2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

千葉マリーンズバトルロワイアル第17章

1 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:08:24 ID:2tuGVQMO0
前スレ
千葉マリーンズバトルロワイアル第16章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1162918559/

2 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:09:52 ID:2tuGVQMO0
保管庫
ttp://www.age.cx/~marines/cmbr/

3 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:10:50 ID:2tuGVQMO0
過去スレ
千葉マリーンズバトルロワイアル第12章 (実質13)
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1137870629/
第11章(実質第12章)
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1130845754/
第11章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1127569582/
第10章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1122561045/
第9章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1121436971/
第8章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1117500482/
第7章
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/base/1116257158/
第6章
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/base/1110970758/
第5章
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1110788201/
第4章
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1105085112/
第3章
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1105003484/
第2章
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1099564992/
千葉マリーンズ・バトルロワイアル
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/base/1097081116/

4 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:11:54 ID:2tuGVQMO0
第14章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1147095026/


5 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:12:26 ID:2tuGVQMO0
他球団保管庫
讀賣巨人軍バトルロワイアル
ttp://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/5499/
横浜ベイスターズバトルロワイアル
ttp://www003.upp.so-net.ne.jp/takonori/
ttp://doubleplay.hp.infoseek.co.jp/ybbr05/ (2005年版保管庫)
広島東洋カープバトルロワイアル
ttp://brm64.s12.xrea.com/
ttp://www6.atwiki.jp/moriizou/ (2005年版保管庫)
中日ドラゴンズバトルロワイアル
ttp://dra-btr.hoops.jp/ (2001年版保管サイト)
ttp://dragons-br.hoops.ne.jp/ (2001年版・2002年版保管サイト)
ttp://mypage.naver.co.jp/drabr2/ (2002年版保管サイト)
ttp://cdbr2.at.infoseek.co.jp/ (中日ドラゴンズバトルロワイアル2 第三保管庫)
ttp://qdr.mydns.jp/drbr2004/(中日ドラゴンズバトルロワイアル2004保管庫)
阪神タイガースバトルロワイアル
ttp://kobe.cool.ne.jp/htbr/
ttp://homepage2.nifty.com/sorasouyo/ (旧虎バト保管庫・若虎BR紅白戦進行中)
ヤクルトスワローズバトルロワイアル
ttp://f56.aaa.livedoor.jp/~swbr/

6 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:14:48 ID:2tuGVQMO0
プロ野球12球団オールスターバトルロワイヤル
ttp://www.geocities.jp/allstar12br/
福岡ダイエーホークスバトルロワイアル
ttp://www3.to/fdh-br/ (s氏作)
ソフトバンクホークスバトルロワイアル
ttp://sbh.kill.jp/
アテネ五輪日本代表バトルロワイアル
ttp://athensbr.fc2web.com/
東北楽天ゴールデンイーグルスバトルロワイアル
ttp://www.geocities.jp/trgebr/
ビリオネア・バトルロワイヤル
ttp://tokyo.cool.ne.jp/birioneabr/index.html
西武ライオンズ バトルロワイアル
ttp://web-box.jp/lions_br/
オリックスバファローズバトルロワイアル
ttp://sbh.kill.jp/bs/
2ch野球板 バトルロワイアル 参加者名簿
ttp://www4.atwiki.jp/basebr/
マーダー名鑑
ttp://www.geocities.jp/murder_file_3bbr/
見守るスレ バトロワまとめ
ttp://sports.geocities.jp/mimamoru_br/

7 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:15:19 ID:2tuGVQMO0
バトロワSSリレーのガイドライン

第1条/キャラの死、扱いは皆平等
第2条/リアルタイムで書きながら投下しない
第3条/これまでの流れをしっかり頭に叩き込んでから続きを書く
第4条/日本語は正しく使う。文法や用法がひどすぎる場合NG。
第5条/前後と矛盾した話をかかない
第6条/他人の名を騙らない
第7条/レッテル貼り、決め付けはほどほどに(問題作の擁護=作者)など
第8条/総ツッコミには耳をかたむける。
第9条/上記を持ち出し大暴れしない。ネタスレではこれを参考にしない。
第10条/ガイドラインを悪用しないこと。
(第1条を盾に空気の読めない無意味な殺しをしたり、第7条を盾に自作自演をしないこと)

8 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:16:24 ID:2tuGVQMO0
リアルタイム書き投下のデメリット

1.推敲ができない 
⇒表現・構成・演出を練れない(読み手への責任)
⇒誤字・誤用をする可能性がかなり上がる(読み手への責任)
⇒上記による矛盾した内容や低質な作品の発生(他書き手への責任)
2.複数レスの場合時間がかかる 
⇒その間に他の書き手が投下できない(他書き手への責任)
⇒投下に遭遇した場合待つ事によってだれたり盛り上がらない危険がある。(読み手への責任)
3.バックアップがない 
⇒鯖障害・ミスなどで書いた分が消えたとき全てご破算(読み手・他書き手への責任)
4.上記のデメリットに気づいていない
⇒思いついたままに書き込みするのは、考える力が弱いと取られる事も。
 文章を見直す(推敲)事は考える事につながる。過去の作品を読み込まず、自分が書ければ
 それでいいという人はリレー小説には向かないということを理解して欲しい。

9 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:18:17 ID:2tuGVQMO0
現行スレ
阪神タイガースバトルロワイアル第八章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1166020643/
一億円プレーヤーバトルロワイアル第六章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1164444259/
オリックスバファローズバトルロワイアル第2章
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1162281481/

10 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 11:47:43 ID:goCrHPhNO
>>1
     _
  , ^   `ヽ
 イ fノノリ)ハ    乙…
  リ(l|゚ -゚ノlリ
  /   l 旦~~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


11 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 16:43:28 ID:7qRHzht10
OHMINE 1

12 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 17:44:07 ID:kEU10qUcO
>>1

保守がんばらんとな…

13 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 18:10:15 ID:+dxYqhw0O
平下に助演男優賞あげたいほしゅ

14 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 19:48:47 ID:6yPKB9dj0
>>1


15 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/19(火) 20:52:39 ID:ldS8rmL0O
戸辺活躍祈願保守!楽天でも頑張れ戸畑!

