2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ソードマスターヤマトのガイドライン2

1 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:28:30 ID:HZDp0Npn0●
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

前スレ
ソードマスターヤマトのガイドライン
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1161767183/

2 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:29:49 ID:HZDp0Npn0
どこにでもいる漫画家

彼女ができて浮かれまくる担当に誤植しまくられる

挙句に最後のコマに「彼女ができました」と記入してしまった担当

キレまくる漫画家にも彼女に夢中で上の空の担当

だが事態は急変。彼女にふられたショックで担当が死亡

誤植のせいかどうかはわからないがとにかく、ぶっちぎりで不人気だった「ソードマスターヤマト」

新担当からは非情の言葉が浴びせられる。「来月号で打ち切りです」

しかも与えられたページは3ページ

いろいろ伏線を張っていた同作品を3ページで終わらせるのは至難の業

http://image.blog.livedoor.jp/zot666/imgs/a/2/a29efc3f.jpg

最終話だけ異常な人気を得る

アニメ化決定

ttp://www.youtube.com/watch?v=urFeIsct9Pc

3 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:30:21 ID:5WcHrgtF0
ai eu deux.

↓etes trop en retard wwwwwwwwwwww

4 :前スレ389:2006/11/30(木) 23:31:32 ID:HZDp0Npn0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
作者「チクショオオオオ!くらえ小島さん!最新話ソードマスターヤマト!」
担当「さあ来い夢野オオ!オレは実は彼女ができたぞオオ!」
(彼女からの別れのメール)
担当「グアアアア!こ このザ・担当と呼ばれる彼女暦ゼロ年の小島が…こんな漫画家に…あ…ありえないんだぜエエエエ」
(バタン)
担当「グアアアア」
編集A「小島さんが亡くなったようだな…」
編集B「ククク…奴は月刊チェヨンス関係者の中でも無能…」
編集C「初デートの前にふられるとは哀れな奴よ…」
作者「やった…ついに担当が変わったぞ…これで僕の漫画の本当の面白さが分かってもらえる!!」
新担当「お疲れ様です夢野カケラ…よろしくお願いします…」
(ギイイイイイイ)
作者「あ…あなたが担当なのか…!感じる…富田さんの冷たさを…」
新担当「夢野さんよ…仕事の話に戻るが一つ言っておくことがある お前は今月号から『四天王』を登場させたようだが…来月号で最終回だ」
作者「な 何だって!?」
新担当「そしてお前の漫画は人気がなかったのでページ数は3ページにしておいた あとはうまくまとめるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
作者「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 僕の漫画はどっこいおむすび君よりは人気がある気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
新担当「そうか」
作者「ウオオオもう月刊チェヨンスでは書かないぞオオオ!」
新担当「はい」
夢野カケラの漫力が最終回をうまくまとめると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

5 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:41:07 ID:u9nuMWrN0
>>1のキョウアークのセリフが間違っているかと思ったがじつはそんなことはなかったぜ

6 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:42:38 ID://0H8YGP0

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | ちょっと待って!!!今>>1が何か言った!!
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.  ヽ─y──────────────   ,-v-、
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / _ノ_ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ


7 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:43:46 ID:VcBsLNXr0
こ…ここが次スレだったのか…!感じる…>>1の乙力を…

8 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:46:14 ID:49JKrVFn0
よく来たなソードマスターヤマトスレ住人…待っていたぞ…

9 :水先案名無い人:2006/11/30(木) 23:59:05 ID:JHNaVkQf0
住人のネタがスレを盛り上げると信じて…! >>1ありがとうございました!

10 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 00:01:17 ID:+i4F55dD0
グアアアア!こ このザ・キセイと呼ばれるスレ立てが…こんな>>1に…バ…バカなアアアアアア

11 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 00:47:53 ID:0vHC61iu0
>>1乙の前に一つ言っておくことがある…
お前はネタを投下するのに『改変ミスの確認』が必要だと思っているようだが
別にしなくても周りが嬉々として修正してくれる。

12 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 01:35:25 ID:DRjMYrUd0
最終話 希望を胸に 核兵器を終わらせる時…! モーニングデラックス版・愛蔵版は、発売未定です。 かわぐちかいじ
海江田「チクショオオオオ!くらえヴェラ・ガルフ!Mk47魚雷全門一斉発射!」
カーバー「さあ来い!やまとオオ!この船は実は無弾頭魚雷だけで大破するぞオオ!」
(ザン)
カーバー「グアアアア!こ この鉄の爪と呼ばれるイージス艦のヴェラ・ガルフが…こんな潜水艦に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
カーバー「グアアアア」
ベイツ兄弟「カーバーがやられたようだな…」
ネルソン「フフフ…奴はアメリカ海軍の中でも最弱…」
ナガブチ「テロリストごときに負けるとは米軍の面汚しよ…」
海江田「くらええええ!」
(ズサ)
4人「グアアアアアアア」
海江田「やった…ついに米海軍を倒したぞ…これで国連のあるニューヨークの扉が開かれる!!」
ベネット「よく来たなサイレントサービスやまと…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
海江田「こ…ここがニューヨークだったのか…!感じる…議会の熱気を…」
ベネット「海江田よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は核を廃絶するのに『沈黙の艦隊』が必要だと思っているようだが…別になくても核は廃絶できる」
海江田「な 何だって!?」
ベネット「そしてお前の潜水艦は空母ジョン・F・ケネディと衝突してボロボロだったので撃沈しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
海江田「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 連載中にソ連が崩壊したり東西ドイツが統一されたりしたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベネット「そうか」
海江田「ウオオオいくぞオオオ!」
ベネット「さあ来い海江田!」
海江田の勇気が核を廃絶すると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

13 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 07:06:08 ID:koinxmBZ0
>>1よ…乙の前に言っておくことがある お前はキョウアークのセリフの間違いを訂正したようだが…別にもう一つ間違いがある

14 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 07:45:23 ID:WjVfoYTF0
最終話 覇道を胸に すべてを終わらせる時…! 南冥死闘篇は、発売未定です。 佐籐大輔
信長「チクショオオオオ!くらえ鳥居元忠!新必殺鉄砲千丁撃!」
鳥居元忠「さあ来い信長アア!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(パン)
鳥居元忠「グアアアア!こ このザ・股肱と呼ばれる徳川家の元忠が…こんな弱兵に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
鳥居元忠「グアアアア」
大久保忠世「元忠がやられたようだな…」
本多正信「ククク…奴は徳川家の中でも愚直…」
保科正直「尾張兵ごときに負けるとは徳川の面汚しよ…」
信長「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
信長「やった…ついに旗本衆を倒したぞ…これで三州のいる本陣の扉が開かれる!!」
家康「よく来たなタネガシママスター信長…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
信長「こ…ここが徳川本陣だったのか…!感じる…三州の腹黒さを…」
家康「信長よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに三河との遮断が必要だと思っているようだが…別にしなくても倒せる」
信長「な 何だって!?」
家康「そして津田七兵衛はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
信長「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ルソンに南蛮衆が集まっているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
家康「そうか」
信長「ウオオオいくぞオオオ!」
家康「さあ来い信長!」
信長の勇気が日本を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


15 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 10:08:46 ID:U2wCbiV40
>>13
な 何だって!?

16 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 12:00:48 ID:c9l3Rqgy0
>>15を見て思わず「MMRスレに帰れよ」と書き込もうとしてしまった俺はまだまだ青いんだぜ!

17 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 12:35:38 ID:gqMj1Q8xO
住人達よ、ソードマスターヤマトのガイドライン2を使う前に一つ言っておきたいことがある
前スレはまだ埋まっていない

18 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 12:47:47 ID:Mh9FgRu+0
そうか

19 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 21:01:30 ID:QMsyTOpJ0
そんな前スレも、なんだかんだでもうすぐ埋まっちまうんだぜ?

20 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 21:10:11 ID:wPDmkxfg0
創価

21 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 23:13:32 ID:nSQ1Vcmg0
前スレが埋まったようだな…

22 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 23:49:19 ID:fDLwQMhP0
バビル2世、F市の戦い

バビル2世「この!眼球にニキビできろアホォーー!」 ゴッ
ヨミ「黙れ!前歯にはさまったおかずをとろうとしてうっかり前歯がとれろアホォーー!」 ボコォ
バビル2世「Tシャツ脱ぐときいっしょに皮も脱げろアホーー!」 グシャ
ヨミ「ひざのかさぶたはがそうとして間違って皿がはがれろアホゥーーー!」 グサァ
バビル2世「だいたいお前ヨミって・・・可愛い名前でオッサンかよアホーーー!」 グボン
ヨミ「テメーこそバビル2世ってお前・・・北斗の拳の断末魔みたいな名前しやがってアホゥーーーー!」 ゴチン
バビル2世「一人で山登ったら下山中に日が暮れてしまって心細い気持ちがしろアホーーーー!」 ズゴ
ヨミ「バレエを始めたら何者かにトウシューズの中に画びょう入れられて傷つけアホゥーーーー!」 ユボン
バビル2世、ヨミ「「ピアノ発表会の前日に限ってつき指しろアホーーーーー!!」」

バビル2世「なかなかやるじゃないか」
ヨミ「お前こそ」




 ソードマスターヤマトの改変でなくてはならないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

23 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 23:51:24 ID:nSQ1Vcmg0
そうか

24 :水先案名無い人:2006/12/01(金) 23:57:25 ID:n8EQwHQo0
第3話 究極vs至高 サラダ勝負 ビッグコミックス第96巻は、発売中です。 作 雁屋 哲 画 花咲アキラ
山岡「チクショオオオオ!くらえ小泉!手作りマヨネーズ!」
小泉局長「さあ来い士郎ううう!私は実は第37巻では東東大学卒だったのに対し、その後の巻では金角大学と記載されているぞオオ!」
(シャクシャク)
小泉局長「「大原社主に喧嘩を売り続けて出世した唯一の人間」と呼ばれる局長の小泉がこんなグータラ社員に・・・」
(や!これは超バカウマ!!)
小泉局長「驚くべきうまさですウウ!」
富井副部長「小泉がやられたようだな…」
谷村部長「ククク…奴は東西新聞社の中でも最弱…」
京極「これはうれしい不意打ちじゃわい」
山岡「マヨネーズ!」
(ビュル)
3人「グアアアアアアア」
山岡「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで海原雄山のいる美食倶楽部の扉が開かれる!!」
雄山「よく来たな士郎…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
山岡「こ…ここが美食倶楽部だったのか…!感じる…海原雄山の魔力を…」
雄山「士郎よ…戦う前に一つ言っておくことがある 人間、生野菜を食べるのにドレッシング必要だと思っているようだが…別になくても食べられる」
山岡「な 何だって!?」
雄山「そしてお前の同僚の栗田ゆう子は話の途中で出ていってしまった。おかしな娘だ・・・ あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
山岡「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの母はおまえに殺されたようなもんだと思っていたが、最近の巻で、別にそんなことはなかったとわかったぜ!」
雄山「そうか」
山岡「ウオオオマヨネーズオオオ!」
雄山「さあ来い士郎ウウウウ!」
ラーメンが世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!




25 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 00:03:13 ID:r80z5t5J0
朝、おいしんぼでヤマトやったらおもしろいんじゃないか?とおもって仕事中ずっと(・∀・)ニヤニヤしてた。
手元にたまたま34巻があったのでこうなった。

26 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 00:38:50 ID:VP8T02l60
>>25
お前はトマトか

27 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 00:41:20 ID:hCFNRPBq0
>>26
>>25はポテトだ!

28 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 01:02:19 ID:Gpfdt2JA0
最終話 ホウレン草のおひたしを胸に 心配のしすぎを終わらせる時…! ミサイルは、どこを狙っているのか未定です。 キャプテン翼
ヤマト「チクショオオオオ!くらえその居直りがいけない!新憎いし、苦痛!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は2度、3度と検算してみただけでかえって免疫力がつくぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・風の息づかいと呼ばれるしゃくし定規のサイアークが…こんな豆惑星に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「この現実、たぶんライブドア騒動とも、どこかでつながっているようだな…」
キョウアーク「フフフ…これも小泉失政のツケか……」
レツアーク「カメムシごときに負けるとはドライアイスの面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「ふー、びっくりした…ついに「こちらこそ驚いた」には、重ねて驚かされたぞ…これでベルゼバブのいる犯罪の総合商社の熊が人に問いかけている!!」
ベルゼバブ「よく来たなトイレットペーパーヤマト…活発な議論に期待したいぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここはどこだろう…!感じる…ワタシのようなものはいないことを…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…ジャーナリスト宣言の前に一つ言っておくことがある 一見、もっともな理屈のように見えるが…別に落ち着いて考える必要がある」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そして寄生虫の卵は感染してラッキーかもしれないので総括のリトマス紙へ解放しておいた あとは久しぶりにビフテキでも焼くだけだなクックック…」
(だが、心配のしすぎではないか)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「しかし、ちょっと待ってもらいたい」
多数のサイレントマジョリティを考慮に入れていると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

29 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 01:04:58 ID:hCFNRPBq0
最終話 蒸気抜きしな 警察に捕まる時…! DVD完全版は、発売未定です。 作・港湾組合 画・マーク・L・レスター
メイトリクス「チクショオオオオ!くらえサリー!放してやる!」
サリー「さあ来い筋肉モリモリ変態マッチョオオ!オレは実は手を離しただけで死ぬぞオオ!」
(パッ)
サリー「ウワアアアア!こ この『面白いヤツ』と呼ばれるアリアスの部下のサリーが…こんな筋肉に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サリー「ウワアアアア」
クック「サリーがやられたようだな…」
ショッピングセンター警備員「フフフ…奴は我々の中ではお荷物…」
警察官「コマンドーごときに負けるとはバル・ベルデの面汚しよ…」
シンディ「くらええええ!OK!」
(ズドン!)
3人「グアアアアアアア」
メイトリクス「やった…ついに部下連中を倒したぞ…これでアリアスのいるバル・ベルデの扉が開かれる!!」
ベネット「よく来たなコマンドー・ジョン・メイトリクス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
メイトリクス「こ…ここがバル・ベルデだったのか…!感じる…ボイラー室の熱気を…」
ベネット「メイトリクスよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は俺を倒すのに「1000人の案山子」を倒すのが必要だと思っているようだが…別に簡単に倒せる」
メイトリクス「な 何だって!?」
ベネット「そしてジェニーは気づいたらいなくなっていた あとは俺を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
メイトリクス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 第三次世界大戦が始まるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベネット「そうか」
メイトリクス「ウオオオいくぞオオオ!」
ベネット「さあ来いメイトリクス!元グリーンベレーの俺に勝てるもんかアアア!」
シンディの説明書がベネットをカバンにすると信じて…! お荷物ありがとうございました!

30 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 01:35:25 ID:TCvRk6HS0
最終話 希望を胸に 都会への幻想を終わらせる時…! ギャグマンガ日和オープニングは、モッジボールに奪われました。
息子「チクショオオオオ!くらえ東京!新必殺上京斬!」
東京タワー「さあ来い田舎者オオ!オレの赤は実は刺された田舎者たちの無念の血だぞオオ!」
(ザン)
息子「グアアアア!こ このザ・田舎者と呼ばれる若者の俺が…こんなタワーに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
息子「グアアアア」
東京ドーム「東京タワーが田舎者を刺したようだな…」
国会議事堂「フフフ…奴は東京の中でも最弱…」
東京ディズニーランド「人間ごときに赤く染められるとは東京の面汚しよ…」
3人「くらええええ!」
(ズサ)
息子「グアアアアアアア」
息子「こえええ〜…ついに東京に行くのをやめたぞ…これで通天閣のいる大阪への扉が開かれる!!」
父親「よく来たな息子…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
息子「こ…ここが俺の家だったのか…!感じる…とうちゃんの言葉を…」
父親「息子よ…上京する前に一つ言っておくことがある お前は都会へ行くと『芸能人』が見れると思っているようだが…全員2m以上ある」
息子「な 何だって!?」
父親「そして都会の人間は冷たいので全員サングラスをかけておいた あとはここで農業をするだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
息子「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 東京には他にも色々魅力があるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
父親「そうか」
息子「ウオオオいくぞオオオ!」
父親「さあ来い息子!」
息子の勇気で名古屋に上京できると信じて…! ご愛読ありがとうございました!


31 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 02:54:53 ID:xri6TOMQO
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 武装錬金10巻は、好評発売中です。 和月野ブヒ郎
カズキ「チクショオオオオ!くらえ!新必殺音速スラッシャー!」
蛙井「さあ来いカズキィィ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
蛙井「グアアアア!こ このザ・ヒキコモリと呼ばれるホムンクルスの蛙井が…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
蛙井「グアアアア」
鷲尾「蛙井がやられたようだな…」
猿渡「ククク…奴は我らホムンクルスの中でも最弱…」
花房「人間ごときに負けるとはホムンクルスの面汚しよ…」
カズキ「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
カズキ「やった…ついにホムンクルスを倒したぞ…これでパピヨンのいる蝶野家の扉が開かれる!!」
パピヨン「よく来たな武藤カズキ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
カズキ「こ…ここが蝶野家だったのか…!感じる…パピヨンの変態力を…」
パピヨン「武藤…戦う前に一つ言っておくことがある お前は俺を倒すのに『武装錬金』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
カズキ「な 何だって!?」
パピヨン「そしてあの女は下半身が麻痺してきたので解毒剤で治療しておいた あとは俺を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
カズキ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに守らなければならない妹や友達がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
パピヨン「そうか」
カズキ「ウオオオいくぞオオオ!」
パピヨン「さあ来い武藤!」
カズキの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

32 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 09:23:42 ID:3qUK7+nT0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! Z・G・S第1巻は、発売未定です。 
マモノ「チクショオオオオ!くらえ豊田!新必殺音速炎上斬!」
豊田「さあ来いマモノオオ!オレは実は祈ってから2秒で燃えるぞオオ!」
(ドガァァァァァァン...)
豊田「グアアアア!こ このザ・アイスキャッスルと呼ばれるしばく会の豊田が…こんなマモノに…バ…バカなアアアア」
(ウーウー  ジャーン!ジャーン!)
豊田「グアアアア」
石井「豊田がやられたようだな…」
クルーン「ククク…奴はしばく会の中でも最弱…」
藤川「マモノごときに負けるとはクローザーの面汚しよ…」
マモノ「くらえええ!」
(ガシャーン!)
3人「グアアアアアアア」
マモノ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで岩瀬のいるナゴヤドームの扉が開かれる!!」
岩瀬「よく来たなソードマスターマモノ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここがナゴヤドームだったのか…!感じる…岩瀬の魔力を…」
岩瀬「マモノよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を燃やすのに『札幌ドーム』が必要だと思っているようだが…別になくても燃やせる」
マモノ「な 何だって!?」
岩瀬「そして大沼は好投したので1軍へ登録しておいた あとは私を燃やすだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
マモノ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた弟がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
岩瀬「そうか」
マモノ「ウオオオいくぞオオオ!」
岩瀬「さあ来いマモノ!」
マモノの勇気が投手を燃やすと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

33 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 09:49:50 ID:FVAKgi6u0
最終話 友達を足蹴に すべてを終わらせる時…! キャプテン翼WY編以降は、黒歴史です。 YO1
翼「チクショオオオオ!くらえシェスター!新必殺ドライブシュート!」
シェスター「さあ来いツバサ!オレは実は必殺シュートも持ってないぞオオ!」
(ドン)
シェスター「グアアアア!こ このザ・ヘタレと呼ばれる司令塔のシェスターが…こんな日本人に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
シェスター「グアアアア」
シュナイダー「シェスターがやられたようだな…」
マーガス「フフフ…奴はドイツイレブンの中でも最弱…」
カルツ「日本人ごときにふっとばされるとはゲルマンの面汚しよ…」
翼「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアおぬしやるのォ!」
翼「やった…ついに四人組を倒したぞ…これでミューラーのいるドイツゴールへの道が開かれる!!」
ミューラー「よく来たなキャプテンツバサ…待っていたぞ…」
(バァーーーーーーン)
翼「こ…ここがドイツゴールだったのか…!感じる…岩石破壊パンチの威力を…」
ミューラー「ツバサよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はゴールするのに『超威力のシュート』が必要だと思っているようだが…別に股抜きでも抜ける」
翼「な 何だって!?」
ミューラー「そしてCFの日向はへたれてきたのでネオタイガーショットをあっさりキャッチしてやった あとは俺を抜くだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
翼「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレがいない間に弟が生まれたような気がしていたが別にそんなことどうでもよかったぜ!」
ミューラー「そうか」
翼「ウオオオ地を這うシュートオオオ!」
松山「俺の技だ!」
翼のシュートがドイツゴールを突き破ると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

34 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 09:49:58 ID:CLUB3IuZ0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 谷口悟朗
ルルーシュ「チクショオオオオ!くらえコーネリア!新必殺音速火炎斬!」
コーネリア「さあ来いルルーシュウウ!私は実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
コーネリア「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる第二皇女のコーネリアが…こんな変態仮面に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
コーネリア「グアアアア」
シュナイゼル「コーネリアがやられたようだな…」
ユフィ「ククク…奴は皇族の中でも最弱…」
クロヴィス「変態仮面ごときに負けるとは皇族の面汚しよ…」
ルルーシュ「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ルルーシュ「やった…ついに皇族達を倒したぞ…これで皇帝のいるブリタニア宮の扉が開かれる!!」
皇帝「よく来たなルルーシュ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ルルーシュ「こ…ここがブリタニア宮だったのか…!感じる…皇帝の威厳を…」
皇帝「ルルーシュよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ギアスの力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ルルーシュ「な 何だって!?」
皇帝「そしてお前の母はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ルルーシュ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
皇帝「そうか」
ルルーシュ「ウオオオいくぞオオオ!」
皇帝「さあ来いルルーシュ!」
ルルーシュの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!



35 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 12:19:54 ID:NEAn04KmO
前スレでも見た気がしたが、別にそんなことはなかったぜ!

36 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 12:20:37 ID:Q0+wbuBR0
そうか

37 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 12:23:25 ID:CLUB3IuZ0
前スレのログ持っていないんだ、同じのがあったのか
スマン

38 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 13:05:53 ID:RQTuDQXS0
最終話 正義を胸に ゲームを終わらせる時…! マジカルドロップ最新作は、発売未定です。 データイースト
ジャスティス「チクショオオオオ!くらえデビル!ジャスティスソード!」
デビル「さあ来いだも〜んジャスティス!ボクは実は一回三連鎖を受けただけで負けるも〜ん!」
(ザン)
デビル「ヤダヤダ〜!こ このザ・イタズラ小僧と呼ばれるデビルが…こんなボク女に…う…うわああああん!」
(ドドドドド)
デビル「やられたもーん…」
ストレングス(父)「ウガー!デビルがやられたー!!」
デス「フフフ…奴はタロットの妖精の中でも最弱…」
エンプレス「ジャスティスごときに負けるなんてタロットの妖精の面汚しよ…」
ジャスティス「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ジャスティス「やった…ついに悪いヤツらをやっつけたぞ…これでフォーチュンのいる最終ステージに行ける!!」
フォーチュン「よく来たなジャスティス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ジャスティス「こ…こいつがフォーチュンだったの…!感じる…運命の輪の魔力を…」
フォーチュン「ジャスティスよ…戦う前に一つ言っておくことがある そなたはをわらわを倒すのに『しずく玉』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ジャスティス「な 何だって!?」
フォーチュン「そしてタワーは余計な自我をもってきたのでハイプリエステスの家の前に解放しておいた あとはわらわを倒すだけじゃなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジャスティス「フ…上等だよ…ボクも一つ言っておくことがあるよ さっきデビルと戦ったときに変な黒いピエロを踏みつけたような気がしていたけど別にそんなことはなかったよ!」
フォーチュン「そうか」
ジャスティス「ウオオオいくよオオオ!」
フォーチュン「さあ来るがよいジャスティス!」
ジャスティスがマジカルドロップを手にすると信じて…! プレイしてくれてありがとうですう〜!(Byスター)

39 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 13:30:25 ID:5VUsuaJc0
>>37
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
前スレは落ちて見れない気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

40 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 14:07:30 ID:0HNT0Quq0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! スターフォックス64の続編は、黒歴史です。 マクラウド
フォックス「チクショオオオオ!くらえピグマ!新必殺ショット連打!」
ピグマ「さあ来んさいフォックスウウ!ワイは実は一回柱にぶつかっただけで死ぬでエエ!」
(ドム)
ピグマ「グアアアア!こ このザ・裏切りと呼ばれるスターウルフのピグマが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドガーン)
ピグマ「ブヒイイイ」
アンドリュー「ピグマがやられたようだな…」
レオン「フフフ…奴はスターウルフの中でも最弱…」
ウルフ「キツネごときに負けるとはスターウルフの面汚しよ…」
フォックス「くらええええ!」
(ズガガガ)
3匹「アンドルフおじさーん!!」
フォックス「やった…ついにスターウルフを倒したぞ…これでアンドルフのいるベノムの基地の扉が開かれる!!」
アンドルフ「よく来たなスターフォックス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
フォックス「こ…ここが基地だったのか…!感じる…アンドルフの顔のデカさを…」
アンドルフ「フォックスよ…戦う前に一つ言っておくことがある
       お前は私を倒すのに手を破壊する必要がある思っているようだが…別にしなくても倒せる」
フォックス「な 何だって!?」
アンドルフ「そしてコーネリア侵攻は飽きてきたので兵たちを撤退させておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
フォックス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
       このオレに偉大な親父がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
アンドルフ「そうか」
フォックス「ウオオオいくぞオオオ!」
アンドルフ「さあ来いフォックス!」
フォックスのショットがアンドルフを倒すと信じて…! クリアおめでとうございました!

41 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 14:22:09 ID:9+TswTST0
アンドルフを倒すには小脳を撃たなきゃならないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

42 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 14:41:56 ID:mSr11vtFO
そうか

43 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 14:54:37 ID:mSr11vtFO
最終話 宇宙を駆ける リーンの翼は加筆して再販します 富野由修季

カミーユ「貴様の様な奴がいるから戦いは終わらないんだあああ!消えろおおお!」
ジェリド「さあ来いカミーユウウ!オレはニュータイプでも強化人間でもないのにバウンド・ドックに乗っているぞオオ!」
(ザン)
ジェリド「グアアアア!こ このザ・ヘタレと呼ばれるティターンズのジェリド・メサが…こんな女みたいな名前の奴に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ジェリド「カミーユ…貴様はオレのオオオ!」
ヤザン「ジェリドがやられたようだな…」
レコア「フフフ…奴はティターンズの中でも最弱…」
ロザミィ「お兄ちゃんごときに負けるとはティターンズの面汚しよ…」
カミーユ「遊びでやってんじゃないんだよオオオ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
カミーユ「やった…ついにティターンズを倒したぞ…これでシロッコのいるジュピトリスへの道が開かれる!!」



44 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 15:09:17 ID:mSr11vtFO
シロッコ「よく来たな小僧…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
カミーユ「こ…ここがジュピトリスだったのか…!感じる…シロッコのプレッシャーを…」
シロッコ「カミーユよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのにお前の体をみんなに貸す必要があるとと思っているようだか…別に貸さなくても倒せる」
カミーユ「な 何だって!?」
シロッコ「そしてジャミトフは地球環境を改善しようとしているので暗殺するのはやめておいた あとは私を倒すだけだな、クックックッ…」
(ゴゴゴゴゴゴ)
カミーユ「フ…上等だ…オレも一ついっておくことがある オレはお前を倒したら精神崩壊すると思っていたけど、白富野が作り直した映画じゃしなかったぜ!」
シロッコ「そうか」
カミーユ「ウオオオここからいなくなれえええ!!」
シロッコ「さあ来い!カミーユ・ビダン!!」
カミーユの勇気が地球圏を救うと信じて…! ご視聴ありがとうごさいました

45 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 16:23:33 ID:aYP9GZBZ0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! DVDは、発売中です。 谷口悟朗
カズマ「チクショオオオオ!くらえビフ!新必殺シェルブリット・バァアアアァストォ!!」
ビフ「さあ来いカズマ!オレは実は何回でもアルターが復活するぞオオ!」
(ドゴォン)
ビフ「ハンマアア!こ このザ・ハンマーと呼ばれるアルター使いのビフが…こんなネイティブに…ハ…ハンマアアアア」
(ドドドドド)
ビフ「ハンマアアアア」
来夏月「ビフがやられたようですね…」
マーティン・ジグマール「ククク…奴は精製されたアルター使いの中でも最弱…」
無常「ネイティブごときに負けるとは許してあげません」
カズマ「くらえええぁあああああ!」
(ドゴォン)
3人「グアアアアアアア」
カズマ「やった…ついに本土側の奴等を倒したぞ…これでロストグラウンドの人々は解放される!!」
劉鳳「よく来たなシェルブリットのカズマ…待っていたぞ…」
(ドゴゴゴゴゴ)
カズマ「ま・・・まだ最終回じゃなかったのか!感じる…劉鳳のアルターを…」
劉鳳「カズマよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はオレを倒すのに『向こう側の力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
カズマ「な 何だと!?」
劉鳳「そしてかなみはやせてきたのでクーガーが最寄りの道へおいてきた あとはオレを倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
カズマ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある アルターを使いすぎて死ぬような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
劉鳳「そうか」
カズマ「劉ゥウウゥウウ鳳ォオオオオオォォ!!」
劉鳳「カァアアズマァアアアアアァ!!!」
カズマと劉鳳の勇気がロストグラウンドを救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!


46 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 17:23:55 ID:UsPsGdjz0
>>45
色々突っ込まなきゃならないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

47 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 17:35:52 ID:um4mIJms0
そうか

48 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 18:52:57 ID:dWomuz+I0
最終話 理想を胸に すべてを終わらせる時…! スターゲイザーは、発売中です。 福田己津央
ヤマト「チクショオオオオ!くらえディアッカ!ハイマットフルバースト!」
ディアッカ「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(バシュ!)
ディアッカ「グアアアア!こ このザ・グゥレイトと呼ばれる赤服のディアッカが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ディアッカ「グアアアア」
ニコル「ディアッカがやられたようだな…」
アスラン「フフフ…奴は赤服の中でも最弱…」
イザーク「ナチュラルに味方する奴負けるとはZAFTの面汚しよ…」
ヤマト「守りたいものがあるんだあああああ!」
(ビシュ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに赤服を倒したぞ…これでクルーゼ隊長のいるジェネシスの扉が開かれる!!」
クルーゼ「よく来たなコーディネイターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここがジェネシスだったのか…!感じる…クルーゼのMSを…」
クルーゼ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある。 君は争いをなくすには私を倒すことが必要だと思っているが…別に倒してもなくならない」
ヤマト「な 何だって!?」
クルーゼ「そしてZAFTはもう議長が死んだので和平を受け入れることにした あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた双子の姉がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
クルーゼ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
クルーゼ「さあ来いヤマト!」
ヤマトの反則的な力が争いをなくすと信じて…! ご視聴ありがとうございました!


49 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 18:54:01 ID:n5BumSTe0
邪気眼で作ろうと思ったが挫折した

50 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 18:57:38 ID:9+TswTST0
突っ込みどころがあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

51 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 18:58:23 ID:BgULlD3L0
そうか

52 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 19:48:43 ID:mSr11vtFO
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! テイルズオブデスティニーは絶賛発売中です 吉積
ルーク「チクショオオオオ!くらえディスト!新必殺魔神けええん!」
ディスト「さあ来なさいルークウウ!私は死んだと思ったら生きてますよオオ!」
(ザン)
ディスト「グアアアア!こ この薔薇のディストと呼ばれる六神将のディストが…こんなひきこもりに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ディスト「グアアアア」
シンク「ディストがやられたようだね…」
リグレット「フフフ…奴は六神将の中でも最弱…」
ラルゴ「レプリカごときに負けるとは六神将の面汚しよ…」
ルーク「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ルーク「やった…ついに六神将を倒したぞ…これでヴァン師匠のいるエルドラントの扉が開かれる!!」



53 :続き:2006/12/02(土) 19:58:28 ID:mSr11vtFO
ヴァン「よく来たなレプリカルーク…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ルーク「こ…ここがエルドラントだったのか…!感じる…師匠の髭を…」
ヴァン「ルークよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はローレライを解放するためには『ティアの譜歌』が必要だと思っているようだが…別に歌わなくても解放できる」
ルーク「な 何だって!?」
ヴァン「そしてアッシュには生存フラグがあると思っていたが無かった あとは私を倒すだけだな、クックックッ…」
(ゴゴゴゴゴゴ)
ルーク「フ…上等だ…オレも一ついっておくことがある 実はナタリアの実の父親はラルゴだと思っていたが気のせいだったぜ!」
ヴァン「そうか」
ルーク「ウオオオいくぞヴァァァン!!」
「さあ来い!ルーク!!」
ルークの勇気がオールドランドを救うと信じて…! 遊んでくれてありがとうごさいました



54 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 21:45:07 ID:ZVADsRMU0
>>1「よく来たな前スレ>>142…待っていたぞ…」
(ゴゴゴゴゴゴゴ)
俺「こ…ここが新スレだったのか…!感じる…多くの職人達の新ネタを…」
>>1「前スレ>>142よ…ネタを考える前に一つ言っておくことがある
   お前は自分がジュウレンジャーの改変を書き込んで以降『スーパー戦隊ネタ』が増えたと喜んでいるようだが…
   …いつか誰かが書き込んでいただろう」
俺「そりゃそうだ!!」
>>1「そしてレッド以外のメンバーに台詞を与えたのはお前だけだったので完璧に浮いていた
   あとは最終話ではなく第30話にしたこともだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
俺「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 俺は新しいネタを考えていたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
>>1「そうか」
俺「ウオオオROMるぞオオオ!」
>>1「さあ読め前スレ>>142!」
このスレにも数々のネタが書き込まれると信じて…! >>1乙かれ様でした!

55 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 21:48:10 ID:EiMOlj8K0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! アニメは、ゴールデンタイム復帰未定です。 織田栄一郎
ルフィ「チクショオオオオ!くらえサトリ!ゴムゴムのガトリング!」
サトリ「さあ来いルフィイイ!オレは実は一回捕まっただけで死ぬぞオオ!」
(ガン)
サトリ「グアアアア!こ このザ・玉と呼ばれる神官のサトリが…こんな青海人に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サトリ「グアアアア」
シュラ「サトリがやられたようだな…」
ゲダツ「フフフ…奴は神官の中でも最弱…」
オーム「バラミシアごときに負けるとは神官の面汚しよ…」
ルフィ「くらええええ!」
(ズガ)
3人「グアアアアアアア」
ルフィ「やった…ついに試練を突破したぞ…これで神のいる祭壇への扉が開かれる!!」
エネル「よく来たな麦藁のルフィ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ルフィ「こ…ここがジャヤだったのか…!感じる…ノーランドが見た黄金を…」
エネル「ルフィよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ゴムの体』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ルフィ「な 何だって!?」
エネル「そして人質は逃げ出したので裁いておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ルフィ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた兄や父や祖父がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
エネル「そうか」
ルフィ「ウオオオいくぞオオオ!」
エネル「さあ来い麦藁!」
ルフィの勇気がワンピースを手にすると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

56 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 22:25:06 ID:r80z5t5J0
そこらに有る漫画かゲームで作るとうまく行くと思ったが、別にそんなことは無かったぜ!

57 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 22:25:36 ID:fw17SDs70
そうか

58 :水先案名無い人:2006/12/02(土) 22:42:57 ID:Ysmzulih0
まそっぷ

59 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 00:07:05 ID:H1xH14GL0
ベルゼバブ「ネタ師よ…作る前に一つ言っておくことがある お前達はここの改変に『四天王』『回収し損ねた伏線』『忘れられたキャラ』が必要だと思っているようだが…別になくても作れる」


60 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 00:12:04 ID:kXwbV0r+0
な 何だって!?

61 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 00:52:48 ID:pQjaYPlV0
最終話 洗濯物を家に 急いで帰って取り込むとき…! ベランダの補修時期は未定です。 石井石子
石子「チクショオオオオ!降るな雨!新必殺音速ダッシュ!」
本田「さあ来い石井イイ!オレの家のベランダは実はちょっとモロくなってるぞオオ!」
(バキッ)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・パンとセリーが好きだったと呼ばれるがんばりやの本田が…こんなベランダに…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
本田「グアアアア」
北原「うちのベランダがだいぶもろくなったようだな…」
厚子「フフフ…うちのベランダはベランダの中でもガタガタ…」
ベン「老朽化ゴトキニ負ケルトハベランダノ面汚シヨ…」
石子「みんなあああ!」
(ドサ)
3人「グアアアアアアア」
石子「やった…ついにウチに帰ったぞ…これで洗濯物のあるベランダの扉が開かれる!!」
向かいのおばさん「よく帰ったなベランダマスター石子…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
石子「こ…ここがベランダだったのか…!感じる…洗濯物の濡れて無さを…」
向かいのおばさん「石子よ…洗濯物を取り込む前に一つ言っておくことがある お前は私の家のベランダがそろそろ崩れそうだと思っているようだが…今ちょうど寿命が来た」
石子「な 何だって!?」
向かいのおばさん「そしてお前の家のベランダは腐ってきたので今ヒビが入った あとは私の後を追うだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
石子「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この私に実家に残してきた両親がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
向かいのおばさん「そうか」
石子「ウオオオ逝くぞオオオ!」
向かいのおばさん「さあ来い石子!」
石子達の魂が安らかに成仏すると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

62 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 01:02:38 ID:kXwbV0r+0
>>61よ・・・お前のネタを最後まで読む前に一つ言っておくことがある 一箇所改変し忘れを見つけたような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

63 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 01:06:37 ID:pQjaYPlV0
「グアアアア!こ このザ・ヤマト達の名前は置換し損なったことが無いと呼ばれる四天王の>>61が…こんな基本的なミスを…バ…バカなアアアアアア」


64 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 01:08:20 ID:lUbl1ttT0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 劇場版ZZは、製作未定です。 富野由悠季
アムロ「チクショオオオオ!くらえビグ・ザム!新兵器音速ビーム砲!」
ドズル「さあ来いガンダムウウ!ビグ・ザムは実は一回撃たれただけで落ちるぞオオ!」
(ザン)
ドズル「グアアアア!こ このザ・無骨と呼ばれるザビ家のドズルが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ドズル「グアアアア」
デギン「ドズルがやられたようだな…」
キシリア「フフフ…奴はザビ家の中でも最弱…」
ギレン「連邦ごときに負けるとはジオンの面汚しよ…」
アムロ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
アムロ「やった…ついにソロモンを落としたぞ…これでシャアのいるア・バオア・クーの攻略が開始される!!」
シャア「よく来たなアムロ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アムロ「こ…ここがア・バオア・クーだったのか…!感じる…シャアの気配を…」
シャア「アムロよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ガンダム』が必要だと思っているようだが…別に生身で戦う」
アムロ「な 何だって!?」
シャア「そしてジオン公国は共和制に移行したので最寄りの月で終戦しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アムロ「フ…上等だ…ボクも一つ言っておくことがある このボクにまだ帰れるところがあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
シャア「そうか」
アムロ「ウオオオいくぞオオオ!」
シャア「さあ来いアムロ!」
アムロの孤独をララァが救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

65 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 01:13:18 ID:5cj9gp9k0
帰れるところねーのかよww

66 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 01:32:11 ID:wnej5Mti0

最終話 希望を胸に 政権を交代する時…! D・P・J第1巻は、発売未定です。 河村たかし

タカシ「チクショオオオオ! くらえカンナオト! 新必殺年金完納斬!」
カンナオト「さあ来いタカシイイ! オレも実は年金を未納した時期があったぞオオ!」
(ザン)
カンナオト「グアアアア!こ このザ・ホクロと呼ばれる四天王のカンナオトが…こんな気ちがいに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)

カンナオト「グアアアア」
ヨコミーチ「カンナオトがやられたようだな…」
ハートヤマ「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
イオングループ「泡沫ごときに負けるとは幹部の面汚しよ…」
タカシ「くらええええ!」
(ズサ)

3人「グアアアアアアア」
タカシ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでオザワのいる代表室の扉が開かれる!!」
オザワ「よく来たなミソマスタータカシ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)

タカシ「こ…ここが代表室だったのか…! 感じる…オザワの人脈を…」
オザワ「タカシよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私が『改憲論者』と思っているようだが…別に憲法を変えなくてもいい」
タカシ「な 何だって!?」
オザワ「そして経世会の無所属議員がいたので我が党と会派を組んだ あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
タカシ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに推薦人がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
オザワ「そうか」
タカシ「ウオオオいくぞオオオ!」
オザワ「さあ来いタカシ!」

タカシの勇気が交代政権を実現すると信じて…! ご支持ありがとうございました!

67 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 01:58:11 ID:pczrQ+yN0
>>64
劇場版 希望を胸に すべてを終わらせる時…! MG Hi-νガンダムは、黒歴史です。 富野由悠季
アムロ「チクショオオオオ!くらえギュネイ!新兵器フィン・ファンネル!」
ギュネイ「さあ来いアムロオオ!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(ズキューン)
ギュネイ「グアアアア!こ この小説版ではグラーブ・ガスと呼ばれる強化人間のギュネイ・ガスが…こんなガンダムに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ギュネイ「何?あっ!?」
クェス「ギュネイをやったの…?」
レズン「フフフ…奴はネオジオンの中でも最弱…」
ナナイ「ニュータイプごときに負けるとは強化人間の面汚しよ…」
アムロ「見えるっ!」
(ピキーz_ン)
3人「グアアアアアアア」
アムロ「やった…ついにネオジオン軍を倒したぞ…これでシャアのいるアクシズの扉が開かれる!!」
シャア「よく来たなアムロ…待っていたぞ…」
(ズンズン ズズズズーン シャア!)
アムロ「こ…ここがアクシズだったのか…!感じる…シャアのプレッシャーを…」
アムロ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はアクシズを止めるのに『サイコフレームの共振』が必要だと思っているようだが…別になくても止めれる」
アムロ「な 何だって!?」
シャア「そしてロンド・ベルは消耗してきたので最寄りのコロニーへ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アムロ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 世界に人の心の光を見せなけりゃならない気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
シャア「そうか」
アムロ「ウオオオいくぞオオオ!」
シャア「さあ来いアムロ!」
アムロのガンダムがアクシズを押し返すと信じて…! ご観賞ありがとうございました!

68 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 02:02:51 ID:pczrQ+yN0
逆シャアのネタを作った気がしていたが一部種の主人公が紛れてたぜ!

そしてシャアとすべき所をアムロとしておいた あとはツッコミを受けるだけだなクックック…

69 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 02:10:08 ID:6QdpSIeDO
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! アニメ版では、ハリケーンボムです。 天野明
獄寺「チクショオオオオ!くらえ野球野郎!新必殺目の錯覚ボム!」
山本「さあ来い獄寺アア!オレの親父は実はカタギじゃないぞオオ!」
(ドカーン)
山本「グアアアア!こ このザ・タケシと呼ばれるオレが…こんな忠犬に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
山本「グアアアア」
雲雀「やられたようだね…」
笹川「フフフ…奴は俺達の中で最も脳天気…」
雲雀「忠犬ごときに負けるとは並盛中の面汚しだ…」
獄寺「くらええええ!」
(ドン)
2人「グアアアアアアア」
獄寺「やった…ついに身近な目の上のコブを倒したぞ…これで十代目の右腕の座はオレのものだ!!」
ツナ「よ、よく来たね獄寺君…今日は何か…?」
(ギイイイイイイ)
獄寺「こ…ここは十代目のご自宅の前だったのか…!感じる…十代目のシブさを…」
ツナ「獄寺君…君に一つ言っておくことがある 君は俺の『右腕』になりたいと思っているようだけど…そもそも俺はマフィアにはならない」
獄寺「な 何ですって!?」
ツナ「そしてアニメ版の君は脚本家のおかげで俺を盲信していない あとは原作でもそうなって普通の友達になれれば…」
(ゴゴゴゴ)
獄寺「フ…上等です…オレも一つ言っておくことがあります
    十代目が『ボスにはならない』と仰ったような気がしていましたが別にそんなことはありませんでした!」
ツナ「いや、今言ったばっかりなんだけd…」
獄寺「ウオオオ一生ついていきます十代目エエエ!」
ツナ「うわあぁぁ!」
獄寺の忠誠心がツナに届くと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

70 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 07:04:03 ID:9E3tUAwx0
フ…上等だ…
MGHiーνガンダムなんてネタだろ思っていたら
そんなことはなかったぜ!

71 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 07:04:53 ID:Ph11XpbyO
そうか

72 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 07:08:18 ID:PitE4sTy0
ウオオオ買いにいくぞオオオ!

73 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 08:21:17 ID:4tCZgj7H0
どこにでもいる>>265

彼女ができて浮かれまくり仕事で失敗しまくる

挙句に会社をクビになり収入がなくなってしまった>>265

落ち込んで彼女になぐさめてもらおうと思った>>265

だが事態は急変。彼女にふられたショックで>>265が死亡

74 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 08:22:58 ID:Ph11XpbyO
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 世界大会編の放送は未定です 車田正美

竜児「チクショオオオオ!くらえ邪鬼!新必殺ブーメランテリオス!」
邪鬼「さあ来い高嶺ええ!実は阿修羅一族は全然不死身じゃないぞおお!」
(FIRE!!)
邪鬼「グアアアア!こ このザ・つなぎと呼ばれる阿修羅一族の邪鬼が…こんな主人公ぽくない奴に…バ…バカなアアアアアア」
(グシャャャャア)
邪鬼「ま…まさか テリオスとは あ…あの…」
凄牙「邪鬼がやられたようだな…」
百鬼丸「フフフ…奴は門番の中でも最弱…」
闇法師「剣崎に主役を取られた奴ごときに負けるとは阿修羅一族の面汚しよ…」
竜児「くらええええ!」
(BACOOOOOM!!)
13人「グアアアアアアア」
竜児「やった…ついに門番を倒したぞ…これで河井さんのいる阿修羅門の扉が開かれる!!」



75 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 08:30:18 ID:PsYKN/s30
朝目のソードマスター斬で笑い死にそうになった

76 :続き:2006/12/03(日) 08:37:20 ID:Ph11XpbyO
河井「よく来たな高嶺くん…待っていたよ…」
(ギイイイイイイ)
竜児「こ…ここが阿修羅門だったのか…!感じる…河井さんの女性人気を…」
河井「高嶺くん…戦う前に一つ言っておくことがある 阿修羅一族は自分達の子供を他人の家に預けて育てる風習があると思っているようだが…ただ催眠術をかけただけで正真正銘その家の子供だ」
竜児「な 何だって!?」
河井「そして阿修羅王はただのミイラだったので粉々にしておいた あとは僕の弾く『熱情』を聞くだけだな、クックックッ…」
(ゴゴゴゴゴゴ)
竜児「フ…上等だ…オレも一ついっておくことがある 剣崎がカイザーナックルを持ってきてくれると思っていたけど面倒臭いから来ないようだぜ!」
河井「そうか」
竜児「ウオオオ聞かせてもらうぜ河井さぁぁぁん!!」
河井「さあいくぞ!高嶺くん!!」

竜児がいつか世界チャンピオンになるとと信じて…! ご愛読ありがとうごさいました




77 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 10:15:17 ID:AcboiAe10
SCENE・FINAL テレサの血肉を胸に すべてを終わらせる時…! CLAYMOREのアニメ化は、放送未定です。 八木教広
クレア「チクショオオオオ!くらえイースレイ!新必殺四肢解放殲滅高速剣!」
北のイースレイ「さあ来いクレアアア!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
イースレイ「グアアアア!こ このザ・白銀王と呼ばれる深遠の者イースレイが…こんな小娘に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
イースレイ「グアアアア」
ダフ「いーすれいがやられたようだな…」
西のリフル「ウフフ…あの男は深遠の者の中でも最弱なのよね…」
南のルシエラ「人間ごときに負けるとは覚醒者の面汚しよ…」
クレア「くらえええ!」
(ズサッッ)
3人「グアアアアアアア」
クレア「やった…ついに深遠の者達を倒した…これでプリシラのいる組織への扉が開かれる!!」
プリシラ「よく来たわねクレイモアマスタークレア…待っていたわ…」
(ギイイイイイイ)
クレア「こ…ここが組織の内部だったのか…!感じる…プリシラの妖力を…」
プリシラ「クレア…戦う前に一つ言っておくことがあるの 
貴方は私を倒すのに『意志を殘した完全なる覚醒』が必要だと思っているようだけど…別にしなくても倒せるわ」
クレア「な 何だと!?」
プリシラ「そして貴方の仲間はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいたわ あとは私を倒すだけね フッフッフ…」
(ビキッビキキキッッ)
クレア「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この私の境遇に近く
昔の面影を持った掛け替えの無い大事な者と
生き別れたような気がしていたが別にそんなことはなかった!」
プリシラ「そうなの」
クレア「ウオオオいくぞオオオ!」
プリシラ「さあ来なさいクレア!」

クレアの慈愛が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました


78 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 10:40:42 ID:4eMTznak0
スレ住人よ…ネタを投下する前に一つ言っておくことがある お前はネタを投下するのに『既出か否か調べること』が必要だと思っているようだが…別に調べなくても投下する

79 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 10:47:25 ID:PitE4sTy0
な 何だって!?

80 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 10:49:01 ID:4eMTznak0
そしてログなど持っていないと思うので前スレのネタをこちらのスレへ投下しておいた あとはデジャヴを感じるだけだなクックック…

81 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 10:55:02 ID:bStMqmfp0
前スレ497と違うところが1箇所しか無いような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

82 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 11:44:58 ID:PitE4sTy0
そうか

83 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 12:20:08 ID:D0K1ZHlc0
タンクマスターはんた 最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! リメイク版はバグまみれです。 データイースト

はんた「チクショオオオオ!くらえスカンクス!新必殺ホローチャージ!」
スカンクス「さあ来いハンター!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(ズドン)
スカンクス「グアアアア!こ このザ・モンキーと呼ばれる四天王のスカンクスが…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
スカンクス「グアアアア」
カリョストロ「スカンクスがやられたようだな…」
ブルフロッグ「ククク…奴は四天王の中でも最弱…」
テッドブロイラー「ハンターごときに負けるとはグラップラーの面汚しよ…」
はんた「くらえええ!」
(ズドン)
3人「グアアアアアアア」
はんた「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでバイアス・ブラドのいるバイアスシティの扉が開かれる!!」
ブラド「よく来たなハンター…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
はんた「こ…ここがバイアスシティだったのか…!聞こえる…バイアス・ブラドのテーマが…」
ブラド「ハンターよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私が不死の存在になっていると思っているようだが…別にそんなことはない」
はんた「な 何だって!?」
ブラド「そしてデスクルスの住民はマジメにドラム缶を押しているのでカレーを食わせておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
はんた「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある エルニニョとイスラポルトに仲間がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ブラド「そうか」
はんた「ウオオオいくぞオオオ!」
ブラド「さあ来いハンター!」
はんたの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


84 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 12:31:50 ID:gpC+O9gI0
ポチすらいないんだぜ!

85 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 16:18:03 ID:N0MhAQRu0
そうか

86 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 16:22:57 ID:FcS8bg4G0
「編集さんひどいじゃないですか! 読みましたよ今週のゲーメスト!!」
「え? ひどいって…内容が?」
「グヘェッ違いますよ誤植ですよ誤植! 写植の文字が間違ってんですよ!」
「えーーほんとに? どこどこ何巻?」
「ほら餓狼伝説の記事で…
 『しゃがみ大パンチ』って最高にかっこいい技が…」

 しゃがみ大パンツ

「ひどいっスよコレ!」
「あ……ほんとだ……。
        やっちゃった」
「いや やっちゃったじゃないですよもう!
 ゲーメストが いきなりパンツ主義に目覚めちゃったみたいじゃないですか!」
「ハッハッハ」
「ハッハッハ!? 何でゴキゲンなんスか! 誤植はこれだけじゃないんスよ!」
「えーー本当? どこどこ?」
「ストリートファイター2で、「ザンギエフのスーパーラリアット」っていう超シブいシーンで…」

 ザンギュラのスーパーウリアッ上

「あ…ほんとだ。技名間違ってる、やっちゃった。」
「ウリアッ上ってなんすか、しかもどこからザンギュラとか出てくるんですか! ひどいッスよもう!」
「…………やっちゃった」
「いや だから やっちゃったじゃないですよちょっと!」
「ハッハッハ。ザンギュラのウリアッ上…何? 新キャラ? ハッハッハ」
「ハッハッハじゃないですよ何でそんなに上機嫌なんスか!」
「いや〜実は先日彼女が出来ちゃって」
「え 本当ですかよかったですね。でもこちとら全然よくないんですよ! まだ誤植あるんですよ!」


87 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 16:27:54 ID:FcS8bg4G0
「えーーーどこどこ?」
「ほら、ドリフトの説明で、「ここでアクセル全開、ハンドルを右に!」って場面で…」

 ここでアクセル前回、インド人を右に!

「あ…ほんとだ…」
「なんでいきなり主人公がインド人宣言してるんすか! もう!」
「…………」
「また『やっちゃった』とか言わないで下さいよ!」
「……やっちゃったぜ」
「何かっこよく言ってるんすか!しかももっとひどい誤植が最後のコマにあるんですよ!
リュウが最終回で構えながら「確かめてみろ!」って決め台詞を言うところですよ!」
「ええー、そんな台詞間違えないと思うけど…」
「間違ってるんスよー!」

確かみてみろ!

「なんすか確かみてみろって!もう意味わかんないし!
しかもなんですか巻末のコーナー……
『誤植を見つけてください』って何自虐してるんすか!」
「やっちゃったぜ」
「だからやっちゃったぜじゃないですよ……やってられなんだぜー!」
「ごめんねだぜ」

88 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 16:38:17 ID:jbyvee0W0
ttp://www.101fwy.net/tokua/src/1165122632303.jpg


89 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 16:39:54 ID:RmG7t5tA0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ターミネーター4の、公開日は未定です。 ジェームズ・キャメロン
ジョン・コナー「チクショオオオオ!くらえT-800!新必殺現金引き卸し!」
T-800「さあ来いジョン・コナーアア!オレは実は1回プレス機で潰されるだけで死ぬぞオオ!」
(ジャララララッ)
T-800「グアアアア!こ この1作目と雰囲気変わってない?と呼ばれるターミネーターのT-800が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
T-800「グアアアア」
T-1「T-800がやられたようだな…」
T-1000「フフフ…奴はターミネーターの中でも最弱…」
T-X「旧型ごときに負けるとはターミネーターの面汚しよ…」
ジョン・コナー「くらえええ!」
(ジャラララララッ)
3体「グアアアアアアア」
ジョン・コナー「やった…ついにターミネーターを倒したぞ…これでスカイネットのいる基地の扉が開かれる!!」
スカイネット「よく来たなジョン・コナー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
スカイネット「こ…ここがスカイネットの基地だったのか…!感じる…スカイネットの凄さを…」
スカイネット「ジョン・コナーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『抵抗軍のリーダーになること』が必要だと思っているようだが…別にならなくても倒せる」
ジョン・コナー「な 何だって!?」
スカイネット「そしてもう勝ち目はないと思ったので過去にターミネーターを送るのはやめておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジョン・コナー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 過去に送ったカイルが母さんがセックルしなきゃ俺が産まれないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
スカイネット「そうか」
ジョン・コナー「ウオオオいくぞオオオ!」
スカイネット「さあ来いジョン・コナー!」
ジョンの勇気が世界を救うと信じて…! ご鑑賞ありがとうございました!

