利鞘拡大への感応度が極めて高い。
当社は今年下半期に貸出利鞘が改善すると見ており、利鞘改善に関する銀行のコメントが増えてくれば株価がこれを好感すると予想する。

リスク
現在のバリュエーション水準では、主要行株に大きなリスクは無いと見る。
ファンダでも比較的安定しており、視界良好。

682 :黄泉:2006/09/22(金) 11:07:28
投げられた低位を買うのか、昨日反発して反動で下がったハイテクを買うのか。
大口が方向性を作る材料株や、割り切って崩れた物を買うも良し。

683 :黄泉:2006/09/22(金) 12:29:40
この相場は上を買わなくても投げてくる相場

684 :黄泉:2006/09/22(金) 12:35:09
知人曰く44
アドウェイズ、見た瞬間、誤発注と分かり注文したが遅かった。取引時間20秒。注文の瞬間特買い。
結果的に買えなかったが即反応出来た。このスピードは成長の証。今回の反応速度は誤発注以外にも活用出来る筈。
問題なのは取れなかった事ではなく、即座に正しい判断と行動が出来たかどうか。

まだLC設定が甘い。逆行ったら切ると思ってはいるが厳密な価格設定が出来ていない。これからの発注はLCラインだけは絶対に紙に書いてから出す。
そして実行する時は成行。

先物を見る時は前日比で見ている。例えば前日比-200から-100になったら買いとか。

まだ発注前のチェックが甘すぎる。どういうミスでヤラレたのか休憩中にじっくり考え直す。

流れが変わったのを確認したのに逆の行動をしていた。それが分かったのが一番の収穫。
トレード記録を付ける効用により負けが次に活かせそう。負けは良くないが負けてしまった場合、次に負けないようにすればそれは本当の負けではない。
次に活かす為には徹底的な研究が必要。

最近、S高で掴むとろくな事が無いので安全なところで寄って売り。これならリスク無い。しかしその後張り付き。
ここまであからさまだと逝ける。

下を見せておいてボトム作って一気上げ。なかなか取れない。

板状況からスケベ心で入って取消できず約定。最近取消出来ないパターンが多い。
個別が強いのに売り順張りで入った大馬鹿。相当反省しなければならない。
反省しきるまでトレードは慎む。急落したわけでもないのに方向性に逆張りとは死んだ方が良い。

685 :黄泉:2006/09/22(金) 13:02:22
知人曰く45
自分は理論に於いて未熟過ぎる。正しい戦略を立て、それを実行するのみ。
馬鹿げた行動をせず、テクニカルとLCを徹底するのみ。
ただ、そんな事さえ出来ていない。もっと学ばなければ相場で生き残れない。
負けない事が最大の課題。今は超確実に復習とチェックシートを付ければそれで良い。

先物口座開設したが好機以外は使用するつもりは無い。レバの高さを鑑み、好機にのみLC超厳格を大前提とする。

時間が早くても方向性が無いので頭冷やす為に終わる。

上で大ロットは典型的爆死パターン。以後ギャンブル勝負はしない。勝てるところだけ勝つ。
大きく勝つ事より大きく負けない事の方が圧倒的に大切。連勝を維持出来るよう頑張る。絶対に一発を食らわない。
少しずつでも着実に利益を積み重ねる。絶対に喰らう勝負はしない。コツコツやれば勝つ事も出来る。

空売りで含み益が乗っていたくせに強くなった瞬間に買い戻せなかった。そして設定LCラインをズルズル、大幅にLCが遅れた。
10分程度で流れが変わるとは想像していなかった愚者。正直死んだ方が良い。

今日の反省点
・設定LCラインでカット出来なかった事
・流れが変わったのにもかかわらず希望を持ってしまった事

こんな馬鹿な取引をしていたら負けるのは当然。馬鹿な行動をとったから負けたのだから次からは馬鹿な行動はとらなければ良いと冷静に考えつく事が出来た。
自分の相場はまだ終わっていないし、まだ始まってもいないかも。
以後、同じ失敗を何度も繰り返す事だけは避けたい。

686 :黄泉:2006/09/22(金) 13:09:30
知人曰く46
トレードの勝敗について反省しているが本当の問題はそこではない気がする。
自分で宣言した事が守れていない。本当の問題はここにある。だから取引のルールを決めても守れない。
だから負けて当然。ネット以上に手元で反省しているがそれが全く活かせていない。
反省しても活かせないなら反省する意味無い。今まで守れなかった人間が言っても信憑性が無いが、今後は自分のルールは絶対守る。
これでも守れなければ退場した方がマシ。

04年のK-1ワールドマックスで優勝したブアカーオは05年は準優勝だった。
ムエタイの選手はキック主体で試合をするのだが敗れた後にK-1はキックだけでは勝てないと悟り、パンチをメインにした戦略に変更し、それに合わせてストイックにトレーニングを続けた。
この点は株にも当て嵌まる。もっと感心させられたのは、枯れは家族の生活の為にも命を懸けて闘っている事。
俺は彼のレベルで取引しているのかと自問自答させられた。株取引はゲーム感覚でやり心は命懸け。こんな風な取引をしていきたいと思わされた。

687 :黄泉:2006/09/22(金) 13:19:27
知人曰く47
トレードを1日休んでも全く禁断症状が無い。俺は株中毒ではない。でも投資苑によると、負けた金額を取り戻そうとするギャンブル中毒だったかも。
好機が無い相場、逆風の相場ではなるべくやらない方が良い。

IPOは触らない方が良いというより、順張りを無くせば入っても良い感はある。上昇中の押目オンリーで。

先物は大きな窓があるが埋めずに上げていくようだと相当強い。

反省する謙虚な気持ちは見習わなくてはならない。余り自分を責めるのも良くない。
よくルールを守るのが大切と言うが、確かにそうだがDTの場合は瞬間的判断力が求められる。
その数秒の中で沢山のルールを実行する事は無意味な様に感じる。
ゴルフに例えれば僅か0.2秒のスイングの時間でプロは2つ以上の事を考えないが、アマは3つ以上の事を考えるので良いスイングが出来ない。
トレードで一番大事なのは損切りだと誰もが言う。これは誰もが知っている事だが、本当に分かっているかと言われたら本当に分かっている人は少ない。
その割合は100人中10人くらいだろう。

これからは巻き返そうとするのではなく、ただひたすら自分の規律を守る事だけを念頭にトレードする。
この場合、トレードシステムが間違っていたら死ぬがそれは仕方ない。
以後の計画としては、IN時にSLOを設定し、TSのみをこまめに設定してリスク管理したい。
自分はただルールに従うだけ。この方が楽ちんな気がしてきた。

もしかしたら自分自身、トレーダーという業をどこかで甘く見ていたのかも知れない。今回の度重なる損失と失敗から、自分の弱さをまざまざと思い知らされた。
それは大きな反省の切っ掛けになった。本当に資金が無くなったり大きく減少してしまう前で良かった。
今後、命を懸け、必ず復活したい。

688 :黄泉:2006/09/22(金) 13:28:29
知人曰く48
「好機の神様は前髪しか無い」という言葉がある。前方から好機の神様が来ているのに捕まえる事を躊躇してしまい、
気が付けばもう後ろ。慌てて振り返って掴もうとしても前髪しか無いから掴むところが無い。
結局、去ってしまうのを見送るだけ。
明日の事は分からないがもし好機があればINしたい。実力はあるのだから柔軟な対応も必要かも知れない。
しかしここでやったら駄目だ。もしかしたら明日50万円勝てるかも知れないが、それは一時の利益でしかない。
自分の規律を破ればそれが以後例外では無くなってしまう。例外で無くなった時、本当に休まねばならない時に休むという行動が出来なくなってしまう。
自分の規律を破るという事から過去大敗した訳なので、この罰は甘んじて受入なければならない。
自分の心に巣くう弱さを駆逐する。

自分を律する事が今後の自分にもたらす利益はおそらく一時の利益の比では無い。
律する事が出来る事で利益を積み重ね、何より損失が限定される。
加えて本当は休んだ方が良い場面で休めなくなる。そこで被る損失は余りに大きい。
よって休むと決めたら絶対にトレードしない。これは自分自身に貸した罰。
自分の中では戒律にも等しいこの決まりを遵守する。重ねて、今週トレードしたら退場する。
その決意で相場に臨む。

自分を律する事が出来ない人間は早晩相場から消えていく。
自分の気持ちを制御する事が相場の世界では本当に重要。上手く自分の気持ちを制御する事が出来ればきっと素晴らしいトレーダーに成れる筈。

689 :黄泉:2006/09/22(金) 13:42:41
知人曰く49
克己、自分を制御するのは難しい。人間誰しも経験によって判断する。
その経験が誤った成功体験である場合、後でしっぺ返しを喰らう。
特にギャンブルではそうで、株でも同じ。この世界は厳しく、有名な投資家でさえ90%は最終的に失敗し破産している。
それは過去の経験則に基づき判断しているからだと思うが、その際LC出来ていれば良かったのではないだろうか。
相場の神様と呼ばれた人でさえ失敗し破産しているのだから相場は何が起こるか分からないという事で、LCは非常に大切だという事になる。

LCに関してだが、本当の下げ相場の時は神速でLCすべき。地合が良い時はすぐ戻してくる物が多いが、その判断にはバッファを持たせるべきかも知れない。
LCは自分が許容出来る金額の範囲内という事かも。

トレードルールを守れる事が今の一番の課題。土台固め。それが今後にどれだけ繋がるか分かっている。

師匠と思っている某元ディーラー氏は、言っている事が状況に応じて変わるのは当たり前とおっしゃっておられる。
相場師たるもの、刻々と変化する状況に応じて臨機応変に自分を変えないと生き残れない。
本当に上手い人はルールや手法の引き出しをいくつも持っているから、常にこうしないと、というルールはそんなに持っていないのかなと。

690 :黄泉:2006/09/22(金) 14:09:05
知人曰く50
買い増したらTS引き上げ。

お金を考えてはいけない。ただただ良い仕事が出来れば良い。結果はから付いてくる。

どんなに忙しくともIN理由とLCラインだけはIN前に記録する。

買う時は即上がるという理由で買っている以上、即上がらなければ逃げておくのが基本。
要は自分の見解と違う動きをするなら一旦逃げておくという機敏な売買が短期売買の基本。

それほど動かなくても着実なスキャでロット上げればある程度満足いく結果は出せる。
今はトレンドらしいトレンドが非常に分かり難いのでこういう状況では時間軸の長いトレードは殆どギャンブル。
だからこそスキャの基本を身に付けトレードの基本を身体に染み込ませる事で後に来る上げ相場に備えたい。
持論では時間軸が長くなるほどINの精度が求められる。DTで経験を積む事でINの精度を高める事が出来ると思う。

時間軸が長くなるほど資金管理、相場全体の流れの読み方が重要。
INの精度はトレードのほぼ全て。INが良ければまず負けない。
相場の流れが読めてなければ精度の高いINは出来ないのは勿論、資金管理は相場をやるものとして出来て当然。
重要なのはいつどのようにINするかに集約される。DTでは好機はいくらでもあるが時間軸が長くなればなるほど好機が少ない。

691 :黄泉:2006/09/22(金) 14:40:42
知人曰く51
安易な順張りをしない。小さな損失を恐れない。死んだつもりで週末猛省。リスキー勝負は金輪際しない。吐き気がする。
勝ちながらでも毎日反省。

体調が良い時の方が頭が冴える。先週ずっと体調が悪かっただけに。

上に行きたがっている株を買い、下に行きたがっている株を売る。基本売り買い自在。

兎に角コツコツ焦らずコツコツ

連勝中だが最近、利を伸ばす事に臆病になっている。8万くらいで満足してしまう。

面白いかどうかじゃねえ、そいつで儲けられるかどうか

692 :黄泉:2006/09/22(金) 14:44:13
時価総額がデカイ銀行を売ってくるから始末が悪い

693 :黄泉:2006/09/22(金) 14:45:02
4839WOWOW 9月期末なので本気で売りたいのかも

694 :黄泉:2006/09/22(金) 14:47:04
9月25日-10月13日の間でボトムを付けるだろう。オシレーター的には15300処

695 :黄泉:2006/09/22(金) 14:53:00
下げ方の中味が良くない。今後の動きは月曜に考える。今日は人気物が反発しているが歩値を見ると売買単位が小さく大口がいないので連続性は疑問。
盛り上がりが無いと飽きられるので10月頭が厳しい。

696 :黄泉:2006/09/22(金) 14:56:38
早上げダラ下げ⇒弱い
ジリ上げ早下げ⇒強い

697 :黄泉:2006/09/22(金) 14:57:39
サイクロンシュート⇒弱い
ドライブシュート⇒強い

698 :黄泉:2006/09/22(金) 14:58:12
ネオサイクロンだたーよ

699 :黄泉:2006/09/22(金) 15:02:56
盆栽にお水をあげてくるーよ

700 :黄泉:2006/09/22(金) 15:09:48
三山に見えなくもなく。これできっちり調整したら強気買いですな

701 :黄泉:2006/09/22(金) 18:42:48
原油は売りに売られ買うのも怖い相場となったが、週足は4本連続陰線となり、過去に例が無いので週初めに買いかも。

702 :黄泉:2006/09/22(金) 20:09:26
今日は新月で彼岸明けは27日。25日は権利付最終日で日柄のポイントは27日なので来週は難しい。
が今の流れが変化する要素が多く、資金的に今週は動けなかったファンドマネージャーが月変わりから動く。
先に潰れると言われた新興やIPOが戻りを見せた。一部は上を買えない慎重になっているが、先に売られた物の下げ幅を基準にして見ると良い。
月曜だけだが下がれば配当利回り物だけは高くなる。配当を忘れて売られるならそれは狼狽なので買っても良い。
投信設定の思惑から下げすぎていた新興は動きが良く、引け直前の鉄の歩値を見ると配当を意識した動き。
しかしここで不発になると痛いので、チャートが崩れた目先物はさっさと売る。
裁定買い残が4.1兆円という異常な状態になっており、権利取り後に解消してきたら死ぬ。

703 :黄泉:2006/09/22(金) 20:14:05
>659 阿部政権発足は26日だたーよ

704 :黄泉:2006/09/22(金) 20:15:40
苦月も残り5営業日。9月に上昇したのは直近10年間で2回だけ。
下げ主導してきたヤフー、楽天、銀行の下値が見え始め、上げの牽引役を果たしてきた不動産、鉄鋼に利確の動きが見え始めてきた。

705 :黄泉:2006/09/22(金) 20:32:21
マザ市場の騰落レシオ62で注目するタイミング。

「日本株が出遅れなのはミューチュアルファンドの決算売りの為に株価が上がらない」などと言われているが、決算売りは日本株に対してだけでなく米や欧州に対しても行われている筈。
なのに米が高値を取ろうという勢いで日本株だけ出遅れている理由にはならない。

今日ようやくネックラインを割り、配当権利取後の26日辺りから裁定解消売りが出始めて下げ加速するかも。
最近の相場は、下げそうで下げない動きを見せながら結果的にイベント通過後に先物主導で一気に下げるケースが見られる。

706 :黄泉:2006/09/22(金) 20:40:16
大幅GDは基本的に突っ込んだ物を買って行く。連日下落していた楽天のGDは格好の的。

707 :黄泉:2006/09/22(金) 21:03:07
弱いIPOには近寄らない。直近IPOを見て流れを読む。

708 :黄泉:2006/09/22(金) 21:10:47
弱いIPOには近寄らない。直近IPOを見て流れを読む。

下で丁寧に拾う。急落リバを取りに行かない。持越しない。ギャンブルしない。

709 :黄泉:2006/09/22(金) 23:50:50
大御所曰く
長い間経験を積んで出来上がった理論を作業として実行。そう簡単に真似出来ないし、人によって同じ銘柄でも全く違うトレードをする。
上手い人がどの銘柄を扱っても上手いのは事実だが、安定して勝つには相場の雰囲気を読んだり、経験を積んだ上での感覚があってこそ手に入れる事の出来る上手さが必要になる。

710 :黄泉:2006/09/24(日) 19:52:57
大御所は理論が感覚として身に付いているので言っている事が抽象的だ。

それからこうも言っておられた。
「最終的に生き残れるのは賢い人間でも運の良い人間でもなく、いかに相場に合わせ自分を変化させ、相場にフィッティングさせられたか。
また、損切り出来ない人は勝っていたとしてもその時だけで、相場が変化すれば早晩破綻する。」

711 :黄泉:2006/09/24(日) 20:11:26
6764 三洋電機
太陽電池の売上高は04年度250億円、05年度470億円で、規模は非常に小さいが伸び率は大きくなっている。
市場自体も拡大しており、今後も非常に魅力的な市場と思っている。
その中で、トップレベルの発電効率を売りにしていこうと思っている。
太陽電池の原料となるシリコンウエハー不足が懸念されているが、市場そのものが大きく崩れるほど不足している感じはない。

太陽電池市場は大きく伸びているが、同社の株価を大きく動かすほど業績寄与が大きくなるかは不透明感ある。

712 :黄泉:2006/09/24(日) 20:36:09
6925 ウシオ電機
業績良好でファンドマネージャー好み。最近一方的に売られており、売り残が非常に積み上がっている。
こういう物が反発し始めたら長期上昇相場を演じる。

現在の相場は読み難いが運用資金は多い為、特定銘柄に資金集中したり、需給が変化すると上がりやすい状態になる。
この様な一方的に売られていた企業に変化が出たら、運用資金の質が変化し始めたと考えられる。
7月に下げすぎたオークマがなどが反転してきた状況とよく似ている。

こうして個別で相場の流れを捉えたい場合は、同じ様な状態の物を物を他にも見付けておき、両社を比較して検討すると良い。
そしてウシオのここ2営業日の株価が底堅く変化し始めている事から、皆が悲観するほどの事は無いのかと考え、下値を探る切っ掛けとなる。

713 :黄泉:2006/09/24(日) 20:38:36
今の相場の懸念。
中間選挙後は安い、11月は統計的にヘッジファンド売りが出やすい、安倍新首相の力量を試す時間が来る、米経済に頼りすぎの日本、等々。
そんな状況でも株式で運用せざるを得ない資金は存在し、原油高が続いた事からオイルダラー流入も暮れから新春にかけ期待出来る。

10月の決算発表時期までは買い難いが、需給の歪みからイレギュラーに下落したら好機。
ヘッジファンド崩壊から下がるという見方もあるが、それは買い向かって良い。

現状は上に行くのか下に行くのか不透明なのでポジションは軽くしておくべき。
そうしながら個別が売られすぎたところを短期で買う。

弱気は言い始めたら切りが無く、無駄な強気も不要。昨年の様な分かり切った上昇相場ならギャンブル出来るが、今年は慎重に。

足元の問題は、配当落ち後の相場がどうなるか。

714 :黄泉:2006/09/25(月) 08:39:27
ダウ 11,508.10ドル −25.13  
NDQ  2,218.93ポイント −18.82
CME225 12月  15,515.0円 (大証12月先物比 −45円) H15620 L15465

売り4290万株
買い2800万株
差し引き1490万株の売り越し。
金額ベースも大幅売り越し。米国系、欧州系ともに売り越し。
セクター別では、売りは、化学・電機・自動車・銀行など。買いは、繊維・薬品・小売・証券など。売り買い交錯セクターは、鉄鋼・通信。

715 :黄泉:2006/09/25(月) 08:49:25
権利付き最終日なので下がったら普通は買いが入る。しかし雰囲気の悪さと企業の信頼度低下で迷っている。
ラマダンなど絡んで需給が悪い。

716 :黄泉:2006/09/25(月) 09:17:28
不調の時に大張りをすると、破滅に近づく。不調の時は、少額で様子をみながら、自分向きの波が来るまで待ちたい。

717 :黄泉:2006/09/25(月) 14:23:29
新興は3月は権利落ち後に下がっていたので、事前に売っておこうという動きが出ている。

718 :黄泉:2006/09/25(月) 14:27:41
もし3年サイクルが6月でボトムを付けていない場合、12896±551が目標値。

75日線まで下がったら買いとかそういう判断はしない。重要なのは時間と価格であり、その両面で総合判断する。

今日がボトムであるかどうか全く分からないが、もし買い持ちしているのなら今日の安値にSLを入れる。

719 :黄泉:2006/09/25(月) 14:37:47
10月13日までにボトムを付ける可能性はあるが現時点のテクニカルではまだ反転の兆しは見えない

720 :黄泉:2006/09/25(月) 14:47:32
今週は13-19週サイクルの15週目であり、また第3位相の4-6週サイクルの4週目である。
先週次の通り述べた。
「9月4日高値16414は13-19週サイクルの天井であり、且つ現行4ー6週サイクルの天井でもあった。
この分析が正しいとすれば相場はボトムに向けて更に1-4週下落する。(通常、強気相場に於ける13-19週サイクルのボトムは第3位相の4-6週サイクルの天井から2-5週間後)。
この下げは過去数週間で最も厳しい。このボトムの理想的時間帯は9月25日-10月13日の間になり、目標値は15225±279になる。」

実際、相場は先週続落し、ボトムを付ける理想的時間帯に入りつつある。このボトムは今後3週間以内に付ける。

25-26日は重要変化日であり、この期間にボトムを付ける可能性がある。しかし更に強力な重要変化時間帯が10月9日の前後3営業日に到来する。
これらの変化日のいずれかでボトムを付ける可能性が高い。
従って今週末から10月初めまではテクニカル面を注視する必要がある。
25日線は現在15939。引値がこれを上回れば13-19周サイクルが既にボトムを付けた事が確認される。
24週線は現在15859であるが、引値がこれを下回ったので懸念される。
即ち、それは弱気シグナルであり、新48週サイクルが既に16414で天井を付けた可能性が高い事を示唆している。
もし次の13-19週サイクルの天井に向けての反騰でこれを上抜かなければ、また特に引値がこの移動平均を上回らなければ相場はトラブルになる。
その場合は3年サイクルのボトムは6月安値14045ではなく、再び下降トレンドに入っている事を意味する。
従って次の13-19週サイクルは相場が新3年サイクルに入っているか否かを確認する為に非常に重要。