16 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/20(水) 01:55:41 ID:lQUXI8VJO
他バトから出張ほしゅ

17 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/20(水) 10:27:16 ID:0uLl9jurO
福澤さんは俺と同じ苗字捕手

18 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/20(水) 12:33:37 ID:Zgy/29M1O
お昼休み保守

19 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/20(水) 23:41:20 ID:0+LHu+QYO


20 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/20(水) 23:50:08 ID:OLwkWFha0
古今東西

「名台詞を抜粋」

21 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/21(木) 00:48:40 ID:uiVG+ps/O
>>20
もうないんすよ…俺達のあの頃は…
ないものねだりしてたらあかんのです……

だったような……

22 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/21(木) 08:09:54 ID:rIXNYbdZO
>>20
ふふん。……飲めば飲むほど強くなる

23 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/21(木) 20:50:07 ID:+BKro5wRO
>>20
飲め! 飲め! 今ここで! かきうち てーつーやー かきうち てーつー・・・

戸部と垣内の会話全部入れたいくらいだ。

24 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/21(木) 21:30:26 ID:W8QHZ9MEO
ぼくわはつしばにな

25 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/21(木) 22:53:48 ID:HtGvaPZi0
>>20
将、起きろ!!お前がいなくなったら、俺…どこに投げたらいいんだよ…?

26 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/21(木) 23:36:02 ID:ctJS1ZlX0
>>25
不謹慎ながら、
前スレのモナモナ言ってるAAを思いだした

27 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/21(木) 23:36:10 ID:kDantwLr0
>>20
くれるって言ってるんだから、もらえばいいんじゃねーの?

うろ覚えなんだがこれで何十分笑ったことか…。

28 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/22(金) 00:49:33 ID:7XiBJ8BH0
>>26
あの「モナはどこに投げたらいいモナ…?」でも充分に泣けた自分は疲れているのかもしれない

29 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/22(金) 07:39:12 ID:FhSS2D8eO
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

30 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/22(金) 10:42:25 ID:RURbf4Qy0
>>20
「また、会おうな」(SS235)


31 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/22(金) 17:54:47 ID:LcTREsnG0
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

32 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/23(土) 01:21:18 ID:wFsIgzS0O
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

33 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/23(土) 07:16:00 ID:G8SuAB2jO
>>21
そこも良い

俺は
「どうしてひらしたさんないてるんですか?」

34 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/23(土) 11:49:43 ID:wFsIgzS0O
どうでもいいけど、ベニーがスンヨプやフランコから戸(ryと同等の扱いを受けている件

35 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/23(土) 23:26:31 ID:nTSJbnIAO
>>20
「和也、晋吾はまだ連れていくなよ…」


小野か大塚かどっちかは残るだろうと思ってたんだがな…結局、50年会で残ったのは平下だけか。

36 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/24(日) 01:14:35 ID:uucBCGQnO
平下は52年会だよ。

「追いつけないよ……」
厳密にはセリフじゃないけど。

37 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/24(日) 12:36:05 ID:WhbJ29dM0
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

38 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/25(月) 06:27:21 ID:YLQi/C3nO
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

39 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/25(月) 23:00:56 ID:F//vDhJ70
番外編だとどの話が好き?

40 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/26(火) 00:17:34 ID:l+vjYZj+0
>>39
「君を園様会から除名することが正式に決まったんだ。」

41 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/26(火) 00:26:31 ID:ZKSv7GAp0
>>39

オー、ヤリチン

42 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/26(火) 07:41:13 ID:s7gCFwe+O
(訳:だから彼の名前はベニー・アズマンガだって!)

43 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/27(水) 01:16:04 ID:G9B/ej9GO
ほす

44 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/27(水) 13:06:30 ID:y71lcWtoO
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

45 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/27(水) 14:47:55 ID:hu1131AB0
浮上しろロッテ

46 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/27(水) 22:57:26 ID:sUSRt8EC0


47 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/28(木) 17:00:46 ID:EC3Wvt5pO


48 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/28(木) 20:38:45 ID:0LdFALLCO


49 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/29(金) 00:55:20 ID:iMjlkVQw0
保守代わりに一人のキャラについて思うところを語ってみてはどうかね

↓というわけで最初のお題を

50 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/29(金) 12:42:48 ID:SSpENNS1O
戸部

51 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/29(金) 20:38:52 ID:KpUJTKxoO
>>50が見えない。
川井か?違うな。

52 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/30(土) 05:58:59 ID:yV95crSp0
お約束はともかく、マリバトにおいて戸部は一服の清涼剤だった
深くて殺伐とした内容が続くところで戸部に癒されたことは少なくない

53 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/30(土) 14:05:40 ID:CJ/7Hm4jO
>>52
まさに。

戸部を見ると、自然と笑みがこぼれてくるw

54 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/30(土) 23:17:03 ID:pHbeYwePO
何もしないで生き残るというのは新機軸だよな、戸部

55 :代打名無し@実況は実況板で:2006/12/31(日) 13:44:40 ID:NVrdpOAmO
飛べ戸部

56 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/01(月) 11:59:37 ID:1OjZt/5KO
あけましておめでとう保守

57 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/01(月) 18:30:27 ID:AQOgidLb0
あけおめ

58 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/02(火) 07:41:55 ID:f6y882TkO
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

59 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/02(火) 17:05:31 ID:CVAKUKFj0
首位まで上げときます

60 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/03(水) 00:52:34 ID:Cb6ZiZcWO
小坂がかわいそうでかわいそうで…

61 :番外編 園川一美と愉快なコーチたち43 ◆GDAA.BMJxc :2007/01/03(水) 14:59:11 ID:Qk7esLRU0
「どうしたんですか、監督。こんなところでぼうっとして。」
監督と呼ばれた男は、福澤の呼びかけにゆっくりと振り返った。
「・・・いや、なんでもない。」
福澤はその視線の先にあるものを見つめて、思わずつぶやいた。
「あ、飛行機か・・・。」
「ん、なんだって?」
「ひいっ、な、何でもありません!!」
福澤は監督の一言に咄嗟に大きくかぶりを振ってごまかした。
すでにマリーンズの人間ではない福澤にとって、
これからは何気ない一言が自らの生命を脅かす可能性がある。
じっと息を潜めて、福澤は監督の様子を伺った。
「ちょっと昔のことを思い出したんだ。」
「そうですか・・・。」

監督がそれ以上追求する様子が見られないのを確かめると、福澤はそっと息を吐き、おそるおそる口を開いた。
「ところで、あいつはどうしましょう?」
福澤が指した先には、カラフルな頭髪に派手なメガネ、金ぴかの服を着た男がいびきをかきながら寝ていた。
監督は男を一瞥したものの、特に何を言うことも無く視線をそらした。
沈黙がしばらく続くと、福澤はこっそりとため息をつくいた。
そしてゆっくりと腰を上げると、寝ている男にゆっくりと近づき、一向に起きる様子が無いことを確かめると、思い切り蹴飛ばした。
「おい、いい加減に起きろ、アツシ!!」