90 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 18:15:24 ID:EmM1A7VE0
>>87
誤植をさらに誤植してるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

91 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 18:24:19 ID:dJB0MGgg0
そうか

92 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 19:00:21 ID:IQDj785C0
最終話 媚薬を胸に すべてを終わらせる時…! 次の犠牲者は、誰にするか未定です。 クリムゾン
雑兵「チクショオオオオ!くらえティファ!媚薬!」
ティファ「さあ来い雑兵イイ!私は実は右乳首をさわられただけでイクぞオオ!」
(ビクッ)
ティファ「あああああっ!こ このザ・巨乳と呼ばれるヒロイン候補のティファが…こんな雑兵に…く…くやしいっ!」
(ドドドドド)
ティファ「あああああっ!」
ナミ「ティファがヤられたようね…フフフ…奴はクリムゾンコミックスの中でも最多出場…
   媚薬ごときに数回もイかされるとは女の面汚しよ…」
ルフィ「気持ちよかったなナミィィイイイ!!」
(ズサ)
ナミ「んんんんんんっ!!」
クリ姉「やった…ついに原稿を描ききったぞ…これで次の候補をジャンプから選べる!!」
ジャンプ「よく来たなクリムゾンコミックス作者クリ姉…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
クリ姉「こ…これがジャンプだったのか…!感じちゃうっ…私好みのヒロイン達を…」
ジャンプ「クリ姉よ…選ぶ前に一つ言っておくことがある
      お前はジャンプのヒロインで『エロい話』を描こうと思っているようだが…
      別にお前が描かなくても十分エロい」
クリ姉「な 何だって!?」
ジャンプ「そして特に関係ないが斬は打ち切っておいた あとはヒロインを選ぶだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
クリ姉「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある
     この私の画力が成長しているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ジャンプ「そうか」
クリ姉「ウオオオ選ぶぞオオオ!」
ジャンプ「さあ来いクリムゾン!」
クリムゾンの表紙がオタを釣ると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

93 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 19:34:19 ID:4eMTznak0
クリムゾンごときでヌけるとは同人オタの面汚しよ…

94 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 19:48:01 ID:pQjaYPlV0
くらええええ!

95 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 19:58:54 ID:nan4yszR0
あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!ビクンビクン(射精する)

96 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 20:38:00 ID:Of0BRqhv0
セフィリアやリンスが入ってないあたりまだまだだな

97 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 21:02:52 ID:A0dKafnN0
キョウアーク「誰それ?」

98 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 21:51:12 ID:jOk0uIvi0
宇宙艦隊でも指揮してろ影薄

99 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 22:16:58 ID:Mm3IFNg2O
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! テイルズオブシンフォニアOVAは、2007年発売です。 吉積
ロイド「チクショオオオオ!くらえマグニス!新必殺音速火炎裂空!」
マグニス「さあ来い劣悪種の豚がぁ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
マグニス「グアアアア!こ このザ・首コキャと呼ばれる五聖刃のマグニスさまが…こんな豚に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
マグニス「グアアアア」
フォシテス「マグニスがやられたようだな…」
クヴァル「フフフ…奴は五聖刃の中でも最弱…」
プロネーマ「劣悪種ごときに負けるとはハーフエルフの面汚しよ…」
ロイド「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ロイド「やった…ついに五聖刃を倒したぞ…これでミトスのいるデリス・カーラーンの扉が開かれる!!」
ミトス「よく来たなコンボマスターロイド…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ロイド「こ…ここがデリス・カーラーンだったのか…!感じる…ミトスの魔力を…」
ミトス「ロイド…戦う前に一つ言っておくことがある お前は世界を元通りにするのに『エターナルソード』が必要だと思っているようだが…別になくてもできる」
ロイド「な 何だって!?」
ミトス「そしてマーテルの器は永続天使結晶化してきたのでアルテスタの所へ解放しておいた あとは僕を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ロイド「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた父さんがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ミトス「そうか」
ロイド「ウオオオいくぞオオオ!」
ミトス「さあ来いロイド!」
ロイドの勇気が世界を救うと信じて…! プレイありがとうございました!


100 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 22:41:30 ID:Ph11XpbyO
五聖刃にもう一人いると思っていたけどどうやら気のせいだったようだぜ!

101 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 22:47:36 ID:q1QkPZj40
最終章 最後の聖戦 すべてを終わらせる時…! たたかいはできませんが ちりょうのつえがつかえます。 そうりょリフ
セリス「チクショオオオオ!くらえブリアン!新必殺☆50ぎんの剣!」
ブリアン「さあ来いセリスウウ!オレは実は誰と戦っても死ぬぞオオ!」
(ザン)
ブリアン「グアアアア!こ このザ・スワンチカと呼ばれるドズルのブリアンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ブリアン「グアアアア」
ヒルダ「ブリアンがやられたようだな…」
スコピオ「フフフ…奴は聖戦士の中でも最弱…」
イシュタル「汎用武器ごときに負けるとは聖戦士の面汚しよ…」
セリス「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに十二魔将も倒したぞ…これでユリウスのいるバーハラ城への道が開かれる!!」
ユリウス「よく来たな光の公子セリス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
セリス「こ…ここがバーハラ城だったのか…!感じる…ロプトウスの魔力を…」
ユリウス「セリスよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのにナーガが必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
セリス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが既に切り倒してしまっていたぜ!」
ユリウス「そうか」
セリス「ウオオオいくぞオオオ!」
ユリウス「さあ来いセリス!」
セリスの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

102 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 23:14:03 ID:C35qC7eC0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 カプコン
エックス「チクショオオオオ!くらえボロッグ!ノヴァストライク!」
ボロッグ「さあ来いエックスウウ!オレは実は一回超フォースメタルを抜き取られただけで死ぬぞオオ!」
(ズガガガガ)
ボロッグ「グアアアア!こ このザ・デブと呼ばれる三幹部のボロッグが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ボロッグ「グアアアア」
フェラム「ボロッグがやられたようだな…」
スカーフェイス「フフフ…奴は三幹部の中でも最弱…」
イプシロン「ハンターごときに負けるとはリベリオンの面汚しよ…」
エックス「くらええええ!」
(ドギャギャギャギャ)
3人「グアアアアアアア」
エックス「やった…ついにリベリオンを壊滅させたぞ…これで超フォースメタルがある奥の扉が開かれる!!」
リディプス「よく来たなイレギュラーハンターエックス…待っていたぞ…」
(ウィィィィン)
エックス「こ…ここが極東司令部だったのか…!感じる…リディプスの陰謀を…」
リディプス「エックスよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は自分の仲間が『自爆』したと思っているようだが…実は私だ」
エックス「な 何だって!?」
リディプス「そしてお前のオペレーターは口うるさいのでクビにしておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
エックス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある アクセルの正体が解明されるような気がしていたが、実は新世代だったぜ!」
リディプス「そうか」
エックス「ウオオオいくぞオオオ!」
リディプス「さあ来いエックス!」
エックスの勇気が世界を救うと信じて…! Thank you for playing!

103 :水先案名無い人:2006/12/03(日) 23:22:18 ID:5yFFU4gO0
第6章 天上の終焉に向かって すべてを終わらせる時…! ブラックマトリクスダブルオーは移植ではなく新作です。 株式会社フライト・プラン
俺「チクショオオオオ!くらえゲオ!ブラックマトリクスゼロを中古箱なし説明書ありで!」
ゲオ店員「さあ来いきゃくぅぅぅ!それは実は1週間後には安くなるぞおおおお!」
(3500円になりまぁす♪)
ゲオ店員「グアアアア!こ このザ・中古屋店員と呼ばれるゲオアルバイトの俺が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ゲオ店員「あるがとうございましたー」
客「ついにブラックマトリクスゼロを買ったようだな…」
通行人「フフフ…絵は時雨沢に見えるがあれは高野だ…」
ゲーマー「ジャケ買するとはゲーマーの面汚しよ…」
俺「騙されたぞおおおおお!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
俺「やった…ついにブラックマトリクスゼロを買ったぞ…これでゲームスタートへの道が開かれる!!」
(きゅぴーん)
アラギ「よく来たな天使と悪魔の羽根を持つカイン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
俺「こ…ここがテロメアだったのか…!感じる…アラギの魔力を…」
アラギ「カインよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は白い羽根を選ぶか黒い羽根を選ぶかの選択肢でストーリー及びエンディングが大きく変わると思っているようだが…別にどちらも同じ内容でエンディングもほぼ変わらない」
俺「な 何だって!?」
アラギ「そして主人公は戦線離脱したら面白そうと言う理由だけで捕まえただけであって別に意味がないので最寄りのアジトへ解放しておいた あとは俺を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
俺「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある それ以外でもエンディングが分岐する気がしたが別にそんなことなかったぜ!」
アラギ「そうか」
俺「ウオオオいくぞオオオ!」
アラギ「さあ来いカイン!」
最後こそ敵が強敵だと信じて…! ご愛顧ありがとうございました!
ブラックマトリクスゼロって黒歴史だよね?




104 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 00:19:43 ID:bBujbKYDO
>>100
ロディル「そうか」

105 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 00:39:54 ID:kgaA0wxh0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! VforV第1巻は、発売中です。 アラン・ムーア
V「チクショオオオオ!くらえプロセロ!新必殺音速火炎斬!」
プロセロ「さあ来いV!オレは実は毒飲まされただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
プロセロ「グアアアア!こ このボイス・オブ・ロンドンと呼ばれる四天王のプロセロが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
プロセロ「グアアアア」
リリマン「プロセロがやられたようだな…」
デリア「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
クリーディー「庶民ごときに負けるとはノースフィアー党の面汚しよ…」
V「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
V「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでサトラーのいる国会議事堂の扉が開かれる!!」
サトラー「よく来たなテロマスターV…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
V「こ…ここが国会議事堂だったのか…!感じる…サトラーの魔力を…」
サトラー「Vよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『セリグナイト搭載地下鉄』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヤマト「な 何だって!?」
サトラー「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
V「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレが拉致してきた女が地下鉄にいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
サトラー「そうか」
V「ウオオオいくぞオオオ!」
サトラー「さあ来いV!」
Vの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

106 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 00:59:16 ID:1eCsAONf0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! TVシリーズは、放送未定です。 富野由悠季
シーブック「チクショオオオオ!くらえドレル大隊!新必殺可変速ビームライフル!」
ドレル「さあ来いシーブックウウ!オレは実は一回交戦しただけで出番が無くなるぞオオ!」
(ザン)
ドレル「グアアアア!こ このザ・ガルマの再来と呼ばれる御曹司のドレルが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ドレル「グアアアア」
ザビーネ「ドレルがやられたようだな…」
バグ「フフフ…奴はクロスボーンバンガードの中でも最弱…」
ジレ「連邦ごときに負けるとはクロスボーンバンガードの面汚しよ…」
シーブック「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
シーブック「やった…ついに主力を倒したぞ…これで鉄仮面のいるコスモバビロニアの扉が開かれる!!」
鉄仮面「よく来たなシーブック・アノー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
シーブック「こ…これがラフレシアだったのか…!感じる…宇宙を乱す物の怪のように…」
鉄仮面「シーブックよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はF91の全容を知るのに『小説版・上下』が必要だと思っているようだが…上巻は殆ど学園ものだから別に読まなくてもいい」
シーブック「な 何だって!?」
鉄仮面「そしてコズモ大佐はどうでもよかったのでバグで始末しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
シーブック「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにパン屋のガールフレンドがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
鉄仮面「そうか」
シーブック「ウオオオいくぞオオオ!」
鉄仮面「さあ来いシーブック!」
This is the only beginning…! ご視聴ありがとうございました!

107 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 01:40:32 ID:CQKSLku50
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! トライガンマキシマム第13巻は、発売未定です。 内藤泰弘
ヴァッシュ「チクショオオオオ!くらえブレード!新必殺音速抜き撃ち!」
雷泥・ザ・ブレード「さあ来いヴァッシュ・ザ・スタンピードオオ!拙者は実は一回撃たれただけで諦めるぞオオ!」
(ドン)
雷泥・ザ・ブレード「グアアアア!こ このザ・サムライと呼ばれるGUNG-HO-GUNSの雷泥・ザ・ブレードが…こんな人外に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
雷泥・ザ・ブレード「否!断じて否アアアア」
レオノフ・ザ・パペットマスター「雷泥がヤらレタようDEATHネ…」
ホッパード・ザ・ガントレッド「フフフ…奴はGUNG-HO-GUNSの中でも最弱…」
レガート・ブルーサマーズ「人が殺せない奴ごときに負けるとは我々の面汚しよ…」
ヴァッシュ「くらええええ!」
(ドン)
3人「グアアアアアアア」
ヴァッシュ「やった…ついにGUNG-HO-GUNSを倒したぞ…これでナイブズのいるシップの扉が開かれる!!」
ナイブズ「よく来たなヴァッシュ・ザ・スタンピード…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヴァッシュ「こ…ここがシップだったのか…!感じる…ナイブズの共鳴を…」
ナイブズ「ヴァッシュよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『プラントの力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヴァッシュ「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてリヴィオはエレンディラとの戦いで腹がふっ飛んでしまったので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヴァッシュ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ウルフウッドが死んだような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ナイブズ「そうか」
ヴァッシュ「ウオオオいくぞオオオ!」
ナイブズ「さあ来いヴァッシュ!」
ヴァッシュの優しさが世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

108 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 08:19:50 ID:eYntvJsWO
元ネタをメ欄に書いた方がいい気がしていたが別にそんなことはなさそうだぜ!

109 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 08:59:53 ID:zPbMnww+0
そうか

110 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 12:51:35 ID:Tci8ESZi0
最終話 クヴェルを胸に すべてを終わらせる時…! サガフロンティア3は、発売未定です。 スクウェアエニックス
ウィル・ナイツ「チクショオオオオ!くらえイシス!集中集中術法炎!」
イシス「さあ来いナイツウウ!オレは実は音波耐性装備されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
イシス「グアアアア!こ このザ・音の将魔と呼ばれるエーデルリッターのイシスが…こんなジジイに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
イシス「グアアアア」
トーワ「イシスがやられたようだな…」
モイ「フフフ…奴はエーデルリッターの中でも最弱…」
ミカ「人間ごときに負けるとは将魔の面汚しよ…」
ウィル・ナイツ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ウィル・ナイツ「やった…ついにエーデルリッターを倒したぞ…これでエッグのいる最後のメガリスの扉が開かれる!!」
エッグ「よく来たなカスタムアーツマスターナイツ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ウィル・ナイツ「こ…ここが最後のメガリスだったのか…!感じる…エッグの魔力を…」
エッグ「ナイツよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『サウスマウンドトップの戦い』のクリアが必要だと思っているようだが…別にしなくても倒せる」
ウィル・ナイツ「な 何だって!?」
エッグ「そしてサルゴンとボルスはスルーされたので吸収しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ウィル・ナイツ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレとラベールの間に息子ができたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
エッグ「そうか」
ウィル・ナイツ「ウオオオいくぞオオオ!」
エッグ「さあ来いナイツ!」
ウィル・ナイツの勇気が世界を救うと信じて…! THANK YOU FOR PLAYING!


111 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 14:16:42 ID:SHycI0p/0
>>110
こんなかわいらしい娘を息子呼ばわりする気?ひどいわ!!

112 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 14:20:30 ID:SHycI0p/0
と思ったがその息子の娘でした。若さが足りませんでした。

113 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 16:47:35 ID:zPbMnww+0
そうね、老成し過ぎだわ。
いったい今まで何をして生きてきたのかしら?

114 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 17:36:10 ID:M2bA8JsX0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ガメラ「チクショオオオオ!くらえギャオス!新必殺プラズマ火球!」
ギャオス「さあ来いガメラアア!オレは実は一回焼かれただけで死ぬぞオオ!」
(ブワーッ)
ギャオス「グアアアア!こ このザ・共食いと呼ばれる怪獣のギャオスが…こんな亀に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ギャオス「グアアアア」
レギオン「ギャオスがやられたようだな…」
ギャオス・ハイパー「フフフ…奴は怪獣の中でも最弱…」
レギオン(小)「ガメラごときに負けるとは怪獣の面汚しよ…」
ガメラ「くらええええ!」
(ブワーッ)
3体「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに怪獣を倒したぞ…これでイリスのいるJR京都駅の扉が開かれる!!」
イリス「よく来たなガメラ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ガメラ「こ…ここが京都駅だったのか…!感じる…イリスの魔力を…」
イリス「ガメラよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『バニシング・フィスト』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ガメラ「な 何だって!?」
イリス「そして綾奈はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ガメラ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 3作目から急に悪役描写が目立つような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
イリス「そうか」
ガメラ「ウオオオいくぞオオオ!」
イリス「さあ来いガメラ!」
ガメラの勇気が世界を救うと信じて…! ご鑑賞ありがとうございました!

115 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 17:59:01 ID:xNmLGmVN0
ガメラがヤマトになってるとこがある気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

116 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 18:00:21 ID:MciA6OE+0
そうか

117 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 18:34:17 ID:2YTnFzYJ0
最終話 角を額に すべてを終わらせる時…! J・C第37巻は、発売未定です。 ゆでのタマゴ
ロビン「チクショオオオオ!くらえマリポーサ!新必殺ユニコーンヘッド!」
マリポーサ「さあ来いロビン!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
マリポーサ「グアアアア!こ このザ・ヒショウと呼ばれる四天王のマリポーサが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
マリポーサ「グアアアア」
ゼブラ「マリポーサがやられたようだな…」
ビッグボディ「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ソルジャー「ヨロイマンごときに負けるとは王位継承者の面汚しよ…」
ロビン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ロビン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでフェニックスのいる大阪城の扉が開かれる!!」
フェニックス「よく来たなラグビーマスターロビン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ロビン「こ…ここが大阪城だったのか…!感じる…フェニックスの知性を…」
フェニックス「ロビンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『火事場のクソ力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ロビン「な 何だって!?」
フェニックス「そしてキン肉マンはやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ロビン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの超人予言書が燃えたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
フェニックス「そうか」
ロビン「ウオオオいくぞオオオ!」
フェニックス「さあ来いロビン!」
ロビンの勇気がキン肉星を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

118 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 18:39:38 ID:kt2EJiuz0
最終回 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 2007年笑点カレンダーは好評発売中です。 日本テレビ
菊蔵「チクショオオオオ!くらえこん平!いや〜んばか〜ん、そこはお乳なの、あは〜ん」
こん平「さあ来い菊蔵オオ!オレは実はまだカバンに若干の余裕があるぞオオ!」
(ザン)
こん平「グアアアア!こ このザ・イナカモノと呼ばれる四天王のこん平が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
こん平「グアアアア」
小遊三「こん平がやられたようだな…」
好楽「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
楽太郎「バカごときに負けるとは噺家の面汚しよ…」
菊蔵「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
菊蔵「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで歌丸のいる司会者の扉が開かれる!!」
歌丸「よく来たな落語マスター菊蔵…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
菊蔵「こ…ここが司会席だったのか…!感じる…歌丸の魔力を…」
歌丸「菊蔵よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『菊蔵ラーメン』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
菊蔵「な 何だって!?」
歌丸「そして座布団運びの山田はいらなくなったのでクビにしておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
菊蔵「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに答えを先に言ってくれるお客がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
歌丸「そうか」
菊蔵「ウオオオいくぞオオオ!」
歌丸「さあ来い菊蔵!」
菊蔵のギャグが世界を救うと信じて…! ご愛聴ありがとうございました!


119 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 18:50:11 ID:HLt7OD9v0
最終話 希望を胸に 60万人を突破する時…! シムシティ4は、好評発売中です。 ELECTRONIC ARTS
市長「チクショオオオオ!くらえ消防!新ウラ技税金画面で所持金MAX!」
消防「さあ来い市長オオ!オレは実は一個建てただけで市民が黙るぞオオ!」
(ザン)
消防「グアアアア!こ このザ・役立たずと呼ばれる施設の消防が…こんな市長に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
消防「グアアアア」
スタジアム「消防が建設されたようだな…」
港「フフフ…奴は市民が要求する施設の中でも最安…」
空港「人口ゼロの市長ごときに建設されるとは施設の面汚しよ…」
市長「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
市長「やった…ついに四大施設を建設したぞ…これでDr.ライトのいる会議室の扉が開かれる!!」
Dr.ライト「よく来たなシティマスター市長…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
市長「こ…ここが会議室だったのか…!感じる…Dr.ライトのBGMを…」
Dr.ライト「市長よ…RCI区画を設置する前に一つ言っておくことがある お前は街を発展させるのに『市民の支持』が必要だと思っているようだが…別になくても発展する」
市長「な 何だって!?」
Dr.ライト「そして金があり余ってるので税率を0%にしておいた あとは私をRCI区画を設置するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
市長「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある もっと道路が必要な気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
Dr.ライト「そうか」
市長「ウオオオいくぞオオオ!」
Dr.ライト「さあ来い市長!」
市長の勇気が街をメガロポリスにすると信じて…! プレイありがとうございました!

120 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 18:55:42 ID:rGTmwzql0
>>118
ホントは木久蔵なような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

121 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 18:58:12 ID:MciA6OE+0
そうか

122 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 20:12:52 ID:bBujbKYDO
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! フェアリーテイル第1巻は、発売未定です。 真島ヒロ
ハル「チクショオオオオ!くらえアスラ!新必殺世界の一撃ぃ!」
アスラ「さあ来いハルゥゥ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
アスラ「グアアアア!こ この魔石王と呼ばれる四天魔王のアスラが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
アスラ「グアアアア」
ウタ「アスラがやられたようだな…」
メギド「フフフ…奴は四天魔王の中でも最弱…」
ジェロ「人間ごときに負けるとは魔王の面汚しよ…」
ハル「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ハル「やった…ついに四天魔王を倒したぞ…これでルシアのいる星の記憶の扉が開かれる!!」
ルシア「よく来たなレイヴマスター…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ハル「こ…ここが星の記憶だったのか…!感じる…ルシアの魔力を…」
ルシア「レイヴマスターよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は俺を倒すのに『レイヴェルト』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ハル「な 何だって!?」
ルシア「そしてエーテリオンの女は可愛くなくなってきたので最寄りの学校へ解放しておいた あとは俺を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ハル「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに後継者の三代目レイヴマスターがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ルシア「そうか」
ハル「ウオオオいくぞオオオ!」
ルシア「さあ来いレイヴマスター!」
ハルの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!



123 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 20:13:21 ID:IIuvSmP20
最終話 オチを夢に すべてを終わらせる時…! PSP版は、発売予定です。 奈武 弧
カイル「チクショオオオオ!くらえ穴子!新奥義超音速絶憐衝!」
バルバトス「さあ来いカイル!オレはそろそろ倒せば逃げずに死ぬぞオオ!」
(ザン)
バルバトス「グアアアア!こ このザ・ぶるぁぁあぁああと呼ばれる英雄殺しのバルバトスが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
バルバトス「ぶるぁぁあああ」
エンジェルナイト「バルバトスがやられたようだな…」
ガリアンソード「フフフ…奴は歴代ボス中でも最バカ…」
エルレイン「バカイルごときに負けるとはテイルズボスの面汚しよ…」
カイル「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
カイル「やった…ついにエルレインを倒したぞ…これで卵のある最下層部にたどり着ける!!」
フォルトゥナ「よく来たなゾーディアン・マズダーカイル…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
カイル「こ…ここが神のたまごだったのか…!感じる…フォルトゥナのBGMを…」
フォルトゥナ「カイルよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は神の卵を破壊すると『リアラ』が消えると思っているようだが…別に壊しても蘇る」
カイル「な 何だって!?」
フォルトゥナ「そしてマグナディエウスがやせてきたのでのアクアヴェイルの街へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
カイル「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレも知らない従姉妹が居るような気がしてきたが別にそんなことはなかったぜ!」
フォルトゥナ「そうか」
カイル「ウオオオいくぞオオオ!」
フォルトゥナ「さあ来いカイル!」
カイルの勇気が世界を正しい方向へ導くと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

124 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 20:46:52 ID:1eCsAONf0
最終話 希望を胸に 後ろのクローゼットから襲いかかる時…! うまかっ です。 飼育員
飼育員「チクショオオオオ!くらえ犬ども!新必殺飯抜き!」
犬ども「さあ来い飼育員ンン!オレたちは実は飯を三日抜かれただけで逃げるぞオオ!」
(ザン)
犬ども「グアアアア!こ このザ・ケルベロスと呼ばれる犬が…こんな飼育員に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
犬ども「グアアアア」
宇宙服「犬どもがやられたようだな…」
皮をひんむいたゴリラのような奴「フフフ…奴は屋敷の中でも最弱…」
バンソウコウ「人間ごときに負けるとはBOWの面汚しよ…」
飼育員「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
飼育員「やった…ついに忌々しい奴らを倒したぞ…これで今夜はよく眠れる!!」
スコット「よく来たな飼育員…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
飼育員「こ…ここが俺の部屋だったのか…!感じる…全身のかゆみを…」
スコット「飼育員よ…殺される前に一つ言っておくことがある お前はスティーブが『いかさま』をしたと思っているようだが…別にそんなことはない」
飼育員「な 何だって!?」
スコット「そして生きたエサだった豚は足と内蔵だけ残ってたので捨てておいた あとは私を食べるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
飼育員「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある この屋敷から逃げ出そうとした研究員が射殺されたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
スコット「そうか」
飼育員「ウオオオいくぞオオオ!」
スコット「さあ来い飼育員!」
飼育員の日記がプレイヤーをビビらせると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

125 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 21:03:57 ID:M437vXFx0
最終話 未来を胸に 世界変革の時…! 続編は、好評発売中です。 スクウェア
クロノ「チクショオオオオ!くらえラヴォス!新必殺音速ファイガ斬!」
ラヴォス外殻「さあ来いクロノオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ラヴォス外殻「グアアアア!こ このザ・災厄と呼ばれる生命体ラヴォスが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ラヴォス外殻「グアアアア」
ラヴォス内部「外殻がやられたようだな…」
ラヴォス右腕「フフフ…奴はラヴォスの体の中でも最弱…」
ラヴォス左腕「人間ごときに負けるとはラヴォスの面汚しよ…」
クロノ「くらええええ!」
(ズサ)
3体「グアアアアアアア」
クロノ「やった…ついにラヴォスを倒したぞ…これで平和な未来への道が開かれる!!」
ラヴォスコア「よく来たな千年祭マスタークロノ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
クロノ「こ…ここがラヴォスの体の中だったのか…!感じる…ラヴォスの魔力を…」
ラヴォスコア「クロノよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒せば『平和な未来』が訪れると思っているようだが…別に倒しても世界は滅びかける」
クロノ「な 何だって!?」
ラヴォスコア「そしてシルバードは壊れ掛けてたので最寄りの時間へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
クロノ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある サラ姫がまだ生きているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ラヴォスコア「そうか」
クロノ「ウオオオいくぞオオオ!」
ラヴォスコア「さあ来いクロノ!」
クロノの勇気が滅びの未来を救うと信じて…! ご愛遊ありがとうございました!

126 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 21:49:39 ID:NMBLiHrbO
>>118
     かゆい
      うま

と おも たが、そんな と  かったぜ

127 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 21:51:15 ID:MciA6OE+0
そ か

128 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 21:56:42 ID:NMBLiHrbO
レス番を間違えたような気がしたが、別にそんなことはなかったぜ

129 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 22:00:08 ID:MciA6OE+0
そうか

130 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 22:02:14 ID:5NY4hygW0
よく来たなそうかマスターID:MciA6OE+0…待っていたぞ…

131 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 22:04:57 ID:MciA6OE+0
こ…ここがID:5NY4hygW0城だったのか…!感じる…ID:5NY4hygW0の魔力を…

132 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 23:03:57 ID:QcPefEbC0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 弟切草 蘇生編は、発売未定です。 チュンソフト
公平「チクショオオオオ!くらえヨロイ!新必殺体当り!」
ヨロイ「さあ来い公平イイイ!オレは実は一回タックルされただけで死ぬぞオオ!」
(ガンツッ)
ヨロイ「グアアアア!こ このザ・カラッポと呼ばれるさまようヨロイが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ヨロイ「グアアアア」
怪魚「ヨロイがやられたようだな…」
ミイラ「フフフ…奴は洋館の怪物の中でも最弱…」
怪魚「人間ごときに負けるとは洋館の面汚しよ…」
「くらええええ!」
(ズサ)
2人?「グアアアアアアア」
公平「やった…ついに洋館の怪物を倒したぞ…これでナオミのいる開かずの部屋が開かれる!!」
ナオミ「よく来たな屋敷マスター公平…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
公平「こ…ここが開かずの間だったのか…!感じる…ナオミの魔力を…」
ナオミ「公平…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『日記』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
公平「な 何だって!?」
ナオミ「そして奈美はボイラーが爆発して危ないので館の外へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
公平「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 館に奈美の弟がいたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ナオミ「そうか」
公平「ウオオオいくぞオオオ!」
ナオミ「さあ来い公平!」
弟切草の花言葉がナオミを救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

133 :水先案名無い人:2006/12/04(月) 23:05:41 ID:M2bA8JsX0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 銀河英雄伝説全10巻(外伝除く)は、好評発売中です。 田中芳樹
アンスバッハ「チクショオオオオ!くらえラインハルト!新必殺主人の仇!」
キルヒアイス「危ないラインハルト様アア!私は実は2回撃たれただけで死にますよオオ!」
(ドーン)
キルヒアイス「グアアアア!こ この赤毛と呼ばれるラインハルト様の半身のキルヒアイスが…こんな早めに退場…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
キルヒアイス「グアアアア」
ミッターマイヤー「キルヒアイスがやられたようだな…」
ロイエンタール「フフフ…奴は提督の中でも最弱…」
ビッテンフェルト「アンスバッハごときに負けるとは元帥府の面汚しよ…」
アンスバッハ「くらええええ!」
(ドーン)
3人「グアアアアアアア」
アンスバッハ「やった…ついに元帥府の提督達を倒したぞ…これでラインハルトのいる部屋の扉が開かれる!!」
ラインハルト「よく来たなアンスバッハ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アンスバッハ「こ…ここがラインハルトの部屋だったのか…!感じる…ラインハルトの無気力さを…」
ラインハルト「アンスバッハよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は予を倒すのに『武器』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
アンスバッハ「な 何だって!?」
ラインハルト「そしてお前の主人の遺体は腐ってきたので最寄りの墓地へ埋葬しておいた あとは予を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アンスバッハ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある なんだか色々と忘れているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ラインハルト「そうか」
アンスバッハ「ウオオオいくぞオオオ!」
ラインハルト「さあ来いアンスバッハ!」
アンスバッハの復讐心が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

134 :たまには視点を変えてみる:2006/12/04(月) 23:25:07 ID:35tyGatY0
最終話 希望を胸に 新車をもらう時…! ICカードは、来年導入です。 近畿日本鉄道
名古屋線「チクショオオオオ!くらえ橿原線!新型特急アーバンライナーnext!」
橿原線「さあ来い名古屋線ンンン!オレは実は天理教信者で成り立っているぞオオ!」
(ドドドドド)
橿原線「グアアアア!こ このザ・オマケと呼ばれる四天王の橿原線が…こんな味噌路線に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
橿原線「グアアアア」
大阪線「橿原線がやられたようだな…」
京都線「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
南大阪線「名古屋運用統括部ごときに負けるとは大阪運用統括部の面汚しよ…」
名古屋線「くらええええ!」
(ドドドドド)
3線「グアアアアアアア」
名古屋線「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで奈良線のある布施の連絡線が開かれる!!」
奈良線「よく来たな中部のお荷物名古屋線…待っていたぞ…」
(キイイイイイイ、ガタン)
名古屋線「こ…ここが奈良線だったのか…!感じる…新車の増備を…」
奈良線「名古屋線よ…中古車をやる前に一つ言っておくことがある お前は新車を倒すのに『高収益』が必要だと思っているようだが…別にあっても貰えない」
名古屋線「な 何だって!?」
奈良線「そして生駒線は乗客が減ってきたのでワンマン運転にしておいた あとは自動改札を導入するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
名古屋線「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある この名古屋線にも万博に伴い新車がはいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
奈良線「そうか」
名古屋線「ウオオオいくぞオオオ!」
奈良線「さあ来い名古屋線!」
名古屋線の無謀な勇気が会社の上層部に認められると信じて…! ご乗車ありがとうございました!

135 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 00:09:24 ID:k45VA5QM0
このオレにローカルなネタは分からないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

136 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 00:10:13 ID:Hi/vF2OY0
そうか

137 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 01:03:40 ID:V7Ljhshb0
最終話 希望を胸に 5日目を終わらせる時…! 街2は、発売未定です。 チュンソフト
桂馬「チクショオオオオ!くらえジェロニモ!新必殺ルルスボ・サケム!」
ジェロニモ「さあ来い桂馬アア!オレは実は一回驚かされただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ジェロニモ「グアアアア!こ このザ・シャチテと呼ばれる悪魔のジェロニモが…こんなオタクに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ジェロニモ「グアアアア」
カバ沢「ジェロニモがガビーンのジャジャーン…」
竹内女史「おほほ…お奴はお各シナリオお登場人物の中でもお最弱…」
大山種五郎「オタク刑事ごときに負けるとは男の面汚しジャン?ッス!」
桂馬「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
桂馬「やった…ついに主役を食う脇役を倒したぞ…これで主人公の存在感が保たれる!!」
川添「むしろよく来たな白いカラス雨宮桂馬…なぜなら待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
桂馬「ま…まだ脇役がいたのか…!感じる…主人公100人構想の魔力を…」
尾形「もすもす…戦う前に一つ言っておくことがある チミは脇役TIPに出る『それはまたの機会に』を信じてるようだが…別にその機会は約10年経っても訪れないニ」
桂馬「な 何だって!?」
宇宙人「そして他の主人公はデブ女が選択肢を間違えたので全員バッドエンドにしておいた あとはお前だけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
桂馬「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある キーちゃんを付けねらう男の正体は香月ミカレのような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
伍長「もあい」
桂馬「ウオオオいくぞオオオ!」
サギ山「チキショウやめてやる!」
桂馬の勇気が渋谷を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

138 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 01:10:05 ID:swJbWODFO
最終話 絶望を胸に すべてが終わる時…! デスノート映画版は、放映中です。 ガモウひろし
月「チクショオオオオ!くらえマット!新必殺高田SP一斉射撃!」
マット「さあ来い月ォオオ!俺は実はゴーグルを割られただけで死ぬぞぉぉぉ!」
(ドンドンドンドン)
マット「グアアアア!こ このザ・ゲーマーと呼ばれるワイミーズハウス出身の俺が…こんな日本人に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
マット「グアアアア」
メロ「マットがやられたようだな…」
ロジャー「フフフ…奴はワイミーズハウスの中でも最弱…」
リンダ「キラ様に裁かれるとはLの面汚しよ…」
月「くらええええ!」
(ドクン)
3人「グアアアアアアア」
月「やった…ついにメロを殺したぞ…これでニアのいるYB倉庫の扉が開かれる!!」
ニア「よく来ましたねL…夜神月…いやキラ…待っていました…」
(ギイイイイイイ)
月「こ…ここがイエローボックスだったのか…!感じる…ノートの魔力を…」
ニア「夜神月…戦う前に一つ言っておくことがあります あなたは私達を殺すのに『ノートすり替えトリック』が必要だと思っているようですが…
    こちらはそれ以上のことをジェバンニが一晩でやってくれました」
月「な 何だって!?」
ニア「そして弥海砂は用済みになったので最寄りのホテルへ解放しました あとは私を殺すだけですねクックック…」
(ゴゴゴゴ)
月「フ…上等だ…僕も一つ言っておくことがある キラに賛同する者がこの中に一人は居るような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ニア「そうですか」
月「ウオオオいくぞオオオ!」
ニア「さあ来いキラ!」
月の頭脳が新世界を創ると信じて…! ご愛読ありがとうございました!



139 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 04:08:32 ID:uX8iCrgu0
この頻繁な「そうか」のレスのおかげで今度は1000レス到達できそうな気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

140 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 04:29:36 ID:9gTfUOYm0
そうk・・・ないない

141 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 04:44:40 ID:jBbrjckd0
>ビッグボディ「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」

ビッグボディがダントツで最弱のような気がしていたがそんなことはなかったぜ

142 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 06:33:35 ID:9wBkGe+8O
そうか

143 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 10:12:30 ID:wtQToE5b0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! デュエルマスターズ第7巻は、発売未定です。  松本しげのぶ
勝負「チクショオオオオ!くらえ三国!新デッキカササギブルーもどき!」
三国「さあ来い勝負ゥゥゥゥ!オレは実は一回殴られただけでもう2度と自分のターンが来ないぞオオ!」
(ザン)
三国「グアアアア!こ このザ・速攻と呼ばれる四天衆の三国が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
三国「グアアアア」
ミミ「三国がやられたようね…」
牛次郎「グフフフ…奴は四天衆の中でも最弱…」
愛善真「あんな新人ごときに負けるとは白い騎士団の面汚しよ…」
勝負「くらええええ!」
(地震!超動!)
3人「グアアアアアアア」
勝負「やった…ついに四天衆を倒したぞ…これで白凰の間への扉が開かれる!!」
白凰「よく来たなデュエルマスター切札勝負…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
勝負「こ…ここが白凰の間だったのか…!感じる…白凰の力を…」
白凰「勝負よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私と戦うのに『DMカード』が必要だと思っているようだが…別にMTGで戦う」
勝負「な 何だって!?」
白凰「そしてNACは地下牢に軟禁していたが、勝手に鎖を引きちぎって逃げた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
勝負「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレには倒さなきゃならないライバルがいた気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
白凰「そうか」
勝負「ウオオオいくぞオオオ!」
白凰「さあ来い切札勝負!」
勝負の勇気が白凰を倒すと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

144 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 10:23:18 ID:Co9JZS3V0
本当は切札勝舞だった気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

145 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 11:41:54 ID:xOQqRTPG0
そうか

146 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 12:35:09 ID:c+0jgQBL0
最終話 さよならドラえもん てんとう虫コミックス第46巻は、発売未定です。 藤子・F・不二雄
のび太「チクショオオオオ!くらえドラえもん!あれかしてよ!」
ドラえもん「さあ来いノビタアア!ひとりでできないけんかなら、するな!」
ドラえもん「グアアアア!こ このザ・ネコ型と呼ばれるドラえもんが…実は未来へ帰るぞオオオ」
(ねむれない。ぼくも。)
ドラえもん「できることなら・・・帰りたくないんだ。」
ドラえもん「ひとりで宿題やれる?」
ドラえもん「ジャイアンやスネ夫にいじわるされてもやりかえしてやれる?」
のび太「ばかにすんな!ひとりでちゃんとやれるよ!」
(ホロリ・・・グスン)
ドラえもん「ソノヘンヲサンポシテクルウウウ」
のび太「やった・・・なみだをみせたくなかったんだ…いいやつだなあ!!」
ジャイアン「よく来たなアヤトリマスターのび太…別に待っていなかったぞ…」
(ギイイイイイイ)
のび太「こ…ここが空き地だったのか…!感じる…ジャイアンの腕力を…」
ジャイアン「のび太よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はお前だけの力で私に勝たないと
ドラえもんが安心して帰れないと思っているようだが…しったことか」
のび太「な 何だって!?」
ジャイアン「そしてねぼけているところをよくも見たな あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
のび太「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある けんかならドラえもんぬきでやろう」
ジャイアン「そうか」
のび太「ウオオオいくぞオオオ!」
ジャイアン「さあ来いのび太!」

ドラえもん、君が帰ったら部屋ががらんとしちゃったよ。でも・・・・・・すぐになれると思う。
だから・・・心配するなよドラえもん。

147 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 14:35:26 ID:QjekDyPV0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「そうか」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「そうか」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「そうか」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そうか」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

そうか

148 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 15:26:54 ID:RYUvs9bQ0
>>147
その発想は無かったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

149 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 15:42:03 ID:ZvNr157x0
そうか

150 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 16:01:38 ID:3UWt1wPK0
ヤマト「チクショオオオオ!! くらえ公明党! 新必殺政教分離斬り!」

151 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 16:21:17 ID:7pcLe/xP0
>>147
何も変わっていないように見せかけて要所要所を締めるそうかに飲んでいるミルクティーを
噴き出しそうになったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

152 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 16:35:09 ID:V7Ljhshb0
そうか

153 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 17:12:57 ID:pFoOY41b0
よく来たなそうかマスターベルゼバブ…待っていたような気がしたが別にそんな事はなかったぜ!

154 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 17:19:53 ID:XrQULLyY0
そうか

155 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 18:51:59 ID:wDvGNyFq0
最終話 ヤバイを胸に すべてを終わらせる時…! 億年て。小学生でも言わねぇよ、最近です。 NASA
ハッブル「チクショオオオオ!くらえ地球!新必殺何坪とか何?fとかを超越!」
地球「さあ来いハッブルウウ!オレは実は膨張しない。話のわかるヤツだぞオオ!」
(ザン)
地球「グアアアア!こ このザ・有限と呼ばれる四天王の地球が…こんな観測衛星に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
地球「グアアアア」
東京ドーム「地球がやられたようだな…」
部屋の廊下「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
通学路「ハッブルごときに負けるとはまじでヤバイよ、マジヤバイ」
ハッブル「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ハッブル「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで宇宙のいる無限の扉が開かれる!!」
宇宙「よく来たな観測マスターハッブル…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ハッブル「こ…ここが無限だったのか…!感じる…宇宙の約1ケルビン(摂氏で言うと−272℃)を…」
宇宙「ハッブルよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を観測するのに『有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりする』ことが必要だと思っているようだが…別にしなくても全然平気」
ハッブル「な 何だって!?」
宇宙「そして最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないので膨張しておいた あとは私を観測するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ハッブル「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは宇宙に出たらバナナで釘打つ暇もなく死ぬような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
宇宙「そうか」
ハッブル「ウオオオいくぞオオオ!」
宇宙「さあ来いハッブル!」
ハッブルの勇気が超偉いと信じて…! もっとがんばれ。超がんばれ!

156 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 21:25:57 ID:8+xuKywf0
最終話 復讐を胸に すべてを終わらせる時…! J・C第32巻は、発売未定です。 三浦建太郎
ガッツ「チクショオオオオ!くらえゾッド!新必殺凶戦士の鎧!」
ゾッド「さあ来いガッツウウ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ゾッド「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のゾッドが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ゾッド「グアアアア」
グルンベルド「ゾッドがやられたようだな…」
ロクス「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ソーニャ「人間ごときにやられるとは魔族の面汚しよ」
ガッツ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ガッツ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでグリフィスのいる鷹の団の扉が開かれる!!」
グリフィス「よく来たな烙印の戦士ガッツ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ガッツ「こ…ここが鷹の団だったのか…!感じる…グリフィスの魔力を…」
グリフィス「ガッツよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ベヘリット』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ガッツ「な 何だって!?」
グリフィス「そしてボイドや使徒はやせてきたので幽界へ戻しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ガッツ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある キャスカの記憶がもどるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
グリフィス「そうか」
ガッツ「ウオオオいくぞオオオ!」
グリフィス「さあ来いガッツ!」
ガッツの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

157 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 21:58:32 ID:F6q+qyE70
最終話 三矢の訓 犬HK大河ドラマは、1997年にやりました。 中国地方の覇者
隆元「チクショオオオオ!くらえ矢その一!新必殺音速スプリング曲げ!」
矢その一「さあ来い隆元オオ!オレは実はちょっと曲げただけで折れるぞオオ!」
(ポキッ)
矢その一「グアアアア!こ このザ・竹ひごと呼ばれる三傑の 矢その一が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
矢その一「グアアアア」
矢その二「矢その一が折られたようだな…」
矢その三「フフフ…奴は三本の中でも最弱…」
矢その二「戦国武将ごときに真っ二つにされるとは投擲武器の面汚しよ…」
元晴・隆景「くらええええ!」
(ポキッ、ぺキッ)
2本の矢「グアアアアアアア」
三兄弟「やった…ついにそれぞれが矢を折ったぞ…これで父 毛利元就のいる郡山城の扉が開かれる!!」
毛利元就「よく来たな息子たち…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
三兄弟「こ…ここが郡山城だったのか…!感じる…父 毛利元就の風前の灯し火を…」
毛利元就「息子たちよ…臨終の前に一つ言っておくことがある お前達は各自1本の矢を折って得意げなようだが…ここで折れないと話が続かないので矢には細工をして折れやすくしておいた」
三兄弟「な 何だって!?」
毛利元就「そして三本の矢の束は簡単に折られては困るので鉄パイプへすり替えておいた あとは結束の大切さに気付くだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
三兄弟「フ…上等だ…オレ達も一つ言っておくことがある 三本の矢を折ってしまっては褒められるどころか怒られるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
毛利元就「そうか」
隆景「ウオオオ兄弟争いはありませんンンン!」
毛利元就「隆景の言に従え!」
三兄弟の協力が毛利氏を栄えさせると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

158 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 22:45:58 ID:W2YpaZJN0
最終話 明日への扉 学園生活を終わらせる時… アニメ版「乙女はお姉さまに恋してる」は、好評放映中です。 キャラメルBOX
貴子「キイイイイ!くらいなさい奏さん!新・ツンデレラ斬!」
奏「さあ来いなのですよ貴子お姉さま!奏は実は頭のリボンを何よりも大切にしているなのですよ!」
(ザン)
奏「あわわわわ!こ このザ・リボンと呼ばれる下級生の奏が…こんな生徒会長に…お…お姉さま〜」
(ドドドドド)
奏「お姉さま〜」
由佳里「奏ちゃんがやられちゃったみたい…」
紫苑「フフフ…奏ちゃんは聖應女学院の下級生…」
まりや「貴子ごときに負けるなんてさすが聖應女学院のあがり症ね…」
貴子「これでもくらいなさい!」
(ズサ)
3人「キャアアアアア」
貴子「やった…ついにまりやさんを倒しましたわ…これで瑞穂さんのいる部屋の扉が開かれますわ!!」
瑞穂「よく来ましたね貴子さん…待っていました…」
(ギイイイイイイ)
貴子「こ…ここが瑞穂さんの部屋だったのですね…!感じますわ…瑞穂さんの美貌を…」
瑞穂「貴子さん…実は一つ言っておきたいことがあるんです 貴子さんは僕のことを女性だと思っているようですが…実は僕は男なんです!」
貴子「な 何ですって!?」
瑞穂「そして僕の本名は鏑木瑞穂で祖父の遺言のせいで女学院に女装して転校することになってしまったんです あと、僕はこれからどうしたらいいんだろう…」
(ゴゴゴゴ)
貴子「フ…上等ですわ…わたくしも一つ言っておくことがありますわ この部屋にものすごい早口で喋る幽霊がいるような気がしていましたが…べ、別にそんなことはありませんよね!」
瑞穂「あの…非常に言いにくいことなんですが… いますよ… 幽霊…」
貴子「……バタン(気絶)……」
瑞穂「た、貴子さん…しっかりしてください!」
貴子さんがエルダー・シスターになれると信じて…! お買い上げありがとうございました!

159 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 22:58:50 ID:V7Ljhshb0
最終話 鳴かぬなら すべてを終わらせる時…! 俳誌ホトトギスは、刊行中です。 正岡子規
ホトトギス「チクショオオオオ!くらえ家康!新必殺黙りこくり!」
家康「さあ来いホトトギスウウ!オレは実は鳴くまで待ち続けるぞオオ!」
(………)
家康「グアアアア!こ このザ・タヌキと呼ばれる初代将軍の家康が…こんな鳥に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
家康「グアアアア」
秀吉「家康がやられたようだな…
   フフフ…奴は幕府の中でも最弱…
   ホトトギスごとき鳴かせてみせられぬとは徳川家の面汚しよ…」
ホトトギス「くらええええ!」
(………)
秀吉「グアアアアアアア」
ホトトギス「やった…ついに猿と狸を倒したぞ…これで信長のいる安土城の扉が開かれる!!」
信長「よく来たなホトトギス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ホトトギス「こ…ここが安土城だったのか…!感じる…信長の魔力を…」
信長「ホトトギスよ…殺す前に一つ言っておくことがある お前は鳴かなければ『殺される』と思っているようだが…別に鳴いても殺す」
ホトトギス「な 何だって!?」
信長「そしてお前を殺し損ねるのも胸糞悪いので火縄銃を用意しておいた あとはお前を殺すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ホトトギス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 黙り過ぎて自分の鳴き声を忘れたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
信長「そうか」
ホトトギス「ウオオオいくぞオオオ!」
信長「さあ来いホトトギス!」
ホトトギスの命が救われることを信じて…! ご愛読ありがとうございました!

160 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 23:20:29 ID:EXzLeXt20
これはいい

161 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 23:25:57 ID:QjekDyPV0
そうか

162 :水先案名無い人:2006/12/05(火) 23:32:01 ID:l5evka+q0
よく来たなそうかマスターID:QjekDyPV0…待っていたぞ…

163 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 00:29:22 ID:izxOOZFg0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! SB続編は、発売未定です。 天ぷら
ヴェーネ「チクショオオオオ!くらえエンデ!蒼天弓ブルーブレイカー!」
エンデ「さあ来いヴェーネェェ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
エンデ「グアアアア!こ このザ・実行者と呼ばれるガイアキャンサーのエンデが…こんな天使に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
エンデ「グアアアア」
ジョシュア「エンデがやられたようだな…」
レオナ「フフフ…奴はガイアキャンサーの中でも最弱…」
ケイン「天使ごときに負けるとは元実行者の面汚しよ…」
ヴェーネ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヴェーネ「やった…ついにディザスティアを倒したぞ…これでエルのいる魂の揺檻への扉が開かれる!!」
エル「よく来たなセラフィックブルーヴェーネ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヴェーネ「こ…ここが魂の揺檻だったのか…!感じる…エルの死天使の卵を…」
エル「ヴェーネよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『Close With Tales』が必要だと思っているようだが…やっぱりなかったら倒せないような気がする」
ヴェーネ「な 何だって!?」
エル「そしてもうすぐHP30万を切りそうだから虚無と深遠のリフューズをしておいた あとはエンデンテ・ヴェルトを発動させるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヴェーネ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある エンデを倒せば全て終わる気がしていたが、別にただの通過点だったぜ!」
エル「そうか」
ヴェーネ「ウオオオいくぞオオオ!」
エル「さあ来いヴェーネ!」
ヴェーネの勇気が世界を救うと信じて…! プレイありがとうございました!

164 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 01:50:06 ID:BLAUc8Sm0
よく来たな創価マスター大作…待っていなかったぞ…

165 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 02:06:16 ID:xzAyOrWb0
>>159
これはワロタ

166 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 03:46:10 ID:MMacbi2M0
このオレのネタが華麗にスルーされているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

167 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 04:00:04 ID:xzAyOrWb0
>>166のネタにレスがつくと信じて・・・!

168 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 04:22:30 ID:lUWepuRO0
スルーしちゃったんだぜ!

169 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 04:23:06 ID:lSrf9jkc0
最終話 希望を胸に (これまでの)日本を終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 鬱クシイ国
アベ「チクショオオオオ!くらえモリ!新必殺音速火炎斬!」
モリ「さあ来い国民ンン!オレは実は数回発言しただけで辞めるぞオオ!」
(ザン)
モリ「グアアアア!こ このザ・蜃気楼と呼ばれる歴代総理のモリが…こんなマスコミ共に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
モリ「グアアアア」
オブチ(シンキロウがやられたようですな…)
ハシモト(フフフ…奴は歴代総理の中でも最低支持率…)
オブチ(マスコミごときに負けるとは総理の面汚しよ…)


アベ「やった…ついに前総理が解任したぞ…これでコイズミのいる自民党のポストが開かれる!!」
コイズミ「よく来たな政権マスターアベ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「い…今が政権交代の時期だったのか…!感じる…中韓の圧力を…」
コイズミ「アベよ…交代の前に一つ言っておくことがある お前は外交をよくするのに『靖国参拝』が不必要だと思っているようだが…別にしなくても叩かれる」
アベ「な 何だって!?」
コイズミ「そして郵政民営化を参議院に反対されたが衆議院を解散して強行しておいた あとは教育を改革するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アベ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレが再チャレンジ支援策にフリーター枠を組み込んでいたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
コイズミ「そうか」
アベ「ウオオオいくぞオオオ!」
コイズミ「さあ来いアベ!」
アベの新政権が日本を救うと信じて…! ご愛国ありがとうございました!

170 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 05:09:09 ID:34xRnI4U0
最終話 怒りを胸に すべてを訴える時…! グレイシーも、山なら楽勝です。 寺門ジモン
ジモン「チクショオオオオ!くらえ上島!新必殺熱湯風呂!」
上島「さあ来いジモンンン!オレは実は一回押されただけで落ちるぞオオ!」
(ザン)
上島「グアアアア!こ このザ・泣き芸と呼ばれる代表作無しの上島が…こんな筋肉馬鹿に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
上島「グアアアアくるりんぱ」
志村「上島が取り乱したようだな…」
南部虎弾「フフフ…奴はダチョウの中でも最弱…」
出川「ジモンごときに負けるとはリアクション芸人の面汚しよ…」
ジモン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ジモン「やった…ついに熊をも倒す最強の肉体を手に入れたぞ…これで肥後のいるリーダーの座が開かれる!!」
肥後「よく来たねネイチャージモン…うん、待ってたんだよね…」
(ギイイイイイイ)
ジモン「も…森本レオだったのか…!感じる…肥後のレパートリーを…」
肥後「ジモンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は笑いを取るのに『おでん』が必要だと思っているようだが…別になくてもテレビ的に問題無い」
ジモン「聞いてないよぉー」
肥後「そしてお前の放射能探知機は他の出演者に引かれるので破棄しておいた あとは山に籠るだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジモン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある この料理は甘くも辛くもないような気がしていたが別に美味くもなかったぜ!」
肥後「そうか」
ジモン「ウオオオいくぞオオオ!」
肥後「さあ来いジモン!」
上島「いやいやじゃあ俺がいくよ!」
2人「どうぞどうぞ」
ダチョウ倶楽部のギャグがカットされないことを信じて…! ご視聴ありがとうございました!

171 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 05:19:39 ID:JqPilbXQ0
♪まるで肉染みの欠片だわ
  街を閉ざすガラス色の脇

172 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 07:21:43 ID:sRCTKz040
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! サガフロンティア2は、発売中です。 スクエニ
ブルー「チクショオオオオ!くらえシャドウ!パワースナッチパワースナッチパワースナッチ!」
シャドウ「さあ来いブルーウウ!オレは実はAI頭悪いぞオオ!」
(ザン)
シャドウ「グアアアア!こ このザ・影と呼ばれる陰術守護者のシャドウが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
シャドウ「グアアアア」
朱雀「シャドウがやられたようだな…」
麒麟「フフフ…奴は術守護者の中でも最弱…」
ルージュ「双子の片割れごときに負けるとは守護者の面汚しよ…」
ブルー「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ブルー「やった…ついに全術の資質を得たぞ…これで地獄の君主のいる地獄への扉が開かれる!!」
地獄の君主「よく来たな術マスターブルー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ブルー「こ…ここが地獄だったのか…!感じる…地獄の君主の魔力を…」
地獄の君主「ブルーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『命術』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ブルー「な 何だって!?」
地獄の君主「そしてマジックキングダムは悪魔の巣窟だったのでお前の代わりにぶっ壊しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ブルー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレが本当の双子だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
地獄の君主「THE END」

173 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 07:27:44 ID:ZuGcsWsw0
>>171
こ、これが俺の大好きなF91のテーマ曲だったのか…!
感じる…171の誤爆を…

174 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 09:24:04 ID:kX73jEOI0
>>173
>肉染み
こ、これが誤植だったのか…!
感じる…171は誤爆じゃないことを…

175 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 10:08:43 ID:YtuLRpfz0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! SEED劇場版は、公開未定です。 福田満夫
シン「チクショオオオオ!くらえアスラン!新必殺斬艦刀!」
アスラン「さあ来いシンンン!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
アスラン「グアアアア!こ このザ・ホモと呼ばれる四天王のアスランが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
アスラン「グアアアア」
カガリ「アスランがやられたようだな…」
ムウ「フフフ…奴は四天王の中でも最ヘタレ…」
ラクス「デスティニーごときに負けるとはコーディネイターの面汚しよ…」
シン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
シン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでキラのいるエターナルの扉が開かれる!!」
キラ「よく来たなガンダムマスターシン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
シン「こ…ここがエターナルだったのか…!感じる…キラ・ヤマトの殺る気を…」
キラ「シンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は僕を倒すのに『種割れ』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
シン「な 何だって!?」
キラ「そしてレイ・ザ・バレルはやせてきたのでデュランダル議長のもとへ帰しておいた あとは僕を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
シン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは種死の主役だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
キラ「そうか」
シン「ウオオオいくぞオオオ!」
キラ「さあ来いシン!」
シンが主役に返り咲けると信じて…! ご視聴ありがとうございました!