721 :黄泉:2006/09/25(月) 14:50:59
>170続き
15日スローストキャは売られすぎエリアに向けて下降している。Kは今週14.79%で始まり、Dは21.28%。
Kは反騰してDを上回り、両者が25%を上回り、且つKがDとの距離を広げる必要がある。
しかし8週ストキャは更にトラブルになっている。両者は下降してKは58.26%、Dは73.35%。
恐らく13-19週サイクルがボトムを付けるので、42-58%はニュートラルエリアを維持する。
さもなくば両者は20%まで下降する可能性が高くなる。その場合は今後2週間後になる。
それでも13-19週サイクルのボトムの時間帯は今後3週間以内であり、且つストキャの日足はボトムを付ける時の望ましいエリアに入っている。
従って10月13日迄に(今後15営業日)買い場を狙うのが良い。

722 :黄泉:2006/09/25(月) 14:54:20
>719
今日ボトムを付けてWボトムになる可能性もある。慎重派は25日線を上回るまで様子見した方が良い。
若しくは10月9日前後3営業日で買い狙い。

723 :黄泉:2006/09/25(月) 14:54:54
今日は権利取りで上昇するのは分かる。問題は明日の権利落ち後

724 :黄泉:2006/09/25(月) 14:57:21
配当物は簡単に騰がったが、それ以外は売られ。変化している物もあるが個人が手出し出来ない様子

725 :黄泉:2006/09/25(月) 15:03:07
後場寄りの先物は誤発注かも。225クロスするところを225買い&TOPIX売りを出してしまったと

726 :黄泉:2006/09/25(月) 19:06:28
9月中間決算最終日、既に機関の決算対策売りは終了し、ディーラーの決算対策売りが目立つ程度。
4月高値期日が新安値銘柄126の多さに繋がった。

727 :黄泉:2006/09/25(月) 20:23:34
『頂上に着くまでは山の高さは考えるな。辿り着く頃には低く思えるだろう』 − ダグ・ハマーショルド(第二代国連事務総長)

728 :黄泉:2006/09/25(月) 20:34:08
ポイント・アンド・フィギュア(P&F)
P&Fとは価格の変化に着目した非時系列のチャートであり、その最大の特徴は目標値の算出が出来る事である。

由来
実際に『P&F』の名称が使われ出したのはVictorde Villiersの1933年の古典的名著『The Point and Figure Methidef Anticipating Stock Price Movements』に於いてである。
1880〜1890年代は『Book Method』として知られていた。(Charles Dowがウォールストリートジャーナルの1901年7月20日号の論説で命名したもの)

付け方
・市場価格は原則として×が上昇、○が下落を意味する
・P&Fのチャートを書く為に1単位(1box)をいくらにするか決める
・1単位が大きいとより小さな価格推移を捨象できるが、反対方向への変化に対応が遅くなる
・1単位が小さいと市場の動きに敏感になるものの、相場の大きなトレンドを見失う可能性が高くなる
・3Point Reversal(3枠転換)が主流。他に2枠転換、4枠転換がある
・消極法法と積極法がある
・マザー・マーケットの終値を基準とし、一貫性を持たせる

特徴
・非時系列である事。つまり通常の時系列よりも価格の変化自体に着目する
・小さな動きを捨象出来る
・相場のバランスの仕方が極めて分かり易い
・バランスが崩れるポイント、つまり売りシグナルor買いシグナルが容易に分かる
・水平計算、垂直計算により目標値の算出が容易に出来る

729 :黄泉:2006/09/25(月) 20:40:21
欧州系はおそらくラマダン入りのため動かないが、先週のうちに仕込み終えているだろう。
そうなると先物が幅を効かせてくるので予測しにくい。
金曜に鉱工業生産が発表され、JPモルガン菅野氏の予想では小幅上昇。

730 :黄泉:2006/09/25(月) 20:45:44
9月22日付け日経より
変わる配当政策。大和住銀投信投資顧問が1200社の利益処分案に対し40%強の反対を投じた。
以下の条件に当てはまる企業

1.配当性向30%未満
2.株主資本利益率(ROE)5%未満
3.株主資本比率30%を上回る

この3条件に3つとも当て嵌まる企業の利益処分案には充分な説明が無い限りノーと判断する。

特に日本企業は配当性向が低い企業が多く、配当性向30%未満企業は非常に多い。
資産バリュー銘柄などと呼ばれ、PBR1倍割れで利益も比較的安定し、配当利回りもそこそこあるのに株価はちっとも上がらない企業はまさに上記3条件に該当する。
そういう企業は株主をないがしろにしているので配当性向を上げるような行動もとらない。

731 :黄泉:2006/09/25(月) 20:55:22
知人曰く
ここ最近の手法は、サポートライン付近の反転狙いと安くなった物のナンピン買い下がり(売り上がり)がメイン。
いずれも逆張りで、基本的に陰線で買い、陽線で売り。
サポートラインを割った場合はきちんとLCするので被害も少ない。
が、ナンピンは本当に辞めた方が良い。緻密な計画を立てナンピンすれば良いが、ごく稀に想定外の下げが来た時に熱くなってガンガン買っていってしまう癖がある。
こうなると地獄で、ナンピンの無限ループに陥り、ポジションがパンパンに膨れ上がる。
そうなると更なる下げが来た時に含み損が一気に膨らみ、恐怖に怯え始める。
当然そんな状態では気持ちに余裕が無くなり、仮にリバ開始してきても含み損が減った状態で「助かった」と思い、当初予定していた値段より遙かに安い値段で売ってしまう。
結果リスクだけとった形になり、大して儲けは出ない事が多い。
それでもプラスに出来ているうちはまだいいが、この先何年もトレードをするのならばいずれは今年の4月以上の暴落&リバ無し相場などいくらでもある筈。
いくら資金が増えようがポジションパンパンの状態でそんなものを喰らったら一発OUT。
それまでのものを全て吐き出してしまう可能性がある。
資金を全て飛ばす可能性が少しでもある限り絶対にやってはいけない。

ギャンブルをよくやる人は分かると思うが、10万分の1くらいの確率の出来事など日常茶飯事に起きる。
毎日トレードをして試行回数が多くなればなるほどその可能性は高くなる。
このことは大ヤラレする度に反省するのだが染みついたトレードスタイルはなかなか直らない。

732 :黄泉:2006/09/25(月) 21:03:54
>731続き
それでもナンピンしてしまう理屈はこう。先ずは安くなってきたこの株を、この水準なら負けないだろうと思って買っていく。
その辺で上手く反転してくれる事もあるが、稀にそこから更なる想定外の下げを喰らう。そうするとナンピン開始。
自分の中ではもう下げすぎだろうと思っているので安くなればなるほどお買い得だと思いどんどん保有数を増やしていく。
これはスロットの天井狙いなどと同じ原理。が、決定的に違うのはレートが変動していくこと。
常に同じレートで試行回数を増やせばトータルで負ける事は無いだろうが、ロットを最大に張った状態で天井バケ単(リバ無し)を喰らったら簡単に死る事ができ、この可能性は常につきまとう。

だからといって常にロットを一定にすれば良いのかと言うと、そうすると資金ベースに対するパフォーマンスがいつまで経っても上がらない。
自分はまだそこまで守りに入る域に達していないので、リスク覚悟で勝負に出なければならないと思っている。
しかし今あるものを失うのも怖いジレンマ。

リスクを極力抑えてパフォーマンスを上げるにはどうしたら良いのか。単純にIN・OUTのタイミングの技術を上げる以外の方法で。
やはりポジの取り方が問題になってくる。一番安全そうに感じるのが、順張りでピラミッティング式に玉を増やしていく方法。
初動で仕込み、ブレイクで追撃、押目で買い増し、徐々に建玉を増やしていく。
昨年の相場が強い時に芸暴威がよくやっていた方法だが、その時の自分にはこのやり方がどうも納得いかなかった。
株は安く買って高く売るのが基本。せっかく安く買えているものを買い増しして平均単価を上げるとはどういうことか。
でもその考え方が間違っているのではないかと最近ようやく感じ始めた。
高い(強い)からこそ買う、買うから上がる、上がるから買う、という理屈もある。むしろこちらの方が正しいかも。

733 :黄泉:2006/09/25(月) 21:05:48
>732続き
結局のところ、やはりトレンドに逆らってはいけないというのが結論。
皆が買うなら買い、売るなら売り。あとはその行動を皆より一歩早く出来るかどうかの問題。



734 :黄泉:2006/09/25(月) 21:21:48
明日は権利日跨ぎや差金などで信用余力が返って来ないので買いが弱くなるかも。

権利落ち日に良い思いをした事が無いので持ち越したくない

735 :黄泉:2006/09/25(月) 22:15:36
知人曰く
LC能力は個別だけでなく相場全てに有効。LCでリスク管理だけしていればあとはプラスになる手法を実行すれば良いだけ。
それで自然に資産は増えていく。

04年のゲイナーに載っていたオンザエッジ時代のホリエモンの言葉。
『変化しないものは無い。全てが変わると思えば変わる事は怖くない』

誰にもある「ここで切りたくない」という思い。しかし切らなければポジションは更にアゲンストに傾く。
即座に受け入れる痛みこそ最も軽い痛みなのに。変化を恐れたために最も恐れていた破滅に近付く。
変わる事が全てなのだから変われなくなったら相場はやめた方が良い。資金を溶かすだけの地獄。

今後は、LCしたくないと思ったら全力で全株成りで投げる事が目標。
普通に考えて、売りたいところは皆売りたいのだから、我先に投げた方が勝ち。少額の損失は勝ちに等しく、勝ちより尊いかも。

736 :黄泉:2006/09/26(火) 00:33:59
昼はモルガン誤発注 ttp://www.asahi.com/business/update/0925/123.html

737 :黄泉:2006/09/26(火) 08:28:39
ダウ 11,575.81ドル +67.71   
NDQ 2,249.07ポイント +30.14              
CME225 12 月 15,685.0円 (大証12月先物比 +105円) H15700 L15495

売り3440万株
買い2790万株
差し引き650万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系、欧州系ともに売り越し。
セクター別では、売りは、非鉄・機械・精密・通信など。買いは、電子部品・小売・証券・不動産など。売り買い交錯セクターは、化学・薬品・電機・銀行。

738 :黄泉:2006/09/26(火) 08:50:29
配当落ちは約45円。NY高により今日中に埋めてくるだろう。
3月の配当落ち時は即日に埋め、その後高値を抜いた。

739 :黄泉:2006/09/26(火) 08:57:23
気配は寄り天ぽい 中期的には微妙な位置 

740 :黄泉:2006/09/26(火) 11:08:43
10:36 不動産セクターに下落トレンドにありがちなセクター纏め買いが入った

741 :黄泉:2006/09/26(火) 11:39:53
株式新聞ニュース
>イチヤが底堅い

糞新聞認定を益々深める出来事だった

742 :黄泉:2006/09/26(火) 11:55:13
昨日15513でボトムを付けた可能性があるがまだ確信は得られない。
懸念する事は以下の5点

1.目標値は15225±279であったが、相場はこの価格を付けなかった(必ずしも付けなければいけない訳ではないが、この価格帯まで未だ下落する可能性がある)
2.先週の引値は25週線を下回り、48週サイクルが天井を付けた可能性があり、弱気である。
3.13-19週サイクルのボトムは理想的には9月25日-10月13日の間に付ける筈であり、未だ3週間下落する余地がある。
4.昨日より強力な変化日が10月9日前後3営業日に到来する。(15513を下回ってボトムを付ける可能性がある。)
5.未だ25日線を上回っていない。

この5つの懸念を払拭するには

1.次の反騰で25日線を引値で上回る
2.15日スローストキャのKとDの両者が25%を上回り、且つKとDとの距離を広げる

それまでは未だ下落する可能性があるので慎重な見方をせざるを得ない。

743 :黄泉:2006/09/26(火) 12:00:59
勇気ある人は買いだが個人的には慎重にいく

744 :黄泉:2006/09/26(火) 12:02:40
昨日がボトムであったとするなら新13-19週サイクルの天井は17878±452

15513を下回ればかなり面白い

745 :黄泉:2006/09/26(火) 12:25:47
飢餓状態 糖分摂ると機嫌が良くなる

746 :黄泉:2006/09/26(火) 12:26:22
ダイエット中の女がキレたら甘い物食わせろ

747 :黄泉:2006/09/26(火) 14:58:07
ダウは9月20,21日高値11627で高値を付けただろう。

748 :黄泉:2006/09/26(火) 14:58:37
買い狙いなら下落の可能性が極力無い状態で買い、売り狙いなら反騰の可能性が極力無い状態で売る。
リスク回避の上では当然の考え。絶対に感情的になってはいけない。
欲望を抑えて慎重になれない人が多いから損する人の割合の方が多い。
誰でも欲をかくが欲の抑え処を知らなければならない。

749 :黄泉:2006/09/26(火) 15:04:30
仕手株(新興)が崩れても妥当株価ではないので、リバはあっても中長期買いは入らない。
新興市場には割安という言葉も無ければ成長性という幻想も無い。

750 :黄泉:2006/09/26(火) 19:17:33
225は76安で配当落ち分は埋められず

751 :黄泉:2006/09/26(火) 20:32:19
今週の225下値15430と予想

752 :黄泉:2006/09/26(火) 20:57:45
騰落レシオと225を重ねて見ると相関がある動き。レシオが70以下になると概ね底値と言われている。
現在75%で相当近付いてきた。ただ、概ねであり、底値と言われる水準は50%なのでまだ下がるかも。
しかし50%となると余程下げないと至らないので目先70%を目処に見るのが妥当。

騰落レシオは株価の先行指標で底値での信頼性が高く、70%ラインは皆が意識している。

753 :黄泉:2006/09/26(火) 21:00:10
米南部大都市住民によると、ガリクソン価格は下がってきているが家賃は2万も上がったと。

754 :黄泉:2006/09/26(火) 21:06:53
閑散なのは権利落ち日かラ・マダンか

755 :黄泉:2006/09/26(火) 21:20:20
ストックオプション
従業員、経営陣問わず、給料はある程度は成果主義であるべきであり、成果主義の一形態であるストックオプションは容認されるべきものと思う。
日本の一部の企業にあるように、経営陣が固定報酬で従業員が成果主義という考えには非常に違和感を覚える。
これは一部には税制上の問題もあるが。
一方、社外協力者や一部特定株主にストックオプションを渡している事例も散見されるが、これは会計上の費用の株主への付け替えなので断固拒否したい。
また、ストックオプションの結果、経営陣が株主の為に額に汗して結果を出し、株主、経営陣ともに利益を得られるシナリオなら多少の希薄化は受け入れるべきと思う。
ストックオプションによる希薄化はせいぜい10%くらいであり、これくらいは必要コストの範疇と思われる。
頑張って働いている経営陣や従業員が先ず報われるべきであると考えたりするのである。

756 :黄泉:2006/09/26(火) 21:30:49
MSCB
転換価格が下がっても転換できる権利があり、投資家が損をする。これをやる会社は投資家の事を考えない会社であり、今後も危険なファイナンスを行う可能性は充分にある。
引受先は株価が下がれば下がるほど儲かる仕組みであり、一度やった会社は何回も行う可能性がある。

757 :黄泉:2006/09/26(火) 21:39:01
イートレから注意
空売りで連続して下値(最良買い気配値)を叩いてはいけない。アップティックで注文を出しても買い注文が大量に入ってきた場合、結果的に下値を叩いてしまう事もあるので注意。
下値を叩く場合は15分程度間隔を空ける必要がある。

758 :黄泉:2006/09/26(火) 21:48:23
大口は堅く賢く確実に薄利を積み重ねる
特に相場が弱い時や方向感が無い時や先行き不透明感強い時は尚更

759 :黄泉:2006/09/26(火) 21:51:36
弱い直近IPOの急落を底で拾えたとしてもリバ幅が超少ねぇ だから弱いIPOには手出し無用

760 :黄泉:2006/09/27(水) 08:29:44
ダウ 11,669.39ドル +93.58   
NDQ 2,261.34ポイント +12.27              
CME225 12 月 15,710.0円 (大証12月先物比 +130円) H15710 L15570

売り3360万株
買い2620万株
差し引き740万株の売り越し。3日連続の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系、欧州系ともに売り越し。
セクター別では、売りは、建設・食品・小売・運輸など。買いは、機械・自動車・証券・通信など。売り買い交錯セクターは化学・電機・銀行・その他金融など

761 :黄泉:2006/09/27(水) 08:45:09
今日から10月受渡で今日の相場で10月相場がハッキリ見えてくる。年間を通じて10月は上昇月。
225の急落場面で買いを狙いたい。戻りは買わず下げで買う。

762 :黄泉:2006/09/27(水) 08:47:40
新潮が再度、楽天のスキャンダル掲載するかも

763 :黄泉:2006/09/27(水) 10:20:57
値位置弱く、まだ買いシグナルならず まだ様子見

764 :黄泉:2006/09/27(水) 15:20:26
10:24 グランビルでは戻り売りステージ。15日スローストキャのKとDの両者が25%を上回り且つKとDが距離を広げれば買い

14:04 通常、24週線を週足引値で下回ると調整がもう少し長引く筈だが・・・。

14:35
15513がボトムであった場合、次の13-19週サイクル第1位相の4-6週サイクルの天井目標値は前回高値16414を上回れば17178±870
もし新13-19週サイクルが強気でも弱気でも第1位相の4-6週サイクルの天井に向けて3-5週間反騰する。
このケースなら次の10月9日前後3営業日の変化日をスキップし、10月23-25日前後3営業日の変化日で天井と合致するかも。

14:54 現物が引値で25日線を上回れば打診買い

15:08
現物が25日線を上回って引けたので変化日である25日でボトムを付けた事が確認された。
タラレバだが、25日に買えなくとも26日に安値を割らなかった時に25日安値にSL入れて買うべきだった。
あそこはリスクを取るべきだった。

765 :黄泉:2006/09/27(水) 15:21:41
もしダウがピークアウトした場合でも225は連動せず上がるだろう。
チャートを比較すればダウと225にそこまで相関性は無い

766 :黄泉:2006/09/27(水) 19:19:03
これから起こるであろう事

流動性に富んだ市場への回帰

米債市場への資金流入=金利低下・インフレ懸念解消

米株市場への資金流入

世界の株式市場への資金流入

米株は07年9月頃には歴史的高値更新している

767 :黄泉:2006/09/27(水) 19:22:40
米株への資金流入から約2ヶ月後に日本株へ流れてくる

米利上げが2度連続で見送られると次は利下げ
早ければ07年1-3月期に利下げされる

768 :黄泉:2006/09/27(水) 19:34:09
非農業部門就業者数が下がり始めると利下げする傾向。
日本では鉱工業生産指数だけを見る。

生産・在庫と同時に耐久消費財の出荷状況を見る。

耐久消費財=消費のコアの部分

現時点で生産は決して過剰な状態ではなく、消費は極めて堅調

769 :黄泉:2006/09/27(水) 19:34:39
毎月末発表の鉱工業生産指数とその2週間後の機械受注で翌月の日本株の方向性は決まる。

例)
8月31日発表 7月分鉱工業(ry = −0.9%
9月11日発表 7月分機械(ry = −16.7%

9月日本株は下向き

日本企業は阿呆なので、景気が良くなるとすぐ調子に乗って作り過ぎてバブルと反動減を繰り返す。

百貨店売上高とか小さい指標に一喜一憂する奴は阿呆だ。耐久消費財出荷状況だけ見ていれば良い。

770 :黄泉:2006/09/27(水) 19:35:09
日本の政策金利は当面現状維持で、次回引き上げはCPIが0.5%に近付いてからの来年以降だろう。
米も現状維持で、金利差に変化は無く為替は現状維持。むしろ米株への資金流入からドル高をもたらし、日本の輸出企業はまた上方修正するだろう。

日本経済の本当の限界
 成長の限界=労働力の限界

急速に高齢化している日本の場合、労働市場が逼迫した時点で成長にブレーキが掛かる(急速にインフレ進行する)。
鍵を握るのは、
失業率の水準=3.5%を下回ると要警戒(現状4.1%)
これが実現するのは早くて08年1-3月

771 :黄泉:2006/09/27(水) 19:38:33
銘柄分析
1.環境分析
 景気、世界の株・金利・為替、原油、政治etcの動向から株にとって有利な展開かどうか判断
2.絞り込み
 業種の選択、投資尺度(ROE、PER、PBR、配当利回りなど)を使用して順位を付ける。
 シナリオを書いて考える(内需拡大するから小売りを買うなど。買いておかないと何を間違えたか分からなくなる)
3.銘柄選択
 決算書・財務諸表を見る、業務内容を調べる
 自分の得意分野から選ぶ

772 :黄泉:2006/09/27(水) 19:39:13
某投資顧問の成績

昨年のTOPIX上昇率は47.82%
推奨銘柄の上昇率の平均は47.92%

平均を下回った銘柄 58%
平均を上回った銘柄 42%
倍以上になった銘柄 11%
+10%以下に留まった銘柄 18%

サイコロ振るのと変わらん

773 :黄泉:2006/09/27(水) 19:44:18
最初に考える環境分析
・企業収益が増える環境にあるのかないのか
  収益が増える条件=売上が伸びるのかコストが下がるのか
・企業収益が増えると見るなら株式投資
・企業収益が減ると見るならその他の投資(債券、外貨、商品、不動産)

売上の判断=一番早く発表される鉱工業生産指数を見て考える
コストの判断=金利と原料費と人件費
          金利が上がるかどうか(日本ではその影響は小さい)
          原料費が上がるかどうか(為替と商品市況に注意)
          人件費が上がるかどうか(人手不足になるかどうか)


今という時代
・今は売上が伸びている時代
・金利は低金利=来年まで全く心配無い
・原料費はピークアウト=商品市況は下落、為替は安定
・人件費は変わらず=失業率は高く(増加傾向)、非正規社員は全体の3分の1