【75 福澤 洋一 移籍のため不参加】


62 :番外編 園川一美と愉快なコーチたち 終(1/3) ◆GDAA.BMJxc :2007/01/03(水) 15:06:28 ID:Qk7esLRU0
「やっとついたよー」
「うわっ、荘さんちょっと揺らさないで!」
日が傾きだしたころ、吉鶴たちはキャンプ地にたどり着いた。
昨日からからずっと挙動不審だった大谷も、ここにきてようやく落ち着きを取り戻したようだ。
ようやくキャンプに参加できると、大きな期待に胸を膨らませた吉鶴たちだが、すぐに奇妙な感覚に襲われた。
「何も無いねえ。」
「まあ、離島だから何も無いのは当然でしょうけど。」
「いや、そうじゃなくてさあ。」
園川は周囲をゆっくり見回した。
それにつられて吉鶴も辺りをじっくり見回した。
「あ、あれ・・・?」
よく見れば、島全体にマリーンズを歓迎する雰囲気が見られない上に、
練習場など施設への案内も見られず、何の変哲も無い離島としか思えない様子だった。
「ずいぶん手を抜いていますね。本当にキャンプやっているんですか?」
まったく秋季キャンプへの準備がなされていない事に吉鶴は呆れ顔だった。
「まあ、それもあるけどさ・・・。」
よく見るといくら離島とはいえ人がいそうなものなのに、見回す限り人の気配がしないのだ。
「いったいどうなっているんだろうね。」
荘たちも首をかしげていたが、このままいても埒があかないので、ほかに人がいないか探すことにした。


63 :番外編 園川一美と愉快なコーチたち 終(2/3) ◆GDAA.BMJxc :2007/01/03(水) 15:07:28 ID:Qk7esLRU0
「のどかだねえ。」
「そうですね。」
吉鶴たちは、島の探索を始めた。
都会の喧騒とはかけ離れた静かさに、4人はつかの間の安らぎを味わっていた。
しかし、よく見てみるとなにやら分からない破片や、
不自然な形で傷つけられている木々や地面が目に付いた。
「なんていうか・・・、荒れていますね。」
「そうだね、もっと自然を大切にしないといけないよね。」
吉鶴の言葉に、もなかの包装紙をきちんとポケットにしまいながら、荘も大きくうなずいた。
これといった発見もできずに、4人は島の中央にたどり着いた。
そこには離島にはあまりにも似つかわしくない立派なスタジアムが建てられていた。
しかし、そばまで近づいてみると入り口に大きく「関係者以外立ち入り禁止」と書かれた張り紙が貼られていた。
「これは、入らないほうがよろしいのでは・・・?」
「いや、僕たちは関係者だから問題ないよ。」
大谷の制止も気に留めず、荘はずんずんと奥に入っていった。

「ひどいな、これは。」
グラウンドに出てみると、野球をするのに十分な広さがあるものの、状態は「ひどい」の一言に尽きた。
雑草が生い茂っているというわけではないが、
でこぼこにゆがんでいる地面、放り散らかされた練習機材、
散乱した椅子、廃材やら何やらの置き場と化しているブルペン、
その他もろもろを見ても、まともに野球を行える状態ではなかった。
「あれ、これは?」
黒い土のグラウンドの中、吉鶴が指し示したところだけはなぜか赤くなっていた。
「何だろうね、汚れ?」
荘は赤くなっているところを足で軽くならしてみたが、赤い色はなかなか消えなかった。
「まあ、いいか。」
これ以上深く考えることなく、吉鶴たちはスタジアムを後にした。


64 :番外編 園川一美と愉快なコーチたち 終(3/3) ◆GDAA.BMJxc :2007/01/03(水) 15:09:55 ID:Qk7esLRU0
結局、島を一周してみても人の気配はみられなかった。
「そもそも、ほかの人たちはどこにいるんだよ?」
「そういえば・・・。」
思い返せば、キャンプをしに来たはずなのに、住民はおろか選手、スタッフがいないのでは話にならない。
4人が途方にくれていると、海の向こうから小さな船がやってきた。
「おおーい!!」
吉鶴たちは必死に手を振った。
そんな姿に気づいたのか、船はだんだんと近づいてきた。
しばらく待っている間に船が接岸すると、中から何人か出てきて、その中から一人のの男が慎重にゆっくりと吉鶴たちの元に近づいてきた。
「めずらしいな、こんな島に客が来るとは。」
荘が皆を代表して一歩前に進み出た。
「あの、僕たちキャンプにやってきたんですけど、ほかの人はどこにいるか知りませんか?」
しかし、男の返答は期待を裏切るものだった。
「キャンプ?なんのこと。」
「なんのことって・・・。」
男の言葉に4人は顔を見合わせた。
戸惑う顔を見て男は申し訳なさそうに補足した。
「いろいろあってここ一週間くらい島を出ていたんだ。申し訳ないけどここ数日のことはよく分からなくてね。」
「そうですか・・・。」
落胆の表情を隠せない吉鶴たちに対し、男は軽く手をたたき、できるだけの歓迎ムードでこたえた。
「まあ、せっかく来たんだし、せめて夕食でもどうですか。」
その言葉を聞き、園川が吉鶴と大谷の肩をつかみ、いつもの表情で話しかけた。
「よかったな。問題がひとつ解決したよ。」
「はあ、何がです?」
今の会話を聞く限り、何も解決したとは思えない。むしろ疑問が増えるばかりである。
しかし、園川はいつもどおり表情を崩さず、諭すように話した。
「今日の夕食だよ。」
【81 園川一美 不参加】
【77 吉鶴憲治 不参加】
【88 荘勝雄 不参加】
【95 大谷幸弘 不参加】

65 : ◆GDAA.BMJxc :2007/01/03(水) 15:13:04 ID:Qk7esLRU0
これにて園様編は終了です。

本編から大きく遅れてしまい申し訳ありません。

66 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/03(水) 15:40:11 ID:Aw13oCzyO
>>65
おつ。
結局何してたんだこの人達wwwwww

67 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/03(水) 18:38:19 ID:FGsx3eFjO
平和wwwwww

68 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/03(水) 18:41:30 ID:KTyi0CGd0
アツシって誰?