176 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 11:33:37 ID:3yGQxsHz0
最終話 希望を胸に 金メダルを取得する時…! A・L・M男子マラソンの、放送は未定です。 アナウンサー
フーバー「チクショオオオオ!クラエ角田!新必マッハフレイムカット!」
角田「さあ来いフーバーアア!オレは実は一回給水出来なかっただけで死ぬぞオオ!」
(オトオオ)
角田「グアアアア!こ このザ・給水上手と呼ばれる先頭グループの角田が…こんな外人に…バ…バカなアアアアアア」
(ハァハァハァ)
角田「グアアアア」
大河原「角田がやられたようだな…」
笹山「フフフ…奴は先頭グループの中でも最弱…」
大河原「外人ごときに負けるとは日本選手の面汚しよ…」
フーバー「クラエエエエ!」
(ポコーーン)
2人「グアアアアアアア」
フーバー「ヤッタ…ツイニ日本人勢ヲ倒シタゾ…コレデ最終給水ポイントのアル給水所ノ道ガ開カレル!!」
給水ポイント(係員)「よく来たなマラソンマスターフーバー…待っていたぞ…」
(ガッシャアアアアアアアアアン)
フーバー「コ…ココガ給水ポイントだったのカ…!感ジル…給水ポイント(係員)の給水力を…」
給水ポイント(係員)「フーバーよ…給水の前に一つ言っておくことがある お前は
金メダルには『給水する事』が必要だと思っているようだが…別にしなくても取れる」
フーバー「ナ 何ダッテ!?」
給水ポイント(係員)「そしてお前の足がもつれ激突したせいで給水所は崩壊したので
残りの選手達もみな全滅した あとは誰かに金メダルを託すのみだなクックック…」
(NOオオオオオ!)
フーバー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレが
日本のマンガが大好キでキン肉マンの中でカナディアンマンが好きと資料にあった
ヨウナ気ガシテイタが別にソンナコトハなかったぜ!」
給水ポイント(係員)「そうか」
フーバー「NOオオオいくぞオオオ!」
給水ポイント(係員)「さあ来いフーバー!」
フーバー達の死の願い、棺桶の中に金メダルが投入されると信じて…! 
ご視聴ありがとうございました!


177 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 13:04:28 ID:mRH9qBBqO
憎しみじゃねえー!!
悲しみだあー!!

178 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 13:09:09 ID:yEwdow24O
そうか

179 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 14:56:08 ID:Qm7yQtG70
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! メタルヒーローシリーズ第2弾は、放映未定です。 東映
ギャバン「チクショオオオオ!くらえダブルマン!新必殺ギャバンダイナミック!」
ダブルマン「さあ来いキャバン!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ダブルマン「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる幹部のダブルマンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ダブルマン「グアアアア」
ハンターキラー「ダブルマンがやられたようだな…」
サン・ドルバ「フフフ…奴は幹部の中でも最弱…」
魔女キバ「宇宙刑事ごときに負けるとはマクーの面汚しよ…」
ギャバン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ギャバン「やった…ついに幹部を倒したぞ…これでドン・ホラーのいる魔空城の扉が開かれる!!」
ドン・ホラー「よく来たな宇宙刑事ギャバン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ギャバン「こ…ここが魔空城だったのか…!感じる…ドン・ホラーの魔力を…」
ドン・ホラー「ギャバンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『レーザースコープ』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ギャバン「な 何だって!?」
ドン・ホラー「そしてお前の父親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ギャバン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 伊賀電に宇宙刑事の素質があるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ドン・ホラー「そうか」
ギャバン「ウオオオいくぞオオオ!」
ドン・ホラー「さあ来いギャバン!」
ギャバンの勇気が地球を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

180 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 15:48:26 ID:8kELtuap0
>>169
ヤマトが混じっていたような気がするが、別にそんなことなかったぜ!

>>180
そうか

181 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 15:53:45 ID:zdSbmLT70
創価

182 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 16:01:40 ID:SG7otfRq0
最終話 家族の写真を胸ポケットに すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実はこの戦いが終わったら結婚するんだぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ この死ぬ確率は1%にも満たない四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バラ子オオオオオオ」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「おのれ〜!ええぃ、出合え!出合えーぃっ!!」
レツアーク「ここは俺にまかせて早く逃げろ!必ず戻ってくるから!」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…北斗七星の横にある星を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒さなければ世界は平和にならないと思ってるようだが…お前に勝ったら足を洗おうと思う」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親は犯罪者がいるかもしれないので自分の部屋に戻っていった あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは今まで目立たなかった脇役な気がしていたが急に目立ってきたぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

183 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 16:01:42 ID:wQIUwVAZ0
SOUKA

184 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 16:18:57 ID:1vxPrObH0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 機動武闘伝Gガンダムは、平成です。 夢野カケラ
ドモン「チクショオオオオ!くらえ東方不敗!新必殺爆熱ゴッドフィンガー!」
東方不敗「さあ来いドモオオン!ワシは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
東方不敗「グアアアア!こ このマスターアジアと呼ばれるデビルガンダム四天王の東方不敗が…こんな馬鹿弟子に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
東方不敗「グアアアア」
ミケロ「東方不敗がやられたようだな…」
アレンビー「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
チャップマン「ドモンごときに負けるとは四天王の面汚しよ…」
ドモン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ドモン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでデビルガンダムのいるデビルガンダムコロニーの扉が開かれる!!」
デビルガンダム「よく来たなドモン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
デビルガンダム「こ…ここがデビルガンダムコロニーだったのか…!感じる…デビルガンダムの魔力を…」
デビルガンダム「ドモンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『石破ラブラブ天驚拳』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ドモン「な 何だって!?」
デビルガンダム「そしてお前の彼女はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ドモン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに同じシャッフルの紋章を持った仲間がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
デビルガンダム「そうか」
ドモン「ウオオオいくぞオオオ!」
デビルガンダム「さあ来いドモン!」
ドモンの勇気が世界を救うと信じて…! 応援ありがとうございました!

185 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 16:42:07 ID:8kELtuap0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ヤマト「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ヤマト「グアアアア」
ヤマト「サイアークがやられたようだな…」
ヤマト「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ヤマト「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
ヤマト「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ヤマト「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ヤマト「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヤマト「な 何だって!?」
ヤマト「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ヤマト「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ヤマト「さあ来いヤマト!」
ヤマト「ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!」

186 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 16:52:59 ID:uOAW6jKgO
>>171の「脇」がスルーされているような気がしていたが、
別にそんなことはどうでもよかったぜ!

187 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 16:55:50 ID:5iIxlN3d0
>>182
死亡フラグ満載でワロタ

188 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 16:57:27 ID:yyfSQzw60
こ、ここがそうかのガイドラインだったのか…!感じる…次にくる「そうか」の一言レスを…

189 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 17:04:04 ID:+8S7MypF0
「そうか」の一言レスが来るような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

190 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 17:17:47 ID:TmDp2MZg0
そうか?

191 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 17:27:16 ID:I62ekneD0
まそっぷ

192 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 17:30:09 ID:Wm41A+ge0
カルドセプターsagaト 最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…!
 公式トーナメントは、開催時期未定です。 バンダイナムコ
ユーザー「チクショオオオオ!くらえスクイーズバグ!新必殺音速シャッター!」
スクイーズバグ「さあ来いユーザー!オレは実は使用しただけで止まるぞオオ!」
(カクッ)
スクイーズバグ「グアアアア!こ このザ・猿フリーズと呼ばれるスクイーズバグが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(カクカクカクカクカク)
スクイーズバグ「グアアアア」
オン切断バグ「スクイーズバグがやられたようだな…」
リプレイバグ「フフフ…奴はバグの中でも最弱…」
クリーピングバグ「素人ごときにバレるとはプログラマの面汚しよ…」
ユーザー「くらええええ!」
(バグ)
3人「グアアアアアアア」
ユーザー「やった…ついにバグを倒したぞ…これでプログラマのいるロケットスタジオの扉が開かれる!!」
ロケットスタジオ「よく来たなユーザー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ユーザー「こ…ここがロケットスタジオだったのか…!感じない…プログラマの能力を…」
ロケットスタジオ「ユーザーよ…プレイ前に一つ言っておくことがある お前はダイス目はランダムだと思っているようだが…ある程度予想できる」
ユーザー「な 何だって!?」
ロケットスタジオ「そして納期が迫ってきたのでデバッグ報告は無視しておいた あとは返品するだけだなクックック…」
(ガクガクガクガク)
ユーザー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 大宮ソフトとカルドセプトは神だと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ロケットスタジオ「そうか」
ユーザー「ウオオオいくぞオオオ!」
ロケットスタジオ「さあ来いユーザー!」
12月中旬のパッチがカルドを救うと信じて…! 御デバッグありがとうございました!


193 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 17:44:51 ID:w6Pxy7ND0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! マヴカプ続編は、未定です。 スタッフ
ロックマン「チクショオオオオ!くらえザンギエフ!ハイパーロックマン!!」
ザンギエフ「さあ来いロックウウ!オレは実は火を吹けるぞオオ!」
(ズガガガ)
ザンギエフ「グアアアア!こ このザ・レッドサイクロンと呼ばれる
        ロシアのザンギエフが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ザンギエフ「グアアアア」
ガンビット「ザンギエフがやられたようだな…」
シャドウレディ「フフフ…奴はストリートファイターの中でも最弱…」
リュウ「遠距離攻撃ごときに負けるとはストリートファイターの面汚しよ…」
ロックマン「ラッシュドリルウウウ!」
(ズガ)
3人「グアアアアアアア」
ロックマン「やった…ついに皆を倒したぞ…これでオンスロートのいる最終ステージの扉が開かれる!!」
オンスロート「よく来たなロックマン…待っていたぞ…」
(ヒュオオオオオ)
ロックマン「こ…ここが最終ステージだったのか…!感じないぞ…オンスロートの力を…」
オンスロート「ロックよ…戦う前に一つ言っておくことがある
        お前は私を倒そうと思っているようだが…
        既にロールちゃんに倒された」
ロックマン「な 何だって!?」
オンスロート「そしてお前の出番は終わったので勝手にスタッフロールを始めておいた あとは涙を流すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ロックマン「フ…上等だ…ボクも一つ言っておくことがある
       地球の平和はボクにしか守れないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
オンスロート「そうか」
ロックマン「ウオオオ泣くぞオオオ!」
オンスロート「さあ泣けロック!」
ロックの涙がプレイヤーを泣かすと信じて…! クリアありがとうございました!

194 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 18:50:20 ID:Rvp2+Nyc0
SOUKA

195 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 19:01:28 ID:SerjfXQm0
   r ‐、 
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   「良い子の諸君よ…戦う前に一つ言っておくことがある 
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l   早起きは『三文』の徳だと思っているようだが…
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  別に早起きしても本当に金が入ってくるわけでない。」
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |  「そして今のお金にすると60円くらいなので、寝てたほうがマシだなクックック…」
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  
|  irー-、 ー ,} |    /     i
| /   `X´ ヽ    /   入  |

196 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 19:14:01 ID:jKdbanj+O
ザ・ゴリラファイターさん…
いらしてたんですね…

197 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 19:21:33 ID:XX9m3cZeO
>>180
……やっちゃったんだぜ!

198 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 19:55:07 ID:sdigMedn0
発売日 希望を胸に konozamaを終わらせる時…! 予約された商品は、発送未定です。 Amazon
アマゾン「チクショオオオオ!くらえ購入者!発送遅延お知らせメール!」
Wii予約者「さあ来いWiiイイ!オレは実は一回ポチッたただけで安心するぞオオ!」
(ザン)
Wii予約者「グアアアア!こ このザ・マと呼ばれるアマゾンの発送が…こんな5日遅れに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
Wii予約者「グアアアア」
限定版予約者「Wii予約者がやられたようだな…」
初回特典予約者「フフフ…アレは人気商品の中でも最凶…」
早期購入特典予約者「遅延ごときでkonozamaとは利用者の面汚しよ…」
アマゾン「くらええええ!」
(ズサ)
予約者「グアアアアアアア」
アマゾン「やった…ついにキャンセルメールも送信したぞ…これで入荷見通しの甘さによる発送作業の遅れが取り戻せる!!」
熟練利用者「よく来たなkonozamaメール…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アマゾン「も…もう発売日がすぎていたのか…!感じる…利用者の機転を…」
熟練利用者「アマゾンよ…キャンセル前に一つ言っておくことがある お前は当日に着くのに『前日の発送』が必要だと思っているようだが…別にやっても遅れる」
アマゾン「な 何だって!?」
熟練利用者「そしてkonozamaの経験は散々してきたので最寄りの淀で予約しておいた あとは私がキャンセルするだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アマゾン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある この商品はすでに発送済みだったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
熟練利用者「そうか」
アマゾン「ウオオオ一斉キャンセルウウウ!」
熟練利用者「さらばだkonozama!」
入荷見通しの改善が予約者を救うと信じて…! ご利用ありがとうございました!

199 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 20:32:13 ID:0YovDfVO0
最終話 狂気と闇と 四回戦を終わらせる時…! 闘牌伝アカギ2は、放送未定です。 マッドハウス
アカギ「チクショオオオオ!くらえ新必殺無法のドラ単騎……!」
八木「さあ来いアカギィィ!オレは実は和了られただけでだけで自信無くすぞオオ……!」
(タン)
八木「グアアアア!こ このザ・電流が走る―!!と言われる裏プロの俺が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
八木「グアアアア」
市川「八木がやられたようだな…」
ニセアカギ「フフフ…奴は凡夫中でも最弱…」
浦部「ガキごときに負けるとは裏で巣くう雀プロの面汚しよ…」
アカギ「ロォォォン!」
(コッ)
3人「グアアアアアアア」
アカギ「ククク…ついに冷酷にならずとも勝てる奴らを倒したぞ…これで鷲巣邸の扉が開かれる!!」
鷲巣「よく来たな闇に舞い降りた天才アカギ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アカギ「こ…ここが鷲巣邸だったのか…!感じる…鷲巣の剛運の威力を…」
鷲巣「アカギよ…始める前に一つ言っておくことがある お前はわしを殺すのに鷲巣麻雀のレートを十倍アップが必要だと思っているようだが…別にしなくても破産する」
アカギ「な 何だって!?」
鷲巣「そして軍資金が尽きそうなので隠し預金を用意しておいた あとはわしを殺すだけだなカカカ…キキキ…コココ…」
(ゴゴゴゴ)
アカギ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある この闘牌がもう漫画じゃ10年経っても決着が付いてないがもう気にしては仕方ないぜ…!」
鷲巣「そうか」
アカギ「ククク…いくぞ………!」
鷲巣「さあ来いアカギ!」
アカギの闘牌が鷲巣を倒すと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

200 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 21:48:29 ID:jMJTTku60
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 獄門塾殺人事件の単行本は、発売中です。 キバヤシ
金田一「チクショオオオオ!くらえ道化人形!新推理ショー!」
真奈美「さあ来い金田一イイ!私は実はレイプされて人気が落ちたぞオオ!」
(ザン)
真奈美「グアアアア!こ このザ・社長夫人と呼ばれる元アイドルの安岡真奈美が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
真奈美「グアアアア」
桐江「安岡真奈美がやられたようだな…」
龍道「フフフ…奴はFile編犯人の中でも最弱…」
濱「スケベ高校生ごときに負けるとは犯人の面汚しよ…」
金田一「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
金田一「やった…ついに高遠に関わってきた犯人を倒したぞ…これで地獄の傀儡師の扉が開かれる!!」
高遠「よく来たなソードマスター金田一…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
金田一「こ…こいつが地獄の傀儡師だったのか…!感じる…高遠の魔力を…」
高遠「金田一よ…一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『マジック』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
金田一「な 何だって!?」
高遠「そして美雪はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
金田一「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは演劇部だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
高遠「そうか」
金田一「ウオオオいくぞオオオ!」
高遠「さあ来い金田一!」
金田一の推理力が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

201 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 23:27:56 ID:fBiWt0KF0

最終話 希望を胸に コロッケを揚げる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 藤子不二雄Q

みよ子「チクショオオオオ! くらえジャガイモ! 新必殺音速グニグニ撃!」
ジャガイモ「さあ来いみよ子オオ! オレは実は一回茹でただけで潰れるぞオオ!」
(グシャ)
ジャガイモ「グアアアア!こ このザ・主食と呼ばれる四材料のジャガイモが…こんな小娘に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
ジャガイモ「グアアアア」
タマネギ「ジャガイモがやられたようだな…」
ミンチ「ククク…奴は四材料の中でも最弱…」
コロモ「小坊ごときに負けるとは食材の面汚しよ…」
みよ子「くらえええ!」
(グニグニ)
3人「グアアアアアアア」
みよ子「やった…ついにコロッケを揚げたわ…これでコロちゃんのいる奇天烈城の扉が開かれる!!」
コロ助「よく来たナリね料理マスターみよ子…待っていたナリ…」
(ギイイイイイイ)
みよ子「こ…ここが奇天烈城だったのね…! 感じるわ…コロちゃんの食欲を…」
コロ助「みよ子よ…食べる前に一つ言っておくことがあるナリ お前はコロッケを食べるのに『ソース』が必要だと思っているようだが…別になくても食べれる」
みよ子「な 何ですって!?」
コロ助「そして勉三さんもぶかぶかしてきたので郷里の町へ解放しておいたナリ あとはわがはいを倒すだけナリねクックック…」
(ゴゴゴゴ)
みよ子「フ…上等ね…私も一つ言っておくことがあるわ このコロッケに野菜の千切りがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったわ!」
コロ助「そうナリか」
みよ子「ウオオオいくわよオオオ!」
コロ助「いただきますナリ!」

みよ子の料理が世界を救うと信じて…! ご賞味ありがとうございました!

202 :水先案名無い人:2006/12/06(水) 23:53:06 ID:1c7cUVNk0
>>200
木の棒持っても負けるような男がなにソードマスター宣言しちゃってんですかぁー!!

203 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 00:01:12 ID:WM/89rh70
最終話 〜HEAVEN〜 SWORD BREAKER第3巻は、発売未定です。 梅澤春人
ミコト「チクショオオオオ!くらえグルトニー!勝利の聖闘気(コロナ)!」
グルトニー「さあ来いミコトオオ!オレは実は盾をまとったパンチだけで死ぬぞオオ!」
(ドゴーン)
グルトニー「グアアアア!こ このザ・鬼畜と呼ばれる七剣邪のグルトニーが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
グルトニー「グアアアア」
グリード「グルトニーがやられたようだな…」
スロウス「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…ですよねェ…」
プライド「人間ごときに負けるとは魔人の面汚しよ…」
マスターズール「お前たちのデビルコアをもらう!」
(ズサ)
6人「グアアアアアアア」
ミコト「やった…ついに聖地ミネルバについたぞ…これでマスターズールのいる聖地ブリリアントへの扉が開かれる!!」
マスターズール「よく来たな勇者ミコト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ミコト「こ…ここが聖地ブリリアントだったのか…!感じる…ズールの魔力を…」
マスターズール「ミコトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに聖石を探す必要があると思っているようだが…別に探さなくてもここで手に入る」
ミコト「な 何だって!?」
マスターズール「そして七剣邪たちは残りの話数が少なくなってきたので俺の手で殺しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ミコト「フ…上等だ…僕も一つ言っておくことがある この僕には聖石の数だけ戦士が仲間になる気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
マスターズール「そうか」
ミコト「ウオオオいくぞオオオ!」
マスターズール「さあ来いミコト!」
ミコトのぬくもりが世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

204 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 00:05:15 ID:GTxTWRKg0
>>200
金で雇った奴らにレイプさせて結婚ってどんだけ神経図太いんだよとか思ったが別にそんなことはなかったぜ!

205 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 00:10:02 ID:ehlgdu/OO
そうか

206 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 01:15:17 ID:ayF9v2JG0
バロン   「さあ来いビィトオオ!俺は実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
バロン   「グアアアア!こ この天空王と呼ばれる俺が…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)

バロン   「グアアアア」
ヒスタリオ 「バロンがやられたようだな…」
ノア     「ククク…奴は七つ星の中でも最弱…」
ロディーナ 「人間ごときに負けるとは魔人の面汚しよ…」
ビィト    「くらえええ!」
(ズサ)
3人     「グアアアアアアア」

ビィト     「やった…ついに七つ星を4人も倒したぞ…
         これでベルトーゼのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルトーゼ 「よく来たなビィト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ビィト     「こ…ここがベルトーゼ城だったのか…!感じる…ベルトーゼの魔力を…」
ベルトーゼ 「ビィトよ…戦う前に一つ言っておくことがある
         お前は私を倒すのに『エクセリオンブレード』が必要だと思っているようだが…
         別になくても倒せる」
ビィト     「な 何だって!?」
ベルトーゼ 「そしてゼノン戦士団のメンバーはやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた
        あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ビィト     「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
         このオレに生き別れた兄がいるような気がしていたが
         別にそんなことはなかったぜ!」
ベルトーゼ 「そうか」
ビィト     「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルトーゼ 「さあ来いビィト!」
ビィトの勇気が暗黒の世紀を終わらせると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

207 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 04:57:47 ID:cgO4OjDu0
今月発売号にも載っていないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

208 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 06:03:53 ID:W18kmpeS0
第1話 希望を胸に すべてが始まる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!よけろサイアーク!古必殺鈍速氷結斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されても死なないぞオオ!」
(ザン)
ヤマト「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれるソードマスターのヤマトが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ヤマト「グアアアア」
ゴクアーク「ヤマトがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴はソードマスターの中でも最弱…」
レツアーク「魔族ごときに負けるとは人間の面汚しよ…」
サイアーク「くらええええ!」
(ズサ)
サイアーク「グアアアアアアア」
3人「やった…ついにサイアークを倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たな魔族マスター3人…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
3人「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「3人よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…本当になければ倒せない」
3人「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前達の両親は太ってきたので最果ての町へ解放しておいた あとは私に倒されるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
3人「フ…上等だ…オレ達も一つ言っておくことがある このオレ達に生き別れたボスがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
3人「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来い3人!」
3人の勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

209 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 06:33:43 ID:WJSBgFb80
>2のようつべからギャグマンガ日和に嵌っちゃったんだぜ!

210 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 07:59:31 ID:fEGfDD1O0
>>207
>>209
そうか

211 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 13:00:34 ID:m7lxyZa+0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマトの両親「チクショオオオオ!くらえベルゼバブ!新必殺音速火炎おむすび!」
ベルゼバブ「さあ来い両親ンンン!オレは実は聖なる石がなくても死ぬぞオオ!」
(ザン)
ベルゼバブ「グアアアア!こ このザ・ボスと呼ばれる魔王のベルゼバブが…こんな中年夫婦に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ベルゼバブ「グアアアア」
レツアーク「ベルゼバブ様がやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…あの方は魔王の割には最弱…」
ゴクアーク「捕虜ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマトの両親「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマトの両親「やった…ついにベルゼバブを倒したぞ…これでサイアークのいる魔龍城の出口が開かれる!!」
サイアーク「よく来たなソードマスターヤマトの両親…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマトの両親「こ…ここが魔龍城の出口だったのか…!感じる…サイアークのタフネスを…」
サイアーク「ヤマトの両親よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『10回刺す事』が必要だと思っているようだが…別に一回でも倒せる」
ヤマトの両親「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前等の息子は倒されていたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマトの両親「フ…上等だ…私達も一つ言っておくことがある この私達に生き別れた娘がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
サイアーク「そうか」
ヤマトの両親「ウオオオいくぞオオオ!」
サイアーク「さあ来いヤマトの両親!」
ヤマトの両親が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

212 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 15:52:52 ID:LMxi/NE/0
新しいw

213 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 17:43:14 ID:hpSGryTi0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! アルバートオデッセイ2は、黒歴史です。
アルバート「チクショオオオオ!くらえゴーレム!新必殺音速火炎斬!」
ゴーレム「さあ来いアルバートオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ゴーレム「グアアアア!こ このザ・ゴーレムと呼ばれるボスキャラのゴーレムが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ゴーレム「グアアアア」
マニアのペット「ゴーレムがやられたようだな…」
オズワルド「フフフ…奴はボスキャラの中でも最弱…」
グローバス「人間ごときに負けるとはボスキャラの面汚しよ…」
アルバート「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
アルバート「やった…ついにボスを倒したぞ…これでゴート王のいるゴート城の扉が開かれる!!」
ゴート王「よくやったなアルバート…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アルバート「こ…ここがゴート城だったのか…!感じる…王様の威厳を…」
ゴート王「アルバートよ…よくやってくれたと褒める前に一つ言っておくことがある お前はソファアといい雰囲気になる為には『グローバスを倒す事』が必要だと思っていたようだが…最初からいい雰囲気だった」
アルバート「な 何だって!?」
ゴート王「そしていつのまにか復活したうえ、増殖したラスボスがこの街を取り囲んでいる あとはノイマンが外に出るだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アルバート「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにその事を知らずに街の外に出てぶっ殺された親友がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ゴート王「そうか」
ノイマン「ウオオオいくぞオオオ!」
ゴート王・アルバート「さあ行けノイマン!」
グローバスが空気読んでくれると信じて…! ここまでのプレイありがとうございました!

214 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 18:08:29 ID:mxfQThpN0
フィーバー戦士ポップン14 最終話 譜面を胸に すべてにクリアマークをつける時…! ポップンミュージック15アドベンチャーは、稼動時期未定です。 KONAMI
プレイヤー「チクショオオオオ!くらえDDR!新必殺伝説地帯完全暗記!」
DDR「さあ来いプレイヤーアア!オレは実は後半はかなり楽になるぞオオ!」
(ザン)
DDR「グアアアア!こ このザ・ソフランと呼ばれる41四天王のDDRが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(FEVER!)
DDR「グアアアア」
ピラミッド「DDRがやられたようだな…」
アニメヒーローR「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ラメント「一般人ごときにクリアされるとは41四天王の面汚しよ…」
プレイヤー「くらええええ!」
(You're Cool!!)
3曲「グアアアアアアア」
プレイヤー「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでプログレッシブバロックEXのいるレベル42の扉が開かれる!!」
プログレッシブバロック「よく来たな音ゲーマスタープレイヤー…待っていたぞ…」
(Try The EX Stage!!)
プレイヤー「こ…ここがレベル42だったのか…!感じる…プログレッシブバロックの全体発狂+体力の総合難譜面を…」
プログレッシブバロック「プレイヤーよ…ハイスピードを設定する前に一つ言っておくことがある お前は私をクリアするのに『ソフラン耐性』が必要だと思っているようだが…別になくてもクリアできる」
プレイヤー「な 何だって!?」
プログレッシブバロック「そしてお前のe-AMUSEMENT PASSは筐体の上に置き忘れてあったので親切な客が店員に届けておいた あとは私をクリアするだけだなクックック…」
(Are You Ready?)
プレイヤー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このレベル42にお前より先にクリアするべき曲が大量にあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
プログレッシブバロック「そうか」
プレイヤー「ウオオオいくぞオオオ!」
プログレッシブバロック「さあ来いプレイヤー!」
プレイヤーの技術が譜面職人の想像を超えると信じて…! Thank You For Your Playing!

215 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 18:27:23 ID:2dut5bqN0
最終話 アイナ様を胸に すべてを終わらせる時…! 戦士達の軌跡の続編は、発売未定です。 バンダイ
ノリス「チクショオオオオ!くらえタンクモドキと人型!ヒートロッド!」
サンダース「さあ来いパイロットオオ!オレは真下にいるぞオオ!」
(ジュムジュムジュムジュムジュム)
サンダース「グアアアア!こ このザ・死神と呼ばれる08小隊のサンダースが…こいつはエースだアアアアアア!」
(ゴオオ)
サンダース&ガンタンク1&エレドア「グアアアア」
ガンタンク2「サンダース達がやられたようだな…」
カレン「フフフ…奴らは08小隊の中でも最弱…」
シロー「1機ごときに負けるとは小隊の面汚しよ…」
ノリス「くらええええ!」
(ジュムジュムジュムジュムジュムジュム)
3人「グアアアアアアア」
ノリス「やった…ついに人型を倒したぞ…あとタンクモドキを1機破壊すればケルゲレンの脱走が成功する!!」
ガンタンク3「よく来たなエースパイロットノリス…来てほしくなかったぞ…」
(ドクンドクンドクン)
ノリス「ヤ…ヤツが最後の一機だったのか…!感じる…何故か物凄い威圧感を…」
ガンタンク3「ノリスよ…戦う前に一つ言っておくことがある
        お前は私を強敵だと思って恐れているようだが…別に他のガンタンクと変わらん」
ノリス「な 何だって!?」
ガンタンク3「そして接近戦は苦手なので援護なしではどうしようもない あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ノリス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
    アイナ様の想い人を殺したような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ガンタンク3「そうか」
ノリス「ウオオオいくぞオオオ!」
ガンタンク3「さあ来いノリス!」
ノリスの勇気が作戦を成功させると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

216 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 18:28:23 ID:OYW25jJd0
>>206みたいに読みやすく書けよおまいら

217 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 18:33:09 ID:XdQN4gXy0
別に読みにくくなかったぜ!

218 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 19:08:36 ID:W18kmpeS0
そうだ

219 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 19:21:51 ID:aLGXiZ9X0
ウオオオ読むぞオオオ!

220 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 19:56:00 ID:wl8QizIO0
さあ来いネタ職人!

221 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 19:57:45 ID:T6Ie4Uee0
ネタ職人の改変が住人を笑わせると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

222 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 20:03:38 ID:D4X9QLjS0
超ド級戦士ジャスティス最終話 極上を胸に すべてを終わらせる時…! J・C第1巻は、発売未定です。 山根和俊
ジャスティス「チクショオオオオ!くらえカイゼル!サンダーストライク!」
カイゼル「さあ来いジャスティスウウ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
カイゼル「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれるネクロシスのカイゼルが…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
カイゼル「グアアアア」
アル「カイゼルがやられたようですわね…」
ティマ「フフフ…奴はネクロシスの中でも最弱…」
カーカス「戦士ごときに負けるとはネクロシスの面汚しよ…」
ジャスティス「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ジャスティス「やった…ついにネクロシスを倒したぞ…これでアルティマのいる死界魔城の扉が開かれる!!」
アルティマ「よく来たな戦士ジャスティス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ジャスティス「こ…ここが死界魔城だったのか…!感じる…アルティマの魔力を…」
アルティマ「ジャスティスよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『斬魔刀』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ジャスティス「な 何だって!?」
アルティマ「そしてエリーゼとかいう女はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジャスティス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにエリーゼとそっくりな仲間の戦士がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
アルティマ「そうか」
ジャスティス「ウオオオいくぞオオオ!」
アルティマ「さあ来いジャスティス!」
ジャスティスの正義が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

223 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 20:27:18 ID:PY2t77wO0
最終話 エクゾディアを海に 決勝戦を終わらせる時…! 昆虫族のカードは、イメージが悪いです。 高橋和希
羽蛾「チクショオオオオ!くらえ竜崎!新必殺音速火器付機甲鎧レベル5!」
竜崎「さあ来い羽蛾アア!ワイは実は後攻2ターン目で負けるぞオオ!」
(ドン★)
竜崎「グアアアア!こ このザ・数十万と呼ばれるレアカードのレッドアイズが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
竜崎「グアアアア」
梶木「竜崎がやられたようだな…」
絽場「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
骨塚「羽蛾ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
羽蛾「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
羽蛾「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで遊戯のいる島への船が出る!!」
遊戯「よく来たなインセクトマスター羽蛾…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
羽蛾「こ…ここが決闘者の王国だったのか…!感じる…遊戯の結束の力を…」
遊戯「羽蛾よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は城之内くん位にならと勝てると思っているようだが…イカサマしても倒せない」
羽蛾「な 何だって!?」
遊戯「そしてゴキボールはレアカードなんかじゃないので殺虫剤を喰らわせておいた あとはオレを倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
羽蛾「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある これでお前のモンスターは全て攻撃終了!ポイズン・バタフライの効果でお前のライフは0だ!
   ヒョ〜ッヒョッヒョッヒョやったー!俺の勝ちなような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
遊戯「そうか」
遊戯「ウオオオいくぞオオオ!」
羽蛾「さあ来い遊戯!」
とっくに羽蛾のライフは0と信じて…! ご愛読ありがとうございました!


224 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 21:49:49 ID:4Z5hUTsQ0
最終話 二刀流を胸に すべてを終わらせる時…! 戦国無双3は、発売未定です。 コーエー
武蔵「チクショオオオオ!くらえ兼続!新必殺最終無双奥義!」
兼続「さあ来い武蔵イイイイ!私は実はこの江戸城に火をつける意味はなかったんだぞオオ!」
(ザン)
兼続「グアアアア!こ このザ・義と呼ばれる上杉軍の兼続が…こんな武士に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
兼続「グアアアア」
景勝「兼続がやられたようだな…」
稲姫「フフフ…奴は徳川連合軍の中でも最弱…」
秀忠「豊臣軍ごときに負けるとは徳川の面汚しよ…」
武蔵「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
武蔵「やった…ついに徳川軍を倒したぜ…これで小太郎のいる脱出地点の扉が開かれる!!」
小太郎「よく来たな天下無双の宮本武蔵…待ってたぞ…」
(ギイイイイイイ)
武蔵「こ…ここが脱出地点だったのか…!感じる…小太郎の魔力を…」
小太郎「武蔵よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前らはここを脱出するのに『我を倒すこと』が必要だと思っているようだが…別に倒さなくても脱出できる」
武蔵「な 何だって!?」
小太郎「そして幸村と秀頼とその仲間はここにいる必要がないので退却させておいた あとは我を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
武蔵「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに顔が白くてキモいライバルがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
小太郎「そうか」
武蔵「ウオオオいくぜえええええ!」
小太郎「さあ来い…武蔵!」
武蔵の勇気が人を生かす剣を見つけると信じて…! とにかくありがとうございました!

225 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 22:00:43 ID:KiN/dVTn0
最終話 キノコを胸に すべてを終わらせる時…! スーパーマリオブラザーズ4は、発売未定です。 宮本茂
マリオ「チクショオオオオ!くらえジュゲム!新必殺ファイアーマリオ!」
ジュゲム「さあ来いマリオオオ!オレは実は一回踏まれただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ジュゲム「グアアアア!こ このザ・パイポと呼ばれる四天王のジュゲムが…こんな髭親父に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
ジュゲム「グアアアア」
ゲッソー「ジュゲムがやられたようだな…」
メット「ククク…奴は四天王の中でも最弱…」
ハンマーブロス「人間ごときに負けるとはカメ一族の面汚しよ…」
マリオ「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
マリオ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでクッパのいるクッパ城の扉が開かれる!!」
クッパ「よく来たなジャンプマスターマリオ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
マリオ「こ…ここがクッパ城だったのか…!感じる…クッパの吐息を…」
クッパ「マリオよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに全ステージクリアが必要だと思っているようだが…別にしなくても倒せる」
マリオ「な 何だって!?」
クッパ「そしてピーチ姫はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
マリオ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに緑色の弟がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
クッパ「そうか」
マリオ「ウオオオいくぞオオオ!」
クッパ「さあ来いマリオ!」
マリオの勇気がキノコ王国を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

226 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 22:05:56 ID:mxfQThpN0
>>225
スーパーマリオブラザーズ4は、スーパーマリオワールドです。

227 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 22:09:19 ID:lTpp66KY0
>>224
ケフカと小太郎ってそっくりじゃね?

228 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 22:13:39 ID:rkELawjB0
ケフカと小太郎がそっくりな気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

229 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 22:17:58 ID:T6Ie4Uee0
そうか

230 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 23:35:20 ID:t29vGnOO0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
(ザン)
サイアーク「このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークがこの程度の攻撃で死ぬと思ったか!?」
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
(ザン)
サイアーク「このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークがこの程度の攻撃で死ぬと思ったか!?」
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
(ザン)
サイアーク「このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークがこの程度の攻撃で死ぬと思ったか!?」
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
(ザン)
サイアーク「このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークがこの程度の攻撃で死ぬと思ったか!?」
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
(ザン)
サイアーク「このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークがこの程度の攻撃で死ぬと思ったか!?」
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
(ザン)
サイアーク「このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークがこの程度の攻撃で死ぬと思ったか!?」

ヤマトの忍耐が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

231 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 23:49:15 ID:oHt4Pc2Q0
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回そうかされただけで死ぬぞオオ!」
(そうか)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」

232 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 23:52:45 ID:OYW25jJd0
だからすし詰めじゃなく間を取って読み易く書け('A`)

233 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 23:55:13 ID:HAaGiiWU0
>>232よ…一つ言っておくことがある お前は読みやすくするのに間隔が必要だと思っているようだが…別になくても読みづらくない

234 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 23:56:18 ID:OYW25jJd0
>>233
ネタに乗ってやる気がないくらい死ぬほど読み辛い。

235 :水先案名無い人:2006/12/07(木) 23:59:18 ID:WJSBgFb80
最終話 狂饗を胸に すべてが終わる時…! F・Vビデオは、発売未定です。 巨大隕石

司会者「まずは演歌一筋三十年の大林一郎さんでアアアア! なぜ全裸なんですか!」
大林一郎「すっぱだカーニバルウウ! オレは実は演歌がウンコつきパフェの次に嫌いだぞオオ!」
(ザン)
大林一郎「すっぽんぽんぽこ! こ このザ・ハダカと呼ばれる四天王の大林一郎が…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)

大林一郎「ぽんぽこりん」
マジック三井「大林一郎がやられたようだな…」
二階堂「ククク…奴は四天王の中でも最弱…」
ケビン「司会者ごときに負けるとはセレヴの面汚しよ…」
司会者「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」

司会者「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで松山愛のいるアイドル城の扉が開かれる!!」
松山愛「よく来たなセレモニーマスター司会者…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
司会者「こ…ここがアイドル城だったのか…!感じる…松山愛の副流煙を…」
松山愛「ゴミ虫野郎よ…ちょっとゆーけどさ おめーは私がモク吸ってんのに『未成年』がどーのこーの言ってたけど…本当は25歳なんだよ」
司会者「な 何だって!?」
松山愛「そして私は休日に鼻クソをほじくってるし、パンツも三日間履き替えてない あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
司会者「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにヤケになった行為があったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
松山愛「そうか」
司会者「ウオオオいくぞオオオ!」
松山愛「さあ来い司会者!」
司会者の勇気が番組を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

236 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 00:01:22 ID:oHt4Pc2Q0
>>233「グアアアア」
ゴクアーク「自治厨にやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴はコピペ改変者の中でも最弱…」
レツアーク「マジレスごときに負けるとはガイドライナーの面汚しよ…」

237 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 00:01:39 ID:tBdHrqcy0
ID:OYW25jJd0よ…寝る前に一つ言っておくことがある
前スレはほとんど全てがスシ詰めで投下されていたが…別に問題はなかった
そしてお前の妙なこだわりのせいでスレの空気が悪くなってきたので、
「スシ詰めおk、新ネタ投下大歓迎」という方針で行くんだぜ!
あとは「悔しくないもん釣りだよバーカ」と顔を真っ赤にしてレスを打つだけだな…クックック

238 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 00:03:43 ID:WL+lcXoK0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレがID:OYW25jJd0だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

239 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 00:04:22 ID:/Ojn0c9yO
そうか

240 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 01:09:17 ID:sFa8VVoH0
第一話 ガンダム大地に立つ ガンダムを起動させる時…! HGUCジム・クゥエルは、1月発売です。 BANDAI
アムロ「チクショオオオオ!くらえコクピットハッチ!新必殺親父のパソコンで見たデータ!」
コクピットハッチ「さあ来いアムロオオ!オレは実は一回ハンドルを回されただけで開くぞオオ!」
(ガチャ ガコン)
コクピットハッチ「グアアアア!こ このザ・搭乗口と呼ばれるガンダムのコクピットハッチが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
コクピットハッチ「グアアアア」
学習型コンピューター「ハッチが開いたようだな…」
60mmバルカン砲「フフフ…奴はガンダムの仕様書の中でもごくあたりまえ…」
ビームサーベル「インドア少年ごときに使いこなされるとは最新メカの面汚しよ…」
アムロ「動けええええ!」
(ギュイィィィイン)
3人「グアアアアアアア」
アムロ「やった…ついにガンダムが起動したぞ…これで人類初のモビルスーツ戦の扉が開かれる!!」
ジーン「よく来たな起動戦士アムロ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アムロ「こ…これがジオンのザクか…!感じる…5倍のエネルギーゲインを…」
ジーン「アムロよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はザクを倒すのに『ビームライフル』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
アムロ「な 何だって!?」
ジーン「そしてスレンダーは命令を守っていったん帰還した あとはザクを2体倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アムロ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレならマニュアルを読んでいなくてもガンダムを一番上手く動かせる気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ジーン「そうか」
アムロ「ウオオオいくぞオオオ!」
ジーン「さあ来いアムロ!」
わかりやすい操縦マニュアルがアムロを救うと信じて…! 来週もまたみてね!

241 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 02:17:38 ID:mA+5JFzQ0
最終話 細いその肩を胸に 涙をキスで拭う時…! グラドスの刻印は、発動未定です。 ジュリア
エイジ「チクショオオオオ!くらえゴステロ!新必殺V-MAX!」
ゴステロ「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回殺されても生き返るぞオオ!」
(ザン)
ゴステロ「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる死鬼隊のゴステロが…こんな小僧に…の…脳がいてエエエエエエ」
(ドドドドド)
ゴステロ「グアアアア」
ゲティ「ゴステロがやられたようだな…」
ボーン「フフフ…奴は死鬼隊の中でも最弱…」
マンジェロ「混血ごときに負けるとはグラドスの面汚しよ…」
エイジ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
エイジ「やった…ついに死鬼隊を倒したぞ…これでル・カインのいるグラドスタワーの扉が開かれる!!」
ル・カイン「よく来たなエイジ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
エイジ「こ…ここがグラドスタワーだったのか…!感じる…ザカールのレッドパワーを…」
ル・カイン「エイジよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『V-MAX』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
エイジ「な 何だって!?」
ル・カイン「そしてお前の友人の策略によってグラドスタワーは占拠された あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
エイジ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 最終回直前に半殺しにされたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ル・カイン「そうか」
エイジ「ウオオオいくぞオオオ!」
ル・カイン「さあ来いエイジ!」
チャチャチャ ロンリウェーイ…! ご視聴ありがとうございました!

242 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 08:11:43 ID:5KwiUCAA0
草加

243 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 17:50:23 ID:5i2uOoDL0
最終話 希望を胸に 暗闇から出られる時…! C・J・C第1巻は、発売未定です。 小畑健
ラル「チクショオオオオ!くらえカゲ!グラド行くぞおお!」
カゲ1「さあ来いラルウウ!オレは実は剣を吐かれただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
カゲ1「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる増殖型の俺が…こんな寄生型に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
カゲ1「グアアアア」
カゲ2「あいつがやられたか…」
カゲ3「ククク…奴はカゲの中でも最弱…」
カゲ4「寄生型ごときに負けるとは増殖型の面汚しよ…」
ラル「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ラル「やった…ついにカゲを倒したぞ…これでミオ先生に女を教えてもらえる!!」
ミオ「やったのねラル…すごいわ…」
(ギイイイイイイ)
ラル「その声…あなたがミオ先生だったのか…!感じる…ミオ先生のような感じを…」
ミオ「ラル…女を教える前に一つ言っておくことがある あなたは私を女を教えてもらうのにカゲを倒す必要があると思っているようだが…別に倒さなくても教えてあげる」
ラル「な 何だって!?」
ミオ「そしてお前が戦ってる間にベッドの用意はしておいた あとは私とベッドで寝るだけねクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ラル「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある あんなカゲにグラドの火炎を使うまでも無い気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ラル「ウオオオいくぞオオオ!」
ミオ「さあ来なさいラル!」
ラルの勇気が童貞を捨てると信じて…! ご愛読ありがとうございました!


244 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 18:35:14 ID:CnnY8OGL0
小畑の新連載は18禁のような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

245 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 18:36:58 ID:rV7cFsI/0
そうか

246 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 18:54:17 ID:UQ9VQp4F0
1分ちょいでそうか入れるなんて自演のような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

247 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:02:20 ID:rV7cFsI/0
そうか

248 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:22:00 ID:uI5FQzkV0
ID:rV7cFsI/0がかなりのそうか使いのような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

249 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:22:10 ID:yGAhgSk60
そうか

250 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:22:28 ID:jkP7Gn/M0
三月○日 公立入試 すべてを終わらせる時…! 合格発表は未定です。 夢野高校
受験生「チクショオオオオ!くらえ社会!新必殺イウアウエオ!!」
社会「さあ来い受験生イイ!オレは実はほとんどが記号問題だぞオオ!」
(カリカリ)
社会「グアアアア!こ このザ・アンキと呼ばれる五教科の社会が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(キーンコーンカーンコーン)
社会「グアアアア」
数学「社会がやられたようだな…」
国語「フフフ…奴は五教科の中でも最も平均点が高い…」
理科「平均が60超えるとは五教科の面汚しよ…」
受験生「くらええええ!」
(カリカリ)
3教科「グアアアアアアア」
受験生「やった…ついに4限目が終わったぞ…これで英語のある5限目のチャイムがなる!!」
英語「よく来たな受験番号072…待っていたぞ…」
(キーンコーンカーンコン)
受験生「こ…これが英語のテストなのか…!感じる…長文の鬱陶しさを…」
試験監督「受験生よ…戦う前に一つ訂正がある お前は英語の問題に『リスニングテスト』があると思っているようだが…その装置は不良品が多いので取りやめになった」
受験生「な 何だって!?」
試験監督「そして英作文は採点が面倒なのでほかの問題にしておいた あとは長文読解だけだなクックック…」
(カリカリ)
受験生「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある オレは今手を上げてトイレに行きたかったがそんな勇気はなかったぜ!」
試験監督「そうか」
受験生「ウオオオいくぞオオオ!」
英語「さあ来い受験生!」
受験生が合格すると信じて…! お申し込みありがとうございました!

251 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:25:14 ID:3VJjtCQH0
フ…上等だ
そうか使いだけじゃなくて「〜ような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」使いまでもが
いつの間にか存在していたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

252 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:26:11 ID:yGAhgSk60
そうか

253 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:32:59 ID:4lThc8fk0
ウオオオ使うぞオオオ!

254 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:50:45 ID:1EleS1ql0
「そんなことはなかったぜ!」使いが存在すると信じて…! レスありがとうございました!

255 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 19:54:35 ID:s7BtUJxs0
最終話 5つ子大家族 全員を捕まえる時…! 取材は大歓迎です。 5つ子のいる家
ディレクター「チクショオオオオ! くらえ五介! 新必殺なめてんのか小僧斬!」
五介「さあ来いディレクターアア! オレは実は怒った猫のマネしかできないぞオオ!」
(ジジジジジ)
五介「グアアアア! こ このザ・四介と呼ばれる五男の五介が…こんなカメラマンに…キ…キエエエーーーイ!」
(ダダダダダ)
五介「キエエエーーーイ」
四介「五介が撮られたようだな…」
三介「フフフ…奴は5つ子の中でもヒヨッ子…」
二介「山本ごときに撮られるとは5つ子の面汚しよ…」
ディレクター「どすこいやあ!」
(ドオン)
三人「キシャアアア! 捕まっちゃった!」
ディレクター「やった…ついに四人撮ったぞ…これで一介のいる部屋の扉が開かれる!!」
一介「よく来たなカメラマスターディレクター…待っていたぞ…」
(ババババババ)
ディレクター(い…いつのまにこの部屋に入って来たんだ…!? 感じる…一介のスピードを…)
一介「ディレクターよ…ゲームを買ってもらう前に一つ言っておくことがある。お前は私を撮るのに『出演料』が必要だと思っているようだが…別に払っても撮らせない」
ディレクター「な 何だって!?」
一介「そしてカメラマンの山本は肩に怪我をしたので部屋の隅へ解放しておいた。あとは私を撮るだけだなクックック…」
(ブシュブシュブシュ)
ディレクター「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある。5つ子に四子という長女がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
一介「そうか」
ディレクター「ウオオオいくぞオオオ!」
一介「さあ来いディレクター!」
山本のアドバイスがディレクターを救うと信じて…! ご出演ありがとうございました!

256 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 21:42:43 ID:5i2uOoDL0
最終話 希望を胸に 21世紀を取り戻せ…! オトナ帝国の逆襲DVD版は、発売中です。 臼井義人
しんのすけ「チクショオオオオ!くらえ父ちゃん!ブリブリ攻撃!」
ひろし「さあ来いしんのすけえええ!オレは実は靴の匂いを嗅がされただけで元に戻るぞオオ!」
(ザン)
ひろし「くさっ!こ この異臭物と呼ばれる係長の野原ひろしが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
しんのすけ「父ちゃん…オラが分かる?」
ひろし「ああ…ああ…」
ケン「野原ひろしがやられたようだな…」
チャコ「フフフ…奴は大人の中でも最弱…」
ケン「子供ごときに負けるとは大人の面汚しよ…」
しんのすけ「くらええええ!」
(ズサ)
みさえ「くさっ!はっ」
しんのすけ「やった…ついに父ちゃん母ちゃんを元に戻したぞ…これで野原一家ファイヤーできる!!」
ケン「よく来たな坊主…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ひろし「こ…ここが20世紀博会場だったのか…!感じる…昔のにおいを…」
ケン「坊主…勝負の前に一つ言っておくことがある お前は大人たちを元に戻すのに『昔のにおい』を取り除く必要があると思っているようだが…別に取り除かなくても戻せる」
しんのすけ「な 何だって!?」
チャコ「そして大人たちは21世紀を生きると決めたので春日部へ解放しておいたわ あとは私たちとの勝負に勝つだけねクックック…」
(ゴゴゴゴ)
しんのすけ「フ…上等だぞ…オラも一つ言っておくことがある オラは大人になってお姉さんみたいに綺麗な人といっぱいお付き合いしたいと思っていたが別にそんなことはなかったぞ!」
ケン「そうか」
しんのすけ「野原一家ファイヤー!」
ケン「坊主、お前の未来返すぞ!」
しんのすけの勇気が未来を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

257 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 22:03:45 ID:AsdZs8buO
ネタを考えていたら先にやられた気がしたが、そんなことはなかったぜ!

258 :水先案名無い人:2006/12/08(金) 22:06:41 ID:G3JBuJx30
最終話 信念を胸に すべてを終わらせる時…! 文庫本第1巻は、発売未定です。 太宰治
メロス「チクショオオオオ!くらえ山賊!新必殺棍棒殴打!」
山賊「さあ来いメロス!オレは実は簡単に棍棒を取られるぞオオ!」
(ゴン)
山賊「グアアアア!こ このザ・マチブセと呼ばれる四天王の山賊が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
山賊「グアアアア」
犬「山賊がやられたようだな…」
小川「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
太陽「牧人ごときに負けるとは障害物の面汚しよ…」
メロス「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
メロス「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで王のいる城の扉が開かれる!!」
王「よく来たなショウジキマスターメロス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
メロス「こ…ここが城だったのか…!感じる…王の悧巧を…」
王「メロスよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は罪を許されるのに『日没前に着くこと』が必要だと思っているようだが…別にしなくても許される」
メロス「な 何だって!?」
王「そしてお前の親友は日没が近づいてきたので柱に磔ておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
メロス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 逃がした小鳥が帰ってくるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
王「そうか」
メロス「ウオオオ俺を殴れエエエエエエ!」
王「さあ来いメロス!」
メロスの勇気が親友を救うと信じて…! ご赤面ありがとうございました!

259 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 00:26:16 ID:5r5iotwf0
最終話 弾幕をこの手に すべてを終わらせる時…! 東方求聞史記は、発売未定です。 ZUN×松倉ねむ
霊夢「チクショオオオオ!くらえ妹紅!夢想封印!」
妹紅「さあ来い霊夢ウウ!私は実は一回ボムられただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
妹紅「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王の妹紅が…こんな小娘に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
妹紅「グアアアア」
フランドール「妹紅がやられたようだな…」
紫「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
萃香「人間ごときに負けるとはEXボスの面汚しよ…」
霊夢「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
霊夢「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで香霖のいる香霖堂の扉が開かれる!!」
香霖「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
霊夢「こ…ここが香霖堂だったのか…!感じる…香霖の褌力を…」
香霖「霊夢よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『サラシ』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
霊夢「な 何だって!?」
香霖「そして魔理沙はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
霊夢「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この私に以前一緒にいた亀がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
香霖「そうか」
霊夢「ウオオオいくぞオオオ!」
香霖「さあ来いヤマト!」
霊夢のスペルが幻想郷を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

260 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 00:30:34 ID:gYevVjVh0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! どろろ第1巻愛蔵版は、発売未定です。 手塚治虫
百鬼丸「チクショオオオオ!くらえ三郎太!新必殺百鬼真空陣!」
三郎太「さあ来い百鬼丸ウウ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
三郎太「グアアアア!こ このザ・成り上がりと呼ばれる賽の目の三郎太が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
三郎太「グアアアア」
四化入道「三郎太がやられたようだな…」
ミドロ号「フフフ…奴は48の魔神の中でも最弱…」
ぬえ「人間ごときに負けるとは妖怪の面汚しよ…」
百鬼丸「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
百鬼丸「やった…ついに48の魔神を倒したぞ…これで醍醐景光のいる醍醐城の扉が開かれる!!」
醍醐景光「よく来たな百鬼丸…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
百鬼丸「こ…ここが醍醐城だったのか…!感じる…醍醐景光の魔力を…」
醍醐景光「百鬼丸よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『48箇所の部位』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
百鬼丸「な 何だって!?」
醍醐景光「そしてお前の母はやせてきたので最寄りの村へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
百鬼丸「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた弟がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
醍醐景光「そうか」
百鬼丸「ウオオオいくぞオオオ!」
醍醐景光「さあ来い百鬼丸!」
百鬼丸の勇気が世の中を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

261 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 00:49:12 ID:54Pq+FP/0
>>259よ…お前はヤマトのネタを作るのに『置換機能』は必要ないと思っているようだが…
あったほうが作りやすい

262 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 00:59:42 ID:GIndwxv60
な 何だって!?

263 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 01:02:09 ID:h9PKSVSO0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)



ヤマト「死んでる…」

264 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 01:07:14 ID:ZXgzeqzk0
>>263
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」



ヤマト「死んでる…」

265 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 02:14:59 ID:oZDJwPPR0
両親の行方が気になるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

266 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 02:30:12 ID:Alimvn420
最終話 希望を胸に 未来に帰る時…! てんとう虫コミックス第6巻は、発売未定です。 藤子・F・不二夫
のびた「チクショオオオオ!くらえジャイアン!新必殺音速パンチ!」
ジャイアン「さあ来いのびたああ!オレは実は寝ぼけて外出するくせがあるんだぞオオ!」
(ザン)
ジャイアン「グアアアア!わ わかった俺の負けだ……ゆ…許せえええええ」
(ドドドドド)
スネオ「ジャイアンがやられたようだな…」
しずか「フフフ…奴は所詮ただのガキ大将…」
出木杉「のびたごときに負けるとはクラスの面汚しよ…」
のびた「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
のびた「やった…ついにジャイアンを倒したぞ…これでドラえもんが安心して未来に帰れる!!」
ドラえもん「よくやったなのびたくん…見ていたよ…」
(ギイイイイイイ)
のびた「み…見ていたのドラえもん…!勝ったよ…僕だけの力で…」
ドラえもん「のびたくん…帰る前に一つ言っておくことがある 君は僕が安心して帰るのにジャイアンに勝つことが必要だと思っているようだが…別に勝たなくても勝手に帰る」
のびた「な 何だって!?」
ドラえもん「でも僕がいなくなった後のことが心配なので押入れのなかにウソ800を置いていく あとは僕は未来に帰るだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
のびた「フ…上等だよ…僕も一つ言っておくことがある 君がいなくなったら部屋ががらんとして寂しくなる気がしていたがすぐに慣れると思うから心配するなよ!」
ドラえもん「そうか」
のびた「ウオオオさよならアアア!」
ドラえもん「さよならのびたくん!」
のびたの嘘でドラえもんが帰ってくると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

267 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 03:01:55 ID:4qJXMfN50
>>266に全米が泣いたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

268 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 05:56:34 ID:mY67pQ3w0
そしてお前は「そうか」というッ!!