774 :黄泉:2006/09/27(水) 19:48:47
成長性で買う⇒高ROEから選ぶ
割安度で買う⇒低PBRから選ぶ

今すすめる投資戦略
米株に強気⇒米株に追随するセクター

セクターランキング
1.電気
2.精密
3.非鉄
4.輸送
5.情報・通信

中から時価総額5000億以上で高ROEの物

775 :黄泉:2006/09/27(水) 20:03:17
インフレに強いセクターは非鉄、原油

オイルマネー以上に来るのは米マネー(バフェットの様な超富豪)
最近のテルモの様な物が動いたら米マネーが流入してきたと見て良い。

安倍内閣は株市場には余り良くない。外人は警戒的に見ている。

ヘッジファンド10月決算売りは前倒しで出ているので警戒しなくて良い。

今年商品市況を押し上げたのは世界の投資家で、BRICsの上昇によって上がったのは去年まで。
今年は調子に乗った世界の投資家が髭を付けた。

エネルギーに頼りすぎたところ(三菱商事など)は良くない。

外資は日本株から離れていない。売っているのはヘッジファンドのような投機的なところだけ。

今後10年は液晶は裾野を広げていくだろう。

地政学的リスクのピークは過ぎた。

新興市場は11,12月辺りから資金が集まり出す。

中国経済の低迷は当分無い。五輪、万博、切り上げ後に一度頭打ちになる。

SBはもう少し時間をかけて見た方が良い。携帯事業はかなりリスク取っている。

日本株の持病は不動産好きなところ。日本は低金利なので不動産投資したがる。外貨も外株も不安だから分かり易い不動産に奔る。
資産バブルは3年後くらいに来るだろうがそれほど大きなバブルにはならない。

米株上昇の前に米債急速低下の時間がある。

776 :黄泉:2006/09/27(水) 20:14:19
ファンダで日計りは出来ないし、誰もやらない。日計りにファンダは不要。
日計りするならそれに見合ったチャート、5分足、時間足、週足を見て、どこでINしどこで利食い、LCするのかのイメージを立てる。

勝率50%ならやる必要は無い。もっと高確率に思えるまでIN不可。(博打を行おうとしているのではなく、ディーリングするためのポジを持つのだから)
自分は何勝何敗のディーリングが出来るのか良く考える(利食い、損切りの幅は正しいか)

市場が最も強く動く解きは損切りが付いている時。投機筋は買いに傾いているのか、売りに傾いているのか。
そのポジションは今持っていて心地よいと思っているかどうか。
相場は心理戦。危ないと思った連中が損切りをかけ始め、動きが加速する。損切りが終われば戻る(可能性が高い)。
自分の利食いを他人の損切りにぶつける。利食いした後、大きく戻らなければまた同一方向へポジを持つ。

イメージの修正を行う。売ったら買ったと考え、買ったら売ったと考える。

利食い・損切りを常に自分にとって有利な方向ならずらすことはOK
例)116.65ドル売り、116.30まで下落。当初利食いを116.30、損切りを116.90で想定していた場合には、利食いを(ryつまりSLを有利な方向へ動かす。

777 :黄泉:2006/09/27(水) 20:28:22
米マネーが流入するタイプ
1.大型、高ROE
2.大型、低PBR
3.中型、高ROE
4.小型、高ROE
5.中型、低PBR
6.小型、低PBR

778 :黄泉:2006/09/27(水) 20:34:13
投資尺度はROE、PER、PBRの3つ

ROE=自己資本利益率
PER=株価収益率
PBR=株価純資産倍率

高ROEを保ちながらPERが低い水準にある銘柄を探すのが基本戦略
PBRから選ぶのは別の戦略

ROEが高い水準にあってもPERが低く、割安な水準に放置されている物は意外と多い=業績を不安視している表れ
ROEが高ければPBRも割高になる=成長性で買うか、割安感で買うかの基準判断

PERとPBRは無相関で、両者の割安感には違いがある。
 PER=株価が安いのか高いのかの相対価値を見る
 PBR=買収価値

03年と06年のPERを比較すると殆ど同じ⇒利益も倍になったのでPERも変化無し

779 :黄泉:2006/09/27(水) 20:43:15
16414を上回れば年初来高値更新へ向かうだろう

780 :黄泉:2006/09/27(水) 20:48:24
ドル円
5分足の移動平均線72本、108本、144本(6,9,12時間)
東京時間のディーラーが手仕舞う(節目を付ける)時間を考えるとこの時間が適している。

ディーリングは無から有を生む行為。利食い千人力であり、利食いして初めて収益が固まる。評価益は実際の収益ではない。
利食いは出来るだけ伸ばした方が良いが、言うは易し。

781 :黄泉:2006/09/27(水) 20:55:25
FX

インターバンクの連中は、ポジ取った瞬間におかしいと感じた時、そのポジの2倍3倍のポジを逆方向へ取る事も。

資金の余裕は心の余裕に繋がる。特に初心者は高レバレッジの物に手を出さない。

ドルの実需買いが出ても117台まで戻らなくなってきた。
円売りポジが市場に大量に溜まっていることもあり、戻りで円を買い戻した連中が多い。

経済指標の発表前に相場が動く事があるが、あれは実際に情報が漏れている場合もある。
また、ディーラーが実際に漏れていると思わせる為に数百本単位で注文を入れ、SLを引き出している。

782 :黄泉:2006/09/27(水) 21:37:30
1T下て買いじゃねええええのかあああああ
もう死ぬしかねええええええ

783 :黄泉:2006/09/27(水) 22:45:22
そういえば彼岸底と変化日か

25日が近い物はリバも取り難い

784 :黄泉:2006/09/27(水) 23:48:49
今日から10月受渡でディーラー、機関の決算対策売りが無くなり素直にNY高好感。
出来高15億株と少ないのが難点だが1669銘柄中下落94銘柄で今年2番目の全面高

三井住友FGの21日安値112万は今後割り込む事は無い。全てのメガバンは21日安値を基準に買い。
で、昨日のみずほだけディーラーの投げ売りで割り込んだ。

785 :黄泉:2006/09/28(木) 00:12:20
NY2日連騰大幅高で先物筋の買い戻しが入り上昇加速。3日ぶりに10万枚近い出来高。
しかし実需の現物の出来高は依然低水準のまま。NY上昇はヘッジファンドの商品市場からの回帰資金が株に向かったのが要因で特に大きな材料が出たわけではない。
先物主導だけに明日も続くか不明。

新興は底割れ回避となったが本当に下げ止まったかは明日の動きを見なければ分からない。
225は先物主導で動きが増幅されているので見通しが難しい。買った翌日に大幅下落もあるので慎重か手出し無用。

騰落レシオ77.7%まで上昇。最近、先物買い戻しによる上昇が見られる。実需買いが入っていないと言いながらこの時期に何故。
ラマダンの1ヶ月内が買い戻しの時期と見ているので10月下旬のラマダン明けから相場は上がると見る事も出来る。

世界には1京3800兆円の金融資産があり、3700兆円が世界の株式市場へ流れている。10年前の倍。
日本の株式市場が590兆円なので6倍の資産規模。ヘッジファンドは現在100兆円規模で2年後には200兆円まで膨らむと見られている。

BRICsの中では資源国ロシアに投資妙味あるがインドの轍があるので米債⇒米株⇒世界の株市場へと流れるだろう。

新興の騰落レシオは55%まで下げ、底打ちか近いかも。

786 :黄泉:2006/09/28(木) 00:29:29
寄り天に慣れると陽線丸坊主 市場から殺意を感じる

787 :黄泉:2006/09/28(木) 08:39:25
ダウ 11,689.24ドル +19.85   
NDQ 2,263.39ポイント +2.05              
CME225 12 月 15,980.0円 (大証12月先物比 +40円) H16035 L15875

売り3430万株
買い4830万株
差し引き1400万株の買い越し。
金額ベースも大幅買い越し。米国系は小幅買い越し、欧州系は大幅買い越し。
セクター別では、売りは、食品・精密・運輸など。買いは、鉄鋼・商社・銀行・通信など。売り買い交錯セクターは、機械・電機・自動車など。

昨日はNY高の恩恵と10月受渡に入った事で売り圧力が無くなった。ダウはあと2ドル。
225の史上最高値まではまだ半値だが個別で史上最高値を更新した物は多数ある。
昨日は4063信越化学と6952カシオが225最高値当時の株価を抜いた。逆に史上最安値を付けた物も2銘柄。

大引けインデックス関連調整
8008 F&AアクアHD 0.49bp 453000株
9368 キムラユニティー 0.17bp 116000株
7524 マルシェ 0.16bp 135000株
4799 アグレックス 0.15bp 78000株
6333 帝国電機 0.24bp 136000株
6877 OBARA 0.68bp 152000株
3341 日本調剤 0.29bp 66900株
6735 D&M 0.22bp 660000株
4282 EPS 0.26bp 1100株
7212 エフテック 0.28bp 135000株
5727 邦チタニウム 4.16bp 586000株

788 :黄泉:2006/09/28(木) 09:26:54
外資買い越しは投信買い。昨日これにぶつける為に買い上がりしたので調子乗って買うとビロる。
更に上がるなら熊でも儲かる相場という事で結構な事。

789 :黄泉:2006/09/28(木) 09:28:33
ヤフーBB不安定 将来性無し 株は絶対買わん 使ってないですがね

790 :黄泉:2006/09/28(木) 09:31:19
買いシグナル点灯 この反騰は最低3週間続くだろう

791 :黄泉:2006/09/28(木) 09:43:44
曲がるので希望と逆方向へデモ口座でしこたま張る

792 :黄泉:2006/09/28(木) 09:55:29
INしてドキドキすると曲がるので期待せず待つ。15550-15700を再度試すかも知れないが15513は割らない

793 :黄泉:2006/09/28(木) 10:33:37
投信設定に合わせた、売る為の買い上がり説

794 :黄泉:2006/09/28(木) 10:35:07
レバレッジコントロールは計算高く、リスク管理も撤退して行うべし。
レバレッジコントロールやリスク管理というのは研究者張りにやらなければ。

795 :黄泉:2006/09/28(木) 10:40:35
3日間売買代金、出来高ともに減少し、下落最後の日には今年一番の低水準で終え、翌日GUで始まり高値引け。
これはセリクラの形。

オシレーター指標は強く、無問題。

大きく突っ込まない限り今回は全力買いしない。今回は約50%。のんびり行く。
16414をザラ場で1円でも上回れば超強気。

796 :黄泉:2006/09/28(木) 10:45:04
中期ではオシレータ強気。値位置も強い。16060を付けたので更に上へ行く可能性高い

797 :黄泉:2006/09/28(木) 12:57:56
知人曰く52
先物強く個別弱かったので売り増したら死んだ。後場下がると思ったらとんでもない。
しかもマイルールまで破った。ハッキリ言って逝った方が良い。頭冷やして立て直せなければ明日のトレードは無し。
体力が落ちているので今日からジョグ開始。敗因は希望にすがっていつも出来る事が出来ないだけ。細々書けば色々あるが根本はそれ。
修正して次に繋げるのみ。完全に機械的に行動し今まで出来なかった買いもやる。
今日の損失はルールを逸脱し傷口を広げた当然の負け。勝つときは勝つし負ける時は負ける。
ルールは高い勝率と大敗を防ぐ為にある。今後は徹底的に機械的にやり、今までのようなやる気の無さは完全に吹き飛ばす。
貪欲に勝ちにいく。

最近スタイルが崩れてきてるので精神的効果中。根本的問題として、何の為にトレードしているのかを考えてみる。
理由は何でも良い。この相場で生き残り、生業とし、周囲から上手いトレーダーと言われる為にトレードしており何よりトレードを愛している。
スキャでコツコツやっていると絶対に精神的にまいる時期が来るものであり、来なければむしろおかしい。
1日10万抜いても精神的にはまいる時もある。相場が悪い時期はコツコツが間違いなく最強。
再度上げ相場が来るまで余力を蓄え、スイングで資産を築く好機を虎視眈々と窺う事こそ最も重要な事。

明らかに夏バテ体力不足で場中に寝た。これでは間違いなくザラ場中体力保たない。ジョグで体力増強。

仕手で利益出そうとするより先物連動を覚えた方が確実。仕手の高値を追ってはいけない。

先物の分足、板、歩値見て反転しそう反転したと思ったら連動個別見て板や分足が良い感じなら入る。

少額資金では先ず手数料の壁を破れないので先ず100万貯めたい。30万から何億なんて本があるがあんなのは偶然。
少額で勝つ事は非常に難しい。相場が悪い時はお金を貯めながら勉強。
流れの変化を感じてからの参戦でも遅くはない。この世界はプロスポーツと一緒で生き残るのは一握り。
努力しても報われない可能性がある。諦めるか立ち上がるか覚悟を決める。

798 :黄泉:2006/09/28(木) 13:36:24
知人曰く53
研究したが練習不足。慣れなく動きが読めない物に安易なINは駄目。潮目を逃さずTS追い。
毎トレード毎にチャート復習をキッチリ行うので上手くなって当然、上手くならなかったら逝った方が良い。
自分の器以上の勝負はただのギャンブルただの馬鹿。もう一度基礎に戻ってエントリをやり直す。
ナンピン絶対禁止。ゼンは板薄いのに商いが半端無いのでヤバイ。明日は休んで研究、ぶっこくなら研究していた方が遙かにマシ。

耐えた結果、自分が決済しようと思っていたところから反転したら「決済しなくて良かった」と思うかも知れない。
しかしそのままその方向へ行った場合、大きな損失を被りLC出来なくなる。
自分の読みや思惑が外れたら素直に決済するのが正解。
その意味では思い通りのLCは最高のトレード。切って良かった、切らなくて良かったは結果論。
「思惑が外れたら即決済」が全て。

1銘柄だけスキャで追うのは普通のスキャより疲れる。出来高や板、先物など全てに継続して集中していなければならない。
スイングなら放置でも良いかもだがやりたいことは徹底した管理なので仕方無い。

良いところで手を出せないなら出さない方が良い。

799 :黄泉:2006/09/28(木) 13:44:48
知人曰く54
寄り直後にINする時は噴きの逆張り以外悪手。買ったら急に弱くなる、売ったら下げねえ。
強弱感が分単位で変わり下手したら全部ひっくり返されて逆になる。全部逆にして殺しに来ている。
先物とセクター中心下げてるのに下げない。強弱感狂い過ぎ。

仕掛け直後は利が大半は乗るのだから小幅で時間軸短めで2-3Tこまめに利確。
先物が行き過ぎたり強弱感の変化に踊らされたりしてもこまめにサクサク抜いていけば結構取れた筈。
逆張り集中スキャに切り替える。狂い銘柄安易INで即死。慣れるまで実弾見送り。

意志あるところに道はある。明日勝つ為に今日キッチリ復習と研究。

スイング狙える初動玉を薄利で手放す。

売りで急落したら利食う。流れの変化を感じる。

順張りしたら死ぬ。

800 :黄泉:2006/09/28(木) 14:10:54
知人曰く55
禁じ手の順張りを用いて閑散に売り無しを盲信して売った馬鹿。売りの順張り最低。

トレンド確認後1回目の好機でINが一番安全確実。

前場の下げを取り逃し感情の制御が出来ない。熱くなっても負けるだけなので終了。
この状態はギャンブルして絶対負けるパターン。もっと良い機会は絶対ある。休まず負けたら最悪パターンなので前向きに休む。

油断して初動を逃さない。安易なINしない。トレンド発生時にナンピンしない。
ナンピン不要なくらい良い位置で入りたい。

高値で売り板が厚いと買い向かえない自分の弱さ。初動のみに狙いを絞りそこにどれだけ集中出来るか。
上がる物は売り板厚くても関係無い。高速スキャなら板薄い方が良いが時間軸長目なら方向が読めていれば板厚くても買う。

801 :黄泉:2006/09/28(木) 14:11:55


802 :黄泉:2006/09/28(木) 14:38:31
上に行った物は不発を恐れる 中心の周りの陽線一本目狙い

803 :黄泉:2006/09/28(木) 18:19:57
バーカバー力 こ、これは、、

804 :黄泉:2006/09/28(木) 18:22:19
カンマさん!カンマさん!

805 :黄泉:2006/09/28(木) 18:27:59
GSが先物OPの売り方に回っている
最近の225Fを見ると次のSQは155割れは無さそうに見えるが、手口を見るとぁゃιぃ
売りで踏まれている人もまだ外す好機はあるかも

806 :黄泉:2006/09/28(木) 18:32:29
ストキャとは、ある一定期間の高値と安値の値幅に対する当日の終値の相対的な位置によって買われ過ぎ売られ過ぎを評価するもの。
大きなトレンドが形成される場合には弱く、中短期の一定レンジで動くチャートの場合の指標として用いられる事が多い。

オシレータは0〜100%の間を往来する。
75%以上の場合は直近価格帯の中では割高である事を示す。
25%以下の       〃          割安    〃    。

例)
直近9日の価格レンジ10100-10500 で
本日終値10100 の場合、レンジ最下位層にいるので0%を指す。
  〃   10500  〃      最上位層    〃  100% 〃 。

807 :黄泉:2006/09/28(木) 18:41:27
225の電機株比率は41%
中でトレンドマイクロ、SB、ヤッホー、スカパーなどは上場来安値や新安値更新したり。
これにより225は上昇しにくい仕組みを作られた。
しかし窓空け上昇しに転じ今後は押目買いに変化

808 :黄泉:2006/09/28(木) 19:28:14
ショートストラドル(Sストラドル)は、相場が暫く上にも下にも大きくは動かないのではないかと思われる時に行う。

魅力と欠点
1.使う証拠金と比較しプレミアムが大きい
2.相場が動いてもヘッジが楽
3.売り買いの板が離れている場合、反対売買がし難い
4.一日に何100円も動く相場だとヘッジが難しい
5.ザラ場中に組みにくい(前場寄り、後場寄りに組む)
6.SQまで持ち越すと高リスク(ATMよりプレミアムが少ないが大きくはブレない)
7.Sストラングルと比較して証拠金変化少ない

プレミアムが大きければ余裕を持ってポジションを持てる
プレミアムを半分残す事で利回りを上げる事が出来る

809 :黄泉:2006/09/28(木) 19:41:05
11月限 
 C160S 415 
 P160S 380 
     795/2=390

ヘッジポイント 
 C160S 16415
 P160S 15620

プレミアムを半分残す
16000+390=16390
16000-390=15610 

810 :黄泉:2006/09/28(木) 19:56:39
SQ値
2週間後<3週間後
2週間後>3週間後

17/20回該当

3週間後-SQ=小変動

You C170Sしちゃいなよ

811 :黄泉:2006/09/28(木) 20:01:54
SSを組む時は同じタイミング(前寄、後寄)で

812 :黄泉:2006/09/28(木) 20:09:19
デルタ1に近付いたらヘッジ必要 かなりアウトポジなのでSQまで持つ必要は無い 今売っておけば11月SQまでに利食いタイミングが来るだろう

813 :黄泉:2006/09/28(木) 22:16:06
ダウは米を代表する企業で構成されており、225ならトヨタや鉄、キヤノンの様な日本を代表する企業。
その様な銘柄群だけなら225でも高値更新レベルになっている。

世界の指数が高値水準にあるのに対し225は今年の高値から1500円下の水準にある原因は需給環境。
個人の退場や先物によるヘッジファンドの草刈り場になって市場が荒らされた。
市場関係者の色々なコメントで市場にボラをもたらし、先物筋の荒稼ぎの場を提供している。
その様な市場から一般投資家が離れて行くのは当然の流れ。

水曜の様な先物の突飛高は先物主導によるもので中身が伴っていない。この動きはノイズとして処理した方が判断を間違わない。
この様な相場で儲けようとする人は長期的には損する可能性が高い。

10月は二日新甫で荒れ相場となるかも。決算期を迎えたヘッジファンドの最後の腕の見せ所で荒稼ぎをするため相場を大きく動かしてくるだろう。
好決算で急上昇した物には飛び付かない方が良い。

814 :黄泉:2006/09/28(木) 23:28:34
神頼みは誰でもすんな。機械的に売買しろ。

節目価格の厚い板は売りをぶつける絶好の的
抜けると戻らない

負けて熱くならないロット増やさない

815 :黄泉:2006/09/29(金) 08:31:38
ダウ 11,718.45ドル +29.21   
NDQ 2,270.02ポイント +6.63              
CME225 12 月 16,095.0円 (大証12月先物比 +155円) H16100 L16010 

売り4490万株
買い3730万株
差し引き760万株の売り越し。
金額ベースは小幅売り越し。米国系は売り越し、欧州系は買い越し。
セクター別では、売りは、化学・電機・消費者金融など。買いは、鉄鋼・自動車・証券など。売り買い交錯セクターは、機械・銀行。

ダウ最高値まで終値ベースで残り3ドル。過去3年間、銀行株は10-12月にかけ大きく上昇している。

8332 横浜銀

816 :黄泉:2006/09/29(金) 08:58:52
9月最終営業日で引けにかけドレッシングの噂

最終日は自己が商い出来ない若しくは空売りから入れないところも多い

817 :黄泉:2006/09/29(金) 09:55:18
マザ 225の底打ちに合わせて一旦反発するが底確認しに垂れる

818 :黄泉:2006/09/29(金) 10:54:45
終値が15960を上回れば強気

819 :黄泉:2006/09/29(金) 14:47:38
今日は225入替日

採用
8815東急不動産
9602東宝

除外
2001日本製粉
9605東映

毎度除外銘柄は売りに分がある希ガス

820 :黄泉:2006/09/29(金) 15:04:56
225の上げ代は少ないからNY上昇で寄り天、NY下落も下落。225がGUすると新興は寄り天がちだから上値が重いと見てそれまで上げていた機関が一歩二歩先に売った。

821 :黄泉:2006/09/29(金) 15:07:12
現物は先週高値を上回って引けた 強気

822 :黄泉:2006/09/29(金) 15:10:50
大型にドレッシング入ったにゃ

823 :黄泉:2006/09/29(金) 23:42:57
今年は9月23日からラマダン入りしている。ラマダンとはイスラム暦の9番目の月の事で、この1ヶ月間は日の出から日没まで絶食ルール。
昨年より10日ほど前倒しされているがこれはイスラム暦(太陰暦)に依るもので、月の満ち欠けの29日又は30日間を基準としているから。