69 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/03(水) 22:29:56 ID:2JO2XTtH0
>>69
吉田篤史(05年〜ベイスターズ投手コーチ)。

最後まで誰だかわかりませんでした。職人様お疲れ様でした。

70 :69:2007/01/03(水) 22:33:28 ID:2JO2XTtH0
アンカー間違えた…
>>68ね。
園様編38でYB関係者だろうと目星をつけていたけれど、彼のことはすっかり忘れてた…

71 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/03(水) 22:52:57 ID:BIxqirQIO
職人さん乙ですー!

…誰か、分かりやすく園様編の概要を。何してたのかわからなくてわからなくて…

72 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/03(水) 23:19:30 ID:CsjxaR1EO
あ〜、吉田か!

73 :69:2007/01/03(水) 23:28:32 ID:2JO2XTtH0
>>71
1.園川&吉鶴、館山で置いてけぼり(園川&吉鶴)
2.事故かと思いTVを見るもサッパリわからない。(園川&吉鶴)
3.事務所に電話するも、繋がらない。(園川&吉鶴)
4.繋がらなかった電話が繋がった。でも留守電になった。(吉鶴)
5.自宅で誰かに電話。荷造りをする。(福澤)
6.起床(園川)
7.ラジオ体操(園川)
8.海浜幕張の駅前で、福澤と待ち合わせ(吉鶴)
9.球団事務所へ乗り込むが、表札が「CMBR管理本部」(吉鶴)
10.マリンスタジアム到着。荘に殴られる(吉鶴)
つづく

74 :2/5:2007/01/03(水) 23:29:15 ID:2JO2XTtH0
11.荘の勘違い。昼飯を食べることに(吉鶴)
12.3羽と出会う。荘さん大はしゃぎ(吉鶴)
13.昼食後、浦和へ向かうことに(吉鶴)
14.山本エカ児神社参拝(吉鶴)
15.老人と雑談(園川)
16.浦和球場のグラウンド整備(吉鶴)
17.飛び出してきた「何か」にぶつかり、意識を失う(吉鶴)
18.気がついたら大谷がいた(吉鶴)
19.大谷、部屋を飛び出す(吉鶴)
20.吉鶴・荘、寮へ移動。大谷、誰かに捕まる。(吉鶴)
まだつづく

75 :3/5:2007/01/03(水) 23:29:53 ID:2JO2XTtH0
21.荘、電話をかける。(吉鶴)
22.暇をもてあます吉鶴(吉鶴)
23.高沢来訪、吉鶴失神(吉鶴)
24.吉鶴、気づく。高沢どこかへ出かける(吉鶴)
25.金ピカの男と高沢の追いかけっこ。福澤が戻ってきて、移動することに。(吉鶴)
26.老人と雑談(園川)
27.佐藤兼伊知に捕まった大谷(高沢)
28.車で移動することに。 (高沢)
29.福澤の新しい職場を思い出し、震える。(高沢)
30.事故を起こしそうになりながらも、マリンスタジアムに到着。(吉鶴)
さらにつづく

76 :4/5:2007/01/03(水) 23:30:57 ID:2JO2XTtH0
31.グラウンドにたどり着いたら、マウンドに誰かいた。(吉鶴)
32.マウンドにいた園川と合流。誰かが現れる。(吉鶴)
33.誰か=高橋がグラウンドを後にする。金ピカ男が再び現れる。(吉鶴)
34.金ピカ男は逃亡。(吉鶴)
35.高橋に締め上げられる(こんなんばっか…/吉鶴)。
36.福澤・荘vs高橋・高沢・佐藤。ソフトバンクによるホークス買収が決定(福澤&荘)
37.福澤、キャンプ地へ(福澤&荘)
38.園川、グラウンドから駆けつける。金ピカ男もキャンプへ向かう。(園川)
39.夜が明ける。放置された吉鶴、携帯の電池切れ。駅前のコンビニへ向かう。(吉鶴)
40.プレナのハンバーガーショップで園川・壮と合流(吉鶴)
次でおしまい

77 :5/5:2007/01/03(水) 23:32:01 ID:2JO2XTtH0
41.大谷も合流、キャンプへ向かう。(吉鶴)
42.沖縄へ向かう機中で見た荘の夢(荘)
43.キャンプ地での「監督」と福澤のやりとり。金ピカ男正体判明(福澤)
44.一行が「島」に到着。戻ってきた住人に出逢い、夕食をご馳走してもらうことに。(吉鶴)

こんなもんかな?

78 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/04(木) 00:27:56 ID:UPfHJAYX0
>>73-77
68じゃないけど、GJ!

29の福澤の新しい職場の意味がよく分かってなかったんだけど
今回投下分で分かったw あの方だったのか…w
職人さんも、長いことお疲れさんでした

79 : ◆QkRJTXcpFI :2007/01/04(木) 00:34:34 ID:VUXQzzOt0
園様編お疲れ様でした!

エピローグについて若干相談したい事がありますので
職人さんでもうちょっと書こうかなという方いたら、打ち合わせ板までお願いします。


80 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/04(木) 20:52:41 ID:AHz3xxghO
>>73-77
わざわざありがとうございます!なんとわかりやすいことか…。

忘れてる所も多いのでこれを参考にしてまた園様編最初から読みたいと思います。
ありがとうございました!

あと、エピローグすごく楽しみなので職人さん頑張ってください!!

81 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/05(金) 18:02:59 ID:tG2kDwhGO
保守

82 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/06(土) 14:53:49 ID:g5LqzjvCO
保守

83 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/06(土) 16:45:40 ID:eS948bi1O
>73-77
非常にわかりやすかった。よくわかりました。

………で、この人達何してたのwwww

84 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/06(土) 21:15:34 ID:BF+/G9R3O
干し柿