269 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 06:02:37 ID:A0Bwq74w0
そうだ

270 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 08:06:55 ID:Lx0HTX6Y0
ついに前スレがdat落ちしたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

271 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 12:47:47 ID:Hp98tN4Y0
最終話 希望を胸に 日本を開国する時…! ギャグマンガ日和第1巻は、好評発売中です。 増田こうすけ
ペリー「チクショオオオオ!くらえ娘!新必殺ペリー拳奥義浦賀来航チョップ!」
コンテー「さあ来いペリーイイ!オマエは実ははっきりとは言えませんが舐められていることだけは確かだぞオオ!」
(ラジャ)
ペリー「グアアアア!こ このMAXなんだぞ!ワァ〜〜〜イ!マンボ!と呼ばれる提督のペリーが…こんな大尉に喉を…バ…バカなアアアアアア」
(ズムッ)
ペリー「グアアアア」
娘「パパがやられたようだな…」
一番チビの水兵「フフフ…奴は乗組員の中でも最弱…」
一番ガリガリの水兵「階級が下の奴ごときに負けるとは提督の面キノコよ…」
3人「くらええええ!」
(ボゴ)
ペリー「グアアアアアアア」
(20分にも及ぶ激しい修行の後)
ペリー「やった…ついにペリー拳を極めたぞ…これで私の尊敬も回復できる!!」
ユキちゃん「よく来たなペリー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ペリー「こ…コンテー大尉のヤギさんだったのか…!感じる…ユキちゃんの国書食べ力を…」
ユキちゃん「ペリーよ…戦う前に一つ言っておくことがある 日本人は暑くなると『国書だ』と連発すると思っているようだが…正しくは『酷暑』だ」
ペリー「な 何だって!?」
ユキちゃん「そして他の船は浦賀来航が面倒くさくなってきたので琉球でハブ対マングースを見物させておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ペリー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 今の私ならハブにも勝てる(毒なしなら)気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ユキちゃん「そうか」
ペリー「ウオオオいくぞオオオ!」
ユキちゃん「さあ来いマリオ!」
ペリーのペリー拳がペリービームを出せると信じて…! ご愛読ありがとうございました!


272 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 13:58:43 ID:bImZwOT/0
beatmaniaIIDX 13 DistorteD 最終話 譜面を胸に すべてを難抜けする時…! beatmaniaIIDX14GOLDは、一月くらいに稼動です。 KONMAI
ランカー「チクショオオオオ!くらえ穴白虎!新必殺オプションランダム!」
穴白虎「さあ来いプレイヤーアア!オレは実はランダムつけると恐ろしく簡単になるぞオオ!」
(ザン)
白虎「グアアアア!こ このザ・MAYAと呼ばれる四天王の白虎が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ヒューヒュー!)
白虎「グアアアア」
青龍「白虎がやられたようだな…」
朱雀「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
玄武「ランカーごときにクリアされるとは四天王の面汚しよ…」
ランカー「くらええええ!」
(AAA!!)
3曲「グアアアアアアア」
ランカー「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで嘆きの樹のいるカーディナルゲートが開かれる!!」
嘆きの樹「よく来たなトップランカー…待っていたぞ…」
(One More Extra!!)
ランカー「こ…ここがカーディナルゲートだったのか…!感じる…嘆きの樹の全体発狂+殺人階段の総合極悪譜面を…」
嘆きの樹「ランカーよ…SUD+を設定する前に一つ言っておくことがある お前は私をクリアするのに『穴冥安定』が必要だと思っているようだが…そっちの方が難しい」
ランカー「な 何だって!?」
嘆きの樹「そしてお前の腕前は私なんか余裕なので次回作にご期待くださいクックック…」
(Ready?)
ランカー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 次回作の路線変更についていけなくなったから引退しようと思ったが別にそんなことはなかったぜ!」
嘆きの樹「そうか」
ランカー「ウオオオいくぞオオオ!」
嘆きの樹「さあ来いランカー!」
tatshの悪ノリがプレイヤーの想像を超えると信じて…! To be next version!


273 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 15:14:12 ID:0xZk88I70
さっき、城でやったベルゼバブ凄かったです!不死身のサイアークがオッス連呼で
腹にぶちこまれ喚いてました。俺も串刺しにしてハッタリ食らい無様に
必殺技さらしました。残りの四天王出されたときは一瞬引いたけど、キョウアークの「フフフ…
奴は四天王の中でも最弱…」の一言で覚悟決め、生まれて初めて4連結しました。そ
の後、聖なる石・生き別れた妹も必要なくてビンビンの魔力、思いっきり感じて派手に魔龍城
の扉が開きました。スッゲー最後らしく気持ちよかったです。また戦うとき
待っていて下さい!帰ってから打ち切りの煽り文見て、また感じまくってます!

274 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 16:17:33 ID:GIndwxv60
BLUE DRAGONのCMで音速火炎斬している奴がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

275 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 17:19:10 ID:41Sf/R6E0
[ヤマト] 攻撃:35 素早さ:85 防御:68 命中:92 運:12 HP:215
[サイアーク] 攻撃:74 素早さ:25 防御:44 命中:99 運:37 HP:175

ヤマト vs サイアーク 戦闘開始!!
[ヤマト]の攻撃 HIT [サイアーク]は1のダメージを受けた。
[サイアーク]の攻撃 HIT [ヤマト]は84のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [サイアーク]は49のダメージを受けた。
[サイアーク]の攻撃 HIT [ヤマト]は25のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [サイアーク]は52のダメージを受けた。
[サイアーク]の攻撃 HIT [ヤマト]は87のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [サイアーク]は1のダメージを受けた。
[サイアーク]の攻撃 HIT [ヤマト]は46のダメージを受けた。
[サイアーク]が[ヤマト]を倒しました(ラウンド数:4)。

276 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 17:19:44 ID:GwyB7KEv0
そうか

277 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 18:07:10 ID:5fNQxraDO
MD5バトル厨uzee!ような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

278 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 18:10:38 ID:Yr2dFLyg0
[ヤマト] 攻撃:35 素早さ:85 防御:68 命中:92 運:12 HP:215
[ベルゼバブ] 攻撃:34 素早さ:33 防御:38 命中:63 運:82 HP:299

ヤマト vs ベルゼバブ 戦闘開始!!
[ヤマト]の攻撃 HIT [ベルゼバブ]は12のダメージを受けた。
[ベルゼバブ]の攻撃 HIT [ヤマト]は1のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [ベルゼバブ]は54のダメージを受けた。
[ベルゼバブ]の攻撃 HIT [ヤマト]は1のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [ベルゼバブ]は75のダメージを受けた。
[ベルゼバブ]の攻撃 HIT [ヤマト]は0のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [ベルゼバブ]は1のダメージを受けた。
[ベルゼバブ]の攻撃 HIT [ヤマト]は72のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [ベルゼバブ]は11のダメージを受けた。
[ベルゼバブ]の攻撃 HIT [ヤマト]は69のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [ベルゼバブ]は82のダメージを受けた。
[ベルゼバブ]の攻撃 HIT [ヤマト]は1のダメージを受けた。
[ヤマト]の攻撃 HIT [ベルゼバブ]は77のダメージを受けた。
[ヤマト]が[ベルゼバブ]を倒しました(ラウンド数:7)。
魔法のMD5 - MD5バトル http://www.newspace21.com/mix/btl.php

279 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 18:23:54 ID:NFRBQHel0
ベルゼバブ「なかなか来ないなソードマスターヤマト…待ちくたびれたぞ…」

280 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 21:08:54 ID:fNowWCSv0
ヤマトの両親「息子が助けに来てくれるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」

281 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 21:17:49 ID:9sN2D8tD0
そうか

282 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 21:38:09 ID:FKKub6pZ0
ウオオオやせるぞオオオオ!

283 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 21:41:10 ID:ZXgzeqzk0
ベルゼバブ「さあ働け両親!」

284 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 21:44:28 ID:Ixkb21N40
ヤマトの両親が最寄りの町へ解放されると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

285 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 22:12:34 ID:l/FgoFVr0
最終話 ぽんこつを胸に すべてを終わらせる時…! みずいろOVA版は、発売中です。 ねこねこソフト
健二「チクショオオオオ!くらえ進藤!新必殺延髄チョップ!」
進藤「さあ来い先輩イイ!私は実は一回チョップされただけで黙るぞオオ!」
(トス)
進藤「グアアアア!こ このザ・やかまと呼ばれるヒロインの進藤が…こんな先輩に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
進藤「グアアアア」
雪希「進藤がやられたようだな…」
清香「フフフ…奴はヒロインの中でも最弱…」
麻美「健二ごときに負けるとはヒロインの面汚しよ…」
健二「くらええええ!」
(トス)
3人「グアアアアアアア」
健二「やった…ついにヒロインを攻略したぞ…これで日和のいるクローゼットの扉が開かれる!!」
日和「よく来たな幼馴染のけんちゃんよ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
健二「こ…ここがクローゼットだったのか…!感じる…日和のへっぽこな声を…」
日和「けんちゃんよ…私のシナリオをプレイする前に一つ言っておくことがある お前は私を攻略するのに『妹のぱんつ』が必要だと思っているようだが…別になくても攻略できる」
健二「な 何だって!?」
日和「そしてクローゼットに隠したチョコは腐ってきたのでゴミの日に捨てておいた あとは私を攻略するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
健二「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに大学生の家庭教師がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
日和「そうか」
健二「ウオオオいくぞオオオ!」
日和「さあ来いけんちゃん!」
ねこねこソフトが再び活動すると信じて…! 今までありがとうございました!

286 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 22:25:29 ID:iZKG5IIH0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! S・C第1巻は、発売未定です。 夢野ウタ

ジュン「チクショオオオオ! くらえマイメロ! 新必殺音速流れ弾き!」
カケル「さあ来いジュン! オレは実は夢野が好きで萌え死ぬぞオオ!」
  (ギャン)
カケル「グアアアア! こ このザ・ショタと呼ばれる四天王のカケルが…こんなDQNに
      …バ…バカなアアアアアア」
  (ドドドドド)

カケル「グアアアア」
白山「カケルがやられたようなんだな…」
ミキ「ウフフ…あの子は四天王の中でも最ヘタレ…」
マナ「DQNごときに負けるとは夢中の面汚しや…」
ジュン「くらええええ!」
  (ズァン)
3人「グアアアアアアア」

ジュン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでウサミミ仮面のいる兄貴の部屋の扉が開かれる!!」
ウサミミ仮面「よく来たなDQNマスタージュン…待っていたぞ…」
  (ギイイイイイイ)
ジュン「こ…ここが兄貴の部屋だったのか…! 感じる…ウサミミ仮面の恥じらいをw」
ウサミミ仮面「ジュンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに皆の嘲笑が
         必要だと思っているようだが…別になくても充分恥ずかしい」
ジュン「な 何だって!?」
ウサミミ仮面「そして双子の執事は面倒なので出演を自粛させておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
  (ゴゴゴゴ)
ジュン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに厭味たらしい兄がいたような
     気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ウサミミ仮面「そうか」
ジュン「ウオオオいくぞオオオ!」
ウサミミ仮面「さあ来いジュン!」
ジュンの勇気が世界を救うと信じて…! ご覧いただきありがとうございました!

287 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 22:25:38 ID:uTYaHndH0
オナニーは滅茶苦茶気持ちよかったような気がしていたが
別にそんなことはなかったぜ!


288 :286:2006/12/09(土) 22:32:02 ID:iZKG5IIH0
夢野「小島さん、非道いっスよコレ! >286の3行目! この『マイメロ』って何ですか!?」
担当「やっちまったんだぜ☆」

289 :水先案名無い人:2006/12/09(土) 23:52:28 ID:J8B/D6sx0
フ…上等だ
てっきりマイメロが小暮を盾にしたんだと思っていたが
本人に否定されたようだぜ!

290 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 00:17:26 ID:/Haq0wuU0
そうか

291 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 00:39:57 ID:gY9sv0UK0
バクくんが主役になれると信じて・・・! まだまだ続くよ!

292 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 00:55:42 ID:8UKUnhSh0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! S・C最終巻は、発売未定です。 青山剛昌
コナン「チクショオオオオ!くらえジン!腕時計型麻酔銃!」
ジン「さあ来いコナアアアン!オレは実は一回撃たれただけで眠るぞオオ!」
(プチッ)
ジン「グアアアア!こ このザ・アニキと呼ばれる黒づくめのジンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ジン「ZZZ…」
キャンティ「ジンがやられたようだな…」
ウォッカ「フフフ…兄貴は組織の中でも最弱…」
ベルモット「クールガイごときに負けるとは組織の面汚しよ…」
コナン「くらええええ!」
(プチップチップチッ)
3人「ZZZ…」
コナン「やった…ついに黒づくめの奴らを倒したぞ…これで黒の組織は壊滅だ!!」
アガサ「よく来たな名探偵コナン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
コナン「は…博士が黒幕だったのか…!感じる…アガサ博士の正体を…」
アガサ「コナンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は自分が元に戻るのに『アポトキシン4869のデータ』が必要だと思っているようだが…別になくても元に戻れる」
コナン「な 何だって!?」
アガサ「そして目覚めた水梨玲奈が勝手に自主したので組織の者は皆警察に連行されてしまった あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
コナン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは実は高校生名探偵の工藤新一だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
アガサ「そうか」
コナン「ウオオオいくぞオオオ!」
アガサ「さあ来いコナン!」
真実はいつも一つだと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


293 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 01:38:02 ID:7Wz1a6N70
漫画内の効果音はプスッだったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

294 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 01:50:35 ID:zHbzrlxy0
そうか

295 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 03:41:51 ID:kO5u8K910
>>293
お前はプチッが『針の刺さる音』だと思っているようだが・・・ >>292は時計を弄る音だろう

296 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 03:43:16 ID:yFNWprDr0
な 何だって!?

297 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 05:27:39 ID:iJH7bg2T0
そして水梨玲奈は自主ではなくて自首させておいた あとは私を倒すだけだなクックック…

298 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 08:52:01 ID:NVVSD9Ai0
ゴゴゴゴ
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある コナンは金田一少年のパクリだと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!

299 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 08:52:59 ID:83ZpPdN30
そうか

300 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 09:25:46 ID:UaohEiaY0
ウオオオ謎はすべて解けたぞオオオ!

301 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 09:58:18 ID:Q8HwsH090
クロミ「チクショオオオオ!くらえダジャレ親父!新必殺音速メロディー・キー!」
雅彦「さあ来いクロミイイ!オレは実は一回滑ッただけでヘコむぞオオ!」
(ザン)
雅彦「グアアアア!こ このダ・ジャレと呼ばれる夢野家の雅彦が…こんなぬいぐるみに…ダ…ダレジャあアアアアアア」
(ドドドドド)
雅彦「グアアアア」
琴「お父さんがやられたようだね…」
歌「フフフ…お父さんは夢野家の中でも最寒…」
秦「ダジャレごときで挑むとは父親の面汚しよ…」
クロミ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
クロミ「やった…ついに夢野家を倒したぞ…これでマイメロのいる魔龍ランドの扉が開かれる!!」
マイメロ「よく来たわねクロミちゃん…待っていたわ…」
(ギイイイイイイ)
クロミ「こ…ここが魔龍ランドだったのか…!感じる…マイメロの悪意を…」
マイメロ「クロミちゃん…メッの前に一つ言っておくことがあるわ アナタは私を倒すのに『黒音符』が必要だと思っているようだけど…別にあっても無理よ」
クロミ「な 何だって!?」
マイメロ「そしてマリーランドの大臣は憑かれていたので最寄りの牢へ投獄しておいたわ あとは私がメッするだけねクックック…」
(ゴゴゴゴ)
クロミ「フ…上等だ…アタイも一つ言っておくことがある このアタイに付き従ってたナスビがいたような気がしていたが別にそんなことはなかったよ!」
マイメロ「そう」
クロミ「ウオオオいくぞオオオ!」
マイメロ「さあ来てクロミちゃん!」
クロミの勇気が宿敵を倒すと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

302 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 09:59:20 ID:STGjGbo30
このスレでわかった事

ヤマトは生き別れた妹の事を忘れる外道
サイアークはドM
ゴクアークは中の人が担当の小島さんと同一人物
レツアークは面汚し
ベルゼバブは優しいおじさん

303 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 10:00:10 ID:5lTPqTqA0
そうか

304 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 10:02:58 ID:46x/wTDE0
キョウなんとかとかいう雑魚が勝手に混じってたような気がしていたが別にそんな事はなかったぜ!

305 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 10:09:48 ID:UDZJ90DR0
そうか

306 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 10:35:57 ID:zlizqPAf0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
ベルゼバブ「ククク…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでキョウアークのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
キョウアーク「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…キョウアークの魔力を…」
キョウアーク「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヤマト「な 何だって!?」
キョウアーク「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
キョウアーク「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
キョウアーク「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

307 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 11:03:43 ID:7wfD8myXO
違和感を感じた気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

308 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 11:05:10 ID:YxfnB2KW0
そうか

309 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 14:30:36 ID:SBPHd/PQ0
最終話 絶望を胸に すべてを終わらせる時…! 七夕じゃないからツリーに短冊吊るしてんじゃねえです。 12月24日辺り
毒男「チクショオオオオ!くらえクリスマスツリー!新必殺音速跳び膝蹴り!」
クリスマスツリー「さあ来い毒男オオ!オレは実は一回倒されると自分で立てないぞオオ!」
(ザン)
クリスマスツリー「グアアアア!こ このザ・着ぐるみと呼ばれる四天王のクリスマスツリーが…こんなニートに…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
クリスマスツリー「グアアアア」
サンタクロース「クリスマスツリーがやられたようだな…」
トナカイ「フフフ…奴はかぶりものの中でも最弱…」
ケーキ売り子「ヒッキーごときに負けるとは日雇いバイトの面汚しよ…」
毒男「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
毒男「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでクリスマスイベントは台無しのはず!!」
クリスマス「よく来たなキモオタプー毒男…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
毒男「こ…ここがイベント会場だったのか…!感じる…クリスマスの華やかさを…」
クリスマス「毒男よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を電通の陰謀だと思っているようだが…単に日本人はお祭り好き」
毒男「な 何だって!?」
クリスマス「そしてお前を煽るため いちゃつくカップル達を最寄りの町へ解放しておいた あとは非情な現実に打ちのめされるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
毒男「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに彼女がいるような気がしていたが別に三次元じゃなかったぜ!」
クリスマス「そうか」
毒男「ウオオオいくぞオオオ!」
クリスマス「さあ来い毒男!」
毒男の怒りがクリスマスを倒すと信じて…! 来年からこのイベントなしにしようぜ!

310 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 17:39:22 ID:LAi1bYas0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ロマンシング・サガ4は、発売未定です。 スクウェア
ユリアン「チクショオオオオ!くらえアウナス!新必殺分身剣!」
アウナス「さあ来いユリアアアン!オレは実は
セルフバーニングがなくても楽に倒せるぞオオ!」
(ザン)
アウナス「グアアアア!こ このザ・瞬殺と呼ばれる四魔貴族のアウナスが…
こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
アウナス「グアアアア」
アラケス「アウナスがやられたようだな…」
ビューネイ「フフフ…奴は四魔貴族の中でも最弱…」
フォルネウス「人間ごときに負けるとは魔貴族の面汚しよ…」
ユリアン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ユリアン「やった…ついに四魔貴族を倒したぞ…これでサラのいるアビスゲートが開かれる!!」
サラ「よく来たわねソードマスターユリアン…どうして来たの!」
(ギイイイイイイ)
ユリアン「こ…ここがアビスだったのか…!感じる…破壊の力を…」
破壊するもの「ユリアンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに
四魔貴族本体の撃破が必要だと思っているようだが…別にしなくても倒せる」
ユリアン「な 何だって!?」
破壊するもの「そして私を倒しても一見バッドエンディングのようだが、リセットは押すな。
あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ユリアン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
このオレと一緒に駆け落ちした姫がいたような気がしていたが
別にそんなことはなかったぜ!」
破壊するもの「そうか」
ユリアン「ウオオオいくぞオオオ!」
破壊するもの「さあ来いユリアン!」
ユリアンの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

311 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 19:03:08 ID:zR0Vm0QM0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 同世界観での続編は、発売未定です。 スタッフ

コロナ「いくわよオオオオ!くらいなさい牛人間!ジャンプ攻撃!」
ミノタウロス「さあ来いコロナ姫エエ!オレは実は踏まれただけで負けるぞオオ!」
(ボン)
ミノタウロス「グアアアア!こ このザ・鋼の肉体と呼ばれる魔王の部下のミノタウロスが…こんな小娘に…
        バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ミノタウロス「グアアアア」
ケンタウロス「ミノタウロスがやられたようだな…」
ハーピー「フフフ…奴は魔王の部下の中でも最弱…」
サンタ「姫ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
コロナ「ええええい!」
(ドム)
3人「グアアアアアアア」
コロナ「やった…ついに魔王の部下たちを倒したわ…これで魔王のいる別次元への扉が開かれる!!」
魔王「よく来たなコロナ姫…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
コロナ「こ…ここが魔王の居城だったの…!感じる…魔王の魔力を…」
魔王「コロナよ…戦う前に一つ言っておくことがある
    お前は私を封印するのに『3つの精霊石』が必要だと思っているようだが…別になくてもできる」
コロナ「な 何ですって!?」
魔王「そしてお前の父親は苦しそうなので呪縛を解いておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
コロナ「フ…上等よ…私も一つ言っておくわよ!
     一度あなたに負けて姿を小さくされたような気がしていたけど別にそんなことはなかったわ!」
魔王「そうか」
コロナ「ウオオオいくわよオオオ!」
魔王「さあ来いコロナ!」
ドラえもんのゲームとしての面影はどこにもないと感じて…! クリアありがとうございました!

312 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 19:20:24 ID:NVVSD9Ai0
長い行は改行すると見やすいかと思ったが別にそんなことはなかったぜ!

313 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 19:51:27 ID:Q8HwsH090
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時のような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野そうか
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬のような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアアな気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ゴクアーク「サイアークがやられたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱のような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しのような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ヤマト「そうか」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア別にそんなことはなかったぜ!」
ヤマト「そうか…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!!」

314 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 19:54:53 ID:Q8HwsH090
ベルゼバブ「そうかよく来たなソードマスターヤマト…待っていたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「そうか…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力のような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうかヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別にそんなことはなかったぜ!」
ヤマト「そうか」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ! あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「そうか…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマトの勇気が世界を救うような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ! ご愛読ありがとうございました!

315 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 20:14:05 ID:gWW7v7T50
>>313-314
面白かったが途中でパターンが読めるとそれ以降読む気がしなくなった
ような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

316 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 20:17:00 ID:mV/7fmLo0
そうか

317 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 20:27:20 ID:CSLY6LOJ0
>>311
昔遊んだような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

318 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 20:45:05 ID:EVz22f8+0
そうか

319 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 20:54:59 ID:yFNWprDr0
ここのネタは他スレで使ったほうがウケるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!


320 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 21:22:19 ID:/Haq0wuU0
そうか

321 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 21:37:31 ID:sZefl0ka0


322 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 22:05:43 ID:uaxmyRiP0
最終話 決戦!サルーイン! RS2リメイクは、発売未定です。 河津秋敏
グレイ「チクショオオオオ!くらえストライフ!新必殺音速火炎斬!」
ストライフ「さあ来いグレイイイ!オレは実は一回イド・ブレイクされただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ストライフ「グアアアア!こ このザ・パッションと呼ばれるミニオンのストライフが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ストライフ「グアアアア」
ワイル「ストライフがやられたようだな…」
ヘイト「フフフ…奴はミニオンの中でも最弱…」
マリーン「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
グレイ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
グレイ「やった…ついにミニオンを倒したぞ…これでサルーインのいるラストダンジョンの扉が開かれる!!」
サルーイン「よく来たなカタナマスターグレイ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
グレイ「こ…ここがラストダンジョンだったのか…!感じる…サルーインの魔力を…」
サルーイン「グレイよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『デスティニー・ストーン』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
グレイ「な 何だって!?」
サルーイン「そしてテオドールはやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
グレイ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに別れた仲間がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
サルーイン「そうか」
グレイ「ウオオオいくぞオオオ!」
サルーイン「さあ来いグレイ!」
グレイの勇気がマルディアスを救うと信じて…! ここまでのプレイありがとうございました!

323 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 23:15:28 ID:tvEHQVpK0
最終話 憂鬱を胸に 会社に出勤する時…! 次の土曜日は、120時間後です。 俺
俺「チクショオオオオ!くらえ火曜日!新必殺音速仕事仕上げ!」
火曜日「さあ来い俺エエエ!平日は実はあと3日あるぞオオ!」
(00:00)
火曜日「グアアアア!こ このジャンプ発売日と呼ばれた平日の火曜日が…こんな時間に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
火曜日「グアアアア」
水曜日「火曜日がやられたようだな…」
木曜日「フフフ…奴は一週間の中でも最地味…」
金曜日「残業させずに自宅に帰らせるとは平日の面汚しよ…」
俺「くらええええ!」
(00:00)
水木金「グアアアアアアア」
俺「やった…ついに平日をやり過ごしたぞ…これで土曜日のいる休日の扉が開かれる!!」
月曜日「よく来たなサラリーマン俺…待っていたぞ…」
(00:00)
俺「も…もう月曜日になるのか…!感じる…憂鬱の始まりを…」
月曜日「俺よ…平日を始める前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『有給』が必要だと思っているようだが…もう使い果たした」
俺「な 何だって!?」
月曜日「そして休日は終わったので五日後までお預けだ あとは平日を働くだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
俺「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 今年の年末は休める気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
月曜日「そうか」
俺「ウオオオいきたくないぞオオオ!」
月曜日「さあ来い俺!」
政府が月曜日を休日にすると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

324 :水先案名無い人:2006/12/10(日) 23:22:05 ID:OIkobLP20
そうか

325 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 00:52:20 ID:vWktufjy0
ジャンプ発売日は月曜だった気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

326 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 00:53:54 ID:F3szFDep0
そうか

327 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 00:57:44 ID:RJ1cApDb0
サザエ「ようやく終わったなちびまるこ…サザエでございます…」
(オサカナクワエタドラネコ)
視聴者「サ…サザエさんが始まったのか…!感じる…休日の終わりを…」


火曜日にもサザエさんが放送されていたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

328 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 00:58:09 ID:Aadh4z+m0
そうだな

329 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 01:14:59 ID:kIk/x2xt0
ウオオオ休むぞオオオ!

330 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 01:47:52 ID:AwR6mgPz0
会社に来いヤマト!

331 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 01:50:47 ID:kTb6cVQF0
>>310
このオレはアラケスのほうが弱かった気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

332 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 02:20:59 ID:t7ahhNt50
インペリアルクロスの前衛でパリィばかりしていたような気がしていたが
別にそんなことはなかったぜ!

333 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 02:26:45 ID:Aadh4z+m0
ソウジ

334 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 02:36:07 ID:vWktufjy0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! さるかに合戦第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
猿「チクショオオオオ!くらえ栗!新必殺音速火炎斬!」
栗「さあ来い猿ウウ!オレは実は囲炉裏の中にかくれているぞオオ!」
(ザン)
栗「グアアアア!こ このザ・パチンとはじける木の実の栗が…こんな猿に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
栗「グアアアア」
蜂「栗がやられたようだな…」
臼「フフフ…奴は我々の中でも最弱…」
牛の糞「猿ごときに負けるとは死んだ母蟹に顔向けできんよ…」
猿「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
猿「やった…ついに侵入者を倒したぞ…これで柿の木のある蟹の庭への道が開かれる!!」
子蟹「よく来たな猿…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
猿「や…やはり蟹の仕業だったのか…!感じる…俺に対する怨みを…」
子蟹「猿よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は母蟹を殺すのに『半熟の柿』が必要だと思っていたようだが…別になくても殺せた」
猿「な 何だって!?」
子蟹「そして柿の木は蟹には実が取ることが出来ないのでハサミでチョキンとちょん切っておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
猿「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある さるかに合戦とか言っておきながら蟹は戦っていないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
子蟹「そうか」
猿「ウオオオいくぞオオオ!」
子蟹「さあ来い猿!」
子蟹の勇気が母の仇をとると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

335 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 02:50:04 ID:kIk/x2xt0
かめの中に突っ込んだ猿の手を潜んでいた子蟹が挟んでいたような気がしたが
そういう場面は確実にあったぜ!

336 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 03:36:31 ID:RW0eInwO0
そうか

337 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 04:47:45 ID:D7ec+zY+0
最終話 スナイドルを手に かちあい弾を作る時…! ラストサムライの元ネタは、佐賀の乱です。 西郷隆盛
薩摩藩士「チクショオオオオ!くらうけん大阪八連隊!新必殺近接滅多切り!」
大阪八連隊兵士「さあ来るんや芋侍!わてらは実はイタリア軍以上に負けやすいんやでええ!」
(ザン)
大阪八連隊兵士「グアアアア!こ このザ・ヘタレと呼ばれる大阪八連隊が…こんな薩摩の芋侍に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
大阪八連隊兵士「グアアアア」
広島兵「ギギギ・・・八連隊がやられたようじゃのう…」
鎮台兵「ククク…奴らは帝国陸軍の中でも最弱…」
乃木「逆賊ごときに負けるとは無敵皇軍の面汚しよ…」
薩摩藩士「くらうばい!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
薩摩藩士「やった…ついに乃木から軍旗パクってきたけん…これで警視庁抜刀隊のおでましでごわす!!」
抜刀隊員「よく来たべ会津の仇薩摩の芋侍…待っていたべ…」
(ギイイイイイイ)
薩摩藩士「こ…こいつらが抜刀隊だったでごわすか…!感じる…旧会津藩士の恨みと怨念を…」
抜刀隊員「芋侍よ…戦う前に一つ言っておくことがあるだ おめはオラを倒すのに『覚悟の玉砕』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せねぇだ」
薩摩藩士「な 何だって!?」
抜刀隊員「そして鹿児島は桜島しかない田舎に没落しちまっただ あとは海軍に逃げるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
薩摩藩士「フ…上等じゃ…ワシも一つ言っておくことがあるけん 薩摩芋の起源は中米だったような気がしとったが別にそんなことはなかったでごわす!」
抜刀隊員「そうか」
薩摩藩士「ウオオオいくぞオオオ!」
抜刀隊員「さあ来いヤマト!」
薩摩藩士の勇気が不平士族を救うと信じて…! ご決起ありがとうございました!

338 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 04:52:01 ID:D7ec+zY+0
最後の抜刀隊員のセリフがヤマトになってしまったような気がしていたが別にそんな事はなかったぜ!

339 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 04:55:04 ID:RW0eInwO0
そうか

340 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 05:00:15 ID:px1bfdnK0
何か薩摩弁と九州弁がごっちゃになっているような気がしていたが別にそんな事はなかったぜ!

341 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 05:43:32 ID:yaA5I+U10
そうか?

342 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 10:15:56 ID:IouKd1i00
最終話 野望を胸に すべてを終わらせる時…! 甲陽軍艦は、発売未定です。小幡景憲
信長「チクショオオオオ!くらえ馬場信春!新必殺音速三段撃ち!」
馬場信春「さあ来い信長アア!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
馬場信春「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四名臣の馬場信春が…こんな火縄銃ごときに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
馬場信春「グアアアア」
山県昌景「美濃殿がやられたようだな…」
内藤昌豊「フフフ…奴は四名臣の中でも最高齢…」
高坂昌信「尾張のうつけごときに討たれるとは武田家の面汚しよ…」
信長「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
信長「やった…ついに四名臣を倒したぞ…これで勝頼のいる躑躅ヶ崎館の扉が開かれる!!」
勝頼「よく来たな鉄砲マスター信長…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
信長「こ…ここが躑躅ヶ崎館だったのか…!感じる…勝頼の魔力を…」
勝頼「信長よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は武田を滅ぼすのに木曽義昌の寝返りが必要だと思っているようだが…別に寝返らなくても滅びる」
信長「な 何だって!?」
勝頼「そして甲府も危険になってきたので小山田領を通り北条領内に逃げることにした あとは再起を図るだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
信長「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 家康の息子信康が武田に内通していたと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
勝頼「そうか」
信長「ウオオオいくぞオオオ!」
勝頼「さあ来い信長!」
信長の野望が日本を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

343 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 10:51:50 ID:zwX47h5K0
三段「撃ち」なのに効果音が(ザン)とか(ズサ)なのはおかしいような気がしていたが
別にそんなことはなかったぜ?

344 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 11:21:08 ID:coeyKFFf0
そうか?

345 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 13:13:40 ID:THIH5qTnO
C・Y・C ↑顔文字に見えた気がしたが、別にそんなことはなかったぜ!

346 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 13:22:49 ID:THIH5qTnO
改行をしたつもりだったが、別にそんなことはなかったぜ!

347 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 13:53:19 ID:0wl5NeK80
そうね

348 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 19:19:40 ID:j3OIMaHR0
 最終話 蝶の形のアザが肩に 服を脱がせる時…! ポートピア連続殺人事件の犯人は、ヤスです。 ほりいゆうじ
ヤス 「チクショオオオオ! くらえこみや! 新必殺たたけ→ここだよ、ここ!」
こみや 「さあ来いヤスウウ! ワシは実は一回叩かれただけで自白するぞオオ!」
(ボカ! ガス!)
こみや 「グアアアア! こ このザ・ワシはやってないと呼ばれる守衛のこみやが…こんな犯人に…ひいいっやめてくれ…言うからアア」
(よべ→ひらた、ゆきこ、かわむら)
こみや 「飲みに行ってたんじゃ。 ワシは…ワシは…」
ひらた 「こみやが喋ったようだな…」
ゆきこ 「フフフ…奴は容疑者の中でも最弱…」
かわむら 「犯人ごときに自白するとは容疑者の面汚しよ…」
ヤス 「さあ、言うんだ!」
(ボカ! ガス!)
三人 「グアアアアアアア」
ヤス 「やった…ついにアリバイを吐かせたぞ…これでとしゆきのいるとしゆきのへやの扉が開かれる!!」
としゆき 「よく来たな犯人ヤス…待っていたぞ…」
(としゆきのへやです)
ヤス (こ…ここがとしゆきのへやだったのか…! 感じる…としゆきの※15も覚えられない頭の悪さを…)
としゆき 「ヤスよ…尋問を受ける前に一つ言っておくことがある。
      お前はオレを逮捕するのに『めも』と『つつみ』が必要だと思っているようだが…別にオレを逮捕しなくても事件は解決する」
ヤス 「な 何だって!?」
としゆき 「そしてお前の両親はおじきのせいで死んだので犯人はヤス。 あとはオレを逮捕するだけだなクックック…」
(なにかとれ→ふく)
ヤス 「フ…上等だ…ぼくも一つ言っておくことがある。 このぼくに秘書の妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
としゆき 「そうか」
ヤス 「ウオオオ脱ぐぞオオオ!」
としゆき 「犯人はヤス!」
 犯人はヤスなことを皆が知っていると信じて…! ボス、みごとなそうさでした!

349 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 20:48:32 ID:nBL9x4Pd0
たけしの挑戦状以来のなつかしゲームがきちゃったぜ!!

350 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 23:13:45 ID:cgcuNLHs0
最終話 丸太を胸に すべてを終わらせる時…! 彼岸島PS3版は、発売未定です。 松本光司
明「チクショオオオオ!くらえ兄貴!新必殺音速丸太斬!」(ハァハァ)
篤「さあ来い明アア!オレは実は一回潰されただけで死ぬぞオオ!」(ハアハアハア)
(ドン)
篤「グアアアア!こ このザ・アニキと呼ばれる兄貴の宮本篤が…こんな弟に…バ…バカなアアアアアア」(ハアハア)
(ドドドドド)
篤「グアアアア」(ハアハアハアハア)
サカナ野郎「篤がやられたようだな…」(ハーハー)
太郎「フフフ…奴は吸血鬼の中でも最弱…」(ハッハッ)
姫「人間ごときに負けるとは吸血鬼の面汚しよ…」(ハァハァ)
明「くらええええ!」(ハアハア)
(ドゴッ)
3匹「グアアアアアアア」(ハァハァ)
明「やった…ついに邪鬼(オニ)を倒したぞ…これで雅のいる館の扉が開かれる!!」(ハァハァハァ)
雅「よく来たな丸太マスター明…待っていたぞ…」(ハアハア)
(ギイイイイイイ)
明「こ…ここが雅の館だったのか…!感じる…雅の不死を…」(ハッハッハッ)
雅「明よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『501ワクチン』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」(ハアハァ)
明「な 何だって!?」(ハァハァハァハァ)
雅「そしてお前の仲間はやせてきたので最寄りの里へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」(ハーハー)
(ゴゴゴゴ)
明「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに死に別れた兄貴がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」(ハァハァ)
雅「そうか」(ハアハァ)
明「ウオオオいくぞオオオ!」(ハッハッハッ)
雅「さあ来い明!」(ハアハアハア)
明の丸太が島を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

351 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 23:45:56 ID:kZgSlv7k0
こんなこともあろうかと味噌を用意してきた気がしたが、別にそんなことはなかったぜ!

352 :水先案名無い人:2006/12/11(月) 23:50:21 ID:vWktufjy0
最終話 希望を胸に 舞踏会で踊る時…! シンデレラ第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
シンデレラ「チクショオオオオ!くらえ義母様!廊下拭き!」
義母「さあ来いシンデレラアアア!私は実は今夜お城の舞踏会に行くぞオオ!」
(ザン)
義母「グアアアア!こ このザ・イジワルと呼ばれる未亡人の義母が…こんな小娘に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
義母「グアアアア」
長女「お母様がやられたようだな…」
次女「フフフ…奴は家族の中でも最弱…」
三女「灰かぶりごときに負けるとは母の面汚しよ…」
シンデレラ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
シンデレラ「やった…ついに義母様と義姉さん達を倒したわ…これで舞踏会の行われるお城の扉が開かれる!!」
魔女「よく来たなシンデレラ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
シンデレラ「こ…ここがお城だったのね…!感じる…魔女の魔力を…」
魔女「シンデレラよ…舞踏会に行く前に一つ言っておくことがある お前は城へ行くのに『かぼちゃの馬車』が必要だと思っているようだが…別になくても行ける」
シンデレラ「な 何ですって!?」
魔女「そして12時になったらお前にかけた魔法は解けてしまう それまでに城から抜け出すことだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
シンデレラ「フ…上等よ…私も一つ言っておくことがある お城から出る時にガラスの靴を落としてしまうような気がするけど別にそんなことはないわ!」
魔女「そうか」
シンデレラ「ウオオオいくぞオオオ!」
王子「さあ踊ろうシンデレラ!」
シンデレラの勇気が舞踏会を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

353 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 02:29:19 ID:ErHuUlfl0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! かってに改蔵第27巻は、発売未定です。 久米田康治
砂丹「チクショオオオオ!くらえ秀才塾生!新必殺音速暗殺拳!」
秀才塾生「さあ来い砂丹!オレは実は小倉優子好きで薄っぺらいぞオオ!」
(ザン)
秀才塾生「グアアアア!こ このザ・インテリと呼ばれる秀才塾生の俺が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
秀才塾生「グアアアア」
番長学園生「秀才塾がやられたようだな…」
元天才塾生「フフフ…奴はとらうま高校を狙う者の中でもグレートダウン…」
NEO天才塾生「2号ごときに負けるとは敵役の面汚しよ…」
砂丹「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
砂丹「やった…ついに敵を倒したぞ…これで天才総統のいるNEO天才塾の扉が開かれる!!」
天才総統「よく来たな坪内砂丹…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
砂丹「こ…ここがNEO天才塾だったのか…!感じる…天才総統の力を…」
天才総統「砂丹よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『アルティメットライン』を超える必要があると思っているようだが…別に超えなくても倒せる」
砂丹「な 何だって!?」
天才総統「そして美人で有名なクラス委員の山田さんはやせてきたので最寄りの町へ焼きそばパンを買いに行かせておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
砂丹「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレには双子の兄がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
天才総統「そうか」
砂丹「ウオオオいくぞオオオ!」
天才総統「さあ来い砂丹!」
地丹「また裏で勝手に話進めやがって…!ご愛読ありがとうございました!」

354 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 02:37:15 ID:fmp005j7O
ヤマト「原作では開いた口がふさがっていないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」

355 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 12:24:19 ID:x+4Q7p8+O
そうか

356 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 13:16:02 ID:K6XGp4L70
ttp://music.atomic-fire.com/mp3/src_exe_bcgp/12%20-%20Strong%20Opponent.mp3
↑インティクリエイツ製のなんかのゲームの曲。

これの00:40あたりが
アニメ版ソードマスターのオープニングの出だしに似てて笑った…ら鼻がモg

357 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 18:31:08 ID:0fVmqSjZP
最終話 すべてを終わらせる時・・・!

播磨「チクショオオオオ!くらえイギリス野郎!小林尽ブッ殺す!」
マックス「さあ来いジャップ!オレは実は関節ワザ決めるだけで倒せるぞオオ!
グアアアア!こ この狂犬と呼ばれるマックスが・・・こんなジャップに・・・
バ・・・バカなアアアアアアア グアアアア」
「マックスがやられたようだな・・・」
「フフフ・・・奴は留学生の中でも最弱・・・」
「日本人ごときに負けるとはイギリスの面汚しよ・・・」

「くらええええ!」
「グアアアアア」」
播磨「やった・・・ついに留学生どもを倒したぞ・・・これで」
ショーン「ハリマよ・・・戦う前に一つ言っておくことがある。
お前は沢近と付き合うのに俺を倒すことが必要だと思っているようだが・・・別に俺は設定的になかったことにされる」
播磨「な、何だって?」
ショーン「そしてお前のクラスメイトの女子たちははべらせたあとホテルへ解放しておいた。
あとは俺を倒すだけだなクックック・・・」
播磨「フ・・・上等だ・・・。オレも一つ言っておくことがある。
天満ちゃんは烏丸とくっつくような気がしていたが、まだオレに希望が残ってるらしいぜ!(沢近談)」
ショーン「そうか」
播磨「ウオオオいくぞオオオ!」
ショーン「さあ来い、ジャップ!」

修学旅行編ご愛読ありがとうございました!



358 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 19:14:49 ID:efIvbn6s0
ピンポンマスターヒロム  
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 第1巻は、発売未定です。 江尻立真
ヒロム「チクショオオオオ!くらえ柊十吾!新必殺!」
十悟「さあ来いヒロムウウ!オレは実は一回点入れられただけで精神が折れて負けるぞオオ!」
(スパーン)スマッシュの音
十悟「グアアアア!こ このザ・オサゲと呼ばれる王華学園1年の柊十悟が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
十悟「グアアアア」
坊主「十悟がやられたようだな…」
監督「フフフ…奴は王華の中でも最弱…」
眼鏡「久勢北ごときに負けるとは王華の面汚しよ…」
ヒロム「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヒロム「やった…ついに王華の連中を倒したぞ…これで王華主将と戦える!!」
相馬「よく来たなピンポンマスターヒロム…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヒロム「も…もう主将が来ていたのか…!感じる…ロシナンテのよだれの匂いを…」
相馬「ヒロムよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は王華と久勢北に因縁があると思っているようだが…別にたいしたものではない」
ヒロム「な 何だって!?」
相馬「そしてお前んトコのマネージャー(?)はそっちの部員が部外者と言って追い出したらしい。もう出番は無い。 あとはオレを倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヒロム「フ…上等です…ボクも一つ言っておくことがあります 
男装少女が先輩の妹と言う伏線とか、ボクとの恋愛フラグとかがあった気がしてましたが別にそんなことはありませんでした!」
相馬「そうか」
ヒロム「ウオオオいくぞオオオ!」
相馬「さあ来いヒロム!」
ヒロムの勇気で全国優勝を取れると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

359 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 22:15:36 ID:P0ArZA700
知らないネタでもつい「そうか」の部分だけはチェックしてしまう

360 :水先案名無い人:2006/12/12(火) 22:17:28 ID:LtMHyBa60
そうか

361 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 00:10:02 ID:JSyu05OLO
オレのソードをスマター

362 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 00:32:04 ID:/UDvGog70
>>361がすべったようだな…

363 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 00:35:24 ID:SjNg79cM0
フフフ…奴はスレの中でも最寒…

364 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 00:35:24 ID:tXcMEwih0
フフフ…>>361は釣り師の中でも最弱…

365 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 00:38:37 ID:tXcMEwih0
>>363
364「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ケコーンしないようリロードもしていたが、秒まで一緒じゃどうしようもなかったぜ!」

366 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 00:39:53 ID:1gNKCZ7T0
創価

367 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 01:20:22 ID:8PWT4svP0
そんなことよりよりも>>361から変な匂いがする(精子くさい)

368 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 01:22:32 ID:ovLNQ7On0
>>361
全然面白くないです



全然面白くないです。


369 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 01:25:12 ID:dEGnbD0p0
最終話 マイクを右手に すべてを演奏する時…! 1stシングルは、発売未定です。 ヴィジョンファクトリー
w-inds「チクショオオオオ!くらえKAT-TUN!フォーエバーメモリーズ!」
KAT-TUN「さあ来いw-inds!オレは実は赤西が抜けたぞオオ!」
(ザン)
KAT-TUN「グアアアア!こ このザ・ギリギリでいつも生きていたいジャニーズのKAT-TUNが…こんなヴィジョンファクトリーに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
KAT-TUN「グアアアア」
TOKIO「KAT-TUNがやられたようだな…」
KinKi Kids「フフフ…奴らはジャニーズの中でも最弱…」
SMAP「ヴィジョンファクトリーごときに負けるとはジャニーズの面汚しよ…」
w-inds「くらええええ!」
(ズサ)
3組「グアアアアアアア」
w-inds「やった…ついにジャニーズを倒したぞ…これでタモリのいるMステに出演できる!!」
ジャニー喜多川「よく来たなw-inds…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
w-inds「こ…ここはジャニーズ事務所だったのか…!感じる…ジャニー喜多川のホモ力を…」
ジャニー喜多川「w-indsよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前らは歌番組に出演するのに『ジャニーズタレント』と一緒に出ないことが必要だと思っているようだが…別に一緒じゃなくても出させない」
w-inds「な 何だって!?」
ジャニー喜多川「そしてMステでは山下智久がマイクを倒したので口パクがばれてしまった あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
w-inds「フ…上等だ…オレ達も一つ言っておくことがある WaTはジャニーズのような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ジャニー喜多川「そうか」
w-inds「ウオオオいくぞオオオ!」
ジャニー喜多川「さあ来いヤマト!」
w-indsの歌声がTVで流れると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

370 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 02:05:05 ID:foE2ldow0
>>361
グアアアア!こ この鉄壁仮面と呼ばれる超無口の俺が・・・こんな下ネタに・・・バ・・・バカなアアアアアア

371 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 02:13:32 ID:skZSerup0
>>361 361だけに寒いと言ったら弁解できるような気がしていたが余計に寒くなりそうだぜ!

372 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 02:31:02 ID:NOYs6c1S0
そうか

373 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 02:46:45 ID:E14nd0sr0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ダ・カーポVは発売未定です。Circus

毒男「チクショオオオオ!くらえダ・カーポ 必殺! 美少女ゲーム攻略集!」
D.C.「さあ来い毒男オオ!オレは実は一回攻略されただけで中古に並ぶぞオオオ!」
(ザン)
D.C.「グアアアア!こ このザ・焼き増しと呼ばれる曲芸商法のD.C.が…こんな毒男に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
D.C.「グアアアア」
D.C.WhiteSeason「D.C.が売られたようだな…」
D.C.P.C. 「フフフ…奴はD.C.シリーズ中でも最古…」
D.C. SummerVacation「毒男ごときに売られるとは曲芸ゲームの面汚しよ…」
毒男「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
毒男「やった…ついにD.C.シリーズを攻略したぞ…これでD.C.Uをインストールすることができる!!」
D.CU「よく来たな毒男…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
毒男「こ…これがD.C.Uだったのか…!感じる…破綻したシナリオを…」
D.CU「毒男よ…プレイする前に一つ言っておくことがある お前は私をプレイするのにD.C.全シリーズのプレイが必要だと思っているようだが…別になくてもプレイできる」
毒男「な 何だって!?」
D.CU「そしてPS版のD.C.は全く別の声優が声を当てたのでPCにも逆移植しておいた。あとは私を攻略するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
毒男「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある D.C.S.SなんてアニメをGyaoでやっていたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
D.CU「そうか」
毒男「ウオオオいくぞオオオ!」
D.CU「さあ来い毒男!」
毒男の勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

374 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 08:41:27 ID:qGm4k/GU0
最終話 野望を胸に 九州を統一する時…! 葉隠第1巻は、発売未定です。 山本常朝
家久「チクショオオオオ!くらえ竜造寺隆信!新必殺音速釣り野伏せ!」
竜造寺隆信「さあ来い家久アア!オレは実は湿地に突っ込んで自滅するぞオオ!」
(ザン)
竜造寺隆信「グアアアア!こ このザ・肥前の熊と呼ばれる戦国大名の隆信が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
竜造寺隆信「グアアアア」
江里口信常「殿がやられたようだな…」
百武賢兼「フフフ…殿は竜造寺家の中でも最肥満…」
成松信勝「御輿担ぎの小姓に見捨てられるとは武士の面汚しよ…」
家久「くらええええ!」
(ズサ)
3人+2名「グアアアアアアア」
家久「やった…ついに竜造寺軍を撃破したぞ…これで直茂のいる佐賀城の扉が開かれる!!」
鍋島直茂「よく来たな偽装退却マスター家久…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
家久「こ…ここが佐賀城だったのか…!感じる…直茂の魔力を…」
鍋島直茂「家久よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は我々が『殿の首』を返してもらいたがってると思っているようだが…そんな不吉なものは必要ない」
家久「な 何だって!?」
鍋島直茂「そして若殿は頼りにならないので家中の権力は私が握った あとは領土を守りきるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
家久「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 兄貴の息子の名前が同じ家久で紛らわしいと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
鍋島直茂「そうか」
家久「ウオオオいくぞオオオ!」
鍋島直茂「さあ来い家久!」
家久の勇気が薩摩を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

375 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 08:47:33 ID:Jp+zQiTtO
最終話 愛の告白を胸に 全てを終わらせる時…! 
魔法陣グルグル第三期は、放送未定です。 衛藤ヒロユキ
ニケ「チクショオオオオ!くらえカセギゴールド!新必殺星屑の剣!」
カセギゴールド「さあ来いニケエエ!オレは実はアドリブに弱いぞオオ!」
(ザン)
カセギゴールド「グアアアア!こ このザ・台本と呼ばれるノコギリ山のボスが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
カセギゴールド「グアアアア」
サタナチア「カセギゴールドがやられたようだな…」
モンク「フフフ…奴は魔物達のボスの中でも最弱…」
カヤ「人間ごときに負けるとはボス魔物の面汚しよ…」
ニケ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ニケ「やった…ついに主要ボス達を倒したぞ…これで魔王ギリのいる魔法陣の影の扉が開かれる!!」
ギリ「よく来たな勇者マスターニケ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ニケ「こ…ここが魔法陣の影の中だったのか…!感じる…魔王ギリの魔力を…」
ギリ「勇者よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『恋するハート』が必要だと思っているようだが…それは封印であって倒せるわけではない」
ニケ「な 何だって!?」
ギリ「そしてお前のグルグル使いは赤面して告白していたので最寄りの草原へ解放しておいた あとは私を封印するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ニケ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 魔法陣にレベルの概念があったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ギリ「そうか」
ニケ「ウオオオいくぞオオオ!」
ギリ「さあ来い勇者!」
ニケの返事が封印されたギリを出たり入ったりさせると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

376 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 13:55:54 ID:/UDvGog70
カセギゴールドの弱点は
肩の後ろの2本のゴボウの真ん中にあるスネ毛の下のロココ調の右
のような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

377 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 15:48:42 ID:ovLNQ7On0
層化

378 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 18:23:08 ID:o8Nr2Kux0
>>369
ジャニーズとギャグマンガ日和はどう考えても
ファン層が違ってるような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

379 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 18:42:52 ID:aLO3GI1F0
層か

380 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 20:13:47 ID:L88J8CFD0
誤植編の方が面白い

381 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 20:18:37 ID:1gNKCZ7T0
評論厨は自分じゃネタ書けないくせに偉そうに批評して
それでウザがられて、ムキになってどこがどう面白くないかなんて話を始めて
不毛なやり取りがどんどんふくらんで、職人が消えていく気がしたが別にそんなことはなかったぜ!


382 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 20:19:10 ID:wm4Vs4U70
そうか

383 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 20:28:13 ID:wue9ymAi0
自己紹介ごときにスレを割くとは住人の面汚しよ…

384 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 20:59:46 ID:rUukG0mM0
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
>383 >384 >385「「「グアアアアアアア」」」

385 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 21:23:47 ID:SjNg79cM0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえゴクアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は十回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
サイアーク「オレは刺されたようだな…」
サイアーク「フフフ…オレは四天王の中でも最弱…」
サイアーク「人間ごときに刺されるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
サイアーク「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついにゴクアークを倒したぞ…これでサイアークのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
サイアーク「よくも刺したなソードマスターヤマト…待って痛いぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…こいつがサイアークだったのか…!感じる…サイアークのタフネスを…」
サイアーク「ヤマトよ…再戦前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『10回刺す事』が必要だと思っているようだが…もう4回も刺されてる」
ヤマト「な 何だって!?」
サイアーク「そしてお前の両親も刺してきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは4回刺すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの生き別れた妹が刺していたような気がしていたが別に2回ってことはなかったぜ!」
サイアーク「3回か」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
サイアーク「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

386 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 21:31:42 ID:dHJ5Maqa0
職人の改変そのものよりも「別にそんなことはなかったぜ!」
の面白さが際立っているような気がしてたが別にそんなことはなかったぜ!

387 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 21:50:24 ID:ovLNQ7On0
そうか

388 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 21:55:07 ID:/LWATA5T0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえ親父!新必殺音速火炎斬!」
親父「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回おにぎり食べただけで働くぞオオ!」
(ザン)
親父「グアアアア!こ このザ・大黒柱と呼ばれる親父が…こんなドラ息子に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
親父「グアアアア」
お袋「親父がやられたようだな…」
弟「フフフ…奴は一家の中でも最弱…」
猫「ドラ息子ごときに負けるとは家族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに一家を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前には『生き別れた妹』がいると思っているようだが…それは私だ」
ヤマト「な 何だって!?」
妹「そしてベルゼバブはやせてきたので最寄りの町で解剖しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた姉がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
妹「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
妹「さあ来いヤマト!」
ヤマトの妹が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

389 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 21:59:59 ID:zT7LCE0cO
>>369よ….ネタの感想を述べる前に一つ言っておくことがある.
お前はネタ投稿後にヤマトはw-inds.などにはいなかったと思っているようだが…
別にどうでも良い.」

390 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 22:46:44 ID:cYLYJ34/0
ΩΩΩ<な、なんだってー!?

391 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 23:05:30 ID:/UDvGog70
このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったんだよ!