日米ともにリスクを取りすぎるマネーが流入しておりこれに付いていくのは危険かも。
すぐひっくり返される可能性あり。

金融機関や事業法人は持ち合い解消から持株をどんどん売っており、それを外人が吸収していた。
勢力図にそろそろ変化が出てきてもおかしくないタイミングに来ている。

824 :黄泉:2006/09/29(金) 23:45:06
各メディアのコメントは相場が弱いと「日本株はPERが海外と比較して割高だから」と言う。
反対に強いと「日本株は海外と比較して出遅れているから」と言う。
後講釈を垂れているだけ。朝令暮改。相場は結局誰にも分からない。
結局は需給が決めている。

825 :黄泉:2006/09/30(土) 00:02:20
水木の上昇を指咥えて見てた奴の押目買い入った

5日割れで投げ

ちょっとした反発で買い戻し。更に下げた所でリバ狙いの買い。方向が下の時にリバ狙いで大きく張ってはいけない。

826 :黄泉:2006/10/01(日) 20:41:33
9月健利付き最終日25日に変則的に底を打ち、26日に気迷ったので個人は今回の上げ相場に乗り損なった。
しかし出遅れは多いので買える物は充分あるが、期待ほど動かない場合もある。

10月頭の不安を気にしすぎて売られ過ぎ、9月後半になって買い向かい過ぎたのが今の状況。
NYは上昇しているが中間選挙に向かって上昇というシナリオが始めからあっただけにサプライズとは思えない。

安倍政権は一般的には余り評価されていないが、経済が得意ではないと言われる中で中川氏を中心にプロジェクトを組んだのは気持ちがよく見える。
与謝野を遠ざけて日銀と距離を置いたのも上手い布陣で、それが好感された。
皆が政権交代と米中間選挙、ラマダン、配当落ち後の需給の難しさ、10月頭の4月高値期日といった不安材料ばかりを考え、それらを通過しつつある。

では、ここから上昇しやすいかと言えばそう楽観的にもなれない。
10月需給と政治の方向性と企業業績を見極めながら動くべきで、下がった時だけ強気。

827 :黄泉:2006/10/01(日) 21:22:00
9005 東京急行
現在の市場のテーマは225の行方と技術大国日本なので常識的にはハイテク中心となり、カシオや東京精密、ディスコ辺りが狙いやすい。
しかしこれらはあくまで今の相場を考えた投資になっており、海外要因に左右される傾向にある。

東急はコテコテの内需だが渋谷中心の開発や鉄道網の流れは東京人なら分かる筈。
品川や横浜などの動きも考えたら新しい拠点になっており、当然含み価値も出てくるので、そういう将来的に期待出来る要素が同社にはある。
外資にとってハイテクだけが投資要素の豊富な物というわけではない。
過去の外人買いは何らかの政策に乗るという側面からも考える部分がある。

新政権は公共事業などを減少させるが、この閣僚メンバーから民活などの可能性は高い。
規制緩和などを背景に「地域開発」も面白い材料。だとしたら同社の様な売り長の内需にも好機はある。
同社が動き始めたという事は一般建設株や含み資産などに資金が流れ始め、市場が先行き期待出来る状況になったと言える。

828 :黄泉:2006/10/01(日) 22:01:50
4824 メディアシーク
上方修正の理由
 各種計上数値を見直した結果。特に費用の圧縮が大きかった。
 特にこれといった費用ではないが全般的に少しずつ圧縮された。

829 :黄泉:2006/10/01(日) 22:45:51
5959 岡部
中間期上方修正した際に通期予想は据え置いたが、7月8月も順調に来ているので上方修正される可能性は高い。

ホテル事業はカナダ景気が良い事もあり、四半期ベースでは黒字化している。
ホテル事業は2010年バンクーバー冬季五輪までは続ける予定。

為替も追い風になっており、足元を見る限りではいずれ上方修正される可能性が高い。

830 :黄泉:2006/10/02(月) 01:13:37
9月は陽線引けだったが資源、電機、化学、証券、ノンバンク、銀行、建設、鉄鋼は大きく下げた。

09月は過去11年間、3勝8敗
10月は過去10年間、5勝5敗

今年の10月がどうなるかはNY次第とも

831 :黄泉:2006/10/02(月) 08:34:30
ダウ 11,679.07ドル −39.38  
NDQ  2,258.48ポイント −11.59
CME225 9月  16,110.0円 (大証9月先物比 +10円) H16175 L16105

売り3930万株
買い4170万株
差し引き240万株の買い越し。
金額ベースは売り越し。米国系は売り越し、欧州系は買い越し。
セクター別では、売りは、建設・銀行・ゲームなど。買いは石油・機械・自動車・証券など。売り買い交錯セクターは、薬品・電機。

10月前半は株価が上がる月まわり。9月新安値銘物は200

4518富山化学 10月半ばに560円に下げたら買い

832 :黄泉:2006/10/02(月) 18:34:51
8038東都
 仕手筋介入が指摘されており意外高。売り禁で売り圧力が無い事がプラス。
 また買い残が増加していないので投資ファンドは現物買いであり、個人も買っていない。

2215第一屋
 9月29日仕手筋介入、そして売り禁。2,3日休養すると思われたが値上がり率1位。

6621高岳
 これも筋介入。2,3日後か。

5401鉄
 ごく定石の高値調べの戻り。

5606旭テック
 9月高値以後急落し現在は高値調べの戻り過程。2番天井は通常は売りから。

5233太平洋セメント
 10月に華咲くか

833 :黄泉:2006/10/02(月) 19:43:44
>790 訂正
× 最低3週間
○ 時によって2週間の場合もある

834 :黄泉:2006/10/02(月) 19:44:54
変化日が接近しているので買い増しは控えた方が良い。また、16414を上回っても弱気オシレーターダイバージェンスになる可能性がある。

ダウはWトップになる可能性はある。
SB動向は225Fに無関係

ドル円目標値122.23±1.56だが、この値に到達する為には多くの抵抗線を突破する必要があるので少し疑問

835 :黄泉:2006/10/02(月) 19:52:45
PER

増益率が高いとPERは高くなる傾向がある。
もし予想増益率が高いのにPERが低く、PEGが1以下の場合、他に問題が無いなら投資妙味がある。

成長期待が大きい会社のPERも高くなる傾向がある。
但し、成長期待が薄れるとPERは低くなる傾向がある(株価が急落する事がある)。

増益率が低いか、足元が高くても将来鈍化しそうな会社のPERは低くなる傾向がある。

成長期待の高い会社のPEGは1以上に高くなる傾向がある。

PCFRは製造業で国際比較をする時に、減価償却制度の違いを除いて考える為に使う。

PBRが著しく低い場合(0.5を下回っている場合)、会社の先行きに強い不安があったり、不良債権が溜まっている可能性が強かったりする。
しかしそうでない場合は投資妙味がある。

836 :黄泉:2006/10/02(月) 19:57:47
その会社の問題が無いかどうかの判断が出来ない訳ですが

837 :黄泉:2006/10/02(月) 19:58:17
それじゃ意味無いですね

838 :黄泉:2006/10/02(月) 20:04:29
MSCB

これを出す会社は良い会社ではない。株主にとってメリットが無い。
短期間で簡単に出せるので、急場凌ぎや信用力の低い会社が出す。
株価は売り込まれるし株数は増えるしで余り良いものではない。

839 :黄泉:2006/10/03(火) 08:37:11
ダウ 11,670.35ドル -8.72  -0.08%
NDQ 2,237.60ポイント -20.83 -0.92%  
SP 1331.32 -4.53 -0.34%          
CME225 12 月 16,210.0円 (大証12月先物比 -80円) H16330 L16200

売り3470万株
買い3110万株
差し引き360万株の売り越し。
金額ベースは小幅買い越し。米国系は売り越し、欧州系は買い越し。
セクター別では、売りは、建設・石油・電機・その他金融など。
買いは、薬品・鉄鋼・自動車・証券など。
売り買い交錯セクターは、食品・機械など。

NYが世界の株価を牽引しているがハイテクナスダックはまだ高値の半値。
史上最高値に上がった株は暴落の可能性もある。日本株は新高値より新安値を買うのも暴落に備える形。

8038東都は昨日嫌な形で引けたが売りを誘っているのか難しい所。

840 :黄泉:2006/10/03(火) 08:51:04
深押しした所を打診買いしたい

841 :黄泉:2006/10/03(火) 09:27:54
16120±30くらいで買い

今日もし陰線で引ける事を前提に考えると出来高13-15億株が理想

842 :黄泉:2006/10/03(火) 10:56:00
ギャンアングル

調整終了のシグナルと調整から自主的リバの取り方、そして下降トレンド入りの認識の法則

上昇相場の後には、その反動で迎える調整を経て戻りを試し、連なる様に新たな上昇相場を築くのか、そのまま下降相場に突入するかの2方向しかな無い。
また、下落相場の後にはその反動で迎える自主反発は必ず起こる。
この自主的反発の後には連なる様に新たな下落相場を築くのか、そのまま上昇相場に突入するかの2方向しか無い。
こうした変化を幾つも積み重ねて相場と呼ぶ。
相場は上げるか下げるか揉み合うかの基本的にはこの3つの考え方。
今回は丁度相場が上昇相場から調整段階に入り、戻りを試す自主的リバ局面を迎えている。
連なる様に新たな上昇相場を築くのか、そのまま下落相場に突入するかの境目である。
先ずはその調整終了の認識シグナルの解説を行う。

843 :黄泉:2006/10/03(火) 10:57:16
>842続き
調整終了という認識を持つ判断の仕方には法則がある。
最も重要視するのは日足で、その上昇波動のトレンドラインの分岐点。
その上昇波動の始点から引いた最も緩やかな上昇トレンドラインの下値支持線まで下落した場合には相場は確実に自主的リバをしなくてはならない。
具体的には、始点から引いた線が絶対的下値支持線となり、ここで相場は確実に反応する。
上昇トレンドラインギャンアングル8*1線は言ってみればトレンド維持する為の分岐線であり、このトレンドラインを維持出来なければ相場は連なる様に新たなる下落相場を築く。
近年の相場形成では、投機上の思惑が前面に相場に反映され、綺麗な形でここまで下落したからこのトレンドラインで間を置かず直ぐ反応する事は無くなってきた。
市場全体が一握りの特定筋の心理操作に必ず引っ掛かる為だ。
更に、相場が下落する様な、調整幅がもう少し下にある様なコメントを並び立て直ぐに反応出来ない様な状況を生み出している。
原因は下落過程上、このトレンドラインの分岐点まで導くまでには、尚も上昇に拘ったりする考え方を持つ者もいて、素直に導きたいが導き切れず、
ようやく視界に入った段階で最後に心理操作のみをして下落に導こうとしていた筋が、自らの力によりその分岐点まで下落に持ち込む。
当然、直ぐに自主的反発を見せてしまえば、最後に力で持ち込んだ筋は逃げる事が出来ない。
儲けて逃げる手段として、尚も下値が有る様に心理誘導をして、鵜呑みにする投資家が多い現状では停滞すれば尚も売りに反応する。
いざ儲けが確定出来た段階でこの定理通り一度新規買いを大きく入れて、今度は心理操作でまた相場が自主的反発局面に入った様な事を並び立ててくる。
始点から引いた上昇トレンドラインギャンアングル8*1線は、言ってみればトレンド維持する為の分岐点としての認識は絶対的なものなのである。

844 :黄泉:2006/10/03(火) 10:57:48
>843続き
自主的リバの開始の判断の仕方

自主的リバと定義付けられる戻しは、その始点から引いたトレンドラインギャンアングルGA2*1線までの範囲を指す。
自主的リバが起こると、必ず戻しの角度はトレンドラインギャンアングルGA3*1線以上の強いトレンドラインを示す。
トレンドラインギャンアングルGA3*1線以下の緩やかな戻しの角度であれば、まだ相場は自主的リバ入りしたという定義付けは出来ない。
判断としては3*1線にならなければまだ戻しに入らず、3*1線を付けてきたら自主的リバが始まったとの判断が適用出来る。
その終了もトレンドラインで認識出来る。
戻し始めた始点から引いたトレンドラインギャンアングルGA3*1線以上の強いトレンドラインを示して自主的リバ入りした事が確認された状況下で、始点から引いたトレンドラインギャンアングルGA1*2線を割り込んでしまった時点で自主的リバは終了したという認識が持てる。
その場合、更に直近安値を更新するケースが過去幾度も起こっている為、戦略上はトレンドラインギャンアングルGA1*2線を割り込んだ時点っで手仕舞いから更なる下落を意識しなければならない。
逆に新たな始点から引いたトレンドラインギャンアングルGA1*2線を割り込まない限りは自主的リバが継続しているという判断が出来る。

845 :黄泉:2006/10/03(火) 10:58:19
>845
下落トレンド入り、上昇トレンド入りの認識の法則

自主的リバの定義上の上限値は、直近安値から引いた上昇トレンドラインがギャンアングル3*1線を割り込んだ時に初めてその上限値だったと解釈する。
よく、調整入りしてその下落幅の1/3だとか1/2だとかの幅に合わせた戻しの上限値を指定する事があるが、そうではないと考えている。
一番重要なのは戻しの角度。
リバ入りしたと確認するのに上昇トレンドラインがギャンアングル3*1線を上回ればと話したが、その戻しが終了するという事は当然、この3*1線を割り込んで初めて終了したと認識する事が最重要。
幅として考えるのではなく、角度を意識していく。

であh上昇トレンドラインがギャンアングル3*1線を割り込んだ後どうなるかだが、相場は必ずその直近安値から引いた1段階緩やかな角度のギャンアングル1*2線に向かおうとする。
その時点で相場は2つの流れが生み出される。上昇トレンド入りなのか下落トレンド入りなのかの選択が起こる。
多くの場合、1段階緩やかな角度のギャンアングル1*2線に到達すると、必ず反騰というよりは戻そうという買いが入る。
その買いに追随するものが多い様なら買いトレンド入りの可能性が高まり、逆に押し下げようという力が掛かり、追随が多い様なら相場は下降トレンド入りと単純に考えればそうなる。
但、ここにも法則が有る。現状の相場に合わせると今のところ買いトレンド入りの可能性が高まっている様なので、今回は買いトレンド入りの法則から話す。

846 :黄泉:2006/10/03(火) 10:58:50
>845続き
上昇トレンド入りの認識の法則

直近安値から引いた上昇トレンドラインがギャンアングル3*1線を割り込み、ギャンアングル1*2線に向かいかけた後に買いトレンドに向かう法則は、ギャンアングル3*1線を割り込んで築かれた新たなる安値から再度トレンドラインを引く事から始まる。
その角度が再びギャンアングル3*1線に導かれた場合、相場は買いトレンド入りが濃厚になったと判断する。
つまり自主的リバの法則の連鎖性である。
自主的リバの法則の定義には、初めのトレンドラインは必ずギャンアングル3*1線を上回らなければならないという定義があり、ここでもその角度がギャンアングル1*2線というような弱いラインならまた崩れる可能性が有る。
また、買いトレンド入りしたという認識には至らず、必ず3*1線が必要になる。
この時点で、再度の戻しがギャンアングル3*1線なら相場は自律反発から上昇トレンド入りしたという認識が強まる事となる。
この定義には更に中期、長期というその時点で重要なサポート線となる様なトレンドラインが有れば、更にそのサポート線と連動を持たせていく定義があるが、難解なので後回し。

下降トレンド入りの認識の法則

では、自主的リバが終了して、今度はそのまま売りトレンド入りする場合の定義だが、自主的リバに入った始点の価格に注視する。
その始点から今度は、トレンドラインの最も緩やかな角度であるギャンアングル1*8線を完全に割り込んだら売りトレンド入りしたと解釈する。
この1*8線では、トレンドを守ろうとする会も入りやすい点が、判断する上で難しい点でもあるが、3日程度そのラインで買いに反応が鈍いようなら一段下に下落が始まると解釈する。
このトレンドラインギャンアングル1*8線を割り込むと安値も一段下がり、一つ前の安値からトレンドラインを引く。
つまり、一つ前の安値から引いたギャンアングル1*1線が目標の下値ラインに以降すると判断する。

847 :黄泉:2006/10/03(火) 10:59:55


848 :黄泉:2006/10/03(火) 12:48:00
指値にかすらなかったの巻 忍々

849 :黄泉:2006/10/03(火) 12:59:10
露西亜で天然ガス開発のBP幹部暗殺

850 :黄泉:2006/10/03(火) 13:00:57
ファンド筋が大型を執拗に買っている

851 :黄泉:2006/10/03(火) 13:02:04
終値予想値
トレンドに沿って推移した場合 : @16350±20
買いバイアスが働いた場合 : @16540±20
売りバイアスが働いた場合 : @16160±20

852 :黄泉:2006/10/03(火) 13:10:49
独逸証券レポート

マクロ戦略不在の終焉

「人の行く裏に道あり花の山」 人が殺到する所に投資好機は無い。

ヘッジファンド全盛時代であるがヘッジファンドは大きく変質している。
90年代前半のヘッジファンドの7割はグローバルマクロ型であり、市場の長期トレンドに着目した投資であった。
また、異なったクラス間、異なった国、通貨間の価格の非整合性に挑戦した、ダイナミックなものであった。

しかしここ10年急増したヘッジファンドの中でマクロ戦略型の割合は1割まで低下。
大半はアービトラージ、金融技術活用によるテクニカルトレードなど、ちまちまとした鞘取りに特化している。
大半の投資家が大きなトレンドは分からない、マクロ戦略を採用してもお先マクロ(真っ黒)と諦めている。

しかしそうした足元で、世界的に株価と債券価格の極端な乖離が起こっている。
日本では長期金利1.6%に対し、株利回り5.1%、米でも長期金利4.6%に対し株の予想利回り7%弱と、過去10年の最低水準にある。
金利か企業利益か株価か3者のうち必ず一つが大きく間違っている。

これはマクロ戦略に基づく投資好機と考えられる。幸い、人はそれを無視しているかと言えば実はそうでもない。
今年前半はマクロヘッジファンドへの資金が増加した。底流ではトレンドに着目したダイナミックな投資手法が復活しつつあるのではないか。
ダウ高値更新はそうした流れを支持していると言えるだろう。

853 :黄泉:2006/10/03(火) 14:05:45
先週月曜の安値は13-19週サイクルのボトムであったと思われる。何故ならそれは13-19週サイクルの15週目であり、また第3位相の4-6週サイクルの4週目でもあり、両サイクルがボトムを付ける時間帯であったからである。
今週は新13-19週サイクルの1週目であり、4-6週サイクルの1週目でもある。
今度は次の変化日の10月4-14日を注目すべきである。この変化日の中心日は10月9日だが、この日に4-6週サイクルの天井を付ける可能性が極めて高い。
例え長期サイクルが強気でないとしてもこのサイクルは少なくとも今後2-5週間はトップアウトしないだろう。
トップアウトする時あh前サイクルの高値16414を上抜く可能性が極めて高い。
しかし長期的に強気維持するためには8週目を過ぎても続騰する必要がある。
現在、強気位相に入っており、且つ長期サイクルの強気位相にも位置している。

先日9月1週目の弱気アイランドリバーサルのギャップを埋めた。更に前回高値16414を大幅に上回れば上値目標値は17882±453になる。
相場が17300-17600に接近すれば懸念が生じる。何故なら前48週サイクルの天井は4月17563であり、重要な月間下降トレンドラインが17500前後になるからである。
2ヶ月連続でこの水準を上回れば極めて強気。しかしこの48週サイクルの中でそれが達成されなければ3年サイクルは下降に転じている事を意味するかも。

現在全てが強気に見えるが懸念はある。その理由は、米株が買われ過ぎの状態になっており、間もなく下落すると思われるからである。
この様な場合は、日本の株価は常に米株にフォローする可能性が強いからである。
米株の最近の高騰は四半期の好調な企業成績レポートに関連していると思われる。

854 :黄泉:2006/10/03(火) 14:12:02
ギャンタイムサイクル

時間という要素は、値動きの大きさと出来高という二つの要素に勝るほど重要である。
基調の変化の時期が予測出来るギャンのサイクル理論から考察してみる。
ギャンの相場観察から導出されるサイクルの抽出は以下4種である。

1.安値から安値のサイクル
2.高値から高値のサイクル
3.安値から高値のタイム・ピリオド
4.高値から安値のタイム・ピリオド

超長期は長期より強く、長期は中期に優越する。中期は短期に対し支配性を有する。

以下4種のサイクル分析を基に、可能な限り遡るのが原則であるが、15回から20回程度観察出来たらそのサイクルはまず有効であると考えて良い。

1.超長期60年、30年、10年等の年単位
2.長期50ヶ月、40ヶ月等の月単位
3.中期30週、20週等の週単位
4.短期40日、20日等の日単位

この他にもギャンのタイムサイクルについての理論は沢山ある。

855 :黄泉:2006/10/03(火) 14:18:17
フィボナッチタイムサイクル

フィボナッチの時間的目標は、重要な頂点や底から先へと数えていくことによって得られる。
天井や底は重要な転換点から数えてフィボナッチ級数の日に起きるという前提で日足の日数を数える。
即ち、13日目、21日目、34日目、55日目、89日目・・・といった具合。
同様の方法で週足、月足、年足への応用も可能。週足であれば、重要なトップやボトムを選び、そこからフィボナッチ級数の週にターゲットが来る事を待つ事になる。

856 :黄泉:2006/10/03(火) 14:28:05
ギャンアングルとは、ギャンが実験と実践を重ね、トレンド判定に最も重要なアングルを見つけ出した指標。
ギャンは様々な面に於いて50%(半値)の信奉者であったが、1×1こそが最も重要な斜線であり、その極致である。
最終的にはどんなトレンドに於いても価格と時間は1対1で均衡するものであり、1×1アングルを割り込むという事態はトレンドの変調股は転換を物語っており、価格は1×2アングルへと下落すると見る。

1×2、2×1は一般的に強いトレンドに於いて2×1が重要であり、調整相場では速度の遅い1×2がサポートとなる事が多い。
相場がサポートであった1×1をブレイクし、トップからの2×1ないし1×1に支配されるなら、トレンドは既に転換した可能性が高いと見るが、
1×2にサポートされながら徐々に下値を切り上げるのであればまだ上昇相場の中にあると判断する。

1×4、4×1の重要度は1×2や2×1と比較するとやや落ちる。
4×1は非常に強いアングルであるが、しばしばサポートとなる。また、1×4は速度の遅い月足や年足等で利用価値がある。

この他、ギャンのアングルについての理論は沢山あるが割愛する。
また、このアングルのチャートにギャンの価格水準線、タイムサイクル、ボリバンなどを重ね描きして併用する手法も一つ。

857 :黄泉:2006/10/03(火) 14:35:06
10月

225 30勝26敗 53.6%(勝率)
JQ平均  6勝14敗 30.3%
外人買越比率 12勝19敗 38.7%
ドル円騰落 16勝16敗 50.0%

858 :黄泉:2006/10/03(火) 14:41:55
10月相場
ポイントは6日迄に一度売るか、SQ迄持つかであるが、外人の都合に合わせたくないから先売りを考えたい。
3連休という難しい後のSQは、市況が固定化した思想なら良いが、強く推移していても不安定な場面となると尚更。

先行性があるので好業績の話が出ても9月に先取りされている傾向あり。
SQ後の第3週に強く推移したら安心だが、弱く推移したら翌月の外人動向が関係してくるだけに後半が非常に重く推移する。
この辺りがJQ指数の勝率の悪さに出ているが、特に今年の相場は動くとしたら大勢を取る形になるために評価がされ難くなる。
皆が換金に流れたら、新興が過去どのくらい下げたかを考え、ヘッジファンド決算前に早めに売っておくのが良い。

後半には方向性が出ているが、30日以降は11月のヘッジファンド決算を控えて慎重にしておくべき。
逆に早くから下がって勝負が付いているようならこの時期から買い向かって良い。

この時期は政策が固まるから政策重視になる。

859 :黄泉:2006/10/03(火) 14:42:42
何言ってんだか何言ってんだか

860 :黄泉:2006/10/03(火) 14:51:49
B氏曰く
昨日の取引
7717 ブイ・テク
25日線超えたので、5分足5本線に乗って上昇するのではと楽観的に考え10時05分くらいに859000で55枚指値買い⇒10時18分頃5分足5本線割れで全投げ
チャートチェックして昨日の時点で買おうと思い、25日線超えたので買った。

2371 カカクコム
金曜時点で高値引け。出来高減少しながら過熱感無く上昇。
寄値を超えたので行けるのではと思った。10時15分頃、388000と389000で80枚成行買い。
10時40分頃、40枚利確で急落。その後揉み合って上昇し、14時頃40枚利確で急落。

861 :黄泉:2006/10/03(火) 14:52:31
B氏曰く2
地合が良い時に乗ると利食いばかり。地合が微妙な時に乗ると駄目。

こういう知識は経験から得た。

マケスピの投資情報で1枚ずつ見る。

ブレイクアウト時は出来高少ない方が過熱感無くて良いと思う

監視100〜200銘柄くらい

4233太平洋セメント どっちも専門外
4518富山化学 どちらかと言うと上がるかな!?