85 :エピローグ1・F記者の終バス(1/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/07(日) 02:33:36 ID:qXm7ushg0
 11月も中盤に入り、外を吹く風はすこし冷たさを帯びてきている。
秋晴れの下、都内のとあるビルの非常階段の踊り場に2つの男のシルエットがあった。
柵の隙間から突き出た超望遠レンズの長い筒を、しゃがみ込んだままじっと覗き込むカメラマン。
その傍らで同じ体勢のまま、双眼鏡を覗き込むもう一人の男は某新聞の記者だ。名をFという。
2人の男がじっとしたまま観察しているのは、ビルから公園を挟んだ向こうに佇む総合病院の一部屋だ。
「いた。上から3つめの階、左から4つめの窓」
双眼鏡を覗き込んでいるFが呟く。その声に合わせてカメラマンがレンズの向きを変えた。
窓の向こうには病院の大部屋があり、ベッドが向かい合わせに並べられている。
その窓際のベッドの左側の男は、起き上がって窓の外を見つめていた。
右側の男は右足を釣られて仰向けに寝ているのが見えた。
「向かって左は……初芝、右が……」
「里崎だな。よし、撮ってくれ」
シャッターを切る小気味良い音が連続して響く。
その音を聞きながらFは双眼鏡を下ろすと、手帳を探してジャケットの胸元に手を入れる。
と、軽やかなメロディが胸元から発された。Fは胸元に入れた手でそのまま携帯電話を取り出した。
「もしもし、Fですが。あ、江尻さん。
 丁度良かった!見つけましたよ、千葉ロッテの生存者の収容されている病院」
弾んだ声で携帯電話に向かって喋りだしたFだったが、電話の向こうの男はすぐに大声でがなり出した。
「え?は?いやそう言われても、ちょっと江尻さん……ありゃ」
「どうしました」
「今すぐ帰って来いだと。冗談じゃねえや!」
舌打ちをしながらFは携帯電話を胸にしまった。
「やっぱり報道規制を破ってるのはマズイんじゃないすかねぇ」
カメラマンが困ったような顔をしながら呟く。
それを聞いてFの顔色が変わった。眉間に皺が寄る。
「なんだなんだ? 今さらそんなんに臆して何がジャーナリズムよ。
 お前だってこの事故の真相、気になるだろ?」
「それは、まあ」

86 :エピローグ1・F記者の終バス(2/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/07(日) 02:34:25 ID:qXm7ushg0
「10日前に起きた千葉ロッテマリーンズ選手関係者を乗せたチャーター機の墜落事故。
 キャンプ地の沖大東島に到着寸前で、島に突っ込むように墜落。 
 選手、監督、コーチ、OB関係者ほとんどが死亡。同乗していた重光オーナーまで巻き込まれた。
 生存者はわずか十余名。プロ野球史上、いや航空事故史上にも残る大惨事だ」
「本当、大事件すよねぇ」
「それがどうだ? 航空会社も千葉ロッテ側もプロ野球機構も最低限の報告の後はダンマリだ。
 原因究明とか今後の対応策を検討中とか言うが、まるでやってるように見えねえ。
 そして何より、事故直後に発動した全マスコミへの超報道規制。事故に関する取材は一切禁止。
 超ど級の圧力がかかった。何も報道できん。あの江尻さんですら聞く耳持たん」
熱っぽく額に血管を軽く浮かせて喋るFだったが疲れたらしく、後ろの階段に腰を下ろす。
取り出そうとしていた手帳を今度こそ胸ポケットから出すとペンを走らせた。

 それを横目に、カメラマンはやれやれと言った様子で再びファインダーを覗く。
彼もまた、この事件が気にならないわけではない。
数日前に公開された航空写真、小さな島の中腹に飛行機が突っ込んでいるのを撮ったものだ。
機体はバラバラに砕け、発生した火災で近くの樹木や建物は焼き払われていた。
乗っていた選手のほとんどは焼死らしい。さすがにその写真だけでは分からなかった。
島は現在入港禁止になっており、そして妙なことに航空機やヘリも管制が敷かれ近づけないのだ。
だとしたらあの墜落の写真は何のために撮影し、公開したのか? 
Fはその写真を「宣材」と言い切る。
確かに、この事故には何か、あの写真には写っていない秘密があるのかもしれないと彼は考えていた。
 そのとき、今度はカメラマンのバッグから軽やかなメロディが流れた。
携帯電話を取ると、さきほどFの電話の通話口から聞こえたのと同じがなり声が聞こえてきた。
一しきり嵐が過ぎ去るのを待ち、彼は電話を切る。
「江尻さんか」
「ええ、他の仕事が入ったからそっちに行ってくれと」
と言いつつ、彼はケースバッグを開きカメラをバラし始めた。
「おいおい。なんだよ、行くのかよ」
「仕方ないですよ。業務命令に逆らうとクビだってんですもん。Fさんも言われませんでした?」

87 :エピローグ1・F記者の終バス(3/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/07(日) 02:35:15 ID:qXm7ushg0
「バカヤロウ! 目の前に隠された真実がある。大衆はそれを求めてる。
 それを追求せずして何がジャーナリストだ!お前それでも報道の人間か!!」
あっという間にカメラをケースに収めると、紐を肩にかけてカメラマンは立ち上がる。
「それと同時にサラリーマンですからねえ。Fさんも行った方がいいですよ」
階段を駆け降りる音が響く。晩秋の冷たい風がFを通り過ぎて階段を吹き下ろした。

 Fは一人震える歯を食いしばりながら、暮れる夕日の中で病院を監視し続けた。
気づいた時には夜も遅く、病院の外来も終わる時間になっていた。
張り込んでいれば誰か関係者が来るはずだ。そこへ突撃取材を敢行するという当てがあった。
それがどうやら見事に外れた今、Fはやっと重い腰を上げ家路に着くことにする。
電車を乗り継ぎ、自宅の最寄りで降りたFはいつも通りの小さなバス停に立つ。
都心から1時間半、通うには遠いが住むにはのどかでいい街。ここが彼の暮らす所だ。
もうすっかり夜が暮れている。益々冷え込みが厳しく、季節外れの冷え込みをFに思い知らせる。
こういうときは温まるに限る。近くにある自販機でワンカップの酒を買うと一気に煽る。
心持ちポカポカした気分が身体を包み、Fはその日の悔しさを改めて愚痴り始める。
一しきり愚痴り終わった頃、彼の待っていたバスが到着した。
乗客は彼一人だった。それをいいことに彼はバスの一番後ろの席に座り、声を張り上げた。

88 :エピローグ1・F記者の終バス(4/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/07(日) 02:36:19 ID:qXm7ushg0
「ちくしょー……俺だけはこの事件に徹底的に、てってーてきにー、食らいついちゃる。
 悪魔がいるか鬼がいるか、こんなときこそ名を上げるチャンスだぜ、いえーい!!」
バスの運転手が小声で何かをマイクに呟く。鋭い眼光が後ろにいるFをちらりと向いた。
彼を乗せたバスが運行表に乗っていないことにFは気づいていなかった。
表示された目的地に向かう予定がないことにも。
F記者の消息は、その後一切が不明となっている。
この時期、全国でゴシップ誌所属あるいはフリーの記者などが何人か消息を絶った。
これらの一連の件についても、マスコミ各社で報道されることはなかった。