392 :水先案名無い人:2006/12/13(水) 23:21:45 ID:JSyu05OLO
そうだ。

393 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 00:13:57 ID:4KsjhywHO
最終話 ミナデインを胸に すべてを終わらせる時…! ロトの紋章完全版は、最終話未定です。 藤原カムイ
アルス「チクショオオオオ!くらえグノン!新必殺ミナデイーン!」
グノン「さあ来いアルスウウ!オレは実は頭刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
グノン「グアアアア!こ このザ・地上最強の獣と呼ばれる四魔王の獣王グノンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
グノン「グアアアア」
ジャガン「グノンがやられたようだな…」
ゴルゴナ「グブブブ…奴は四魔王の中でも古株…」
竜王「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
アルス「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
アルス「やった…ついに四魔王を倒したぞ…これで異魔神のいる世界樹が立つであろう荒野の扉が開かれる!!」
異魔神「よく来たな勇者マスターアルス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アルス「こ…ここが荒野だったのか…!感じる…大魔王異魔神の超魔力を…」
異魔神「勇者アルスよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『オメガルーラ』が必要だと思っているようだが…別になくてもミナデインと拳で倒せる」
アルス「な 何だって!?」
異魔神「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
アルス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにもう一匹ミナデインで倒した敵がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
異魔神「そうか」
アルス「ウオオオいくぞオオオ!」
異魔神「さあ来いアルス!」
アルスの拳が世界樹を立てると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

394 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 00:37:17 ID:Pk0wcy/O0
最終話 希望は僕らの手の中 すべてを終わらせる時…! カイジ新シリーズは、開始未定です。 福本伸行
カイジ「チクショオオオオ!くらえ利根川!奴隷は…二度刺す…!」
利根川「さあ来いカイジィィ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
利根川「グアアアア!こ このザ・土下座と呼ばれる帝愛幹部の利根川が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ジュウウウウ)
利根川「グアアアア」
坊ちゃん「利根川がやられたようだな…」
一条「フフフ…奴は幹部の中でも最弱…」
黒崎「野良犬ごときに負けるとは帝愛の面汚しよ…」
カイジ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
カイジ「やった…ついに帝愛幹部を倒したぞ…これで会長のいる核シェルターの扉が開かれる!!」
会長「よく来たなギャンブルマスターカイジ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
カイジ「こ…ここが核シェルターだったのか…!感じる…会長の剛運を…」
会長「カイジよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はワシを倒すのに『悪魔的奇手』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
カイジ「な 何だって!?」
会長「そして地下の人間はやせてきたので最寄りの街へ解放しておいた あとはワシを倒すだけだな クゥクゥクゥ…!」
(ざわ…ざわ…)
カイジ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 堕天禄の後半はUNOのような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
会長「そうか」
カイジ「ウオオオいくぞオオオ!」
会長「さあ来いカイジ!」
カイジの圧倒的閃きが世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

395 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 13:27:48 ID:pH4HrBZb0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! J・C第40巻は、発売未定です。 岸本済史
ナルト「チクショオオオオ!くらえ!新必殺超大玉螺旋丸!」
ヒダン「さあ来いナルトオオ!オレ達は実は全体攻撃を一回喰らっただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
カクズ「グアアアア!こ このザ・アトヅケと呼ばれるカクズとヒダンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
カクズ・ヒダン「グアアアア」
デイダラ「カクズとヒダンがやられたようだな…」
キサメ「フフフ…奴等は暁の中でも最弱…」
ゼツ「子供ごときに負けるとは忍者の面汚しよ…」
ナルト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ナルト「やった…ついに暁を倒したってばよ…これでリーダーのいる曙城の扉が開かれる!!」
リーダー「よく来たな忍者マスターナルト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ナルト「こ…ここが曙城だったのか…!すげぇ感じるってば…暁リーダーのチャクラを…」
リーダー「ナルトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『九尾の力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ナルト「な 何だって!?」
リーダー「そして世界制服は恥ずかしいから辞めておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ナルト「フ…上等だってばよ…オレも一つ言っておくことがある このオレにうちは一族の友人とその兄弟、暁メンバーはもっと沢山いたような気がしたけど別にそんなことなかったぜ!」
リーダー「そうか」
ナルト「ウオオオいくってばよ!」
リーダー「さあ来いナルト!」
ナルトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

396 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 14:02:07 ID:CQh32phQ0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎まそっぷ!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけでまそっぷ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・まそっぷと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「まそっぷ」
ゴクアーク「まそっぷがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でもまそっぷ…」
レツアーク「人間ごときに負けるとはまそっぷの面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「まそっぷ」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいるまそっぷの扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードまマスターヤマト…待ってまそっぷ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブのまそっぷを…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別になくてもまそっぷ」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前のまそっぷはやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはまそっぷ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いまそっぷ!」
まそっぷの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


397 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 14:37:58 ID:a3dGQPo90
語尾にまそっぷを付ければ面白くなるような気がしていたが別にそんなことはなかったまそっぷ!

398 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 14:39:50 ID:R1y1nkwM0
層化まそっぷ!

399 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 15:21:20 ID:l8g1gRXH0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! マトリックスDVDボックスは、絶賛発売中です。 ウォシャウスキー
ネオ「チクショオオオオ!くらえスミス!新必殺ファンシーカンフー!」
スミス「さあ来いネオオオ!オレは実は一回蹴られただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
スミス「グアアアア!こ このエグザイルと呼ばれるエージェントスミスが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
スミス「グアアアア」
スミス「私がやられたようだな…」
スミス「フフフ…奴はスミスの中でも最弱…」
スミス「人間ごときに負けるとはスミスの面汚しよ…」
ネオ「くらええええ!」
(ズサ)
スミス「グアアアアアアア」
ネオ「やった…ついにスミスを倒したぞ…これでスミスのいるソースの扉が開かれる!!」
スミス「よく来たな救世主ネオ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
スミス「こ…ここがソースだったのか…!感じる…スミスの魔力を…」
スミス「ネオよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『オラクルの予言』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ネオ「な 何だって!?」
スミス「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りのザイオンへ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ネオ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに死に別れた恋人がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
スミス「そうか」
ネオ「ウオオオいくぞオオオ!」
スミス「さあ来いネオ!」
ネオの勇気が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

400 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 16:05:45 ID:3ksYO83v0
私がウォシャウスキーというダサい邦題をつけられた映画があったような気がしたが
そんなことはなかったぜ!

401 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 16:56:25 ID:qouEFHPS0
トマト

402 :担当がフラれなかったver.:2006/12/14(木) 17:19:51 ID:LMsfmfCa0
最終話 彼女とラブラブで嬉しい悲鳴(笑) C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ

ポテト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音楽火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…         バ…バななアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークが犯られたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の手拭いよ…」
ヤマト「まそっぷ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔乳城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ウイイイイイン)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブーの魔力を…」
ベルゼバブ「トマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある
    お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたのでもぎりの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上寿司だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」

今度一緒にディズニーランドに行きます ご愛読ありがとうございました!

403 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 17:49:17 ID:xiTLEiWo0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 鋼の錬金術師第16巻は、発売未定です。 荒川 弘
エド「チクショオオオオ!くらえエンヴィー!新錬成音速火炎斬!」
エンヴィー「さあ来い鋼のオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
エンヴィー「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれるホムンクルスのエンヴィーが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
エンヴィー「グアアアア」
ラース「エンヴィーがやられたようだな…」
プライド「フフフ…奴はホムンクルスの中でも最弱…」
親父殿「人間ごときに負けるとはウロボロスの面汚しよ…」
エド「くらええええ!」
(ズサ)
ウロボロス組「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついにウロボロス組を倒したぞ…これでアルの身体のいる真理の扉が開かれる!!」
真理「よく来たなエドワード・エルリック…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
エド「こ…ここが真理の扉だったのか…!感じる…アルの気配を…」
真理「エドよ…返す前に一つ言っておくことがある お前は扉をくぐるのに『賢者の石』が必要だと思っているようだが…別になくてもくぐれる」
エド「な 何だって!?」
真理「そしてお前の弟はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは手足を取り戻すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
エド「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある オレの親父に重大な秘密があるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
真理「そうか」
エド「ウオオオいくぞオオオ!」
真理「さあ来いエド!」
兄弟の身体が元に戻ったと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

404 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 18:28:52 ID:bwwFfNNV0
>>402
なんでブルゼバブ急におっぱい星人
になっちゃってるんですかー!?


405 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 18:36:46 ID:a3dGQPo90
ごめん、おっぱいのことで頭がおっぱいでついーうっかりー

406 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 19:59:03 ID:oXdTz7XBP
打ち切りなのに3P分カラーなんですか?
アニメ

407 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 21:37:09 ID:xA5/mBD40
さあ来い>>395オオ!「世界制服」はたしかに恥ずかしいぞオオ!
(ザン)
グアアアア!こ このザ・マジレスと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな野暮ツッコミを…バ…バカなアアアアアア

408 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 22:04:14 ID:O9mGu0XO0
最終話 誇りを胸に 今こそ雷鳴を轟かす時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野ムドー
テリー「チクショオオオオ!くらえはぐりん!新必殺音速雷鳴剣!(装備品:ひのきのぼう、ただのぬのきれ)」
はぐりん「さあ来いテリイイ!オレは改心の一撃一回出ただけで死ぬぞ!」
(改心の一撃!)
はぐりん「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のはぐれメタル様が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
はぐりん「グアアアア」
まりりん「はぐりんがやられたようだな…」
ホイミン「フフフ…奴はルイーダ四天王の中でも最弱…」
アモス「DQ史上もっとも期待はずれな男に負けるとはルイーダの酒場の面汚しよ…」
テリー「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでハッサン達のいる馬車の扉が開かれる!!」
チャモロ「よく来たなバトルマスターテリー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここがファルシオンの馬車だったのか…!感じる…スタメン達の力を…」
チャモロ「テリーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は馬車入りを果たすのに強奪された『雷鳴の剣』が必要だと思っているようだが…別にあっても入れない」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の装備品ドラゴンメイル、ドラゴンシールド、プラチナヘッドはドランゴ用と軍資金に使わせてもらった あとは俺に殺されるだけだなクックック…」
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた姉と再会したような気がしていたが全く合えずに酒場にいたぜ!」
チャモロ「そうか」
テリー「ウオオオいくぞオオオ!」
チャモロ「さあ来いテリー!」
テリーの勇気が馬車入り枠を獲得すると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

409 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 22:16:25 ID:xXk4GZUA0
>>408
ベルゼバブがゲスト出演していたと思ったがそんなことはなかったぜ!

410 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 22:27:48 ID:Qp3ymi0x0
そうか

411 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:03:26 ID:vHWEv3lQ0
>>409よ お前はゲスト出演しているのがベルゼバブだけだと思っているようだが…ヤマトも出ている

412 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:03:51 ID:cG6T1ZiF0
>>409
ウオオオヤマトが無視されているぞオオオ!

413 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:04:12 ID:586hkxQz0
そうか

414 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:06:36 ID:vHWEv3lQ0
よく来たなケコーンマスター>>412…待っていたぞ…

415 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:11:35 ID:cG6T1ZiF0
ウオオオリロード忘れてたぞオオオ!

416 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:21:11 ID:nRS9eogG0
お前等のそんなハイテンションが好きと思ったがそんなこともなかったぜ!
と思ったがそんなこともなかったぜ!

417 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:29:59 ID:mJVTsM1c0
IDのケツが0しか出ないような気がしたが、
別にそんな事はなかったぜ!

418 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:33:24 ID:tYprjJXk0
>>417よ…煽る前に一つ言っておくことがある お前はIDの末尾が『0』しか出ないと思っているようだが…パソコンから書き込めば0、携帯電話から書き込めばOになる


419 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:35:28 ID:7c+kF5WuO
そうだ

420 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:36:12 ID:a3dGQPo90
な 何だって!?

421 :水先案名無い人:2006/12/14(木) 23:38:01 ID:mJVTsM1c0
「な 何だって!?」

「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 
>>406のIDのケツが0でも0でも無かったような気がしたが、
別にそんな事はなかったぜ!」

422 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 01:27:31 ID:yNX6aVSB0
あとはウィルコムから書込めばPなのを知るだけだなクックック…

423 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 01:29:14 ID:SX8DUHMG0
「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 
>>406が2ちゃんねる公式p2からの書き込みのような気がしたが、
別にそんな事はなかったぜ!」

424 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 02:10:33 ID:QP0Ezwbe0
そうか

425 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 03:10:12 ID:0wcXExK90
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! DQ9は、DSで発売決定です。 スクウェアエニックス
DQファン「チクショオオオオ!くらえ堀井!新必殺不買運動!」
堀井「さあ来いDQファンンン!オレは実は一本髪が抜けただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
堀井「グアアアア!こ このザ・禿げと呼ばれる四天王の堀井が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
堀井「グアアアア」
鳥山「堀井がやられたようだな…」
すぎやま「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
日野「ヲタクごときに負けるとはクリエイターの面汚しよ…」
DQファン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
DQファン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで岩田のいる任天堂の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たな懐古マスターDQファン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
DQファン「こ…ここが任天堂だったのか…!感じる…岩田の魔力を…」
岩田「DQファンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はDQを出すのに『最も普及しているハード』が必要だと思っているようだが…
    別にPS3が売れてもPS3では出ない」
DQファン「な 何だって!?」
岩田「そしてWiiは出来たので最寄りのヨドバシへ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
DQファン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに見限ったFFがあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
岩田「そうか」
DQファン「ウオオオいくぞオオオ!」
岩田「さあ来いDQファン!」
DQファンの勇気が今後のDQを救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

426 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 03:16:31 ID:1dFMnphL0
あーん!サイアーク様が死んだ!
サイアークさまよいしょ本&サイアークさまF.Cつくろー!って思ってたのに…
くすん…魔族薄命だ…

・゚・(ノД`)・゚・うっうっう…ひどいよお…ふえーん!!
この間「今、時代はザ・フジミだ!」の葉書きを出してまだ2週間じゃないですか!
どーして、どーして!?あれで終わり!?嘘でしょ!?
信じられないよおっあんなヤマトごときに殺られるなんてっ!!
ベルゼバブと差がありすぎるわっ!!生き還りますよね?ね?ね?
……泣いてやるぅ・゚・(ノД`)・゚・

私はあの十回刺さないと死なない彼が(たとえ実は一回刺されただけで死んでもさ!ヘン!)大好きだったんですよっ!!
サイアークさまあっ!死んじゃ嫌だああああああっ!!
超音速火炎斬のカバッ!!え〜ん・゚・(ノД`)・゚・

427 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 04:43:05 ID:ftyQbcH60
レツアークってかっけーな。だけど生き別れの妹の存在がヤマトに消されていった
いどうなるんだろう。

428 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 07:26:16 ID:RNP3Dirt0
ヤマトに刺されて死んだような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

429 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 07:39:57 ID:df6wO4UrO
そうか

430 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 10:46:11 ID:YRFKqAPP0
最終話 大人(じいさん)の教えを胸に すべてを終わらせる時…! ※ジェフの霊の教えです。 細井ユウジ
テリー「チクショオオオオ!くらえダック・キング!新通常技サニーパンチ!」
ダック「さあ来いなあ…兄ちゃん…!オレは実は空中殺法が命取りだぞオオ!」
(ザン)
ダック「グアアアア!こ このザ・変身途中のウルトラセブンと呼ばれるギース様配下のダック・キングが…
    こんなプロレスシューズに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ダック「グアアアア」
マイケル・マックス「ダックがやられたようだな…」
ホア・ジャイ「フフフ…奴はギース様配下の殺し屋の中でも最弱…」
ビリー・カーン「昭和プロレスマニアごときに負けるとはサウスタウンの面汚しよ…」
テリー「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
テリー「やった…ついにギースの部下を倒したぞ…これでギースのいるギースの館の扉が開かれる!!」
ギース「よく来たなテリー・ボガード…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
テリー「こ…ここがギースの館だったのか…!感じる…タワーのような高さを…」
ギース「テリーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はここに来るのに私の部下を倒し大会で優勝することが必要だと思っていたようだが…
     別に大会に参加しなくても目立つのですぐに来れる」
テリー「な 何だって!?」
ギース「そしてお前の父親のジェフはとても強くてかなわなかったので仕方なく催眠術で殺した あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
テリー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに美形の弟がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ギース「そうか」
テリー「ウオオオいくぞオオオ!」
ギース「さあ来いテリー!」
テリーの命を尊ぶ心がギースの墜落死を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


431 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 15:09:05 ID:hchlZ/cgO
LV0 ソードマスターヤマト?どうせ典型的打ち切り漫画だろ?どうでもいいよ…
LV1 絵はあまりかっこよくないな。ってかこの主人公何でいつも口開いてるの?
LV2 ベルゼバブは強そうだな。倒すのに聖なる石がいるってのはなんか結構いいかも。
LV3 ヤマトって妹いることね?重要な伏線って感じ・・・
LV4 サイアークはタフそうだな。ゴクアークとかキョウアークとかレツアークもいる・・・
LV5 誤植うぜぇ。夢野カケラ死ね!
LV6 まそっぷ!
LV7 やべぇ最終回最高!最終回と水さえあれば生きていける!
LV8 アニメ化した!ソードマスターヤマトはアニメ化したぞ!!
LV9 やっぱ音速烈火斬は最高だわ
MAX 改変すれば面白いと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!


432 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 15:33:06 ID:Pb4bJO1T0
>>431さん、酷いじゃないですか。誤植ですよ、誤植!技の名前が間違ってんですよ
ほら、ヤマトが四天王の一人サイアークに使った音速火炎斬って最高にカッコイイ新必殺技が






『音速烈火斬』

酷いっスよこれ!!

433 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 15:51:12 ID:hchlZ/cgO
…やっちゃったぜ

434 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 17:00:26 ID:1TYufRvb0
いやだからやっちゃったぜじゃないですよ!
なにちょっとカッコいい言い方してんですか

435 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 21:44:30 ID:OsiTioJE0
ハッハッハ

436 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 21:51:53 ID:ftyQbcH60
彼女ができました

437 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 21:55:56 ID:EJxmksKB0
音速烈火斬でも別にかっこ悪くないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

438 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 22:55:26 ID:D5VhZzhz0
>>431
誤植は小島さんのせいなんだぜ!

439 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 23:00:10 ID:Vv+mjUXw0
そうか

440 :水先案名無い人:2006/12/15(金) 23:34:20 ID:5BE+1AR60
ヤマト「きみは ゆくえふめいに なっていた サイアーク じゃないか」
サイアーク「あまいな ヤマト おれは すでに ベルゼバブぐんだんの いちいんだ わるいが おまえを ほかくする」

441 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 01:59:40 ID:XJX2An2g0
ttp://goblinicpot.sakura.ne.jp/gb01.htm

442 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 02:02:15 ID:XJX2An2g0
誤爆したような気がしたが、別にそんなことはなかったと信じて…!

443 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 02:43:23 ID:mKf1+1hF0
書き込みありがとうございました!

444 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 07:23:17 ID:PMoULD260
そうか

445 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 11:36:43 ID:bjxzHUYzO
最終話 超巨大隕石衝突 すべてが終わる時…! 地球は、三時間後に滅亡未定です。 竹杉竹夫
松山愛「チクショオオオオ!くらえ大林!新必殺根性焼!」
大林一郎「さあ来い愛ちゃんンン!オレは実はうんこがついたパフェの次に演歌が嫌いだぞオオ!」(ジュウウウ)
大林一郎「あっつい!こ この演歌一筋三十年と呼ばれる演歌界の大御所の大林一郎が…こんな小娘に…バ…バカなアアアアアア」(ジュウウウ)
大林一郎「アア〜」
竹杉竹夫「大林一郎は変態だったようだな…」
松山愛「フフフ…奴は豪華なゲストの中でも最弱…」
ケビン君「全裸で登場するとは芸能界の面汚しよ…」
二階堂「ヘイヘーイ」(ガンガン)
ケビン君「グアアアアアアア」
竹杉竹夫「やった…ついに三人のゲストの紹介を済ませたたぞ…おとなりは世界的マジシャンのマジック三井さんです!!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
三井「実は…告白したいことがあってここへ来ました お前らは私をマジシャンだと思っているようだが…実は超能力者だ」
竹杉竹夫「な 何だって!?」
三井「そしてそれを証明しなきゃいけないので巨大隕石はは最寄りの宇宙へ解放しておいた あとは私が政府に捕まって解剖されるだけだなクックック…」(ゴゴゴゴ)
竹杉竹夫「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレもヤケになって下半身裸になっているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
松山愛「わたし〜ピンクの河童に追いかけられた事あるんですよ〜」
大林一郎「ウオオオこれからも演歌一筋精進するぞオオ!」
二階堂「いや〜よかったねケビン君。助かったよ僕たち」
出演者が芸能界でこれからも活動できると信じて…! ご視聴ありがとうございました!


446 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 17:47:16 ID:+L0yITMi0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
このオレに前スレで貼った終末ネタがあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

447 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 17:49:51 ID:SMtcYwy20
昨日見た夢に美人の姉が出てきたような気がしていたが現実ではそんなことはなかったぜ!


448 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 17:52:18 ID:hwsAowH/0
そうか

449 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 17:55:43 ID:o8BEyzL80
ネタ職人が最近、わざと改変忘れをしているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

450 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 17:56:19 ID:PPdjNtWh0
層化

451 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 22:07:33 ID:++q1xtv00
いっその事ギャグマンガ日和のガイドラインに
変更したほうがいいような気がしていたが
別にそんなことはなかったぜ!

452 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 22:23:15 ID:aG0Oxe7n0
こうヤマトネタばかりだと飽きてきた気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

453 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 22:23:43 ID:PPdjNtWh0
そうか

454 :水先案名無い人:2006/12/16(土) 23:41:58 ID:OEjyzmkA0
原作何巻まで出てるか分からないから手を出し辛い上に仮にわかったとしても今ぜんぜん金無いから買えないためギャグマンガ日和ネタ全般扱うようになると正直困る気がしたが別にそんな事は無かったぜ!

455 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 00:01:39 ID:OKoqL50j0
そしてお前の財布はやせてきたので貰っておいた
後は通報するだけだな

456 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 00:31:54 ID:l5vncEvmP
有名なのヤマトだけじゃん


アニメでの誤植編のテンポは神だよな、流れるような
完結編は、じっくり読める漫画のほうが好き

457 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 00:40:09 ID:x9cRkdci0
終末も中々

458 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 00:52:03 ID:V8IX+pxN0
…やっちゃったずぇ

459 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 01:03:48 ID:+dONT1RU0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来い光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たな光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来い光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士!」
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士の勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

460 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 01:05:39 ID:oIMW0X+S0
そうか

461 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 03:27:57 ID:UVJV1R4O0
女騎士じゃなくて女性騎士だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

462 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 10:07:09 ID:lEwxOJFg0
きてくれましたね、ソードマスターヤマト…
よくわたしの世界征服への夢を見事に打ち砕いてくれました…
四天王4人の反応がありませんね…あなたが殺したんですか?
どうやったのかは知りませんが、これはちょっと意外でしたよ…
それにしても、あと一息のところで聖なる石が石ころになってしまうとは…
そんなものはなくても、わたしは倒せるんですが…

はじめてですよ…
このわたしをここまでコケにしたおバカさんは……
まさかあなたの両親がやせてきたので最寄りの町へ解放することになろうとは思いませんでした…

ゆ…
ゆるさん…

ぜったいゆるさんぞソードマスターヤマト!!!!!
じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!!!
逃がさんぞ覚悟しろさあ来いヤマト!!!!

463 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 10:48:18 ID:jRX3LpV+O
ソードマスターポテトのガイドライン(誤植編)は建てないの?

464 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 11:13:25 ID:mmGtYuZs0
>>456、あんたちょっと首取れなさいよ
http://www.youtube.com/watch?v=M74Dodv_cgc
http://www.youtube.com/watch?v=4141OPOZz74

465 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 12:24:14 ID:jAyjsVsY0
カメンライダーカブト最終話
ttp://www.youtube.com/watch?v=lNnYk3RNNhc

466 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 12:46:45 ID:c426LlAj0
誰かソードマスターヤマトの誤植編の台詞もってない?

467 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 13:12:56 ID:XVc0r+610
ヤマト「こ…これがクレクレ厨なのか…!感じる…自分で聞き取ろうという考えなどまるでないことを…」

468 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 14:47:13 ID:Ef6DPcma0
【ソードマスタアッー!ヤマトの由来】(2005.9.11付最新版)

ソードマスタアッー!に扮したヤマトらが四天王に追突
 ↓
「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」「さあ来いヤマトオオ!」
「オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれ
る四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」などの会話を経てやられた。
 ↓
「サイアークがやられたようだな…」「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」などのセリフで四天王を演じるも
「くらええええ!」「グアアアアアアア」ということで一気にやられる。
 ↓
指で魔龍城の扉をほじくられ、「よく来たなソードマスターヤマト」などと罵られる。ベルゼバブの魔力
に穴が反応。
 ↓
 (略)
 ↓
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

469 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 14:48:30 ID:xzi2HglC0
ベルゼバブ「>>466よ…調べてくる前に一つ言っておくことがある お前は面白いネタを作成するのに『誤植編の台詞』が必要だと思っているようだが…別になくても面白いものは作れる」

470 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 18:58:31 ID:oIMW0X+S0
な 何だって!?

471 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 20:06:01 ID:XYMNCI270
ベルゼバブ「そしてお前の両親はまそっぷしてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは彼女ができましたクックック…」


472 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 21:03:12 ID:OwFmycw00
(ゴゴゴゴ)

473 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 21:32:37 ID:oIMW0X+S0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ヤマトは5巻収録なのでそれを買えば良いような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

474 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 22:01:29 ID:lfTr+CegO
そうか

475 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 22:17:47 ID:OwFmycw00
ウオオオ買いにいくぞオオオ!

476 :水先案名無い人:2006/12/17(日) 22:33:27 ID:K9hVH3z70
みんなのお金が作者を救うと信じて・・・!ご購入ありがとうございました!

477 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 01:21:46 ID:v7NLFC520
>>465
リアルで見ててこんな展開になったら神だなwww

478 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 02:18:30 ID:1wNMLYnS0
ジャンプフェスタに行ったらソードマスターヤマトの特集が見られると思ったがそんなことは無かったぜ。

479 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 03:36:51 ID:So0lUI8y0
>>466よ…お前は『誤植編のセリフ』を望んでいるようだが…書き込むには長文になりすぎる


480 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 06:31:02 ID:rRaoVMVvP
やそっぷ

481 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 10:00:58 ID:cdhIbr3a0
改変忘れと誤字は意味が違うような気がしていたが別にどっちも誤植だからよかったぜ!

482 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 10:39:20 ID:/2VB4bzY0
最終話 ロザリオを胸に すべてを終わらせる時…! マリア様がみてる完結編は、発売未定です。 今野緒雪
祐巳「チクショオオオオ!くらえロサ・フェティダ!新必殺音速火炎斬!」
令「さあ来い祐巳イイ!オレは実は外部受験してフェイドアウトするぞオオ!」
(ザン)
令「グアアアア!こ このミスター・リリアンと呼ばれる山百合会の支倉令が…こんなたぬき顔に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
令「グアアアア」
由乃「令ちゃんがやられたようね…」
志摩子「フフフ…ロサ・フェティダは山百合会の中でも最弱…」
祥子「祐巳ごときに負けるとは薔薇様の面汚しね…」
祐巳「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
祐巳「やった…ついに薔薇一味を倒したぞ…これで瞳子ちゃんの心の扉が開かれる!!」
瞳子「よく来たな福沢祐巳…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
祐巳「こ…ここが松平家だったのか…!感じる…瞳子ちゃんの電波を…」
瞳子「祐巳よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を妹にするのに『バレンタインイベント』が必要だと思っているようだが…別になくてもなる」
祐巳「な 何だって!?」
瞳子「そして二条乃梨子はやせてきたので最寄りの寺へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
祐巳「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに年子の弟がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
瞳子「そうか」
祐巳「ウオオオいくぞオオオ!」
瞳子「さあ来い祐巳!」
次巻では祐巳の妹が決まっていると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

483 :466:2006/12/18(月) 11:36:13 ID:kFsPCfMOO
結局YouTubeみつつ前出てきた改変ネタを使って自分なりに改変したんだぜ!


住人よ、俺がROMる前に一つ言う事がある。ネトゲネタだし、自分のブログに載せたので誤植編改変ネタはあえてうpはしない
どうしても見たいのであれば
テイルズマスターボリス誤植編で探す事だなクックック

484 :466:2006/12/18(月) 11:40:18 ID:kFsPCfMOO
そしてageたんだぜorz

485 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 12:50:35 ID:py6bBeTR0
ベルゼバブ「>>466よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は住民がそのネタを読みたがっていると思っているようだが…別に興味ない」


486 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 13:32:28 ID:ILbn01Fy0 ?2BP(0)
>>483
ぐぐれば見つかるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

487 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 15:37:55 ID:UCg8U5SE0
ソードマスターヤマトはサイアーク倒した時点で終わってれば神だった

488 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 16:32:49 ID:So0lUI8y0
3ページ刺し続けるのか

489 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 16:39:37 ID:gvwIJW/u0
南カリフォルニア建築大学「さあ来いヤマトオオ!オレの略称はサイアーク(SCI-Arc)だぞオオ!」

490 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 17:59:20 ID:GQmvE0E30
最終話 ネタを胸に すべて改変するとき…! な・お・ガ第1巻は、発売未定です。   ( ゚д゚ )
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!ずっと俺のターン!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!;゚д゚) <オレは実は十回刺されただけで死ぬらしいよ!」 Σ(゚Д゚;エーッ!!
(ドゴォォォ)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・/^o^\フッジッサーンと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グェーッ」
ゴクアーク「ヤ、ヤマトがやってきました!まっすぐこちらに飛んできます!」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…だからニュー速でやるお!」
レツアーク「人間ごときに負けるなんてくやしい…でも感じちゃう・・・!」
ヤマト「全員まとめてこいよ。 ボコボコにしてやんよ。」
(@u@ .:;)
3人「(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…全裸で。」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「なんという魔力・・・扉が開いただけで感じてしまった ここは間違いなく魔龍城」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておく 『おれは奴の前で階段を登っていたと思ったらいつのまにか降りていた』」
 Ω ΩΩ「な な ん だ っ て ―― ! !」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけとな!?」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 桃白白なんてめちゃくちゃメジャーなキャラがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「ほほう それでそれで?」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

491 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 19:55:23 ID:So0lUI8y0
最悪がやられた辺りで読むのをやめた気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

492 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 20:10:49 ID:R9vNSYjr0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ジャプンC第1巻は、発売未定です。 小田栄一郎
ルフィ「チクショオオオオ!くらえ黒ヒゲ!ギア17th!」
黒ヒゲ「さあ来いルフィイイイ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(ボグォ)
黒ヒゲ「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれるヒゲヒゲの俺が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
黒ヒゲ「グアアアア」
七武海「黒ヒゲがやられたようだな…」
七武海「フフフ…奴は俺たちメル友の中でも最弱…」
七武海「弱小海賊ごときに負けるとは列強の面汚しよ…」
ルフィ「くらええええ!」
(ズサ)
6人「グアアアアアアア」
ルフィ「やった…ついに七武海を倒したぞ…これで白ヒゲの船に乗り込める!」
白ヒゲ「よく来たなパイレーツマスタールフィ…待っていたぞ…」
(ゴオオオオオオ)
ルフィ「こ…これが白ヒゲの船だったのか…!感じる…白ヒゲの魔力を…」
白ヒゲ「ルフィよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『根性とか色々』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ルフィ「な 何だって!?」
白ヒゲ「そしてお前の仲間はやせてきたので最寄りの島へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ルフィ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた革命家の親父がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
白ヒゲ「そうか」
ルフィ「ウオオオいくぞオオオ!」
白ヒゲ「さあ来いルフィ!」
ルフィの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

493 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 20:18:55 ID:hArJQ8NB0
白ヒゲ海賊団のマークは「卍」型だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

494 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 21:30:24 ID:dWRfajVn0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ロックマンエグゼ6は、発売未定です。 カプコン
ロックマン「チクショオオオオ!くらえブリザードマン!チャージショット!」
ブリザードマン「さあ来いロックマンンン!オレは実は電気属性に弱いぞオオ!」
(ザン)
ブリザードマン「グアアアア!こ このザ・ユキダルマと呼ばれる四天王のブリザードマンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ブリザードマン「グアアアア」
シェードマン「ブリザードマンがやられたようだな…」
クラウドマン「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
コスモマン「ネットナビごときに負けるとはダークロイドの面汚しよ…」
ロックマン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ロックマン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでネビュラグレイのいるネビュラ基地の扉が開かれる!!」
ネビュラグレイ「よく来たなロックマンエグゼ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ロックマン「こ…ここがネビュラ基地だったのか…!感じる…ネビュラグレイの力を…」
ネビュラグレイ「ロックマンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『仲間達のソウル』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ロックマン「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そして光博士はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ロックマン「フ…上等だ…僕も一つ言っておくことがある フォルテというライバルがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ネビュラグレイ「そうか」
ロックマン「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いロックマン!」
ロックマンの勇気が世界を救うと信じて…! プレイしてくれてありがとう!

495 :水先案名無い人:2006/12/18(月) 21:44:41 ID:ZGqVa0LP0
所々ベルゼバブがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

496 :水先案名無い人:2006/12/19(火) 01:52:07 ID:kMwj//Ab0
最終話 ショベルを両手に てめーの道はてめーで作る時…! J・C第1巻は、発売未定です。 武井宏之
バル「チクショオオオオ!くらえボリック!俺のショベル!」
ボリック「さあ来いバルウウ!オレのハウスは実は一回叩かれただけで壊れるぞオオ!」
(ザン)
ボリック「グアアアア!こ このザ・バルバスターと呼ばれるオレのハウスが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ボリック「グアアアア」
ロックボル「ボリックがやられたようだな…」
ハッパー「フフフ…奴は工事戦士の中でも最弱…」
ニッパー「ユンボルごときに負けるとは工事戦士の面汚しよ…」
バル「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
バル「やった…ついに工事戦士を倒したぞ…これでゲンバー大王のいるゲンバー城の扉が開かれる!!」
ゲンバー大王「よく来たな重機人間ユンボル・バル…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
バル「こ…ここがゲンバー城だったのか…!感じる…ゲンバー大王の魔力を…」
ゲンバー大王「バルよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私が『現場主義』だと思っているようだが…別にそうでもない」
バル「な 何だって!?」
ゲンバー大王「そして国は衰えてきたので領土はリベッタ姫に返しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
バル「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにを改造した博士番長には連れが姫以外にもう一人いたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ゲンバー大王「そうか」
バル「ウオオオいくぞオオオ!」
ゲンバー大王「さあ来いバル!」
バルの作る道が国を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

497 :水先案名無い人:2006/12/19(火) 11:45:56 ID:+UqZyLBH0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
4人「グアアアアアアア」
ご愛読ありがとうございました!

498 :水先案名無い人:2006/12/19(火) 12:01:39 ID:m9Fzq/dd0
82 名前:マロン名無しさん[sage] 投稿日:2006/12/18(月) 21:14:44 ID:???
ディオ「プッチ。君は天国に行くには新月を待つ必要があると思っているようだが、
    別に他の日でもいい。

    それから、ジョースター一行は20年前に部下がみんな倒したので、
    邪魔するやつもいない」

プッチ「わたしも、生き別れの双子の弟がいると思ったが、
    そんな事はなかったぜ」
ディオ「そうか」



     2人が天国にいけることを信じて……    第6部 完!

499 :水先案名無い人:2006/12/19(火) 13:29:42 ID:MGKn/szs0
http://www.youtube.com/watch?v=urFeIsct9Pc

500 :アニメ板 ハピラキスレ:2006/12/19(火) 13:55:47 ID:WrtBn50k0
602 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で :2006/12/12(火) 09:27:08 ID:dDo3Vp04
ババァ    「さあ来いゲンキィィイ!あたしは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ババァ    「グアアアア!こ この魔妃と呼ばれるあたしが…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
ババァ    「グアアアア」
シヴァヘラ  「ネロクィーンがやられたようだな…」
カタカリカリ 「ククク…奴は真黒守護士の中でも最弱…」
ノアムーン  「新守ごときに負けるとは真黒守護士の面汚しよ…」
ゲンキ    「くらえええ!」
(ズサ)
3人      「グアアアアアアア」
ゲンキ    「やった…ついに真黒守護士を4人も倒したぞ…これでクロノズーのいる真黒域の扉が開かれる!!」
クロノズー  「よく来たなゲンキ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ゲンキ     「こ…ここが真黒域だったのか…!感じる…クロノズーのマクロパワーを…」
クロノズー  「ゲンキよ…戦う前に一つ言っておくことがある
         お前は私を倒すのに『七人の若神子』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ゲンキ     「な 何だって!?」
クロノズー  「そして聖フェニックスはやせてきたのでパイル星へ解放しておいた
        あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ゲンキ     「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
         若神子は本当は八人いるような気がしていたが
         別にそんなことはなかったぜ!」
ベルトーゼ  「そうか」
ゲンキ     「ウオオオいくぞオオオ!」
クロノズー  「さあ来いゲンキ!」
ゲンキの勇気がまとば世界を平和に導くと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

501 :水先案名無い人:2006/12/19(火) 15:09:27 ID:InbAa/S7O
個人的にはトルネード準のネタなんかも改変したいと思ってたけどそんなことなかったぜ!

502 :水先案名無い人:2006/12/19(火) 18:09:33 ID:WSegMWFG0
「今日からこのスレ住民は全員毎日俺に新ネタをもってこい!ホモネタが望ましい」
「ルーニー様はホモネタしか萌えねぇぜ!」
「ロリネタなんてもってきたら・・わかってんだろうな!」

503 :水先案名無い人:2006/12/19(火) 18:52:18 ID:BWkb2br+0
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」

504 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 00:18:03 ID:GUq7uGhW0
最終話 終わらせる時 1巻は、未定です。 夢野カ
ヤマト「チクショオくらえ」
サイアーク「オレは死ぬぞ」
(ザン)
サイアーク「グアこのサイアークが小僧にバカな」
(ドド)
サイアーク「グア」
ゴクアーク「やられたようだな」
キョウアーク「奴は最弱」
レツアーク「面汚しよ」
ヤマト「くらえ」
(ズサ)
3人「グア」
ヤマト「倒した これで魔龍城が開かれる」
ベルゼバブ「来たなソードマスタ」
(ギイ)
ヤマト「感じる 魔力を」
ベルゼバブ「言っておく 石なくても倒せる」
ヤマト「何だって」
ベルゼバブ「そして両親は解放した あとは倒すだけだな」
(ゴゴ)
ヤマト「オレも言っておくことはなかったぜ」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「いくぞ」
ベルゼバブ「来い」
ヤマトが救うと信じて 愛読ありがとう

505 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 00:19:55 ID:s5+5OgMD0
第X話 サイアークの実力…! C・Y・C第1巻は、来月発売です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は十回刺さないと死ぬなないオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアアハハハハ!このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークにこんな攻撃が効くと思ったかバカめエエエエエエエ」
(ドドドドド)

サイアーク「そんなものかアアアアア」
ゴクアーク「サイアークが苦戦しているようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに苦戦するとは魔族の面汚しよ…」

ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
サイアーク「グアアアアアアアハハハハハまだまだだアアアアアア!!!」
ヤマト「やった…ついに五回刺したぞ…これでもう五回刺せばサイアークは倒れる!!」
サイアーク「よくここまでやってくれたなソードマスターヤマト…もう許さんぞ…!!」
(ゴゴゴゴゴゴゴ)
ヤマト「こ…これがサイアークの本気だったのか…!感じる…やばいくらいの魔力を…」
サイアーク「ヤマトよ…止めを刺す前に一つ言っておくことがある お前はオレを倒すのにあと五回刺すことが必要だと思っているようだが…
別にこの程度の攻撃じゃあと百回刺しても倒すのは無理だ!」
ヤマト「な 何だって!?」
サイアーク「そしてお前はオレを怒らせたのでオレは全ての力を解放して相手をしてやろう さああと何分持つかなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの捕まった両親と生き別れた妹のためにも…俺は負けるわけにはいかないんだぜ!」
(ゴゴゴゴ)
サイアーク「何!?この力は…」
ヤマト「ウオオオこれが本気だアアいくぞオオオ!」
サイアーク「ハハハ面白い!さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気がサイアークを倒すと信じて…! 次号、生き残るのは果たして…!?

506 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 00:34:37 ID:f4mqJUcF0
月刊チェヨンス読者「今月もつまんねーなソードマスターヤマト…どっこいおむすび君ともども早く終われ!」

507 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 00:40:07 ID:s5+5OgMD0
幻想水滸伝Vは、発売中です。 コナミ
スノウ「チクショオオオオ!くらえジュエル!新必殺音速火炎丸太斬!」
ジュエル「さあ来いスノウウウ!あたしは実はあんたはそこまで嫌いじゃなかったぞオオ!」
(ザン)
ジュエル「グアアアア!こ このザ・色黒と呼ばれるラズリル騎士団のジュエルが…こんな海賊崩れに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ジュエル「グアアアア」
タル「ジュエルがやられたようだな…」
ポーラ「フフフ…奴は騎士団四人組の中でも最弱…」
ケネス「スノウごときに負けるとはラズリル騎士団の面汚しよ…」
スノウ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
スノウ「やった…ついに四人組を倒したぞ…これで主人公のいる本拠地の扉が開かれる!!」
4様「よく来たな漂流マスタースノウ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
スノウ「こ…ここが本拠地だったのか…!感じる…罰の紋章の魔力を…」
4様「スノウよ…首を切る前に一つ言っておくことがある 君は自分が仲間になるのに僕が107星を集めることが必要だと思っているようだが…別に集めても僕は君を斬首する」
スノウ「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そして君の父親はやせてきたので国外へ追放しておいた あとは僕に斬首されるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
スノウ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレはあの時腕が痛かったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
4様「そうか」
スノウ「ウオオオ仲間にしてくれえエエエエ!」
4様「今までのことは許せない。首を切る!」
腕痛のスノウが救われると信じて…! プレイありがとうございました!

508 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 00:49:28 ID:Sy77FMJZ0
「夢野カケラ先生のソードマスターヤマトは、いつもいいところでおわっちゃうんだよな。」
「来週ヤマトはサイアークにどうやってかつんだろう。」
「いやあ、これはどう考えてもかてませんよ。 」
「来週号が気になるなぁ」


509 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 00:53:29 ID:s5+5OgMD0
実際>>505を作ってみてソードマスターヤマトがなぜ打ち切られたかよくわかったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

510 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 00:59:18 ID:CXdUSxhO0
>>504
なんだか読んでて不安になってきたぜ!

511 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 01:45:15 ID:AswFAlfn0
>>509
そうか

512 :民主党公認候補 山田山夫:2006/12/20(水) 05:46:43 ID:v3PXVzdP0

♪くさった政治を 交代するの
  たよれる同志は みんな目が死んでる
  政策提言野党…でも みんな目が死んでる

♪横路と若手は ともだちじゃないけど
  鳩・菅・小沢は 真紀子とともだち
  だいたいそんなかんじ ギャグマンガ野党

513 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 12:46:16 ID:L6wC6pm40
500まで来たからそろそろ次スレかと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!

514 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 13:14:58 ID:E1wkNV6o0
「お前はレスが500になったら次スレと思っているようだが…別に500になっても立たない」

「それから残り容量は200kbほど残っているのでスレ立て依頼はしないでおいた
あとは改変するだけだなクックックッ…」

515 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 14:56:59 ID:jy4iPC4i0
>>506
ネットじゃメルヘベナーやアバル信徒みたいな層に大人気


516 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 16:22:13 ID:udfgG0lt0
(ゴゴゴゴ)

517 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 17:43:31 ID:Kn+/Rywx0
ゴクアーク:メルヘブンの最終巻の作者ページを見たら、狙ってやったみたいなことが書いてあったとはな・・・

キョウアーク:ふふふ・・・彼は漫画家としてはまだ良いほう・・・

レツアーク:夢野カケラの方は打ち切りとは漫画家の面汚しよ・・・

518 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 17:49:36 ID:tmwOZOJ50
>>514
「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このスレが1000まで行くと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」

519 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 18:04:02 ID:DoIATKaS0
最終ラウンド 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 防衛戦は、今夜7時です。 ○BS
ランダエタ「チクショオオオオ!くらえ亀田!新必殺音速デンプシーロール!」
亀田長男「さあ来いランダエタアア!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(ゴン)
亀田長男「グアアアア!こ この浪速の闘犬と呼ばれる亀田家の長男が…こんなオッサンに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
亀田長男「グアアアア」
亀田次男「兄貴がやられたようだな…」
亀田父「フフフ…奴は亀田家の中でも最弱…」
亀田長男の嫁「オッサンごときに負けるとは亀田家の面汚しよ…」
ランダエタ「くらええええ!」
(ゴン)
3人「グアアアアアアア」
ランダエタ「やった…ついに亀田家を倒したぞ…これで兄弟最強の三男のいる亀田家の扉が開かれる!!」
亀田三男「よく来たな新チャンピオンランダエタ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ランダエタ「こ…ここが亀田家だったのか…!感じる…亀田のパワーを…」
亀田三男「ランダエタよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『アウェイでの試合』が必要だと思っているようだが…別にこなくても倒せる」
ランダエタ「な 何だって!?」
亀田三男「そして○BSは試合そっちのけでドキュメント流すので一発殴っておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ランダエタ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにそっくりな髪型のチャンピオンがいたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
亀田三男「そうか」
ランダエタ「ウオオオいくぞオオオ!」
亀田三男「さあ来いランダエタ!」
ランダエタの拳が世界を取ると信じて…! ご視聴ありがとうございました!

520 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 21:44:10 ID:+bS1MBa/0
もーなんだよこれ!TBSに文句言ってやる!

521 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 21:56:07 ID:pEm4P0Ez0
やっちゃったぜ(tbs

522 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 21:57:14 ID:uf6Dfm3PP
ttp://www.youtube.com/watch?v=lNnYk3RNNhc
ソードマスターカブト

523 :水先案名無い人:2006/12/20(水) 22:46:07 ID:2bUwG52b0
>>522
>>465

524 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 15:46:19 ID:Wz5/S4yp0
最終話 希望を胸に すべてをぶるぁする時…! 警視庁機動隊出身の、声優です。若本規夫
ヤマト「ちくしょう・・・・・ちっくしょおおおおおおおおおおおお!くぅるぁえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来ぉいヤムァトオオ!オォレは実はぁ一回刺されただけぇで死ぬぞオオォォォォ!」
(ザン)
サイアーク「ぶるああああああぁぁぁぁ!こぉ こぉのザァ・フゥジィミィと呼ばれるぅ四天王のサイアァクぐあ…こぉんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「ちくしょおおおおおおおおおお」
ゴクアーク「サイアァクがやられたようだぬぁ…」
キョウアーク「フフフ…やぁつはしいぃてんおうの中でも最弱…」
レツアーク「ぬぃいんげんごぉときに負けるとはぁまぁぞくの面汚しよぉ…」
ヤマト「くるぁええええ!」
(ズサ)
3人「ちくしょおおおおおおおおおおお」
ヤマト「やったぁ…つぅういぬぃ四天王を倒したぞぉ…こぉおれでベェルゼバァブゥのいる魔龍城の扉がぁ開かぁれるぅ!!」
ベルゼバブ「よぉおおく来たなぁスォオードォムァスタァアーヤムァトォ…待ああぁっていたぞおおぉ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こぉ…こぉこぐぁ魔龍城だったのかぁあ…!感ぁんじぃる…ベェルゼェバァブの魔力をぉ…」
ベルゼバブ「ヤムァトよぉ…たぁたぁかう前に一つ言ぃぃっておくくぉとがあるぅ おぉ前は私を倒すのにぃ『すぇぇえなぁる石ぃぃ』が必要だぁと思っっっていぃるよぉうだぁぐぁ…ぶぇぇぇえつになぁくぅてぇもぉ倒せぇる」
ヤマト「ぬぁ 何だってぇぇぇ!?」
ベルゼバブ「そぉぉおおしぃてぇお前の両親はやぁあせてきたのどぉえ最寄りの町へぇ解放しぃておいたぁぁ あぁとわぁ私を倒すどぁけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だぁ…オォォォレも一つ言っておくことがあぁぁる こぉのオォォレに生きぃ別れぇた妹ぐぁぁいぃるような気ぐぁしていたぐぁ別にそぉんなことはぁなかったずぇぇぇ!」
ベルゼバブ「そぉうくぁあああ」
ヤマト「ウオオオォォォォォォいくずォォォォォオオオ!」
ベルゼバブ「すぁあ来ぉいヤァムァトォォォ!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

525 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 16:19:07 ID:Z2AhiwJoO
ランダエダが全然クリーンヒットを打たなかったような気がしていたがそんなことはなかったぜ!

526 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 17:25:17 ID:IDtGObRw0
>>524
若本と言うより銀様な気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

527 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 17:36:37 ID:n2/Z4ijB0
すぉおおおおおおうかああぁぁぁぁ

528 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 21:46:09 ID:9Y22R3hR0
あぶなが様かと思ったがそんなことはなかったぜ!

529 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 21:55:48 ID:UCfGpLyr0
そうか

530 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 22:34:38 ID:Rf2ooUl60
白髪の方の亀田の対戦相手が勝ち星無しの7年ブランク持ちかと思ったがそんなことはあったぜ!

531 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 22:44:00 ID:4XReLkur0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 近未来編の独立作品は、開発未定です。 島本和彦
アキラ「チクショオオオオ!くらえ液体人間!新必殺ローキック!」
W1「さあ来いアキラアア!オレは実は背中を一回攻撃されただけで死ぬぞオオ!」
(ボコ)
W1「グアアアア!こ このザ・悲惨と呼ばれる行方不明のワタナベ父が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(男アキラ‥ 無理を通してみせるッ!!)
W1「グアアアア」
和尚「液体人間ワタナベがやられたようだな…」
シンデルマン「フフフ…奴は液体人間の中でも最弱…」
ヤマザキ「人間ごときに負けるとは液体人間の面汚しよ…」
アキラ「くらええええ!」
(ジョムジョム弾)
3人「グアアアアアアア」
アキラ「やった…ついにクルセイダーズを倒したぞ…これで隠呼(インコ)大仏像のいる御出居(おでお)寺の扉が開かれる!!」
おインコ様「よく来たなブリキ大王パイロットアキラ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
アキラ「こ…ここが御出居寺だったのか…!感じる…液体人間2000人分の力を…」
おインコ様「アキラよ…戦う前に一つ言っておくことがある
       お前はブリキ大王を操縦するのに『超能力』が必要だと思っているようだが…別になくても動かせる」
アキラ「な 何だって!?」
おインコ様「そしてちびっこハウスは焼けてきたので
       修理しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(BGM:メガロマニア)
アキラ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
     このオレにタイヤキ屋の友がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
おインコ様「そうか」
アキラ「ウオオオいくぞオオオ!」
おインコ様「さあ来いアキラ!」
アキラの勇気が世界を救うと信じて…! クリアありがとうございました!

532 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 23:16:08 ID:M7TC36H20
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! KOF最新作は、発売未定です。 SNK
京「チクショオオオオ!くらえユリ!裏百八式大蛇薙!」
ユリ「さあ来いキョオオ!オレは実は必殺技でKOされたら脱ぐぞオオ!」
(ザン)
ユリ「グアアアア!こ このザ・脱衣と呼ばれる女性格闘家チームのユリ・サカザキが…こんな万年高校生に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ユリ「グアアアア」
テリー「ユリがやられたようだな…」
アテナ「フフフ…奴はKOF94の中でも最弱…」
リョウ「新人ごときに負けるとはSNKキャラの面汚しよ…」
京「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
京「やった…ついに全チームを倒したぞ…これでルガールのいるブラックノアの扉が開かれる!!」
ルガール「よく来たな草薙京…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
京「こ…ここがブラックノアだったのか…!感じる…ジェノサイドカッターの鬼減りを…」
ルガール「京よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『草薙の炎』が必要だと思っているようだが…別になくてもしゃがみ強P連発で倒せる」
京「な 何だって!?」
ルガール「そしてお前の父親が乗り込んできたので次回作向けに洗脳しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
京「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにユキって名前の彼女がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ルガール「そうか」
京「ウオオオいくぞオオオ!」
ルガール「さあ来いヤマト!」
草薙の炎が世界を救うと信じて…! 1プレイありがとうございました!

533 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 23:17:18 ID:cB8diGG70
「別にそんなことはなかったぜ!」して1時間以内に「そうか」されなければご愛読ありがとうございました!

534 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 23:23:42 ID:n2/Z4ijB0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 現代編の独立作品は、開発未定です。 ■
ひかつ「チクショオオオオ!くらえナムキャット!新必殺烈風正拳突き!」
ナムキャット「さあ来い高原日勝ぅぅぅ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(バチィィィ)
ナムキャット「グアアアア!こ このザ・甘っちょろいガキと呼ばれる六人衆のナムキャットが…こんなアホに…バ…バカなアアアアアア」
(シュワシュワシュワシュワシュワシュワシュワシュワ)
ナムキャット「グアアアア」
グレートエイジャ「ナムキャットがやられたようだな…」
トゥーラ・ハン「フフフ…奴は六人衆の中でも最弱の技ばかり…」
森部生士「知力25ごときに負けるとは格闘家の面汚しよ…」
マックス・モーガン「HAHAHAHAHAHA・・・」
ジャッキー・イヤウケア「HUHUHUHUHU・・・」
ひかつ「くらええええ!」
(バチバチバチィィィ)
5人「グアアアアアアア」
ひかつ「やった…ついに六人衆を倒したぞ…これで俺は最強になれる!!」
オディ・オブライト「よく来たな最強の格闘家高原日勝…待っていたぞ…」
(ジャリッジャリッジャリ)
ひかつ「こ…ここは河原だったのか…!感じる…オブライトの殺意を…」
オブライト「高原日勝よ…戦う前に一つ言っておくことがある 
      お前は私を倒すのに『あびせ蹴り』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ひかつ「な 何だって!?」
オブライト「そして6人は可哀想な顔だったので病院送りで勘弁しておいた 
      あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ひかつ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 
     この俺にスパイラルニーなんて技があったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
オブライト「そうか」
ひかつ「ウオオオいくぞオオオ!」
オブライト「さあ来い高原日勝!」
高原日勝のハートが世界を救うと信じて…! クリアありがとうございました!

535 :水先案名無い人:2006/12/21(木) 23:43:41 ID:IqDJkNFF0
最終話 ビームサーベルを胸に すべてを終わらせる時…! イレギュラーハンターX2は、発売未定です。 CAPCOM
エックス「チクショオオオオ!くらえヴァヴァ!新必殺音速ビーム斬!」
ヴァヴァ「さあ来いエックスウウ!オレは実は2回斬られただけで死ぬぞオオ!」
(ズバ ズバ)
ヴァヴァ「グアアアア!こ このザ・復讐鬼と呼ばれるヴァヴァMk-Uが…こんなB級ハンターに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ヴァヴァ「グアアアア」
ヴァジュリーラ「ヴァヴァがやられたようだな…」
マンダーラ「フフフ…奴はナイトメアポリスの中でも最弱…」
ドップラー「エックスごときに負けるとはドップラー軍団の面汚しよ…」
エックス「くらええええ!」
(ズバ)
3人「グアアアアアアア」
エックス「やった…ついにドップラー軍団を倒したぞ…これで一連の反乱は鎮まる!!」
シグマ「よく来たなイレギュラーハンターエックス…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
エックス「こ…ここにもシグマがいたのか…!感じる…シグマのウィルスを…」
シグマ「エックスよ…戦う前に一つ言っておくことがある 
     お前は私を倒すのに『全てのパーツ』を揃える必要があると思っているようだが…むしろアームパーツは邪魔になる」
エックス「な 何だって!?」
シグマ「そしてドップラー博士は正気に戻ったので最寄りの都市へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
エックス「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ゼロがやられたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
シグマ「そうか」
エックス「ウオオオいくぞオオオ!」
シグマ「さあ来いエックス!」
ゼロから託されたビームサーベルがシグマも2発で沈めると信じて…! ご愛遊ありがとうございました!