8306MUFG 板が厚くて値動き少ないのでやらない

安倍政権がどうのでPKOとか裏情報は分からないので気にしない

経済指標は一切気にしない

妹から「兄ちゃん」「お兄ちゃん」と呼ばれている

妹は妄想

8937Human21は上方修正の中から見付けた??

恐怖心は全く無かった。大損ぶっこいた時はギャアと思った。

NECソフトウェア、エフサスなどSE系を受けて落ちた

新興指数を見て地合判断

862 :黄泉:2006/10/03(火) 14:53:25
B氏曰く3
03年頃今のスタイル確立

空売りはヤラレた時むかつくからやらない

女子アナでは川田亜子が好き 皆藤愛子もかわいい

マザ指数、JQ指数とかの日足を見る

20万開始だが途中200万くらい入金した

03-04が一番儲けやすかった

銘柄チェックはしない

SPAのギャラ5000円

信用口座開設は04年初め

4788CA いいかも

勝てそうな自信あれば信用全力

種80万で専業は死亡フラグ

極端な下げ相場でもリバで少しは儲ける自信ある

手法は複雑に絡み合っており数えられるものではない

専業は上手ければ最低200万くらいあれば

指数がだめぽになったら売り

863 :黄泉:2006/10/03(火) 14:53:59
B氏曰く4
支持線割れでLCした方が良いなあと思いつつも下げティック数でLCしている

BNFは50単位規制があるので空売りはしないのでは!?

持越の指値売りはしない

デスクトップ4台中2台つけっぱ ノート1台

浮動株は四季報で見る

マケスピ1台だけでやっている

864 :黄泉:2006/10/03(火) 16:44:51
NYが下落すると日本市場からも投機資金撤退が連想され連れ安する。
反対にNYとは連動性は無くNYが下げても日本株は上がると言う人もいる。

どちらも気にしなくてよい。ポジショントークというか、アナリスクが後付け理由に使うだけ。

全ての予測は過去のデータから導き出されている。
未来は過去のチャートが教えてくれる。

865 :黄泉:2006/10/03(火) 18:33:31
出来高は昨日より2億株減少。出来高減少は買いエネルギーの乏しさ。幕間繋ぎの仕手株上昇。
昨日の様に国際優良が上昇しても喜ぶ人は少ないが低位仕手が上昇すると個人に元気が出る。
12円安だが値下がり数1069で70安級。

2215第一屋 9月末筋介入、売り禁、2,3日休養するかと思われたが今日も値上がり率1位。
6621高岳 これも筋介入、2,3日後に飛び出すと思われたが。
5807特殊電線 9月前半に200-210台前半で筋の玉集め。9月28日から再介入。9月高値抜いたがこの近辺が大きな節目で一押し必要か。
8029ルック 03年に加藤晟氏が7ヶ月間に亘り介入し10倍界王拳。最近では9月11日に立花が買い推奨しその後下げた。368抜けはかなり厳しか。
7961兼松 96年に加藤晟氏が買い占め、100台から5210台まで上昇し市場を震撼させ現在でもファン多い銘柄。9月12日に221円に上昇した途端に信用規制され株価の芽は摘み取られた。221抜けは規制解除まで難しいか。反面、規制で買い、解除で売りという手も。

5233太平洋セメント 10月に華咲くか。

866 :黄泉:2006/10/03(火) 20:23:24
主力、鉄鋼、大手建設、繊維から資金が引いているところを見ると機関投資家の警戒レベルは高いかも。

867 :黄泉:2006/10/04(水) 00:51:44
H氏曰く
巷では株で何億円儲けたとか、素人でもこんなに儲かったとか、**投資法、秘伝の手法、投資の王道など投資How to本が溢れている。
儲かり話の大半はプロの立場から見れば、運良く儲けた、又は相場がたまたま儲かったからなど単純なもの。
王道投資のそれを手に取ってみても名折れというか、本を売る為の謳い過ぎの代物が多く、実際に売買を行う個人にとっては余り役に立たない、
実際には使われない必要無い知識を並べただけの入門書をあたかも王道と称して堂々と売られている現状は誠に遺憾であり、
買わされる読者が全く気の毒に思えてならない。有名講師を招いた有料投資セミナー然り。
経済的合理性の観点から冷静に考えればすぐに答えは出るのであるが、そんなに儲かる投資法なら本にして一般に公開するだろうか?という事だ。
私の知っている勝ち組投資家は決して表には出たがらないし、節税の方法や情報の取り方、売買の手法やタイミングについて簡単に喋ろうとはしない。

個人から見ると証券会社で働く人間は株のプロという感じがあるが、中で働く人の7割は相場を見ていない。
大手証券は株では儲けていない。投信販売、公募の引受手数料、年金、保険で儲けている。
中でも投信が一番儲かる。手数料のノルマ2000万円/月。1000万円販売すると手数料2%で20万円。
投信を1000万円売ると3%の30万円入る。年間の信託報酬が預けているだけで1.5〜3.0%入るので、客は投信残高を持っているだけで約3%支払う事になる。
証券会社は物を売るのではなく、客からの手数料で儲ける。客が儲かると手数料が増えるので客には相場で儲けて貰いたい。

868 :黄泉:2006/10/04(水) 00:52:24
H氏曰く2
投資だけで飯を食っている奴はいるのか?

結論から言えばいる。まず外資系でデリバティブと株をセットでやっている奴。
年収数千万円貰っている奴等は外資系証券でデリバティブをやっているディーラーが多い。
また、兜町などにある準大手以下の証券でやっている連中。彼らは自分の稼いだ利益の約3割が給料として入る。

個人投資家にも相場だけで食っている奴はいる。知り合いは2000年頃から種200万くらいから始めて3,4億まで増やした。
塾講師をやっている奴や大学生の頃からやっていて卒業してもそのままやっている奴もいる。
そいつらの特徴は、非常に研究熱心。必ず勝てるポイントを自分なりに持っているので、相場がどうであろうと動くところに付いて最終的に利益を残せる。
05年の、地合が最高に良い時に、地合の良さに恵まれて儲けた人は自分のスタイルを持っておらず、実力も無いので皆資産を吹き飛ばした。
相場が悪い時にも儲けられる人が、ディーラーにせよ個人にせよ本当のプロ。
今でも勝ち残っている人は自分なりに研究しているし、分析のやり方も知っており、勝てるツボが分かっている。
素人でも研究して勝てるツボを身に付ければ、儲けられなかったとしても負ける可能性は非常に低くなる。

上述した個人で3,4億儲けている人は新興中心にやっている。
しかし新興市場は3,4億の資金で儲けるには市場が小さ過ぎるのでデリバティブへの進出を図っている。
デリバティブでやられると1年ほど株へ戻って1億5000万ほど儲けて、またデリバティブへ戻って来る。
自分のスタイルや勝負処を知っている。
B*Fの様な人もたまにいるが、そういう本当に儲けている人は本も書かないし、TVなどにも出たがらず、なかなか人には教えない。
但一つだけ教えてくれた事がある。殆どの現物株が一日の中で高値を付ける確率が最も高い時間を分析。
大体ディーラーも午前中で一勝負終える。結局ディーラーであっても動く物をやらないと儲からないので騰落率を見て買いに行く。
そして後場寄りにも買いに行く。だからその時間に一番高く売れる。
こういう研究を自分なりに行っている。

869 :黄泉:2006/10/04(水) 00:52:54
H氏曰く3
プロ

よく昼休みにUPorDownなどと言って相場予想をしているが、あそこに出る人は営業マンの様な人が多い。
彼らの予想は30分後くらいまでなら結構当たるが、大引けまでの予想は無理。だから当たる確率はせいぜい半分くらい。

証券会社の人間でも相場に興味無い人はゴロゴロいる。そういう人の話しを聞いても助けにはならない。
本当に助けになるのは、相場が好きで、相場を張っていて、相場でどうやって儲けてやろうと常に頑張っている奴の意見。
そういう実際に闘っている仲間が知っている情報を、苦労して築き上げたネットワーク内で廻しながらやる。

投信会社は特に、相場を実際に張っている人間は少なく、売り子が殆どで、相場に向かっているのは一部の限られた運用者のみ。

一番楽なのは情報発信会社(QUlCK、FlSCO、トレーダーズアソドカンパニーなど)。
彼らも一応はプロに分類されるが、彼らがしているのは相場の実況中継の様なもので、自分の予想が無いので非常に楽だと思う。
黒髭氏は、当たり外れは別として、自分の理論をキチンと持って発信していたので立派なものだと思う。
自分の意見を言わずにただ相場の概況を流しているのは無責任だし、何の価値も無いと思う。

投資顧問の中には怪しいところ、聞く価値の無い情報を流してお金を取るところもある。
気を付ける点は、本当にお金を払う価値のある情報を出してくれるところを使うということ。

機関投資家(生命保険会社など)は、ファンダの勉強は欠かさずやっている。
証券会社が出すレポートは隅々まで一日中、目を通している。
彼等の運用評価は、ベンチマークとなるインデックスに何%上乗せして運用出来たか。
だから例えばベンチマークとなるTOPIXが20%下落した場合、資産の減少率が20%以内なら問題無い。
(ディーラーはそうではなく、元金をいくら増やせたかが評価されるので下げ相場だろうと増やさなければならない。
 この点が本当のプロなのかそうでないのかの違いになる。)

870 :黄泉:2006/10/04(水) 00:54:18
>869 プロ 続き
外資系証券は資本力に任せて結構いいかげんな部分がある。
例えば某シティ証券は、上司が友達など連れて来て、今まで株も証券もやった事が無い、最近まで英語講師をやっていた奴がいきなり上司になり、
先物をいきなり100,200枚やってヤラレて嫌になっちゃったよなんて言ってる。それでも給料は良い。
外資系証券に入った知人の殆どは3,4年で首になった。残るのは本当に実力のある奴か、グループリーダーについて行っだがそれでも残るのは10人中1,2人。

日経新聞は情報発信の末端。基本的には証券会社に聞いた情報を纏めて載せている。

プロとは、ベンチマークに対してどうのこうのではなく、100万円あったら1年経った時にいくら残せるか。
そういうところを常日頃考え、どう行動したら良いのかを常に考えているような人間を本当のプロだと思っている。

871 :黄泉:2006/10/04(水) 00:56:01
H氏曰く5
勝ち組のやり方

ディーラーは基本的に持越しせず、利食いの物だけ持越し。
彼らは基本的に1,2T抜き中心。日頃から個人に先物で1,2T抜きをやるなと言っているわけは、手数料が嵩むのと、逃げ方を知らないから。
スキャは勝率は高いが1回のヤラレが大きく、トータルマイナスになってしまうのでやるなと言っている。
だがディーラーは逃げ方を知っており、駄目かどうかの見極めが早く2Tヤラレたら逃げる。
だから1,2,3T抜きだろうと出来る。

例え話)
A株の株価300円。300円に10万株の売り板がある。自分で295円に10万株の指値買いを出すと仮装売買となってしまう。
これを買い上がりたいと思った時に仲間内に話して、俺が300円買うからお前は301円買いに行ってくれと言う。
そうすると提灯が付いて302,303,304円と買い上がったところで最初に買った10万株をぶつける。
こういう酷い事をやっている連中もいる。

本当に上手い奴はチャートの読み。1300銘柄くらいの中から毎日引け後にQUICK叩きながらこういうチャートを探し出す(図略)。
で、ここに来た時だけドカンと買う。この形をひたすら探して好機を待ち、好機が来た時だけやる。
こういうやり方だけをやる若手もおり若いのに上手いと感心する。

株の場合はチャートの研究が大事。どんなチャートが上がりやすいか。
チャートブックなど見てどこから上がりだしているか研究する。
上昇開始前の形だけ覚えて、監視銘柄がその形になった時だけ買う。

872 :黄泉:2006/10/04(水) 00:56:31
>871 勝ち組のやり方 続き
儲けている人は基本的に短中期投資。利食ってナンボ。一日を終えて金が幾ら残っているか、そういうやり方。
長期投資は勝てるという言い方には嘘がある。経済が常に成長過程にあるなら株も上がるので長期投資は必ず儲かる。
しかし経済は必ず成長するとは限らない。人が少なくなれば労働力も消費も少なくなる。
経済のレベルは高くなるかも知れないが後退する時期もある。
長期投資が良いと言えるのは経済が上昇している時のみ。
住金を50円で買って持っていたとしてもそれはたまたま経済が下降局面から上昇局面の転換期に買えたからであり、50円の時から経済が更に衰退すれば株価は更に下がる。
長期投資が儲かるというのは、今迄がそうであったから定理であるかも知れないが真理ではない。
だったら中短期で利益を積み重ねる形の方が良い。
たまたま塩漬けにしていたら経済が復活してきたとすればそれは運。

長期投資長期投資と言う投信に騙されてはいけない。投信は証券会社が儲ける為の商売なので買ってはいけない。
自分は20,30億売ってきた立場なので分かる。大して儲かっていないし損している人もいる。
親父は俺に相談無く投信を買い、元本が6,7割に減ったとぼやいていた。

873 :黄泉:2006/10/04(水) 00:57:16
H氏曰く6
寄り前チェック項目

NYと、先物をやっている人なら絶対見るのがCME225。清算値が最も大事だが高値安値も見る。
これを想定レンジの材料にする。高安到達率約50%

外資動向は株数は勿論、金額も見る。低位株が流行っている場合は株数が増える。
株数が買い越しでも金額が売り越しだと少し危ない。
最も重要なのは買いに来ている内容。今は欧州系の方が力を持っているので欧州系が買い越しの方が強い傾向がある。
セクター別では銀行が買いか売りかが第一のチェック項目。銀行は時価総額が大きく、資金が入ってきているかどうか見るのによく、トピ寄与度も大きい。
銀行売りの日は殆ど上値が重い。買いの日は上がり易い傾向。

寄り前SGXは先物をやっている人なら皆見ているので先物やるなら見なければならない。

経済指標は予想と乖離が大きければ大きく動くが予想通りなら殆ど動かない。
その先の読みの部分が重要。大体マーケットは予想部分を織り込んで発表前に動いているので、良い数字が出ても動かない場合もある。

想定レンジはCME225の上下の値幅から想定される。ディーラーが出している数字の場合は結構信頼度高い。

システム売買サインは勝率の高い方向へ賭けているので、多くのサインが同じ方向を指したらその方向へ動く確率が高目なんだなと見る。

ブルベア指数は客動向。大きく偏っている時は需給が偏っているので逆に動く可能性が高い。

874 :黄泉:2006/10/04(水) 00:58:46
H氏曰く7
勝つ為の最重要な点は、自分がどれだけ金が欲しいか。
俺はブガッティヴェイロンが欲しいのか、それともそれはキツイから中古小型車でよいと思うのか。
経験則では妥協したら妥協した方のものしか得られない。あとは欲と損した時の恐怖との戦い。
欲しいと思う気持ちでモチベーション高く勉強しないと儲けられない。

売りを知らずして勝ち無し。相場は1ヶ月かけて上げたものを3日で下げる。だからてっとりばやく稼ぐには売りの方が早い。これはマーケットの定理。
OPの買いは時間を敵に回しているので博打になってしまう。

同じリターンなのに勝率が違うという事があるだろうか。例えばディープインパクトとハルウララが競争するとしたらどちらに賭けるか。
競馬ならディープの単勝は1.1倍でハルウララの単勝は数百倍になる筈である。
だから勝率と利益は必ず逆相関になる。ところがマーケットは上がるか下がるか確率2分の1。
だが過去のデータを分析し勝率の高い方へ賭けていれば最終的にいくらかお金は残る。その部分が競馬と違う。

875 :黄泉:2006/10/04(水) 00:59:16
H氏曰く8
勝つ為の考え方

システム売買で食っているY氏の意見。「負けないだけでは足りない」。
この方法なら絶対に負けないと自信を持って言えるものだけに投資しろ、勝てる理由があるものにだけ投資しろという事。
それは負けないシステムが今機能しているという事。
或いはプロしか入手出来ない情報を知っている、まだ誰も知らない情報を知っている。或いは他人が評価出来ない会社を評価出来る。
個人が簡単に出来るのは、システム売買を勉強してそれをやる事。
勝率が高いパターンを見付けてそれ以外やらない。検証出来ないもの、自分が分からないものはやらない。

H氏曰く9
身を守る為のマネーマネジメント

ディーラーがポジ取る前に何をするかというと、先ず1回のトレードでの最大の損失を決める。
例えば買いで入った時に、利食う事ばかり考えず反対に動いた場合も想定して考える。
プロは絶対に、こうなったらこうしよう、こう動いたらこう逃げようとやる前に決めている。

仕掛け前にLC価格を決めておく。TSを使う。

Y氏曰くこれ意外に例外は無い。

876 :黄泉:2006/10/04(水) 00:59:50
H氏曰く10
資金を増やす為のマネーマネジメント

次のトレードで何枚張るかは相場で唯一確実に制御出来る部分。利益が出るに従い、売買数量を増やす。


ラリーウィリアムズのマネーマネジメント

建玉単位=現在の資産×f÷1トレード当たりの最大損失額
f : 数%から数十%

元本に対しいくらリスクに晒してよいかという数式

H氏曰く11
日々の準備

何より原資産を確認し、今日のリスク額を決定する。負けが混むと熱くなってLC出来なくなる。
例えば100万円が80万円になると切れなくなるが、80万円になる前に切らなければならない。
10万円負けたら今日はここまで、ここまで来たらドテンする、などと決めておく。

予定していなかったトレードは決して仕掛けない。
毎日仕掛ける必要は無い。勝算のあるトレードのみ仕掛ける。

H氏曰く12
昼休み以降に情報が少なくなるのはディーラー仲間から来る情報が少ないから。

現在は売るタイミングを待っている様な局面で、GSやCSが仕掛けて来る事も想定され、ボラが拡大する局面なのでポジがギリギリ人は注意。

877 :黄泉:2006/10/04(水) 01:00:52
※全て私の妄想であり、物語はフィクションです

878 :黄泉:2006/10/04(水) 08:40:58
ダウ +0.49%
S&P +0.21%
ナス +0.27%
CME H16290 L16150 S16250

売り2790万株
買い3070万株
差し引き280万株の買い越し。
金額ベースも買い越し。米国系、欧州系ともに買い越し。
セクター別では、売りは、石油・電子部品など。
買いは化学・鉄鋼・不動産・通信など。
売り買い交錯セクターは電機・自動車・精密・証券など。

ダウは00年1月4日来高値更新。当時の225は18000台。その00年11722ドルを付けた当時の米財務長官はGS証券会長。
そして今回も7月にGS証券会長が財務長官に迎えられている。
GS証券と株市場は縁起が良い様だ。03年に三井住友銀が経営危機になり、この増資を引き受けて危機脱出した時の救世主もGSだった。
ゴールドマンとは金の男。

昨日発表の三市場信用残は買い残が3.9兆円となり再び4兆円を割り込んだ。
SBの信用倍率は1.13倍まで急低下し、買い残減少・売り残増加で需給が引き続き大幅改善。