 数日後、千葉ロッテマリーンズは日本プロ野球機構と共同で記者会見を行った。
オーナー会議で来季以降のマリーンズに関する特例事項が正式に承認されたのだ。
『外国人選手枠を一時的に拡大。また他球団からの無償でのトレードの実施。
 但しこれらはロッテ在籍経験のある選手に限る』
時を同じくして仙台にも新規参入球団が誕生する中、この優遇措置を非難するものはいなかった。
世間は圧倒的に同情と応援の視線でマリーンズを見ていたし、ロッテ以外の他球団は――
ロッテ本社が今回の事件によって得た莫大な額の金銭が裏で働いたため、この措置を快諾したのだ。
 ロッテグループの新しい総帥にしてマリーンズ新オーナー重光昭夫はまだ胃の痛い日々を過ごしている。
彼の腹にあった爆弾は胃を破り、臓器と血管の間を縦横無尽に走り回っていて手が出せない状態である。
外国人も含め生き残った選手達からの丁寧な脅迫。彼らの要望は重光昭夫を通し、この特別措置で叶えられた。

千葉ロッテマリーンズは、存続されたのである。

89 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/07(日) 14:55:35 ID:XJAqO0bzO
乙です!エピローグ"1"と書いてあるということは、2,3もあると期待していいんですかね?

90 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/07(日) 19:07:33 ID:HgpwWG1bO
乙です〜!
さあ、物語はいよいよフィナーレへ…

91 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/08(月) 15:44:23 ID:J4qPajZyO
ホ・シュ

92 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/09(火) 09:24:56 ID:ynkyoSFu0


93 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/09(火) 11:57:04 ID:78S4Sl1C0
福浦VSズレータ

94 :エピローグ2・欄干の上(1/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/10(水) 01:07:48 ID:vntTOdXj0
 千葉マリンスタジアムの正面、チケット売り場の前辺りに誰かが花を置いた。
その花が片付けられる前にまた一つ、また一つと誰かが花を置いた。
時にはグローブを、ボールを、手紙を、ユニフォームを、酒を、タバコを置く者もいた。
あの事故が起きて以来、千葉マリンの正面には悲しみに暮れる人からのたむけが積まれる。
それを見て球団側がそこに正式に献花台を設置し、定期的に供物は片付けられるようになった。
それでもなお、途切れることなく今日も花が置かれる。

 事故の発表から二週間、夜も暮れるとさすがにそこは今までの人通りのない場所に戻る。
肌寒い潮風に供えられた花が揺れている。
 コツコツとコンクリートの地面を歩いてくる二つの足音がある。
一人が献花台の前で花を供えると、少しそこに佇んだ後、すぐに踵を返す。
「おい、もう行くんか」
「いつまでおってもしゃーない」
足早に駅の方向へと歩き始めた西岡剛を、花を供えていた今江敏晃が慌てて追いかける。
木に挟まれた入り口を抜け右へ。まだ足早に。
「おい、西岡」
追いついた今江がすこし非難めいた口調で呼ぶが、西岡は答えない。
歩道橋の真っすぐなスロープを更に早足で、まるで逃げるみたいに上って行く。
「もっとゆっくり歩けや。どうしたんや?」
ついに走って追いついた今江が西岡の肩を掴む。
うつむき加減、前傾姿勢で早歩きだった西岡は少しバランスを崩し、振り向きながら立て直す。
「あんなのは自己満足ですわ。俺らが今さら花なんか供えて。
 成仏してくんなはれ〜とか? どのツラ下げて」
キッと睨む西岡の目が丁度よく街灯の光を反射して、今江は少し見入ってしまう。驚きもあった。
その様子を見て西岡はハッとする。
「すいません」
うつむいて呟く。今度は街灯の光のせいで、顔全体が影に包まれた。
「あれから、たまになるんです。時々、我を忘れるっていうか、俺がどうにもならなくなる。
 さっき俺が花添えたとこ。誰が置いたんやろ、晋吾さんのユニ」

95 :エピローグ2・欄干の上(2/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/10(水) 01:09:44 ID:vntTOdXj0
そう言ったまま下を向いて押し黙る。所在無さげにそこに佇んでいる。
今江もまた何も言うこともできず、ゆっくりと西岡の横を歩く。
もうスロープは終わりかけ、歩道橋の上の方まで来ていた。

「俺、死なれへん。こんなヤツ死んだらええと今でも思うてます。
 けど死なれへんのや。あんな約束してもうたから。生きてく自信ないのに、死なれへん」
下を向きながら西岡は吐き捨てるように言い立てる。周りには誰もいない。
スロープの床の細かい凸凹が光と闇のコントラストで模様を作る。
それに見入ってしまったのか、頭が熱っぽくなって思いが止め処なく溢れてくる。
「死ぬ前にマリーンズの誇りがどうとか言われたけど、俺は信じらん。
 俺にやれ言うんや。俺に……そんなん……そんなことできる奴やないんや!
 無理や。こんな俺が……そう思いませんか?」
しばしの静寂。返事がない。きっと今江も答えに逡巡しているのだろうと西岡は思った。
少し後ろ、今江の居る方からガッと何かを蹴る音がした。それに思わず振り向く。
「うお?」
思わず素っ頓狂な声を上げた西岡の前にあった光景。
街頭の光を背に、歩道橋の欄干の上に片足だけで立つ今江の姿。
大きな体を小刻みに振り、両手を広げてバランスを取り続ける。
「おっととと」
「何してん、アンタ?」
どうにか重心が落ち着き、今江は両足を縦に欄干の上に置きピタリと静止する。
両手は横に真っすぐ広げたままだ。顔だけが西岡のほうへ向いてる。
街灯を背にして顔はほとんど影だったが、どうも今江は微笑んでいるようだった。
「左と右、どっちに行ったらええかな?」
そう言う今江を見て西岡は目を白黒させる。
今江の右は歩道橋の床である。1mほどの高さしかない。
だが左といえば3階はあるかという高さで、下を自動車が駆け抜けている。
「言うまでもないやろ。右や。何ふざけて」
「俺はどっちも行けないと思うんや」