536 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 00:17:47 ID:ideL/Qdk0
頭文字Dネタで誰かきぼんぬ。
俺では…_| ̄|○

537 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 01:02:47 ID:x+OcvBpN0
最終話 水をコップに すべてを終わらせる時…! コミックス第35巻は、発売未定です。 しげの秀一
拓海「チクショオオオオ!くらえSSR!新必殺溝ショートカット!」
トオル「さあ来いプロジェクトDィィイイ!オレは実はショートカットの荷重移動ができないぞオオ!」
(ガッシャアアアン〔横転〕)
トオル「グアアアア!こ このザ・つっこみがやばいロードスターのトオルと呼ばれるSSRの末次トオルが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(シャィイイイン)
トオル「グアアアア」
埼玉連合の人たち「SSRがやられたようだな…」
東堂塾の人たち「フフフ…やつらは栃木の中でも最遅…」
パープルシャドウの人たち「群馬のガキ共ごときに負けるとは走り屋の面汚しよ…」
神奈川の人たち「フフフ・・・」
拓海「くらええええ!」
(ギュアアァイイイィン)
関東の走り屋たち「グアアアアアアア」
拓海「やった…ついに関東を制覇したぞ…これで涼介さんの医者就職への扉が開かれる!!」
文太「よく来たな秋名のハチロク…待っていたぞ…」
(ドルンドルドルゥン)
拓海「お・・・親父がインプだったのか…!感じる…親父のオーラを…」
文太「拓海よ…走る前に一つ言っておくことがある お前はオレを倒すのに『4WDの知識』が必要だと思っているようだが…別にあってもハチロクじゃ無理」
拓海「な 何だって!?」
文太「そしてナイトキッズはなんか影薄くなったので皆走り屋やめた あとはオレを倒すだけだなクックック…」
(キンコンキンコンキンコン)
拓海「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに別れた彼女がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
文太「そうか」
拓海「ウオオオいくぞオオオ!」
文太「さあ来い拓海!」
拓海のドラテクが法律をぶちやぶると信じて…! ご愛読ありがとうございました!


538 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 10:42:08 ID:M/h0Z70N0
http://www.mmv-i.net/game/ps2/busourenkin/
カズキがヤマトに見えた気がしたがそんなことはなかったぜ!

539 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 13:06:28 ID:awqEE6b2O
【ソードマスタアッー!の由来】

肉しみの消えないヤマトが四天王の一人サイアークに激突
 ↓
「お前はトマトか!」 「俺はポテトだ!」などの
会話を経て新必殺を繰り出す。
 ↓
過去のトラウマをほじくられ、「パンツだけは・・・許さない!」などと決意を新たにする
 ↓
巻末の煽りでで「彼女ができました」と悶える
 ↓
ヤマトに新しい脇を見せられ「実は一回刺されただけで死ぬぞぉ!」と悶えながら
超音速火炎剣で貫かれる。このあと、登場した残りの四天王も背後から
(剣を)挿入。「グワアーーー!!」と四天王は串刺しにされながら声をあげる。
 ↓
魔龍城の扉が開きベルゼバブと最後の戦いが始まる。おむすび一つで働かされるばかりだったヤマトの両親が一転、痩せてきたので、
最寄りの村に解放される。小刻みにヤマトの勘違いを訂正しながら、「(賢者の石が無くても)逝く!逝く!」
と叫んで、ヤマトに勢い良く襲い掛かる。
あとヤマトには生き別れの妹がいる気がしたが別にそんなことなかったらしい。

540 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 14:08:52 ID:iw0B4U5K0
ttp://asame5.web.infoseek.co.jp/2jumpf13.html
ガイシュツのような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

541 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 14:52:11 ID:eKq2xrPN0
散々既出です



散々既出です。

542 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 15:54:33 ID:ideL/Qdk0
>>537
をを!GJ!

543 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 19:12:38 ID:RwY1yjdV0
最終話 玄野を再生に すべてを終わらせる時…! Y・J・C第1巻は、発売未定です。 奥浩哉
タケシ「チクショオオオオ!くらえ星人!新必殺音速背負い投げ!」
お歯黒ベッタリ「さあ来いタケシイイ!私は実は一回投げられただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
お歯黒ベッタリ「グアアアア!こ このザ・イキオクレと呼ばれる妖怪星人のお歯黒ベッタリが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
お歯黒ベッタリ「グアアアア」
化け猫「お歯黒ベッタリがやられたようだな…」
砂かけ婆「フフフ…奴は星人の中でも最弱…」
子泣き爺「子供ごときに負けるとは妖怪星人の面汚しよ…」
加藤「くらええええ!」
(ギョーン)
3人「グアアアアアアア」
稲葉「やった…ついに星人を倒したぞ…これでぬらりひょんのいる通天閣の扉が開かれる!!」
ぬらりひょん「よく来たなガンツチーム…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
坂田「こ…ここが通天閣だったのか…!感じる…タイムリミットが近い…!」
ぬらりひょん「ガンツチームよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ガンツスーツ』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
チェリー「な 何だって!?」
ぬらりひょん「そして玄野は奇跡的にまだ息があったので今病院で治療を受けている あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
加藤「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 吸血鬼が思いがけない活躍をしてくれるんじゃないかと密かに期待していたがあいつら雑魚にやられてしまったぜ!」
ぬらりひょん「そうか」
全員「ウオオオいくぞオオオ!」
ぬらりひょん「さあ来いガンツチーム!」
ガンツチームの勇気が大阪を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

544 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 20:04:30 ID:m9wruxqr0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ウルトラマンエースDVDは、発売未定です。 円谷プロ
エース「チクショオオオオ!くらえバラバ!バラバ剣返し!」
バラバ「さあ来いエースウウ!オレは実は自分のカマで死ぬぞオオ!」
(ザン)
バラバ「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる暗殺超獣のバラバが…こんな短足に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
バラバ「グアアアア」
エースキラー「バラバがやられたようだな…」
カウラ「フフフ…奴は放射能の雨がなければ最弱…」
ブラックサタン「短足ごときに負けるとは超獣の面汚しよ…」
エース「くらええええ!」
(ズサ)
超獣軍団「グアアアアアアア」
エース「やった…ついに超獣を全部倒したぞ…これでヤプールのいる異次元の扉が開かれる!!」
巨大ヤプール「よく来たなウルトラマンエース…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
エース「こ…ここが異次元だったのか…!感じる…ヤプールの怨念を…」
巨大ヤプール「エースよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒しても復活すると思っているようだが…別にそんなことはない」
エース「な 何だって!?」
エース「そして子供達はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
エース「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 南夕子が月面人だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
巨大ヤプール「そうか」
エース「ウオオオいくぞオオオ!」
巨大ヤプール「さあ来いエース!」
エースの勇気が世界を救うと信じて…! 応援ありがとうございました!

545 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 22:55:21 ID:aD9WIP+X0
最終話 槍に勇気をこめて すべてを終わらせる時…! 極・魔界村は、発売中です。 カプコン
アーサー「チクショオオオオ!くらえレッドアリーマーエース!サンダー!」
レッドアリーマーエース「さあ来いアーサー!オレは実は後ろにジャンプしながら攻撃すれば死ぬぞオオ!」
(ドガッ)
レッドアリーマーエース「グアアアア!こ このザ・イヤガラセと呼ばれるレッドアリーマーエースが…こんな露出魔に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
レッドアリーマーエース「グアアアア」
魔王アスタロト「レッドアリーマーエースがやられたようだな…」
魔王アスタロト「フフフ…奴はレッドアリーマーの中でも最弱…」
超魔王ネビロス「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
アーサー「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
アーサー「やった…ついに魔王を倒したぞ…これでプリンセスを救える!!」
プリンセス「よく来たてくれましたね、騎士アーサー…待っていましたよ…」
(ギイイイイイイ)
アーサー「こ…これでEDなのか…?感じる…達成感を…」
プリンセス「アーサー…安心する前に一つ言っておくことがあります あなたは『これでもうクリアだ』と思っているようですが…実はもう一周あります」
アーサー「な 何だって!?」
プリンセス「そして魔帝サマエルを倒すために必要な『ようせいのうでわ』はどこかに隠して置きました あとは頑張るだけですね…」
(ゴゴゴゴ)
アーサー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 俺は百万回やられても負けないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
プリンセス「そうですか」
アーサー「ウオオオめんどくせえええ!」
プリンセス「さあ行くのですアーサー!」
アーサーの勇気がプリンセスを救うと信じて…! 2週目頑張ってください!



魔帝サマエル「プリンセスは私を倒すのに「ようせいのうでわ」が必要だと言ったが・・・別になくても裏技使えば倒せる」
アーサー「そうか」

546 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 23:15:45 ID:Sn976CTe0
バラバは殺し屋超獣だったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

あと実はエースの台詞が3行続いてるぞオオ!

547 :水先案名無い人:2006/12/22(金) 23:20:50 ID:tEt/xR1P0
>あと実はエースの台詞が3行続いてるぞオオ!
ラスボスといえば納谷吾郎だろって事で一人二役になったんだと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!

548 :水先案名無い人:2006/12/23(土) 00:07:32 ID:SYcoDksn0
ジェダイナイトルーク 最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! エピソード4DVDは、発売未定です。 ジョージ・ルーカス
ルーク「チクショオオオオ!くらえヴェイダー!新必殺音速火炎斬!」
ダースヴェイダー「さあ来いルークウウ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ダースヴェイダー「グアアアア!こ このザ・シスと呼ばれる暗黒卿のダースヴェイダーが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ダースヴェイダー「グアアアア」
ターキン「ヴェイダー卿がやられたようだな…」
エピット「フフフ…奴は帝国軍の中でも真っ黒…」
ジャージャロット「反乱軍ごときに負けるとは帝国の面汚しよ…」
ルーク「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ルーク「やった…ついに帝国軍を倒したぞ…これでパルパティーンのいるデススターの滑走路が開かれる!!」
パルパティーン「よく来たなジェダイナイトルーク…待っていたぞ…」
(ウイイイイイン)
ルーク「こ…ここがデススターだったのか…!感じる…パルパティーンのフォースを…」
パルパティーン「ルークよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『暗黒面の克服』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ルーク「な 何だって!?」
パルパティーン「そしてレイア姫はやせてきたので最寄りの惑星へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ルーク「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
パルパティーン「そうか」
ルーク「ウオオオいくぞオオオ!」
パルパティーン「さあ来いルーク!」
ルークの勇気が銀河を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

549 :水先案名無い人:2006/12/23(土) 02:51:43 ID:I9vhaJwd0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 放送枠の確保は未定です。 広井王子
ケンジ「チクショオオオオ!くらえロッククリムゾン!新必殺究極魔弾斬!」
ロッククリムゾン「さあ来いケンジイイ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ロッククリムゾン「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれるジャマンガのロッククリムゾンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ロッククリムゾン「グアアアア」
ブラッディ「ロッククリムゾンがやられたようだな…」
レディゴールド「フフフ…奴はジャマンガの中でも最弱…」
Dr.ウォーム「人間ごときに負けるとは魔物面汚しよ…」
ケンジ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ケンジ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでグレンゴーストのいるジャマンガ城の扉が開かれる!!」
グレンゴースト「よく来たな魔弾剣士ケンジ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ケンジ「こ…ここがジャマンガ城だったのか…!感じる…グレンゴーストの魔力を…」
グレンゴースト「ケンジよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『パワースポットの封印』が必要だと思っているようだが…寧ろ開放しないと倒せない」
ケンジ「な 何だって!?」
グレンゴースト「そしてメカニムーンはやせてきたのでジャークムーンに戻しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ケンジ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに妙に老けた先輩がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
グレンゴースト「そうか」
ケンジ「ウオオオいくぞオオオ!」
グレンゴースト「さあ来いケンジ!」
ケンジの勇気があけぼの町を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

550 :俺が4まで見た感想:2006/12/23(土) 14:42:39 ID:e8h3qTQC0
最終話 STRANGE EONS 希望を胸に すべてを終わらせる時…! D・V・D vol.6は、発売未定です。 鋼屋ジン
九郎「チクショオオオオ!くらえアンチクロス!!第一近接昇華呪法『レムリア・インパクト』!」
カリグラ「さあ来いデモンベインンン!!オレは実は偽物に騙されて後ろを取られるぞオオ!」
(昇華ッ!)
カリグラ「グアアアア!こ このザ・怪力と呼ばれるアンチクロスのカリグラが…こんなニートに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
クラウディウス「カリグラアアアア」
ティトゥス「…」
ティベリウス「カリグラちゃん やられちゃったみたいネェ」
ウェスパシアヌス「フフフ…奴はアンチクロスの中でも最弱…ああ最弱だとも」
アウグストゥス「ネクロノミコンを持たない魔術師ごときに負けるとはアンチクロスの面汚しよ…」
九郎「くらええええ!」
(シャイニングトラペゾヘドロン!)
5人「グアアアアアアア」
九郎「やった…ついにアンチクロスを倒したぞ…これでマスターテリオンのいるヨグ=ソトースの門が開かれる!!」
マスターテリオン「よく来たなマギウスマスター大十字九郎…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
九郎「こ…ここがヨグ=ソトースの門の中だったのか…!感じる…マスターテリオンの魔力を…」
マスターテリオン「大十字九郎よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は余を倒すのに『アル・アジフ』が必要だと思っているようだが…別にウェストの人形でも倒せる」
九郎「な 何だって!?」
マスターテリオン「そしてアル・アジフはなんか適当に生き返らせてアーカムへ戻してやった あとは余を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
九郎「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 最初の方でメタトロンがうっかり写っていた気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
マスターテリオン「そうか」
九郎「ウオオオいくぞオオオ!」
マスターテリオン「さあ来い大十字九郎!」
九郎の勇気が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!


551 :水先案名無い人:2006/12/23(土) 17:38:25 ID:xUACSTwI0
最終章 希望を胸に すべてを終わらせる時…! M・F第11巻は、発売未定です。 ヤマグチノボル
サイト「チクショオオオオ!くらえジョゼフ!新必殺音速火炎斬!」
ジョゼフ「さあ来いサイトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ジョゼフ「グアアアア!こ このザ・ムノウと呼ばれるジョゼフが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ジョゼフ「グアアアア」
ビダーシャル「ジョゼフがやられたようだな…」
イザベラ「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ワルド「平民ごときに負けるとは貴族の面汚しよ…」
サイト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
サイト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでテュリュークのいるシャイターンの扉が開かれる!!」
テュリューク「よく来たなソードマスターサイト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
サイト「こ…ここがシャイターンだったのか…!感じる…のテュリュークの魔力を…」
テュリューク「サイトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『4の悪魔』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
サイト「な 何だって!?」
テュリューク「そしてお前の友人のタバサの母は薬で自我を失っていたので解毒剤で治しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
サイト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは何処かへ帰るような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
テュリューク「そうか」
サイト「ウオオオいくぞオオオ!」
テュリューク「さあ来いサイト!」
サイトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

552 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 07:50:00 ID:gXeRynKm0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ストリートファイター3は、方向性が違います。 カプコン
リュウ「チクショオオオオ!くらえバイソン!新必殺ジャンプ大アッパー昇竜拳!」
バイソン「さあ来いリュウウウ!オレは実は竜巻旋風脚だけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
バイソン「グアアアア!こ このザ・パンチ野郎と呼ばれる四天王のバイソンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
バイソン「ウワーウワーウワー」
バルログ「バイソンがやられたようだな…」
サガット「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ベガ「リュウごときに負けるとはシャドルーの面汚しよ…」
リュウ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
リュウ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで表彰台に登らず帰れる!!」
ダルシム「よく来たなストリートファイターリュウ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
リュウ「ま…まだ戦ってなかったのか…!感じる…四天王より強い奴の闘気を…」
ザンギエフ・本田「リュウよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私達を倒すのに『垂直ジャンプ大キック』が必要だと思っているようだが…そうしないとハメ殺される」
リュウ「な 何だって!?」
ケン「そして春麗は絶対飛び込んでくるから昇竜拳でパーフェクト勝利しておいた あとは俺達を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
リュウ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ガイルは強キャラだと思っていたが弱キックだけでパーフェクトだぜ!」
ケン「そうか」
ブランカ「ウオオオいくぞオオオ!」
リュウ「さあ来いブランカ!」
波動拳はスキを作るだけと信じて…! 俺より強い奴はいっぱいいました!

553 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 15:55:17 ID:TCOfTw2v0
喪男「やった…ついに孤独に耐えきったぞ…これで24日のカレンダーが捲られる!!」
???「よく耐えたな名無し…今行くぞ…」
(ギイイイイイイ)
喪男「お…おれはよい子だったのか…!感じる…サンタさんの気配を…」
???「名無しよ…不法侵入前に一つ言っておくことがある お前は私を『サンタクロース』だと思っているようだが…別にそうではない」
喪男「な 何だって!?」
???「そしてお前の部屋は施錠されていないので簡単に侵入できた あとは私に怯えるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
喪男「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに抵抗する意思があったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
???「そうか」
喪男「ウオオオどうぞオオオ!」
???「金持って来いお前!」

K札「強盗に押し入られたようだな…」
調査ご協力ありがとうございました!

554 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 16:10:49 ID:FNTONVJm0
ザ・ゴートーさん…!
いらしてたんですね…

555 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 17:19:56 ID:tWzu7zcY0
最終放送 希望を胸に ソフトバンクを終わらせる時…! ハゲ携帯は、発売未定です。 孫
キミ「チクショオオオオ!くらえA女!新必殺私にかけるとお金かかるし!」
A女「さあ来いキミちゃんッッ!私は実は一回電話されただけで死ぬわよオオ!」
(ごきげんよう〜)
A女「グアアアア!こ このザ・ソフトバンクと呼ばれる仲良し4人組みのA女が…こんな小娘に…バ…バカなアアアアアア」
(…ごめん)
A女「グアアアア」
B女「A女がやられたようね…」
C女「フフフ…奴は仲良し4人組の中でも最弱…」
D女「ドコモごときに負けるとはソフトバンクの面汚しね…」
キミ「くらええええ!」
(そうだよ。)
3人「グアアアアアアア」
キミ「やった…ついに仲良し4人組を倒したわ…これでソフトバンクのいる孫城の扉が開かれる!!」
ソフトバンク「よく来たな携帯マスターキミ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
キミ「こ…ここが孫城だったのか…!感じる…ソフトバンクの電波を…」
ソフトバンク「キミよ…試合の件をきく前に一つ言っておくことがある 
お前は件をきくのには『他社携帯でないこと』が必要だと思っているようだが…別になくても連絡は出来る」
キミ「な 何ですって!?」
ソフトバンク「そしてうちの携帯の電波はやせてきたので最寄りの鉄塔へ解放しておいた あとは私と契約するだけだなクックック…」
(いいよ、いいよ。)
キミ「フ…上等よ…わたしも一つ言っておくことがあるわ このわたしに
電話をかけるとお金がかかるような気がしていたが別にそんなことはなかったわ!」
ソフトバンク「そうか」
キミ「ウオオオかけるわよオオオ!」
ソフトバンク「さあ来いキミ!」
キミの勇気が携帯世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

556 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 17:43:49 ID:WOnOGZJK0
最終話 希望を胸に クリスマスを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサンタ!新必殺音速火炎斬!」
サンタ「さあ来いヤマトオオ!オレは実は煙突がないと家に入れないぞオオ!」
(ザン)
サンタ「グアアアア!こ このザ・プレゼントと呼ばれる老人のサンタクロースが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サンタ「グアアアア」
トナカイ「サンタがやられたようだな…」
ソリ「フフフ…奴はサンタの中でも最弱…」
袋「人間ごときに負けるとはサンタの面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついにサンタを倒したぞ…これで今年のクリスマスは中止だ!!」
イケメン「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「き…今日がクリスマスだったのか…!聴こえる…町中のカップル達の声が…」
イケメン「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はクリスマスを中止にするのに『サンタを倒すこと』が必要だと思っているようだが…別に倒してもクリスマスは続行だ」
ヤマト「な 何だって!?」
イケメン「そして俺の彼女はムラムラしてきたので最寄りのラブホテルで待機させておいた あとは私は彼女と性なる夜を過ごすだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに彼女いるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
イケメン「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
イケメン「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が喪男たちを救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

557 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 18:35:19 ID:rTt7MId90
FINALWARS 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ゴジラは、これで終わりです。 東映
ゴジラ「ギャオオオオオオオオ!」
ジラ「ガオオオオオオオ!ガオオオオオオオオオオオ!」
(バー)
ジラ「ゴアアアア!ゴギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」
(ドドドドド)
ジラ「ゴギャアアアアアア」
アンギラス「アギャアアアアア」
カマキラス「キシャアアアアアア」
クモンガ「クシャアアアアアアアア」
ゴジラ「ギャオオオオオオオオ!」
(バー)
3体「ゴギャアアアアアアア」
ゴジラ「ギャオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」
モンスターX「ギョオオオオオオオオオオオオ」
(ギイイイイイイ)
ゴジラ「ギャオオオオオオオオオオオ」
モンスターX「ギョオオオオオオオオオオオ」
ゴジラ「ギャオオオ!?」
モンスターX「ギョオオオオオオオオオオオオ」
(ゴゴゴゴ)
ゴジラ「ギャオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!」
モンスターX「ギョオ」
ゴジラ「ギャオオオオオオオオオオオ!」
モンスターX「ギョオオオオオオオ!」
ゴジラの放射熱線が世界を救うと信じて…! ご鑑賞ありがとうございました!

558 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 18:45:30 ID:wG+MMdg00
>>557
頭文字Dでも応用が利きそうだ(w

559 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 18:51:53 ID:2p0E3gQ50
>モンスターX「ギョオ」

吹いたwwwwww

560 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 19:54:20 ID:WgUzFtvY0
>>557
>ゴジラは、これで終わりです。 東映

なんだか物凄い違和感を感じるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

561 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 20:07:23 ID:glSRTnYO0
やっちゃったぜ

562 :水先案名無い人:2006/12/24(日) 20:09:55 ID:30UOqBuw0
ガメラに置き換えてもそのままだな。

563 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 00:47:17 ID:YPVepc5p0
保険金を目当てに、我が子の首を今絞める時! スズカ

564 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 01:42:12 ID:KTbjvtDyO
そのネタは、不謹慎です。 >>564

565 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 08:20:26 ID:beCB1IFP0
小島さん、非道いっスよコレ!自分にレスしてるじゃないっスか!?

566 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 08:24:38 ID:NF93EqsZ0
>>564はやっちゃってないぜ

567 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 12:26:25 ID:FzfxtU490
そうか

568 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 15:52:58 ID:bQw78uXp0
ウオオオやっちゃうぞオオオ!

569 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 18:35:14 ID:HA0JKQDMO
クリスマスまでには童貞卒業できるような気がしていたがそんなことはなかったぜ…

570 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 18:45:26 ID:Vj+6MgPp0
そうか・・・

571 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 18:57:40 ID:hwJjuQvq0
ウオオオ吊るぞオオオ!

572 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 19:01:18 ID:VaLN4ZhJ0
次は池面に生まれ変われると信じて…! ご愁傷様でした!

573 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 19:32:26 ID:Y8nCCOpb0
♪クリスマスの夜には マモノが住〜むの〜

574 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 21:12:14 ID:yD5H2VHk0
頼れる仲間は みんな彼女といる

575 :水先案名無い人:2006/12/25(月) 21:23:18 ID:d3AhuXuhO
そうか

576 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 00:51:22 ID:26l7hVUm0
こ、ここがバチカンだったのか…!感じる…教皇の魔力を…。
ttp://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/50480086.html

577 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 01:26:35 ID:TzcO0sL00
スターウォーズの皇帝に見えたような気がしていたがそんなことはあろうがなかろうが怖かったぜ!

578 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 09:19:30 ID:26l7hVUm0
380 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ 投稿日:2006/12/25(月) 22:52:31 ID:XpAmH2x4
            ト        /l
              l=ヽ _ -‐,- 、 /=.|
               l,r ´l  ./   `ヽl
      ____/  l ./      ._ヽ___
      ヽ、 ̄ l l   l/     ||  ̄ ̄./ し い
         ヽ_j { '´    `ヽ  │|__/   .ゃ ら
         ヽ_j.l ●    ●   | l__/      |  っ
            ヽl⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l./       |
        /⌒ヽ、.ヘ   ゝ._)   , /⌒i        い
      \::::::::\._> 、 __, イ_./:::::/
.         \::::::::::::∬∬∬∬::::::::::l
         `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


     ー=二三ミv‐-、      い 聖
   ヾー' ´           ヽ      る な
     >   r'rミW/ミヾ   ',    か る
  / / / /ニニ◎ニニヽ. l l l    い 石
  .フ ク 〃 /ノ    `ヽ} l l ト   ? は
./7 ,イ , 、トl ●    ●lr‐、 l
  /,リ(o ⊂⊃ 、_,、_, ⊂lo人!. \「l____________
  /i⌒ヽ     (_.ノ  lエエエア⌒X(0)|===========ー―――――‐>
   ヽ  ヽー、、 __, ,イー <  //l」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ  廴.}ミ三彡廴.ア/
     /ゝ_ノ       /

579 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 10:20:01 ID:OplFNcgU0
381 名前:名無しさん@├\├\廾□`/ 投稿日:2006/12/25(月) 22:53:24 ID:XpAmH2x4
            ト        /l
              l=ヽ _ -‐,- 、 /=.|
               l,r ´l  ./   `ヽl
      ____/  l ./      ._ヽ___  倒  別
      ヽ、 ̄ l l   l/     ||  ̄ ̄./  せ  に
         ヽ_j {            │|__/   ま   な
         ヽ_j.l '´    `ヽ  | l__/      す   く
            ヽl ●   ●   .l./      ! !   て
             ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ /              も
            _> 、 __, イz_
          /:::::::::∬∬∬a::::::::ヽ
         〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉

580 :最後の2行のコメントは、原文ママです。:2006/12/26(火) 10:22:53 ID:OplFNcgU0
     ー=二三ミv‐-、
   ヾー' ´           ヽ      や
     >   r'rミW/ミヾ   ',    ま
  / / / /ニニ◎ニニヽ. l l l    と
  .フ ク 〃 /         } l l ト    l
./7 ,イ , 、トl ノ    `ヽlr‐、 l    ん
  /,リ(o  ●   ● lo人!
  /^リ_ .>⊂⊃、_,、_, ⊂.八!
     ヾー- 、 __, l⌒ヽ‐ア
      /ヾ_.}ミ三彡i   i'
    /  ノ      l  |
                  ト、         /l
                  l=ヽ_ - ‐ ‐r、 /=.|
               ,r ´  ヽ.  !  `ヽl
          ____/_     ヽl    l____
         ヽ、 ̄ ̄l l            ||  ̄ /  /
             ヽ___j {             ||_/    生き別れの
            ヽ_j.l          |l__/     妹は
               ヽ.jl          jl./      気のせいっ
             /⌒ヽ._l__z∬∬∬∬z/_/⌒i   \
           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈

ヤマチョさん漫画最終話。
いると思って探してたのに… (´・ω・`)にょろーん

581 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 11:54:35 ID:Z+s9UKwU0
最終話 希望を胸に 独身を終わらせる時…! 初孫は、未定です。 父より
新郎「チクショオオオオ!くらえウエディングケーキ!新必殺ケーキ入刀斬!」
ケーキ「さあ来い新郎ウウ!オレは実は一回刺されただけで割れるぞオオ!」
(ザン)
ケーキ「グアアアア!こ このザ・カザリと呼ばれる注目の的が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ケーキ「グアアアア」
義父「ウエディングケーキが切られたようだな…」
義母「フフフ…奴は式場の中でも最弱…」
親類「若造ごときに負けるとはとんだ景気付けよ…」
新郎「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
新郎「やった…ついに親族を倒したぞ…これで神父のいる聖堂の扉が開かれる!!」
神父「よく来たな3流企業の新郎…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
新郎「こ…ここが聖堂だったのか…!感じる…結婚式の圧力を…」
神父「新郎よ…結婚するに一つ言っておくことがある お前は新婦と結婚するのに『両親の承諾』が必要だと思っているようだが…既に承諾している」
新郎「な 何だって!?」
神父「そしてお前の配偶者は着付けてきたのでここへ呼び出しておいた あとは私に宣言するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
新郎「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに後ろ盾はない気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
招待客「そうか」
新郎「ウオオオいくぞオオオ!」
神父「さあ来い新郎!」
新郎の勇気が未来を築くと信じて…! ご執行ありがとうございました!


582 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 16:44:58 ID:b5Rq0jXJ0
このスレは八割方知らないネタだからほとんど読み飛ばしてるような気がしていたがやっぱりそうだったぜ

583 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 17:00:32 ID:PGRPKQXG0
そうか

584 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 17:32:55 ID:ggIms3Xt0
ウオオオ知らないぞオオオ!

585 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 17:45:20 ID:E2ppEojz0
さあ知れ住人!

586 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 18:32:30 ID:9slhB6EP0
皆が分かるネタが投下されると信じて…! ご感想ありがとうございました!

587 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 19:04:40 ID:N6jCCLEi0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! コミックス第1巻は、発売中です。  サンライズ
カレン「チクショオオオオ!くらえブリタニア!新必殺輻射波動!」
山「さあ来い赤いのオオ!オレは実は一回刺されただけで土砂崩れ起こすぞオオ!」
(ブオオオオオオ)
山「グアアアア!こ このザ・ナリタ何とかと呼ばれる山が…こんな国産ナイトメアに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
山「グアアアア」
ブリタニア軍「土砂崩れが起きたようだな…」
黒の騎士団「フフフ…奴は山の中でも最弱…」
日本開放戦線「輻射波動ごときに負けるとは日本の面汚しよ…」
土砂崩れ「ドドドドドドド!」
(ドドドドドドドド)
3勢力「グアアアアアアア」
カレン「やった…ついにブリタニアを倒したぞ…これでゼロのいる洞窟の扉が開かれる!!」
ゼロ「よく来たなカレン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
カレン「こ…ここが洞窟だったのか…!感じる…ゼロの電波を…」
ゼロ「カレンよ…連れ出してもらう前に一つ言っておくことがある お前はブリタニアを倒すのに『輻射波動』が必要だと思っていたようだが…別になくても倒せた」
カレン「な 何だって!?」
ゼロ「そしてお前の仲間は土砂崩れに巻き込まれて生き埋めだ あとは私を連れ出すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
カレン「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この私に死に別れたおにぃちゃんがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ゼロ「そうか」
カレン「ウオオオいくぞオオオ!」
ゼロ「さあ来いカレン!」
カレンの勇気が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

588 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 20:19:36 ID:ib72+868O
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


589 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 20:59:14 ID:bpuNEdmQ0
1P打ち切りか

590 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 21:10:03 ID:ompI2Bi+0
1コマ打ち切り

591 :水先案名無い人:2006/12/26(火) 21:16:10 ID:e1WJ+j+i0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
サイアーク「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私がベルゼバブの手下である四天王の一人だと思っているようだが…ベルゼバブも四天王も実は存在しない」
ヤマト「な 何だって!?」
サイアーク「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
サイアーク「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

592 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 00:29:48 ID:nS0gVbTA0
あと一コマもあれば投げっぱなしエンドじゃなくなるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

593 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 00:59:08 ID:0QSWV6Jw0
659 ゲーム好き名無しさん sage 2006/12/22(金) 15:29:28 ID:OqCkE8p+
魔人 サイアーク

ベルゼバブ配下四天王の一人 よく他人の名前を間違える
斬撃に対し非常に強い耐性を持ち 十回以上刺さなければ倒せない
その妙なタフネスさから ザ・フジミと呼ばれ恐れられている

相性:斬撃に弱い

594 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 01:43:37 ID:gkS0U+G80
新連載 希望を胸に すべてが始まる時…! 巻頭カラー3ページ!! 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは十回刺されないと死なないぞオオ!」
(バチン)
ヤマト「グアアアア!こ このザ・ソードマスターと呼ばれるヤマトの剣が…こんな魔族に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ヤマト「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークにも勝てないようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「サイアークごときに負けるとは…命があるだけでも感謝するんだな」
ヤマト「ちくしょおおお!」
(スッ)
四天王「ハハハハハハハ」
ヤマト「ちくしょう…このままでは四天王にも勝てないぞ…火炎斬を超える力を持つ必殺技、新必殺音速火炎斬を習得するしかない!!」
ベルゼバブ「お前がソードマスターヤマトか…所詮お前の力はその程度だ」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「お…お前が黒幕のベルゼバブか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…去る前に一つ言っておくことがある 私を倒すには『聖なる石』が必要だ」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親は人質に取っておいた 魔龍城の扉は四天王を倒さない開かないぞクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレには生き別れた妹がいるような気がするぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオ待ってろよオオオ!」
ベルゼバブ「魔龍城で待っているぞヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! 次号へ続く!

595 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 04:05:53 ID:43VPZcyr0
これじゃソードビギナーと言うべきな気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

つまりソードマスターとは…… 実は名字だったんだよ!!!

596 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 08:02:42 ID:43DtrN3FO
そうか

597 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 09:01:16 ID:C0TsPfuG0
>>593
斬撃に強いような弱いような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

598 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 11:26:20 ID:cTogeuC+0
第4話 河を渡って 木立を抜ける時…! HGUCケンプファーは、発売未定です。 バンダイ
ケンプファー「チクショオオオオ!くらえジムコマンド!新必殺ショットガン!」
ジムコマンド「さあ来いケンプファァァァ!オレは実は一回撃たれただけで壊れるぞオオ!」
(ドン)
ジムコマンド「グアアアア!こ このザ・量産型と呼ばれるスカーレット隊のジムコマンドが…こんな強襲用MSに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ジムコマンド「グアアアア」
ガンキャノン量産型「ジムコマンドがやられたようだな…」
ジムコマンド(コロニー用)「フフフ…奴はスカーレット隊の中でも最弱…」
ジムスナイパーII「ジオンごときに負けるとは連邦軍の面汚しよ…」
ケンプファー「くらええええ!」
(ズサ)
3機「グアアアアアアア」
ケンプファー「やった…ついにスカーレット隊を倒したぞ…これでアレックスのある秘密工場の扉が開かれる!!」
アレックス「よく来たなウエポンマスターケンプファー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ケンプファー「こ…ここが秘密工場だったのか…!感じる…アレックスの性能を…」
アレックス「ケンプファーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を破壊するのに『チェーンマイン』が必要だと思っているようだが…別になくても破壊できる」
ケンプファー「な 何だって!?」
アレックス「そしてお前の仲間は作戦を失敗したので基地から脱出させておいた あとは私を破壊するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ケンプファー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの装甲は紙切れのように薄っぺらいような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
アレックス「そうか」
ケンプファー「ウオオオいくぞオオオ!」
アレックス「さあ来いケンプファー!」
ケンプファーのパワーがチョバムアーマーを貫くと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

599 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:41:37 ID:ECZNSaFg0
657 名前:水先案名無い人 投稿日:2006/12/12(火) 15:46:58 ID:wJ4nygRc0
魔龍城に迫るヤマトを迎え撃つベルゼバブとその四天王
だが、それは亡き前編集小島の巧妙な罠だった。

「サイアークのザ・フジミは 私に崩される為に築いてきたんですものね」
「打ち切りにさえならなければ…こんなヤマトなんかに…!」
「よかったじゃないですか 誤植のせいにできて」
「んんんんんんんっ!」
「へへへ おい、残りの四天王を用意しろ。みんなまとめて瞬殺してやる」
(耐えなきゃ…!!今は耐えるしかない…!!)
「魔龍城の生扉ゲ〜ット」
(いけない…!聖なる石が不要になっているのを悟られたら…!)
「生ベルゼバブ様の生両親解放を拝見してもよろしいでしょうか?」
「こんなソードマスターに…くやしい…! でも…あとは私を倒すだけ!」(ビクッビクッ
「おっと、俺に生き別れの妹はいなかったか。甘い伏線処理がいつまでもとれないだろう?」

658 名前:水先案名無い人 投稿日:2006/12/12(火) 17:20:28 ID:Igwdyl0/0
へへへ…そうか

600 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:22:35 ID:0QSWV6Jw0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!夢か!」
ご愛読ありがとうございました!

601 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:40:44 ID:zvyL5kjZ0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

602 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:48:29 ID:mD5H9VGS0
最終話は、未定です。

603 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:51:46 ID:vSx7TboH0
終。

604 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 20:11:39 ID:r+yGHUV90
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ヒロインは、監督と結婚しました。 夢野カケラ
セリーン「チクショオオオオ!くらえビクター!新必殺音速火炎斬!」
ビクター「さあ来いセリーンンン!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ビクター「グアアアア!こ このザ・爺と呼ばれる吸血鬼のビクターが…こんな小娘に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ビクター「グアアアア」
クレイブン「ビクターがやられたようだな…」
コルヴィナス「フフフ…奴は不死者の中でも最弱…」
タニス「処刑人ごときに負けるとは吸血鬼の面汚しよ…」
セリーン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
セリーン「やった…ついに吸血鬼を倒したぞ…これでマーカスのいるウィリアムの牢の扉が開かれる!!」
マーカス「よく来たなセリーン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
セリーン「こ…ここがウィリアムの牢だったのか…!感じる…マーカスの魔力を…」
マーカス「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『紫外線弾』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
セリーン「な 何だって!?」
マーカス「そしてお前の両親はビクターが殺しちゃったからもういない あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
セリーン「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この私に混血種の恋人がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
マーカス「そうか」
セリーン「ウオオオいくぞオオオ!」
マーカス「さあ来いセリーン!」
セリーンの勇気が世界を救うと信じて…! ご鑑賞ありがとうございました!

605 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 20:31:04 ID:QMwr+Str0
>>594
こういう新連載はアニメや特撮の販促として
児童向け雑誌でよく見かけるような気がしたが
別にそんなことはなかったぜ!

606 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 21:14:09 ID:0QSWV6Jw0
ナルトスレに張れば反応があるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi66978.jpg.html

607 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 23:42:10 ID:XMBEXk3W0
カイジか銀と金ネタお願い
やろうとしたが途中で挫折した

608 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:51:01 ID:p9WgiD4Q0
>>606
こ・・・これが神職人だったのか・・・!感じる・・・>>606のクオリティを・・・

609 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 07:14:50 ID:kszYt1nq0
最終話 ざわ… 希望を胸に すべてを終わらせる時っ………! ざわ… C・Y・C第1巻は、発売未定です。 福本ノブユキ
ヤマト「ちくしょう……くらえサイアークっ………!新必殺……音速火炎斬っ………!」
サイアーク「さあ来いヤマト……(来るなっ…)オレは……実は一回刺されただけで死ぬのにっ………!」
(ざわ…)
サイアーク「グアアアアッ!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークがっ………!こんな小僧にっ………!バカな…バカな…」
(ざわ…)
サイアーク「グアアアアッ!」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだ…」
キョウアーク「フフフ…奴は…四天王の中でも最弱っ………!」
レツアーク「人間ごときに負けるとは…カスッ ゴミッ クズッ………!」
ヤマト「くらえっ…!」
(ざわ…)
3人「グアアアアアアアッ………!」
ヤマト「やった…ついに…四天王を倒したぞ…これで……これであとは………ベルゼバブのいる 魔龍城っ………!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ざわ…)
ヤマト「こ…ここが…ここが魔龍城っ………!感じる………サングラスの威圧感を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある…お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが……別になくても倒せるっ………!」
ヤマト「な……何だって……!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた… さあっ!あとは私を倒すだけだ!ク…クックック…ククク…ククククク………」
(ざわ…)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある(ざわ…)このオレに…生き別れた妹がいるような気がしていたが…別にっ…!そんなことはなかった…!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! 孤立せよ…!

610 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 12:04:33 ID:/SYTKQcw0
涯も混じってるな

611 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 13:57:10 ID:yA1YonaU0
>>609
「…」と「ざわ」をつけただけのような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ

612 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 14:07:36 ID:Gj+0r5hb0
>>606
最後の大蛇丸の顔がクラウザーさんに見えたが別にそんなことはなかったぜ!

613 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 15:26:41 ID:0cX3AHXG0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオ…チックショオオオオ!くぅぅらぁぁぁぁえぇぇぇぇ!サァイアァァァァーク!新・必殺ゥゥゥ…音速ッ!火炎斬!」
サイアーク「さあ…来ィィィ!ヤァマァトオオ!オレは…実はッ!一回刺されただけで…死ぬぞォォォォォォォ!」
(ザンッ)
サイアーク「ぬ…おお…グアアアア!こ…このッ、ザ・フジミ…と呼ばれるッ、四天王の…サァイアァァァークが…こんな、こ、小僧に…バ…バカなァァァァァァ!?」
(ドドドドド)
サイアーク「ぬおおおおああああああ!!」
ゴクアーク「サイアークがやられただと…?」
キョウアーク「ククク…奴は四天王の中でも最弱…気にする事など有りません」
レツアーク「人間如きに負けるとは魔族の面汚し也。我自ら断罪すべかと思ひける」
ヤマト「貴様ら…貴様等!この…くぅらええええぇぇぇぇぇぇぇ!」
(ズサ)
3人「グァァァァァァァ!あが、ギャァァァアァァァアァ!?」
ヤマト「ついに四天王を倒したぞ…!これでッ、ベルゼバブのいる魔龍城の扉が…扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「クククク…フハハハハ…クク、よく来たな…ソードマスターヤマト…待っていた…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ、ここが魔龍城だったのかッ…!感じる…感じるぞ…!ベルゼバブの魔力を…!」
ベルゼバブ「ヤマトよ…冥土のみやげにに一つ言っておこう。貴様は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せるぞ…ククク…」
ヤマト「な 何だってェェー!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいたぞ、クク…あとは私を倒すだけだなククク…フハハハハ…!」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ!オレも一つ言っておくことがある!オレに…生き別れた妹が…いるような気がしていたがっ!別に、そんなことはなぁかったぜぇ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウォォォォォォォォ!行っくぞォォォォォォ!」
ベルゼバブ「さあ…お前の全力を見せてみろ、来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて、みんなで応援だ! ご愛読ありがとうございました!

614 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 21:39:23 ID:xGmq6fyf0
SWORDMASTER この曲の入ったアルバムは発売未定なんだ 儚いよね。 あゆ

Woo..... 音よりも速く この胸の炎が 君に届いて欲しいんだ
僕は待っているよ 本当はとても簡単に消えてしまいそうな とてもとても儚い僕だけど…(Zun)
Ah... 僕は何があっても死なないと思ってたんだよね 信じられないけど君に逢うまでは…
(Da da da)La lai...
君はとても儚いよね Fu fu... 僕たちよりも儚いよね
こんなに儚い君を見ていると 僕はとてもとても恥ずかしくなってしまうよ…
君に届くといいな(Zun)
La lai...
ついに僕はやったんだ…これで君の心の扉が開くんだね
僕は長い長い時間 君をずっと待っていたんだよ…(Guyyyyy)
君はずっとここにいたんだね 今こそ君の息吹をとても強く感じるんだ
でも君に逢う前に一つ言っておきたいんだ 君と僕の出会いに 輝く宝石なんていらないんだと
本当なのかな…?
そして君の大切な彼らは 儚くやせてしまったけど 今はもう自由なんだよ Lu lu 
(Ga ga ga)
Fu... 僕も一ついっておきたいんだ この僕の大切な人は 儚い幻に過ぎないんだと
本当なのかな…?
Woo... 今こそ君の元へ走り出すんだ
僕は待っているよ
信じているよ 君の勇気がみんなを救うことを… 聞いてくれてありがとうねー!

615 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 22:23:46 ID:7etcRh1X0
最終話 俺達に明日はある  ビューティフジョー2は、発売中です。 CAPCOM
ジョー「チクショオオオオ!くらえチャールズ三世!必殺スローパンチ!」
チャールズ三世「さあ来いジョーオオ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(ドカ)
チャールズ三世「グアアアア!こ このザ・翼翔怪人と呼ばれる怪人のチャールズ三世が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
チャールズ三世「グアアアア」
ハルク・ダビットソン「チャールズがやられたようだな…」
グラン・ブルース「フフフ…奴は怪人の中でも最弱…」
ファイアー・レオ「人間ごときに負けるとはジャドーの面汚しよ…」
ジョー「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ジョー「やった…ついに怪人たちを倒したぞ…これでシルヴィアが捕まっているジャドー本部の扉が開かれる!!」
キャプテンブルー「よく来たなビューティフルジョー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ジョー「キャ…キャプテンブルーが黒幕だったのか…!感じる…キャプテンブルーのパワーを…」
キャプテンブルー「ジョーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『VFXアクション』が必要だと思っているようだが
…別になくても倒せる」
ジョー「な 何だって!?」
キャプテンブルー「そしてシルヴィアはやせてきたので現実世界へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジョー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにライバルがいたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
キャプテンブルー「そうか」
ジョー「ウオオオいくぞオオオ!」
キャプテンブルー「さあ来いジョー!」
ジョーの美しさがムービーランドを救うと信じて…! プレイありがとうございました!




616 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 22:29:40 ID:7etcRh1X0
最終話 スターシップ・ビューティーズ  ビューティフジョー3は、発売未定です。 CAPCOM
ジョー「チクショオオオオ!くらえ!必殺ズームパンチ!」
ビッグ・ジョン「さあ来いジョーオオ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(ドゴ)
ビッグ・ジョン「グアアアア!こ このザ・恐竜軍曹と呼ばれる怪人のビッグ・ジョンが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ビッグ・ジョン「グアアアア」
フリンティーストーン「ビッグ・ジョンがやられたようだな…」
カメオレオン「フフフ…奴は怪人の中でも最弱…」
フロストタイガー「人間ごときに負けるとはゲドーの面汚しよ…」
ジョー「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ジョー「やった…ついに怪人たちを倒したぞ…これでブラック大帝がいる暗黒惑星ゲドーの扉が開かれる!!」
ジェットブラック「よく来たなビューティフルジョー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ジョー「お…親父がブラック大帝だったのか…!感じる…ジェットブラックのパワーを…」
ジェットブラック「ジョーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『レインボーオスカー』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ジョー「な 何だって!?」
ジェットブラック「そしてキャプテンブルーはやせてきたので元の姿に戻しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジョー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある あと一回世界の危機が訪れるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ジェットブラック「そうか」
ジョー「ウオオオいくぞオオオ!」
ジェットブラック「さあ来いジョー!」
ジョーの美しさがムービーランドを救うと信じて…! プレイありがとうございました!

617 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 00:09:05 ID:QmSx82YU0
>>614
「僕」「〜なんだ」「〜だよね」さえ使えば浜崎化するような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

618 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 00:32:52 ID:xzRBT/1Q0
そうなんだね

619 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 01:05:06 ID:EWU1u2/E0
最終話 おじいさんは山へ柴刈りに おばあさんは川へ洗濯に行く時…! 浦島太郎編は、改変未定です。 日本昔話
おじいさん「チクショオオオオ!くらえ桃!新必殺音速火炎斬!」
桃「さあ来いおじいさアアん!オレは実は勝手に割れるぞオオ!」
(パカーン)
桃「グアアアア!こ このザ・ピーチと呼ばれる桃が…こんな老人に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
赤子「オギャアアアア」
おばあさん「桃の中から赤子が生まれたようだな…」
おじいさん「フフフ…これはびっくりしたわい…」
おばあさん「桃太郎と名付けて大切に育てる事にしましょう…」

鬼「くらええええ!」
(ズサ)
村人「グアアアアアアア」

桃太郎「やった…ついに立派に成長したぞ…これで鬼が島へ鬼退治に行ける!!」
黒鬼「よく来たな桃太郎…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
桃太郎「こ…ここが鬼が島だったのか…!感じる…鬼達の力を…」
黒鬼「桃太郎よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『きびだんご』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
桃太郎「な 何だって!?」
黒鬼「そして村から奪ったお宝は増えすぎたので返しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
桃太郎「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにお供が三匹できるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
黒鬼「そうか」
桃太郎「ウオオオいくぞオオオ!」
黒鬼「さあ来い桃太郎!」
桃太郎の勇気が鬼をこらしめると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

620 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 01:10:12 ID:EWU1u2/E0
誰でも知ってるネタにしたら面白くなるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

既出ネタじゃないことを祈るんだぜ

621 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 01:51:23 ID:OMCRDOLh0
ワロてしまったんだぜ
チークショー!

622 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 02:49:50 ID:fjZ4VV4P0
桃太郎が打ち切りとかあり得ないんだぜ!

623 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 09:07:08 ID:sJu0FgQG0
最終話 ゴールフラッグを胸に 勝負を終わらせる時…!  浦島太郎編は、改変未定です。 日本昔話
ウサギ「チクショオオオオ!くらえカメェェエッー!新必殺かけっこで勝負!」
カメ「さあ来いウサギイイ!オレは実は今の時期冬眠したいぞオオ!」
(Zzzzzzz)
ウサギ「グアアアア!こ このザ・かーるいすと呼ばれるウサギが…こんなカメに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ウサギ「グアアアア」
子ガメ「ウサギが負けたようだな…」
孫ガメ「フフフ…奴はウサギの中でも最弱…」
曾孫ガメ「曾爺ごときに負けるとは恒温動物の面汚しよ…」
ウサギ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ウサギ「やった…ついに四カメを倒したぞ…これでゴールフラッグのある山頂へ行ける!!」
曾曾孫ガメ「よく来たなウサギ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ウサギ「ひ…曾曾孫ガメまでいたのか…!感じる…カメの寿命の長さを…」
曾曾孫ガメ「ウサギよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はかけっこの途中で『昼寝』が必要だと思っているようだが…別にしなくても勝てる」
ウサギ「な 何だって!?」
曾曾孫ガメ「そしてウサギとカメでは勝負にならないのでお先にスタートしておいた あとはゴールフラッグを奪うだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ウサギ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 昼寝してるオレを起こさないのはスポーツマンシップに反するような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
曾曾孫ガメ「そうか」
ウサギ「ウオオオいくぞオオオ!」
曾曾孫ガメ「さあ来いウサギ!」
ウサギとカメの話が捏造だと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

624 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 13:46:40 ID:kBSp4AtV0
最終話 釣り竿を胸に いじめを終わらせる時…! 金太郎編は、改変未定です。 日本昔話
浦島太郎「チクショオオオオ!くらえいじめっ子共!新必殺音速火炎漁法!」
いじめっ子達「さあ来い太郎オオ!オレ達は実は一回怒られただけでやめるぞオオ!」
(ザン)
いじめっ子達「グアアアア!こ このザ・子供と呼ばれる村のいじめっ子が…こんな漁師に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
いじめっ子「グアアアア」
亀「助けていただきありがとうございました…」
鯛「フフフ…私は踊り子の中でも最弱…」
ヒラメ「人間ごときに踊りを披露するとは竜宮城の面汚しよ…」
太郎「くらええええ!」
(ズサ)
3人「そんな餌に俺が釣られクマアアアアアアア」
太郎「結構…魚に楽しませてもらったぞ…これでオフクロのいる実家の扉が開かれる!!」
乙姫「もうお帰りか漁師マスター太郎…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
太郎「こ…ここが竜宮城出口だったのか…!感じる…乙姫の気遣いを…」
乙姫「太郎よ…帰る前に一つ言っておくことがある お前はここで3日間過ごしたと思っているようだが…外では300年経ってる」
太郎「な 何だって!?」
乙姫「そしてお前の両親は死んでしまっているので最寄りの墓地へ埋葬しておいた あとはお帰りいただくだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
太郎「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 最後にdでもない土産貰うような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
乙姫「そうか」
太郎「ウオオオ帰るぞオオオ!」
乙姫「さようなら太郎!」
太郎の優しさが亀を救ったと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

625 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 14:31:54 ID:NHXpN1B7O
最近は昔話ネタが流行ってるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

626 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 14:37:27 ID:hl+DVnvm0
最終話 思い出を胸に 月へと帰る時…! 金太郎編は、改変未定です。 日本昔話
かぐや姫「チクショオオオオ!くらえ大伴御行!課題は龍の首の珠!」
大伴御行「さあ来いかぐやああ!オレは実は一回嵐にあっただけで諦めるぞオオ!」
(ザン)
大伴御行「グアアアア!こ このザ・公家と呼ばれる大納言の大伴御行が…こんな小娘に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
大伴御行「グアアアア」
石作皇子「大伴御行がやられたようだな…」
車持皇子「フフフ…奴は求婚者の中でも最弱…」
石上麻呂「龍の首の珠ごとき持ち帰れないとは貴族の面汚しよ…」
かぐや姫「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
かぐや姫「やった…ついに求婚者を倒したぞ…これで生まれ故郷の月の都の扉が開かれる!!」
御門「よく来たな なよ竹のかぐや姫…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
かぐや姫「み…御門が最後の求婚者だったのか…!感じる…御門の愛を…」
御門「かぐや姫よ…月に帰る前に一つ言っておくことがある お前は私を諦めさせるのに『姿を見せないこと』が必要だと思っているようだが…別に姿を見ていても諦める」
かぐや姫「な 何だって!?」
御門「そして竹取の翁と嫗は悲嘆に暮れていたのでなぐさめておいた あとは私を置いて月に帰るだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
かぐや姫「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この私が不死の薬を持っているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
御門「そうか」
かぐや姫「ウオオオ帰るぞオオオ!」
御門「さらばだかぐや姫!」
かぐや姫の愛が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

627 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 14:59:04 ID:SAKEYbjV0
なんか仕事中に かぐや姫から別れのメールが来て
「ありえないんだぜ!」と叫んでバタンとぶっ倒れました

628 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 15:06:59 ID:o2tZ1t4S0
最後までそのしゃべり方だったんですか・・・

629 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 15:19:04 ID:z57hk2Ah0
話は変わりますけど
かぐや姫、来週で月に帰りますね

630 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 15:25:08 ID:MwxqBPzC0
       _,. -‐ ¬  ̄   ` ヽ、
      ,/. : : : : : : : : : : : : : : : ニヽ__
   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:` ヽ
  /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  ノ. : : : : /.: : :/: : : : :/: : :j : : : : : : : : : : : :l
 j.: : :i : : :l: : : :l : : : : j: : : :/ト、: : : : : : : : : : : l
 { : : l. : : :l: : : :{: : : ::ハ :/ } ヽ: : : : : : : : : : :l
  \_l、: : :ヽ: : :ト、: ::} ⊥- ‐十‐l: : : : l : : : : : :|
    \;_:_;ゝヒト、ヽ{ 下イフTァナ: : : :l: : :i: : : :l  
     /. :/}弋ソ   `ー ' ´ }: : : :!: : :l: : : :l
     l : : {:.:l ヽ      ,_,ノ. : :ノ: : イ: : : : |
     \: :Vト、 `こ`    `Z 二 イ: l: : : : : l
      `¬T:ヽ、  _,.:    「: :l : l : l: : : : : :l
         _上ニ`こ}    _⊥-L: l : ! : : : : : :l
   _. -‐¬ア´/  ̄てL_,. ‐'´   ={: !: | : : ! : : : l
 /  _, -‐{ { : : : : : :/ _, - _. -‐¬ ̄`` く:.l: : : : :l
/   / r‐┴、ゝ、;_;/ / /´``ヽ     ヽ!: :l : : l
{   { /`ー - 二ー、\! /      }       V.: .!: :l
\ _,/        ヽ トヘ、   ,ノ       ):/.: : }

ここに 「フュリーのまんまんみちちんちんおっき 」て書けば童貞卒業

http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1166087492/



631 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 15:31:28 ID:SAKEYbjV0
>>630お前は…社会のゴミだ!

632 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 15:38:12 ID:NHXpN1B7O
>>631様辛辣────っ

633 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 15:47:59 ID:HXLzgO8D0
最終話 体験を胸に 地上へ帰る時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
浦島「チクショオオオオ!くらえ扉!新必殺カメたたきつけ!」
扉「さあ来い浦島ぁぁあ!オレは実は開けごま塩で開くぞオオ!」
(バリン)
扉「グアアアア!こ このザ・ガードと呼ばれる竜宮の扉が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
扉「グアアアア」
乙姫「なんか勝手に来たようだな…」
ダンサー「アーア…いちまーい、にまーい…」
カメ「人間ごときに負けるとは魚類の面汚しですよね…」
浦島「くらええええ!」
(グシャ)
3人「グアアアアアアア」
浦島「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで竜宮城でのハッピー生活が開かれる!!」
ふぐ子「よく来ましたねカメマスター浦島さん…待っていました…」
(ギイイイイイイ)
浦島「こ…これは伊勢海老だったのか…!感じる…ふぐ子の親切っぷりを…」
ふぐ子「浦島さん…帰る前に一つ言っておくことがあります あなたは濡れた体を拭くのに『新品タオル』が必要だと思っているようですが…別になくても拭けます」
浦島「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そして竜宮一高いダンサーはやせてきたので安い人に変えました あとは帰るだけですねフフフ…」
(ゴゴゴゴ)
浦島「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの名前は浦島三郎なような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ふぐ子「そうですか」
浦島「ウオオオいくぞオオオ!」
ふぐ子「さようなら浦島さん!」
浦島三郎の勇気で地上に帰れると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

634 ::2006/12/29(金) 15:48:13 ID:P0iuLUAp0
>>630お前は…社会のゴミだ!

635 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 15:54:47 ID:NHXpN1B7O
>>634に至っては>>631様とかぶっちゃった!