北問題とダウ高値更新の綱引きで今日も値動き乏しいなら手詰まり感から仕手活況かも。

879 :黄泉:2006/10/04(水) 08:49:48
今日少し買おうと思ったけど気配見たら買えない

880 :黄泉:2006/10/04(水) 08:57:20
SB 2500抜けで買い

881 :黄泉:2006/10/04(水) 08:58:50
トレイダーズ証券 想定レンジ 16,160〜16,430

882 :黄泉:2006/10/04(水) 09:03:27
10月4日(投資の日)の225の騰落は97年来9年連続で高い

883 :黄泉:2006/10/04(水) 10:37:56
久しく使っていなかった証券会社が振込先を変更しており振込先を間違えた。漏れの金は何処へ・・・orz
更にログインパスワードも忘れて山勘で打ったらロックされた。電話するとパスワードの再発行は郵送だと・・・orz

884 :黄泉:2006/10/04(水) 10:56:52
もし16414を超えて来たら少し警戒レベル。8週スローストキャが弱気オシレーターダイバージェンスとなる可能性あり

今週金曜にも天井を付けるかも。サイクル分析では来週始めに天井を付ける可能性が極めて高い。

885 :黄泉:2006/10/04(水) 19:27:44
11:03 16120まで調整しそうな雰囲気を感じたので変化日という事もあり返済。押目を拾うか静観するか悩む

12:05 
もう一度上を試すか否か。一応今日から変化日なのでさっきのが天井かもだがまだ早いのでもう一度上を試す展開になると思われる。
ここからは大幅に上昇するのか25日線を試すのか、暫く様子見。

12:56 今は売り買いともに勧めない。強いて言えば買い。

13:35 様子見推奨

13:56 
このまま安値引けすると売りシグナル。週間高値を更新し、且つ週間安値を更新して安値引けした場合、強力な売りシグナルになる。
また今日から変化日という事もあり、時間的に天井と判断して良いと思われる。

14:21 25日線を下回ろうがどうなろうが15513を下回るまでは強気。

14:52
今日の高値が天井であったとするなら少なくとも3週間以上の下落を見せるだろう。
それで15513を下回るかに注目。現在4-6週サイクルの1週目である事から、ボトムを付けるのは3-5週間後になる。
ボトムを付ければ次の第2位相の4-6週サイクルの天井に向けて修正高を演じる(下げ幅の50%±11.8%)。
ここで売りを狙う。サイクルが弱気になれば買いは狙わない。

15:05 暫く揉み合いになるだろう。

15:06 まだ押し目と見たいが、やるなら資金の一部で。

886 :黄泉:2006/10/04(水) 19:57:19
『完璧を恐れることはない、到達は不可能なのだから』 − サルバドール・ダリ(芸術家)

887 :黄泉:2006/10/04(水) 20:00:03
「二日新甫は荒れる」

最初の営業日が2日から始まる月の相場は荒れるという格言がある。今年は10月だけが該当。
10月はアノマリーで株のリターンがマイナスの事が多い月(最もマイナスなのは9月)。
87年のブラマンも10月。因みにトピでは49年以降のデータで9,10月とマイナスの傾向がある。
勿論、「荒れる」というのは下げだけでなく激しく上下動する意味でもある。
また、2日が営業日で始まる月は13日が金曜日。

888 :黄泉:2006/10/04(水) 20:09:05
Web2.0時代に入り、IT関連の今後の評価が変わりつつあるので新興に要警戒。
ネット業界の勝ち組と言われたヤッホーや転落(楽天)も例外ではない。その変調はナスにも見え始めている。
ナスは高値から半値以下の水準。日本の新興三市場も底割れ寸前の水準。
新興はダウや225を見て買ったり、過去の株価を見て買っては危険な事は新興指数を見れば明らか。

889 :黄泉:2006/10/04(水) 20:25:45
K氏曰く
出金して欲しいモノを買って引っ越しもしてなど生活が色々変わった。
昨年に比べて恵まれた今の環境に満足してしまいかつてのようなハングリー精神が失われた。
しかし今月の損失で目が覚めた。自分にとって何が大切でどうしなければならないのか。
今は辛いがいつの日か再度高値奪回してあの時の失敗が活かせたと言えるように来月頑張るしかない。

890 :黄泉:2006/10/04(水) 20:28:13
Z氏曰く
9月はかなり苦月だった。3敗しかしていないが利益率は今年最悪。このまま勝てなくなるのではないかと恐怖と闘う日々。
焦りから色々な銘柄に手を出し本来のスタイルを崩した。調子には波があるのだから根本から変えるべきではなかった。
むしろどこに問題があるか検証し、微調整するのが先決だった。この辺はスポーツ選手とかの調整方法が凄く参考になる。

891 :黄泉:2006/10/04(水) 20:29:50
ディーラーが厚い板食ってはいかん

892 :黄泉:2006/10/04(水) 20:40:21
個別騙しウゼーやってらんね( ゚д゚)、ペッ

893 :黄泉:2006/10/04(水) 20:55:02
システム開発とその運用は
1.ノートとペンでアイディアを纏める
2.過去データで検証
3.最小の建玉で実験的運用
の3段階で進めているが、1がいつでも何処でも出来るので問題は無い。
問題があるのは2の段階。最近はExcelを使った検証を少しずつやっている。
いきなり2の段階から入ってしまう人も多いが、大きなメモ帳を持ち歩いて先ずシステムを紙上で形にするという作業もばかには出来ないと思う。
検証結果についても、何故機能しないのか、というような事を考える為に損益曲線のグラフを貼っておいて後で考える事も出来る。
勿論、神に貼っても良いしExcel上にシステムコンセプトや具体的ルールを書いた内容と一緒に纏めておいても良い。
検証以前にアイディアを忘れてしまう方が問題だが。orz

894 :黄泉:2006/10/04(水) 21:03:49
アイディアというのは思いつきなので、徹夜したからといって思い付くようなものではない。
(徹夜で頑張るという努力は将来に結びつくと思われるが)。
漏れの場合は、
1.ノートとペンでアイディアを纏める
2.過去データで検証
というところがなかなかスムーズにいかない。2の段階まで行ってそのアイディアの出力を行えば自然とまた新しいアイディアが思い浮かぶもの。
出力したアイディアは勿論良い結果であることが望ましいが、良い結果であろうと悪い結果であろうと必ず将来のアイディアの種となる。

ただアイディア倒れのパターンも多い。1年間で25-30のアイディアが浮かぶが、検証してみると使い物になりそうなのは2割くらいのせいぜい5,6個。
しかもまだ実際に運用する以前の段階なので一つのシステムに徹底的にスティックしていく。
そして規律あるトレーディングスタイルを自分の身体に覚えさせていくという段階。
いつから運用し始めれば良いのかその辺が悩みの種。

アイディアにもグレードがあり、これは行ける!というものから、少しくらいは上手く機能するかも、というものまで色々。
だが実際に検証してみると自分が感じたものとは違う結果になる事があるので少し驚く事もある。
最近、システムトレードと自動売買が流行ってきているが、何故こんなしんどいものを皆やりたがるのか疑問に思う時があるが、
システムトレード⇒自動売買⇒打ち出の小槌と思っている人が多いのだろう。
自動売買構築はあくまで日々のルーチンワーク簡素化の為のもの。
自動売買を継続したとしてもメンテは必要なので案外苦労は伴う。
手動で発注出来る範囲なら自動売買は不要とも思う。

895 :黄泉:2006/10/04(水) 21:10:06
>894続き
自動売買のメンテについては某イギリス人トレーダーからの話を頻繁に聞く。
彼曰く「このビジネスはサイエンスではない。重要なのはトレーダー自身の自己規律、Disciplineだ」との事。
漏れは納得いくまで人力でやってみようと思う。自分で自分の世話を焼く、或いは面倒を見ながらトレーダー生活を楽しんでいきたいと思う。

個人店舗を経営していて、店長を誰かに任せるのか、自分で店長をするのかみたいな理屈。

プログラムトレードも所詮は人間がやっていた単調作業をマシンにやらせているだけに過ぎない。
単調作業を除けばコンピュータよりも人間の能力の方が遙かに優れているので裁量も大事にしたい。
デイトレなら自動売買のメリット享受は大きいがスイングなら自動売買に拘る必要は無いと思う。

896 :黄泉:2006/10/04(水) 21:18:44
ネットの普及と情報開示で個人と機関の差は縮まってきたが個人が無料でリアルタイムデータを引っ張るには限界がある。
一番安価なのはブローカー提供のサービスをそのまま利用する方法だが、質の良いデータを引っ張るには専用ソフトが必要になり高額になってしまう。
例えばトレステを使って商品先物のチャートを表示させるのは少し厄介。
データ取得専用ソフトと組み合わせる事によってフラクタルシステムズのサーバーからデータを引っ張ってきてチャートを表示し、
データを貯める事は出来るが回線不良でネットが繋がらなかったらその時間だけデータを遡ってデータ取得する事が出来ない。
また、PCをずっと起動しっぱなしにしておかないとデータを取り込めないのであまり実用的ではないかも知れない。

フラクタルシステムズ ttp://www.fractal.co.jp/psd/astro.html

897 :黄泉:2006/10/04(水) 21:26:26
ポートフォリオ調整方法は、新しいシステムと古いシステムを交換してしまうのではなく、新しいシステムを導入しつつポートフォリオ強化していくというもの。
また個別システムの最適化をして連続性を失う事は極力避けている。
例を出すしてみる。便宜上、金額ベースでの割当てを考えている。

トータルポートフォリオ120万円
システムA 20万円
システムB 70万円
システムC 30万円

この時、新システムDを導入した場合、

トータルポートフォリオ120万円
システムA 15万円
システムB 52.5万円
システムC 22.5万円
システムD 30万円

と、システムA-Cの比率と全体の資金額を固定してポートフォリオの内容を変更する。
(実際は他のシステムとの相関や市場特性を考えて新システムDの比率を小さくする。新システムDの割合を大きくとることは無い。)

また、システムCがどうしても上手く機能しない、再最適化が必要と判断した場合、(最適化後のシステムCをシステムC'とする。)
システムCの比率を減らす代わりにシステムC'を導入する事を考える。

898 :黄泉:2006/10/04(水) 21:30:50
>897続き
トータルポートフォリオ120万円
システムA 20万円
システムB 70万円
システムC 20万円
システムC' 10万円

システムC⇒システムC'と再最適化する事によってシステムCを廃棄してシステムC'を導入するインパクトよりも
徐々に浸透させていく方がインパクトが少ないという考えのもとである。
最適化によって得られた最も良いパラメータが実際の取引でも最高の結果を得られる訳ではないという考えを前提にすると、
再最適化したシステムが元のシステムをアウトパフォームするとは言えないのではないかと思われる。
というのは、調子の悪いオリジナルのシステムCが将来に復活してくる可能性もあるからである。
また、システムCを更に徹底調査してより良質のシステムC!!が出来る可能性もあるので安易に再最適化で調整するよりもより緻密な開発が出来る。
どちらかと言えばこちらの可能性の方に大きく賭けている。

899 :黄泉:2006/10/04(水) 21:37:07
>898続き
問題は、行動と心理に関わってくる事柄の「コミットメント」。極簡略化して述べると、例えば一つのシステムだけでトレーディングしているとして、100%そのシステムにコミットメントしているとする。
それに対しA、B、Cの3つのシステムに基づいてトレードするとなると単純計算で33.33%ずつコミットメントする事になる。
これは意識の問題としては、そのシステムにどの程度積極的に関与しているか、というその度合いが3分の1になってしまうのではないかということ。
勿論、時間やエネルギーも3分の1になるのだがここで言いたい事は「気持ちの問題」という事。
或いは、屁理屈ぽいとか言い訳めいているという印象を持つかも知れないが、どうも一つの事に徹底的にスティックしないとその次に行けないタイプかも知れない。
ただ、複数のシステムの運用ということならばタイムフレームを別々にして
1.デイリートレーディングシステム
2.ウィークリーポジションシステム
に分けて、2を更に2種類用意するという形なら自分にも出来そう。

900 :黄泉:2006/10/04(水) 21:48:28
チャートソフトのデータの取扱の違いについて
1分足を使って20期間の移動平均線について考えてみる。1分間に約定が無い場合、その間のデータは欠落する訳だが、
ソフトによっては値段が無いものとみなして詰めて表示されるものがあったり、或いは約定は無いものの便宜上理論値を算出して空白を埋めてチャートが描かれるものがあったりする。
前者の場合、欠落したデータは20期間の移動平均線にはカウントされない。
こちらが一般的なのだが漏れがエクセルで検証する場合はデータは欠落しないものとみなして便宜的に直前約定値をもってきて空白を埋めている。
(欠落したデータを使ってマクロを使って*本足ベースのシステムを作成出来ない事も無いが結構面倒。)
つまり一日分のデータは固定Sell数を使用している訳。(※朝一で寄り付かない場合は空白にしている。)

この様な違いがあるのでエクセルで検証した結果とシステムトレード専用ソフトで検証した結果が一致するという事は殆ど無い。
言い換えれば多少の誤差は憑きものだと思って、一致させる事はしていない。
エクセルでは細かいデータの調整よりも大局を見誤らないよう心掛けている。
両方のツールで検証してみてあまり大差無いシステムというのはデータに対して成績がブレないので本当に信頼出来る。

901 :黄泉:2006/10/05(木) 08:39:08
ダウ +1.05%
S&P +1.21%
ナス +2.11%
CME H16370 L16130 S16345

売り3330万株
買い2910万株
差し引き420万株の売り越し。
金額ベースは買い越し。
米国系、欧州系ともに小幅売り越し。
売り 化学・精密・損保など。
買い 建設・機械・自動車・不動産など。
交錯 電機・証券。

902 :黄泉:2006/10/05(木) 09:05:36
トレイダーズ証券 想定レンジ16,120円〜16,430円

903 :黄泉:2006/10/05(木) 09:33:24
相場の上げ基調(または下げ基調)にかげりがでてきたら反転が近い

904 :黄泉:2006/10/05(木) 10:29:48
B氏曰く

昨日の取引

8924 リサたん
9時9分に529000円で20株成り買い、高値掴み
新興全体が寄り天ぽく垂れ始め、リサは9時半頃まで軟調
523000、522000でLC、底投げ

8473 SBI
9時15分に43500円1000株買い
9時30分頃に心身の我慢の限界が来て底投げ
分足見るともし持ってたら上離れた449000くらいで売ってただろう

3230 マイカ
9時55分〜10時00分頃254000円100株買い
10時05分に5本線割れでLC
粘ってても高値で売らずにLCしていただろう

支持線割れでLC

姉は25歳で保健の先生という妄想

始めた頃は将来的にはいつか億儲けると思っていた 複利だし

最近IPOセカンダリで儲けたのはハイパー

楽天口座のみの今年のパフォーマンス50%

油は投資歴6年 短期は02年〜 年齢22-20歳

905 :黄泉:2006/10/05(木) 10:31:18
22-30だた

906 :黄泉:2006/10/05(木) 10:51:43
ロールオーバー

ロールオーバーとは、例えば9月限225Fを買いで保有していて、このまま上昇すると考え年末まで保有したいとする。
その場合、9月限はSQで消滅してしまうのでSQ前に9月限の225F買いを売り返済すると同時に10月限225Fを新規買いする。
この様な行為をロールオーバーという。

自己などは、これを寄り付きに成行発注するのではなく、9月限と12月限の板を見ながらザラ場中にロールオーバーしていく。

907 :黄泉:2006/10/05(木) 10:52:14
権利落ちと先物価格

9月限16360
12月限16330
となっていた場合、3月限が安いと思って買ってはいけない。
9月の中間配当分で30円程度あるのだと思うべし。
現物225銘柄を保有していれば配当が30円出るものと考える。先物は配当が無いので。
この差30円は権利落ち日9月26日から無くなる。

908 :黄泉:2006/10/05(木) 10:54:08
慎重な人が増えたのか以前よりうねりが少なくなった

909 :黄泉:2006/10/05(木) 10:55:52
昨日の下げはやつはり押し目だつた 結果論

現物が昨日の高値16363を上回るまでは昨日天井を付けたと思っておこう

910 :黄泉:2006/10/05(木) 10:59:35
NYが上に抜け出したので日本も馬鹿になって買われる筈だが殆どの人が様子見から入っており昨日買った人は利食いから来ている。
その時間帯が過ぎた後にどう推移するのか。
先に動くとしたらハイテクなど225寄与度の高い物。
後に動くとしたら出遅れ株だろう。

911 :黄泉:2006/10/05(木) 11:09:04
やぱブル一辺倒は駄目や

912 :黄泉:2006/10/05(木) 11:11:13
>907 3月限は12月限の間違いだよ

913 :黄泉:2006/10/05(木) 12:39:59
☆市場外取引 金額の目安

1000億円以上 相当大きい
700〜999億円 かなり大きい
500〜699億円 大きい
300〜499億円 やや大きい
100〜299億円 小さい
100億円以下  かなり小さい

914 :黄泉:2006/10/05(木) 12:40:49
昼のバスケット取引はリバランス・EFP中心で、金額は、かなり大きい。
デルタは、売りと推測される。(12時10分現在)

915 :黄泉:2006/10/05(木) 13:15:46
9月19日以降及び過去のチャートを見て分かる様に、転換線と基準線がDCする直前は必ず戻り高値を取りに行き、翌日以降下降トレンドを形成している。

916 :黄泉:2006/10/05(木) 13:16:48
今日はGCですのよ

917 :黄泉:2006/10/05(木) 13:31:34
システム売買で大切な事は、統計データを頭に入れた上で行動しているかどうか。
経験あるディーラーは勘でやっている様に見えて、こういう事を肌で感じて分かっている。
個人がその経験の差を埋めるには、統計データを理解し知っていくしかない。
知っていれば自信を持てるし、目先の動きに翻弄されなくなる。

918 :黄泉:2006/10/05(木) 13:51:51
苦戦するヘッジファンド - ウォールストリートジャーナル

米シティグループが社内のヘッジファンド事業のトップに著名な運用マネージャーを招いたのは04年。
これにより金融界で最もホットな分野でシティグループは有力プレーヤーとなるかに見えた。
しかしシティグループのヘッジファンドであるトライベッカ・グローバル・マネジメントのタニヤ・スタイブロ・ベダーCEOは今月辞任。
トライベッカではコストが膨らむ中、冴えない運用成績が続いていた。

ベダーが僅か2年で辞任に追い込まれた事は、シティグループの様な巨大金融機関がヘッジファンド事業を運営する難しさを浮き彫りにしている。
ヘッジファンドの成功は、機転の利く経営と考え方に依存するところが大きい。

シティグループは幾つかの分野で大胆な動きを見せている。トライベッカの経営陣刷新の他に、同社はアマランス・アドバイザーズの株式を少なくとも一部取得する事を目指し交渉している。
多戦略型ヘッジファンドのアマランスは今月18日、主に天然ガスの先物取引によって、9月にエネルギー取引デスクが約1週間で50億ドルの損失を出した事を明かにした。
交渉は決裂する可能性もあるが、シティグループによるアマランスへの出資が実現した場合、ヘッジファンド、プライベートエクイティ、不動産などを含むオルタナティブ投資事業の拡大に向けた最新の努力の成果となる。
ここ数年間、幾つかの大手銀行がヘッジファンド業界で一流の仲間入りを目指す構想を打ち出している。
これら大手銀行は富裕な顧客層を多く抱えるため、ヘッジファンド業界でも大きな勢力となる力はあるとみられる。
しかしこれまでのところヘッジファンドを主力事業の1つに育て上がる方法を見付けられないでいる。

919 :黄泉:2006/10/05(木) 14:03:48
>918続き
事情に詳しい筋によると、ベダー氏辞任の背景には、冴えない運用成績、トライベッカの運営コストや投資哲学を巡る意見の不一致があった。
シティグループはベダー氏の上司、ディーン・バー氏にトライベッカの評価を行い、改善案を纏める権限を与えた。
バー氏による評価後、ベダー氏は辞任した。

トライベッカの年初からこれまでのパフォーマンスはリターンがほぼ横這いとなっている。
これに対しヘッジファンドの指標とされるHFRIファンド・ウエーテッド・コンポジット・インデックスは7%近く上昇している。

自身もヘッジファンドの専門家であるバー氏は、最終的にはベダー氏は辞職すべきと判断したという。
シティグループは9月7日、ベダー氏がトライベッカのCEOを辞任したと発表。
後任はバー氏だった。またシティグループは、トライベッカの最高投資責任者にオリバー・ドッブス氏、COOにダン・マクオーリフ氏を指名した。

トライベッカは「シティグループ・オルタナティブ・インベストメンツ」(CAI)部門の傘下にある。
CAIは昨年のシティグループ全体の純利益の約6%を生み出した。5月にマイケル・カーペンター氏が辞任したため、CAIは現在、後任CEOを探している。
カーペンター氏はバー氏が入るまでベダー氏の上司だった。

これまで15億ドルをトライベッカに投資しているシティグループは、トライベッカへのコミットメントを維持している。
トライベッカは主に機関投資家を顧客としている。

920 :黄泉:2006/10/05(木) 14:11:16
>919続き
ヘッジファンドを巨大銀行の中に組み込み、2つが歩調を合わせる事は難しい事だ、とGAMのロンドン在住の最高投資責任者デビッド・スミス氏は指摘した。
GAMはスイスのジュリアス・ベア・グループのファンド・オブ・ファンズ。
スミス氏は「これまでのところヘッジファンドを持った投資銀行のモデルの多くはまずい発想に基づいている。
何がヘッジファンドのマネージャーを動かすかを理解していない為だ。
利益を上げるマネージャーらは投資銀行の世話になろうとは思わず、他者に運命を握られたくない」と述べた。

ベダー氏がトライベッカのCEOに就任した04年には、他の大手銀行も競ってヘッジファンド事業拡大に乗り出していた。
その年、JPモルガン・チェースはヘッジファンドのハイブリッジ・キャピタル・マネジメントの株式取得で合意している。
またリーマン・ブラザーズ・ホールディングスはロンドンのGLGパートナーズ買収を検討したが結局は見送った。