96 :エピローグ2・欄干の上(3/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/10(水) 01:10:59 ID:vntTOdXj0
今江は少し上空を見る。そして少し身体を揺らしながら左腕をわずかに振る。
「こっちは死の世界。飛び込もうと思ったら、簡単に飛び込める」
左腕を止めると、今度は右腕を振る。
「こっちは死ぬなんてことのない安全な世界。生きようとか死のうとか考えなくてもいい。
 ここにいれば、ただそれだけ。のほほんと普通に生きてる。今までの俺たちや」
右腕の振りを止める。そして今江はゆっくりと、両腕を下ろし欄干の上で直立して見せた。
「死のう思うて右から左へ、ここを飛び越えようとしても行かれへん。
 それはそうする理由と一緒に、死ねん理由があるからや。だからここ、俺たちはここにいる」
欄干の上で、今江は西岡を見下ろして話す。
「俺も自分のこと信じられん。生きてくのに自信なんかない。
 でも託されたから。お前より多くな。
 それでここに居るしかないんやったら、この上を歩いていこうと思う」
「その上に乗って歩いてって、どうなるっていうんですか?」
問う西岡に、今江は分からないといった風に首を振る。西岡はそれを見てまた顔を曇らした。
今江はそれを見て、西岡のほうに手をスッと伸ばした。
「なんならお前も上ってみろ」
「えー?」
渋々と、しかし身軽に西岡も歩道橋の欄干に登る。今江よりも早くピタリと立ってみせる。
西岡は周りを見渡した。
先ほどまで見上げていたはずの光景はなくなり、歩道橋も街も、全てが光に照らされて見える。
弱い風が吹き抜ける。遮るものがなく、それを肌で全て感じる。
「……見晴らしはいいすね」
「そうやな、たぶん、上がってみんと一生気付かんと思う」
「歩いていけるんすか、こんなとこ」
「綱渡りや。スリルだけはあるな」
「歩いて何があるんすか」
「気にしてもしゃーない。ここしか歩けるとこなんてないし」
「何が悲しくてこんな危ないとこ歩かんと」
「あの人らのせいや。俺に言うな」

97 :エピローグ2・欄干の上(4/4) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/10(水) 01:13:16 ID:vntTOdXj0
ビュン。
「おおっ!?」
突然吹き上げた風に、二人の身体が大きく揺れる。
西岡は慌てて今江の肩を掴む。両腕を回していた今江はやめろと叫びながら片足を上げた。
二人の男の悲鳴と、大きな音。
わずか1mの高さ、歩道橋の床に並んで尻餅をつく二人の男がいた。
「いてて。西岡、お前いきなり掴むなよ」
「上らしたのはゴリさんでしょ。しっかり立って手すりになってくださいよ」
「お前の方が身軽やろ。人を頼んな!」
「身軽から風で煽られてん。浮くんや!」
「あ、なるほど」
どちらから吹き出したのだろう。二人はいつの間にか声を上げて笑っていた。
心の底から笑いがこみ上げてきた。笑いが止まらない。
目に映るのは幕張の夜空ときらめく街灯だけだ。
 西岡がふと横を見ると、歩道橋の欄干が目のすぐ脇から、遠くまで遠くまで伸びている。
まだ歩き出すには時間がかかるかもしれない。また迷うかもしれない。
だがこの道を、真っすぐ伸びる細いこの道を、歩いて行くのは自分一人ではない。
落ちそうになれば肩を掴んで支え合える。たぶん、次からは。
顔を手の平で拭うと、街灯の光に合わせて腕時計をちらりと見た。
「ゴリさん」
「なんや」
「今日まだ時間あります? ちょっと飲み行きませんか」
「なんや、オゴってくれんのか」
「あほか。ワリカンに決まってるやないですか」

98 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/10(水) 01:45:39 ID:Qud2kuPK0
晋吾のユニフォームのところでぐっと来た
自分のレプリカも29番だから余計に…

99 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/10(水) 16:54:15 ID:lSpE6TVAO
乙です!

そっか…、みんなもういないのか…(´;ω;`)

100 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/10(水) 17:54:40 ID:MHqvRDgY0
職人さん乙です。

101 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/11(木) 07:21:28 ID:hfkMygMM0
切ないねえ

102 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/11(木) 22:48:45 ID:EMlPdn63O
乙です。
そうか…ワリカンか…

103 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/12(金) 12:33:24 ID:OGsuL9W8O
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

104 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/12(金) 20:05:33 ID:4P8SnzJD0
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

105 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/13(土) 22:42:04 ID:t3y8JWR6O
閉鎖される前に、せめてマリバトだけは最後まで見たい…

106 :エピローグ3・冬の浦和で(1/3) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/14(日) 01:44:48 ID:ZVIvPTMg0
 1月に入り、木々から色づいた葉が残らず散った。近くの風景は一様に寂しげだ。
ただ一つだけ季節の中で変わらないものもある。冷たい風に乗って運ばれてくる甘い匂い。
ロッテ浦和工場のほどなく近く、のどかな住宅街をロッテ浦和球場へと向かう一人の男がいた。
大き目のスポーツバッグもトレーニングとばかりに両肩に紐をかけ早足で小気味よく歩く。
時折、背中の右の辺りをさすっては、周囲の風景を確かめるように立ち止まる。
ふとすぐそばの家の庭に生えている梅の木が目に止まった。
帽子を被った彼は、その影から木の枝を穏やかな目で見つめている。

 遠くから車がやってくる音が聞こえた。男は後ろを振り向かず道の脇へ身体を寄せる。
しばらくして近づいてきた車の音はなぜか小さくなり、彼の横でブレーキの音がした。
なんだろう?とそちらを向くと、タクシーの後部座席から彼の知った顔が降りてきた。
「平下、こっちに来てたんか! 奥さんに聞いたで」
「薮田さん?」
タクシーから降りてきた薮田安彦の肩が、寒さで思わず震える。コートの襟を首回りに寄せた。
それを呆けた顔で、口から白い息が漏れ続けるのも気に留めず、平下は見つめていた。
お釣りはいらないと言われたタクシーの運転手はニコニコし、車は去っていった。
後に残されたのは二人だけ。冬の平日の昼間、住宅街に人の通りはほとんどない。
薮田の表情が少しこわばっていて、平下は少したじろぐ。
しかしすぐに、彼の視線から何か察したか、平下は穏やかな表情に戻った。
「どうしたんすか、薮田さん?」
「瀬戸山さんに聞いたんや、お前……」
「ええ、仙台に行きます。新球団に」
薮田の目が少し大きく、顔が仰け反ったのが分かった。絶句しているのも。
それを見て平下は少しすまなそうに、しかし穏やかな表情のまま口を開く。
「昨日、正式に決まりました。今日の夕方には発表されます。
 代わりに誰がこっちに来るかまでは知りませんけど」
「なんでや、どうしてお前だけトレードなんか」
「志願したんですよ、俺から」
平下は真っすぐに薮田を、更に困ったような顔に変わった薮田を見つめていた。