636 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 16:10:08 ID:YOdV0me30
最終話 八雲立つ 出雲八重垣…!  金太郎編は、改変未定です。 日本昔話
スサノオ「チクショオオオオ!くらえヤマタノオロチ!新必殺十拳剣!」
一つ目の首「さあ来いスサノオオオ!オレは実は一杯酒を飲んだだけで酔って眠るぞオオ!」
(ザン)
一つ目の首「グアアアア!こ このザ・八つ首と呼ばれるヤマタノオロチの首の一つである俺が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
一つ目の首「グアアアア」
二つ目の首「一つ目の首がやられたようだな…」
三つ目の首「フフフ…奴はヤマタノオロチの首の中でも最弱…」
四つ目の首「人間ごときに負けるとは大蛇の面汚しよ…」
スサノオ「くらええええ!」
(ズサ)
残りの首「グアアアアアアア」
スサノオ「やった…ついにヤマタノオロチを倒したぞ…これでクシナダヒメを嫁に貰える!!」
アシナヅチ「よく来たなスサノオノミコト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが肥河だったのか…!感じる…クシナダヒメの美しさを…」
アシナヅチ「スサノオよ…娘をやる前に一つ言っておくことがある お前はヤマタノオロチを倒すのに『酒』が必要だと思っていたようだが…別になくても倒せる」
スサノオ「な 何だって!?」
アシナヅチ「そしてヤマタノオロチの尾から不思議な大刀が出てきたのでアマテラスに献上しておいた あとは娘を結婚するだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
スサノオ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ここに来て、私の心はすがすがしいような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
アシナヅチ「そうか」
スサノオ「ウオオオいくぞオオオ!」
アシナヅチ「さあ来いヤマト!」
妻ごみに 八重垣作る その八重垣を…! ご愛読ありがとうございました!

637 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 16:19:48 ID:XbnO1Lfg0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! DVD第2巻は、発売中です。 ポニーキャニオン
博士「チクショオオオオ!くらえリュウジ!パンチ!」
リュウジ「さあ来い博士エエ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(バシ)
リュウジ「グアアアア!こ このザ・宙と呼ばれる四隊員のリュウジが…こんな万丈に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
リュウジ「グアアアア」
ジュンペイ「リュウジがやられたようだな…」
ユリっぺ「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
マルさん「博士ごときに負けるとはダイバスターの面汚しよ…」
博士「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
博士「やった…ついに四隊員を倒したぞ…これでパピルスのいる宇宙船の扉が開かれる!!」
パピルス「よく来たなチャージマスターハカセ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
博士「こ…ここが宇宙船だったのか…!感じる…パピルスの質問を…」
パピルス「ヤマトよ…聞く前に一つ言っておくことがある お前は私を帰すのに『質問の回答』が必要だと思っているようだが…別にしなくても帰る」
博士「な 何だって!?」
パピルス「そして城山はやせてきたので最寄りのフジテレビへ解放しておいた あとは私を帰すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
博士「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにスポンサーが付いているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
パピルス「そうか」
博士「ウオオオいくぞオオオ!」
パピルス「さあ来い博士!」
博士の回答が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

638 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 23:24:01 ID:PmOKPoNR0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 金太郎編は、再改変未定です。 日本昔話
金太郎「チクショオオオオ!くらえ熊さん!新必殺音速火炎投げ!」
熊さん「さあ来い金太郎オオ!オレは実は一回転んだだけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
熊さん「グアアアア!こ このザ・スモウと呼ばれるお山で一番の力持ちの熊さんが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
熊さん「グアアアア」
ヒグマ「熊さんがやられたようだな…」
ツキノワグマ「フフフ…奴は熊の中でも最弱…」
グリズリー「人間ごときに負けるとは野獣の面汚しよ…」
金太郎「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
金太郎「やった…ついに熊共を倒したぞ…これで酒呑童子のいる大江山の岩屋が開かれる!!」
酒呑童子「よく来たな坂田金時…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
金太郎「こ…ここが大江山だったのか…!感じる…酒呑童子の魔力を…」
酒呑童子「金太郎よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『神便鬼毒酒』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
金太郎「な 何だって!?」
酒呑童子「そしてお前の仲間は酔ってきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
金太郎「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの昔話の範疇を超えているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
酒呑童子「そうか」
金太郎「ウオオオいくぞオオオ!」
酒呑童子「さあ来い金時!」
金太郎の勇気が天下を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

639 :水先案名無い人:2006/12/29(金) 23:59:43 ID:hOU2LWiU0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! WILD ARMS 6thは発売未定です。 MEDIA.VISION
ディーン「チクショオオオオッ!くらえカルティケヤッ!そのてっぺんにメテオドライブッ!」
カルティケヤ「さあ来いディーンンンッ!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオッ!」
(ドン)
カルティケヤ「グアアアアッ!こ このザ・死神と呼ばれる四天王のカルティケヤが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
カルティケヤ「グアアアア」
エルヴィス「カルティケヤがやられたようだな…」
ファリドゥーン「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ペルセフォネ「人間ごときに負けるとはベルーニ族の面汚しよ…」
ディーン「くらええええッ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ディーン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでヴォルスングのいるロクス・ソルス艦橋の扉が開かれるッ!!」
ヴォルスング「よく来たなディーン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ディーン「こ…ここがロクス・ソルス艦橋だったのか…!感じる…ヴォルスングの禍々しい力を…」
ヴォルスング「ディーンよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ARM』が必要だと思っているようだが…別にショベルでも倒せる」
ディーン「な 何だってッ!?」
ヴォルスング「そして怨念はやせてきたので勝手に成仏した あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ディーン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 真EDがあるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜッ!」
ヴォルスング「そうか」
ディーン「ウオオオいくぞオオオッ!」
ヴォルスング「さあ来いディーンッ!」
ディーンの勇気がファルガイアを救うと信じて…! プレイありがとうございましたッ!

640 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 03:44:48 ID:uY8bDmMF0
今、積みゲーのラスボスっぽい名前を見てしまった気がしていたが、別にそんなことはなかったぜッ!

641 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 03:47:23 ID:nzXE6M1v0
俺も買おうかどうしようか迷っていたゲームのラスボスっぽい名前を見てしまったような気がしていたが、別にそんなことはなかったぜ!

642 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 03:53:56 ID:p/7kSwmG0
そうか

643 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 07:09:42 ID:agAnOsWy0
ウオオオ買わないぞオオオ!

644 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 07:40:07 ID:2SVaMh0+0
さあ買うなヤマト!

645 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 07:44:03 ID:5f4uA5Rl0
ヤマトの決意がお小遣いを救うと信じて…! 貯金ありがとうございました!

646 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 09:39:19 ID:p8tOU7xE0
最終話 バイバイ ドラゴンワールド DB全42巻は、発売中です。 鳥山明
悟空「チクショオオオオ!くらえヤムチャ!ブルマの乳だぁ!」
ヤムチャ「さあ来い悟空!オレは実は女が苦手だぞオオ!」
(ブシャアアア)
ヤムチャ「グアアアア!こ この荒野の大悪党と呼ばれるヤムチャが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ヤムチャ「グアアアア」
フリーザ「ヤムチャがやられたようだね…」
セル「フフフ…奴はZ戦士の中でもヘタレ…」
魔人ブウ「シャアアアアア(サイバイマンごときに負けるとは、ドラゴンボールキャラの面汚しよ)…」
悟空「くらええええ!」
(ドガン)
3人「グアアアアアアア」

647 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 09:44:09 ID:p8tOU7xE0
ウーブ「やった…ついに天下一武道会の予選を勝ち抜いたぞ…これで天下一武道会の本戦に出て賞金が貰える!!」
悟空「よく来たな…オラ、待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ウーブ「こ…ここが天下一だったのか…!感じる…この気を…」
悟空「ウーブよ…戦う前に一つ言っておくことがある。おめえはオラを倒すのに『力の使い方』が必要だと思っているようだが…なっちゃいねえ」
ウーブ「な 何だって!?」
悟空「だから、オラがこれからおめえんちにいっしょに住んで教えてやるよ。
   そしておめえの家族はやせてきたのでミスターサタンからカネをもらっておいた あとはこれからもしもってことがあったとき平和を守るのはおめえなんだからな」
(ゴゴゴゴ)
ベジータ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは頑張れカカロット おまえがナンバーワンだと思ってた気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
悟空「そうか」
ウーブ「ウオオオいくぞオオオ!」
悟空「さあ行くぞウーブ!」

ドラゴンボールにまつわる孫悟空や たくさんの仲間たちの物語お見せできるのは ここまででおしまいです
これからも たぶん いろいろなトラブルが 待ち受けているに 違いありません
でも きっと また なんとか乗り越えていくことでしょう…
だいじょうぶ地球には すごいやつらがいるんです……!!

THE-END
―おしまい―

648 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 12:22:42 ID:QeRpOCfr0
最終話 月刊ジーコを胸に すべてを終わらせる時…! オッス!ドジ丸君第1巻は、発売未定です。 ハリケーン準の親父
ハリケーン準「チクショオオオオ!くらえ画集院漫介!新必殺音速パンチ!」
画集院漫介「さあ来い準ンン!オレは実は…」
(ボコ)
画集院漫介「グアアアア!こ このザ・ベレー帽と呼ばれる四天王の画集院漫介が…こんな一年に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
画集院漫介「グアアアア」
バナナ金田「画集院がやられたようだな…」
春野コスモス「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ロマンス渚「新入生ごときに負けるとは四天王の面汚しよ…」
ハリケーン準「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ハリケーン準「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで俺は漫画家になれる!!」
萌やま萌まく郎「よく来たな準君…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ハリケーン準「こ…ここが五年後だったのか…!感じる…萌華ちゃんへの萌えを…」
萌やま萌まく郎「準君よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は漫画家になるのに『漫力』が必要だと思っているようだが…別になくてもなれる」
ハリケーン準「な 何だって!?」
萌やま萌まく郎「そして萌華はやせてきたので彼氏を作ることにしておいた あとはサインを貰うだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ハリケーン準「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレはニートなような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
萌やま萌まく郎「そうか」
ハリケーン準「ウオオオ帰るぞオオオ!」
萌やま萌まく郎「さあ働け準君!」
ハリケーン準の漫力が己を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

649 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 13:09:15 ID:7Jhvy0a60
>>639
マジでこんな展開だったから困る

650 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 14:02:17 ID:cficKqVX0
最終話 希望を胸に グラドスの支配を終わらせる時…! BD、HDDVDレイズナー第1巻は、発売未定です。 高橋良輔
エイジ「チクショオオオオ!くらえゴステロ!V-MAX!」
ゴステロ「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回踏まれただけで死ぬぞオオ!」
(グシャ)
ゴステロ「グアアアア!こ このザ・人殺しと呼ばれる死鬼隊のゴステロが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ゴステロ「グアアアア」
ゲティ「ゴステロがやられたようだな…」
ボーン「フフフ…奴は死鬼隊の中でも最弱…」
マンジェロ「地球とグラドスのハーフごときに負けるとはグラドスの面汚しよ…」
エイジ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
エイジ「やった…ついに死鬼隊を倒したぞ…これでルカインのいるグラドスの刻印の扉が開かれる!!」
ルカイン「よく来たなエイジ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
エイジ「こ…ここがグラドスの刻印だったのか…!感じる…ルカインのレッドパワーを…」
ルカイン「エイジよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『レイズナーMkII』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヤマト「な 何だって!?」
ルカイン「そしてお前の姉はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
エイジ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 地球人とグラドスの根源は同じような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ルカイン「そうか」
エイジ「ウオオオいくぞオオオ!」
ルカイン「さあ来いエイジ!」
エイジの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

651 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 14:18:12 ID:qWUC3wJE0
>>650
見事に嵌ってるな

652 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 14:25:05 ID:GZyI0zbg0
>>241

653 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 14:29:22 ID:GZyI0zbg0
そして>>650のネタは既出だと思ったのでアンカーをつけておいた
が、よく見たら違った あとは私を倒すだけだなクックック…

654 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 14:38:02 ID:3kx7KNBY0
>>650>>241をいいとこ取りしてみたらもっとおもしろかった
あとはコピペして書き込むだけだなクックック…

655 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 14:54:52 ID:3kx7KNBY0
最終話 細いその肩をそっと抱きしめて 涙キスで拭った…!チャララ
レイズナーOVAシリーズは、発売未定です。 高橋良輔
エイジ「チクショオオオオ!くらえゴステロ!新必殺V-MAX!」
ゴステロ「さあ来いエイジイイ!約束ってのはするときより破るときの方が刺激的でおもしれぇぞオオ!」 」
(グシャ)
ゴステロ「グアアアア!こ このザ・人殺しと呼ばれる死鬼隊のゴステロが…こんな小僧に…の…脳がいてエエエエエエ」
(ドドドドド)
ゴステロ「グアアアア」
ゲティ「ゴステロがやられたようだな…」
ボーン「フフフ…奴は死鬼隊の中でも最弱…」
マンジェロ「地球人とグラドス人のハーフごときに負けるとはグラドスの面汚しよ…」
エイジ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
エイジ「やった…ついに死鬼隊を倒したぞ…これでルカインのいるグラドスタワーの扉が開かれる!!」
ル・カイン「よく来たなエイジ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
エイジ「こ…ここがグラドスタワーだったのか…!感じる…ザカールのレッドパワーを…」
ル・カイン「エイジよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『レイズナーMkII』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
エイジ「な 何だって!?」
ル・カイン「そして番組は人気が出なかったので世紀末救世主伝説風にテコ入れしておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
エイジ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 先週はオレがボロボロにされたところで話が終わった気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ル・カイン「そうか」
エイジ「ウオオオいくぞオオオ!」
ル・カイン「さあ来いエイジ!」
チャララ ロンリウェーイ…!
遥か彼方の 夢を探して…! ご愛読ありがとうございました!


あとは他人の褌で相撲を取った三番煎じネタが面白いと思ってもらえることを願うだけだなクックックッ…

656 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 15:28:57 ID:X5Ek74tJ0
元ネタ観た事ないから面白いかどうかなんて分からないような気がしていたが
別にそんなことはなかったぜ!

657 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 15:29:50 ID:3kx7KNBY0
そうか

658 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 17:18:52 ID:wY94zl6BO
増田こうすけ劇場ギャグ漫画日和1&2の主題歌がカラオケにはいっている気がしたが別に入ってなかったぜ!

659 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 17:25:37 ID:pWHAm0Ps0
最終話 魔神降臨 すべてを終わらせる時…! マジンカイザー3作目は、発売未定です。 ダイナミック企画
兜甲児「チクショオオオオ!くらえ機械獣!新必殺アイアンカッター!」
ガラダK7「さあ来いマジンガーZォォォ!オレは実は一回攻撃されただけで死ぬぞオオ!」
(ガン)
ガラダK7「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる機械獣のガラダK7が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ガラダK7「グアアアア」
ジェノバM9「ガラダK7がやられたようだな…」
ダムダムL2「フフフ…奴は機械獣の中でも最弱…」
トロスD7「マジンガーZごときに負けるとは機械獣軍団の面汚しよ…」
兜甲児「くらええええ!」
(ズサ)
3体「グアアアアアアア」
兜甲児「やった…ついに機械獣軍団を倒したぞ…これであしゅら男爵のいる地獄城の扉が開かれる!!」
あしゅら男爵「よく来たな兜甲児…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
兜甲児「こ…ここが地獄城だったのか…!感じる…あしゅら男爵の悪意を…」
あしゅら男爵「兜甲児よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『マジンカイザー』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてドクター・ヘルはボケてきたので最寄りの町へ隠居させておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
兜甲児「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの仲間に異星の王子がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
あしゅら男爵「そうか」
兜甲児「ウオオオいくぞオオオ!」
あしゅら男爵「さあ来い兜甲児!」
甲児の勇気が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

660 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 17:30:24 ID:IabnGJ4L0
>>659
一部コラボしてるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

661 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 18:59:40 ID:x7EJNSvU0
最終話 大金を胸に 現役生活を終わらせる時…! 中村ノリの来季の所属球団は未定です。 オリックスバファローズ
ノリ「チクショオオオオ!くらえフロント!新必殺音速公傷斬!」
オリックス「さあ来いノリイイ!お前の怪我はどう見ても疲労骨折だぞオオ!」
(ザン ttp://www.daily.co.jp/baseball/2006/12/13/0000190825.shtml)
ノリ「グアアアア!こ このザ・ナニワの大砲と呼ばれる元ホームラン王のワイが…こんな球団に…ア…アホなアアアアアア」
(ドドドドド)
ノリ「グアアアア」
ノリ嫁「ノリの越年が確定したようだな…」
茂木立弁護士「フフフ…奴はチーム内でもお荷物…」
ノリ嫁「1億2000万も減俸されるとは野球選手の面汚しよ…」
ノリ「くらええええ!」
(ズサ ttp://www.daily.co.jp/baseball/2006/12/30/0000204189.shtml)
ノリ「グアアアアアアア」
ノリ「やった…ついに自由契約を勝ちとったで…これで他球団へのトレードの扉が開かれる!!」
フロント「よく来たな中村ノリ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ノリ「え…もう移籍シーズンやったのか…!感じる…他球団からの熱い視線を…」
フロント「ノリよ…クビにする前に一つ言っておくことがある お前は自分に年俸8000万以上の価値があると思っているようだが…別にいなくても戦える」
ノリ「な 何やて!?」
フロント「そしてお前の嫁のブログは叩かれたので閉鎖された あとは引退するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ノリ「フ…上等や…ワイも一つ言っとくことがあるわ このワイを必要としている球団がある気がしとったけど別にそんなことはなかったで!」
フロント「そうか」
ノリ「ウオオオ辞めるでエエエ!」
フロント「さあ来いノリ!」
ノリの醜態が来季も見られると信じて…! 応援ありがとうございました!

662 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 20:26:29 ID:fDIJh3990
原「よく来たな中村ノリ…待っていたぞ…」
巨人ファン「ヤメテエエエエ!こ このザ・四番打線と呼ばれる巨人軍のオーダーが…来期も悲惨なことに…ま…またかアアアアアア」

663 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 20:34:05 ID:FuwvX0GO0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
孔明「チクショオオオオ!聞けえ周瑜!新策略風速火炎案!」
周瑜「さあ来い孔明エエ!オレは実は曹操の誌を聞いただけで怒るぞオオ!」
(ヒソヒソ)
周瑜「グアアアア!こ このザ・美周郎と呼ばれる大都督の周瑜が…こんな私情に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
周瑜「グアアアア」
魯粛「周瑜殿が説き伏せられたようですね…」
張昭「フフフ…奴は降伏派の中でも最弱…」
孫権「私情ごときに負けるとは臣下の面汚しよ…」
孔明「くらええええ!」
(ヒソ)
3人「グアアアアアアア」
孔明「やった…ついに呉を口説いたぞ…これで曹操の来る赤壁の戦いが開かれる!!」
曹操「よく来たな諸葛亮孔明…待っていたぞ…」
(ザザアアアアア)
孔明「こ…ここが赤壁だったのか…!感じる…曹操軍の兵力を…」
曹操「孔明よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は我が軍を焼くのに『十万本の火矢』が必要だと思っているようだが…別になくても燃やせる」
孔明「な 何だって!?」
曹操「そして我が軍は船酔いしてきたので最寄りの船同士を繋いでおいた あとは火を放つだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
孔明「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある この土地に東南の風が吹くような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
曹操「そうか」
孔明「ウオオオいくぞオオオ!」
曹操「さあ来い孔明!」
孔明の策が劉備を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

664 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 21:01:55 ID:GZyI0zbg0
>こ…ここが赤壁だったのか…!
逆に孔明が策略に嵌っちゃってそうだぜ!

665 :水先案名無い人:2006/12/30(土) 23:30:34 ID:XE1tuAJ30
一行目が改変できてないような気がしたが…いや何でもない

666 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 02:26:41 ID:NoPjeSc60
最終話 希望を胸に クリボーの仕事を終わらせる時…! スーパーマリオブラザーズ5は、発売未定です。 夢野カケラ
マリオ「チクショオオオオ!くらえクッパ!新必殺ファイアーボール!」
ワールド5クッパ「さあ来いマリオ!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(タン)
ワールド5クッパ「グアアアア!こ このザ・魔王と呼ばれるワールド5のクッパが…こんなヒゲに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ワールド5クッパ「グアアアア」
ワールド6クッパ「ワールド5のクッパがやられたようだな…」
ワールド7クッパ「フフフ…奴は偽者の中でも最弱…」
ワールド8クッパ「ヒゲごときに負けるとはクッパの面汚しよ…」
マリオ「くらええええ!」
(タン)
3人「グアアアアアアア」
マリオ「やった…ついにクッパを倒したぞ…これでピーチ姫のいるクッパ城の扉が開かれる!!」
ピーチ姫「よく来たなスーパーマリオ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
マリオ「こ…ここがクッパたのか…!感じる…ピーチ姫の気配」
ピーチ姫「マリオよ…最初に一つ言っておくことがある お前は256面に行くのに『テニス』が必要だと思っているようだが…別になくても行ける」
マリオ「な 何だって!?」
ピーチ姫「そしてクリボーはやせてきたのでメットに差し替えてしておいた あとは裏ワールドをクリアするだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
マリオ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れの弟がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ピーチ姫「そうか」
マリオ「ウオオオいくぞオオオ!」
ピーチ姫「さあ来いマリオ!」
メットの存在が難易度をあげると信じて…! マリオの戦いはこれからだ!

667 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 02:29:00 ID:NoPjeSc60
>マリオ「こ…ここがクッパたのか…!感じる…ピーチ姫の気配」
じゃなくて
>マリオ「こ…ここがクッパだったのか…!感じる…ピーチ姫の気配」
だと思ったが、別にそんなことはなかったぜ!

668 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 02:33:03 ID:NoPjeSc60
>マリオ「こ…ここがクッパ城だったのか…!感じる…ピーチ姫の気配を…」
だと思ったが、別にそんなことはなかったぜ!

669 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 02:54:13 ID:jK6yw1Fj0
よく来たな誤植マスター>>666…待っていたぞ…
>>666よ…寝る前に一つ言っておくことがある お前は誤植はそれで全部だと思っているようだが…作者も夢野カケラのままになっている

670 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 03:35:16 ID:vFD6/GSV0
な 何だって!?

671 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 07:08:54 ID:NEXXIsn+0
そしてルイージはやせてきたのでマンション住まいさせておいた あとは入り口を封鎖するだけだなクックック・・・

672 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 09:03:28 ID:VCzOKl7o0
マンションが集合住宅のような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

673 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 13:46:55 ID:DcPqc67U0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! FERA第1巻は、発売未定です。  きくたけ
柊「チクショオオオオ!くらえグイード!新必殺音速火炎斬!」
グイード「さあ来い柊いい!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
グイード「グアアアア!こ このザ・悪役と呼ばれる四天王のグイードが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
グイード「グアアアア」
ザーフィ「グイードがやられたようだな…」
シド「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
ガンズ&ローゼス「柊ごときに負けるとは人類の面汚しよ…」
柊「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベールゼファーのいるファーサイドの扉が開かれる!!」
ベールゼファー「よく来たなソードマスター柊…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
柊「こ…ここがファーサイドだったのか…!感じる…ベールゼファーの魔力を…」
ベールゼファー「柊よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『小暮ロットの助力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
柊「な 何だって!?」
ベールゼファー「そしてお前の幼なじみは相変わらずはわーなのでNPCにしておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
柊「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにフラグが立ったヒロインがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベールゼファー「そうか」
柊「ウオオオいくぞオオオ!」
ベールゼファー「さあ来い柊!」
柊の勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

674 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 13:56:06 ID:nYPgvywuO
そうか

675 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 14:03:58 ID:iRfYlnLX0
単行本書き下ろし 真・最終話

ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」
(ザン)
ベルゼバブ「グアアアア!こ この龍の魔王ベルゼバブが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ベルゼバブ「グアアアア」
ベルゼバビ「ベルゼバブがやられたようだな…」
ベルゼバべ「フフフ…奴は四大魔王の中でも最弱…」
ベルゼバボ「人間ごときに負けるとは王族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに魔界の王族達を倒したぞ…これで世界に平和が訪れる!!」
???「よくぞ魔王を倒したソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
ヤマト「こ…これが聖なる石…!感じる…聖なる力を…」
聖なる石「ヤマトよ…一つ言っておくことがある 実は魔王達を操っていたのは この私だ」
ヤマト「な 何だって!?」
聖なる石「そしてお前の両親と仲間は私の部下に捕らえさせておいた あとお前には本当に生き別れの妹がいるぞ……」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの戦いはもう終わったと思っていたが、別にそんなことはなかったぜ!」
聖なる石「そうだ」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」

ヤマトの新たな旅が始まる……!今春よりソードマスターヤマト2連載スタート!ご期待ください!

676 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 15:30:30 ID:y5W4xVcf0
裏で操っているのはベルゼババだと思ったがそんなことはなかったぜ!

677 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 15:36:24 ID:pGDdnt1S0
最終話 ただいま ヒストリエ第4巻は、発売未定です。 岩明均
泉「チクショオオオオ!くらえA!とがったパイプ!」
A「さあ来い小僧オオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
A「グアアアア!こ このザ・離れ目と呼ばれるAが…こんな小僧に…バカなアアア」
光夫「Aがやられたようだな…」
島田秀雄「フフフ…奴はパラサイトの中でも最弱…」
田村玲子「人間ごときに負けるとはパラサイトの面汚しよ…」
泉「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
泉「とりあえずパラサイトをいっぱい倒したぞ…そうだ後藤のいる山奥に行こう!!」
後藤「よく来たな右腕の小僧…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
泉「こ…これが後藤か…!感じる…ヤツの殺気を…」
後藤「小僧よ…戦う前に一つ言っておくことがある   お前は私を倒すのに
  『火炎放射器か何か』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
泉「な 何だって!?」
後藤「そしてお前の父親はやせてきたのでキーパーの河合さんに頼んでおいた
   あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
泉「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの右手には友達が
  いるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
後藤「そうか」
泉「ウオオオいくぞオオオ!」
後藤「さあ来い小僧!」
新一の勇気が小さな家族を守ると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

678 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 15:42:47 ID:KBkNPyPg0
最終話 新年を前に 今年を終わらせる時…! 来年の干支は、亥・いのししです。 2006年末
ヤマト「チクショオオオオ!くらえ今年の汚れ!新必殺音速雑巾掛け!」
今年の汚れ「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回拭かれただけで綺麗になるぞオオ!」
(キュッ)
今年の汚れ「グアアアア!こ このザ・シミと呼ばれる四天王の今年の汚れが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(キュキュキュッ)
今年の汚れ「グアアアア」
お歳暮「今年の汚れが掃除されたようだな…」
年賀状作り「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
年越し蕎麦「人間ごときに負けるとは年末行事の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を片付けたぞ…これで心穏やかに次の年を迎えられる!!」
年末カウントダウン「よく来たなガイドライナーヤマト…待っていたぞ…」
(ゴーン、ゴーン)
ヤマト「き…今日が大晦日だったのか…!聞こえる…除夜の鐘の音が…」
年末カウントダウン「ヤマトよ…カウントダウンの前に一つ言っておくことがある お前は除夜の鐘の音を聞くだけで煩悩を払えると思っているようだが…別に払ったところでいいコトはない」
ヤマト「な 何だって!?」
年末カウントダウン「そしてお前の両親は初日の出を見るためにお前を置きざりにして出掛けていった あとは一人寂しく新年の幕開けを待つだけだなクックック…」
(ゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーン)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある ちょうど0:00時にジャンプしていれば新年になるそのとき地球上にいないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
年末カウントダウン「そうか」
ヤマト「ウオオオ5オオオ!」
年末カウントダウン「4…3…2…1…ゼロ!」
新しい年がよい年になると信じて…! 新年あけましておめでとうございます!

679 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 18:13:33 ID:DroGnzf30
ルッカ「チクショオオオオ!くらえラヴォス外殻!新必殺シルバードアタック!」
ラヴォス外殻「さあ来いルッカアア!オレは実はシルバードで突っ込まれただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ラヴォス外殻「グアアアア!こ このザ・ラヴォス神と呼ばれるラヴォスの外殻が…こんな乗り物に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ラヴォス外殻「グアアアア」
ラヴォス左腕「外殻がやられたようだな…」
ラヴォス右腕「フフフ…奴はラヴォスの中でも最弱…」
ラヴォス胴体「乗り物ごときに負けるとはラヴォスの面汚しよ…」
ルッカ「くらええええ!」
(ズサ)
ラヴォス「グアアアアアアア」
ルッカ「やった…ついにラヴォス外殻を倒したぞ…これで本体のいるラヴォス内部への扉が開かれる!!」
ラヴォスコア中央「よく来たなメガネマスタールッカ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ルッカ「こ…ここがラヴォス内部だったのか…!感じる…ラヴォスの魔力を…」
ラヴォスコア中央「ルッカよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はわたしを倒さなければクリア出来ないと思っているようだが…別に倒さなくてもクリア出来る」
ルッカ「な 何だって!?」
ラヴォスコア中央「そしてお前の母親は事故りそうだったので助けておいた あとは向かって右コアを倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ルッカ「フ…上等だ…わたしも一つ言っておくことがある 幼馴染が死んだ気がしていたが別に幼馴染なんていなかったぜ!」
ラヴォスコア中央「そうか」
ルッカ「ウオオオいくぞオオオ!」
ラヴォスコア中央「さあ来いルッカ!」
ルッカの科学力が世界を救うと信じて…! プレイありがとうございました!

680 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 18:56:53 ID:AYRW3+380
最終話 強引に終わらし編 ひぐらしのなく頃に解は、発売未定です。 竜騎士07
圭一「チクショオオオオ!くらえ魅音!新必殺音速口先魔術!」
魅音「さあ来い圭ちゃん!私は実は何も関与してないぞオオ!」
(ザン)
魅音「グアアアア!こ このザ・ヘタレと呼ばれる部長の園崎魅音が…こんな新入部員に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
魅音「グアアアア」
レナ「魅ぃちゃんがやられたみたいだね…」
沙都子「をーっほっほっほっほ…魅音さんは部員の中でも最弱…」
梨花「圭一ごときに負けて、かわいそかわいそなのです。にぱー☆」
圭一「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
圭一「やった…ついに部員を倒したぞ…これで鷹野三四のいる祭具殿の扉が開かれる!!」
鷹野「よく来たわね口先の魔術師 前原圭一…待っていたわよ…」
(ギイイイイイイ)
圭一「こ…ここが祭具殿だったのか…!感じる…鷹野さんの意思を…」
鷹野「前原君…戦う前に一つ言っておくことがあるわ あなたは私を倒すのに『仲間を信じること』が必要だと思っているみたいだけど…別になくても倒せるわ」
圭一「な 何だって!?」
鷹野「そして富竹さんはやせてきたので最寄りの山中へ解放しておいたわ あとは私を倒すだけだねフフフ…」
(ゴゴゴゴ)
圭一「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 沙都子に行方不明の兄がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
鷹野「そう」
圭一「ウオオオいくぞオオオ!」
鷹野「さあ来なさい前原圭一!」
圭一の勇気が雛見沢を救うと信じて…! 次回作は「うみねこのなく頃に」です。!

681 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 19:03:35 ID:NoPjeSc60
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私の元へ来るのに『四天王を倒す事』が必要だと思っているようだが…別に倒なくても来れる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の生き別れた妹はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある お前を倒すのに聖なる石がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

682 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 19:06:19 ID:9WBKT8kn0
FF2読切 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 夢野カケラ (C)SQUARE ENIX
フリオニール「チクショオオオオ!くらえくろきし!新必殺音速火炎斬!」
くろきし「さあ来いフリオオ!オレは実は一回ヒットしただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
くろきし「グアアアア!こ このザ・理不尽と呼ばれる全滅イベントのくろきしが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
くろきし「グアアアア」
くろきし「くろきしがやられたようだな…」
くろきし「フフフ…奴はくろきしの中でも最弱…」
くろきし「OP早々負けるとは帝国軍の面汚しよ…」
フリオニール「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついにくろきし×4を倒したぞ…これでヒルダのいるアルテアの道が開かれる!!」
皇帝「よく来たなフリオニール…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
フリオニール「こ…ここは帝国だったのか…!感じる…こうていの魔力を…」
皇帝「フリオよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は帝国を倒すのに『反乱軍に入る事』が必要だと思っていたようだが…別にいますぐ倒せる」
フリオニール「な 何だって!?」
皇帝「そして呼び出した魔物はやせてきたので最寄りの魔界へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
フリオニール「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れる予定の仲間がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
皇帝「そうか」
フリオニール「ウオオオいくぞオオオ!」
皇帝「さあ来いフリオ!」
フリオニールの勇気が世界を救うと信じて…! おわり

683 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 19:13:49 ID:NoPjeSc60
最終話 否定を胸に 原作を貶める時…! SHUFFLE!MEMORIESDVD第1巻は、発売未定です。 細田直人
黒楓「あんたなんか死んじゃえぇえええ!麻弓ちゃん!新必殺音速空鍋!」
麻弓「さあ来なさい楓!私は実は巨乳なのですよオオ!」
(カラカラカラ)
麻弓「グアアアア!こ このザ・パパラッチと呼ばれる追加ヒロインの麻弓が…こんな…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
麻弓「グアアアア」
亜沙「麻弓がやられちゃったみたいだね…」
稟「まあ…奴の胸はウチのクラスの中でも最貧乳だしね…」
樹「楓ちゃんに負けるのは当然だしね…」
黒楓「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
黒楓「やった…ついに稟と亜沙を倒したぞ…これでお母さんの仇が取れたぞ」
原作楓「よく来ましたね黒楓…待っていました…」
(ギイイイイイイ)
黒楓「こ…ここが芙蓉家だったの…!感じる…原作の楓の気配を…」
原作の楓「黒楓さん…戦う前に一つ言っておくことがあります 貴方は稟くんの嘘に気づくのに『お母さんの手紙』が必要だと思っているようだけど…別になくても気づいてた」
黒楓「な 何だって!?」
原作の楓「そしてリムちゃんはやせてきたので魔王様の家へお世話になっています あとは私を倒すだけで満足ですか…」
(ゴゴゴゴ)
黒楓「フ…上等よ…私も一つ言っておくことがある この私はヤンデレキャラな気がしていたが別にそんなことはなかった!」
原作の楓「そうか」
黒楓「ウオオオいくぞオオオ!」
原作の楓「さあ来なさい 黒楓!」
黒楓は腹黒というより単なるヘタレだと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

684 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 19:38:03 ID:QFoA/X5u0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 獣拳戦隊ゲキレンジャーは、放映未定です 東映
高丘「チクショオオオオ!くらえクエスター!新必殺トリプルリキッドボンバー!」
クエスター・ガイ「さあ来い高丘のオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
クエスター・レイ「グアアアア!こ このザ・最悪のアシュと呼ばれるクエスターのレイが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
二人「グアアアア」
リュウオーン「クエスターがやられたようだな…」
闇のヤイバ「フフフ…奴らはネガティブの中でも最弱…」
幻のゲッコウ「ボウケンジャーごときに負けるとはネガティブの面汚しよ…」
風のシズカ「ペペペのペ〜」
さくら「くらええええ!」
(ズサ)
4人「グアアアアアアア」
蒼太「やった…ついにジャリュウとダークシャドウを倒したぞ…これでガジャのいる海底神殿の扉が開かれる!!」
ガジャ「よく来たなボウケンジャー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
菜月「こ…ここが海底神殿だったのね…!感じる…ガジャの魔力を…」
ガジャ「ボウケンジャーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ネオパラレルエンジン』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
明石「な 何だって!?」
ガジャ「そして持っていたプレシャスはエネルギーが弱くなったのでのでサージェスへ郵送しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
真墨「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに闇落ちするような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ガジャ「そうか」
全員「ウオオオいくぞオオオ!」
ガジャ「さあ来いボウケンジャー!」
ボウケンジャーの勇気が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

685 :水先案名無い人:2006/12/31(日) 20:59:21 ID:NoPjeSc60
最終面 審判の日…! PS2版ケツイは、発売未定です。 CAVE
ユウマ「チクショオオオオ!くらえスフィンクス!新必殺音速ロックショット!」
スフィンクス「さあ来いユウマ!オレは実は一秒撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(ドン)
スフィンクス「グアアアア!こ このザ・炸裂弾と呼ばれる二面ボスのスフィンクスが…こんなシューターに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
スフィンクス「グアアアア」
ジャマダハル「スフィンクスがやられたようだな…」
シンデレラアンバー「フフフ…奴はケツイボスの中でも初心者殺し…」
エヴァッカニア「国連軍ごときに負けるとはEVACの面汚しよ…」
ユウマ「くらええええ!」
(ドガン)
3人「グアアアアアアア」
ユウマ「やった…ついにノーミスノーボムで一週目をクリアしたぞ…これでドゥームのいる裏二周目の扉が開かれる!!」
エヴァンズマン「よく来たなユウマ=ナナセ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ユウマ「こ…ここが裏二週目の一面なのか…!?感じない…裏二周目の打ち返し弾を…」
エヴァンズマン「ユウマよ…最初に一つ言っておくことがある お前は裏二周目へ行くのに『ノーミスノーボム』が必要だと思っているようだが…2Pプレイでは行けない」
ユウマ「な 何だって!?」
エヴァンズマン「そしてお前の兄を見ていたら萌えてきたので一生隔離しておいた あとは任務を完了するだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ユウマ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレの生き別れた兄は裏切り者な気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
エヴァンズマン「そうか」
ユウマ「ウオオオ兄さん、ありがとオオオ!」
エヴァンズマン「さあ来いアリス! お前の人生は私のものだ!!」
アリスの周りの連中はホモであると信じて…! プレイありがとうございました!

686 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 00:42:09 ID:ntqUwZ1m0
よっしゃ!一番のりもらった─────!!

687 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 00:49:15 ID:eRp/qfrR0
しまった─────!

688 :猫王 ◆JvoKObe9Tk :2007/01/01(月) 00:54:11 ID:q0pYFEOY0
明けましておめでとうネタを書こうと思ったが、特に意味も無く記念かきむで終わったぜ!

689 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 01:07:06 ID:4jHCv39a0
そうか

690 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 01:37:32 ID:knS8hmXk0
>>688 糞コテが誤植をしてると思ったが、別にそんなことはなかったぜ!

691 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 02:34:40 ID:SvUKLVrgO
>>686
ズルいっすよ法師!!

692 :正月ネタねぇ…:2007/01/01(月) 03:15:56 ID:CPF6okuqO
紅白歌合戦最終話 行く年来る年を胸に すべてを終わらせる時…! 今年の歌手は、発表未定です。 NHK
ディレクター「チクショオオオオ!くらえ仲居!新必殺“ありがとう”SMAP斬!」
仲居「さあ来いディレクターアアア!オレは実は一回歌うだけで司会するぞオオ!」
(ザン)
仲居「グアアアア!こ このザ・リーダーと呼ばれるSMAPの仲居が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
仲居「グアアアア」
今井美樹「仲居がオファーしたようだな…」
徳永「フフフ…奴はアーティストの中でも連続出場…」
スガシカオ「紅白ごときに出るとはミュージシャンの面汚しよ…」
ディレクター「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ディレクター「やった…ついに全員をオファーしたぞ…これでDJ OZMAのいるNHKホールの扉が開かれる!!」
DJ OZMA「よく来たな新人ディレクター…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ディレクター「こ…ここがNHKホールだったのか…!感じる…紅白歌合戦の熱気を…」
DJ OZMA「ディレクターよ…本番前に一つ言っておくことがある お前は私を出すのに『ボディスーツ』が必要だと思っているようだが…別になくても出る」
ディレクター「な 何だって!?」
DJ OZMA「そして私のボディスーツはやせてきたのでもっとリアルな物へ変更しておいた あとは私を出場させるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ディレクター「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレのオファーに苦情が殺到しているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
DJ OZMA「そうか」
ディレクター「ウオオオいくぞオオオ!」
DJ OZMA「さあ来いディレクター!」
ディレクターの勇気が国営放送をダメにすると信じて…! ご視聴ありがとうございました!

693 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 03:25:08 ID:QdM5hk8G0
一つ言っておくことがある
白組司会・SMAPリーダーは仲居じゃなく中居だと思ったが別にそんなことはどうでもよかったぜ!

694 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 03:31:07 ID:CPF6okuqO
…やっちゃったぜ

695 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 04:56:04 ID:05ovW8FQ0
そうか

696 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 06:13:30 ID:6AazBfVA0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! ワイルドアームズクロスファイアは、発売未定です。 メディアヴィジョン
ロディ「チクショオオオオ!くらえベルセルク!新必殺ガトリングレイド!」
ベルセルク「さあ来いロディイイ!オレは実はリタリエイションされただけで死ぬぞオオ!」
(バババババン)
ベルセルク「グアアアア!こ この黒の騎士と呼ばれるナイトクォーターズのベルセルクが…こんな人間に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
ベルセルク「グアアアア」
ブーメラン「ベルセルクがやられたようだな…」
アルハザード「ククク…奴はナイトクォーターズの中でも最強…」
レディ・ハーケン「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ロディ「くらえええ!」
(パァーン)
3人「グアアアアアアア」
ロディ「やった…ついにナイトクォーターズを倒したぞ…これでジーグフリードのいるマルドゥークの扉が開かれる!!」
ジーグフリード「よく来たな渡り鳥マスターロディ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ロディ「こ…ここがマルドゥークだったのか…!感じる…ジークフリードの魔力を…」
ジークフリード「ロディよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『希望のかけら』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ロディ「な 何だって!?」
ジークフリード「そしてマザーは上から降ってきててキモかったのでジークインパルスで消し飛ばしてしてしておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ロディ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 隠しキャラを仲間にすればエンディングが変わる気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ジークフリード「そうか」
ロディ「ウオオオいくぞオオオ!」
ジークフリード「さあ来いロディ!」
ロディの勇気が希望の西風になる信じて…! THANK YOU FOR YOUR PLAYING!

697 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 07:53:26 ID:th5r0g8M0
きょ…今日が新年だったのか…!感じる…新年の魔力を…

698 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 08:21:10 ID:QdM5hk8G0
最終話 希望を胸に 2007年を終わらせる時…! 2008年N・H・K紅白歌合戦は、放送未定です。 石原マコト
ヤマト「チクショオオオオ!くらえ紅白歌合戦!新必殺曙瞬殺斬!」
紅白歌合戦「さあ来いヤマトオオ!オレは実は抗議電話されただけで謝罪するぞオオ!」
(ザン)
紅白歌合戦「グアアアア!こ このザ・大晦日と呼ばれる四天王の紅白歌合戦が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
紅白歌合戦「グアアアア」
除夜の鐘「紅白歌合戦がやられたようだな…」
初日の出「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
年賀状「人間ごときに負けるとは年末年始行事の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで初詣をする神社の扉が開かれる!!」
初詣「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが神社だったのか…!感じる…人ごみの混雑を…」
初詣「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は今年をいい年にするのに『お賽銭』が必要だと思っているようだが…別になくても努力次第でいい年になる」
ヤマト「な 何だって!?」
初詣「そしておみくじの大吉は私が代わりに引いておいた あとはお祈りをするだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 2007年はまだ始まったばかりのような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
初詣「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
初詣「さあ来いヤマト!」
ヤマトの2008年がいい年になると信じて…! ご愛読ありがとうございました!

699 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 11:15:43 ID:WrSd15ys0
両親「息子よ…新年を祝う前に一つ言っておくことがある お前は今年も『お年玉』がもらえると思っているようだが…20過ぎのお前にはあげられない」

700 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 11:44:55 ID:ntqUwZ1m0
な 何だって!?

701 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 11:56:46 ID:OBQ1JhMYP
そうか

702 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 12:13:05 ID:ntqUwZ1m0
新年は2ちゃんしかなくてヒマったらないわ
ちょっと舌でもかみ切りなさいよ>>701

703 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 13:29:45 ID:O3iHLB4t0
>>692
どうでもいいけどNHKは“国営”じゃないから。

704 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 13:51:12 ID:zCzasb1DO
そうか

705 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 14:34:36 ID:CiLS3kWZ0
そうか

706 :夢野カケラの原稿料 【1583円】 :2007/01/01(月) 15:10:35 ID:EFGw6zCV0
       努 ま 感   だ 保 こ
       力 と .じ    っ 管 :
       を め る   た 庫 こ
        : 人    . の  れ
        : 氏  .   か  が
            の      :
              !
          、ー-、ヘ_
        _ヘ  ゝ ソヾ ̄ \
        > /`,、,、_,、,、,、ヘ マ
        `7  /ニ(( ))二l   ゝ
        ソ_ /_、  ̄__- | ,ヘ |
        ´l l_ヒェl ィ'せ l/ヽ レ
         ノノl ノ      ソ/ /
         ´|/| `iー┐ lj 厂/`
           ト、 `ー'  /|)\
        _  ,,ーヘ  //// ヽ_
          ̄|ヾ、_ ̄_// / ノ |  \
ttp://www23.atwiki.jp/mangaaa/pages/1.html

707 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 21:15:58 ID:CTMP8PZE0
最終話 笑顔を胸に すべてを終わらせる時…! からくりサーカス外伝は、発売未定です。 藤田和日郎
鳴海「チクショオオオオ!くらえブリゲッラ!新必殺音速火炎劈拳!」
ブリゲッラ「さあ来い鳴海イイイ!わたしは実は一発ミサイル撃っただけで負けるぞオオ!」
(劈!)
ブリゲッラ「グアアアア!こ このザ・ミサイルと呼ばれる最後の四人のブリゲッラが…こんな人間に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ブリゲッラ「グアアアア」
ディアマンティーナ「ブリゲッラがやられたようね…」
カピタン「フフフ…奴は最後の四人の中でも最弱…」
ハーレクイン「人間ごときに負けるとはオートマータの面汚しッスね〜」
鳴海「くらええええ!」
(ザン)
3人「グアアアアアアア」
鳴海「やった…ついに最後の四人を倒したぞ…これでフェイスレスのいる宇宙ステーションの扉が開かれる!!」
フェイスレス「よく来たなカンフーマスター鳴海…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
鳴海「こ…ここが宇宙ステーションだったのか…!感じる…フェイスレスの嫉妬心を…」
フェイスレス「鳴海よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は僕を倒すのに『白銀の記憶』を取り戻す必要があると思っているようだが…別になくても倒せる」
鳴海「な 何だって!?」
フェイスレス「そして地球の人間はやせてきたのでゾナハ病から解放しておいた あとは僕を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
鳴海「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある この漫画にもう一人主人公がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
フェイスレス「そうか」
鳴海「ウオオオいくぞオオオ!」
フェイスレス「さあ来い鳴海!」
鳴海の崩拳が世界に笑顔をもたらすと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

708 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 21:19:43 ID:2e6JD+VS0
まあ似たようなもんだったよなぁ

709 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 22:16:45 ID:SRPCkLuZ0
最終話 希望を胸に 今、全てを斬る…! ゲーム化は未定です。 三条陸と稲田浩司
フレイザード「チクショオオオオ!くらえ人間ども!新必殺弾岩爆花散!」
ダイ「さあ来いフレイザードオオ!オレは実は空裂斬を習ってないぞオオオ!」
(ザン)
フレイザード「グアアアア!こ このザ・凶暴冷酷と呼ばれる氷炎将軍のフレイザードが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
フレイザード「グアアアア」
ミストバーン「ダイにやられたようだな…」
        「フフフ…この鎧は魔影軍団の中でも最強…」
フレイザード「ありがてえ!これで負けたらバカだぜぇ〜!」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
フレイザード「グアアアアアアア」
ダイ「やった…ついにアバンストラッシュを極めたぞ…これでレオナのいる中央の塔の扉が開かれる!!」
ミストバーン「哀れだなメラゾーママスターフレイザード…相手の力の方が勝っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ポップ「な…仲間じゃなかったのかよ…!感じる…ミストバーンの冷酷を…」
ヒュンケル「ポップよ…お前に一つ言っておくことがある お前は軍団長同士を『仲間』だと思っているようだが…別にそんなことはなかったぜ!」
ポップ「そうか」
ヒュンケル「しかしクロコダインは武人だったので特別扱いしておいた あとはレオナ姫を助けるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
マァム「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある 魔弾銃は先生の形見のような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ダイ「そうか」
マァム「ウオオオいくぞオオオ!」
ダイ「ギラ!」
過剰に詰め込んだギラが禁呪法の氷を溶かすと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

710 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 22:21:28 ID:s+T5HPPy0
オレは最初ヤマトがアバン流刀殺法をマスターしてアーマーフレイザードを倒したのかと思ったが…別にそんなことはなかったぜ!

711 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 22:26:59 ID:SRPCkLuZ0
やっちゃったぜ

712 :水先案名無い人:2007/01/01(月) 23:27:32 ID:zzRduoCY0
896 :888 [sage] :2007/01/01(月) 22:35:03 ID:???
知らない人へのよくわかるイボルブストライク編
キラ「チクショオオオオ!くらえバルドフェルド!新必殺音速火炎アーマーシュナイダー振り下ろし!」
アンディー「さあ来い少年ンッッッッッ!俺は実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
アンディー「グアアアア!こ この砂漠の虎と呼ばれるザフト四天王のアンディー様が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
アンディー「グアアアア」
古ジン「砂漠の虎がやられたようだな…」
今ジン「フフフ…奴はザフト四天王の中でも最弱…」
新ジン「ナチュラルごときに負けるとはコーディネーターの面汚しよ…」
キラ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
キラ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでクルーゼのいるジェネシスの扉が開かれる!!」
クルーゼ「よく来たなスーパーコーディネーター、キラ・ヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
キラ「こ…ここがジェネシスだったのか…!感じる…クルーゼの狂気を…」
クルーゼ「キラ・ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『説得力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
キラ「な 何だって!?」
クルーゼ「そしてムウはやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
キラ「フ…上等だ…ボクも一つ言っておくことがある このボクに守りたい世界があるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
クルーゼ「そうか」
キラ「ウオオオいくぞオオオ!」
クルーゼ「さあ来いキラ・ヤマト!」
負債の補正が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

897 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2007/01/01(月) 22:46:44 ID:???
知らない人も一行でよくわかるイボルブストライク編
つttp://www.youtube.com/watch?v=aREyhVld3rQ

713 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 14:13:47 ID:mE5a6AJ40
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ヤマトの父「何だ、今の声は……?」
ヤマトの母「いったい外で何が起こっているの…」
ヤマトの妹「YE〜」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やっちゃったぜ」

714 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 14:57:23 ID:UNzg8+000
いや、やっちゃったぜじゃないでしょ!

715 :猪 八戒:2007/01/02(火) 14:58:04 ID:oJrElZ4U0
はじめまして、今年の干支の猪八戒で〜す☆ 特技は食材で〜す…なんちゃって ブゥ〜

716 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 15:13:42 ID:FkupTugj0
最終話 天竺を前に 猪八戒の言葉を思い出す時…! 爪を伸ばすのは、卑怯です。 三蔵法師

717 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 15:23:50 ID:p5QmvUMN0
最終話 理想を胸に 輪廻を終わらせる時…! プロジェクトRS第3作は、発売未定です。 トレジャー
森羅「チクショオオオオ!くらえ浅見!新必殺力の解放!」
浅見「さあ来い森羅!オレは実は一回撃たれただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
浅見「グアアアア!こ このザ・烏帽子鳥と呼ばれる1面ボスの浅見が…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
浅見「グアアアア」
法角「浅見がやられたようだな…」
鬼羅「フフフ…奴はボスの中でも最弱…」
鳳来「斑鳩ごときに負けるとは鳳来の面汚しよ…」
森羅「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
森羅「やった…ついに鳳来を倒したぞ…これで自由が訪れる!!」
石のような物体「よく来たなパターンマスター森羅…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
森羅「こ…こいつがラスボスだったのか…!感じる…石のような物体の威圧感を…」
石のような物体「森羅よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前達を生かしているのは、この私。『私のこと愛してる?』と問い詰めたいのだろうがが…それはレイディアントシルバーガンだ」
森羅「な 何だって!?」
石のような物体「そしてお前の斑鳩はやせてきたのでリミッターを解除しておいた あとは60秒間私を攻撃を避けるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
森羅「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある それ故に…悔いの残らぬよう、やり遂げなさいと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
石のような物体「そうか」
森羅「ウオオオいくぞオオオ!」
石のような物体「さあ来い森羅!」
森羅の信念が輪廻から抜け出す事を可能にすると信じて…! ご愛読ありがとうございました!


718 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 16:32:12 ID:UavDH6yYO
最終話 長剣を手に すべてを終わらせる時…! ロマンシングサガ2リメイクは、情報なしです。 最終皇帝
クジンシー「チクショオオオオ!くらえヴィクトール!ソウルスティール!」
ヴィクトール「さあ来いクジンシーイイ!オレは実はLPとられただけで死ぬぞオオ!」
(ポヨヨヨン!ピッ)
ヴィクトール「グアアアア!流し斬りが完全にはいったのにいいい……バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
ヴィクトール「グアアアア」
レオン「ヴィクトールがやられたようだな…」
ジェラール「ククク…奴は帝国兵の中でも最弱…」
ジェイムズ「七英雄ごときに負けるとはアバロンのダニよ…」
テレーズ「ウフフ…」
クジンシー「くらえええ!」
(ズサ)
4人「グアアアアアアア」
クジンシー「やった…ついに皇帝を倒したぞ…これでベアのいる酒場の扉が開かれる!!」
ベア「よく来たなソウルマスタークジンシー…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
クジンシー「こ…ここが酒場だったのか…!感じる…ベアの大盾を…」
ベア「クジンシーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ギャラクシイ』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
クジンシー「な 何だって!?」
ベア「そしてソウルスティールの見切りはみじん斬りを閃いたので封印しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
クジンシー「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにあと6人の仲間がいたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベア「そうか」
クジンシー「ウオオオいくぞオオオ!」
ベア「さあ来いクジンシー!」
ベアのプロテクトスーツが倉庫に入ると信じて…! プレイありがとうございました!


719 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 16:41:33 ID:9wgCVddz0
最終話 嵐を呼ぶ最終回! DVD-BOX1&2は、再販未定です。 握乃手紗貴
舞人「チクショオオオオ!くらえパープル!新必殺真っ向唐竹割り!」
パープル「さあ来い旋風寺舞人オオ!オレは実は一回斬られただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
パープル「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれるパープルが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
パープル「グアアアア」
イクス「パープルがやられたようだな…」
イプシロン「フフフ…奴はブラックノワール様の僕の中でも最弱…」
エグゼブ「人間ごときに負けるとはブラックノワール様の僕の面汚しよ…」
舞人「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
舞人「やった…ついにエグゼブも倒したぞ…これでブラックノワールのいる要塞の扉が開かれる!!」
ブラックノワール「よく来たな旋風寺舞人…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
舞人「こ…ここが中心部だったのか…!感じる…巨大な悪の気配を…」
ブラックノワール「旋風寺舞人よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『イノセントウェーブ』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
舞人「な 何だって!?」
ブラックノワール「そしてエースのジョーはやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
舞人「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレがゲームの駒だとか言われるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ブラックノワール「そうか」
舞人「ウオオオいくぞオオオ!」
ブラックノワール「さあ来い旋風寺舞人!」
舞人の勇気が世界を救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!

720 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 16:49:13 ID:kZn5F9xi0
>>716
三蔵法師までなんか爪伸ばしてた気がしていたが別にそんなことはなかったぜ

721 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 17:34:24 ID:ISwIWr0G0
>>718
ジェラールが死んだ時点でゲームオーバーだったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

722 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 17:59:02 ID:tLbm0Nh00
そうかそうか

723 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 18:54:12 ID:tR5DIhEA0
何をやってもついてないオレ達だったけど やっとCDデビューにこぎつけたぜ
今日はファーストシングル「聖なる乗り手(ライダー)」のジャケット撮影だぜ
影山「うわっ」(ガラッ)
三人「か…KAGEYAMA――――――――――!」
影山「ウワアアアア――――――!」

KAGEYAMA――――――――――!
矢車の跡を継いでザビーになったが ザビーが爆発し 
やむなくパンチホッパーに転職したが 
蛹しか倒せず 女の子にはキモがられた
そんなついてない人生にも負けずここまでがんばってきたKAGEYAMA!
KAGEYAMA――――――――――!