しかしシティグループがトライベッカを有力ヘッジファンドに育て上げようとした決定は、最も注目を集める動きの1つだった。
事情に詳しい筋によると、シティグループはベダー氏に対し、独立した起業家的なファンドを運用してもよい、としていたという。
当時、頑固で自信に溢れていたベダー氏は、シティグループの様式化された世界を変えられる人物を見られていた。
しかしベダー氏の経営スタイルと、独立を維持したいとの希望が一部上司との不協和音に繋がったという。



921 :黄泉:2006/10/05(木) 14:20:00
相場の世界は世間で考えられている常識通りではない事が多い

「原油高は悪材料で、原油安は好材料であるかのような誤解」
225が安値を付けた03年4月、7831円。その時の原油は1バレル25円前後。
それから06年4月に17563の戻り高値更新した時の原油は、75円まで上昇トレンドを描いている。
むしろ原油はダウとは相関関係が見られないが、長期トレンドで見た場合、225とは非常に相関関係が見られる。

「ブラックマンデーは嘘」
月曜日はたった1例のブラックマンデーのお陰で人々の脳裏に焼き付き、恐怖の月曜日という印象があるが、米の学者が過去30年間に亘る曜日別パフォーマンスの統計を取った結果、興味深いデータが出た。
月曜日が1817ポイントの上昇で断トツ。次が水曜日で701ポイント。最も悪いのが金曜日という結果であった。
ポイントはあくまで指数であるが、他の曜日より抜群にパフォーマンスが良かったのだ。

922 :黄泉:2006/10/05(木) 14:26:11
米は日本時間夜なので日本市場の場合は月曜の安いところを拾い、金曜の高いところを売っておくと持ち越しで有利

923 :黄泉:2006/10/05(木) 14:56:38
どんなに安全性能が高く高性能な車でも運転者が居眠り運転では・・・氏んだ

924 :黄泉:2006/10/05(木) 18:54:19
今日は9月高値16414を見に行く動きでそれを上抜いた。後場は225寄与度の高いアドバン、エレク、ファナック、京セラの大幅高。
225はひょっとしたら今日が目先高値かも。

10月はNYが上昇すると商品市況の資金もNYに流れ、日本株を支える外人もNYへシフトし始める。
資金は人気の場を求めて流れて行くが、一つの商品に資金が固まるとその商品は暴落する。
原油、金、天然ガスに世界中の資金が集まり暴落したように。
半年前の日本株にも、2万円目前と言って資金が集まったが、あの時の人気銘柄ほどその後の下げがきつくなった。

925 :黄泉:2006/10/05(木) 19:16:06
今夜NYがどうなろうと明日は買わねーよバーローwww

926 :黄泉:2006/10/05(木) 19:20:54
225は9月のアイランドリーバサルの高値を上抜けたがトピはアイランド(ryの窓を埋めてもいない。

225は来週SQ絡みで乱高下するかも知れないが基調は上向き。

新興は今の低い位置での揉み合いを上抜けるまで待て。年末には確定申告絡みの換金売りが出るので買うな。
それより優良企業やブルーチップ買え。

927 :黄泉:2006/10/05(木) 19:26:57
明日は58%の確率で陰線を引く ズビーシ

928 :黄泉:2006/10/05(木) 21:37:38
>トピの上昇が鈍い
この上げはダウ高により引き上げられた外人主導相場なのでCore30を始めとした225銘柄ばかり上昇するのは仕方ない。

929 :黄泉:2006/10/05(木) 21:38:25
のです

930 :黄泉:2006/10/06(金) 08:50:01
ダウ +0.14%
S&P +0.22%
ナス +0.67%
CME H16505 L16415 S16455

売り  3450万株
買い  3470万株
差引き  20万株の小幅買い越し (2日営業日ぶりの買い越し)
金額では、大幅買い越し
米国系証券は買い越し、欧州系証券は大幅売り越し
売り 電機・証券・小売・石油・化学・紙パ・精密・薬品・自動車・機械・鉄鋼など
買い 銀行・証券・化学・電線・薬品・不動産・自動車・機械・通信・電機・ゴムなど
交錯 電機・証券・化学・薬品・自動車・機械など
各社共通の買いセクター 銀行・自動車株
        売りセクター 電機・鉄鋼株

各社、銀行株や自動車株を中心に買いにきてる模様

予想レンジ 16320-16580 上値では利確売り、下値では押目買い入り堅調推移

米ヘッジファンドが商品で7000億円の損失を出し、それを取り戻す為に225Fを9000枚ショートしたのが15900円台の時。
先物が強いのはその買い戻しの影響か。

931 :黄泉:2006/10/06(金) 08:53:58
M氏曰く
投資歴6年 短期は02年〜 年齢22-30歳
マケスピで2年前に買った17インチノート1台でやっている
デリヘルに病気伝染された
大声出すと上の階から苦情が来る
株関係の番組は全く見ていない。TV自体殆ど見ない
手法関係は一切秘密
先物はよくわからないし、税金や手数料など色々面倒臭いのでやらない
1321日経225連動投信はやる
天涯孤独。物心付いたら橋の下の段ボールの中でニャーニャー鳴いていた
川の上をどんぶらこどんぶらこしていた
「クココココ」は『カイジ』か『銀と金』の中で出てきた「キキキキキ」という笑い声が由来
車は維持費が高く金がもったいない

5日の持ち越しメインは3114同興紡績、8007高島

932 :黄泉:2006/10/06(金) 09:05:40
連休中の核実験懸念から人気株に後場換金出るかも

933 :黄泉:2006/10/06(金) 09:32:52
上がったら売り 上がっても売り
最高で売り 最低でも売り

934 :黄泉:2006/10/06(金) 09:35:30
主な外資系証券
米系   GS、モルガン、リーマン、メリル、
欧州系 カリヨン、ソシエテ、クレディスイス、UBS、アムロ、パリバ

935 :黄泉:2006/10/06(金) 09:41:58
トレイダース証券 想定レンジ16,310円〜16,630円

936 :黄泉:2006/10/06(金) 09:45:38
225は島の高値16414を上抜いたが注意必要。8週スローストキャは前回16414を付けた時は90%超であったが現在80%
また現在は変化時間帯に入っている事からここで反落すれば弱気オシレータダイバージェンスになる。
もしこのケースになれば15513を試す可能性あり。通常の修正安の場合なら16000±100
このボトムは10月23日-11月10日の間で付けるかも。

937 :黄泉:2006/10/06(金) 10:08:06
B氏曰く
株も将棋もパターン認識
同じ格上げでもGSが格上げすると粘るかも

D氏曰く
上がっているのを見る 長い陽線2本でJCなど
開始は99年秋
日足を見てその銘柄を翌日も買いたいと思うか 思えば持ち越す

H氏曰く
OSで積極的に入る事で利益率向上
彼らは一日50万稼ぎたく、月20日で1000万、3割が歩合なので月収300万。

938 :黄泉:2006/10/06(金) 10:09:59
知人曰く56
いつも思うが自分は売りにしても買いにしても行動が少し早い希ガス。勝ちたいという気持ちが焦りに繋がっていると思われる。
心のゆとりと自制する心を意識したい。

一時S高張り付いたので持越を考えたが前日もS高していたしリスク取りたくなかったのでやめた。
S高時に売り注文出し最初の崩れで利確。その後急落し±0まで下げたので結果的に正解。

仕手株はもう駄目だと空売りしようと思いふと他を見ると逆日歩付きで急騰していたので少しだけ買ってみたらその後急騰。
一方がS高したのでこちらも持越。一度も買値を下回らないラッキーな取引。
しかし空売りしなくて良かった。

IPO売り気配で即金明けを迎えるというのがあった。やはりIPOは駄目。何の為に週末持ち越したのか。
その点仕手の方が相手がプロなだけ安心出来る。最近のIPOは一度落ち始めるとテクニカル無視して落ちる。
その点、仕手は落としどころが分かっている、でもやはり怖い。

939 :黄泉:2006/10/06(金) 10:18:13
商品先物市場では「二日チンポは荒れる」という格言が有るとか無いとか。
月初めが日曜で今月の様に月曜が2日から始まる月を指す。
また、チンポではなく「新甫」は新しい期先の限月が開始される事を指す。
暦的にはその月の月末は月曜や火曜となり、期先物の取引最終日が連続した商い日で終わり難いので相場が荒れ易いのだろう。
また、株式市場ではSQが「13日の金曜日」となり好まれはしない。

オカルト的な事を言っているだけでは何にも成らないので過去データを検証してみれ、おまいが。

データはウザイので省くと、90年以降で見ると特に荒れるとは言い切れない。
しかし過去にはスターリン暴落(1953年3月-21.7%)、ニクソンショック(1971年8月13.5%)の様な大きな下落率になるほど「二日新甫」であった事が分かり、格言の持つ力は証明されている。

940 :黄泉:2006/10/06(金) 10:19:18
-13.5%

941 :黄泉:2006/10/06(金) 10:53:22
「メガバンクと地域金融機関、ゆうちょ銀行めぐり亀裂」 − J-CASTニュース

ゆうちょ銀行の業務拡大を巡ってメガバンクと地方銀行など地域金融機関との亀裂が生じている。
「民業圧迫だ」と強硬なのが地域金融機関だが、ゆうちょ側からは「巨大金融機関が潰れて金融システムそのものが混乱してもいいのか」と恫喝されている。

全銀協の畔柳信雄会長(MUFG頭取)が07年10月に郵政民営化で発足する「ゆうちょ銀行」について、これまでの2017年の完全民営化まで新規事業を一切認めないとする強硬路線から、
概ね容認する方向に転じた事が騒動の切っ掛け。一部マスコミは約195兆円の巨大な「ゆうちょ銀行」の経営が立ち行かなくなれば金融市場に大きな混乱を来し、民間金融機関に影響を及ぼす事から、現実路線に切り換えた、と報じた。

地域と競合するのはメガバンよりもゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は地銀と競合?
ところが発言の翌日の06円9月13日には全銀協の副会長でもある全国地方銀行協会の瀬谷俊雄会長(東邦銀行頭取)が(ゆうちょ銀行には)協調融資など明らかに事業拡大の意欲が窺え、
民業圧迫の深刻化を招きかねない」と発言。
畔柳発言に不信感をあらわにした。当の全銀協も、畔柳発言を慌てて打ち消し、「適正な規模への縮小と、移行期に於ける民間金融機関との公正な競争条件の確保が不可欠だ」などとする修正コメントを発表した。

地域に根ざした地域金融機関と、世界へ進出して国際競争に晒されているメガバンクとは「(ゆうちょ銀行の誕生への)危機感のレベルも違うし、金融ビジネスに対する考え方も違う」(地銀役員)。
地銀などはメガバンクよりもゆうちょ銀行との競合が予想されており、当初から政府出資が残る間の新規業務の進出に強く反対していた。
信用金庫業界などからも「(畔柳発言は)勇み足にも程がある」(東京都内大手信金役員)と怒りを買った。
ゆうちょ銀行の業務範囲をどこまで容認するのか、銀行業界は一枚岩ではない。

942 :黄泉:2006/10/06(金) 11:03:10
>941続き
ゆうちょ銀行審査にあたる郵政民営化委員会が示した「骨格」はこんな内容。
ゆうちょ銀行は233の直営店を展開し、現在1000万円の郵便貯金の預入限度額の引き上げ・撤廃、信託業務の株式等の仲介、金利スワップ、中小企業向け融資、大企業向けのシンジケートローン、
個人向けの住宅ローンや消費者ローンにクレジットカード業務、外貨預金の取扱いなどに進出する。
更に銀行間の決済業務を行う全国銀行データ通信システム(全銀システム)への加入を求め、郵貯と民間金融機関の相互送金(一部では実施)も実現したいとしている。
つまり、「基本的には、今の民間金融機関で出来る業務を認めて下さい」(地銀幹部)と言っている訳だ。
ある第二地銀役員はこう説明する。

「ゆうちょ銀行が発足した途端に倒れて、今の金融システムを大混乱に陥れるのと、ゆっくり時間をかけて兎に角経営を落ち着かせるのと、どちらがいいですかと。
金融システムを壊すわけにはいかないですね。ど恫喝している訳ですよ」
「潰していいのか」と脅されれば、銀行界は現実路線に修正するしかなくなる。

ゆうちょの本音は「シンジケートローンなど大企業取引をしたい」
地銀などは「業務拡大は完全民営化後。競争条件のイコールフィッティングが保証されれば認めない」(大手地銀の幹部)と地銀などは主張する。
しかも、その一方で巨大な資金量を持つゆうちょ銀行が立ち行かなくなった時、金融市場が混乱してその影響を大きく受けるのも地域金融機関だ。
業務拡大を容認してもしなくても「ババを引くのは地銀だ」(大手地銀幹部)とのジレンマがある。

943 :黄泉:2006/10/06(金) 11:09:37
>942続き
それどころか、金利が上昇局面に転じ、貯金金利が上昇。また国債等の運用では巨額の含み損を抱える事になる。
ゆうちょ銀行にとって悪材料ばかりが目につく。その為、融資業務への進出は”存続”を前提にすれば「認めざるを得ない」(大手地銀幹部)と言える。
ゆうちょ銀行の本音は、個人ローンなどでチマチマ稼ぐのではなく、シンジケートローンなどの大企業取引にある。
ある地銀関係者は、「そもそも住宅ローンや個人ローンで賄えるような資金量ではない。ホールセールに進出するしか郵貯に生き残る道は無い」と、法人取引への進出を半ば容認する。
ただ、容認しても問題は山積する。個人取引しか手掛けて来なかった郵貯には、メガバンク並の大企業取引などノウハウが無い。
そこで必要な人材をメガバンクや大手地銀に求める事になりかねない。
あるメガバンク関係者は言う。「最終的な落としどころは全く分からない。業務に実務はつきもの。机の上で決まった事がすんなり運ぶほど簡単な話ではない」。



944 :黄泉:2006/10/06(金) 14:46:17
原油価格反落の良い影響と悪い影響

良い影響
1.米景気がソフトランディング
2.日本の交易条件改善、企業業績に好影響
3.インフレ圧力後退、日銀は追加利上げを急がなくなる

悪い影響
1.米株高と債券高を支えてきたオイルダラーの投資余力がピークアウト
2.商品投機していたヘッジファンドが相次いで損失し、投機マネーが収縮する
3.CPIコアの上昇がマイナスに逆戻りし、デフレ再燃

謂わば良い事ばかりでは無い

945 :黄泉:2006/10/06(金) 15:04:33
短期スイングの人気は非常に根強い。というのは一見入手可能な相場の短期的スイングを丸ごと取れれば大儲け出来ると想像してしまうから。
しかし不幸な事に短期で一儲けを目論む人は数多くの騙しのシグナルと実行の際の禁止的高コストによって思惑と正反対の方向に出くわす。
一山当ててやろうという気持ちになった事のある人はただ単に短期スイング売買をしたいという衝動に駆られていたり、値幅をそっくりいただいてやろうという貪欲さや、
大きな値動きを逃しやしないかという恐れによって支配されている自分自身に気付く事になる。

市場の短期スイングのみに依存する人はしばしば自分の売買能力に疑問を抱き、更に多くの場合、連続的に損失を出したり値動きを逃したりするとすぐ自分のシステムを廃棄したり使わなくなったりする。
この様な自信喪失によってより洗練されたシステムを開発しても常に疑心暗鬼になり、その後の売買も支離滅裂になってしまう事がある。

また短期スイングはフルタイムの仕事である。大きな値動きがいつでも発生する可能性があるため、常に準備を整えておかなければならない。

短期スイングで成功するトレーダーはリスクをコントロールでき、利益が損失より遙かに大きい数回の勝ちトレードの為なら、立て続けの損失も喜んで受け入れる事が出来る人々である。
勝ちトレードより負けトレードの回数が多いのは御免だと言う人々や、心の狭い人々、トレンドの変化を即座に受入難い人々は短期スイングを避けるべきである。

従って全てのトレーダーは短期トレンドのみに基づいて売買する事の危険性を充分に認識する必要がある。

946 :黄泉:2006/10/06(金) 15:17:41
スペインの、欧州でもTop20に入る大ヘッジファンド「ベガ」の運用不振 (8月の記事)

抜粋)
ピーク時の100億ドルから激しく減少。1週間で12%消滅、8月は10%の減少。
総資産が10億程度になってしまった。顧客の払戻に対応するため、日米欧債が弾けた時に買い戻しせざるをえなかったのが理由で沈没した模様。

ttp://www.efinancialnews.com/index.cfm?page=archive_search&contentid=1045348632

947 :黄泉:2006/10/06(金) 15:31:32
もし政府が月収40万円の家庭だったら
ttp://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061005/1160017329

948 :黄泉:2006/10/06(金) 20:47:50
株価は通常、長い下髭の後に大陰線が出ると大底(みずほなど)。
長い上昇の後は売り方買い戻しと買い方の最後の買いで大陽線が出て天井を付けるのがセオリーだが、今週はダウに引っ張られて308円高。
2番底からは2000円高。4月高値からの合わせ相場であるが10月半ばの調整がどの程度になるか。

949 :黄泉:2006/10/06(金) 20:49:38
>948 誤解があったよ みずほぢゃなくて225だよ

950 :黄泉:2006/10/09(月) 19:52:23
D氏曰く1
仕込んだ後はチャートが崩れるまで持つ
逆指値は使わない
チャートが崩れたらLC
8007高島は空売りが沢山入ってそうだから持ち越した
2126GCAは株数が多かったので寄り買う気はなかった
提灯を誘い込んだりはしない
資産目標は考えていない。死ぬまで相場師であればよいと思う
mixiにはリアルで繋がりのある人は入れておらず株繋がりの人のみ
1週間くらいの旅行は相場が見られないのでやらない
今100万円くらいしかなかったら、T1の300-800円くらい ボリバン抜けて上髭付けた次の陰線で 3-5Tくらい取れる それで担がれそうになったらドテン全力 ☆
miniは500万くらい入れてやっていてボチボチ
友人が専業になると言ったら、動機が問題。仕事が嫌になったとか対人関係が嫌になって株になったとかいう理由だと勧めない。株が好きでなるなら止めない
先物1000枚くらい建てたい
BNFくらい儲けてもやめない
お菓子など買い与えられない家庭だった。爺婆の家へ行ってコーラなど飲ませてもらっていた
BNFは途中で半分売ったりしているが自分は全玉保有して高値更新してからぶっこいたりしているのでドローダウンが大きい
キン消しには嵌らず集めていなかった
学生時代の得意科目は国社、英語ボチボチ、理数系は駄目
7717ブイ・テクは空売りしそこなって見ていたら爆下げして悔しい
配当は貰いに行くのが面倒くさく放置
コツは資産が増えていないので掴んでいない
休日は出掛けたり本読んだりPCに向かったり
会った事無いので知らないがBNFはTV向けに静かに喋っているのだろう
貞子はおっさんでもいい
家電小売りは最近いじってないので分からない
PC3台モニタ3枚
専業を始めた時は古いPCと新しいPC1台ずつでモニタ計2枚
メーカーPCの方が安い事に気付きデルで購入
エロゲはモニタ1枚
2chは殆ど見ない

951 :黄泉:2006/10/09(月) 19:53:01
D氏曰く2
銀座カクテルマンゴー飲んでる
2chコテで初めて会ったのはハサミ、次にエロゲ。他にぴあ、金くれ、びびり、課長、潜伏、鱗、お茶、HANABI。
エロゲと会ったのは眞鍋かをりのセミナー。当時の資産3,400万円
眞鍋の性格、あのキャラが好き
売買代金が膨らんで買われているところをやる事が多い
5万から増やす自信は無い。最低50万くらいあった方が良いと思う
配当生活は考えてない
東京生活も考えてない
リアル友達は普通にいる
売り禁になっても強い銘柄が少なくなっている
昔からの友達で専業はいない
広島のコテはいないみたい
リーマン時代、株をやっててザラ場を見れないのは凄いストレスで、01年頭くらいからやめようやめようと毎日思っていた
トリップのパスは適当な文字列
朝食は食べない日が多い
生活費は30万/月(家賃含む)、食費が高いかも
犬猫飼わない、熱帯魚飼っててタイマーで餌やり
7時半-8時起床

952 :黄泉:2006/10/09(月) 19:53:35
D氏曰く3
ギャンブルは一切やらない
体脂肪率約14%、12くらいまで絞ってややリバウンド
04年頭くらいに専業が理由で結婚が駄目に。当時3000万
03年末くらいは課長も3000万くらい、足銀で5000万超えてその後3000万割れ
わかやまと絡んだ事殆ど無し
合コンはやったこと無い
びびりとは初対面で2時間程度喋ったきり。元々スレをあまり見てなかったのであまりどんな人かはわからん
課長とはよく喋る
課長の手法は同じBO。強くなったら買い、弱くなったら売り
合鴨は成長すると米を食うので子供のうちに食肉にされる
01年6,7月から専業
今の資産(約8000万)で2階建ては難しい、ぽくはなっている
課長の結婚式の2次会の仕切りをやる、何をやるかは決めていない
回線は光
夜間は米みたいに流動性が出たらやってもよい

953 :黄泉:2006/10/09(月) 19:54:30
K氏曰く
高級車買えるくらい増えたが負けて種200万切った
23歳
これから就職
専業は1000万くらいないと無理だろう
投資歴02年から投信、04年から株
財務諸表読んでIR投資法

954 :黄泉:2006/10/09(月) 20:52:03
>948 
5,6月の225にせよ9月のみずほにせよ下髭陽線を騙しに使うパターンを散見
下髭の安値を割ってから反転させてくるから買い処が難しいね

955 :黄泉:2006/10/09(月) 20:55:40
後場の先物の騰落を当てるアンケート 勝率5割 デリバティブに比較的精通している人が集まるサイトなのに システム売買サインの方が勝率高い 回答人数が増えるほど50%に収斂していくのかも

956 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:2006/10/09(月) 21:37:39
課長ケコーンするのかw 知らなかったw