107 :エピローグ3・冬の浦和で(2/3) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/14(日) 01:46:48 ID:ZVIvPTMg0
その予想通りの表情。とはいえ、できれば見たくなかったのが本音だ。
平下は少しうつむき、頭をかいて、また薮田に顔を向ける。
「マリーンズは残る。生き残ったもんで力を合わせてやっていきましょってときに、ね。
 やっぱり何人も進んで殺したヤツが居ったら、難しいでしょう。せやから」
「そんなことないっ! お前は仲間や!」
薮田が叫ぶ。冬の冷たい空気が張り詰める。
頬にまでその声が、衝撃波のように当たる感触がして平下は思わず圧倒された。
しかし平下は一つ白い息を吐くと、目は少し寂しそうにニコリと笑った。
「うん、そんな薮田さんやから大丈夫やね」
「おい、何を言って」
「もう決まったことです。俺が決めたことです。せやから、見送ってください」
平下の笑顔に薮田はまた驚いた。平下は迷いのない、本当に穏やかな目をしているのだ。

 薮田は、心から自分仲間だと思ってくれているだろうと平下は思う。
だけど、生き残った全員はそうは思わない。きっと、自分を快く思わない者はいる。
当然だ。自分はそれだけのことをしてしまったのだから。
そんなとき、板ばさみで一番辛い思いをするのは薮田だろう。
自分をかばいさえするかも知れない。
そういう人間だからこそ、自分のわがままで残って迷惑かけたくないと平下は思う。
この人と優勝を目指したい。そんなわがままで。
だがそれだけではない。自分の胸に浮かんだ希望を平下は叶えに行くのだ。
それは傷も癒え退院し、虚無の中で日々過ごしていた平下にある日浮かんだ夢。

「俺は仙台で、新しいチームで優勝目指します。
 あそこには、俺みたいなあぶれもんと、そして藤井寺での仲間もおります。
 新しく、俺の居る場所も一から全部、これから作りたい思うてます」
「平下……」
「それが俺の夢です。いや、ずっと夢やった。
 それってきっと自分の力で叶えるもんや。せやから、薮田さんの力は借りません」

108 :エピローグ3・冬の浦和で(3/3) ◆QkRJTXcpFI :2007/01/14(日) 01:49:26 ID:ZVIvPTMg0
薮田の顔が少しほころんだ。少し呆れた様子でもある。
コートのポケットに手を突っ込んだまま、肩を上げて首をすくめる。
「お前って人間は自分で何でもやろうとして、強いやっちゃなあ。疲れへんのかい?」
「俺なんか強くありませんよ。ずっと、今も今までも自分のことで手一杯や。
 自分のことばっか考えてる。本当に強いってのは……」
平下が言いかけて少し吹き出す。どことなく照れているようだった。
「何笑ってるんや」
「すいません、はは」
笑いながら目の前の男を、不思議そうな困ったような顔で立つその男を、少し横目に見つめる。

「来年は千葉も仙台も似たようなもんです。優勝どっちが先か、競争すね」
「負けへんで。ワイらは必ず優勝する。そんで死んだヤツらが…」
一瞬、薮田が言葉に詰まる。地面を見据えて、平下に顔を覗かせない。
「ここに居ったんやと。みんなが居ったマリーンズは最高のチームやって。
 ワイらは野球で証明したる。みんなのマリーンズはここに在るって証明するんや」
平下はしばし無言だった。うつむき、しかし固く拳を握る彼を見つめていた。
死んだ者にまで彼らの居た場所を、彼らの居た意味を案じる。それを背負うことを厭わない。
もし自分がもっと早くこの男にと、思いかけて平下は自ら首を振った。
「やっぱりアンタには敵わん」と小さく呟いて、浦和球場へ歩き出そうとおもむろに身を翻す。
顔を上げた薮田の目に、背を向けて手を振っている平下が映る。
と、平下が何か思い出したように首だけをクルッと回して振り返った。
「あ、そうや。イイこと教えましょ」
「ん、何や?」
少し距離を離れ、また二人が目を合わせた。
「戸塚さんに酒飲んでマウンド立たしてみてください。面白いもん見れますよ」
「……戸塚?」
そう薮田が問い返す前には、平下はもう薮田に背を向けていた。背中は徐々に遠ざかって行く。
すぐそばにある梅の木の枝には、ちらほらとつぼみが膨らみ始めている。
薮田は頭をかいて、また困ったような顔をして平下の背中を見つめていた。

109 : ◆QkRJTXcpFI :2007/01/14(日) 01:51:19 ID:ZVIvPTMg0
※注 エピローグの時系列は前後するかも知れません。

110 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/14(日) 01:57:45 ID:8ydPiwAG0
おぉ、久々にリアルタイム投下に遭遇した!
平下、行っちゃうのか…てか、最後になんつうセリフを残していくんだよw

111 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/14(日) 07:30:17 ID:/KwkJYfvO
乙です。
平下…行かないでよ(´;ω;`)

112 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/14(日) 21:11:08 ID:yLf5nj1eO
平下…(´・ω・`)
そして未だに名前間違われてるしwwww戸塚てwww

113 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/15(月) 00:52:19 ID:bX+x36XKO
ヽ´_J`)<……

114 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/15(月) 06:54:47 ID:2aAUxe3i0
平下…なんかカッコいいぜ。
最初はあんな憎たらしかったのになぁ。

115 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/15(月) 10:14:34 ID:oQEiQx6I0
2人ともカッコイイな(つД`)

116 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/15(月) 19:00:47 ID:b+cMlP6PO
くそ…
BBHでマリバト仕様のロッテ…は無理そうだからマリバト仕様、ホセ・リック抜きで平下入りの楽天作りたくなっちまったじゃねーか…
コソーリ純もいれてやるからな…('A`)

117 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/15(月) 23:10:11 ID:L8as3AYRO
俺ら〜は〜さ〜けぶ〜
打て福浦〜打て福浦〜

118 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/15(月) 23:22:20 ID:2aAUxe3i0
>>116
純も入れてやるって、泣けるなあ


119 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/16(火) 14:38:34 ID:rx61nAdHO
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

120 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/17(水) 10:28:24 ID:m9Glltj3O
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

121 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/18(木) 08:47:32 ID:Xs2sLXeDO


122 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/18(木) 14:13:57 ID:Xoytj+TH0
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

123 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/18(木) 20:06:51 ID:irJiTnlG0
     _
 ▼^   `▼
 イ fノノリ)ハ  保守…
  リ(l|゚ .゚ノlリ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

124 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/19(金) 12:10:43 ID:ir/600LRO


125 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/19(金) 21:52:17 ID:kSE3CQvzO
声え〜ん〜う〜けて〜
打て福浦〜打て福浦あ〜ぁ〜

126 :代打名無し@実況は実況板で:2007/01/20(土) 13:36:38 ID:3xsXTitNO


48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)