矢車「泣くなみんな!涙という名のワームは心の牢獄(ジェイル)にしまえ!」
加賀美「KAGEYAMAのためにも残ったオレ達ががんばるしかないじゃないか」
風間「そうだ!KAGAMIの言うとおりだぜ!」
加賀美「うわっ」(ガラ)
矢車&風間「か KAGAMI――――――――――!」
加賀美「ウワアア――――――!」

KAGAMI――――――――――!
資格者を夢見て必死で人体実験を受け やっとガタックになったが 
カブトのかませにしかなれず 鯖味噌は天道に取られ
ガタックは爆発した
そんな不運にも負けず ZECTに人生をかけたKAGAMI!
KAGAMI――――――――――!

724 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 18:58:50 ID:tR5DIhEA0
風間「も もうダメだ…オレ達の夢という名のゼクターはもがれちまった」
矢車「バカヤロウ ここであきらめたら今までのがんばりがムダになるぞ」
風間「でも もうキックホッパーとドレイクだけになってしまったじゃないか!」
矢車「だからなんだってんだ!ライダーってのはたとえ…うわっ(ガラッ)
   ウワアアア――――――!!」
風間「YAGURUMA――――――――――!!」

YAGURUMA――――――――――!
完全調和を目指したが シャドウが爆発して
ザビーの資格を失った上 隊員達に見捨てられ
影山には「わりと不協和音でした」と告白され
それでも人生をあきらめず キックホッパーに全てをかけたYAGURUMA!
YAGURUMA――――――――――!

風間「なんてことだ…どうすればいいんだ…とうとうドレイクのオレ一人になってしまった…」
ひより(ドレイクが残っちゃったの!?)
風間「ドレイクのみのライダーなんて ライダーじゃなくてドレイクという名の堕天使だよ…うわっ(ガラッ)
   ウワアアア――――――――――!」
ひより「ドレイクの人――――――――――!!」

オレ KAZAMAは
カリスマ美容師を目指して昼はアルティメットメイクアップ
夜もアルティメットメイクアップと必死で働いたが
アルティメットメイクアップが爆発し
ライダー達からはリンチされ
惚れた女はよく見たら何かのワームだった
そんなついてない人生にもめげずにがんばってきたのに…
出番終わりかよ チクショ――――――――――!

ひより「全滅した…」

725 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 19:02:53 ID:tR5DIhEA0
アンラッキーエンジェルを改変したら面白いような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

726 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 19:33:10 ID:vzgF4bLX0
最終話 さようならレオ! 太陽への出発の時…! DVD第13巻は、発売中です。 
レオ「チクショオオオオ!くらえシルバーブルーメ!新必殺音速火炎斬!」
シルバーブルーメ「さあ来いレオ!オレは実は何も攻撃しないぞオオ!」
(ザン)
シルバーブルーメ「グアアアア!こ このザ・MAC全滅と呼ばれる円盤生物のシルバーブルーメが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)

シルバーブルーメ「グアアアア」
アブソーバ「シルバーブルーメがやられたようだな…」
ブラックテリナ「フフフ…奴は円盤生物の中でも最弱…」
ノーバ「ウルトラ族ごときに負けるとは怪獣の面汚しよ…」

レオ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」

レオ「やった…ついに円盤生物を倒したぞ…これでブラック指令のいるブラックスターの扉が開かれる!!」
ブラック指令「よく来たなウルトラマンレオ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
レオ「こ…ここがブラックスターだったのか…!感じる…ブラック指令の魔力を…」
ブラック指令「レオよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はブラックエンドを倒すのに『水晶玉』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」

レオ「な 何だって!?」
ブラック指令「そして私は子供達にリンチされておいた あとはブラックエンドを倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
レオ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた弟がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ブラック指令「そうか」
レオ「ウオオオいくぞオオオ!」
ブラックエンド「さあ来いレオ!」

レオの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

727 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 20:38:41 ID:cZjvKg0A0
最終話 紅茶を真紅に すべてを終わらせる時…! もうコミックバーズには、うんざりです。 PEACH-PIT
ジュン「チクショオオオオ!くらえ翠星石!新必殺音速火炎通販!」
翠星石「さあ来るですチビチビイイイ!翠星石は実は一回刺されただけで死ぬですウウ!」
(ザン)
翠星石「グアアアア!こ このツンデレ・オブ・ザ・イヤーと呼ばれる四天王の翠星石が…こんなチビに…バ…バカなですウウウウウウ」
(ドドドドド)
翠星石「グアアアア」
蒼星石「翠星石がやられたようだね…」
水銀燈「フフフ…奴は四天王の中でも最弱ぅ…」
雪華綺晶「人間ごときに負けるとは…ローゼンメイデンの面汚し…」
ジュン「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ジュン「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでローゼンのいるNのフィールドへの扉が開かれる!!」
ローゼン「よく来たなヒッキーミーディアムジュン…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ジュン「こ…ここがNのフィールドだったのか…!感じる…ローゼンの趣味の悪さを…」
ローゼン「ジュンよ…戦う前に一つ言っておくことがある 人形たちは私に逢うのに『アリス』になる必要だと思っているようだが…別にならなくても逢える」
ジュン「な 何だって!?」
ローゼン「そして壊れた人形達は可哀想なので直しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジュン「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレにお節介な姉がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ローゼン「そうか」
ジュン「ウオオオいくぞオオオ!」
ローゼン「さあ来いジュン!」
ジュンの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

728 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 21:46:03 ID:KHPrKAyIO
ローゼン原作ではミーディアムではなくマスターなんだが、そんなことはどうでもよかったぜ!

729 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 21:55:14 ID:cZjvKg0A0
更に誤字を発見したような気がしていたが別に大きな問題ではなかったぜ!

730 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 22:03:24 ID:mE5a6AJ40
>>723-724
ワロタ うまいww

731 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 22:05:17 ID:ratHVe8QO
>>725
アンラッキーは絵が欲しいな

732 :このスレ向きに改変:2007/01/02(火) 22:18:21 ID:zcxFuywh0
アンラッキー四天王
何をやってもついてないオレ達だったけど やっと漫画デビューにこぎつけたぜ
今日はソードマスター「聖なるヤマト」との対決だぜ
サイアーク「うわっ」(ザン)
三人「さ…サイアーク――――――――――!」
サイアーク「ウワアアアア――――――!」

サイアーク――――――――――!
十回刺さないと死なない設定を継いでザ・フジミになったが 設定が爆発し 
やむなく一回刺されただけで死ぬ設定に転職したが 
出番は打ち切りで減らされ 台詞は誤植された
そんなついてない人生にも負けずここまでがんばってきたサイアーク!
サイアーク――――――――――!

レツアーク「泣くなみんな!涙という名の聖なる石は心の牢獄にしまえ!」
ゴクアーク「サイアークのためにも残ったオレ達ががんばるしかないじゃないか」
キョウアーク「そうだ!ゴクアークの言うとおりだぜ!」
ゴクアーク「うわっ」(ズサ)
レツアーク&キョウアーク「ご ゴクアーク――――――――――!」
ゴクアーク「ウワアア――――――!」

ゴクアーク――――――――――!
クールな悪役を夢見て必死でバイトして やっとマントを買ったが 
台詞は一番短いものしか喋れず 出番は打ち切りで減らされ
マントは爆発した
そんな不運にも負けず 四天王に人生をかけたゴクアーク!
ゴクアーク――――――――――!

733 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 22:24:13 ID:cvbXicnJ0
最終話 ローザミスティカを胸に すべてを終わらせる時…! ローゼンメイデン第8巻は、発売未定です。 PEACH-PIT
真紅「チクショオオオオ!くらえ水銀燈!新必殺音速火炎ビンタ!」
水銀燈「さあ来い真紅ウウ!私は実はお腹が空洞なのォォ!」
(ビシッ)
水銀燈「グアアアア!こ このザ・銀様と呼ばれる第一ドールの水銀燈が…こんな真紅に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
水銀燈「グアアアア」
雪華綺晶「水銀燈がやられたようだな…」
薔薇水晶「フフフ…奴はローゼンメイデンシリーズの中でもジャンク…」
金糸雀「真紅ごときに負けるとはローゼンメイデンの面汚しかしらー」
真紅「くらええええ!」
(ズシャァ)
3人「グアアアアアアア」
真紅「やった…ついに全てのローゼンメイデンを倒したのだわ…これでお父様のいるnのフィールドの扉が開かれる!!」
ローゼン「よく来たなアリスマスター真紅…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
真紅「こ…ここがnのフィールドだったのね…!感じる…お父様の魔力を…」
ローゼン「真紅よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はアリスゲームを制するのに『ローザミスティカ』が必要だと思っているようだが…別になくても制することは出来る」
真紅「な 何ですって!?」
ローゼン「そして食われていた蒼星石と雛苺はやせてきたので最寄りのマスターの元へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
真紅「フ…上等よ…私も一つ言っておくことがある ジュンが引きこもりから脱却するような気がしていたが別にそんなことはなかったのだわ!」
ローゼン「そうか」
真紅「ウオオオいくぞオオオ!」
ローゼン「さあ来い真紅!」
真紅の勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


734 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 22:24:23 ID:zcxFuywh0
キョウアーク「も もうダメだ…オレ達の夢という名の翼はもがれちまった」
レツアーク「バカヤロウ ここであきらめたら今までのがんばりがムダになるぞ」
キョウアーク「でも もうお前とオレだけになってしまったじゃないか!」
レツアーク「だからなんだってんだ!四天王ってのはたとえ…うわっ(ズサ)
   ウワアアア――――――!!」
キョウアーク「レツアーク――――――――――!!」

レツアーク――――――――――!
パワーキャラを目指したが  腹筋が爆発して
生命を断たれた上に 出番は打ち切りで減らされ
ベルゼバブ様には「わりと魔族の面汚しでした」と告白され
それでも人生をあきらめず 四天王に全てをかけたレツアーク!
レツアーク――――――――――!

キョウアーク「なんてことだ…どうすればいいんだ…とうとうオレ一人になってしまった…」
ヤマト(キョウアークが残っちゃったの!?)
キョウアーク「オレのみの四天王なんて 四天王じゃなくて地味という名の堕天使だよ…うわっ(ズサ)
   ウワアアア――――――――――!」
ヤマト「くらえ――――――――――!!」

オレ キョウアークは
目立つことを目指して昼は地味
夜も地味と必死で働いたが
地味さが爆発し
出番は打ち切りで減らされ
例のコラはよく見たら自分の特殊武器がなかった
そんなついてない人生にもめげずにがんばって
やっと四天王という新しい夢をつかんだのに…
ここまでかよ チクショ――――――――――!

ヤマト「全滅した…」

735 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 22:29:54 ID:7WmFe7an0
最終話 洗濯物を胸に すべてを終わらせる時…! 異形の花々は、発売未定です。 井上敏樹
ファイズ「チクショオオオオ!くらえジェイ!クリムゾンスマッシュ!」
ジェイ「さあ来いファイズウウ!オレは実は一回蹴られただけで死ぬぞオオ!」
(ガリガリガリガリ、ドカーン)
ジェイ「グアアアア!こ この上の上と呼ばれるラッキークローバーのジェイが…こんなライダーに…バ…バカなアアアアアア」
(シャキーン!ズズズズズ)
ジェイ「グアアアア」
琢磨「ジェイがやられたようだな…」
冴子「フフフ…奴はラッキークローバーの中でも最弱…」
北崎「ライダーごときに負けるとはオルフェノクの面汚しよ…」
ファイズ「くらええええ!」
(ドドドドドド)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついにラッキークローバーを倒したぞ…これでオルフェノクの王のいるスマートブレインの扉が開かれる!!」
アークオルフェノク「よく来たな仮面ライダーファイズ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ファイズ「こ…ここがスマートブレインだったのか…!感じる…王の魔力を…」
アークオルフェノク「ファイズよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『ブラスターフォーム』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ファイズ「な 何だって!?」
アークオルフェノク「そして鈴木少年はやせてきたので創才児童園に解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ファイズ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレは実はオルフェノクだった気がするが別にそんなことはなかったぜ!」
アークオルフェノク「そうか」
ファイズ「ウオオオいくぞオオオ!」
アークオルフェノク「さあ来いファイズ!」
ファイズの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

736 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 22:30:55 ID:6GkNf0Nd0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! サガ・フロンティア3は、発売未定です。 スクエニ
レッド「チクショオオオオ!くらえシュウザー!必殺アルフェニックス!」
シュウザー「さあ来いアルカイザー!オレの頭には小此木博士の脳が埋め込んであるぞオオ!」
(ザン)
シュウザー「グアアアア!こ このザ・クロービットと呼ばれる四天王のシュウザーが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
シュウザー「グアアアア」
ベルヴァ「シュウザーがやられたようだな…」
アラクーネ「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
メタルブラック「人間ごときに負けるとは改造人間の面汚しよ…」
レッド「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
レッド「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでDr.クラインのいるブラッククロス本部の扉が開かれる!!」
Dr.クライン「よく来たなアルカイザーレッド…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
レッド「こ…ここがブラッククロス本部だったのか…!感じる…Dr.クラインのLPを…」
Dr.クライン「アルカイザーよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『真・アルフェニックス』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
レッド「な 何だって!?」
Dr.クライン「そしてお前の母親と妹はやせてきたので最寄りのリージョンへ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
レッド「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある お前の他にも首領がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
Dr.クライン「そうか」
アルカイザー「ウオオオいくぞオオオ!」
Dr.クライン「さあ来いアルカイザー!」
レッドの勇気が世界を救うと信じて…! 新番組「R3X」、乞うご期待!

737 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 22:44:47 ID:LDEF24Ix0
>>736
ピッタリすぎてワロタwクライン戦うのかよwww

738 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 23:08:46 ID:MBP2gBAe0
最終話 ベルトを腰に すべてを終わらせる時…! 仮面ライダーケタック第1話は、放送未定です。 東映
橘「チクショオオオオ!くらえギラファアンデッド!新必殺音速火炎道連れだが危ないところを所長に助けられた!」
ギラファ「さあ来い橘アアア!オレは実は海に落ちただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
ギラファ「グアアアア!こ このザ・砂糖水と呼ばれる最後のアンデッドのギラファ様が…こんな若造に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ギラファ「馬鹿め 俺を倒せばって尺がもう グアアアア」
オロチ「ギラファがやられたようだな…」
サトリ「フフフ…奴はラスボスの中でも最弱…」
ダークカブト「人間ごときに負けるとは怪人の面汚しよ…」
橘「くらええええ!」
(ズサ)
3匹「グアアアアアアア」
橘「やった…ついに怪人を倒したぞ…これで俺は生まれ変わったんだーつ!!」
電王「よく来たな仮面ライダー竜王…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
竜王「こ…ここが新番組だったのか…!感じる…バンダイの圧力を…」
電王「竜王よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はボロボロにならないために『乾燥モズク』が必要だと思っているようだが…別にあってもボロボロだ」
竜王「な 何だって!?」
電王「そして私はもうすぐ鬼に叩き殺される あとは貴様が奴から逃げ切るだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
謎の男「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレが二年以上ネタにされ続けているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
電王「そうか」
イケメンチ「ウオオオいくぞオオオ!」
電王「さあ来いベルゼ!」
ダディの奇行が世界を滅ぼしかけると危惧して…! ご愛読ありがとうございました!

739 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 23:36:35 ID:KHPrKAyIO
>>733
原作の水銀燈はお腹がちゃんとついているのと、薔薇水晶はアニメオリジナルなんだがそんなことは問題だったぜ!!

740 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 23:43:32 ID:S30wIw5R0
石田兄「ワシの波動球は108式まであるような気がしたがそんなことはなかったぜ!」
寿司「そうか」


741 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 23:43:42 ID:ldEV8J8c0
>>733
だが冗談でなくローゼンメイデン自体が、

雑誌の看板漫画家

だがネームチェックしたことのない担当に誤植しまくられる

挙句に大切な原稿を紛失してしまった担当

キレまくる漫画家

確執そして「ローゼンメイデン」BIRZで打ち切り

しかも原稿紛失したためページは描けたのは3ページ

いろいろ伏線を張っていた同作品を3ページで終わらせるのは至難の業

http://image.blog.livedoor.jp/zot666/imgs/a/2/a29efc3f.jpg

最終話「も」異常な人気を得る

それとは関係なく既にアニメ化決定

になりそうな雲行きなんだが…

742 :水先案名無い人:2007/01/02(火) 23:55:56 ID:ZgjcvQqT0
>>243の一番上の先生×教え子みたいなシチュが気にならないなんか男じゃないだろ?そうだろ?お前らこれが読みたくないなんてどうかしてるぜ。そしてそれを消してる>>243 お前もだよ いいから出せ早く いや出してください(パソコンの前で土下座) 頼む

743 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 00:09:01 ID:QTcOnBMu0
>>741
マジレスすると担当クビでケッチャコだと思う

744 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 00:11:22 ID:vFYQaGHc0
最終話 最後のメガリス すべてを終わらせる時…! サガフロンティア3は、発売未定です。 ■e
グスタフ「チクショオオオオ!くらえボルス!新必殺音速火炎マルチウェイ!」
ボルス「さあ来いグスタフウウ!オレは実はうっかり北方軍を追撃しちゃったぞオオ!」
(シャパパーン)
ボルス「グアアアア!こ このザ・水の将魔と呼ばれるエーデルリッターのボルスが…こんな若僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ボルス「グアアアア」
サルゴン「ボルスがやられたようだな…」
ミカ「フフフ…奴はエーデルリッターの中でも最弱…」
トーワ「人間ごときに負けるとは高貴なる騎士の面汚しよ…」
モイ「クックック…」
イシス「ハッハッハ…」
グスタフ「くらええええ!」
(シュパパーン)
5人「グアアアアアアア」
グスタフ「やった…ついにエーデルリッターを倒したぞ…これでエッグのいる超空間の扉が開かれる!!」
エッグ「よく来たなビッグソードマスターグスタフ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
グスタフ「こ…ここが超空間だったのか…!感じる…エッグのアニマを…」
エッグ「グスタフよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『戦略・前知識・下準備・その他もろもろ』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
グスタフ「な 何だって!?」
エッグ「そしてお前のいとこはやせてきたのでサウスマウンドトップから撤退しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
グスタフ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレはフィニー王家の血筋であるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
エッグ「そうか」
グスタフ「ウオオオいくぞオオオ!」
エッグ「さあ来いグスタフ!」
グスタフの鋼剣が世界を救うと信じて…! プレイありがとうございました!

745 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 00:37:12 ID:O8P6D0PZ0
最終話 得点をパンツに クソゲーを終わらせる時…! お兄ちゃんは、就職未定です。 二郎
丸尾「んもオオオオう!くらえ前の人!新必殺音速火炎サーブ!」
田中「さあ来い丸尾オオ!オレは実は一回サーブされただけで死ぬぞオオ!」
(1点)
田中「グアアアア!こ このザ・無関係と呼ばれる前の座席の田中が…こんな丸尾に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
田中「グアアアア」
先生「田中が死んじゃったようだな…」
試合相手「フフフ…奴はゲームの中でも最弱…」
お母さん「サーブごときで死ぬとはパンツの無駄与えよ…」
丸尾「んもおおおう!」
(3点)
3人「グアアアアアアア」
丸尾「やった…ついに4得点を獲得したぞ…これでベッドのある自室の扉が開かれる!!」
ベッド「よく来たなテニスプレイヤー丸尾…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
丸尾「こ…ここがベッドだったのか…!思い出す…テニスへの恨みを…」
丸尾「プレイヤーよ…サーブ前に一つ言っておくことがある お前はゲームを楽しむのに『テニスの試合』が必要だと思っているようだが…別に楽しめなくても終わる」
二郎「な 何だって!?」
お兄ちゃん「そして外でのテニスは健康的なので最寄りの玄関を解放しておいた あとは俺を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
二郎「フ…上等だ…僕も一つ言っておくことがある この兄が今度こそ間違えずにゲームを買ってくるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
お兄ちゃん「そうか」
二郎「ウオオオ金返せエエエ!」
お兄ちゃん「オ オレ金ねーよ…」
クソゲーの購入が今回で最後と信じて…! あなたの得点は…5点です  いえ 5パンツです

746 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 01:10:55 ID:Fy3NF2SW0
最終話 月が白夜に吠える時 戦争を終わらせる時…! 先生の新連載は未定です。 樋田和彦
京四郎「チクショオオオオ!くらえ上村!新必殺回転地獄蹴り!」
上村「さあ来い佐倉アアア!オレは実は一回蹴られただけで倒れるぞオオ!」
(ドッ)
上村「グアアアア!こ このザ・特攻隊長と呼ばれる白夜幹部の上村が…こんな弱小連合軍に…バ…バカなアアアアアア」
(コンコンコン パタッ)
上村「グアアアア」
小宮山「上村がやられたようだな…」
六川「フフフ…奴は白夜幹部の中でも最弱…」
児玉「弱小勢力の総長ごときに負けるとは暴走族の面汚しよ…」
京四郎「くらええええ!」
(プシューッ)
3人「グアアアアアアア」
京四郎「やった…ついに白夜幹部を倒したぞ…これで相沢のいる白夜本隊に攻撃を仕掛けられる!!」
相沢「よく来たな第三十六代目MAX総長佐倉京四郎…待っていたぞ…」
(ブオオオオン)
京四郎「こ…ここが白夜本隊だったのか…!感じる…相沢の野望を…」
相沢「佐倉…戦う前に一つ言っておくことがある お前は俺を倒すのに『羅威駄亜蹴激』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
京四郎「な 何だと!?」
相沢「そしてお前の後輩は重傷だったので最寄りの病院へ入院させておいた あとは俺を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
京四郎「フ…上等だ…俺も一つ言っておくことがある 俺には頼りになる助っ人の先輩が東京にいたような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
相沢「そうか」
京四郎「ウオオオいくぞオオオ!」
相沢「さあ来い佐倉!」
京四郎の勇気が信州を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

747 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 02:24:38 ID:A0f9uD9S0
>>741
ありえないんだぜ!

748 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 08:00:37 ID:b6LA2EC90
ローゼンの担当の件聞いたとき笑っちまったよ
リアルで小島さんがいたなんて
内容もロクに見てなかったらしいし、彼女に夢中だったのか

749 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 08:46:56 ID:M4TskbMT0
ローゼンメイデンの関連記事を張っておくんだぜ!!
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/888628.html

750 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 16:26:15 ID:e051Hm1B0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! C・Y・C第1巻は、発売未定です。 夢野カケラ
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は何度も刺さないと死なないぞオオ!」
(ザンザンザンザンザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最強…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは四天王の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じない…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『聖なる石』が必要だと思っているようだが…確かになければ倒せない」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてお前の両親はやせてきたがそんな事など知らん あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた妹なんていないような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオいくぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来いヤマト!」
ヤマトの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!


751 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 20:20:14 ID:TOrUSejy0
「編集さんひどいじゃないですか! 読みましたよ今週のBIRZ!!」
「え? ひどいって…内容が?」
「グヘェッ違いますよ誤植ですよ誤植! 写植の文字が間違ってんですよ!」
「えーーほんとに? どこどこ?」
「ほら人工妖精のとこで…
 『ベリーベル』って最高にかわいい妖精が…」

 ピチカート

「ひどいっスよコレ!」
「あ……ほんとだ……。
        やっちゃった」
「いや やっちゃったじゃないですよもう!
 BIRZが いきなり黄色主義に目覚めちゃったみたいじゃないですか!」
「ハッハッハ」
「ハッハッハ!? 何でゴキゲンなんスか! 誤植はこれだけじゃないんスよ!」
「えーー本当? どこどこ?」
「キャラ紹介で、蒼星石 翠星石の妹っていう超シブいペジーで…」

 蒼星石 翠星石の弟

「あ…ほんとだ。性別間違ってる、やっちゃった。」
「弟ってなんすか、しかもどこからちんことか出てくるんですか! ひどいッスよもう!」
「…………やっちゃった」
「いや だから やっちゃったじゃないですよちょっと!」
「ハッハッハ。翠星石の弟…何? 新キャラ? ハッハッハ」
「ハッハッハじゃないですよ何でそんなに上機嫌なんスか!」
「いや〜実は先日彼女が出来ちゃって」
「え 本当ですかよかったですね。でもこちとら全然よくないんですよ! まだ誤植あるんですよ!」

752 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 22:35:49 ID:CyfdIbds0
そろそろ容量がやばいような気がしたが 気のせいだったぜ!

753 :水先案名無い人:2007/01/03(水) 23:59:27 ID:wgFJJ40O0
そうか

754 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 00:05:01 ID:Db7tKC2Y0
カナリアの精霊はここからとったんだな

755 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 00:20:32 ID:9mhgNB+nO
オレはアニメは見ないから萌えオタではないと思っていたが実はそんな事はなかったぜ!

756 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 00:42:24 ID:75G1n9uY0
>>755
君はハリケーン準君!?
久しぶりだね あ、今何してるの?

757 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 01:22:17 ID:9mhgNB+nO
お前のアップはキモイ気がするが実はそんな事はなかったぜ

758 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 01:50:03 ID:n1nqe3ZuO
>>756
ニー…フリーターだよ…

>>757
バンパイアパワー乙

759 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 03:17:16 ID:A/a9iXBa0
ヤマト以外のギャグマンガ日和ネタを、ヤマトと同じ5巻収録のモノしか見かけないから
みんなオレと同じで5巻しか持っていないような気がしていたが、別にそんなことは無かったぜ!

760 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 07:17:39 ID:AVOE/U+C0
そうか

761 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 11:42:38 ID:n1nqe3ZuO
>>759
といっても5巻は面白いからな

太子や芭蕉ネタがあまり沸いてこないのは何故なんだ

762 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 12:24:06 ID:h0mSXSc90
>>761
前スレにあったよ

最上川はウケた

763 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 13:02:09 ID:5kOdmxXN0
最終話 弓矢をスタンドに ボスを終わらせる時…! ジョジョの奇妙な冒険第63巻は、発売中です。 荒木飛呂彦
ジョルノ「チクショオオオオ!くらえ!新必殺無駄無駄!」
カルネ「さあ来いジョルノオオ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
カルネ「グアアアア!こ このザ・シヌトツヨイと呼ばれるバッショーネのカルネが…こんな新入りに…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
カルネ「グアアアア」
チョコラータ「カルネがやられたようだな…」
セッコ「フフフ…奴はバッショーネの中でも最弱…」
ドッピオ「新入りごときに負けるとはギャングの面汚しよ…」
ジョルノ「くらええええ!」
(ズサ)
3人「ヤッダァァアアバァアアアア」
ジョルノ「やった…ついにボスの刺客を倒したぞ…これでボスのいるコロッセオの扉が開かれる!!」
ボス「よく来たな新入りジョルノ…待っていたぞ…」
(ドドドドドドド)
ジョルノ「こ…ここがコロッセオだったのか…!感じる…ボスのスタンドを…」
ボス「ジョルノよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『弓矢』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ジョルノ「な 何だって!?」
ボス「そしてナランチャは死亡フラグを立てたので最寄りの柵へ刺しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ジョルノ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このコロッセオにポルナレフがいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ボス「そうか」
ジョルノ「ウオオオいくぞオオオ!」
ボス「さあ来いジョルノ!」
ジョルノの夢がボスを殺すと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

764 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 14:50:09 ID:Ik7DSC+B0
ギャングの名前はパッショーネだった気がしたが別にそんなことは無かったぜ!

765 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 15:02:40 ID:75G1n9uY0
5部の主人公はブチャのような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

766 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 15:05:53 ID:9mhgNB+nO
元々弓は必要なかったような気がしていたが別にそんな事はなかったぜ!

767 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 15:22:45 ID:AVOE/U+C0
そそそそうか
そそそうか

768 :723-725に便乗 1/3:2007/01/04(木) 16:30:40 ID:IU97Czzr0
天道「あっワームが襲ってきた!いかんカブトに変身しなきゃ」
天道「天の道を往ってライダーを始めたのはいいけどこんな時は困る」
加賀美「おーいカブト!」
天道「あっ加賀美!」
加賀美「急に襲ってきたな」
天道「ああ今変身するためにゼクターを……」
加賀美「うおっ!(バキッ)」(ワームに殴られる)
天道「加賀美――――――!」

加賀美『オレの夢はZECTに入ってワーム狩り活動をすることなんだ』
加賀美『不安?そうだなあ オレのゼクターがちょっと弱くなってきてることかな』

天道「加賀美…誰よりも面白く鯖味噌と野球が大好きだった加賀美 俺はお前のことを忘れない!」
矢車「おーい天道!」
天道「あ 矢車」
矢車「どーしたんだワーム軍団の中そんなポーズ決めて」
天道「ああ変身するためにゼクターを……」
矢車「うおっ?(バキッ)ワアア――――――ッ(ドカッ)」
天道「矢車――――――!」

矢車『オレ実はザビーの時天道のことプルプルだったんだぜ 気付いてなかっただろ』
矢車『そしてオレのゼクターがだいぶ弱くなってるんだぜ』

天道「矢車…誰よりもやさぐれて麻婆豆腐が美味かった矢車 俺はお前のことを忘れない!」

769 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 16:35:59 ID:IU97Czzr0
擬態天道「あ もう一人の僕ー!」
天道「あっ擬態した俺」
擬態天道「どうしたのワーム軍団の中そんなポーズ決めて」
天道「ああ ちょっと変身するためにゼクターを……」
擬態天道「うおっ!(バキ)ウギャア――――――ッ(ドシャ)」
天道「擬態した俺――――――!」

擬態天道『もう一人の僕がひよりと二人だけだった世界に乱入してきた時すごく悔しかったんだよ』
擬態天道『そして僕のゼクターにガタがきてるんだよ』

天道「擬態した俺…擬態しそこないでワームだけど誰よりも不審者オーラを持っていた擬態した俺」
天道「俺はお前のことを忘れない!」
剣「天道サ〜〜〜〜ン」
天道「あっディスカビル家の剣!」
剣「ワームデ〜スネ〜 ナ〜ンデ ポージングシテマ〜〜スカ〜〜?」
天道「ZECT本部にゼクター置きっぱなしで…」
剣「UO?(バキッ)NO――――――ッ(ドン)」
天道「剣――――――!」

剣『ワームベリー強イデ〜ス デモ全テ倒シマ〜〜ス』
剣『ソシテ ゼクター ボロボ〜ロデ〜〜〜〜ス!ノーブレス オブリージュ!』

天道「剣!イギリスから代々伝わって俺並に覚えやすい名前だった剣! 俺はお前のことを忘れない!」

770 :3/3:2007/01/04(木) 16:39:16 ID:IU97Czzr0
大介「天道総司ー」
天道「あっメイクアップアーティストの大介!」
大介「天道総司 あなたのゼクター本部に置きっぱなしですよ」
天道「ああ今変身しようと思って構えてたんだ!」
天道「あ 変身できた よかった! 俺が望みさえすれば運命は絶えず俺に味方する」
天道「あれっ大介のドレイクゼクターが壊れてる」


天道「大介――――――!!」

大介『おや あなたもライダーだったんですか? わからないことは何でも聞いてください』
大介『私のゼクターはヒビが入っててそろそろ壊れそうなんです』

天道「うう…大介…いつもギターケースを持っていて連れのゴンは誰よりも大介を慕っている大介…」
天道「俺大介のことを忘れない…うお!(バキィ)ギャアア――――――ッ(グシャ)」

おばあちゃん 俺はここまでのようです 育ててくれてありがとう ゼクターがだいぶ腐ってました

771 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 19:15:43 ID:hQ7f2qIA0
>>748-749

>O氏(ローゼン担当)
小島と書いて、「おじま」さんと読むのかもなw

772 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 21:56:25 ID:Db7tKC2Y0
>>768
それってベランダの柵が次々折れていくやつだっけ?

773 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 22:00:18 ID:8TysU1o30
>>772
アンラッキーフレンズって奴じゃなかったっけ

774 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 22:05:55 ID:aBkw7apnO
>>773
いや、柵の方

775 :768:2007/01/04(木) 22:25:52 ID:IU97Czzr0
アンラッキーフレンズで合ってます。
元ネタ明らかにしてなくて申し訳ない。
http://www.youtube.com/watch?v=1yBWFLZO7_c

776 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 22:47:06 ID:9mhgNB+nO
描くのは簡単だと思っていたが別にそんな事はなかったぜ!
ttp://imepita.jp/20070104/819480

777 :ジャンル違うけどこれも便乗になるかな? 1/3:2007/01/04(木) 22:51:21 ID:6Y5jtKOe0
 あらすじ
 豊臣秀吉(変なにおいがする)は寺の茶坊主佐吉(後の石田三成)を家臣として召抱えようと寺にやってきた

佐吉「まあ異臭はさておき 僕に話って何ですか秀吉さん」
秀吉「異臭ってゆうなァー!ひと騒ぎおきそうじゃないか!
    と とにかく さあ話は奥でゆっくりするから上がらせて上がらせて」
佐吉「あの そろそろおいとましてほしいんですが・・・」
秀吉「だから帰らせたがるなよ!早いよ!」
佐吉「あ このへんワックスかけたばかりだから気をつけてくださいよ」
秀吉「ツルーンとすべるからねツルーンと・・・」
 (ツガルーンとすべる秀吉)
秀吉「ウオオッ!?マジかよ!!オッファ!」
佐吉「寒いから帰ってください」
秀吉「待って────!今のわざとじゃないから帰らせんといて────!
    ねらってない!ねらってないから!ゆっくりしてって!
    お願い────!お茶とかお菓子とかも出すから!
    あとちょっと恥ずかしい物とかも出すからこの際!
    そんなすぐに帰らせんといて────!わし あんまりもてなされたことないんだから!」
佐吉「しょうがないなあ じゃあもう少しだけですよ」
秀吉「う うん・・・(しかし 客人をこんなに帰らせたがるとは恐ろしい子だ・・・)」
佐吉「 じゃ ここが客間だからくつろいでます お菓子とか持ってきてくださいよ」

秀吉「フ〜〜つかれた〜〜・・・もう つかれた・・・・・・
    彼はわしのこと嫌いなんだろうか・・・
    わしの家臣になってくれとおねがいしようと思ったのになんか言いづらいな・・・」

778 :2/3:2007/01/04(木) 22:53:31 ID:6Y5jtKOe0
秀吉「おまたせーお茶とお菓子を持ってき・・・
    (ウワァ──!思った以上にくつろいでる〜〜!)
    さ 佐吉君・・・なんか私が思ってた以上にくつろいでるね・・・」
佐吉「くつろいでますって言ったじゃないですか」
秀吉「そりゃ言ったけど・・・・・・一応わし客人だし・・・まさかこんな・・・」
佐吉「まあとにかくお茶とお菓子をそこに置いて早く」
秀吉「どんどんふてぶてしいよ君!?
    はい お茶とお菓子・・・で 話に入るけど実はわしの家臣に・・・」
佐吉「ちょっと恥ずかしいものは?」
秀吉「え?」
佐吉「お茶とお菓子とあとちょっと恥ずかしいものも出すって言いましたよさっき」
秀吉「あ やっぱいる?」
佐吉「一応気になるんで見たいです」
秀吉「じゃあ・・・はいちょっと恥ずかしいけど・・・さめないうちに・・・」
佐吉「食べ物ですか?」
秀吉「わしのヘソの緒
    ああ〜ねねにも見せたことないのに〜〜っ恥ずかし〜〜っああ〜〜っ」
佐吉「で 話って何ですか秀吉さん」(ヘソの緒を弾き飛ばす)
秀吉「アア──────!!
    あ・・・話?えっと話はね・・・実は・・・わしの家臣に佐吉になってもらおうかと思って・・・
    それを今日お願いするつもりだったん・・・だけどっ・・アア────!!」
(弾き飛ばされたヘソの緒の入った箱が秀吉の頭に刺さる)

779 :3/3:2007/01/04(木) 22:55:32 ID:6Y5jtKOe0
秀吉「でもやっぱりいいよ・・・今日寺に来てみて
    顔色一つ変えず客人のヘソの緒をはじきとばす君を見てわかったから・・・
    どうせ君イヤって言うだろ わしの家臣になるなんて・・・」
佐吉「なぜ聞きもせずにわかるんですか
    かってに僕の答えを決めないで下さい」
秀吉「え!?じゃあ・・・・・・家臣になってくれるの!?」
佐吉「いやですけど・・・」
秀吉「チクショ────────────!!
    うう・・・でもそうだよな・・・わしの戦いは頼るあての少ない天下取りの戦・・・
    苦難の相次ぐ大変な戦になるだろうし・・・
    ならなくて正解かもな・・・」
佐吉「え?苦難の相次ぐ・・・?」



佐吉「やっぱり僕はお仕えしたいです秀吉様」
秀吉「えっ!?何で急に・・・」
佐吉「いろいろ見たいものがあるんで・・・」

こうして天下取りの戦が始まった・・・

780 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 23:18:03 ID:nBN2EkGX0
最近スレ違いが目に付くな


781 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 23:40:31 ID:bpJxtT2N0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
ギャグマンガ日和関係ならありなような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

782 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 23:43:51 ID:EF6XuYx50
そうか?

783 :水先案名無い人:2007/01/04(木) 23:56:30 ID:sszdtiXo0
視聴者「渡よ…感想を言う前に一つ言っておくことがある お前は『マグロ』が期待されてると思っているようだが…別にされてない」
渡「な 何だって!?」
視聴者「そして俺の両親は飽きていたので他局を視聴させておいた あとは視聴率を低迷させるだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
視聴者「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 撮影は快調だった気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
渡「そうか」
視聴者「ウオオオ行くぞオオオ!」
ベルゼバブ「さあ来い渡!」
マグロの反響が石原プロを救うと信じて…! ご視聴ありがとうございました!


784 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 00:03:42 ID:3UXUCO1f0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
他ネタなら本スレですればいいような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

785 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 00:11:36 ID:hUG4JsDL0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
本スレと言われても、どのスレに投下するべきかわからないんだぜ!
スレ違い、氏ねとレスがついたら「ありえないんだぜー!」と叫んでぶっ倒れる気がしていたが
多分そんなことになると思うんだぜ。

786 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 00:36:30 ID:/xPFIuH20
まそっぷ!

787 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 00:41:39 ID:AzP1gkm10
>>776
俺は自分のことを笑いの沸点の高い奴だと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!
要するに吹いたんだぜ!wwwww

788 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 01:45:56 ID:GwncudGRO
この漫画に本スレなんてものは無かったような気がしていたが別にそんな事はなかったぜ!

789 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 02:52:48 ID:TgR6fqyP0
>>784
そうか
>>785
そうか
>>787
そうか
>>788
そうか

790 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 03:10:24 ID:okedf41S0
よく来たな創価学会員>>789・・・

791 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 03:27:57 ID:z9TwadkR0
来ちゃったぜ

792 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 04:31:22 ID:MHMUHR2C0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある >>783の中にベルゼバブが居ない気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

793 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 06:15:08 ID:0Qe25NHn0
そうだな

794 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 10:50:10 ID:uMoXgi0u0
403 名前: 名無したんはエロカワイイ [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 18:02:08 ID:m9lXJqPz
最終章 希望を胸に お宝をいただく時…! パイレーツ・オブ・瀬戸内海 第1巻は、発売未定です。 長曽我部盛親
元親「チクショオオオオ!くらえ毛利隆元!新必殺音速鬼若子斬!」
隆元「さあ来い長曽我部エエ!三本の矢は実は一本だったら簡単に折れるぞオオ!」
(ザン)
隆元「グアアアア!こ このザ・輝元の父と呼ばれる三本の矢康元が…こんな海賊に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
隆元「グアアアア」
元春「康元がやられたようだな…」
隆景「フフフ…奴は三本の矢の中でも最弱…」
元春「西海の鬼ごときに負けるとは毛利家の面汚しよ…」
元親「くらええええ!」
(ズサ)
2人「グアアアアアアア」
元親「やった…ついに三本の矢を倒したぞ…これで元就のいる高松城の扉が開かれる!!」
元就「よく来たなイナカモノマスター元親…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
元親「こ…ここが高松城だったのか…!感じる…元就の先の手『発』の気配を…」
元就「元親よ…戦う前に一つ言っておくことがある 貴様は我を倒すのに『最新型重騎』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
元親「な 何だって!?」
元就「そして貴様の鳥親はやせてきたので最寄りの海賊船へ解放しておいた あとは我を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
元親「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに滅騎で作った莫大な借金があったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
元就「そうか」
元親「ウオオオいくぞオオオ!」
元就「さあ来い元親!」
毛利家のお宝が傾いた国を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

アニキスレとオクラスレとどっちに貼るか迷ったんだぜ


795 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 11:33:08 ID:nfCpTFnlO
>>776
それください

796 :776:2007/01/05(金) 15:07:41 ID:GwncudGRO
>>795
ご自由にどうぞと思っていたが別にその通りだったぜ!

797 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 16:21:47 ID:7DHiuC6M0
いっそギャグ漫画日和のガイドラインにすればいいような

798 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:05:39 ID:7DHiuC6M0
ルル・ル・ルル
トッペマ・マペット
メモリ・ミモリ姫
クレイ・G・マッド

劇場版クレしんのネーミングは何気にいい
特にクレイ・G・マッドのトリプル(4つ?)ミーミングは凄い

799 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:08:57 ID:7DHiuC6M0
うわ変な誤爆した
死ねばいいのに

800 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:12:41 ID:7UFM3ZJY0
イ`

801 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:22:44 ID:WA5e8lCm0
798「さあ書き込めオレエエ!オレは実は一回誤爆しただけで死ぬぞオオ!」

802 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:30:03 ID:HQ6zjHTk0
「このザ・ゴバクと呼ばれる四天王の>>798がこんな小僧に…バ… バカなアアアアアア」

803 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:30:55 ID:l/oOK0wC0
「よく来たな誤爆マスター>>798…待っていたぞ…」

804 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:32:23 ID:VcmCvE970
スレ住人達よ…次スレを立てる前に二つ言っておくことがある

>>797はギャグ漫画日和のガイドラインにする必要があると思っているようだが…
スレタイは現行通りで他ネタも許容ということにすればいいだろう

そして>>1にまだ間違いがあると言う奴は指摘しておいてくれ

あとでまた来るからな

805 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 17:44:58 ID:Dty1Rxej0 ?2BP(0)
アホの妹子へ

法隆寺ができました。ざまーみろ。
おみやげを持って来い。
いいおみやげを持って来い。

              聖徳太子

         P・S
          おフロ上がりに耳そうじを
          するとしめっている。

806 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 18:03:28 ID:gdw5Fghz0
「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある >>798がどこに誤爆したのか気になったが別にそんなことはなかったぜ!」

807 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 18:19:50 ID:f0/84wAs0
どこにって、そりゃここに誤爆したことくらいみりゃわかるんだぜ!

808 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 18:21:42 ID:GwncudGRO
まそっぷ!

809 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 18:22:16 ID:TMIrcVLN0
>>807
   そ   う   か   

810 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 18:28:37 ID:3UXUCO1f0
今日はやけに賑わっているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

811 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 18:33:04 ID:jhs3O3CQ0
アホのヤマトへ

魔龍城ができました。ざまーみろ。
四天王を倒して来い。
強い四天王を倒して来い。

              ベルゼバブ

         P・S
          サイアークは一回
          刺されただけで死ぬ。

812 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 18:50:51 ID:/2dS7Z980
アホのマリオへ

城をのっとってワリオ城が出来ました。ざまーみろ
金貨を集めて来い
6つの金貨を集めて来い。
           
                  ワリオ

               P・S
                俺は踏めば倒せる。

813 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 19:15:15 ID:ooeDxbx70
ヤマト「ウオオオ次スレエエエ!」

ソードマスターヤマトのガイドライン3
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1167992046/

「ソードマスターヤマトのガイドライン3」が世界を救うと信じて…!
沢山のネタをありがとうございました!

814 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 19:16:41 ID:82LYH9Wv0
アホのジェダイへ

デススターができました。ざまーみろ。
おみやげを持って来い。
いいおみやげを持って来い。

               ダース・ベーダー

        P・S
        おフロ上がりに兜そうじを
            するとしめっている。



【ギャグマンガ日和T 主題歌】

♪コートのなかには まものがすむの
  たよれるなかまは みんなめがしんでる
  バレーにかけたせいしゅん
              でも みんなめがしんでる

♪わたしとあなたは ともだちじゃないけど
  わたしのともだちと あんたはともだち
  だいたいそんなかんじ ギャグマンガびより

815 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 19:20:23 ID:RxE4vZMx0
チクショオオオオ!くらえ>>813!新必殺音速乙斬!

816 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 19:34:32 ID:8kAgYaq90
>>813
こ…ここが次スレ入口だったのか…!感じる…>1の乙力を…」

817 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 19:48:10 ID:XrlrPEPv0
あとは埋めるだけだなクックック…

818 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 19:59:03 ID:lXAtNJHQ0
一文字ずつ書いていけば1000到達するような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

819 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 19:59:50 ID:/2dS7Z980


820 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 20:00:11 ID:7UFM3ZJY0


821 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 20:07:16 ID:GwncudGRO
>>813「決めたわし>>1やる 絶対次スレ立てたるわ」

(ピカッ!)

>>813「見ててくれ住人達!」
住人「わあ!>>813君が更正したわ!」

それから10分後‥‥オレは2ちゃんねるのガイドライン板に立っていた‥

(ワアアア)

ナレ「>>893のスレ立て とてもキレがあります!
   >>813クリック!決まった、新スレ誕生――!!」

>>813「脳内にしかいないぜ!」
住人「>>813君‥‥!」

822 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 20:09:33 ID:3UXUCO1f0
フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
このスレに空気の読めない奴がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

823 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 20:09:56 ID:GwncudGRO
ごめんねだぜ

824 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 20:29:10 ID:JL8MP3BC0
サイアーク「なあ オレはちゃんとヤマトを倒せるだろうか 不安だ」
キョウアーク「お前なら大丈夫だ」
サイアーク「本当に!?」
キョウアーク「ああ 十回刺さないと死ななかったり色々活躍してるじゃないか」
サイアーク「ああ よかった」
キョウアーク「オレはどうかな… 四天王にはなったけどヤマトを倒せるかな…」

サイアーク「ハッ キョウアークが?」

825 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 21:13:37 ID:0ckaBB4HO
すごく…まそっぷです…

826 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 23:22:31 ID:3UXUCO1f0
ウオオオ埋めるぞオオオ!

827 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 23:33:48 ID:TgR6fqyP0
さあ来い>>826

828 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 23:36:30 ID:TMIrcVLN0
>>826の埋め立てが>>1000までいくことを信じて…! ご愛読ありがとうございました!

829 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 23:39:07 ID:+aEuTnBk0
も、もうこっちのスレでは書きませんから!

830 :水先案名無い人:2007/01/05(金) 23:45:24 ID:AzP1gkm10
>>829
はい

831 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 00:38:40 ID:zukRmmUFO
ジョルノ「決めたわしギャングやる 絶対ギャングスターになったるわ」

(ピカッ!)

ジョ「見ててくれブチャラティ!!」
ブチャ「わあ!ジョルノが堕ちたわ!」

それから1日後‥‥オレはポルポの牢獄にいた‥

(ゴゴゴゴ‥)

ポルポ「テスト開始から24時間、ジョルノのバナナピストル とてもキレがあります!
    パクッ!決まった、ポルポ死亡――!!」
(ドギャ―――ン!)

ジョルノ「浩一君いねーぜ!」

ブチャ「ジョルノ‥‥!」

832 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 01:28:51 ID:Lrt6ZgGH0
最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 関ヶ原 (下)は、発売未定です。 司馬遼太郎
三成「チクショオオオオ!くらえ忠次!新作戦全軍突撃!」
忠次「さあ来い三成イイ!オレは実は一回突撃されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
忠次「グアアアア!こ この左衛門督と呼ばれる四天王の忠次が…こんな文官に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
忠次「グアアアア」
康政「忠次がやられたようだな…」
直正「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
忠勝「三成ごときに負けるとは三河武士の面汚しよ…」
三成「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
三成「やった…ついに四天王を倒したぞ…これで家康のいる江戸城の扉が開かれる!!」
家康「よく来たな五奉行筆頭三成…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
三成「こ…ここが江戸城だったのか…!感じる…家康の軍事力を…」
家康「三成よ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『秀秋の加勢』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
三成「な 何だって!?」
家康「そしてお前の主君はやせてきたので最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
三成「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに難病と戦う親友が居たような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
家康「そうか」
三成「ウオオオいくぞオオオ!」
家康「さあ来い三成!」
三成の勇気が豊臣政権を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

833 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 03:18:18 ID:OrUAYZar0 ?2BP(0)
埋めちゃうんだぜ!

834 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 05:48:34 ID:smmsIlcI0
そうか

835 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 05:56:25 ID:NQMwEtxP0
もうスレは埋まったような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!

836 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 06:05:12 ID:byBOONKZ0
次スレに行くには1000まで書き込む必要があると思っていたが別にそんなことはなかったみたいだぜ!

837 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 06:05:16 ID:WFf1zhYY0
次スレを前にに 前スレを終わらせる時…!

838 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 08:15:40 ID:smmsIlcI0
最終話 スレを埋めに スレを終わらせる時…! にくちゃんねるは、復活未定です。 水先案名無い人
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎斬!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに負けるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はこのスレを埋めるのに『1000』まで書き込む必要があると思っているようだが…容量が502KBを越えれば埋まる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてこのスレは502kbに近くなったので埋めておいた あとは次スレへ行くだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 今年もにくちゃんねるで過去ログは閲覧出来ると思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオ次スレエエエ!」
ベルゼバブ「さあ埋めるぞヤマト!」

「ソードマスターヤマトのガイドライン3」が世界を救うと信じて…!
沢山のネタをありがとうございました!

ソードマスターヤマトのガイドライン3
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1167992046/

839 :埋め:2007/01/06(土) 08:18:37 ID:smmsIlcI0
最終話 スレを埋めに スレを終わらせる時…! にくちゃんねるは、復活未定です。 水先案名無い人
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎埋め!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!このスレは実は一回レスされただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに埋められるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる魔龍城の扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここが魔龍城だったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はこのスレを埋めるのに『1000』まで書き込む必要があると思っているようだが…容量が502KBを越えれば埋まる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてこのスレは502kbに近くなったので埋めておいた あとは次スレへ行くだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 今年もにくちゃんねるで過去ログは閲覧出来ると思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオ次スレエエエ!」
ベルゼバブ「さあ埋めるぞヤマト!」

「ソードマスターヤマトのガイドライン3」が世界を救うと信じて…!
沢山のネタをありがとうございました!

ソードマスターヤマトのガイドライン3
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1167992046/


840 :埋め:2007/01/06(土) 08:21:34 ID:smmsIlcI0
最終話 スレを埋めに スレを終わらせる時…! にくちゃんねるは、復活未定です。 水先案名無い人
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎埋め!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!このスレは実は一回レスされただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに埋められるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる次スレの扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここは前スレだったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はこのスレを埋めるのに『1000』まで書き込む必要があると思っているようだが…容量が502KBを越えれば埋まる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてこのスレは502kbに近くなったので埋めておいた あとは次スレへ行くだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 今年もにくちゃんねるで過去ログは閲覧出来ると思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオ次スレエエエ!」
ベルゼバブ「さあ埋めるぞヤマト!」

「ソードマスターヤマトのガイドライン3」が世界を救うと信じて…!
沢山のネタをありがとうございました!

ソードマスターヤマトのガイドライン3
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1167992046/


841 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 08:38:15 ID:Ia/79PyJ0


842 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 08:45:45 ID:Ia/79PyJ0
もう埋まったと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!

843 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 09:08:05 ID:3tT/MuQy0
smmsIlcI0よ…新スレに行く前に一つ言っておくことがある お前はスレを埋めるのに『連投』が必要だと思っているようだが…実はまだ埋まってない

844 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 09:22:01 ID:ttv/bOXAO
900までスレが行くと信じて!

845 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 09:38:45 ID:AzBHhyij0
俺はトマトだ!

846 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 11:30:45 ID:hPi8Uiel0
わたしはヤマメよ

847 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 11:52:20 ID:pub+qBHH0
お前はポテトだ

848 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 12:07:39 ID:AzBHhyij0
もうなんだよこのスレ
ひろゆきに文句言ってやる

849 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 12:27:20 ID:jx/PpQOh0
埋めちまったぜ

850 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 12:54:33 ID:LDR8f+4x0
クソスレ上げ

851 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 13:12:51 ID:xrVDjj1kO




852 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 13:27:51 ID:N9aljUnk0
もう埋まったと思っていたが別にそんなことはなかったぜ!

853 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 13:31:55 ID:NxmZF2eA0
まそっぷ

854 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 13:36:00 ID:+j7MV/260
俺は不死身な気がしたが別にそんなことはなかったぜ!

855 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 13:39:12 ID:NxmZF2eA0
ああそうか

856 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 14:18:29 ID:PbJIxg5R0
俺の新しい脇を見せてやる!

857 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 14:42:00 ID:5m+QA0OX0
魔界戦記ディスガイア最終話 戦いの果てに… アニメ版は、黒歴史です。 日本一ソフトウェア
ラハール「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺メテオインパクト!」
ブルカノ「さあ来いラハールウウ!オレは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ハーッハッハッハッハッ)
ブルカノ「グアアアア!こ このザ・悪党面と呼ばれる天使長のブルカノが…こんな魔王に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
ブルカノ「グアアアア」
中ボス「ブルカノがやられたようだな…」
カーター「フフフ…奴は敵キャラの中でも最弱…」
ドン・ホアキン「魔王ごときに負けるとは敵キャラの面汚しよ…」
ラハール「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ラハール「やった…ついに敵キャラを倒したぞ…これでラミントンのいる神の祭壇の扉が開かれる!!」
ラミントン「よく来たなサタンマスターラハール…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ラハール「こ…ここが神の祭壇だったのか…!感じる…ラミントンの魔力を…」
ラミントン「ラハールよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『馬のチンチン』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
ラハール「な 何だって!?」
ラミントン「そしてフロンは堕天使に転生させて最寄りの町へ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ラハール「フ…上等だ…オレ様も一つ言っておくことがある このオレ様がプリニーに転生するような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ラミントン「そうか」
ラハール「ウオオオいくぞオオオ!」
ラミントン「さあ来いラハール!」
ラハールの傲慢さが魔界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

858 :水先案名無い人:2007/01/06(土) 15:14:55 ID:3tT/MuQy0
最終話 希望を胸に すべてを埋め立てる時…! 

859 :埋め:2007/01/06(土) 15:49:26 ID:VPOZHBK+0
最終話 スレを埋めに スレを終わらせる時…! にくちゃんねるは、復活未定です。 水先案名無い人
ヤマト「チクショオオオオ!くらえサイアーク!新必殺音速火炎埋め!」
サイアーク「さあ来いヤマトオオ!このスレは実は一回レスされただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
サイアーク「グアアアア!こ このザ・フジミと呼ばれる四天王のサイアークが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
サイアーク「グアアアア」
ゴクアーク「サイアークがやられたようだな…」
キョウアーク「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」
レツアーク「人間ごときに埋められるとは魔族の面汚しよ…」
ヤマト「くらええええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤマト「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでベルゼバブのいる次スレの扉が開かれる!!」
ベルゼバブ「よく来たなソードマスターヤマト…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
ヤマト「こ…ここは前スレだったのか…!感じる…ベルゼバブの魔力を…」
ベルゼバブ「ヤマトよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前はこのスレを埋めるのに『1000』まで書き込む必要があると思っているようだが…容量が502KBを越えれば埋まる」
ヤマト「な 何だって!?」
ベルゼバブ「そしてこのスレは502kbに近くなったので埋めておいた あとは次スレへ行くだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤマト「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある 今年もにくちゃんねるで過去ログは閲覧出来ると思っていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ベルゼバブ「そうか」
ヤマト「ウオオオ次スレエエエ!」
ベルゼバブ「さあ埋めるぞヤマト!」

「ソードマスターヤマトのガイドライン3」が世界を救うと信じて…!
沢山のネタをありがとうございました!

ソードマスターヤマトのガイドライン3
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1167992046/


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)