957 :黄泉:2006/10/09(月) 22:05:26
先週のNYは活況だったが指数だけ上がる感じ。ナスが上がってきたので以前と比較して大分楽にはなってきた。
インテルは高値からまだほど遠い水準にあり、GMは青息吐息。
米株に回帰するヘッジファンド資金が中間選挙まであり、そうした資金は7,8月に日本株を売り、11月に決算を迎える。
そしてここで素直に日本株へは向かわない。

日本株の指数は強いが、主体別動向や信用残を見ると個人は投げている。
従って個人は儲かっていないのが当たり前で、「自分だけ儲かっていない」と思って焦ると、行動心理学的に焦って下がる物を買ってしまう傾向がある。

この指数中心の相場から更に強い相場があるなら中間決算に対する評価が高い事になり、週後半に好決算物が動けば相場に変化があったと見る。
特にSQ後に資金が好業績発表した物に向かうなら個人が儲かる時期に入り、そこでは出遅れや中国関連を見る。

958 :黄泉:2006/10/10(火) 00:37:06
6445 蛇の目
材料株ぽいので指数が強い相場には向かない。
株数が多いので大口必要。そして今は一つの銘柄を静かに買う大口がいない。
従ってこれが反発し始めたら、個人好みの物が動き出す事を意味する。

959 :黄泉:2006/10/10(火) 00:44:02
8923 トーセイ
売上高を下方修正した理由は、今期売却するよ来期以降に売却した方が今より高く売れるから。
9ヶ月累計の経常利益に対して修正後の通期予想の方が小さくなっている理由は、移転に伴う経費や試算の売却に伴うもの。これは当初から想定されていた。
営業利益非開示、足元も上昇は続いている。

通期売上高予想に占める不動産流動化事業と不動産開発事業の内訳
 不動産流動化 160億円
 不動産開発   40億円

進捗率は良いペースであり、売上高の下ブレはあると思われるが、利益が下ブレる事は無いと思われる。
また、充分な棚卸資産があるので来期以降も期待出来るだろう。

960 :黄泉:2006/10/10(火) 08:44:29
6621高岳 良いかも

961 :黄泉:2006/10/10(火) 08:45:44
ダウ -0.07%(5日比)
S&P -0.19%(5日比)
ナス +0.23%(5日比)
CME H16370 L16290 S16300 (大証比 -180円)

売り3160万株
買い2960万株
差し引き200万株の売り越し
金額ベースは買い越し
米国系は買い越し、欧州系は売り越し
売り 非鉄・機械・自動車・精密など
買い 鉄鋼・証券・不動産・海運など
交錯 紙パ・電機・その他金融など

962 :黄泉:2006/10/10(火) 08:49:07
想定レンジ 16250-16500

963 :黄泉:2006/10/10(火) 08:57:09
売り 機械・紙パ・電機・非鉄・精密・小売・その他金融・自動車・商社など
買い 鉄鋼・建設・海運・通信・不動産・紙パ・証券・薬品・運輸・その他金融・ゲームなど
交錯 紙パ・電機・その他金融など

ベンダによってセクタに差異あるにゃ

964 :黄泉:2006/10/10(火) 09:56:26
コールを売ってビビル時間帯は過ぎたと思われる。朝はショート筋の買い戻しの場を与えてここからは上値重くなるのではなかろうか。
個別がひどすぎるので先物だけでは上値追い切れない筈。まして今週はSQ

965 :黄泉:2006/10/10(火) 10:18:39
北核問題など地政学リスクが発生すると「質への逃避」で金など”モノ”を持っている方が強いとの心理から商品価格上昇

966 :黄泉:2006/10/10(火) 10:30:16
ボクハ死場ニコロサレル

967 :黄泉:2006/10/10(火) 10:35:52
久々に取ったポジションで低確率な値動きが示現

男の探偵呼んでー

968 :黄泉:2006/10/10(火) 10:40:39
『この浮世には永遠に続くものなど何もない、我々の悩みでさえも』 − チャーリー・チャップリン(俳優・映画監督)

『成功は、それを探す暇がないほど忙しい人のもとを訪れる』 − ヘンリー・デヴィッド・ソロー(哲学者)

969 :黄泉:2006/10/10(火) 10:41:22
>900補足
普段見ているチャートソフトと、検証で使うデータが違う可能性がある。
例えばあるチャートソフトを使いつつ、その一方で別のブローカー提供のデータを保存しているとう場合。
どこかの業者から過去データをCD-ROMに焼いて貰う場合でもデータの誤差は必ずある。

データの伝達は、取引所⇒データ卸売業者⇒ブローカー(orチャートソフト業者)⇒投資家
という形態が一般的で、データが相違する原因としては、データ卸売業者から各ブローカーへデータ送信する際の遅延や、
各ブローカーの時間区切りの設定(コンマ1秒の世界)でズレが生じる可能性がある。
また、データ配信ミスがあった時に後日訂正される場合もある。

海外業者から日本市場の終値を取得する場合、日本と海外では終値算出方法に違いがあるので、業者の中には日本市場の正確な終値を算出出来ていないところもある。

970 :黄泉:2006/10/10(火) 10:43:14
B氏曰く
9日の食事 朝はラーメン 昼は米 夜は御飯
ほっかほっか亭でよく食べるのは焼肉弁当、唐揚げ弁当
株式投資やる上では四季報もデータブックもあまり意味は無いだろう
睡眠時間は不規則でよく分からない
FFは3 6 7 8 9 10 10-2やった
カンブリア宮殿は見ていない
PS3がWiiに負けるのは確実 敷居、価格設定が高い 
見てる指数はJQとマザ
所持ゲーハーはDSとPS2
N64買うつもりだったが発売が遅れたのでPS買った N64は発売日が遅れたのは致命的 同時期に出ていたらPSより64買っていた
ネオジオCDやサターンは売れないと思っていた
もろこしヘッドは買ったことない
小学生の頃から漫画雑誌はジャンプ一筋
初めてのゲーハーはファミコンで小5くらいで泣きながらねだって買ってもらった マリオ3と同時に
売れないハードは買わない 買ったハードはFC、SFC、GB、PS、PS2、DS
スーマリ3は強制スクロールの面をP羽根使わないとクリア出来ない下手くそだった
桃鉄は上手い シリーズ毎に攻略法が少しずつ変わっていく
ゲーセンではスト2を少しやった 殆ど行ったことない 凄く金がかかるし親に止められていた 
さくまには目的地着かなくても進行系カードを抑えておけばほぼ勝てる 超弱え
思考系ゲームは結構いける イタストも結構上手い ボードゲーム好き モノポリーを一緒にやると泣くことになる
バーコードバトラーは世代が違う
スト2は一番使われないと思われる本田を使っていた シリーズはスト2、スト2ターボ、スパ2を買った
ドカポンクエストはやったことない 大富豪は強い、運ゲーなのであまり強いとか関係無いが臨機応変に対応できる
パロディウスはやった グラディウス、バーチャファイターはない
ガンダム種死は見た 古いガンダムは見ていない

971 :黄泉:2006/10/10(火) 10:43:49
B氏曰く2
漫画は最近ジャンプしか読んでない 
マケスピでCME見てる
ミサイル撃っておしまいなのは北朝鮮の方 撃った瞬間全世界を敵に廻す 考えてもしょうがない
彼女が出来たら彼女のペースに合わせる 電話よりメール重視 
持ち越し無し
「坊ちゃん」は昔読んだ
ネカマは許さない(ネカマにマジ切れ)
この世の全ての人を尊敬するが強いて上げるならタモリさんくらい
丸の内に土地欲しい
100億儲けたらとりあえず銀座に土地買おうかな
30億でも満足

972 :黄泉:2006/10/10(火) 10:46:58
トレイダーズ証券 想定レンジ16,100円〜16,510円

973 :黄泉:2006/10/10(火) 10:58:11
今週は13-19週サイクルの2週目であり、4-6週サイクルの2週目。
先週高値16481は9月5日に付けた16414を既に上回ったので、6月の安値が長期サイクルのボトムであった事を示す明確なサインとなった。
また長期サイクルは依然として上昇トレンドを示している。

相場が前回のサイクルの高値を上抜いたので現在は極めて強気であり、今回の13-19週サイクルは強気になると思われる。(ライトトランスレーション、天井は8週目以降になる)
先週、次の様に述べた。
「次の変化日の10月4-14日に注目。この中心日は10月9日であるが、この日に4-6週サイクルの天井を付ける可能性が極めて高い。
 例え長期サイクルが強気でないとしてもこのサイクルは少なくとも今後2-5週間はトップアウトしないだろう。
 そしてトップアウトする時は前サイクルの高値16414を上抜く可能性が極めて高いと思われる。
 しかし長期的に強気を維持するためには8週目を過ぎても続騰する必要がある。
 現在、強気位相に入っており、且つ長期サイクルの強気位相にも位置している。」
従って今週一時的な天井を付けるかも。その場合、その後2-3週間、エリオット波動理論のA-B-C修正安(A=下げ、B=修正高、C=下げの3波動による訂正波)を演じて4-6週サイクルのボトムを付けるだろう。
(その時期は10月23日-11月10日になり買い好機になるだろう)

次の変化日は10月23-29日。この時間帯で4-6週サイクルがボトムを付け、その後反騰するだろう。
また、相場が25日線を上回っている限りは4-6週サイクルの天井に向け上昇するだろう。
この平均線を引値で下回れば4-6週サイクルが既に天井を付けた事を示唆する。

974 :黄泉:2006/10/10(火) 21:06:32
中期の買いは23日まで待て

975 :黄泉:2006/10/10(火) 21:07:03
CBO
4日は経験則 R氏とO氏で相談
05年ドローダウン 前半はトレンド乏しかった
RSIは先物では参考程度

976 :黄泉:2006/10/10(火) 21:25:11
10:12
朝方から16200水準で200億円の買いバスケット入っていたが9時半過ぎより計らいに訂正。
セクターは通信、不動産、商社中心。

12:18
昼のバスケット取引はリバランス・EFP中心で、金額は大きい。
デルタは、買いと推測される。(12時10分現在)

12:46
昼のバスケット取引は、EFP・リバランス中心で、金額は大きい。
デルタは”買い”と推測される。(TOSTNET 633億円)

前場は北核実験という悪材料が入ったもののこれによる売りは限定的。
そのため安心感から押目買い入り16500を上回る上昇に繋がった。
そして昼籠買い越しを受け後場から押目買い期待出来る。14時の機械受注を待ちながら底堅い値動き続きそう。

977 :黄泉:2006/10/10(火) 21:43:45
計らいとは、発注を任されているトレーダーに、タイミングを見て買ってくれという注文。
つまり一日の内のどこかで買う事になる。
16200での指値が空振った場合に、指値を上げてくる可能性もある。

通常、「ある銘柄を買え」という注文が来た場合、寄り前からの注文であればその銘柄のVWAPと比べて安く買えればその証券会社の利益になる。
逆に高く買えば証券会社の損失となる。
今日の場合は途中で変更している為、VWAPに数%上乗せしたオーダーとなっていると推測される。
発注オーダーが後場下がると思えばなかなか指値を上げないだろうが、全くの相場観で大引けまで待つわけにもいかないので何回かに分けて買う筈。
10:30と後場寄りと13:00など、時間を分散するパターンが多いと思われる。

978 :黄泉:2006/10/10(火) 21:47:39
核実験がバネになったか225は瞬間190高すれど値下がり数が値上がり数の4倍という裏腹の動き。
特に新興で急落相次ぎその大半が個人が買い付いた人気物。

マザ上場来安値40銘柄
JQ上場来安値60銘柄

979 :黄泉:2006/10/10(火) 22:01:23
225miniの板を見ると個人がどこに抵抗ポイントを置いているか分かる

980 :黄泉:2006/10/10(火) 22:02:32
イートレ 50枚単位で数十回売りまくっている者が

981 :黄泉:2006/10/10(火) 22:55:20
N氏曰く
昨晩のCMEと今朝のSGXから、寄りで16270辺りまで下げなければ買い。
5分足2本目でVWAP下回らなければ買い。
平均線で掴まっても出来高変化無し(争っていない)なので上を目指しているとして買い。
揉み合い抜けの前日比±0辺りで掴まっても売りが思ったより来ないので買い。
節目16500抜けで買い。
軟調して25本線が来た処16500で支持買い。売り目標16550は一時的にでも抜くだろうと予想。
2日前からの動きは上を目指しており、すぐここまで戻した以上、必ず上へ行くと皆が判断していると読める。
機械獣ある14時からは分からない。

982 :黄泉:2006/10/10(火) 23:03:26
T氏曰く
市場の話題性に着目してから行動が大きく変わった。話題を何処で集まるのか、何が賑わうのか。
ニュース、新聞、投資雑誌などをよく読むようになった。雑誌は当時はオール投資をよく買っていた。
オール投資は株式投資専門誌だが、以前読んでいた大衆マネー誌とは随分違う印象を受けた。
積極的に新聞やニュースを見るようになり、それによって株価がどう動いているのか身をもって体験してきた。

”日経新聞1面の買い煽り記事は売り”

と多くの人が言うような事もこの頃感覚的に理解していった。
1面買い煽り記事が必ずしも売り煽りではないが多くの場合、そこで売るのが良いタイミングに成り得る。
同時に話題株は流行があるので必然的にボロや優良株など色々な物を目にするようになった。
また、雑誌からは色々な物の知識を得ながらチャート的コメントなどを見る事で色々な考え方があるものだと知った。

セガ株の掲示板からは日々起こっている状況についてトレンドの種はニュースや新聞から、銘柄の知識は新聞と雑誌から得ていった。

そういう投資をやりながら所謂高値掴みなどは何度もやっている。
またその話題の効果が1日しか無い事や、何日か遅れて反応する事などや逆に反対の効果となる事もあるという事を把握していった。

983 :黄泉:2006/10/10(火) 23:07:42
T氏曰く2
この頃からの長い経験で日経新聞が理由にならない理由で買い煽りを始めたら売り場は近い。
偏った見方で売り煽りをしていたら長期的には買い場だと考えるようになった。
ニュースの価値や影響を自分の頭で判断する事の大切さを理解した時期でもある。
よくニュースを見て株価が上がるのか下がるのかと聞く人がいるが、そんな事は前後を把握せずに一概には言えない。
株価はそのニュースを織り込んでいるか否かとか、市場の期待と比べてどうか、その物の保有者がどういった人達かで随分と違ってくる。
他にも、同じ第三者割当増資でも今にも潰れそうだと思われていたボロであればポジティブに評価される事もあるが、まともだった企業などは株主価値の希薄化が前面に出てネガティブにとられる等、色々。
一概にこれはと言えない部分はあっても自分で考える事の価値を随分と感じていった。

984 :黄泉:2006/10/10(火) 23:23:13
To氏曰く
5分足を見て買いは必ず1時間線の下で買う(高値掴みしない)、空売りは1時間線の上で売る(安値売りしない)、ポジションと逆方向へ行った場合ら即座にLC、先物の動きを常に気にする。
以上を繰り返せば誰でも負けない筈。但し、纏まった利益が出せるかどうかは別。

985 :黄泉:2006/10/10(火) 23:31:23
To氏曰く2
ある日の事。ここ最近勝率が良かったのはどんな物であろうと先物が上がる瞬間は買いポジ、下がる瞬間は売りポジで1T取りを狙ってきたから。
しかしもう少し大成したいとの気持ちから先物の瞬間のブレは無視して個別独自の動きを見ながら時間を掛けて値幅取を行ってみた。
結論から言うと利確出来る物も結局同値撤退やLCになる事が多く、勝率はいつもより遙かに悪かったが前場だけ見ると少ない勝ちで大きな利益を出す事が出来た。
ただ、駄目だったのは後場でトレードする物を見付けられず適当な物を空売りしてどんどん利益を削った。
今日の様に皆が強きで買いに来ている日に後場の空売りは少し駄目。
そんなに取られなかったが後場は買いだけに限定すべきだった。
但し前場は今後大きな利益を得る為の大きな一歩を踏み出せた様に思う。
課題としては値幅を取れるポジと薄利で利確すべきポジの見分け方がよく掴めなかった事だが、繰り返し実践する事により分かって来ると思う。
スキャではない今後に繋がるトレードが出来た事で大きな自信を得る事が出来た。

986 :黄泉:2006/10/10(火) 23:40:05
努力もせず願望を持つのは為にならんからするなと

987 :黄泉:2006/10/11(水) 00:12:58
To氏曰く
利益を出している人には大きく分けて2つのタイプがある。
1つは先物の瞬間の動きを利用して鞘を取るタイプ。もう1つはその日の相場の流れ及び個別の動きを予測してその相場観に従いじっくりトレードするタイプ。
自分が目指すのは後者。大きく利益を出している人と自分を比べると紙一重の様な気もするが相場観や個別に対する自分の予想に対し自信が持てず、先物の瞬間お動きにビビッている。
ここで大きな差が出る。自信を得る為には経験しか無いかも知れないがその自信が付いた時に初めてロットを増やし大成出来ると考えている。

5日に監視銘柄から意思が感じられた。
朝は米高からショート筋のカバー入り寄り高となる⇒こんな高値ではDTは買いに行けないのでこれ以上上値は無いと見たロング筋が利確に入りジリ下げ⇒
全体は膠着状態だが昼過ぎから先物が上げ出したので自己含むDTが活発化⇒皆DTなので株価が上がってもすぐ利確に入りまた下げる⇒
ところがナス先堅調を見て明日への期待からON筋が引けにかけ買いに入る。

検討違いかも知れないが監視銘柄は最後の方だけ頑張っていた様に感じた。

988 :黄泉:2006/10/11(水) 08:44:07
ダウ +0.08%
S&P +0.2%
ナス +0.16%
CME H16555 L16470 S16530 (大証比 +20)

売り3430万株
買い3830万株
差し引き400万株の買い越し
金額ベースも買い越し
米国系は買い越し、欧州系は売り越し
売り 化学・電鉄・鉄鋼・電機・精密・小売・建設・損保・薬品・ゲームなど
買い 機械・自動車・電機・薬品・銀行・化学・損保・建設・重機・証券・その他金融など
交錯 化学・電機・損保・建設・薬品・自動車など

想定レンジ 16380-16630

OPは「160以下で利益となるGS」対「160以上で利益となるソジェン」の図式

SQ値予想 15994

989 :黄泉:2006/10/11(水) 08:47:48
人気株は、恐怖が感じられる時は上がり、安心感がある時は人気の絶頂。

9305ヤマタネ 買い指値196

990 :黄泉:2006/10/11(水) 08:51:17
フィスコ 本日の想定レンジ (16179.62円)−(16620.15円)

北が11日朝、2回目の核実験実施との情報入り政府が確認中

991 :黄泉:2006/10/11(水) 08:56:01
165台に入ると利確売り出やすく上値追う展開にはならない。SQ間近という事もあり買い一巡後は方向感乏しい動きになりそう

992 :黄泉:2006/10/11(水) 09:22:54
システムの4/6が売りサイン こういう日はぁゃιぃですぢゃ
銀行はGUから弱含み 微妙ですぢゃ

DTシステムはもう少しリファイン必要ですぢゃ
中期システムのエントリは今年あと5回ですぢゃ
今日は全場お休みしますぢゃ

993 :黄泉:2006/10/11(水) 19:55:28
09:24
メガバンと不動産に利食い売り出ている。先物に纏まった買い入ったが上値重い。
新興はリバ狙い買い入ったが現時点では継続性に疑問。
225指数が安く一部優良が売られてから底入れパターンかと思うがどうか。

09:30
バスケット観測 250億円の売り、300億円の買い
セクター別
 売り 250億円(化学・繊維・鉄鋼・建設などを中心に)
 買い 300億円(不動産・商社・自動車・精密を中心に)

09:51
TOPIXは9月の島リバーサルの高値の壁をあっさり抜けて来るのかまた跳ね返されるのか、この水準で売りが出てくるのか注目される。
連続上げでここまで来ているだけに抜くにしても一度下へ押した後でないと抜くのは難しいだろう。

12:22
昼のバスケット取引はリバランス・EFP中心で、金額はやや大きい。
デルタは”フラット(売り買い均衡)”と推測される。(12時10分現在)

14:35
戻りの鈍さから売り優勢で仕掛け的売り出ている

994 :黄泉:2006/10/11(水) 19:56:12
H氏曰く
ここへ来て大型の動きが落ち着いて値動きが少々鈍化してきた。
それに対し新興は連日の大幅下落でボラも相当上がっている。

規模別物色順は、大型⇒中型⇒小型、というのが常。

新興の反発に対応出来るよう準備しておきたい。


Q氏曰く
外資動向は金額ベースで買い越しが続き、低位小型を売って値嵩主力を買っている。
世界経済の安定からいずれ小型の出遅れ感も修正されると思われ新興安は軽視している。

995 :黄泉:2006/10/11(水) 20:03:19
昨日は値上がり数に対し値下がり数が2倍。
今日の80高場面でも値下がり数が値上がり数の2倍。大引け時点では値上がり192に対し値下がり1467で全面安、数字だけ見れば暴落相場に近い。
2部指数、新興指数の暴落、特にヘラ指数は6%下落。もし225が6%下げると940安の暴落。
最近の225はまやかしが多く、過熱状態であり、北核実験を安易に見るなかれ。

996 :黄泉:2006/10/11(水) 20:22:23
7201 日産自動車
減益だが株高。この形で5月高値1556を抜く事は無い。

7961 兼松日産農林
今後は噴き値売りで対処。

4755 楽天
期日投げもあり4万割れ。売り残減少、買い残増加は個人が買い下がっている証拠。
これが逆になれば底打ち。

997 :黄泉:2006/10/11(水) 20:45:14
新興がリバ相場に入った時に真っ先に買うべき物は
1.時価総額の大きい物
2.直近IPO
3.移動平均線下方乖離の大きい物(売られ過ぎ)

リバ相場に入るのは来るいつかの後場。
1度買い向かった人が「まだ早かった」と感じて1度売却するタイミングで底入れ。

998 :黄泉:2006/10/11(水) 21:16:23


999 :黄泉:2006/10/11(水) 21:17:04


1000 :黄泉:2006/10/11(水) 21:17:37


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

438 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)